Skip to content

月: 2018年10月

マイケル・シェンカー・フェストのジャパン・ツアーより、東京2公演の映像決定盤!

alxbd078mf.jpg

◆ MICHAEL SCHENKER FEST / 2 Days In Tokyo 2018 Film (3Blu-ray) この商品はこちらから
2018年4人のボーカリストを配したマイケル・シェンカー・フェストのジャパン・ツアーより、東京での2公演を、HDクオリティーの良好オーディエンス・ショットにて、カップリング収録しブルーレイ化。
まず全6公演のうち、8月31日の豊洲PIT、そして最終日となった9月5日東京・国際フォーラムでのライブをカップリング収録したもので、いずれもHDクオリティーのカメラならではのクリアーな映像と音で収録しており、しかも音声パートは、サウンドボード・クオリティーのIEMマトリクス音源をシンクロしており、ブルーレイならではの大容量を活かし、元素材そのままのHDクオリティーの映像素材も圧縮することなく収録しており、音声も含めてこれ以上のクオリティーは望めないであろうもの。
そしてまず初日豊洲PITでのライブは残念ながらコンプリートではないものの、ライブのメインとなるUFOや80年代MSGのナンバーはほぼ収録されており、何よりスゴいのはその映像クオリティーで、ライブハウスという小規模会場において、極めて近距離から障害物なくステージを捉えており、マイケルの指使いまで確認できるクローズ・ショットも多数で、オーディエンス映像としては最高峰レベルにて。
そして東京・国際フォーラムは完全コンプリート収録のうえ、しかも2台のHDカメラからの映像をマルチ・ミックスしたプロショット仕様で、こちらももちろんマルチIEMマトリクス音源を見事なバランスでシンクロさせており、これ以上のオーディエンス映像は有り得ないクオリティーにて。
以上、両日合わせて東京公演をパーフェクトに楽しめる、ファンにとっては必携の来日限定メモリアル・アイテム。
disc 1 : 01. Intro 02. Holiday 03. Doctor Doctor 04. Vigilante Man 05. Take Me to the Church 06. Into the Arena 07. Bad Boys 08. Save Yourself 09. Anytime 10. Captain Nemo 11. Dancer 12. Desert Song 13. Assault Attack 14. Searching for a Reason 15. Coast to Coast 16. Happy Birthday Rudolf! 17. Are You Ready To Rock 18. Attack of the Mad Axeman 19. Rock My Nights Away 20. Armed and Ready 21. Rock Bottom –encore- 22. Shoot Shoot 23. Natural Thing 24. Lights Out
[Live at Toyosu PIT, Tokyo, Japan 31st August 2018]
Disc 2 : 01. Intro 02. Holiday 03. Doctor Doctor 04. Live and Let Live 05. Vigilante Man 06. Lord of the Lost and Lonely 07. Take Me to the Church 08. Before the Devil Knows You’re Dead 09. Into the Arena 10. Bad Boys 11. Save Yourself 12. Anytime 13. Heart and Soul 14. Love Is Not a Game 15. Warrior 16. Captain Nemo 17. Dancer 18. Desert Song
Disc 3 : 01. Night Moods 02. Assault Attack 03. Searching for a Reason 04. Coast to Coast 05. Are You Ready To Rock 06. Attack of the Mad Axeman 07. Rock My Nights Away 08. Messin’ Around 09. Armed and Ready 10. Rock Bottom –encore- 11. Shoot Shoot 12. Natural Thing 13. Lights Out
[Live at Toyosu PIT, Tokyo, Japan 31st August 2018]
◇ Michael Schenker – Guitar / Gary Barden – Vocal / Graham Bonnet – Vocal / Robin McAuley – Vocal / Doogie White – Vocal / Chris Glen – Bass / Ted McKenna – Drums / Steve Mann – Guitar, Keyboards

プリンス・アーカイブ・シリーズより、80年代最初期の貴重なライブ音源と映像をコンパイル

pga030sp.jpg

◆ PRINCE / THE EARLY LIVE ARCHIVES 1980-1982 (プレス1CD+1DVD) この商品はこちらから
プリンス・アーカイブ・シリーズより、その80年代冒頭最初期の貴重なサウンドボード・ライブ音源と、レア・プロショットライブ映像をカップリングしたプレスCD&DVDが、限定ロー・プライスのスペシャル・エディションとして登場。
今回は1979年末にリリースされたセカンド・アルバム『愛のペガサス』から1981年『ダーティ・マインド』まで、プレイク以前の最初期のレア音源&映像をTVショーやスタジオ・ライブから、ほぼ時系列にコンパイル。
そしてまずCDには1980年1月の「ミッドナイト・スペシャル」からリリースされたばかりの『愛のペガサス』の2曲を。そして1981年「サタデイ・ナイト・ライブ」、そして1982年3月、幻のライブ・アルバム「THE SECOND COMING」用に収録されたミネソタ公演のライブ音源に加えて、1981年のライブハウスでのギグからのレア・ナンバーも。
さらに同年10月11日ストーンズの全米ツアーでオープニング・アクトに抜擢されるも、罵声を浴びせられた伝説のL.A.メモリアル・コロシアムでのライブ音源は、唯一現存するマスターに最新リマスターを施し収録。
そして映像DVDには最初期のプロショット映像として知られる1981年3月22日のニューヨーク、リッツ公演、そしてフランスに初上陸となった同年6月4日のパリ公演をカップリングでトータル114分にわたり収録。
これらはかつてVHS時代からも流通していた映像ながら、今回現存するベスト・クオリティー、プロショット・マスターを再編集したリストア映像で、音源もオリジナル・モノ音声に加えてステレオ・リマスターも施され、過去流通とは比較にならないクオリティーにて。
とにかく若きプリンスのワイルド&ダーティな魅力たっぷりのパフォーマンスに加えて、”Bambi”などのハード・チューンではジミヘンばりのギターもフューチャーされ、当時の過激なステージを音と映像のカップリングした、永久保存コレクターズ・エディション。
CD : 1. INTRODUCTION 2. I WANNA BE YOUR LOVER 3. WHY YOU WANNA TREAT ME SO BAD?
[Midnight Special : TV Show at NBC Studio. Burbank, CA USA 8th January 1980]
4. PARTY UP
[Saturday Night Live : TV Show at NBC Studio, NYC, NY USA 21st February 1981]
5. THE SECOND COMING 6. UPTOWN 7. WHY YOU WANNA TREAT ME SO BAD? 8. WHEN YOU WERE MINE 9. HEAD
[Live at Met Center, Bloomington, MI USA 7th March 1982]
10. CRAZY YOU 11. EVERYBODY DANCE 12. BAMBI
[Live at Sam’s Minneapolis, MI USA 9th March 1981]
13. BAMBI 14. WHEN YOU WERE MINE 15. JACK U OFF 16. UPTOWN 17. WHY YOU WANNA TREAT ME SO BAD?
[Supporting THE ROLLING STONES : Live at Memorial Coliseum, Los Angeles, CA USA 11th October 1981]
DVD : NTSC 16:9 / 4:3 LPCM Enhanced Stereo Remaster+Original Mono time approx. 56+58min.
DO IT ALL NIGHT / WHY YOU WANNA TREAT ME SO BAD? / GOTTA BROKEN HEART AGAIN / BROKEN / WHEN YOU WERE MINE / GOTTA STOP (MESSIN’ ABOUT) / SEXY DANCER / SISTER / I WANNA BE YOUR LOVER / HEAD / STILL WAITING
[DIRTY MIND TOUR : Live at The Ritz, NYC, NY USA 22nd March 1981]
DO IT ALL NIGHT / WHY YOU WANNA TREAT ME SO BAD? / GOTTA BROKEN HEART AGAIN / JACK U OFF / WHEN YOU WERE MINE / GOTTA STOP (MESSIN’ ABOUT) / SEXY DANCER / SISTER / STILL WAITING / PARTY UP / DIRTY MIND / UPTOWN
[FIRST LIVE IN PARIS : Live at Theatre Le Palace, Paris, France 4th June 1981]
◇Prince (vox, guitar), Bobby Z. (drums), Andre Cymone (bass), Dez Dickerson (guitar), Dr. Fink (keyboards), Lisa Coleman (keyboards)

デレク&ザ・ドミノスの名ライブが正真正銘のリアル・サウンドボードで

mvr842sample.jpg

◆ DEREK & THE DOMINOS / Fillmore Concert : フィルモア・イーストの夜 (8CD BOX) この商品はこちらから
クラプトン・ファン必携のミッドバレイ・レーベルより、デレク&ザ・ドミノスのあまりに有名な1970年10月23&24日フィルモア・イースト公演を、当日の貴重なライブ写真を使用したデザインによる、限定200セットナンバリング入りのコレクターズ・エディション仕様にて登場。
本タイトルはクラプトンの膨大なライブ音源の中でも、その演奏の素晴らしさも含めて、まさに頂点と断言できる究極の音質、内容、完成度として知られるもので、さらに完全初登場のマルチ・トラック・マスターを使用のうえ、貴重なオーディエンス・マスターも収録された、栄光のフィルモア・イースト公演の紛うことのなき決定盤。
そしてまずそのマルチ・トラック・マスターは、レコード会社が公式にマルチ・トラック・レコーディングしたもので、しかも通常の2chサウンドボードとは一線を画す、オフィシャル盤で使用される予定のマスターゆえ、分離感に定位、質感まで全てが驚異的。
特に史上初登場となる24日からのライブで”BOTTLE OF RED WINE”を収録していることも、熱心なファンなら驚きべき事実。
サブ・タイトル通り、午前零時半からスタートしたフィルモア・イーストでの名演のすべてがここに。
[音源詳細説明]
ドミノスと言えばこのフィルモア・ライブであることはクラプトン・ファンなら誰しもが納得のこのライブ音源は、1993年に流出したステレオ・サウンドボード音源が、世界中に衝撃を与え、その後そのコピー盤のほかにも、ビル・グラハムのアーカイヴ・サイトWolfgang Vaultにアップロードされた同日音源からも星の数ほどのタイトルが同内容でリリースされることに。
なお同内容というものの、そのポイントは「Bottle of Red Wine」で、実際この曲は10月両日演奏されていたにも関わらず、これまで23日のテイクが24日にも重複で収録されていたのが後年判明。
その後2006年頃に10月24日のオーディエンス・テープも出回りはじめると、24日にも同曲はちゃんと演奏されていて、それならば24日のサウンドボード・ソースもテープが存在するハズと、言われながらも結局それから10年以上が経過。
そして今回初めて入手されたマスターテープは、紛れもないフィルモア2日間のコンプリートであり、かつマルチトラック・レコーディングのサウンドボード・マスターであって、正真正銘「Bottle of Red Wine」の24日のサウンドボード音源もついに陽の目を見ることに。
なおこれで全貌が明らかになっただけでなく、そのサウンド・クオリティーもしっかり定位されたステレオ・セパレート、音の拡がりと奥行き、ひとつひとつの音の鮮度、全ての楽器に耳を傾けると聴こえてくるディテール、それらすべてが過去にリリースされたどの音源よりも優れているのはもう明らかで、これこそマルチトラック・レコーディングされたソースを、ステレオにミックス・ダウンしたことの真価であり、これこそ最終決定盤となる永久保存コレクターズ・エディション。
*さらに現存ベスト・クオリティーのオーディエンス・マスター音源もセットにしたこの8CDボックスは、同内容でデザイン違いの「午前零時半のイノセンス」も同時リリースです。ボックスのデザイン、CDジャケットのデザインも含めてディスク盤面デザインも別ものです。
またボックスに封入されている写真はステージから観客席を写しているもので、ジム・ゴードンの辺りからカール・レイドルが撮影したものと思われ、こちらも貴重。なお両ボックスいずれも限定200セット・ナンバリング入り仕様で、完売必至ゆえ、ご希望の方はお早めに。

disc 1 : 01.Introduction 02.Got To Get Better In A Little While 03.Key To The Highway 04.Tell The Truth 05.Why Does Love Got To Be So Sad 06.Blues Power 07.Have You Ever Loved A Woman
disc 2 : 01.Bottle Of Red Wine / 02.Presence Of The Lord / 03.Little Wing / 04.Let It Rain / 05. Crossroads
[Recorded at Bill Graham’s Fillmore East,Second Avenue at Sixth Street, New York, USA 23rd October 1970 – Late Show 12:30 am : AUDIENCE RECORDING MASTER]
disc 3 : 01.Why Does Love Got To Be So Sad / 02.Presence Of The Lord / 03.Blues Power / 04.Have You Ever Loved A Woman / 05.Key To The Highway
disc 4 : 01.Bottle Of Red Wine / 02.Roll It Over / 03.Let It Rain / 04.Little Wing
[Recorded live at Bill Graham’s Fillmore East,Second Avenue at Sixth Street, New York, USA 24th October 1970 – Late Show 12:30 am : AUDIENCE RECORDING MASTER]
disc 5 : 01.Introduction / 02.Got To Get Better In A Little While / 03.Key To The Highway / 04.Tell The Truth / 05. .Why Does Love Got To Be So Sad / 06. Blues Power / 07. Have You Ever Loved A Woman
disc 6 : 01.Bottle Of Red Wine / 02.Presence Of The Lord / 03.Little Wing / 04.Let It Rain / 05.Crossroads
[Recorded live at Bill Graham’s Fillmore East,Second Avenue at Sixth Street, New York, USA 23rd October 1970 – Late Show 12:30 am : MULTI TRACK SOUNDBOARD MASTER]
disc 7 : 01.Introduction / 02.Got To Get Better In A Little While / 03. Tell The Truth / 04. Nobody Knows You When You Down And Out / 05.Why Does Love Got To Be So Sad / 06.Presence Of The Lord / 07.Blues Power / 08.Have You Ever Loved A Woman / 09.Key To The Highway
disc 8 : 01.Bottle Of Red Wine / 02.Roll It Over / 03.Let It Rain / 04.Little Wing
[Recorded live at Bill Graham’s Fillmore East,Second Avenue at Sixth Street, New York, USA 24th October 1970 – Late Show 12:30 am : MULTI TRACK SOUNDBOARD MASTER]
◇Eric Clapton – Guitar, Vocals / Carl Radle – Bass / Jim Gordon – Drums / Bobby Whitlock – Keyboards, Vocals

ポール来日直前の、プレミアム・リミテッド・エディション!

dapp038sp.jpg

◆ PAUL McCARTNEY/ LIVE FROM LIVERPOOL (2Blu-ray+プレス1DVD) この商品はこちらから
2018年来日記念アイテムとして、『エジプト・ステーション』のプロモーションを兼ねた、リバプールでのサプライズ・ギグを収録したスペシャルTVショーが、オリジナル日本語字幕付きの本邦初公開完全ヴァージョンにて。しかも初回限定100セット・オンリー限定番号入り、プレミアム・リミテッド・エディション。
[DAPコレクターズ・エディション・インフォメーション]
現状流通している内容の異なる本編2ヴァージョンに加えて、関連映像もすべて収録。まずブルーレイのdisc:1、及びDVDにはその2ヴァージョンをコンプリート収録。しかもいずれもオリジナル編集による日本語字幕付きで、オン/オフ設定も可能。
さらにエクステンディッド・バージョンは、通常のステレオ音源に加えてドルビー・デジタル5.1サラウンド音源も収録しており、こちらもオーディオ・オプションで選択可能。また番組本編では分散されていたサプライズ・ギグを、ライブ・オンリー・ヴァージョンでも収録しており、さらにエクストラ映像には、本編以外のTV映像やサプライズ・ギグのオーディエンス・カメラ映像も追加収録。
そしてブルーレイのdisc:2には、クストラの延長として公式リリースの噂される、キャバーン・クラブでのシークレット・ライブのニュース・リポートなどの連映像を収録。さらにポールが後援者代表を務めるLIPA(リバプール芸術大学)で行われた、パルプのジャーヴィス・コッカーとの特別講演もフル収録。

本タイトルの映像は、まず全米で人気のTVショー『レイト・レイト・ショー・ウィズ・ジェイムス・コーデン』の、本邦初公開となるエクステンディッド・バージョンも含め、サプライズ・ギグやキャバーン・クラブのリポート等をまとめたもの。そして車中カラオケなどをしながら気楽にインタビューすることで、お馴染みのTVショーながら、やや通常と異なりここではポールの故郷リバプールにて、ペニー・レーンをはじめ、ビートルズの銅像や少年時代を過ごした家などの観光地巡りをして、さらに地元のパブで新曲ライブ初披露めたサプライズ・ギグを決行するという、スペシャル・プログラム。
なお当初公開されて配信映像で知られるレギュラー・ヴァージョンに加えて、後にエクステンディッド・バージョンも地域限定で放送されており、こちらではサプライズ・ギグの演奏シーンがより多く収録されただけでなく、インタビュー内容も大幅に異なるあたりは必見。
そして本人自らが語その内容を、より理解しやすくするため、オリジナル編集の日本語字幕もついているのが大きなポイントで、来日前の記念アイテムとして、ファン必携の限定プレミア・コレクターズ・エディション。
DVD & BLURAY DISC1 :
[WHEN CORDEN MET McCARTNEY : THE LATE LATE SHOW EXTENDED VERSION]
INTRODUCTION / A HARD DAY’S NIGHT (Live) / BEFORE THE BEATLES / PENNY LANE / OB-LA-DI, OB-LA-DA (Live) / EGYPT STATION – CM BREAK / DRIVE MY CAR (Live) / BEATLES STATUE AT PIER HEAD / STARSTRUCK PEOPLE / LET IT BE / CHILDFOOD HOME IN LIVERPOOL / WHEN I’M SIXTY-FOUR / BLACKBIRD / LOVE ME DO (Live) / COME ON TO ME (Live) / JAIL IN JAPAN / ICONIC LOOKS AND HAIRCUTS / I WANNA BE YOUR MAN (Live) / BACK IN THE U.S.S.R. (Live) / PAUL IS DEAD / BIRTHDAY (Live) / TURNED AWAY FROM PARTY / LADY MADONNA (Live) / HEY JUDE / OUTRODUCTION
[SECRET SHOW IN LIVERPOOL 2018 : LIVE ONLY : Live at Philharmonic Dining Rooms, Liverpool, UK June 9th 2018]
INTRODUCTION / A HARD DAY’S NIGHT / OB-LA-DI, OB-LA-DA / DRIVE MY CAR / COME ON TO ME / LOVE ME DO / I WANNA BE YOUR MAN / BACK IN THE U.S.S.R. / BIRTHDAY / LADY MADONNA / HEY JUDE + WHEN I’M SIXTY-FOUR (bonus extra)
[THE LATE LATE SHOW WITH JAMES CORDEN]
INTRODUCTION – CARPOOL KARAOKE / DRIVE MY CAR / I LOST MY LITTLE GIRL / PENNY LANE / LET IT BE /CHILDFOOD HOME IN LIVERPOOL / WHEN I’M SIXTY-FOUR / BLACKBIRD / COME ON TO ME / A HARD DAY’S NIGHT (Live) / OB-LA-DI, OB-LA-DA (Live) / LOVE ME DO (Live) / BACK IN THE U.S.S.R. (Live) / HEY JUDE (Live)
[EXTRA]
COME ON TO ME (Live) / I’VE JUST SEEN A FACE (Live) / GUITARRA BONITA (Live) / I WANNA BE YOUR MAN (Live) / PRIVATE SHOTS / PAUL VISIT OFFICE / GOOD MORNING BRITAIN
◇BLURAY= Full-HD NTSC 16:9 LPCM Stereo&Dolby Digital Stereo / 5.1 Surround / Japanese Subtitle On/Off included time approx. 100min.
DVD= NTSC 16:9 Dolby Digital Stereo / 5.1 Surround Japanese Subtitle On/Off included time approx. 100min.
BLURAY DISC 2 :
[SECRET SHOW AT CAVERN : NEWS REPORTS : Live at Cavern Club, Liverpool, UK July 26th 2018]
PAUL AT THE CAVERN / RETURN TO LEGENDARY CAVERN / BBC NEWS / NEWS REPORTS
[PAUL McCARTNEY IN CASUAL CONVERSATION LIPA : at Liverpool Institute of Performing Arts, Liverpool, UK July 25th 2018]
PART1 – PART8
◇Full-HD NTSC 16:9 LPCM Stereo time approx. 85min.

マイケル・シェンカー・フェスト来日公演より、札幌&仙台&東京国際フォーラムを、限定セットで!

xavelm17274mf.jpg

◆ Michael Schenker Fest / Live in Japan 2018 Definitive 2 (プレス7CD) この商品はこちらから
来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2018年4人のボーカリストを配したマイケル・シェンカー・フェストのジャパン・ツアーから、後半の札幌&仙台&東京国際フォーラムの3公演を、バンド・メンバーがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、デジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックスした決定盤アイテムが、限定仕様のリミテッド・エディションにて。
すでに同レーベルおなじみのマルチIEMマトリクス・ソースによるもので、今回もそれぞれミックス・バランスの異なる複数のモニター・ソースに、プロユースによる絶妙のオーディエンス・ソースを配合ステレオ・ミックスすることで、ライヴ・サウンドを忠実に再現した、別次元のステレオ・サウンドボード音源レベルのクオリティーにて。
そして全6公演のうち、後半となる9月2日ZEPP札幌、4日仙台PIT、そして最終日となった9月5日東京国際フォーラム公演を、すべてベスト・クオリティーでここに再現。
なおセット・構成は3公演すべて固定ながら、ラスト・セクションで4人がマイクを繋ぐUFOナンバーのアンコール攻勢はやはりどれも感動もので、とにかくこの3度目となるMSFの来日ツアーは、パフォーマンス・演奏内容ともに今回がベストと断言出来るゆえ、全公演堪能できる内容。
さらにボーナス・トラックとして、名古屋と東京公演の開場前のサウンドチェックの模様も全9曲追加。
なおこの3公演セットは50セット完全限定で、日本語帯付き仕様、ホログラム・ジャケ、さらにはスペシャル・コーティング・スリーヴまで付属した、来日記念限定のメモリアル・アイテムゆえ、ご希望の方はお早めに。
*因みに先行リリースされた「Live in Japan 2018 Definitive 1」 (大阪&名古屋&東京・豊洲PITの3公演をセットにした7CD)は、予約即完売だったゆえ、今回もお早めに。

Disc 1 : 1. Intro 2. Holiday 3. Doctor Doctor 4. Live and Let Live 5. Vigilante Man 6. Lord of the Lost and Lonely 7. Take Me to the Church 8. Before the Devil Knows You’re Dead 9. Into the Arena 10. Bad Boys 11. Save Yourself 12. Anytime 13. Heart and Soul 14. Love Is Not a Game 15. Warrior 16. Captain Nemo 17. Dancer
Disc 2 : 1. Desert Song 2. Night Moods 3. Assault Attack 4. Searching for a Reason 5. Coast to Coast 6. Ready to Rock 7. Attack of the Mad Axeman 8. Rock My Nights Away 9. Messin’ Around 10. Armed and Ready 11. Rock Bottom 12. Shoot Shoot 13. Natural Thing 14. Lights Out
[Live at Zepp Sapporo, Sapporo, Japan 2nd September 2018 : XAVEL ORIGINAL MASTER – Multiple Stereo IEM Sources Matrix Recording]
Disc 3 : 1. Intro 2. Holiday 3. Doctor Doctor 4. Live and Let Live 5. Vigilante Man 6. Lord of the Lost and Lonely 7. Take Me to the Church 8. Before the Devil Knows You’re Dead 9. Into the Arena 10. Bad Boys 11. Save Yourself 12. Anytime 13. Heart and Soul 14. Love Is Not a Game 15. Warrior 16. Captain Nemo 17. Dancer
Disc 4 : 1. Desert Song 2. Night Moods 3. Assault Attack 4. Searching for a Reason 5. Coast to Coast 6. Ready to Rock 7. Attack of the Mad Axeman 8. Rock My Nights Away 9. Messin’ Around 10. Armed and Ready 11. Rock Bottom 12. Shoot Shoot 13. Natural Thing 14. Lights Out
[Live at Sendai PIT, Sendai, Japan 4th September 2018 : XAVEL ORIGINAL MASTER – Multiple Stereo IEM Sources Matrix Recording]
Disc 5 : 1. Intro 2. Holiday 3. Doctor Doctor 4. Live and Let Live 5. Vigilante Man 6. Lord of the Lost and Lonely 7. Take Me to the Church 8. Before the Devil Knows You’re Dead 9. Into the Arena 10. Bad Boys 11. Save Yourself 12. Anytime 13. Heart and Soul 14. Love Is Not a Game 15. Warrior
Disc 6 : 1. Captain Nemo 2. Dancer 3. Desert Song 4. Night Moods 5. Assault Attack 6. Searching for a Reason 7. Coast to Coast 8. Ready to Rock 9. Attack of the Mad Axeman 10. Rock My Nights Away 11. Messin’ Around 12. Armed and Ready 13. Rock Bottom
Disc 7 : 1. Shoot Shoot 2. Natural Thing 3. Lights Out
[Live at International Forum, Tokyo, Japan 5th September 2018 : XAVEL ORIGINAL MASTER – Multiple Stereo IEM Sources Matrix Recording]
4. Attack of the Mad Axeman 5. Heart and Soul 6. Take Me to the Church 7. Night Moods 8. Warrior
[Soundcheck at International Forum, Tokyo, Japan 5th September 2018]
9. Vigilante Man 10. Bad Boys 11. Rock My Nights Away 12. Lights Out
[Soundcheck at Zepp Nagoya, Nagoya, Japan 30th August 2018]
◇ Michael Schenker – Guitar / Gary Barden – Vocal / Graham Bonnet – Vocal / Robin McAuley – Vocal / Doogie White – Vocal / Chris Glen – Bass / Ted McKenna – Drums / Steve Mann – Guitar, Keyboards

チープ・トリック、来日公演の音源&映像が限定セットで!

xavelm177ct.jpg

◆ CHEAP TRICK / 40TH ANNIVERSARY NIGHT! Limited (2CD+1BDR+1DVDR) この商品はこちらから
来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2018年一夜限りの来日公演となった、10月11日1ZEPP東京でのライブを、バンド・メンバーがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、デジタル・オーディエンス・マスターを、フル・マトリックスした決定盤アイテムが、映像(ブルーレイ+DVDR)とセットの、限定仕様リミテッド・エディションにて。
すでに同レーベルおなじみのマルチIEMマトリクス・ソースによるもので、今回もそれぞれミックス・バランスの異なる複数のモニター・ソースに、プロユースによる絶妙のオーディエンス・ソースを配合ステレオ・ミックスすることで、ライヴ・サウンドを忠実に再現した、別次元のステレオ・サウンドボード音源レベルのクオリティーにて。
そして今回あの「ライヴ・アット・武道館」40周年を祝しての来日で、リック・ニールセンの体調不良により、当初予定されていた武道館公演が延期となってしまい、危ぶまれた来日公演ながら、場所は変わりながらも、無事に開催の運びとなり、リックも相変わらずのキレキレのパフォーマンスで、2時間近くに及ぶ入魂のライブを披露。
そして40周年アニバーサリーに相応しく、あのライブ・アルバムを踏まえつつ、その後のヒット・チューンも含めてまさにキャリア総括のベスト・ライブとなる中、中盤ではジョン・レノンの「Gimme Some Truth」なども飛び出すサプライズも。
またボーナスとして、当日のサウンドチェック・リハーサルから2曲を追加収録しておりここでは実際のライブでは演奏されていない「Magical Mystery Tour」が聞けるところは要チェック。
さらにこの50セット限定のリミテッド・エディションには、当日の模様をHDクオリティーの良好オーディエンス・ショットにて、コンプリート収録したブルーレイとDVD-Rもセットで。
ステージほぼ正面からの超クリアーなオーディエンス・ショットをメインとし、随所にクローズ・ショットも交え、そのクオリティーはYoutubeなどの断片的な映像とは雲伝の差。
しかも音声パートは、CDのマトリクス音源を使用しており、特にブルーレイはその大容量を活かし、元素材そのままのHDクオリティーの映像素材を圧縮することなく収録しており、音声も含めてこれ以上のクオリティーは望めないであろうもの。
またブルーレイと同内容の汎用性の高いDVD-Rも付属しており、ファンには必見アイテム。
なおこのプレス2CD+ブルーレイ+DVD-Rのセットは、50セット完全限定の日本語帯付き仕様、来日記念限定のコレクターズ・エディションゆえ、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 : 01. Intro 02. Hello There 03. Come On, Come On 04. Lookout 05. Big Eyes 06. Ain’t That a Shame 07. On Top of the World 08. If You Want My Love 09. You Got It Going On 10. Voices 11. Never Had a Lot to Lose 12. ELO Kiddies 13. Oh, Candy 14. Gimme Some Truth 15. Baby Loves to Rock
Disc 2 : 01. The Summer Looks Good on You 02. I Know What I Want 03. I’m Waiting for the Man 04. The Flame 05. I Want You to Want Me 06. Dream Police 07. Clock Strikes Ten 08. Auf Wiedersehen 09. Surrender 10. Goodnight Now
[Recorded Live at ZEPP Tokyo, Tokyo, Japan 11th October 2018 : XAVEL ORIGINAL MASTER – Multiple Stereo IEM Sources Matrix Recording]
11. Gimme Some Truth 12. Magical Mystery Tour
[Soundcheck Rehearsal at ZEPP Tokyo, Tokyo, Japan 11th October 2018]
◆Limited Blu-ray&DVDR : Same Set
01. Intro 02. Hello There 03. Come On, Come On 04. Lookout 05. Big Eyes 06. Ain’t That a Shame 07. On Top of the World 08. If You Want My Love 09. You Got It Going On 10. Voices 11. Never Had a Lot to Lose 12. ELO Kiddies 13. Oh, Candy 14. Gimme Some Truth 15. Baby Loves to Rock 16. The Summer Looks Good on You 17. I Know What I Want 18. I’m Waiting for the Man 19. The Flame 20. I Want You to Want Me 21. Dream Police 22. Clock Strikes Ten 23. Auf Wiedersehen 24. Surrender 25. Goodnight Now
[Recorded Live at ZEPP Tokyo, Tokyo, Japan 11th October 2018]
◇Robin Zander (Vocals, Guitar) /Rick Nielsen (Guitar, Keyboards) / Tom Petersson (Bass, Vocals) / Daxx Nielsen (Drums) / Robin Taylor Zander (Guitar, Vocals)

チープ・トリック、一夜かぎりの来日公演の映像決定盤!

alxbd073ct.jpg

◆ CHEAP TRICK / Live in Japan 2018 Film (1Blu-ray+1DVDR) この商品はこちらから
2018年一夜限りの来日公演となった、10月11日ZEPP東京でのライブを、HDクオリティーの良好オーディエンス・ショットにて、コンプリート収録したブルーレイとDVD-Rをセットで。
ステージほぼ正面からの超クリアーなオーディエンス・ショットをメインとし、随所にクローズ・ショットも交え、そのクオリティーはYoutubeなどの断片的な映像とは雲伝の差。しかも音声パートは、別レコーディングされたデジタル・オーディエンス・ソースをマトリクスしており、特にブルーレイはその大容量を活かし、元素材そのままのHDクオリティーの映像素材を圧縮することなく収録しており、音声も含めてこれ以上のクオリティーは望めないであろうもの。
そして今回あの「ライヴ・アット・武道館」40周年を祝しての来日で、リック・ニールセンの体調不良により、当初予定されていた武道館公演が延期となってしまい、危ぶまれた来日公演ながら、場所は変わりながらも、無事に開催の運びとなり、リックも相変わらずのキレキレのパフォーマンスで、2時間近くに及ぶ入魂のライブを披露。
そして40周年アニバーサリーに相応しく、あのライブ・アルバムを踏まえつつ、その後のヒット・チューンも含めてまさにキャリア総括のベスト・ライブとなる中、中盤ではジョン・レノンの「Gimme Some Truth」なども飛び出すサプライズも。
なお今回これが唯一の来日ライブゆえ、チケットは完全ソールド・アウトとなっただけに、悔しい思いをしたファン、そしてもちろん当日会場に足を運んだ人は必聴の、来日限定メモリアル・アイテム。
なおこのブルーレイと汎用性の高いDVD-R付属の本タイトルは、100セット限定リリースゆえ、ご希望の方はお早めに。
◆Blu-ray&DVDR : Same Set
01. Intro 02. Hello There 03. Come On, Come On 04. Lookout 05. Big Eyes 06. Ain’t That a Shame 07. On Top of the World 08. If You Want My Love 09. You Got It Going On 10. Voices 11. Never Had a Lot to Lose 12. ELO Kiddies 13. Oh, Candy 14. Gimme Some Truth 15. Baby Loves to Rock 16. The Summer Looks Good on You 17. I Know What I Want 18. I’m Waiting for the Man 19. The Flame 20. I Want You to Want Me 21. Dream Police 22. Clock Strikes Ten 23. Auf Wiedersehen 24. Surrender 25. Goodnight Now
[Recorded Live at ZEPP Tokyo, Tokyo, Japan 11th October 2018]
◇Robin Zander (Vocals, Guitar) /Rick Nielsen (Guitar, Keyboards) / Tom Petersson (Bass, Vocals) / Daxx Nielsen (Drums) / Robin Taylor Zander (Guitar, Vocals)

パープル、最後の(?)来日かもしれない2018年ジャパン・ツアーの初日!

xavel310dp.jpg

◆DEEP PURPLE / The Long Goodbye to Tokyo (2CDR) この商品はこちらから
2018年ついにファイナルかと云われている「THE LONG GOODBYE TOUR」待望のジャパン・ツアーより、その初日となる10月14日千葉・幕張メッセでのライブを、デジタル・オーディエンス・レコーディングにてコンプリート収録。
まず音響面ではあまり評価の高くない同会場において、ベスト・ポジションからのハイエンド・マイクや機器を用いたサウンドは、全編完璧なバランスで捉えられており、同地でのオーディエンス録音としてはベスト・クオリティーにて。
そして直前のUSツアーではジューダスとのWヘッドライナーゆえショート・セットだったのが、もちろん来日公はフル・ライブで「Highway Star」のイントロでスタートするや、すでに会場はヒートアップ。
その後も『INFINITE』からの新曲や、『NOW WHAT?!』からの「Uncommon Man」など、近年のナンバーも要所ではさみつつ、それ以外はほぼ70年代ナンバーと『PERFECT STRANGERS』からというベスト・ライブで、長年の日本のファンも充分満足なセットと演奏は、最後の来日公演の可能性もあるため、ファン必携の来日メモリアル・アイテム。
Disc 1 : 01. Intro 02. Highway Star 03. Pictures of Home 04. Bloodsucker 05. Strange Kind of Woman 06. Sometimes I Feel Like Screaming 07. Guitar Solo / Uncommon Man 08. Keyboard Solo / Lazy 09. The Surprising
Disc 2 : 01. Birds of Prey 02. Time for Bedlam 03. Keyboard Solo 04. Perfect Strangers 05. Space Truckin’ 06. Smoke on the Water –encore- 07. Hush 08. Black Night
[Live at Makuhari Messe, Chiba, Japan 14th October 2018]
◇ Ian Gillan – Vocal / Steve Morse – Guitar / Roger Glover – Bass / Don Airey – Keyboards / Ian Paice – Drums

プリンスのリミックス&リマスター・シリーズから、ついに『アラウンド・ザ・ワールド・イン・ア・デイ』も登場!

pga029sp.jpg

◆ PRINCE&THE NPG / GLAM SLAM LIVE BROADCAST (プレス2DVD) この商品はこちらから
プリンスのリミックス&リマスター・エクスパンデッド・シリーズから、いよいよ『アラウンド・ザ・ワールド・イン・ア・デイ』の2018年リミックス&リマスター版も、限定ロー・プライス、プレス2CDにて登場。
『パープル・レイン』で世界的な成功を収め、その後プリンスはペイズリー・パーク・レコードを設立し、その第1弾として1985年にリリースされた本アルバムは、これまでとはやや路線を変えて、ファンク色よりもポップでサイケデリックな作風を多用し、一段と多彩な音楽性を知らしめた傑作として全米1位も獲得。
そして今もってファンからも人気の高いアルバムの、まず本作のdisc:1にはこれまでのシリーズ同様、オリジナル・アルバムのリミックス&リマスターを収録。今回も名DJ Foefurにより再構築された究極の進化形超絶リミックスで、また最新リマスタリングによってその内容や音質をさらにヴァージョン・アップ。
またアルバム・ナンバー以外にも、当時ライブエイドに参加せず、曲だけを後にオムニバス・アルバムに提供した「4・ザ・ティアーズ・イン・ユア・アイズ」も含めた、今回も全編オリジナル以上にメリハリの利いたサウンドは、まさに2018年最新ヴァージョン。
さらにdisc2には、アルバム・レコーディング前のデモ・トラックとオルタネイト・ミックス、さらに7inch&12inchのシングル・ヴァージョンから、同時期のアルバム未収録曲なども全11トラック。コンパイル。
ここでは特にアルバム・タイトル曲のデモ音源や20分を超えるロング・バージョンの「アメリカ」、またアメリカとイギリスでそれぞれミックスの異なる「ポップ・ライフ」、さらにシンニード・オコナーに提供した「ナッシング・コンペアズ・2・U」の、プリンス自身のボーカル・トラックまで、今回もその細部まで練り込まれたリマスター技術は、世界中のプリンス・コレクターからのお墨付きで、音質クオリティーはもちろん、その斬新な造りは、まさにオリジナル・アルバムの進行形であり、最終完成形ともいうべき必聴コレクターズ・エディション。
Disc 1 : 1. AROUND THE WORLD IN A DAY 2. PAISLEY PARK 3. CONDITION OF THE HEART 4. RASPBERRY BERET 5. TAMBOURINE 6. AMERICA (EXTENDED EDIT VERSION) 7. POP LIFE (EXTENDED EDIT VERSION) 8. THE LADDER 9. TEMPTATION 10. HELLO (FRESH DANCE MIX) 11. SHE’S ALWAYS IN MY HAIR (NEW MIX) 12. GIRL (NEW MIX) 13. 4 THE TEARS IN YOUR EYES
[REMIX AND REMASTERED ALBUM]
Disc 2 : 1. AROUND THE WORLD IN A DAY (DEMO) 2. PAISLEY PARK (REMIX) 3. RASPBERRY BERET (EXTENDED REMIX) 4. AMERICA (EXTENDED VERSION) 5. POP LIFE (EXTENDED US REMIX) 6. HELLO (SINGLE VERSION) 7. SHE’S ALWAYS IN MY HAIR (SINGLE VERSION) 8. GIRL (SINGLE VERSION) 9. POP LIFE (EXTENDED UK REMIX) 10. 4 THE TEARS IN YOUR EYES (RE-RECORDED VERSION) 11. NOTHING COMPARES 2 U (ORIGINAL PRINCE VERSION)
[DEMO AND REMIX VERSIONS]

ジョー・ペリー2018年来日ソロ・ライブの決定盤には、なんとあのシークレット・ギグも!

xavelmL175jp.jpg

◆Joe Perry & Friends / Live in Tokyo 2018 Definitive Master (Limited プレス3CD) この商品はこちらから
来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2018年初のソロでの来日公演より、9月18日東京・品川ステラボールでのライブを、バンド・メンバーがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、デジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックスした決定盤アイテムが、50セット限定仕様のリミテッド・エディションにて。
すでに同レーベルおなじみのマルチIEMマトリクス・ソースによるもので、今回もそれぞれミックス・バランスの異なる複数のモニター・ソースに、プロユースによる絶妙のオーディエンス・ソースを配合ステレオ・ミックスすることで、ライヴ・サウンドを忠実に再現した、別次元のステレオ・サウンドボード音源レベルのクオリティーにて。
そしてまず注目はその来日メンバーで、盟友ブラッド・ウィットフォードに、フロントマンにはエクストリームのゲイリー・シェローンが。さらにハリウッド・ヴァンパイアーズからバック・ジョンソンとクリス・ワイズ、ジョー・ペリーのツアー・メンバーであるデヴィッド・グッドステインという、豪華なメンバーを帯同してのライブとなることに。
そして来日前にソロ・アルバム「Sweetzerland Manifesto」を、自身のレーベルからリリースし、そのアルバム・プロモーション・ライブを全米各地で行ってきただけに、もちろん同アルバム・ナンバーも随所で披露しつつ、ジョー・ペリー・プロジェクト時代やカヴァー、そしてもちろんエアロのキラー・チューンもたっぷりと。そしてなにより最大のサプライズは、この東京公演のみ、アンコールでなんとジョニー・デップがギターで登場し、これには居合わせたオーディエンスも大熱狂で、その興奮のままライブはエンド。
さらにこのリミテッド・エディションには、そのハリウッド・ヴァンパイアーズの、9月15日ZEPPダイバー・シティでのシークレット・ライブも、マルチ・ステレオIEMマトリクス・レコーディングで収録したプレスCDをプラス。
こちらは、一般客は入れなかった完全招待制のスペシャル・ギグで、なんとこのプレミア・ライブまで、全てのパートが完璧なバランスと定位で捉えられたサウンドボード・レベルのマトリクス音源にてコンプリート収録。
バンドのオリジナル曲、アリス・クーパー、エアロの楽曲に加え、ドアーズ、AC/DC、モーターヘッド、フー、ジミヘン、ボウイといったおなじみのカヴァーもたっぷり披露。
そして「Red House」におけるジョーのパワフルなギター、そしてやはりフロントのジョニー・デップのパフォーマンスはバンドの華で「As Bad As I Am」などで聴けるボーカルに女性ファンからも大歓声が。
よってファンは必聴の限定メモリアル・アイテム。
なおこの3CDセットは50セット完全限定で日本語帯付き仕様、ナンバリング・カード入り、来日記念限定のコレクターズ・エディションゆえ、ご希望の方はお早めに。
Disc 1 : 01. Opening 02. Let the Music Do the Talking 03. Toys in the Attic 04. East Coast, West Coast 05. Pandora’s Box 06. Shakin’ My Cage 07. Aye Aye Aye 08. Fortunate One 09. My Fist Your Face 10. Spanish Sushi 11. Seasons of Wither
Disc 2 : 01. Band Introduction 02. I’ve Got the Rock n’ Rolls Again 03. Bright Light Fright 04. Rockin’ Train 05. Quake 06. Combination 07. Walk This Way –encore- 08. Man With the Golden Arm 09. Sweet Emotion (*) 10. Train Kept A-Rollin'(*)
[Live at Stellar Ball, Tokyo, Japan 18th September 2018 : XAVEL ORIGINAL MASTER – Multiple Stereo IEM Sources Matrix Recording]
◇Joe Perry (Guitar, Vocals) Brad Whitford (Guitar) Gary Cherone (Vocals) Buck Johnson (keyboards) David Goodstein (Drums) Chris Wyse (Bass) & *Johnny Depp (Guitar)
Limited CD : HOLLYWOOD VAMPIRES
01. Opening 02. I Want My Now 03. Raise the Dead 04. Five to One / Break On Through (to the Other Side) 05. The Jack 06. Ace of Spades 07. Baba O’Riley 08. As Bad As I Am 09. The Boogieman Surprise 10. I’m Eighteen 11. Red House 12. People Who Died 13. Sweet Emotion 14. Heroes 15. Train Kept A-Rollin’ 16. School’s Out (incl. Another Brick in the Wall Part 2)
[Live at ZEPP DiverCity, Tokyo, Japan 15th September 2018 : XAVEL ORIGINAL MASTER – Multiple Stereo IEM Sources Matrix Recording]
◇Alice Cooper (Vocals) Joe Perry (Guitar, Vocals) Johnny Depp (Guitar, Vocals) Tommy Henriksen (Guitar) Glen Sobel (Drums) Chris Wyse (Bass) Buck Johnson (Keyboards)