Skip to content

ポール2017年武道館公演の、サウンドチェックも含めた完全収録盤!

sne248psp.jpg

◆ PAUL McCARTNEY / ONE ON ONE AT JUDO ARENA 2017 (プレス3CD) この商品はこちらから
来日公演音源で評判の高いSEE NO EVILレーベルより、2017年4月25日、日本武道館公演をハイクオリティー・デジタル・オーディエンス・マスターからコンプリート収録し、さらに貴重な当日のサウンド・チェックの模様を、なんとイヤー・モニター・ソースからのライン音源にて追加収録したタイトルが、限定プレス3CD仕様にてここに。
まず過去2度の来日アイテムでも実証された、本レーベルならではサウンド・クオリティーの高さは、まずレコーディング・ポジションによるのも大きく、今回もアリーナ前方ブロックのPA.正面通路側のシートを確保。そしてそのリアル・サウンドによる音源ソースを、一切音補正せずにそのままダイレクト収録しており、一部”Live and Let Die”でパイロが大炸裂するパートのみ、音量と音圧を最低限で補正している以外、イコライジングも一切無しゆえ、まさに当日の模様を生々しくリアルに再現。
そしてそのライブ内容は言うに及ばず素晴らしいもので、”Hard Day’s Night”で幕を開けた「ワン・オン・ワン・ジャパン・ツアー」初日であり、2017年ツアーの封切りでもある中、日本初公開となる演出や楽曲を含む2時間を超えるステージは、この後に続く東京ドーム3daysへの期待も高まることに。
そしてさらにdisc:3には、当日の午後3時40分から行われたサウンド・チェックを、関係者流出によるイヤー・モニター・ソースからのライン音源にて、約1時間にわたり収録。
この年初めてのコンサートということで、かなり念入りなチェックが行われる中、”Honey Don’t”や”Ram On”などは本編ライブでは聴けないうえ、最後にはキーボードのウィックスが黙々と”Here, There and Everywhere”のオーケストレーション・パートの練習をするパートも含めた、トータル78分の音源はあまりに貴重。
よってまさにこの記念すべき一日のすべてを完全コンパイルした、永久保存プレス3CDアイテムは、来日記念限定コレクターズ・エディションゆえ、ご希望の方はお早めに。
Disc 1 : 01. Opening BGM 02. A Hard Day’s Night 03. Jet 04. Drive My Car 05. Junior’s Farm 06. Let Me Roll It 07. I’ve Got a Feeling 08. My Valentine 09. Nineteen Hundred And Eighty-Five 10. Maybe I’m Amazed 11. We Can Work It Out 12. Every Night 13. In Spite Of All The Danger
Disc 2 : 01. Love Me Do 02. Blackbird 03. Here Today 04. Queenie Eye 05. Lady Madonna 06. I Wanna Be Your Man 07. Magical Mystery Tour
08. Being For The Benefit Of Mr. Kite! 09. Ob-La-Di, Ob-La-Da 10. Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band [Reprise] 11. Back In The U.S.S.R. 12. Let It Be 13. Live And Let Die 14. Hey Jude 15. Encore Break 16. Yesterday 17. Paul Introduced Great Audience 18. Hi, Hi, Hi
19. Golden Slumbers 20. Carry That Weight 21. The End
[Live at Nippon Budokan Tokyo Japan April 25th 2017]
Disc 3 : 01. Ready for Sound-check 02. Jam 03. Honey Don’t 04. Magical Mystery Tour 05. Magical Mystery Tour (Original Source) 06. Save Us #1 07. Save Us #2 (Short Half) 08. Let ‘Em In 09. Love Me Do 10. Queenie Eye 11. Bluebird 12. Ram On 13. Plays Orchestration from “Here, There and Everywhere”
[Soundcheck at Nippon Budokan Tokyo Japan April 25th 2017]
◇Paul McCartney – lead vocals, bass, guitar, piano / Rusty Anderson – vocals, guitar / Brian Ray – vocals, bass, guitar / Paul Wickens – vocals, keyboards, percussion / Abe Laboriel, Jr – drums, percussion, vocals

Published innew in store!