Skip to content

月別: 2017年2月

ジェフ・ベック2017年来日公演が、XAVELレーベルより順次リリース

xavelsm115j.jpg

◆ JEFF BECK / Japan Tour 2017 YOKOHAMA (プレス2CD) この商品はこちらから
来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2017年『ラウド・ヘイラー』リリースに伴うジャパン・ツアーから、初日となった1月25日パシフィコ横浜公演を、バンド・メンバーがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックスし、コンプリートしたタイトルがここに。
まずすでにおなじみとなった同レーベルからの各種IEMマトリクス音源を、プロユースのマスタリングにより、メンバーそれぞれが使用する各々ミックス・バランスの異なる複数のIEMソースと、オーディエンス・ソースを絶妙のバランスでステレオ・ミックスしたサウンドは、もちろんベックのギターをメインに、バンド・サウンドも完璧にセパレートな定位で収録。
よって今回も流出ステレオ・サウンドボード音源レベルのクオリティーにて、この記念すべき初日の模様を再現。
そして今回はメンバーに、BONESのシンガー、ロージー・ボーンズと、ギタリストのカーメン・ヴァンデンバーグという2人の女性メンバーが参加という体制もあって、観客の大きな期待が膨らむ中、ベックが白のストラを手にステージに登場したかと思えば、1F中央のミキサー付近から突然、ロージーがメガホンを手に”The Revolution Will Be Televised”を歌い出すという、アルバム同様のスタートで、いきなり度肝を抜かれることに。
そしてその後は先行シングルだった”Live In The Park”も含め、同アルバム11曲のうちなんと7曲がセットインしており、特に”Scared For The Children”でのくすぐるような歌声&ギターの掛け合いや、ジミヘンばりの激しいリフも飛び出す”Right Now”などは鳥肌もの。
なお先の北米ツアーと比較すれば、”Shapes Of Things”がセット落ちした代わりに、”Thugs Club”、 “Going Down”そして”Little Brown Bird”がセットインしており、特にマディ・ウォーターズのナンバー”Little Brown Bird”などは、日本ではこれまで演奏された記録はなく、さらに『ラウド・ヘイラー』からの”Thugs Club”は、先の全米ツアーでもプレイされておらず、ここ日本で初めてとなるもの。
さらにボーナス・トラックとして、当日のサウンド・チェックの模様も追加収録。それも含めて、常に進化し続けるベックの新たなモードを確認できる記念すべき初演をベスト・クオリティーにて。
なお、ホログラム仕様の美麗ジャケ、日本語帯つき仕様、限定生産の来日記念メモリアル・アイテムゆえ、ご希望の方はお早めに。
なお、この後の東京国際フォーラム2daysもカップリングした3公演・6CDセットも同時リリース。関東3公演をまとめてご希望の方はそちらがお買い得です。

Disc 1 : 01. The Revolution Will Be Televised 02. Freeway Jam 03. Lonnie on the Move 04. Live in the Dark 05. Thugs Club 06. You Know You Know 07. Morning Dew 08. A Change Is Gonna Come 09. Big Block 10. Cause We’ve Ended as Lovers 11. O.I.L. (Can’t Get Enough of That Sticky) 12. The Ballad of the Jersey Wives 13. Scared for the Children
Disc 2 : 01. Beck’s Bolero 02. Little Brown Bird 03. Rollin’ and Tumblin’ 04. Superstition 05. Right Now –encore- 06. A Day in the Life 07. Going Down Bonus Tracks;
[Recorded at Pacifico Yokohama, Yokohama, Japan 25th January 2017]
08. Thugs Club take-1 09. Thugs Club take-2 10. Morning Dew 11. Little Brown Bird 12. Going Down
[Soundcheck at Pacifico Yokohama, Yokohama, Japan 25th January 2017]
Jeff Beck – Guitar / Rosie Bones – Vocal / Carmen Vandenberg – Guitar / Rhonda Smith – Bass / Jonathan Joseph – Drums / Jimmy Hall – Vocal

ポールのソロ・キャリアを、レア音源でコンパイル!

dapp015a.jpg

◆ PAUL McCARTNEY/ RARE McCARTNEY (プレス6CD) この商品はこちらから
2017年の来日記念としてビートルズ解散後46年にわたるソロ・キャリアを、レア音源でコンパイルした究極のアーカイブ・コレクションがここに。
本タイトルはポールのソロ・キャリアを、時系列にCD6枚組全121トラックに及ぶ、レア音源でまとめたDAPレーベルからリリース・アイテムで、オリジナル・アルバムやボックス・セットにも未収録の貴重な音源をはじめとし、ポール自身が参加したチャリティ・シングルや歴史的ライブ・イベント、さらに珍しいプロモ・エディットや限定リリースのリミックスなど、現在入手困難な音源を中心にまとめたレア音源の集大成。一応、基本的には公式アルバムのボーナス・トラックやボックス・セット収録のレアリティーズなどに、未収録の音源を時系列に収録。これまで公式発表された中でも、限定リリースであったり非売品プロモ盤であったりして、入手困難になった音源や、お馴染みのライブでありながらも、限定で当時リリースされていた音源、さらに近年はネット公開やアナログ盤限定のリミックスや、単発的な新曲リリースなどなど、そうした音源を一挙に集約。
よってそれぞれ収集するには膨大な時間と労力を要し、何より今となっては入手困難な音源も多数含まれており、裏ベスト的コレクターズ・アイテムとしても、ビートルズ・ナンバーや、ソロ代表曲も数多く収録されているため、ビギナーからコアなファンまで楽しめる永久保存プレス6CDセット。
DISC 1 : 1. TOO MANY PEOPLE (Promo mono mix 1971) 2. HI HI HI (Intsrumental 2009)3. LIVE AND LET DIE (Surround remix 2008) 4. HELEN WHEELS (Extended version 2009) 5. JUNIOR’S FARM (Intsrumental 2009) 6. SEASIDE WOMAN (Single mix 1972) 7. B-SIDE TO SEASIDE (Single mix 1972) 8. MULL OF KINTYRE (Video mix 1977) 9. COMING UP (Wingspan edit 2001) 10. GET IT (Single mix 1982) 11. IT’S NOT ON (Demo sequence 1982) 12. THE GIRL IS MINE (Alternate promo edit 1982) 13. THEME FROM THE HONORARY CONSUL (1983) 14. BALLROOM DANCING (Film mix 1983) 15. NO VALUES (Film mix 1983) 16. RUPERT AND THE FROG SONG (TV ad 1984) 17. WE ALL STAND TOGETHER (Promo edit 1984) 18. DO THEY KNOW IT’S CHRISTMAS? (Trevor Horn mix 1984) 19. FEED THE WORLD (Single 1984) 20. MESSAGES (Single 1985) 21. ALL THE BEST! (TV ad 1987)
DISC 2 : 1. INTRODUCTION (Prince’s trust concert 1986) 2. I SAW HER STANDING THERE (Prince’s trust concert 1986) 3. LONG TALL SALLY (Prince’s trust concert 1986) 4. GET BACK (Prince’s trust concert 1986) 5. ROCKESTRA THEME (Duan Eddy version 1987) 6. ROCKESTRA THEME (Duan Eddy extended version 1987) 7. LET IT BE (Ferry Aid single 1987) 8. LET IT BE (Ferry Aid – The gospel jam mix 1987) 9. LET IT BE (Ferry Aid – Extended version 1987) 10. LET IT BE (Ferry Aid – Mega message mix 1987) 11. CHILDREN IN NEED (Single 1988) 12. CHILDREN IN NEED (Single – Instrumental 1988)
13. IN LIVERPOOL (The liverpool sound concert 2008) 14. FERRY ‘CROSS THE MERSEY (Single 1989) 15. THIS ONE (Remix) 16. COMING UP (Knebworth concert 1990) 17. HEY JUDE (Knebworth concert 1990)
DISC 3 : 1. BAND ON THE RUN (Barn rehearsal 1989) 2. HIROSHIMA SKY IS ALWAYS BLUE (Complete unedited version 1995) 3. BEAUTIFUL NIGHT (Basic track) 4. LITTLE CHILDREN (Single 1998) 5. BLUE SUEDE SHOES (Rock and roll hall of fame 1999) 6. WHAT’D I SAY (Rock and roll hall of fame 1999) 7. LET IT BE (Rock and roll hall of fame 1999) 8. LONESOME TOWN (A concert for linda 1999) 9. ALL MY LOVING (A concert for linda 1999) 10. VO!CE (SOMEONE U LOVE) (Edit 1999) 11. ABOUT YOU (Driving rain promo 2001) 12. YOUR LOVING FLAME (Driving rain promo 2001) 13. LONELY ROAD (Driving rain promo 2001) 14. I DO (Driving rain promo 2001) 15. DRIVING RAIN (Driving rain promo 2001) 16. RINSE THE RAINDROPS (Driving rain promo 2001) 17. JIM CARREY INTRODUCTION (The concert for new york city 2001) 18. I’M DOWN (The concert for new york city 2001) 19. YESTERDAY (The concert for new york city 2001) 20. FREEDOM (The concert for new york city 2001) 21. LET IT BE (The concert for new york city 2001) 22. FREEDOM (REPRISE) (The concert for new york city 2001)
DISC 4 : 1. MATCHBOX (Sound check 2002) 2. MIDNIGHT SPECIAL (Sound check 2002) 3. BRING IT TO JEROME (Sound check 2002) 4. SAN FRANCISCO BAY BLUES (Sound check 2002) 5. DRIVE MY CAR (Super bowl halftime show 2005) 6. THE LONG AND WINDING ROAD (Live anaiheim 2002) 7. COMING UP (LOST VEGAS SUMMER FUNK) (12″Single 2004) 8. MUZIK (Transporter Soundtrack 2002) 9. MUZIK (Instrumental – Transporter Soundtrack 2002) 10. DO THEY KNOW IT’S CHRISTMAS? (Band Aid 20 single 2004) 11. WHOLE LIFE (Web remix 2005) 12. JENNY WREN (Instrumental 2005) 13. SGT. PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND (Live 8 hyde park 2005) 14. THE LONG AND WINDING ROAD (Live 8 hyde park 2005) 15. TOO MUCH RAIN (Abbey road studio 2005) 16. JENNY WREN (Abbey road studio 2005) 17. SAY SAY SAY (WAITING 4 U) (Delano&Crockett’s late nite dub mix 2005) 18. SAY SAY SAY (WAITING 4 U) (Patric&Timo remix 2005) 19. WITH A LITTLE LUCK (Wingspan remix 2001) 20. LISTEN TO WHAT THE MAN SAID (Wingspan remix 2001)
DISC 5 : 1. JET (Radio edit 2005) 2. JET (Vocal mix 2005) 3. JET (Dub mix 2005) 4. JET (Vocal mix 2016) 5. COME RAIN COME SHINE (A&L Original radio edit 2005) 6. COME RAIN COME SHINE (A&L Original extended edit 2005) 7. COME RAIN COME SHINE (StoneBridge remix 2005) 8. COME RAIN COME SHINE (Friscia&Lamboy mix 2005) 9. COME RAIN COME SHINE (Mike Cruz vox 2005) 10. COME RAIN COME SHINE (Tata Young video edit 2005) 11. NOTHING TOO MUCH JUST OUT OF SIGHT (Wall of sound mix 2013) 12. COSMICALLY CONSCIOUS (Change begins within benefit concert 2009) 13. LET ME ROLL IT (Live promo edit 2009) 14. LISTEN TO WHAT THE MAN SAID (Dance remix 2010)
DISC 6 : 1. BAND ON THE RUN (Hard rock calling 2010)  2. LIVE AND LET DIE (Hard rock calling 2010) 3. DAY TRIPPER (Hard rock calling 2010) 4. HEY JUDE (Hard rock calling 2010) 5. HE AIN’T HEAVY, HE’S MY BROTHER (Single 2012) 6. HE AIN’T HEAVY, HE’S MY BROTHER (Instrumental single 2012) 7. ALL OF ME (Eric clapton’s album 2013) 8. NEW (The dam remix 2013) 9. HOPE FOR THE FUTURE (Video mix 2014) 10. COME AND GET IT (The Hollywood Vampires 2014) 11. LOVE SONG TO THE EARTH (Single 2015) 12. LOVE SONG TO THE EARTH (Rico Bernasconi radio mix 2015) 13. LOVE SONG TO THE EARTH (Rico Bernasconi club mix 2015) 14. NINETEEN HUNDRED AND EIGHTY FIVE (Radio edit 2016) 15. NINETEEN HUNDRED AND EIGHTY FIVE (Original mix 2016) 16. NINETEEN HUNDRED AND EIGHTY FIVE (Club mix 2016) 17. NINETEEN HUNDRED AND EIGHTY FIVE (Tim Green remix 2016) 18. SUMO CUPID 19. EXCITED LOVER! 20. MY VALENTINE 21. IN LOVE! 22. FLIRTING 23. SOLO & LOVIN’ IT! 24. TANGLED IN LOVE 25. CRUSH ON YOU 26. HUG! 27. MISS YOU!
(BONUS BITS (Instant-message for skype 2016)

ガンズ、最終日さいたま2日目公演の映像をブルーレイで!

nemo007g.jpg

◆ GUNS N’ ROSES / 2017 Saitama Super Arena 2nd Film (1Blu-ray+1DVDR) この商品はこちらから
2016年アクセル・ローズ、スラッシュ、ダフ・マッケイガンの3人のクラシック・ラインナップによる、「Not In This Lifetime Tour」は、ついに2017年1月にジャパン・ツアーも実現。
そしてその最終日、さいたまスーパー・アリーナの2日目、1月29日のライブを、HDカメラによるハイクオリティー・オーディエンス映像から、ダイレクトにブルーレイ化。

まずブルーレイの大容量を活かし、HDカメラ元素材そのままのクオリティーにて2時間47分にわたりコンプリート収録。しかもオリジナル映像ソースをベースに、各種安定感抜群の良好ショットも交えた、マルチ・ショットと良好なサウンドで、この一夜の模様を再現。
そしていよいよ日本でのラスト・ライブとなったこの日は、全公演素晴らしい内容だった中でも、特にハイライトといえるべく、演奏時間、セットリストを含めて、まさに最高のパフォーマンスを披露。
とにかく中盤”Sweet Child O’ Mine”から、日替わりでシフト・チェンジされるセットで、この日は”My Michelle”と、ついにジャパン・ツアーでは初プレイとなる”Yesterdays”が披露され、これには会場からも大きな歓声が。
さらに前日に続きスラッシュとリチャードによるデュオ・ソロでの”Layla”のエンディング・パート、そしてアンコールでは”Sorry”もセットインし、演奏時間も全5公演最長となることに。
とにかく有終の美を飾るに相応しいこの最終公演は、今回の「Not In This Lifetime」ワールド・ツアーの中でも、ベストのひとつに数えられる内容ゆえ、すべてのファン必見のメモリアル・アイテム。
なお初回限定で、同内容収録のDVD-Rもボーナスもセットで。
ブルーレイ再生機器が手元にない場合でも手軽に鑑賞できるので、こちらも予備的に1枚あると便利ということで。
01. Opening 02. It’s So Easy 03. Mr. Brownstone 04. Chinese Democracy 05. Welcome to the Jungle 06. Double Talkin’ Jive 07. Better 08. Estranged 09. Live and Let Die 10. Rocket Queen 11. You Could Be Mine 12. New Rose 13. This I Love 14. Civil War 15. Coma 16. Love Theme From The Godfather 17. Sweet Child O’ Mine 18. Yesterdays 19. My Michelle 20. Wish You Were Here / Layla 21. November Rain 22. Knockin’ On Heaven’s Door 23. Nightrain – encore – 24. Sorry 25. Patience 26. The Seeker 27. Paradise City
[Recorded at Saitama Super Arena, Saitama, Japan 29th January 2017 : 167mins.]
Axl Rose(vocal) / SLASH(guitar)/ Duff McKagan(bass)/ Dizzy Reed(keyboards) / Richard Fortus(guitar) / Frank Ferrer(drums) / Melissa Reese(keyboards)

ガンズ、4日目さいたま初日公演の映像をブルーレイで!

nemo006g.jpg

◆ GUNS N’ ROSES / 2017 Saitama Super Arena 1st Film (1Blu-ray+1DVDR) この商品はこちらから
2016年アクセル・ローズ、スラッシュ、ダフ・マッケイガンの3人のクラシック・ラインナップによる、「Not In This Lifetime Tour」は、ついに2017年1月にジャパン・ツアーも実現。
そしてその4日目であり、さいたまスーパー・アリーナの初日、1月28日のライブを、HDカメラによるハイクオリティー・オーディエンス映像から、ダイレクトにブルーレイ化。

まずブルーレイの大容量を活かし、HDカメラ元素材そのままのクオリティーにて2時間37分にわたりコンプリート収録。しかもオリジナル映像ソースをベースに、各種安定感抜群の良好ショットも交えた、マルチ・ショットと良好なサウンドで、この一夜の模様を再現。
そしてバンドの仕上がりも加速的に好調さを増し、アクセルがとにかく絶好調かつ上機嫌。そしてこの日も”It’s So Easy”でスタートし、その後の日替わりセットは、まずダフのソロは”New Rose”、そして中盤の入れ替えパートは、”Out Ta Get Me”と”Used To Love Her”と、大阪初日にこの2曲がプラスされた内容となるもの。
さらにスラッシュとリチャードによるデュオ・ソロ”Wish You Were Here”と”November Rain”の間には、北・南米ではよくプレイされていた”Layla”も挿入されたり、アンコールでのゼップの”Babe I’m Gonna Leave You”イントロからの”Don’t Cry”では、猫のアクセサリーがついた帽子をかぶって登場したアクセルが、会場が湧いたことで、照れ笑いしたりとか和やかなシーンは必見。とにかく翌最終日を前に、ここでも最高のパフォーマンスを披露してくれた感動の一夜をベスト・クオリティーにて。
なお初回限定で、同内容収録のDVD-Rもボーナスもセットで。
ブルーレイ再生機器が手元にない場合でも手軽に鑑賞できるので、こちらも予備的に1枚あると便利ということで。
01. Opening 02. It’s So Easy 03. Mr. Brownstone 04. Chinese Democracy 05. Welcome to the Jungle 06. Double Talkin’ Jive 07. Better 08. Estranged 09. Live and Let Die 10. Rocket Queen 11. You Could Be Mine 12. New Rose 13. This I Love 14. Civil War 15. Coma 16. Love Theme From The Godfather 17. Sweet Child O’ Mine 18. Used To Love Her 19. Out Ta Get Me 20. Wish You Were Here / Layla 21. November Rain 22. Knockin’ On Heaven’s Door 23. Nightrain – encore – 24. Don’t Cry 025 The Seeker 26. Paradise City
[Recorded at Saitama Super Arena, Saitama, Japan 28th January 2017 : 157mins.]
Axl Rose(vocal) / SLASH(guitar)/ Duff McKagan(bass)/ Dizzy Reed(keyboards) / Richard Fortus(guitar) / Frank Ferrer(drums) / Melissa Reese(keyboards)

ガンズ、2日目神戸公演の映像をブルーレイで!

nemo005g.jpg

◆ GUNS N’ ROSES / 2017 World Hall Kobe Film (1Blu-ray+1DVDR) この商品はこちらから
アクセル、スラッシュ、ダフの3人のクラシック・ラインナップによる、「Not In This Lifetime Tour」は、ついに2017年1月にジャパン・ツアーも実現。
その2日目となる、1月22日神戸・ワールド記念ホールでのライブを、HDカメラによるハイクオリティー・オーディエンス映像から、ダイレクトにブルーレイ化。

まずブルーレイの大容量を活かし、HDカメラ元素材そのままのクオリティーにて2時間34分にわたりコンプリート収録。しかもオリジナル映像ソースをベースに、各種安定感抜群の良好ショットも交えた、マルチ・ショットと良好なサウンドで、この一夜の模様を再現。
そして前日の大阪に続く、関西では最終公演となるこの日も、ほぼ定刻通りショーはスタート。そしてその後セットリストに関しては、前日と基本的な流れは同じながら、まずダフのソロは”Attitude”から”New Rose”にシフト・チェンジ。そしてこの日は”Sweet Child O’ Mine”の後に”Out Ta Get Me”が追加され、さらにアンコールでは”Patience”は外されたものの、代わりに”Sorry”と”Don’t Cry”が披露され、結果的には大阪よりも2曲多く、演奏時間もより長いショーとなることに。
とにかくまず今回の来日における関西2公演は、演奏から内容まで大絶賛だったゆえ、ファンはいずれも必携のメモリアル・アイテム。
なお初回限定で、同内容収録のDVD-Rもボーナスもセットで。
ブルーレイ再生機器が手元にない場合でも手軽に鑑賞できるので、こちらも予備的に1枚あると便利ということで。
01. Opening 02. It’s So Easy 03. Mr. Brownstone 04. Chinese Democracy 05. Welcome to the Jungle 06. Double Talkin’ Jive 07. Better 08. Estranged 09. Live and Let Die 10. Rocket Queen 11. You Could Be Mine 12. New Rose 13. This I Love 14. Civil War 15. Coma 16. Love Theme From The Godfather 17. Sweet Child O’ Mine 18. Out Ta Get Me 19. Wish You Were Here 20. November Rain 21. Knockin’ on Heaven’s Door 22. Nightrain -encore- 23. Sorry 24. Don’t Cry 25. The Seeker 26. Paradise City
[Recorded at World Hall, Kobe, Japan January 22th 2017 : 154mins.]
Axl Rose(vocal) / SLASH(guitar)/ Duff McKagan(bass)/ Dizzy Reed(keyboards) / Richard Fortus(guitar) / Frank Ferrer(drums) / Melissa Reese(keyboards)

ガンズ2017年ジャパン・ツアー最終公演の映像!

evgnD03.jpg

◆ GUNS N’ ROSES / LIVE IN SAITAMA 2nd 2017 (1DVDR) この商品はこちらから
2016年アクセル・ローズ、スラッシュ、ダフ・マッケイガンの3人のクラシック・ラインナップによる、「Not In This Lifetime Tour」は、ついに2017年1月にジャパン・ツアーも実現。
そしてその最終日、さいたまスーパー・アリーナの2日目、1月29日のライブを、良好オーディエンス・ショットにて、トータル2時間50分にわたりコンプリート収録。
しかもアリーナ、VIPスタンディングLサイドという至近距離からの撮影ゆえ、ワンカメラ・ショットながら、ほとんど前を遮ることもなく、全編クリアーかつ、安定したアングルにて、オープニングからラストまで、見ごたえのある内容にて。
そしていよいよ日本でのラスト・ライブとなったこの日は、全公演素晴らしい内容だった中でも、特にハイライトといえるべく、演奏時間、セットリストを含めて、まさに最高のパフォーマンスを披露。
とにかく中盤”Sweet Child O’ Mine”から、日替わりでシフト・チェンジされるセットで、この日は”My Michelle”と、ついにジャパン・ツアーでは初プレイとなる”Yesterdays”が披露され、これには会場からも大きな歓声が。
さらに前日に続きスラッシュとリチャードによるデュオ・ソロでの”Layla”のエンディング・パート、そしてアンコールでは”Sorry”もセットインし、演奏時間も全5公演最長となることに。おそらく今回のワールド・ツアーの中でも、ベストのひとつに数えられる内容ゆえ、ファン必見のメモリアル・アイテム。
01. Opening 02. It’s So Easy 03. Mr. Brownstone 04. Chinese Democracy 05. Welcome to the Jungle 06. Double Talkin’ Jive 07. Better 08. Estranged 09. Live and Let Die 10. Rocket Queen 11. You Could Be Mine 12. New Rose 13. This I Love 14. Civil War 15. Coma 16. Love Theme From The Godfather 17. Sweet Child O’ Mine 18. Yesterdays 19. My Michelle 20. Wish You Were Here / Layla 21. November Rain 22. Knockin’ On Heaven’s Door 23. Nightrain – encore – 24. Sorry 25. Patience 26. The Seeker 27. Paradise City
[Recorded at Saitama Super Arena, Saitama, Japan 29th January 2017 : 170mins.]
Axl Rose(vocal) / SLASH(guitar)/ Duff McKagan(bass)/ Dizzy Reed(keyboards) / Richard Fortus(guitar) / Frank Ferrer(drums) / Melissa Reese(keyboards)

ガンズ2017年ジャパン・ツアー埼玉初日公演の映像!

evgnD02.jpg

◆ GUNS N’ ROSES / LIVE IN SAITAMA 1st 2017 (1DVDR) この商品はこちらから
2016年アクセル・ローズ、スラッシュ、ダフ・マッケイガンの3人のクラシック・ラインナップによる、「Not In This Lifetime Tour」は、ついに2017年1月にジャパン・ツアーも実現。
そしてその4日目であり、さいたまスーパー・アリーナの初日、1月28日のライブを、良好オーディエンス・ショットにて、トータル2時間40分にわたりコンプリート収録。
しかもアリーナ、VIPスタンディングLサイドという至近距離からの撮影ゆえ、ワンカメラ・ショットながら、ほとんど前を遮ることもなく、全編クリアーかつ、安定したアングルにて、オープニングからラストまで、見ごたえのある内容にて。
そしてバンドの仕上がりも加速的に好調さを増し、アクセルがとにかく絶好調かつ上機嫌。そしてこの日も”It’s So Easy”でスタートし、その後の日替わりセットは、まずダフのソロは”New Rose”、そして中盤の入れ替えパートは、”Out Ta Get Me”と”Used To Love Her”と、大阪初日にこの2曲がプラスされた内容となるもの。
さらにスラッシュとリチャードによるデュオ・ソロ”Wish You Were Here”と”November Rain”の間には、北・南米ではよくプレイされていた”Layla”も挿入されたり、アンコールでのゼップの”Babe I’m Gonna Leave You”イントロからの”Don’t Cry”では、猫のアクセサリーがついた帽子をかぶって登場したアクセルが、会場が湧いたことで、照れ笑いしたりとか和やかなシーンは必見。とにかく翌最終日を前に、ここでも最高のパフォーマンスを披露してくれた感動の一夜をここに再現。
01. Opening 02. It’s So Easy 03. Mr. Brownstone 04. Chinese Democracy 05. Welcome to the Jungle 06. Double Talkin’ Jive 07. Better 08. Estranged 09. Live and Let Die 10. Rocket Queen 11. You Could Be Mine 12. New Rose 13. This I Love 14. Civil War 15. Coma 16. Love Theme From The Godfather 17. Sweet Child O’ Mine 18. Used To Love Her 19. Out Ta Get Me 20. Wish You Were Here / Layla 21. November Rain 22. Knockin’ On Heaven’s Door 23. Nightrain – encore – 24. Don’t Cry 025 The Seeker 26. Paradise City
[Recorded at Saitama Super Arena, Saitama, Japan 28th January 2017 : 160mins.]
Axl Rose(vocal) / SLASH(guitar)/ Duff McKagan(bass)/ Dizzy Reed(keyboards) / Richard Fortus(guitar) / Frank Ferrer(drums) / Melissa Reese(keyboards)

ガンズ2017年ジャパン・ツアー横浜公演の映像!

evgnD01.jpg

◆ GUNS N’ ROSES / LIVE IN YOKOHAMA 2017 (1DVDR) この商品はこちらから
2016年アクセル・ローズ、スラッシュ、ダフ・マッケイガンの3人のクラシック・ラインナップによる、「Not In This Lifetime Tour」は、ついに2017年1月にジャパン・ツアーも実現。
そしてその3日目となる、1月25日横浜アリーナでのライブを、良好オーディエンス・ショットにて、トータル2時間50分にわたりコンプリート収録。
2Fスタンド席左サイドからのワンカメラ・ショットながら、全編クリアーかつ、安定したアングルで、場面によってはスクリーン・ショットも交え、オープニングからラストまで、見ごたえのある内容にて。
そして関東初演となるこの日は、前2公演以上に素晴らしい内容で、特にアクセルが絶好調。そしてこの日も”It’s So Easy”でスタートし、その後セットリストに関しては、基本的な流れは同じながら、この日のダフのソロは”Attitude”、そして神戸では披露された”Out Ta Get Me”の代わりに、”Used To Love Her”と”My Michelle”の2曲がセットインし、アンコールは大阪同様の”Patience”に、”Sorry”も披露され、関西2公演よりもさらに曲も多く、演奏時間も長いショーとなることに。
その大絶賛だった一夜の模様をここに再現した、必携メモリアル・アイテム。
01. Opening 02. It’s So Easy 03. Mr. Brownstone 04. Chinese Democracy 05. Welcome to the Jungle 06. Double Talkin’ Jive 07. Better 08. Estranged 09. Live and Let Die 10. Rocket Queen 11. You Could Be Mine 12. Attitude 13. This I Love 14. Civil War 15. Coma 16. Love Theme From The Godfather 17. Sweet Child O’ Mine 18. Used To Love Her 19. My Michelle 20. Wish You Were Here 21. November Rain 22. Knockin’ on Heaven’s Door 23. Nightrain -encore- 24. Sorry 25. Patience 26. The Seeker 27. Paradise City
[Recorded at Yokohama Arena, Yokohama, Japan January 25th 2017 : 170mins.]
Axl Rose(vocal) / SLASH(guitar)/ Duff McKagan(bass)/ Dizzy Reed(keyboards) / Richard Fortus(guitar) / Frank Ferrer(drums) / Melissa Reese(keyboards)

ジェフ・ベック、2017年ジャパン・ツアー初日の横浜公演!

jb1701y.jpg

◆ JEFF BECK / 2007 IN YOKOHAMA (2CDR) この商品はこちらから
2016年『ラウド・ヘイラー』リリース後の北米ツアーを経て、2017年1月よりついにジャパン・ツアーもスタート。その初日となる1月25日、パシフィコ横浜公演を、アリーナ前列席からのハイクオリティー・オーディエンス・レコーディングにて、104分にわたりコンプリート収録。
特にベックのギターがオンで収録されており、サウンド・バランスもカンペキなクオリティーで、記念すべき初日の模様を再現。
そして今回はメンバーに、BONESのシンガー、ロージー・ボーンズと、ギタリストのカーメン・ヴァンデンバーグという2人の女性メンバーが参加という体制もあって、観客の大きな期待が膨らむ中、ベックが白のストラを手にステージに登場したかと思えば、1F中央のミキサー付近から突然、ロージーがメガホンを手に”The Revolution Will Be Televised”を歌い出すという、アルバム同様のスタートで、いきなり度肝を抜かれることに。
そしてその後は先行シングルだった”Live In The Park”も含め、同アルバム11曲のうちなんと7曲がセットインしており、特に”Scared For The Children”でのくすぐるような歌声&ギターの掛け合いや、ジミヘンばりの激しいリフも飛び出す”Right Now”などは鳥肌もの。
なお先の北米ツアーと比較すれば、”Shapes Of Things”がセット落ちした代わりに、”Thugs Club”、 “Going Down”そして”Little Brown Bird”がセットインしており、特にマディ・ウォーターズのナンバー”Little Brown Bird”などは、日本ではこれまで演奏された記録はなく、さらに『ラウド・ヘイラー』からの”Thugs Club”は、先の全米ツアーでもプレイされておらず、ここ日本で初めてとなるもの。
そのあたりも含めて、常に進化し続けるベックの新たなモードを確認できる記念すべき初演をベスト・クオリティーにて。
Disc One : 01. Introduction 02. The Revolution Will Be Televised 03. Freeway Jam 04. Lonnie on the Move 05. Live in the Dark 06. Thugs Club 07. You Know You Know 08. Morning Dew 09. A Change Is Gonna Come 10. Big Block
Disc Two : 01. Cause We’ve Ended as Lovers 02. O.I.L. (Can’t Get Enough of That Sticky) 03. The Ballad of the Jersey Wives 04. Scared for the Children 05. Beck’s Bolero 06. Little Brown Bird 07. Rollin’ and Tumblin’ 08. Superstition 09. Right Now – encore – 10. A Day in the Life 11. Going Down 12. Band Introductions
[Recorded at Pacifico Yokohama, Yokohama, Japan 25th January 2017]
Jeff Beck – Guitar / Rosie Bones – Vocal / Carmen Vandenberg – Guitar / Rhonda Smith – Bass / Jonathan Joseph – Drums / Jimmy Hall – Vocal

ガンズ、初日の大阪公演の映像をブルーレイで!

nemo004g.jpg

◆ GUNS N’ ROSES / 2017 Kyocera Dome Osaka Film (1Blu-ray+1DVDR) この商品はこちらから
アクセル、スラッシュ、ダフの3人のクラシック・ラインナップによる、「Not In This Lifetime Tour」は、ついに2017年1月にジャパン・ツアーも実現。
その初日となる、1月21日大阪・京セラドームでのライブを、HDカメラによるハイクオリティー・オーディエンス映像から、ダイレクトにブルーレイ化。

まずブルーレイの大容量を活かし、HDカメラ元素材そのままのクオリティーにて2時間26分にわたりコンプリート収録。しかもオリジナル映像ソースをベースに、各種安定感抜群の良好ショットも交えた、マルチ・ショットと良好なサウンドで、この記念すべき初演の模様を再現。
そしてこの3人では24年ぶりの来日となるゆえ、観客の期待も大きく膨らむ中、今回はほぼ定刻でついにショーはスタート。そしてその後セットリストに関しては、前年までの北米・南米ツアーに準じたもので、”It’s So Easy”から始まりガンズ・クラシックはもちろん、スラッシュやダフが不在だった「Chinese Democracy」からのナンバー、アンコールでのフーのカヴァー”The Seeker”まで、まさに80&90年代全盛期を彷彿させる内容。さらにはアクセルも終始ゴキゲンの絶好調、そしてとにかくスラッシュのギターが素晴らしく、バッキングからソロまでキレキレのプレイを最後まで披露。
なお初回限定で、同内容収録のDVD-Rもボーナスもセットで。
ブルーレイ再生機器が手元にない場合でも手軽に鑑賞できるので、こちらも予備的に1枚あると便利ということで。
01. Opening 02. It’s So Easy 03. Mr. Brownstone 04. Chinese Democracy 05. Welcome to the Jungle 06. Double Talkin’ Jive 07. Better 08. Estranged 09. Live and Let Die 10. Rocket Queen 11. You Could Be Mine 12. Attitude 13. This I Love 14. Civil War 15. Coma 16. Love Theme From The Godfather 17. Sweet Child O’ Mine 18. Wish You Were Here 19. November Rain 20. Knockin’ on Heaven’s Door 21. Nightrain -encore- 22. Patience 23. The Seeker 24. Paradise City
[Recorded at Kyocera Dome, Osaka, Japan January 21th 2017 : 146mins.]
Axl Rose(vocal) / SLASH(guitar)/ Duff McKagan(bass)/ Dizzy Reed(keyboards) / Richard Fortus(guitar) / Frank Ferrer(drums) / Melissa Reese(keyboards)