Skip to content

エンプレス・バレイ×ザヴェル・ジャパンから、ポール武道館公演のプレ・アイテムが限定リリース

evsd954p.jpg

◆ Paul McCartney / One On One at BUDOKAN Omnidirectional (限定プレス2CD) この商品はこちらから
名門エンプレス・バレイ×ザヴェル・ジャパン制作総指揮による、ポールの2017年来日公演第1弾は、今後リリースのプレ・アイテムとして、4月25日、日本武道館公演の究極のオーディエンス音源を、限定ロー・プライス、プレス2CDにて。
過去2度の来日アイテムでも実証された、最強タッグEVSD+XAVELから、2017年の来日全4公演も驚愕アイテムの数々がリリース予定の中、まずそのイントロダクションとして、あの日本武道館でのスペシャル・コンサートを、現代最高レベルのクオリティーのよるオーディエンス音源と、驚異的ボーナス・トラックをプラスしてリリース。

まずそのオーディエンス音源は単なる会場録音とは一線を画すもので、武道館音響を知り尽くしたプロが選んだベスト・シートから、現代最高峰のハイエンド・無指向性マイクを用いることで、低音から高音まで破綻無く完璧に捉え、広域レンジの広いサウンドを実現。そして各楽器パートの輪郭の明確さは、サウンドボード音源と遜色無く、武道館の空気感までも完璧に再現しており、たとえば会場全体が一体となった「Love Me Do」での手拍子などは、まるで会場に居るかのような錯覚に。
そしてそのライブ内容は言うに及ばず素晴らしいもので、”Hard Day’s Night”で幕を開けた「ワン・オン・ワン・ジャパン・ツアー」初日であり、2017年ツアーの封切りでもある中、日本初公開となる演出や楽曲を含む2時間を超えるステージは、この後に続く東京ドーム3daysへの期待も高まることに。
そして驚異のボーナス・トラックには、今後同レーベルからリリースのボックス・セットに収録される、驚愕クオリティーの音源を2トラック、サンプル的に追加収録。
まずトラック1には、本公演の”A Hard Day’s Night”を、本レーベルおなじみのマルチIEMマトリクス音源にて収録。ここではラフ・ミックス段階ながら、それでもこのクオリティーであることに、今後のボックス・リリースへの期待も大に。さらにボーナストラック2には、ライブ前日の4月24日に行われたサウンドチェックから”Miss Ann”を収録。
しかもあまりにも貴重な前日リハーサルをサウンドボード・ソースで収めたもので、こちらもその驚きの内容とクオリティーに後発の豪華ボックスへの期待が膨らむばかり。
よって今後のリリースを待てないファンは、ピュアなオーディエンス・サウンドを堪能したいファンなどには必携の限定コレクターズ・エディション。
なお、限定プレ・リリースのブレス2CDゆえ、リリース即完売も予想されるため、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 : 01. Pre-show SE (Coming Up / Mrs. Vandebilt) 02. Opening (The End) 03. A Hard Day’s Night 04. Jet 05. Drive My Car 06. Junior’s Farm 07. Let Me Roll It / Foxy Lady 08. I’ve Got a Feeling 09. My Valentine 10. Nineteen Hundred and Eighty-Five 11. Maybe I’m Amazed 12. We Can Work It Out 13. Every Night 14. In Spite of All the Danger 15. Love Me Do 16. Blackbird 17. Here Today
Disc 2 : 01. Queenie Eye 02. Lady Madonna 03. I Wanna Be Your Man 04. Magical Mystery Tour 05. Being for the Benefit of Mr. Kite! 06. Ob-La-Di, Ob-La-Da 07. Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band (Reprise) 08. Back in the U.S.S.R. 09. Let It Be 10. Live and Let Die 11. Hey Jude –encore- 12. Yesterday 13. Hi, Hi, Hi 14. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End
[Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan 25th April 2017 : EVSD & XAVEL Original Audience Master (Omnidirectional Microphone)]
15. A Hard Day’s Night
[Live at Nippon Budokan 25th April 2017 : Multiple IEM Matrix Master – Rough Mix]
16. Miss Ann
[Soundcheck at Nippon Budokan 24th April 2017 : Soundboard Master]
◇Paul McCartney – lead vocals, bass, guitar, piano / Rusty Anderson – vocals, guitar / Brian Ray – vocals, bass, guitar / Paul Wickens – vocals, keyboards, percussion / Abe Laboriel, Jr – drums, percussion, vocals

Published innew in store!