Skip to content

ポール『アウト・ゼア・ツアー2014』の決定盤コレクション!

bd002bdsp.jpg

◆ PAUL McCARTNEY / OUT THERE BACK IN BRAZIL (プレス2CD+Blu-ray) この商品はこちらから
2014年「アウト・ゼア・ツアー」の最終地となった、11月25日ブラジル、サンパウロ公演を、海外オリジナル編集HDマスターによる、最長版のステレオ・サウンドボード音源CD、さらに現地HDTVマスターに、プラス中継オンエアーより曲数も多く、別アングル編集マスターによる、最長版プロショットのブルーレイをカップリングしたタイトルがここに。
まず音源プレス2CDは、この日の模様はTVオンエアーからのコンサート映像が存在し、放送上の都合、”Live And Let Die”の花火と同時に放送が終了という、コンプリートではなかったものの、ここでは次の”Hey Jude”まで最長収録されており、しかも全編デジタル・リマスタリングを施したオフィシャル・クオリティーとなるもの。しかもボーナスとして、11月来12日リオで行われた、貴重なサウンドチェック音源も追加収録。「オー・スザンナ」から始まり、「ジュニアズ・ファーム」「幸せのノック」「今日の誓い」「ミッドナイト・スペシャル」「ラム・オン」「ブルーバード」等、全編レア・ナンバーばかりの、こちらも貴重な音源ゆえ、必聴といえるもの。
そして映像ブルーレイは、海外オリジナル編集のHDマスターをベースに、不完全だった現地TVオンエアーとは別編集による、90分以上収録となるロング・ヴァージョンで、しかも中継映像とは随所でアングルが違うほか、さらにオンエアーではカットされていた、「レット・ミー・ロール・イット」からメドレーとなる「フォクシー・レディ」や「リブ・アンド・レット・ダイ」「ヘイ・ジュード」までも収録。
さらにボーナスとして、現地TVニュースや、ポールのコメント等も収録され、最後には2010年ツアーの時もTVオンエアーされていた、サンパウロ公演も再オンエアーによる、高画質フルHDTV映像にて収録。こちらもハイライト編集ではあるものの、セットリストも異なり、オープニング「ヴィーナス・アンド・マース/ロック・ショウ」をはじめ、アンコール・パートも収録されており、やはり要チェックといえるトータル168分のフル・ヴォリューム映像を、ブルーレイならではの大容量による。マスター・マスターにて。
とにかくそのウルトラ・クリアーな映像・音声は、前年の東京ドーム最終公演をしのぐほどで、プロショットやサウンドボード音源が日本公演以外に存在しなかった「アウト・ゼア・ツアー」の、最後にしてベスト・クオリティー・アイテムを是非セットで。
CD ONE: 1. Opening 2. Eight Days A Week 3. Save Us 4. All My Loving 5. Let Me Roll It / Foxy Lady 6. My Valentine 7. The Long And Winding Road 8. Maybe I’m Amazed 9. And I Love Her 10. Blackbird 11. Here Today 12. New 13. Lady Madonna 14. All Together Now 15. Everybody Out There 16. Eleanor Rigby 17. Something 18. Ob-La-Di, Ob-La-Da 19. Band On The Run 20. Back In The U.S.S.R.
CD TWO : 1. Let It Be 2. Live And Let Die 3. Hey Jude
[Soundboard Recordings Live At Allianz Parque, Sao Paulo, Brazil November 25th 2014]
4. Oh Susanna 5. Matchbox 6. Honey Don’t 7. Drive My Car 8. Junior’s Farm 9. Let ‘Em In 10. Things We Said Today 11. Midnight Special 12. Ram On 13. Bluebird 14. Lady Madonna (with Intro) 15. See You Later
[Ending Live At HSBC Arena, Rio de Janeiro, Brazil November 12th 2014]
16. First Time In Vitoria 17. Come Back To Rio 18. First Time In Brazilia 19. Come Back To Sao Paulo
[MESSAGES TO BRAZIL]
Blu-ray : 1. Pre-Show 2. Eight Days A Week 3. Save Us 4. All My Loving 5. Let Me Roll It 6. Foxy Lady 7. My Valentine 8. The Long And Winding Road 9. Maybe I’m Amazed 10. And I Love Her 11. Blackbird 12. Here Today 13. New 14. Lady Madonna 15. All Together Now 16. Everybody Out There 17. Eleanor Rigby 18. Something 19. Ob-La-Di, Ob-La-Da 20. Band On The Run 21. Back In The U.S.S.R. 22. Let It Be 23. Live And Let Die 24. Hey Jude
[Pro. Shot Live At Allianz Parque, Sao Paulo, Brazil November 25th 2014]
(TV NEWS FROM VITORIA CARIACICA 2014 : MESSAGES TO BRAZIL)
2014 First Time In Vitoria / Come Back To Rio / First Time In Brazilia / Come Back To Sao Paulo
(Live At Morumbi Stadium, Sao Paulo, Brasil November 21st 2010)
Venus And Mars / Rock Show / Jet / All My Loving / My Love / Blackbird / Dance Tonight / Band On The Run / Ob-La-Di, Ob-La-Da / Let It Be / Live And Let Die / Get Back / Yesterday / Helter Skelter / Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band / The End
[Blu-Ray Disc = HD 1080 Wide Screen 16:9 NTSC :PCM Stereo/Dolby Digital Stereo :Time approx. 168min.]
Paul McCartney – vocals, bass, guitar, piano / Rusty Anderson – guitar, vocals / Brian Ray – bass, guitar, vocals / Abe Laboriel, Jr. – drums, vocals / Paul Wickens – keyboards, guitar, harmonica, percussion, vocals

Published innew in store!