Skip to content

ポール、2008年の名ライブ映像がブルーレイ化!

sgp08sp.jpg

◆ PAUL McCARTNEY / CELEBRATION CONCERT 2008 (1Bru-Ray) この商品はこちらから
2008年7月20日、カナダはケベックで行われた、ケベック市400周年記念コンサートを、高画質ハイビジョン・マスターからのプロショット映像にて、過去最高のクオリティーでブルーレイ化。
まずこのコンサートは、2008年リバプール、ウクライナ公演に続き、カナダ・ケベック市生誕400周年祭の一環として開催されたフリー・コンサートで、何と20万人以上が、ポールの姿をひと目見ようと、アブラハム平原に組まれた野外特設ステージに集結。その模様を、ケーブルTV放送用マスターより完全コンプリートした映像ソースを、DVDとは一線を画す圧倒的な高画質と高音質PCM音源にてブルーレイ化したもので、全体のクオリティーはもちろんのこと、アンコール前に無音だった音声トラブルも、新たにリマスター音源を使用して補正し、2時間40分に及ぶライブを完全再現。
そしてコンサート自体は、20万人の観客が期待と興奮の中で待つことしばらく、ポールはフランス語で挨拶の後、「Jet」でステージを開始。もうここで観客が一気に盛り上がると、すかさず「Drive My Car」になだれ込み、その後新旧含めた全38曲を披露。
またセットリストも前述2公演をベースにしつつ、この日は「Michelle」「Fine Line」「Too Many People / She Came Through The Bathroom Window 」が新たにセットインし、特にケベックの公用語がフランス語ゆえか、「Michelle」の反応が大きく、ポールのフランス語交じりのMCにも大歓声が。
またウクライナで好評だった「Mrs.0 Vanderbilt」や、リバプールで初披露された「A Day In The Life平和を我等に」も再演という、2013年の来日公演等とはまた違った内容だけに、今となれば新鮮なセットといえるもの。
さらにボーナスとして、当日の貴重なリハーサルやサウンドチェック等も追加収録したトータル2時間56分は、ブルーレイならではの高画質クオリティーで、新たな感動を呼ぶであろう、記念すべきセレブレーション・コンサートの決定盤アイテム。

Opening / Jet / Drive My Car / Only Mama Knows / All My Loving / Flaming Pie / Got To Get You Into My Life / Let Me Roll It / Foxy Lady / C Moon / My Love / Let ‘Em In / Fine Line / The Long And Winding Road / Dance Tonight / Blackbird / Calico Skies / I’ll Follow The Sun / Michelle / Mrs. Vanderbilt / Eleanor Rigby / Something / A Day In The Life / Give Peace A Chance / Good Day Sunshine / Too Many People / She Came In Through The Bathroom Window / Penny Lane / Band On The Run / Birthday / Back In The USSR / I’ve Got A Feeling / Live And Let Die / Let It Be / Hey Jude / Lady Madonna / Get Back / I Saw Her Standing There / Yesterday / Sgt. Pepper’s / The End
(EXTRA VIDEO) Quebec Rehearsals / Birthday Rehearsal / Message For Quebec / Soundcheck And Backstage / Back Stage Interview
[Live At Plains Of Abraham, Quebec City, Quebec Canada July 20th 2008 : NTSC 16:9 HD1080p LPCM Stereo / Dolby Digital Stereo time approx.158+18min]

Published innew in store!