Skip to content

ピカデリー・レーベルからのポール武道館、完全盤!

pccd234p.jpg

◆ PAUL McCARTNEY / JUST ONE NIGHT AT JUDO ARENA 2015 (プレス4CD) この商品はこちらから
ビートルズ・ファン必携のピカデリー・サーカス・レーベルより、ポール「アウト・ゼア・ジャパン・ツアー2015」のハイライト、4月28日、日本武道館でのライブを、サウンドチェック&本編ライブを完全コンプリート収録したタイトルが、4CDプレス盤にてここに。
まずdisc1&2には同日のライブ本編を、同レーベルから別ソースとなる、24bitデジタル・オーディエンス・レコーディングにて完全コンプリート収録。ドーム公演とは異なり、武道館の座席は完全抽選により、本公演は最前列でのないものの、アリーナ席からのリアルな臨場感溢れるサウンドは、日本では入手不可能のドイツ製特注品使用ゆえ、会場の出音のみならず、コンサート会場を包む独特の空気感まで、その場の全てを余すところなく完全収録。
そしてこの特別な一夜の模様は、すでに各方面でのコメントで周知の通り、1時間半の遅れはあったものの、まさに武道館だけのスペシャルなセットとなるもので、”Can’t Buy Me Love”でスタートするや、その後も、”One After 909” “Dance Tonight” “Got to Get You into My Life”そしてアンコールの” Birthday”などは2013年以降、日本では初めての披露となるもので、さらに極めつけとなる”Another Girl”にいたっては、ポールのライブ史上において初めて演奏されるという超プレミアム・ナンバー。
このようにセットリストにおいても特別であった至福の一夜を完全再現しており、さらにdisc3&4には、ライブ当日の開場前におこなわれたサウンドチェックを、ポール・ウィッケンズの使用する、ステレオ・イヤー・モニター・ソースをマスターとして収録。
disc:3には、開始を告げるカウント音から、ポール到着直前のバンド・ジャムまでを収録。各楽器のセッティング、チェックと、メンバーによるセッションを主体としたポール不在のリハながら、バンド・メンバーの演奏力の高さを再確認出来る興味深い内容となるもの。
そしてdisc:4は、ポールも到着し入念におこなわれた、サウンドチェックの模様を、「レディ・マドンナ」まで収録しており、特にライブでは結局演奏されなかった「Penny Lane」を繰り返しリハーサルするあたりも、素晴らしいサウンドで再現。
いずれも受信不良のようなノイズもなく、約2時間半に渡ってコンプリートとなるもので、深味と厚みのある骨太の音で収録されているのは、他の類似タイトルと一線を画すところ。永久保存プレス盤、日本語帯付。
DISC ONE : 01. Opening Annoucement 02. Before The Show Music 03. Introduction 04. Can’t Buy Me Love 05. Save Us 06. All My Loving 07. One After 909 08. Let Me Roll It 09. Paperback Writer 10. My Valentine 11. Nineteen Hundred And Eighty-Five 12. Maybe I’m Amazed 13. I’ve Just Seen A Face
DISC TWO : 01. Another Day 02. Dance Tonight 03. We Can Work It Out 04. And I Love Her 05. Blackbird 06. New 07. New – Reprise 08. Lady Madonna 09. Another Girl 10. Got To Get You Into My Life 11. Being For The Benefit Of Mr.Kite! 12. Ob La Di Ob La Da 13. Back In The U.S.S.R. 14. Let It Be 15. Live And Let Die 16. Hey Jude 17. Yesterday 18. Birthday 19. Golden Slumbers – Carry That Weight – The End
[Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan, April 28th 2015]
DISC THREE : 01. Soundcheck Starts 02. Hope For The Future #1 03. Hope For The Future #2 04. Listen To What The Man Said #1 05. Listen To What The Man Said #2 06. Lady Madonna 07. Testing Keyboards 08. Listen To What The Man Said #3 09. Testing Drums 10. Testing Keyboards and Drums 11. Penny Lane #1 12. Penny Lane #2 13. Penny Lane #3 14. Lady Madonna #1 15. Hope For The Future 16. Rusty and Brian joins 17. Got To Get You Into My Life #1 18. Got To Get You Into My Life #2 19. Temporary Secretary 20. Jam #1 21. Jam #2 22. Testing Piano 23. Jam #3 24. Hope For The Future #3 25. Jam #4 26. Jam #5 27. Band On The Run – Jam#6 28. The Long And Winding Road 29. Jam #7 30. Jam #8 31. Testing Piano
DISC FOUR : 01. Paul joins and Greetings 02. Match Box 03. Honey Don’t 04. Flaming Pie 05. Penny Lane #1 06. Got To Get You Into My Life 07. Another Girl 08. Another Girl 09. Penny Lane #2-#4 10. Penny Lane #5 11. Martha My Dear 12. C Moon 13. Celebration 14. It’s So Easy 15. San Francisco Bay Blues 16. Midnight Special 17. Dance Tonight 18. Bluebird 19. Time For Massage 20. Lady Madonna
[Soundcheck at Nippon Budokan, Tokyo, Japan, April 28th 2015]
◇Personnel; Paul McCartney (Vocals, Bass, Piano, Guitar, Ukulele), Paul “Wix” Wickens (Keyboards, Wind Synthesizer, Accordion, Guitar, Backing Vocals), Abe Laboriel, Jr. (Drums, Percussion, Backing Vocals), Rusty Anderson (Guitar, Backing Vocals) & Brian Ray (Bass, Guitar, Percussion, Backing Vocals)

Published innew in store!