Skip to content

月別: 2017年11月

マイケル・シェンカー・フェストの来日2公演もマトリクス音源で!

xavelm151ms.jpg

◆ MICHAEL SCHENKER FEST / Live in Japan 2017 Complete (プレス4CD+1DVDR) この商品はこちらから
来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2017年「ラウド・パーク17」で再来日を果たした中、その10月15日ラウパでのライブと、唯一の単独公演となった、10月16日大阪グランキューブでのライブを、いずれもマルチ・ステレオIEMマトリクス・ソースからの、サウンドボード・クオリティーにてコンプリート収録したタイトルが、完全限定プレス4CDにてここに。
まずここ近年おなじみとなったバンド・メンバーがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックスした音源は、今まで以上に使用機材・マスタリング環境といった、サウンド・ファクターが飛躍的な進化を遂げたことに加えて、メンバーが使用する、それぞれミックス・バランスの異なる複数のモニター・ソースを、特にマイケルのギターをメインに定位し、そのうえでプロユースによる絶妙のオーディエンス・ソースを配合ステレオ・ミックス。
そして前年に続くラウド・パークでのライブは、まずこのプロジェクトではシンガーを厳密には固定しておらず、海外では1人だけの場合もある中、今回の来日ではゲイリー・バーデン、グラハム・ボネット、そしてロビン・マッコーリーがしっかり揃い踏みすることに。
そしてマイケルのプレイは近年どおりのキレッぷりな上、とにかくボーカル3人も、前年以上の好調さで、しかも昨年のセットに加えて、今回はさらに「No Time For Losers」「Bad Boys」、そして「Broken Promises」なども披露され、特に『黙示録』からの「Broken Promises」は、2016年は札幌公演だけセットインしたのが、今回はここでもついに登場。
さらに翌日大阪グランキューブでのライブは、単独公演ゆえフルセットとなるもので、この大阪でも「Broken Promises」「No Time For Losers」そして「Bad Boys」はそのままセットインし、さらにアンコールではUFOの「Natural Thing」「Lights Out」もプレイされたのはやはり嬉しいところ。
さらにボーナス・トラックとして、大阪公演当日のサウンドチェックまでも追加収録。
そしてさらに初回限定100セットのみ、さいたまスーパーアリーナでのラウドパークの模様を、会場に設置されたスクリーン映像をフル収録したボーナスDVD-Rをプラス。

こちらはHDカメラにてステージ・サイドに設置された巨大スクリーンを、エンディングまでコンプリート収録したもので、一見するとプロショットかと思えるクオリティーにて、この一夜の模様を再現。
なお、ボーナスDVD-R付き、美麗ホログラム・ジャケ、日本語帯つき仕様の本タイトルは完全限定100セットのみです。よって予約完売も必至ゆえ、ご希望の方はお早めに。
Disc 1 : 01. Searching for Freedom 02. Into the Arena 03. Let Sleeping Dogs Lie 04. Victim of Illusion 05. Cry for the Nations 06. Attack of the Mad Axeman 07. Armed and Ready 08. Coast to Coast 09. Desert Song 10. Dancer
Disc 2 : 01. Broken Promises 02. Assault Attack 03. Captain Nemo 04. No Time for Losers 05. This Is My Heart 06. Save Yourself 07. Bad Boys 08. Rock Bottom 09. Doctor Doctor
[Loud Park 17 : at Saitama Super Arena, Saitama, Japan 15th October 2017 : XAVEL ORIGINAL MASTER : Multiple IEM Sources Matrix Recording]
Disc 3 : 01. Searching for Freedom 02. Into the Arena 03. Let Sleeping Dogs Lie 04. Victim of Illusion 05. Cry for the Nations 06. Attack of the Mad Axeman 07. Armed and Ready 08. Coast to Coast 09. Desert Song 10. Dancer 11. Broken Promises 12. Assault Attack 13. Captain Nemo 14. No Time for Losers 15. This Is My Heart
Disc 4 : 01. Save Yourself 02. Bad Boys 03. Rock Bottom 04. Doctor Doctor 05. Natural Thing 06. Lights Out
[Live at Grand Cube, Osaka, Japan 16th October 2017 : XAVEL ORIGINAL MASTER : Multiple IEM Sources Matrix Recording]
07. Searching for Freedom 08. Rock Bottom 09. Broken Promises 10. Natural Thing 11. Doctor Doctor 12. Coast to Coast 13. Desert Song
[Soundcheck at Grand Cube, Osaka, Japan 16th October 2017]
Limited DVD-R : 01. Searching for Freedom 02. Into the Arena 03. Let Sleeping Dogs Lie 04. Victim of Illusion 05. Cry for the Nations 06. Attack of the Mad Axeman 07. Armed and Ready 08. Coast to Coast 09. Desert Song 10. Dancer 11. Broken Promises 12. Assault Attack 13. Captain Nemo 14. No Time for Losers 15. This Is My Heart 16. Save Yourself 17. Bad Boys 18. Rock Bottom 19. Doctor Doctor
[Loud Park 17 : at Saitama Super Arena, Saitama, Japan 15th October 2017 : SCREEN SHOT]
◇ Michael Schenker – Guitar / Gary Barden – Vocal / Graham Bonnet – Vocal / Robin McAuley – Vocal / Chris Glen – Bass / Ted McKenna – Drums / Steve Mann – Guitar, Keyboards

ガンズ2017年来日公演より、ついにマトリクス・ライブCDが、まず大阪公演より登場!

xavelm136g.jpg

◆ GUNS N’ ROSES / OSAKA 2017 Definitive Edition (プレス2CD) この商品はこちらから
来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2017年来日公演の初日となる、1月21日大阪・京セラドームでのライブを、マルチ・ステレオIEMマトリクス・ソースからの、サウンドボード・クオリティーにてコンプリート収録したタイトルが、完全限定プレス2CDにてついに登場。
まずライブ終了から10ヶ月以上を経て、ついに満を持してリリースとなるガンズ2017年ジャパン・ツアーのマトリクス・ライブの第1弾は、やはり初日の大阪公演で、数多く流通したアイテムの中で、やはり同レーベルからの圧倒的なサウンド・クオリティーは、間違いなく決定盤と言えるもの。
さらにここ近年おなじみとなったバンド・メンバーがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックスした音源は、今まで以上に使用機材・マスタリング環境といった、サウンド・ファクターが飛躍的な進化を遂げたことに加えて、メンバーが使用する、それぞれミックス・バランスの異なる複数のモニター・ソースを、特にアクセルとスラッシュをメインに定位し、そのうえでプロユースによる絶妙のオーディエンス・ソースを配合ステレオ・ミックス。
なお「Sweet Child O’ Mine」と「November Rain」の2曲のみ、アクセルのIEMに不具合が生じたため、ヴォーカルがややオフ気味ながら、それ以外は完全にステレオ・サウンドボード音源レベルのクオリティーにて。
なおライブ自体もこの3人では24年ぶりの来日となるゆえ、観客の期待も大きく膨らむ中、今回はほぼ定刻でついにショーはスタート。そしてその後セットリストに関しては、前年までの北米・南米ツアーに準じたもので、”It’s So Easy”から始まりガンズ・クラシックはもちろん、スラッシュやダフが不在だった「Chinese Democracy」からのナンバー、アンコールでのフーのカヴァー”The Seeker”まで、まさに80&90年代全盛期を彷彿させる内容。さらにはアクセルも終始ゴキゲンの絶好調、そしてとにかくスラッシュのギターが素晴らしく、バッキングからソロまでキレキレのプレイを最後まで披露。
なお、本ジャパン・ツアーのマトリクス・シリーズは全て、完全限定300セットのプレス2CD、大阪公演のリトグラフをモチーフにした美麗ホログラム・ジャケ、ナンバリング・カード付属、日本語帯つき仕様のメモリアル・アイテムとなります。よって予約完売も必至ゆえ、ご希望の方はお早めに。
disc one : 01. Opening 02. It’s So Easy 03. Mr. Brownstone 04. Chinese Democracy 05. Welcome to the Jungle 06. Double Talkin’ Jive 07. Better 08. Estranged 09. Live and Let Die 10. Rocket Queen 11. You Could Be Mine 12. Attitude 13. This I Love 14. Civil War
disc two : 01. Coma 2. Band Introduction 03. Love Theme From The Godfather 04. Sweet Child O’ Mine 05. Wish You Were Here 06. November Rain 07. Knockin’ on Heaven’s Door 08. Nightrain -encore- 09. Patience 10. The Seeker 11. Paradise City 12. Ending
[Recorded at Kyocera Dome, Osaka, Japan January 21th 2017 : [XAVEL ORIGINAL MASTER : Multiple Stereo IEM Sources Matrix Recording]
Axl Rose(vocal) / SLASH(guitar)/ Duff McKagan(bass)/ Dizzy Reed(keyboards) / Richard Fortus(guitar) / Frank Ferrer(drums) / Melissa Reese(keyboards)

ジャクソン・ブラウン、2017年名古屋公演をベスト・クオリティーで!

uxb743jb.jpg

◆JACKSON BROWNE / NAGOYA 2017 (2CDR) この商品はこちらから
デビュー45周年を迎え、2015年に続く来日公演より、2017年10月21日Zepp Nagoya公演の模様を、デジタル・オーディエンス・レコーディングにて、2時間21分にわたりコンプリート収録。
まず全6公演のうち東京、オーチャードホール3日連続公演に続く4公演目となるもので、全編にわたり距離感をまるで感じさせないダイレクト感と繊細なサウンドをカンペキに再現。
そして今回の6公演でのセットリストは、共通していたのは7曲のみで、ここ名古屋も全22曲の中、2/3が日替わり曲なうえ、リクエストに応えた「Redneck Friend」も、ここ名古屋公演でだけ披露。
さらにもう1曲、リクエストに応えたのがオールマンの「Melissa」で、「何?グレッグの曲?OK。俺たちは彼を愛してるからね」と言って始まるこのトリビュート・ナンバーは、東京2日目にも演奏されたものの、過去ステージで歌ったのは、数回という激レアなカヴァー。
またバンド・メンバーも2年前の来日公演と同じで、ジャクソンが“ドリーム・バンド”と呼ぶだけあって、全員が一流にして呼吸感もピッタリ。特にグレッグ・リーズとヴァル・マッカラムの2人のギタリストが素晴らしく、ペダルスティールを操るグレッグと、テレキャスターやファイアバードを駆使するヴァルとのコンビネーションはバツグンで、「The Long Way Around」ではヴァルがエレキでソロを取ると、グレッグが繊細なアコギのバッキングを絡ませ、「Looking East」や「Running on Empty」ではペダルスティールとファイアバードが互いにスリリングなソロをかけ合うあたりは鳥肌もの。
そんな感動の一夜をベスト・クオリティーでここに。
Disc 1 : (Set 1) 1. Intro 2. Some Bridges 3. The Long Way Around 4. The Late Show 5. Looking East 6. These Days 7. Redneck Friend 8. Just Say Yeah 9. Your Bright Baby Blues 10. For A Dancer (Set 2) 11. Intro 12. The Birds of St. Marks
Disc 2 : 1. I’ll Do Anything 2. Lives In The Balance 3. Fountain Of Sorrow 4. For Everyman 5. I’m Alive 6. Melissa 7. The Pretender 8. Running On Empty 9. Take It Easy 10. Our Lady of the Well 11. Doctor My Eyes 12. I Am A Patriot
[Live at Zepp Nagoya, Nagoya, Japan 21st October 2017]
◇ Jackson Browne (Vocals, Guitar, Piano), Greg Leisz (Pedal Steel, Guitar), Val McCallum (Guitar), Mauricio Lewak (Drums), Bob Glaub (Bass), Jeff Young (Keyboards), Chavonne Stewart (Chorus) Alethea Mills (Chorus)