Skip to content

ポール東京ドーム最終公演の映像と音源のカップリング!

nemo015led.jpg

◆ Paul McCartney / One On One at Tokyo Dome Final Film Limited (1Blu-ray+1DVDR) この商品はこちらから
2017年4月「ワン・オン・ワン・ジャパン・ツアー」の東京ドーム3日目であり、来日最終日となった4月30日の模様を、HDカメラによるハイクオリティー・オーディエンス映像から、ダイレクトにブルーレイ化した映像と、別レコーディングの音源をカップリングし、すべて2時間40分にわたりコンプリート収録。
まず映像はブルーレイの大容量を活かし、HDカメラ元素材そのままのクオリティーにて、ドーム3塁側バルコニーの最前列席から撮影されたもの。そしてドームのスタンド席の中では最も距離の近い位置からの撮影であり、障害物なしの見晴らし良好な環境で、全編にわたり安定したアングルと、要所ではポールのクローズ・ショットも織り込み、またポールがグランド・ピアノへと移動する楽曲だけ死角になってしまうため、その部分はスクリーン・ショットにスイッチするというこだわりよう。
またさらに音声パートには、別レコーディングされたデジタル・オーディエンス・マスターをマトリックスすることで、低音から高音まで破綻の無いレンジの広いサウンドで、この一夜を追体験出来るというもの。
そしてあっという間に最終日となったこの千秋楽は、まずセットにおいても”Junior’s Farm”と”Jet”が入り、アンコールではこの日のみ”Get Back”もついに披露。
そして何より美しい水色に染まった東京ドーム全体の模様、特に”Hey Jude”での会場全体を埋め尽くす、サイリウム美しさは今回のジャパン・ツアーのハイライトたる光景で、そのあたりの感動が蘇るのは、このスタンド席からのHDクオリティー映像ならでは。
もちろん照明の美しさや”Live And Let Die”でのパイロのド迫力までリアルに再現しているだけに、当日参戦された方はもちろん、参戦出来なかった人にもメモリアルな限定コレクターズ・エディション。
なお初回限定で、同内容収録のDVD-Rもボーナスもセットで。
ブルーレイ再生機器が手元にない場合でも手軽に鑑賞できるので、こちらも予備的に1枚あると便利ということで。
そしてさらに音源CDには、映像にマトリックスされた、アリーナ・フロント・ローからの別レコーディングによる、デジタル・オーディエンス・マスターを収録。
こちらはアンコールでの観客をステージ上に招いてやりとりされるパートはカットされており、それ以外は低音から高音まで破綻の無いレンジの広いサウンドで、この一夜を再現しており、こちらもメモリアル・アイテムとして持っておきたいところ。
(Blu-ray & DVDR : Same Set)
01. Opening 02. A Hard Day’s Night 03. Junior’s Farm 04. Can’t Buy Me Love 05. Jet 06. Temporary Secretary 07. Let Me Roll It / Foxy Lady 08. I’ve Got A Feeling 09. My Valentine 10. Nineteen Hundred And Eighty-Five 11. Maybe I’m Amazed 12. We Can Work It Out 13. In Spite of All The Danger 14. You Won’t See Me 15. Love Me Do 16. And I Love Her 17. Blackbird 18. Here Today 19. Queenie Eye 20. New 21. The Fool On The Hill 22. Lady Madonna 23. FourFiveSeconds 24. Eleanor Rigby 25. I Wanna Be Your Man 26. Being for the Benefit of Mr. Kite! 27. Something 28. Ob-La-Di, Ob-La-Da 29. Band On The Run 30. Back In The U.S.S.R. 31. Let It Be 32. Live And Let Die 33. Hey Jude –encore- 34. Yesterday 35. Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band (Reprise) 36. Get Back 37. Hi, Hi, Hi 38. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End
CD 1 : 01. Opening 02. A Hard Day’s Night 03. Junior’s Farm 04. Can’t Buy Me Love 05. Jet 06. Temporary Secretary 07. Let Me Roll It / Foxy Lady 08. I’ve Got A Feeling 09. My Valentine 10. Nineteen Hundred And Eighty-Five 11. Maybe I’m Amazed 12. We Can Work It Out 13. In Spite of All The Danger 14. You Won’t See Me 15. Love Me Do 16. And I Love Her 17. Blackbird 18. Here Today 19. Queenie Eye 20. New
CD 2 : 01. The Fool On The Hill 02. Lady Madonna 03. FourFiveSeconds 04. Eleanor Rigby 05. I Wanna Be Your Man 06. Being for the Benefit of Mr. Kite! 07. Something 08. Ob-La-Di, Ob-La-Da 09. Band On The Run 10. Back In The U.S.S.R. 11. Let It Be 12. Live And Let Die 13. Hey Jude –encore- 14. Yesterday 15. Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band (Reprise) 16. Get Back 17. Hi, Hi, Hi 18. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End
[Live at Nippon Budokan Tokyo Japan April 30th 2017]
◇Paul McCartney – lead vocals, bass, guitar, piano / Rusty Anderson – vocals, guitar / Brian Ray – vocals, bass, guitar / Paul Wickens – vocals, keyboards, percussion / Abe Laboriel, Jr – drums, percussion, vocals

Published innew in store!