Skip to content

クラプトン、記念すべき1974年の初来日公演!

padd51sp.jpg

◆ERIC CLAPTON / FIRST LANDED IN JAPAN 1974 (プレス2CD) この商品はこちらから
初の本格的ソロ&カムバック・ツアーであり、クラプトンの記念すべき初来日となった1974年ジャパン・ツアーより、11月2日武道館でのライブをマスター・クオリティー、サウンドボード音源にて収録。
まず流出音源ゆえ、完全コンプリートではないものの、過去この初来日公演はサウンドボードでも音質クオリティーにきびしいアイテムが多かった中、クラプトンのギターやヴォーカルが前面にフューチャーされたリアル・サウンドで、初来日公演の中ではのベスト・クオリティーの決定盤といえるもの。
なお、この初来日公演は全部で5公演行なわれ、武道館3連続公演の、この日は最終日にあたり、”SMILE”で軽く始まり、”LET IT GROW”、そして続く”CAN’T FIND MY WAY HOME”ではイヴォンヌ・エリマンが唄い、エリックがサビでハモという、今となっては懐かしいシーンも。さらに隠れた名曲”BETTER MAKE IT THROUGH TODAY”、デレク&ザ・ドミノスのおなじみ”TELL THE TRUTH”、そして長き定番の”KEY TO THE HIGHWAY”、レゲエ・ナンバー”WILLIE & THE HAND JIVE”は”GET READY”のメドレーで。
さらにボーナスには、前日1日の武道館公演を、4曲のみながら、こちらも初発掘されたサウンドボード音源にて追加収録。こちら、メインの2日のサウンドボードよりも、さらに音質クオリティーが高く、この全長版の発掘が望まれるところ。さらに1日のオーディエンス・ソース、サウンドボード音源では欠落していた「Layla」を追加収録した、当時のレイドバック感がたっぷりの、記念すべき初来日武道館を、永久保存プレス2CDにて。
DISC ONE : 01. Tuning 02. Smile 03. Let It Grow 04. Can’t Find My Way Home 05. Better Make It Through Today 06. I Shot The Sheriff 07. Key To The Highway 08. Willie And The Hand Jive – Get Ready
DISC TWO : 01. Badge 02. Presence Of The Lord 03. Singing The Blues
[at BUDOKAN HALL TOKYO JAPAN NOVEMBER 2nd 1974]
04. Singing The Blues 05. Badge 06. Willie And The Hand Jive – Get Ready – I Shot The Sheriff 07. Have You Ever Loved A Woman 08. Layla (audience source)
[at BUDOKAN HALL TOKYO JAPAN NOVEMBER 1st 1974]

Published innew in store!