Skip to content

月別: 2018年3月

ジョージ『オール・シングス・マスト・パス』のアニバーサリー・エディション

sgtgh01sp.jpg

◆ GEORGE HARRISON / ALL THINGS MUST PASS COLLECTOR’S EDITION (プレス2CD+2DVD) この商品はこちらから
2018年、ジョージ生誕75周年記として『オール・シングス・マスト・パス』の、CD+DVDによるアニバーサリー・エディションが、ビートルズ専門のSGT.レーベルよりここに。
本タイトルはジョージ初のソロ・アルバムにして、ロック界不朽の金字塔と評された最高傑作『オール・シングス・マスト・パス』の、ジョージ・ハリスンの最高傑作『オール・シングス・マスト・パス』を、オリジナル音源と今回初登場となるサラウンド・ミックス、さらにトータル4時間半に及ぶスタジオ・セッションを収録したオーディオDVDセットによる、まさに究極のコレクターズ・エディション。
(内容詳細)
まずジョージ自らとフィル・スペクターがプロデュースし、豪華メンバーが集結した大作を、完成前の貴重なラフミックス音源と、現存する膨大なスタジオ・セッション音源にてコンパイルしたもので、プレス2CDには、アップル・アセテート原盤からオリジナル通りのトラック・リストにて全曲を収録。こちらは完成前のラフ・ミックスやデモ・テイクが収録された、興味深いプロトタイプといえる内容ばかりで、まさリハーサル音源も追加収録。
さらにプレスDVDには、その音の分離の良さや音質自体のクオリティーの高さから、音源コレクターの間で注目されていた、5.1chサラウンド・ミックスにて、アルバム全曲をオーディオDVDとして収録。
ここではマルチCHでなく通常の再生でも別ステレオ・ミックスとして聴くことが出来るうえ、さらにCD未収録のアコースティック&エレクトリック・デモ音源も、2018年の最新リマスターによるベスト・クオリティーにて収録し、ビデオ・セクションにはプロモ映像までも3曲収録。
そしてDVDのdisc:2にも、オーディオDVDとしてトータル4時間30分に及ぶ、スタジオ・セッション音源をフル収録。
DVDの特性を活かし、長時間のセッション・データを曲単位でメニューから簡単に再生できるのも大きな特長。
なおDVD収録の5.1chサラウンド・ミックスによるアルバム全曲オーディオDVDは、マルチch再生ではサラウンドであり、マルチchでなく通常のDVDプレイヤーやPC再生では、ステレオ・ミックスとして再生もでき、その高評価の音質クオリティーの素晴らしさは、ヘッドフォン・ステレオで聴くことも可能。
以上名品『オール・シングス・マスト・パス』の関連音源集大成として、究極のコレクターズ・エディションは、完全限定プレス2CD+2DVD仕様ゆえ、ご希望の方はお早めに。

CD ONE :
[ORIGINAL APPLE ACETATE]
(THIS SIDE) 1. HEAR ME LORD 2. LET IT DOWN 3. AWAITING ON YOU ALL 4. RUN OF THE MILL 5. ART OF DYING (THAT SIDE) 6. WHAT IS LIFE 7. ISN’T IT A PITY 8. ISN’T IT A PITY VERSION TWO 9. BEHIND THAT LOCKED DOOR 10. ALL THINGS MUST PASS (THE OTHER SIDE) 11. I LIVE FOR YOU 12. BEWARE OF DARKNESS 13. DOWN TO THE RIVER 14. WHENEVER (I’LL STILL LOVE YOU) 15. PLUG ME IN (RS1) 16. PLUG ME IN (RS2)
[REHEARSALS] 17. WHENEVER (I’LL STILL LOVE YOU) (Mono) 18. IT DON’T COME EASY
CD TWO :
[ORIGINAL APPLE ACETATE AND ANOTHER SIDE]
1. WAH-WAH 2. MY SWEET LORD 3. I DIG LOVE 4. IF NOT FOR YOU 5. BALLAD OF SIR FRANKIE CRISP (LET IT ROLL)
[APPLE JAM] 6. OUT OF THE BLUE 7. IT’S JOHNNY’S BIRTHDAY 8. PLUG ME IN 9. I REMEMBER JEEP 10. THANKS FOR THE PEPPERONI
[REHEARSALS] 11. DEHRA DUN 12. OM HARE OM (GOPALA KRISHNA) 13. I LIVE FOR YOU 14. GOING DOWN TO GOLDERS GREEN 15. GET BACK 16. PETE DRAKE AND HIS AMAZING TALKING GUITAR 17. DOWN TO THE RIVER (Edit)
DVD ONE : NTSC 16:9 / 4:3 Wide Screen – Dolby Digital 5.1 Surround / Stereo time approx. 142min.
[5.1 SURROUND AUDIO ALBUM]
1. I’D HAVE YOU ANYTIME 2. MY SWEET LORD 3. WAH-WAH 4. ISN’T IT A PITY 5. WHAT IS LIFE 6. IF NOT FOR YOU 7. BEHIND THAT LOCKED DOOR 8. LET IT DOWN 9. RUN OF THE MILL 10. BEWARE OF DARKNESS 11. APPLE SCRUFFS 12. BALLAD OF SIR FRANKIE CRISP (LET IT ROLL) 13. AWAITING ON YOU ALL 14. ALL THINGS MUST PASS 15. I DIG LOVE 16. ART OF DYING 17. ISN’T IT A PITY (VERSION TWO) 18. HEAR ME LORD
[ACOUSTIC&ELECTRIC DEMO (2018 REMASTER)]
1. RUN OF THE MILL (Acoustic Guitar Demo) 2. ART OF DYING (Acoustic Guitar Demo) 3. EVERYBODY, NOBODY (Acoustic Guitar Demo) 4. WAH-WAH (Electric Guitar Demo) 5. WINDOW, WINDOW (Acoustic Guitar Demo) 6. BEAUTIFUL GIRL (Acoustic Guitar Demo) 7. BEWARE OF DARKNESS (Acoustic Guitar Demo) 8. LET IT DOWN (Acoustic Guitar Demo) 9. TELL ME WHAT HAS HAPPENED TO YOU (Acoustic Guitar Demo) 10. HEAR ME LORD (Electric Guitar Demo) 11. COSMIC EMPIRE (Acoustic Guitar Demo) 12. NOWHERE TO GO (Electric Guitar Demo) 13. MOTHER DIVINE (Acoustic Guitar Demo) 14. I DON’T WANT TO DO IT (Acoustic Guitar Demo) 15. IF NOT FOR YOU (Acoustic Guitar Demo) 16. WOMAN DON’T YOU CRY FOR ME (Acoustic Guitar Demo)
[VIDEO SECTION] MY SWEET LORD (UKTV 1971) / WHAT IS LIFE (PROMO 2016) / MY SWEET LORD (PHOTO MONTAGE)
DVD TWO : NTSC 16:9 / 4:3 Wide Screen – Dolby Digital Stereo / Mono time approx. 4h34min.
[SESSIONS – AUDIO DISC]
(I’D HAVE YOU ANYTIME) Demo With Bob Dylan / Announcement
(MY SWEET LORD) Early Stereo Remix / Rough Mix / Single Version
(WAH-WAH) Demo Extended / Take 3 Early Stereo Mix / Take 3 Backing Track RS1
(ISN’T IT A PITY) Early Stereo Remix
(WHAT IS LIFE) Backing Track Guitar And Piano Overdubs / Backing Track Horn Overdub / Backing Track Take25 RS1 / Early Stereo Remix
(IF NOT FOR YOU) Rough Mix / Early Stereo Remix
(BEHIND THAT LOCKED DOOR) Rough Mix / Early Stereo Remix
(LET IT DOWN) Alternate Vocal Take 1 / Take 8 Backing Tracks / Take 8 Vocal Overdub / Take 8 Keyboard Overdub / Take 8 Guitar And Horn Overdubs / Early Stereo Remix
(RUN OF THE MILL) Basic Tracks / Vocal And Keyboard Overdubs / Horn Overdubs / Rough Mix False Start / Rough Mix
(BEWARE OF DARKNESS) Alternate Vocal Take / Basic Tracks / Guitar Overdubs 1 / Guitar Overdubs 2 / Strings Overdubs
(APPLE SCRUFFS) Take 1 Breakdown / Take 2 False Start / Take 3 Breakdown / Take 4 Breakdown / Take 5 Breakdown / Take 6 Breakdown / Take 7 / Take 8 Breakdown / Take 9 Breakdown / Take 10 Breakdown / Take 11 Breakdown / Take 12 Breakdown / Take 13 / Take 14 / Take 15 / Take 16 / Take 17 / Take 18 Double-Tracked Vocal / Take 18 Backing Vocals And Guitar Overdubs / Take 18 Backing Vocal Overdubs / Take 18 Vocal, Harmonica And Guitar Overdubs
(BALLAD OF SIR FRANKIE CRISP -LET IT ROLL) Backing Tracks
(AWAITING ON YOU ALL) Backing Tracks / Backing Tracks Guitar And Keyboard Overdubs / Backing Tracks Horn Overdubs / Backing Tracks Rough Mix
(ALL THINGS MUST PASS) Alternate Vocal Take / Rough Mix False Start / Early Stereo Remix I DIG LOVE Take 20 RS1 Breakdown / Take 20 RS2
(ART OF DYING) Take 9 Early Stereo Remix / Take 26 Backing Tracks / Take 26 Overdubs Keyboard Overdubs / Take 26 Horn Overdubs / Take 26 RS9 With Overdubs
(ISN’T IT A PITY -VERSION 2) Take 30 RS1
(HEAR ME LORD) Basic Tracks / Basic Tracks Piano Overdubs / Early Stereo Remix
(IT’S JOHNNY’S BIRTHDAY) Early Stereo Remix
(PLUG ME IN) Rough Mix 1 / Rough Mix 2

ジョージの最新編集アンソロジー第1弾が、限定プレス2CDにて

dapj027sp.jpg

◆ GEORGE HARRISON / 2018 I ME MINE : BEATLE YEARS ANTHOLOGY (プレス2CD) この商品はこちらから
ビートルズ・ファン必携のレーベル、DAP (DIGITAL ARCHIVES PROMOTION)より、ジョージのオールタイム・ベストとなる、2018年最新編集アンソロジー第1弾が、限定プレス2CDにて登場。
本シリーズの第1弾は、ビートルズ時代にジョージがリード・ボーカルをとったカバー曲から、自身のオリジナル・ナンバーまで、初発掘のレア音源を含めて、ほぼ時系列にコンパイル。
それはビートルズ最初のデッカ・オーディションから始まり、BBCラジオでのライブ演奏、シェア・スタジアムにあの武道館公演、さらにはアビーロード・スタジオでのレコーディング・セッションからのハイライト、さらにはインド音楽との出会いから最後のゲット・バック・セッションに至るまで収録。
よってビートルズ時代のジョージ・ナンバーのレア音源を、2018年最新編集のコンピレーションとして、初登場ミックスやアップグレード音源も多数収録したオールタイム・ベストで、まさにジョージ・ファン必聴のビートル・イヤーズ・アンソロジー。

(内容詳細)
歴史的な初のデッカ・オーディションでは、実は意外にも4曲もリード・ボーカルを披露していたジョージは、BBCライブでもスタジオ・レコーディングされていないカバー・ナンバーも演奏。
こうした初期ライブ音源から一連のスタジオ・セッションまでジョージがビートルズ時代に残したリード・ボーカル・ナンバーはすべて網羅しており、もちろん音源ソースは最新ベスト・クオリティーで収録しており、また一連のオルタネイト・ミックスも、マルチトラック解析した初登場ミックスにて。
またお馴染み「ホワイト・アルバム」のアコースティック・デモも、すべてリアル・ステレオで収録され、重要曲「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」や「サムシング」「ヒア・カムズ・ザ・サン」「アイ・ミー・マイン」などは、スタジオ・チャットがより長い編集であったり、より高音質リマスター音源から収録されており、単なる既発オムニバス編集とは全く異なる編集が施された、2018最新編集バージョンにて。
なお同時リリースの『WHAT IS LIFE : SOLO YEARS ANTHOLOGY』(プレス2CD)とともに、完全限定ロー・プライス、プレス2CD仕様ゆえ、ご希望の方はセットにてお早めに。
CD ONE :
1. INTRODUCTION / TAKE GOOD CARE OF MY BABY (Decca Audition) 2. THREE COOL CATS (Decca Audition) 3. CRYING WAITING HOPING (Decca Audition) 4. THE SHEIK OF ARABY (Decca Audition) 5. SHEILA (Live At Star Club 1962) 6. DO YOU WANT TO KNOW A SECRET (Take 7) 7. YOUNGBLOOD (Live At The BBC) 8. I FORGOT TO REMEMBER TO FORGET (Live At The BBC) 9. CHAINS (Live At The BBC) 10. NOTHIN’ SHAKIN’ (BUT THE LEAVES ON THE TREES) (Live At The BBC) 11. GLAD ALL OVER (Live At The BBC) 12. DON’T BOTHER ME (Take 10) 13. DEVIL IN HER HEART (Live At The BBC) 14. ROLL OVER BEETHOVEN (Live In Sweden 1963) 15. TALKING GUITAR BLUES 16. I’M HAPPY JUST TO DANCE WITH YOU (Live At The BBC) 17. YOU KNOW WHAT TO DO (Outtake) 18. EVERYBODY’S TRYING TO BE MY BABY (Live At Shea 1965) 19. I NEED YOU (Vocal And Guitar Mix) 20. YOU LIKE ME TOO MUCH (Production Acetate) 21. THINK FOR YOURSELF (Alternate Rough Mix) 22. SINGS FOR GERMANY (Radio Luxembourg) 23. IF I NEEDED SOMEONE (Live At Budokan 1966) 24. TAXMAN (4 Track Remix) 25. LOVE YOU TO (Alternate Mix) 26. I WANT TO TELL YOU (Alternate Mix) 27. WITHIN YOU, WITHOUT YOU (Expanded Remix) 28. BLUE JAY WAY (Take 1&3 Remix) 29. THE INNER LIGHT (Take 8)
CD TWO :
1. IT’S ALL TOO MUCH (Extended Version) 2. SOUR MILK SEA (Kinfauns Stereo Demo) 3. CIRCLES (Kinfauns Stereo Demo) 4. PIGGIES (Kinfauns Stereo Demo) 5. WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS (Kinfauns Stereo Demo) 6. WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS (Studio Session / Alternate Mix) 7. LONG LONG LONG (Backing Track) 8. NOT GUILTY (Stereo Remix) 9. SAVOY TRUFFLE (Alternate Mix) 10. ONLY A NORTHERN SONG (Production Master) 11. I ME MINE SESSIONS 12. I ME MINE (Undubbed Edit Version) 13. FOR YOU BLUE (Alternate Mix) 14. ALL THINGS MUST PASS (Studio Session) 15. OLD BROWN SHOE (Demo Acetate) 16. SOMETHING SESSIONS 17. SOMETHING (Studio Session / Alternate Mix) 18. HERE COMES THE SUN (Studio Session / Alternate Mix) 19. I ME MINE (Original Version)

ジョージの最新編集アンソロジー第2弾が、限定プレス2CDにて

dapj028sp.jpg

◆ GEORGE HARRISON / 2018 WHAT IS LIFE : SOLO ANTHOLOGY (プレス2CD) この商品はこちらから
ビートルズ・ファン必携のレーベル、DAP (DIGITAL ARCHIVES PROMOTION)より、ジョージのオールタイム・ベストとなる、2018年最新編集アンソロジー第2弾が、限定プレス2CDにて登場。
そして本シリーズの第2弾は、解散後のレア音源を、初発掘のレア音源を含めて、ほぼ時系列にコンパイル。それはディランやクラプトンとのレコーディングにポール・サイモンとの共演、そして唯一の全米ツアーとなった1974年の全米ライブに、貴重なスタジオ・アウトテイクや未発表曲、そして最後のTV出演におけるアコースティック・ライブまでを、2018年最新編集のコンピレーションとして、初登場ミックスやアップグレード音源も多数収録したオールタイム・ベストで、まさにジョージ・ファン必聴のソロ・イヤーズ・アンソロジー。
(内容詳細)
まず初ソロ・アルバム『オール・シングス・マスト・パス』から、シングル・ヒット「ホワット・イズ・ライフ」は、クラプトンのギターをフィーチャーされたインスト・テイクに、ボーカルを加えた新編ミックスにて。その後の「ギブ・ミー・ラブ」「ダーク・ホース」そして「ディン・ドン」などのシングル・ヒットは、デモ・バージョンで。さらにポール・サイモンと共演したサタデイ・ナイト・ライブや、ラヴィ・シャンカールとの出演で最後のTVパフォーマンスなどもリマスター音源より収録。
さらに『オール・シングス・マスト・パス』オフィシャル30周年エディションには未収録の、2曲のアコースティック・バージョンまで、単なる既発オムニバス編集とは全く異なる編集が施された、2018最新編集バージョンにて。
なお同時リリースの『I ME MINE : BEATLE YEARS ANTHOLOGY』(プレス2CD)とともに、完全限定ロー・プライス、プレス2CD仕様ゆえ、ご希望の方はセットにてお早めに。
CD ONE :
1. ALL THINGS MUST PASS (Demo) 2. DEHRA DUN (Demo) 3. YOUR TRUE LOVE (with Bob Dylan) 4. IT DON’T COME EASY (Band Demo) 5. IF NOT FOR YOU (Demo) 6. MY SWEET LORD (Rough Mix) 7. WHAT IS LIFE (with Eric Clapton Remix) 8. ALL THINGS MUST PASS (Rough Mix) 9. ISN’T IT A PITY (Demo) 10. YOU (Band Demo) 11. BANGLA DESH (Single Mix) 12. DEEP BLUE (Rehearsal) 13. IF NOT FOR YOU (Rehearsal) 14. COME ON IN MY KITCHEN (Rehearsal) 15. SUE ME SUE YOU BLUES (Demo) 16. GIVE ME LOVE (GIVE ME PEACE ON EARTH) (Rough Mix) 17. MISS O’DELL (Alternate Mix) 18. DARK HORSE (Band Demo) 19. I DON’T CARE ANYMORE (Demo) 20. DING DONG, DING DONG (Band Demo) 21. HARI’S ON TOUR (EXPRESS) (The North American Tour 1974) 22. FOR YOU BLUE (The North American Tour 1974) 23. DISPUTE AND VIOLENCE (The North American Tour 1974)
CD TWO :
1. THE PIRATE SONG (BBC TV 1975) 2. HERE COMES THE SUN (Saturday Night Live 1976 with Paul Simon) 3. HOMEWARD BOUND (Saturday Night Live 1976 with Paul Simon) 4. MO (Song For Mo Astin 1977) 5. LIFE ITSELF (Outtake) 6. FLYING HOUR (Remix 1978) 7. LAY HIS HEAD (Remix 1978) 8. SAT SINGING (Remix 1978) 9. SAVE THE WORLD (Remix) 10. THAT’S THE WAY IT GOES (Remix) 11. GOT MY MIND SET ON YOU (Extended Version) 12. WHEN WE WAS FAB (Reverse End) 13. POOR LITTLE GIRL (Promo Edit) 14. RIDE RAJBUN (The Bunbury Tales 1992) 15. IF YOU BELONGED TO ME (Yin&Yang 1997) 16. ALL THINGS MUST PASS (Yin&Yang 1997) 17. ANY ROAD (Yin&Yang 1997) 18. PRABHUJEE (Yin&Yang 1997) 19. HORSE TO THE WATER (Remix) 20. LET IT DOWN (Acoustic 2001) 21. ALL THINGS MUST PASS (Acoustic 2001)

改めてポールの2013年来日公演のメモリアル・アイテムが、限定300セット・リリース

jpm1121sp.jpg

◆ Paul McCartney / Out There Japan Tour 2013 Memorial (プレス4CD) この商品はこちらから
今改めて2013年来日公演のメモリアル・アイテムが、プレス盤の完全限定仕様にてここに。(300セット限定シリアルナンバー入り)
まず2013年の来日から、最終公演となった11月2日東京ドーム公演を、ステレオ・サウンドボード音源にてコンプリート収録。
なおボーナス・トラックには、ライブ開始前のビートルズ・カバーやソロのリミックスも28分の最長バージョンにて。
そして加えてボーナス・ディスクとして、ポールの来日の歴史をすべてベスト・クオリティー、サウンドボード音源にて収録したメモリアル・ディスクも付属。1990年初来日のクリアーな東京公演や、3年後の’193年東京公演のサウンド・チェック、またサウンドボード音源が少ない稀少な2002年の来日公演からも、現存するサウンドボード音源はすべてここに。
Disc 1 :1. From The Dressing Room To The Stage(Tokyo 11.19) 2. Intro. 3. Eight Days A Week 4. Save Us 5. All My Loving 6. Listen To What The Man Said 7. Let Me Roll It 8. Paperback Writer 9. My Valentine 10. Nineteen Hundred And Eighty-Five 11. The Long And Winding Road 12. Maybe I’m Amazed 13. I’ve Just Seen A Face 14. We Can Work It Out 15. Another Day 16. And I Love Her 17. Blackbird 18. Here Today
Disc 2 : 1. MC 2. New 3. Queenie Eye 4. Lady Madonna 5. All Together Now 6. Lovely Rita 7. Everybody Out There 8. Eleanor Rigby 9. Being For The Benefit Of Mr. Kite! 10. Something 11. Ob-La-Di, Ob-La-Da 12. Band On The Run 13. Back In The U.S.S.R. 14. Let It Be 15. Live And Let Die 16. Hey Jude
Disc 3 : 1. Encore 2. Day Tripper 3. Hi, Hi, Hi 4. Get Back 5. Yesterday 6. Helter Skelter 7. Golden Slumbers 8. Carry That Weight 9. The End 10. To The Bus From Confetti
[Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 21st November 2013 : STEREO SOUNDBOARD RECORDING]
11. Eight Days A Week #1 (Mono) 12. Save Us #1 (Mono) 13. Eight Days A Week #2 (Fake Stereo) 14. Save Us #2 /MC (Fake Stereo) 15. New #1 (Real Stereo) 16. New #2 (Stereo with reverb) 17. New #3 (Mono)
[Extra Trax : Soundboard Fragments :at Kyocera Dome, Osaka, Japan 11th November 2013]
18. ALL MY LOVING (Mono)
[at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 18th November 2013]
19. The Beatles/Paul McCartney/Wings DJ Remixes
(Twist & Shout- And I Love Her – Octopus Garden – Let ’em In – Uncle Albert – No More Loneley Nights – With A Little Luck – Good Night Tonight – Silly Love Songs – Temporary Secretary – The End)
[Opening DJ Remixes 2013]
+ MISCELLANEOUS Trax : 20. Messages From London To A Japanese Fan (3rd October 2013) 21. At Kansai International Airport (9th November 2013) 22. Tokyo Dome Saiko! (November 2013) 23. Paul Talks About The Album “NEW” (2013)
Limited Extra Disc :
1. Things We Said Today 2. Figure Of Eight 3. Ain’t That A Shame
[THE PAUL McCARTNEY WORLD TOUR IN JAPAN 1990 : Live at Tokyo Dome 7th March 1990]
4.Matchbox 5.Just Because 6.Good Rockin’ Tonight 7.Be Bop A Lula 8.Midnight Special 9.C Moon 10.The Long And Winding Road 11.Linda Lu 12.Twenty Flight Rock
[THE NEW WORLD TOUR IN JAPAN 1993 : Soundcheck at Tokyo Dome 14th & 15th November 1993]
13. Let Me Roll It 14. We Can Work It Out 15. Lady Madonna 16. Magical Mystery Tour 17. Live And Let Die 18. Paperback Writer 19. Back In The U.S.S.R. 20. Hey Jude
[Live at Tokyo Dome 15th November 1993]
21. At Narita International Airport (9th November 2002) 22. Let ’em In
[DRIVING JAPAN 2002 : Live in Japan November 2002]

アーク・エナミー、東京2日目も音と映像でカップリング!

xavelm108a.jpg

◆ ARCH ENEMY / 2018 Tokyo 2nd Night (2CDR+1DVDR) この商品はこちらから
来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2018年来日公演における、東京2日目となった2月21日、六本木EXシアターでのライブを、おなじみマルチ・ステレオIEMマトリクス・ソースからの音源CDと、良好オーディエンス映像によるDVDにてカップリング。
まず音源CDは、おなじみのバンド・メンバーがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックス。そしてメンバーが使用する、それぞれミックス・バランスの異なる複数のモニター・ソースを、アリッサのヴォーカルはセンターに、またマイケル&ジェフのツイン・ギターは左右チャンネルに完璧にセパレート分離し、今回もステレオ・サウンドボード・クオリティーにてコンプリート収録。
そしてライブの方は、3年振りのアルバム「Will To Power」リリースに伴う来日ゆえ、同アルバムからのナンバーを軸に、アリッサ加入後の「ウォー・エターナル」からの曲をメインにしながらも、ラストの「Fields of Desolation」なども含めて、ヨハン・リーヴァ在籍時のナンバーも随所に。
また東京は連日公演ゆえセットリストの入れ替えもあり、このセカンド・ナイトでは「Blood on Your Hands」と「Heart of Darkness」が日替わりで。
さらにカップリングDVD-Rには、当日の模様を、ステージほぼ正面2F席最前列から撮影した良質オーディエンス・ショットにて収録。
ライブ全編をフルHDクオリティーの視界も良好な、安定感抜群のオーディエンス・ショット・ソースを元に、至近距離からの迫力満点の映像にて。
なお日本語帯付き仕様の限定メモリアル・アイテムゆえ、ご希望の方はお早めに。
CD 1 : 01. Pre-Show SE (Ace of Spades) 02. Opening (Set Flame to the Night) 03. The World Is Yours 04. Ravenous 05. Stolen Life 06. The Race 07. War Eternal 08. My Apocalypse 09. Blood on Your Hands 10. You Will Know My Name 11. Bloodstained Cross 12. Intermezzo Liberte 13. Dead Eyes See No Future
CD 2 : 01. The Eagle Flies Alone 02. Reason to Believe 03. As the Pages Burn 04. Dead Bury Their Dead 05. We Will Rise –encore- 06. Heart of Darkness 07. Guitar Solo (by Jeff Loomis) 08. Snow Bound 09. Nemesis 10. Fields of Desolation 11. Closing
DVD-R :01. Opening (Set Flame to the Night) 02. The World Is Yours 03. Ravenous 04. Stolen Life 05. The Race 06. War Eternal 07. My Apocalypse 08. Blood on Your Hands 09. You Will Know My Name 10. Bloodstained Cross 11. Intermezzo Liberte 12. Dead Eyes See No Future 13. The Eagle Flies Alone 14. Reason to Believe 15. As the Pages Burn 16. Dead Bury Their Dead 17. We Will Rise –encore- 18. Heart of Darkness 19. Guitar Solo (by Jeff Loomis) 20. Snow Bound 21. Nemesis 22. Fields of Desolation
[at EX Theater Roppongi, Tokyo, Japan 21th February 2018 (2nd Night) : IEM Matrix Recording]
Alissa White-Gluz – vocals / Michael Amott – guitar, vocals / Jeff Loomis – guitar, vocals / Sharlee D’Angelo – bass / Daniel Erlandsson – drums

アーク・エナミー、東京初日公演を音と映像でカップリング!

xavelm107a.jpg

◆ ARCH ENEMY / 2018 Tokyo 1st Night (2CDR+1DVDR) この商品はこちらから
来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2018年来日公演における、東京初日となった2月20日、六本木EXシアターでのライブを、おなじみマルチ・ステレオIEMマトリクス・ソースからの音源CDと、良好オーディエンス映像によるDVDにてカップリング。
まず音源CDは、おなじみのバンド・メンバーがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックス。そしてメンバーが使用する、それぞれミックス・バランスの異なる複数のモニター・ソースを、アリッサのヴォーカルはセンターに、またマイケル&ジェフのツイン・ギターは左右チャンネルに完璧にセパレート分離し、今回もステレオ・サウンドボード・クオリティーにてコンプリート収録。
そしてライブの方は、3年振りのアルバム「Will To Power」リリースに伴う来日ゆえ、同アルバムからのナンバーを軸に、アリッサ加入後の「ウォー・エターナル」からの曲をメインにしながらも、「Fields of Desolation」なども含めて、ヨハン・リーヴァ在籍時のナンバーも随所に。
また東京は連日公演ゆえセットリストの入れ替えもあり、このファースト・ナイトでは「No More Regrets」と「Avalanche」が日替わりで。
さらにカップリングDVD-Rには、当日の中盤以降の模様を、ステージほぼ正面2F席最前列から撮影した良質オーディエンス・ショットにて収録。
ライブ全編をフルHDクオリティーの視界も良好な、安定感抜群のオーディエンス・ショット・ソースを元に、コンプリートではないものの、至近距離からの迫力満点の映像にて。
なお日本語帯付き仕様の限定メモリアル・アイテムゆえ、ご希望の方はお早めに。
CD 1: 01. Pre-Show SE (Ace of Spades) 02. Opening (Set Flame to the Night) 03. The World Is Yours 04. Ravenous 05. Stolen Life 06. The Race 07. War Eternal 08. My Apocalypse 09. No More Regrets 10. You Will Know My Name 11. Bloodstained Cross 12. Intermezzo Liberte 13. Dead Eyes See No Future
CD 2 : 01. The Eagle Flies Alone 02. Reason to Believe 03. As the Pages Burn 04. Dead Bury Their Dead 05. We Will Rise –encore- 06. Avalanche 07. Guitar Solo (by Jeff Loomis) 08. Snow Bound 09. Nemesis 10. Fields of Desolation 11. Closing (Enter the Machine / Vox Stellarum)
DVD-R : 01. No More Regrets 02. You Will Know My Name 03. Bloodstained Cross 04. Intermezzo Liberte 05. Dead Eyes See No Future 06. The Eagle Flies Alone 07. Reason to Believe 08. As the Pages Burn 09. Dead Bury Their Dead 10. We Will Rise –encore- 11. Avalanche 12. Guitar Solo (by Jeff Loomis) 13. Snow Bound 14. Nemesis 15. Fields of Desolation
[at EX Theater Roppongi, Tokyo, Japan 20th February 2018 (1st Night) : IEM Matrix Recording]
Alissa White-Gluz – vocals / Michael Amott – guitar, vocals / Jeff Loomis – guitar, vocals / Sharlee D’Angelo – bass / Daniel Erlandsson – drums