Skip to content

ブライアン・ウィルソン『ペット・サウンズ』完全再現ライブ!

sne247bsp.jpg

◆ BRIAN WILSON / An Evening With Pet Sounds 50th Anniversary (プレス2CD) この商品はこちらから
来日公演音源で評判の高いSee No Evilレーベルより、2016年来日公演の東京2日目となる、4月13日のライブを、ブライアンがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックスしコンプリートしたタイトルが、プレス盤にてここに。
1966年リリースの金字塔アルバム『ペット・サウンズ』の、アニバーサリー・ イヤーということで、計72公演にも及ぶ大規模な50周年記念ワールド・ツアーの一環として、ソロ名義としては11年振りであり、4度目の来日公演の4月13日、国際フォーラム公演の模様を、途中20分の休憩時間でのBGMまですべて2時間30分にわたり、まさに完全コンプリート収録。
そしておなじみのIEMソースと、PA.直のクリアーかつバランスの良い極上24bitオーディエンス・マテリアルとを、ノー・イコライジングで完全フル・マトリックスを施したそのサウンドは、奥行きと厚み、そしてアンサンブルの輪郭までを完全再現したもので、全てのパートが埋もれる事なく素晴らしいミックス&バランスで体現出来ます。特に第2部『ペット・サウンズ』完全再現ライブはこのままオフィシャル・ブートレグとしてリリース可能なクオリティーにて。
そしてまず今回のツアーは、ビーチ・ボーイズ時代からの盟友アル・ジャーディンと、ブロンディ・チャップリンも参加した、総勢13名の大所帯バンドとなるもの。そして3部構成となっているステージは、まず1部で『ペット・サウンズ』以外のビーチ・ボーイズのヒット曲やレア・ナンバー、2部がメインの『ペット・サウンズ』完全再現、そして最後にアンコールで、再び『ペット・サウンズ』以外のヒット曲をプレイするという構成で、1部「GREATEST HITS & RARE CUTS」は、美しいコーラス・ハーモニーの”Our Prayer”でスタート。そして間髪入れず”Heroes And Villians”、イントロだけで客席から歓声が上がる”California Girls”、“Dance Dance Dance”、“I Get Around”等の定番から、“Add Some Music to Your Day”といった比較的レアなナンバーもはさみつつ、ソロの最新作「ノー・ピア・ プレッシャー」からは“One Kind of Love”も披露。そして第1部の最後ではブロンディ・チャップリンがゴールドのレスポールを抱え、 ハードなアレンジで長いギター・ソロも披露した”Wild Honey”、そしてアルバムでもリード・ ボーカルを取っていた”Sail On, Sailor”をプレイし、ここで20分の休憩に。
そしてついにお待ちかねの第2部「Performing “Pet Sounds” in its Entirety」は、もちろん”Wouldn’t It Be Nice(素敵じゃないか)”からスタート。”僕を信じて”では高音部のハーモニーもカンペキで、”Don’t Talk (Put Your Head On My Shoulder)”は厳かに、そして一転してパーカッションの音も力強く、静と動の対比やフルートやリズム・セクションの多彩さなどが素晴らしい”I’m Waiting For The Day”、そしてフルートから導かれ今回はアルがメインに歌い出しの”Sloop John B”、そして.ポール・マッカートニーが「全ての曲の中でNo.1」と賛辞を贈った名曲”God Only Knows (神のみぞ知る)”は、やはりショーの最大のハイライトに。
さらに複雑なアンサンブルをバンドは見事に再現していき、そのままアンコールは“Good Vibrations”から、絶好調なブライアンはさらに”All Summer Long”に、”Help Me, Rhonda”をノン・ストップで。さらに“Barbara Ann”、“Surfin’ U.S.A.”、“Fun, Fun, Fun”とキラー・チューンでたたみかけた後、最後を締めくくるのは1988年のファースト・ソロ『ブライアン・ウィルソン』からの“Love and Mercy”をしっとり切々と歌い上げるというニクい演出。
おそらくこれが最初で最後になるであろう歴史的再現ライブを、最高のクオリティーで収録した永久保存メモリアル・アイテムをプレス2CDにて。
DISC ONE : -Set 1: Greatest Hits & Rare Cuts-
Our Prayer / Heroes and Villains / California Girls / Dance, Dance, Dance / I Get Around / Shut Down (Lead vocals by Al Jardine) / Little Deuce Coupe (Lead vocals by Al Jardine) / Little Honda / In My Room / Surfer Girl / Don’t Worry Baby (Lead vocals by Matt Jardine) / Wake the World (Lead vocals by Al Jardine) / Add Some Music to Your Day / Honkin’ Down the Highway / Darlin’ (Lead vocals by Darian Sahanaja) / One Kind of Love / Wild Honey (Lead vocals & guitar jam by Blondie Chaplin) / Funky Pretty (Lead vocals by Blondie Chaplin and Al Jardine) / Sail On, Sailor (Lead vocals by Blondie Chaplin) / Intermission B.G.M
DISC TWO : -Set 2: Performing “Pet Sounds” in its Entirety-
B.G.M / Wouldn’t It Be Nice (Lead vocals by Matt Jardine) / You Still Believe in Me (Lead vocals by Brian Wilson and Matt Jardine) / That’s Not Me (Lead vocals by Brian Wilson and Matt Jardine) / Don’t Talk (Put Your Head on My Shoulder) / I’m Waiting for the Day / Let’s Go Away for Awhile / Sloop John B (Lead vocals by Al Jardine) / God Only Knows / I Know There’s an Answer (Lead vocals by Brian Wilson and Al Jardine) / Here Today / I Just Wasn’t Made for These Times (Lead vocals by Brian Wilson, Matt Jardine and Al Jardine) / Pet Sounds / Caroline, No –encore- Band Introduction / Good Vibrations / All Summer Long / Help Me, Rhonda (Lead vocals by Al Jardine) / Barbara Ann / Surfin’ U.S.A. / Fun, Fun, Fun / Love and Mercy / Outro
[Recorded Live at Tokyo International Forum, Tokyo, Japan ,April 13th 2016]
Brian Wilson – Vocals & Keyboards / Paul Mertens – Music Director, Horns, Vocals / Al Jardine – Guitars & Vocals / Blondie Chaplin – Guitar & Vocals / Darian Sahanaja – Keyboards & Vocals / Gary Griffin – Keyboards & Vocals / Mike D’Amico – Drums / Nelson Bragg – Percussion & Vocals / Nick Walusko – Guitar & Vocals / Probyn Gregory – Guitars & Vocals / Bob Lizik – Bass / Matt Jardine – Vocals

Published innew in store!