Skip to content

月別: 2015年3月

モトリー、ファイナル・ジャパン・ツアーの映像決定盤!

alxbd029m.jpg

◆ MOTLEY CRUE / Loudest Farewell in Tokyo #2 Film(1Blu-ray) この商品はこちらから
2015年モトリーのファイナル・ジャパン・ツアーから、その4日目であり東京2公演目となる2月15日、さいたまスーパー・アリーナでのライブを、HDDハイビジョン・カメラを駆使したハイクオリティー映像より、ダイレクトにブルーレイ化。
極上な素材を圧縮することなく高画質のまま、カンペキなクオリティーで完全再現したもので、しかも会場ステージ近くの左右のスタンドから、2台のカメラを駆使し、それぞれ収録された映像はアングル的にも視界を妨げる障害物もなく終始良好なもので、その良好ショットをミックス・編集するというこだわりよう。
しかも音声パートは、ステージ上でメンバー4人が使用していた、モニタリング用非圧縮のイヤー・モニター・ソースによるライン音源と、オリジナル・オーディエンス・ソースを、完全フル・マトリックスしたサウンドを映像にシンクロさせ、サウンドボード・レベルにて収録。
なお、セットは完全固定の約2時間にわたるベスト・オブ・モトリーとなるもので、この夜も前3公演同様に素晴らしいパフォーマンスを披露しており、特に前日はハイライトであるトミーのドラム・ソロで、メカニカルなアクシデントのため途中終了というハプニングがあった中、この日はそのようなトラブルもなく、最後までカンペキなパフォーマンスを披露。なお来日公演も終盤に近づく中、解散の一因と言われ、健康状態の悪さが伝えられたミック・マーズも終始安定したプレイを聞かせ、最高の状態で去るというバンドの宣言に納得のトータル118分に及ぶ永久保存メモリアル・アイテム。
* なお、DVDも同時リリース!
01. Opening (So Long, Farewell) 02. Saints of Los Angeles 03. Wild Side 04. Primal Scream 05. Same Ol’ Situation (S.O.S.) 06. Looks That Kill 07. On With the Show 08. Too Fast for Love 09. Smokin’ in the Boys’ Room 10. Mutherfucker of the Year 11. Band Introduction 12. Anarchy in the U.K. 13. T.N.T. (Terror ‘N Tinseltown) 14. Dr. Feelgood 15. In the Beginning 16. Shout at the Devil 17. Don’t Go Away Mad (Just Go Away) 18. O Fortuna 19. Drums Solo 20. Guitar Solo 21. Live Wire 22. Too Young to Fall in Love 23. Girls, Girls, Girls 24. Kickstart My Heart –encore- 25. Home Sweet Home 26. Closing (My Way)
[Live at Saitama Super Arena, Saitama , Japan 15th February 2015 :Two Cameras Mix Shot : IEM Source + Original Audience Master = Matrix Recording]

ポール再来日記念のライブ・ブルーレイ第4弾!

hvc006sp.jpg

◆ PAUL McCARTNEY / Out There Tour In Greensboro 2014 (1Blu-ray) この商品はこちらから
2014年「アウト・ゼア・USツアー」北米・レグ後半の追加公演であり、最終日となった、10月30日ノース・カロライナ、グリーンズボロ公演を、デジタルHDカメラによるハイクオリティー・オーディエンス映像に、マルチ編集を施したベスト・クオリティーにて、フルHD収録した映像をコンプリートでブルーレイ化。
まずHDカメラで撮影された素材をマスターに、クローズ・ショットを多用したベスト・ショットを編集して製作された本ブルーレイは、これまで流通していたDVD画像とは別格となる、1080P高画質クオリティーによるもの。
そしてライブ自体もしかも通常のセットリストから入れ替えが3曲もあり、まずオープニングが、”Eight Days A Week”から”Magical Mystery Tour”に、そして”Hi, Hi,, Hi”が”Birthday”、さらに”Get Back”が”I Saw Her Standing There”とシフト・チェンジしており、また”Helter Skelter”の演奏前には、観客をステージに上げて、リクエストによりポールも初となる、足へのサインをするシーンなども。
その素晴らしいパフォーマンスを完全再現したのが本タイトルで、さらにボーナス映像として、”I Saw Her Standing There”のオルタネイト・ショットも追加収録した、再来日前にやはり要チェックのトータル2時間57分。
01.Opening/02.Magical Mystery Tour/03.Save Us/04.All My Loving/05.Listen To What The Man Said/06.Let Me Roll It/Foxy Lady/07.Paperback Writer/08.My Valentine/09.Nineteen Hundred And Eighty-Five/10.The Long And Winding Road/11.Maybe I’m Amazed/12.I’ve Just Seen A Face/13.We Can Work It Out/14.Another Day/15.And I Love Her/16.Blackbird/17.Here Today/18.New/19.Queenie Eye/20.Lady Madonna/21.All Together Now/22.Lovely Rita /23.Everybody Out There/24.Eleanor Rigby/25.Being For The Benefit Of Mr. Kite!/26.Something/27.Ob-La-Di, Ob-La-Da/28.Band On The Run/29.Back In The U.S.S.R./30.Let It Be/31.Live And Let Die/32.Hey Jude/33.Day Tripper/34.Birthday/35.I Saw Her Standing There/36.Yesterday/37.Helter Skelter/38.Golden Slumbers/Carry That Weight/The End / 39. .I Saw Her Standing There (Alternate Shot)
[at Greensboro Coliseum, Greensboro, NC USA, October 30th 2014]
◇Paul McCartney – vocals, bass, guitar, piano / Rusty Anderson – guitar, vocals / Brian Ray – bass, guitar, vocals / Abe Laboriel, Jr. – drums, vocals / Paul Wickens – keyboards, guitar, harmonica, percussion, vocals
*NTSC 16:9 HD1080p LPCM Stereo time approx.177min.

ポール再来日記念のライブ・ブルーレイ第3弾!

hvc005sp.jpg

◆ PAUL McCARTNEY / Out There Tour In L.A. 2014 (1Blu-ray) この商品はこちらから
2014年「アウト・ゼア・USツアー」セカンド・レグにおける、8月10日LAドジャー・スタジアム公演を、デジタルHDカメラによるハイクオリティー・オーディエンス映像に、マルチ編集を施したベスト・クオリティーにて、フルHD収録した映像をコンプリートでブルーレイ化。
まずHDカメラで撮影された素材をマスターに、クローズ・ショットを多用したベスト・ショットを編集して製作された本ブルーレイは、これまで流通していたDVD画像とは別格となる、1080P高画質クオリティーによるもの。
そしてライブ自体もセットリストのベースは、前年の日本公演とほぼ同様のものながら、この日はラスト・アンコールで、”Get Back”ではなく”I Saw Her Standing There”も披露され、ノリノリの雰囲気でエンディングを迎えることになり、その素晴らしいパフォーマンスを2時間40分にわたり完全再現。
さらにボーナス映像として、ポールのメッセージやTVニュース、さらにレア・ナンバーも披露された当日のサウンドチェック音源もスライドショー収録で聴くことができる、再来日前にやはり要チェックのトータル3時間14分。
01. Opening/02. Eight Days A Week/03. Save Us/04. All My Loving/05. Listen To What The Man Said/06. Let Me Roll It / Foxy Lady/07. Paperback Writer/08. My Valentine/09. 1985/10. The Long And Winding Road/11. Maybe I’m Amazed/12. I’ve Just Seen A Face/13. We Can Work It Out/14. Another Day/15. And I Love Her/16. Blackbird/17. Here Today/18. New/19. Queenie Eye/20. Lady Madonna/21. All Together Now/22. Lovely Rita/23. Everybody Out There/24. Eleanor Rigby/25. Being For The Benefit Of Mr.Kite!/26. Something/27. Ob-La-Di, Ob-La-Da/28. Band On The Run/29. Back In The U.S.S.R./30. Let It Be/31. Live And Let Die/32. Hey Jude/33. Day Tripper/34. Hi, Hi, Hi/35. I Saw Her Standing There/36. Yesterday/37. Helter Skelter/38. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End
[at Dodger Stadium, Los Angeles, CA August 10th 2014]
(EXTRA) MESSAGE FROM PAUL / TV NEWS REPORT
(SOUNDCHECK: Sound Only) BLUE SUEDE SHOES / WHOLE LOTTA SHAKIN’ GOIN’ ON / SAN FRANCISCO BAY BLUES / EVERY NIGHT / RAM ON / MIDNIGHT SPECIAL / BLUEBIRD / LADY MADONNA / GET BACK
◇Paul McCartney – vocals, bass, guitar, piano / Rusty Anderson – guitar, vocals / Brian Ray – bass, guitar, vocals / Abe Laboriel, Jr. – drums, vocals / Paul Wickens – keyboards, guitar, harmonica, percussion, vocals
*NTSC 16:9 HD1080p LPCM Stereo time approx.160 + 34min.

ポール再来日記念のライブ・ブルーレイ第2弾!

sgtla06sp.jpg

◆ PAUL McCARTNEY / In Performance At The White House (1Blu-ray) この商品はこちらから
2010年6月2日ホワイトハウスで開催されたガーシュイン・プライズ受賞コンサートの模様を、ハイビジョンTVオンエアー・マスターから、フルHD収録した映像をコンプリートでブルーレイ化。
まずポピュラー音楽で世界の文化に大きな影響を与えた作曲家・演奏家を表彰するガーシュウィン賞に、2010年ポールが選ばれた際のその受賞記念ライブを、HDTVオンエアー・マスターより収録したこのブルーレイは、これまで流通していたDVD画像とは別格となる、1080P高画質クオリティーによるもの。
そしてワシントンDC、ホワイトハウスの特設会場にて、オバマ大統領とミッシェル夫人を前にして、ポールはもちろん、その他にも有名アーティストがポールの曲を演奏して同賞の受賞を称えるという趣旨のコンサートは、なんといっても出演者は豪華そのもの。前年受賞者のスティーヴィー・ワンダーを始め、デイヴ・グロール、ハービーハンコック、単独の出演となったジャックホワイト、エルヴィス・コステロなど、ゆかりのある人、今までも共演したことのある人、意外な人らがそれぞれポールの曲を演奏して受賞を祝う中、やはり注目すべきはスティーヴィー・ワンダーとのデュエット「エボニー&アイボリー」で、1989年LAでのステージ以来となる同曲のデュエット。現在のポール・バンドがバックを固めており、その時の演奏よりもよりタイトになっており、またミッシェル夫人と偶然にも同じ「ミッシェル」を演奏する際には、オバマ大統領に対して“許してくださいね”とジョークを言ったり、非常に楽しい雰囲気のコンサートに。そして最後は大統領を始め、会場のみんながステージに登壇し「ヘイ・ジュード」を合唱するというフィナーレ。
さらにエクストラ映像には、ビハイド・ザ・ステージで貴重なリハーサルや前日に収録された「イエスタデイ」の弦楽四重奏共演のカラー映像までも収録。
さらに後半のエクストラ映像では、同年の「ケネディ・センター・オナーズ」ではジェイムス・テイラーやスティーヴン・タイラー等がポールを前にライブ披露するシーンや、「ジミー・ファロン・ショー」では「イエスタデイ」の原曲として知られる「スクランブルド・エッグ」のデュエット、さらに、またこの時が最高の名演と絶賛された「ヒア・トゥデイ」も必見。
他にも同年の「ジュールス・ホランド・ショー」や「サタディ・ナイト・ライブ」なども、これまでの流通映像やネット画像とは次元の違う、格段にアップ・グレードしたクオリティーゆえ、再来日に向けてファンは必見の、トータル3時間5分。
01. Introduction 02. Got To Get You Into My Life – PAUL McCARTNEY 03. We Can Work It Out – STEVIE WONDER 04. Drive My Car – THE JONAS BROS. 05. Break Talk – JERRY SEINFELD 06. Mother Nature’s Son – That Would Be Something – JACK WHITE 07. The Long And Winding Road – FAITH HILL 08. Blackbird – HERBIE HANCOCK & CORINNE BAILEY RAE 09. Penny Lane – ELVIS COSTELLO 10. For No One – EMMYLOU HARRIS 11. Celebrations – LANG LANG 12. Band On The Run – DAVE GROHL 13. Ebony And Ivory – PAUL McCARTNEY & STEVIE WONDER 14. President Barack Obama Speech 15. Sir Paul McCartney Speech 16. Michelle – PAUL McCARTNEY 17. Eleanor Rigby – PAUL McCARTNEY 18. Let It Be – PAUL McCARTNEY 19. Hey Jude – PAUL McCARTNEY & ALL STARS
[AT THE WHITE HOUSE WASHINGTON D.C. U.S.A. June 2nd 2010]
20. Yesterday – PAUL McCARTNEY with LOMA MAR QUARTET
[AT THE WHITE HOUSE WASHINGTON D.C. U.S.A. June 1st 2010]
(EXTRA SECTION)
Behind The Scene At The White House / YESTERDAY – with Loma Mar Quartet (Color Shot) / The Gershwin Prize Press Conference / The Gershwin Prize Documentary
[Live At The White House, Washington D.C. USA June 2nd 2010] (Rehearsal And Documentary at June 1st 2010)
President Obama presented America’s highest award for popular music : the Library of Congress Gershwin Prize for Popular Song to Sir Paul McCartney in the East Room of the White House.
(HDTV COLLECTION)
Introduction By Alec Baldwin / History of Paul McCartney / HELLO GOODBYE / PENNY LANE – No Doubt / MAYBE I’M AMAZED – Dave Grohl and Norah Jones / SHE CAME IN THROUGH THE BATHROOM WINDOW / GOLDEN SLUMBERS / CARRY THAT WEIGHT / THE END – Steven Tyler / LET IT BE – James Taylor and Mavis Staples / HEY JUDE – All Performers
[Live At The Kennedy Center Opera House, Washington D.C. December 5th 2010 / Broadcast December 28th 2010]
JET / NINETEEN HUNDRED AND EIGHTY FIVE / LET ME ROLL IT
[BBC Later with Jools Holland October 26th 2010]
Interview Pt.1 / SCRAMBLED EGGS / Interview Pt.2 / HERE TODAY
[US:TV Late Night with Jimmy Fallon Show December 10th 2010]
JET / BAND ON THE RUN / A DAY IN THE LIFE / GIVE PEACE A CHANCE / GET BACK
[US:TV Saturday Night Live December 12th 2010]
◇Paul McCartney – vocals, bass, guitar, piano / Rusty Anderson – guitar, vocals / Brian Ray – bass, guitar, vocals / Abe Laboriel, Jr. – drums, vocals / Paul Wickens – keyboards, guitar, harmonica, percussion, vocals

ポール再来日記念のライブ・ブルーレイ

sgtla05sp.jpg

◆ PAUL McCARTNEY / Halifax Concert 2009 (1Blu-ray) この商品はこちらから
2009年7月11日カナダでのハリファックス・コンサートの模様を、ハイビジョンTVオンエアー・マスターから、フルHD収録した映像をコンプリートでブルーレイ化。
まず2009年7月から始まった全米ツアーの初日となる、カナダはハリファックスでのコンサートを、HDTVオンエアー・マスターより収録したこのブルーレイは、これまで流通していたDVD画像とは別格となる、1080P高画質クオリティーによるもので、しかもオンエアーではカットされていた「I Saw Her Standing There」も、良好オーディエンス映像で補填することで完全コンプリートを実現。
そして内容もツアー初日ということもあってか、「Paperback Writer」では出だしのキーを間違えてやり直すシーンがあり、ここではラスティが謝ったり、いやポールが自分のミスだと詫びを入れ、それでも自分のショーだと開き直ったり、これで口パクではなくライヴ演奏だということがわかったよねと冗談を飛ばしたりという楽しいシーンも。
さらにボーナスとして、ポールのメッセージとバンド・リハーサル、さらに同年の『デヴィッド・レターマン・ショー』におけるルーフトップ・コンサートもフルHD映像にて初収録。こちらは公式映像よりも高画質でしかも編集も若干違っており、また同年のグラミー賞での、デイブ・グロール参加の「I Saw Her Standing There」も追加された、トータル3時間4分のフル・ヴォリューム。とにかく過去流通よりも格段にアップ・グレードしたクオリティーゆえ、再来日に向けてファンは必見。
01.Drive My Car/02.Jet/03.Only Mama Knows/04.Flaming Pie/05.Got To Get You Into My Life/06.Let Me Roll It/07.Highway /08.All My Loving/09.The Long And Winding Road/10.My Love/11.Blackbird/12.Here Today/13.Dance Tonight/ 14.Calico Skies/15.Mrs. Vanderbilt/16.Eleanor Rigby/17.Sing The Changes/18.Band On The Run/19.Back In The USSR/ 20.Something/21.I’ve Got A Feeling/22.Paperback Writer/23.A Day In The Life/24.Give Peace A Chance/25.Let It Be/ 26.Live And Let Die/27.Hey Jude/28.Day Tripper/29.Lady Madonna/30.Mull Of Kintyre/31.I Saw Her Standing There/ 32.Yesterday/33.Helter Skelter/34.Get Back/35.Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band / The End
[Halifax Commons Halifax Nova Scotia Canada July 11th, 2009]
(EXTRA)
Message And Rehearsal (Band On The Run)
(Extra Section) Coming Up / Band On The Run / Let Me Roll It / Helter Skelter / Back In The U.S.S.R.
[Ed Sullivan Theater, New York, NY, USA : Performing On Top Of The Marquee For The Late Show With David Letterman]
I Saw Her Standing There (with Dave Grohl)
[Grammy Awards 2009]
◇Paul McCartney – vocals, bass, guitar, piano / Rusty Anderson – guitar, vocals / Brian Ray – bass, guitar, vocals / Abe Laboriel, Jr. – drums, vocals / Paul Wickens – keyboards, guitar, harmonica, percussion, vocals
*NTSC 16:9 HD1080p LPCM Stereo time approx.157 + 27 = 184min.

モトリー、ファイナル・ジャパン・ツアーの最終公演!

mhcd190m.jpg

◆ MOTLEY CRUE / Loudest Farewell in Fukuoka 2015 (2CDR) この商品はこちらから
2015年モトリーのファイナル・ジャパン・ツアーから、ついに最終日となった、2月17日、福岡国際センターでのライブを、ステージ上でメンバー4人が使用していた、モニタリング用非圧縮のイヤー・モニター・ソースによるライン音源と、オリジナル・オーディエンス・ソースを、完全フル・マトリックスしたタイトルがここに。
まず各メンバーのイヤー・モニター・ソースをバランス良くミックスし、高品質なオリジナル・オーディエンス・マスターとをステレオ・マトリックスした、サウンドボード・レベルのクオリティーにて、この来日公演最後の夜の模様を完全再現。
そしてセットはもちろん約2時間にわたるベスト・オブ・モトリーとなるもので、1981年のデビュー以来30年以上にわたる総決算に相応しい内容とパフォーマンスを披露。そしてアンコール、PA卓付近に作られたミニ・ステージで演奏された”Home Sweet Home”は、まさにはこれが最後ということで、いつも以上に切なく響き、その感動のまますべてがエンド。
ファンにとっては永遠に忘れることのできない一夜をここに。
Disc 1 : 01. Opening (So Long, Farewell) 02. Saints of Los Angeles 03. Wild Side 04. Primal Scream 05. Same Ol’ Situation (S.O.S.) 06. Looks That Kill 07. On With the Show 08. Too Fast for Love 09. Smokin’ in the Boys’ Room 10. Mutherfucker of the Year 11. Band Introduction 12. Anarchy in the U.K. 13. T.N.T. (Terror ‘N Tinseltown) 14. Dr. Feelgood 15. In the Beginning 16. Shout at the Devil
Disc 2 : 01. Don’t Go Away Mad (Just Go Away) 02. O Fortuna 03. Drums Solo 04. Guitar Solo 05. Live Wire 06. Too Young to Fall in Love 07. Girls, Girls, Girls 08. Kickstart My Heart –encore- 09. Home Sweet Home 10. Closing (My Way)
[Live at Kokusai Center, Fukuoka , Japan 17th February 2015 :IEM Source + Original Audience Master = Matrix Recording]

モトリー、ファイナル・ジャパン・ツアーの東京2日目公演!

mhcd189m.jpg

◆ MOTLEY CRUE / Loudest Farewell in Tokyo #2 (2CDR) この商品はこちらから
2015年モトリーのファイナル・ジャパン・ツアーから、その4日目であり、さいたま2daysの2公演目となる2月15日、さいたまスーパー・アリーナでのライブを、ステージ上でメンバー4人が使用していた、モニタリング用非圧縮のイヤー・モニター・ソースによるライン音源と、オリジナル・オーディエンス・ソースを、完全フル・マトリックスしたタイトルがここに。
まず各メンバーのイヤー・モニター・ソースをバランス良くミックスし、高品質なオリジナル・オーディエンス・マスターとをステレオ・マトリックスした、サウンドボード・レベルのクオリティーにて、このさいたま2日目の模様を完全再現。
そしてセットは完全固定の約2時間にわたるベスト・オブ・モトリーとなるもので、この夜は前日のようなドラム・ソロでのトラブルもなく、最後までカンペキなパフォーマンスを披露。なお来日公演も終盤に近づく中、解散の一因と言われ、健康状態の悪さが伝えられたミック・マーズも終始安定したプレイを聞かせ、最高の状態で去るというバンドの宣言に納得の永久保存メモリアル・アイテム。
Disc 1 : 01. Opening (So Long, Farewell) 02. Saints of Los Angeles 03. Wild Side 04. Primal Scream 05. Same Ol’ Situation (S.O.S.) 06. Looks That Kill 07. On With the Show 08. Too Fast for Love 09. Smokin’ in the Boys’ Room 10. Mutherfucker of the Year 11. Band Introduction 12. Anarchy in the U.K. 13. T.N.T. (Terror ‘N Tinseltown) 14. Dr. Feelgood 15. In the Beginning 16. Shout at the Devil
Disc 2 : 01. Don’t Go Away Mad (Just Go Away) 02. O Fortuna 03. Drums Solo 04. Guitar Solo 05. Live Wire 06. Too Young to Fall in Love 07. Girls, Girls, Girls 08. Kickstart My Heart –encore- 09. Home Sweet Home 10. Closing (My Way)
[Live at Saitama Super Arena, Saitama, Japan 15th February 2015 :IEM Source + Original Audience Master = Matrix Recording]

モトリー、ファイナル・ジャパン・ツアーの東京初日公演!

mhcd188m.jpg

◆ MOTLEY CRUE / Loudest Farewell in Tokyo #1 (2CDR) この商品はこちらから
2015年モトリーのファイナル・ジャパン・ツアーから、その3日目となる2月14日、さいたまスーパー・アリーナでのライブを、ステージ上でメンバー4人が使用していた、モニタリング用非圧縮のイヤー・モニター・ソースによるライン音源と、オリジナル・オーディエンス・ソースを、完全フル・マトリックスしたタイトルがここに。
まず各メンバーのイヤー・モニター・ソースをバランス良くミックスし、高品質なオリジナル・オーディエンス・マスターとを、ステレオ・マトリックスした、サウンドボード・レベルのクオリティーにて、このさいたま2daysの初日の模様を完全再現。
そしてセットは完全固定の約2時間にわたるベスト・オブ・モトリーとなるもので、この夜も前2公演同様に素晴らしいパフォーマンスを披露。なおこの日、いつもハイライトであるトミーのドラム・ソロで、メカニカルなアクシデントのため途中終了というハプニングがあり、トミー激怒の雄叫びもしっかり聞けるあたりはあまりにリアル。後半に向けて参戦したオーディエンスにとってはメモリアルとなる必聴アイテム。
Disc 1 : 01. Opening (So Long, Farewell) 02. Saints of Los Angeles 03. Wild Side 04. Primal Scream 05. Same Ol’ Situation (S.O.S.) 06. Looks That Kill 07. On With the Show 08. Too Fast for Love 09. Smokin’ in the Boys’ Room 10. Mutherfucker of the Year 11. Band Introduction 12. Anarchy in the U.K. 13. T.N.T. (Terror ‘N Tinseltown) 14. Dr. Feelgood 15. In the Beginning 16. Shout at the Devil
Disc 2 : 01. Don’t Go Away Mad (Just Go Away) 02. O Fortuna 03. Drums Solo 04. Guitar Solo 05. Live Wire 06. Too Young to Fall in Love 07. Girls, Girls, Girls 08. Kickstart My Heart –encore- 09. Home Sweet Home 10. Closing (My Way)
[Live at Saitama Super Arena, Saitama , Japan 14th February 2015 :IEM Source + Original Audience Master = Matrix Recording]

モトリー、ファイナル・ジャパン・ツアーの名古屋公演!

mhcd187m.jpg

◆ MOTLEY CRUE / Loudest Farewell in Nagoya 2015 (2CDR) この商品はこちらから
2015年モトリーのファイナル・ジャパン・ツアーから、その2日目となる2月12日、名古屋の日本ガイシホールでのライブを、ステージ上でメンバー4人がが使用していた、モニタリング用非圧縮のイヤー・モニター・ソースによるライン音源と、オリジナル・オーディエンス・ソースを、完全フル・マトリックスしたタイトルがここに。
まず各メンバーのイヤー・モニター・ソースをバランス良くミックスし、高品質なオリジナル・オーディエンス・マスターとを、ステレオ・マトリックスした、サウンドボード・レベルのクオリティーにて、この名古屋の一夜を完全再現。
そして前日の神戸公演同様、約2時間に渡りこれが最後ということで出し惜しみなく次々と披露されるナンバーは、まさにベスト・オブ・モトリーといえるもので、またパフォーマンスとしても、超人的な三半規管のタフネスを見せつけるトミー、バンドのヒストリーを切々と語るニッキーのMCなど、すべてが感動と興奮となる一夜を追体験させてくれる逸品。
Disc 1 : 01. Opening (So Long, Farewell) 02. Saints of Los Angeles 03. Wild Side 04. Primal Scream 05. Same Ol’ Situation (S.O.S.) 06. Looks That Kill 07. On With the Show 08. Too Fast for Love 09. Smokin’ in the Boys’ Room 10. Mutherfucker of the Year 11. Band Introduction 12. Anarchy in the U.K. 13. T.N.T. (Terror ‘N Tinseltown) 14. Dr. Feelgood 15. In the Beginning 16. Shout at the Devil
Disc 2 : 01. Don’t Go Away Mad (Just Go Away) 02. O Fortuna 03. Drums Solo 04. Guitar Solo 05. Live Wire 06. Too Young to Fall in Love 07. Girls, Girls, Girls 08. Kickstart My Heart –encore- 09. Home Sweet Home 10. Closing (My Way)
[Live at Nippon Gaishi Hall, Nagoya, Japan 12th February 2015 :IEM Source + Original Audience Master = Matrix Recording]

モトリー、ファイナル・ジャパン・ツアーの初日神戸!

mhcd186m.jpg

◆ MOTLEY CRUE / Loudest Farewell in Kobe 2015 (2CDR) この商品はこちらから
2015年モトリーのファイナル・ジャパン・ツアーから、その初日となる2月11日に神戸ワールド記念ホールでのライブを、ステージ上でトミー・リーが使用していた、モニタリング用非圧縮のイヤー・モニター・ソースによるライン音源と、オリジナル・オーディエンス・ソースを、完全フル・マトリックスしたタイトルがここに。
まずトミーのイヤー・モニター・ソースは会場のサウンド・バランスも素晴らしかったため、比較的小さめにミックスされており、ダイレクトに収録されたバンドの音を核に、会場PAの音響では埋もれ気味であったヴォーカル、ギター、ベースといった各楽器の音が、モニター・ソースによって完璧に補完された、まさにサウンドボード・レベルとなるもの。
そして周知の通り約2時間に渡り、これが最後ということで出し惜しみなく次々と披露されるナンバーは、まさにベスト・オブ・モトリーといえるもので、ツアー初日だけあってヴィンス・ニールの声もよく出ており、また唯一の関西公演ということもあり、オーディエンスの盛り上がりはすさまじく、この後の日本公演を大いに期待させたファン必携マスト・アイテム。
Disc 1 : 01. Opening (So Long, Farewell) 02. Saints of Los Angeles 03. Wild Side 04. Primal Scream 05. Same Ol’ Situation (S.O.S.) 06. Looks That Kill 07. On With the Show 08. Too Fast for Love 09. Smokin’ in the Boys’ Room 10. Mutherfucker of the Year 11. Band Introduction 12. Anarchy in the U.K. 13. T.N.T. (Terror ‘N Tinseltown) 14. Dr. Feelgood 15. In the Beginning 16. Shout at the Devil
Disc 2 : 01. Don’t Go Away Mad (Just Go Away) 02. O Fortuna 03. Drums Solo 04. Guitar Solo 05. Live Wire 06. Too Young to Fall in Love 07. Girls, Girls, Girls 08. Kickstart My Heart –encore- 09. Home Sweet Home 10. Closing (My Way)
[Live at World Memorial Hall, Kobe, Japan 11th February 2015 :IEM Source + Original Audience Master = Matrix Recording]