Skip to content

月別: 2018年11月

ポール来日公演から、ハイライトとなる両国国技館の最速入荷アイテム!

nemo023lepm.jpg

◆ Paul McCartney / Freshen Up at Kokugikan Edition (2CDR+1BDR+1DVDR) この商品はこちらから
2018年来日公演のハイライト、11月5日両国国技館でのライブを、デジタル・オーディエンス・レコーディングによる2CDRと、HDクオリティーの良好オーディエンス・ショットで2時間14分にわたりコンプリート収録したブルーレイ+DVD-Rとの、音と映像をセットにした来日限定コレクターズ・エディションがここに。
まず音声は1F升席からのハイエンド器機を用いたデジタル・レコーディングにて、当時の模様をカンペキなクオリティーにて収録。
さらにブルーレイは、1F席西側前方の升席という至近距離からのデジタル・カメラによる映像で、真横の斜め後ろからのショットゆえ、楽曲によってはポールの細かい表情などを、確認し辛いパートもあるものの、とにかくドームでは考えられない超至近距離から捉えたクローズ・ショットの迫力は驚異的。
しかも音声パートは、CDに使用されているデジタル・オーディエンス・ソースをマトリクスしていて、なによりブルーレイゆえ、その大容量を活かし、元素材そのままのHDクオリティーの映像素材を圧縮することなく収録しており、音声パートも含めて、そのクオリティーはYoutubeなどの断片的な映像とは雲伝の差。
そして周知の通りいくぶんショート・セットではあるものの、ドーム初日同様”Hi, Hi, Hi”と”All My Loving”が序盤に組み込まれ、中盤から終盤にかけては、ほぼ通常のベスト・セットにて。なお話題となったポールが四股を踏む「ドスコイ、ドスコイ!」そして「ゴッチャンデス!」などの名(?)シーンもしっかり収録されており、初の国技館公演であることは当然として、これまでの来日公演すべてにおいて最も身近にポールを感じることが出来る、まさに歴史的な一夜を、ここに完全再現。
またブルーレイと同内容の汎用性の高いDVD-Rも限定で付属しており、ファン必見の来日メモリアル・アイテム。
CD 1 : 01. Opening 02. A Hard Day’s Night 03. Hi, Hi, Hi 04. All My Loving 05. Letting Go 06. Come On to Me 07. Let Me Roll It / Foxy Lady 08. I’ve Got a Feeling 09. My Valentine 10. Nineteen Hundred and Eighty-Five 11. I’ve Just Seen a Face 12. In Spite of All the Danger 13. From Me to You 14. Love Me Do 15. Blackbird
CD 2 : 01. Queenie Eye 02. Lady Madonna 03. Fuh You 04. Being for the Benefit of Mr. Kite! 05. Something 06. Ob-La-Di, Ob-La-Da 07. Band on the Run 08. Back in the U.S.S.R. 09. Let It Be 10. Live and Let Die 11. Hey Jude –encore- 12. I Saw Her Standing There 13. Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band (Reprise) 14. Helter Skelter 15. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End
◇Blu-ray & DVD-R : Same Set
01. Opening 02. A Hard Day’s Night 03. Hi, Hi, Hi 04. All My Loving 05. Letting Go 06. Come On to Me 07. Let Me Roll It / Foxy Lady 08. I’ve Got a Feeling 09. My Valentine 10. Nineteen Hundred and Eighty-Five 11. I’ve Just Seen a Face 12. In Spite of All the Danger 13. From Me to You 14. Love Me Do 15. Blackbird 16. Queenie Eye 17. Lady Madonna 18. Fuh You 19. Being for the Benefit of Mr. Kite! 20. Something 21. Ob-La-Di, Ob-La-Da 22. Band on the Run 23. Back in the U.S.S.R. 24. Let It Be 25. Live and Let Die 26. Hey Jude –encore- 27. I Saw Her Standing There 28. Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band (Reprise) 29. Helter Skelter 30. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End
[Live at Ryogoku Kokugikan, Tokyo, Japan 5th Novmenber 2018]

プリンスのリミックス&リマスター・シリーズから、『ダーティ・マインド』も登場!

pga031p.jpg

◆ PRINCE / DIRTY MIND: COLLECTOR’S EDITION (プレス2CD) この商品はこちらから
プリンスのリミックス&リマスター・エクスパンデッド・シリーズから、1981年『ダーティ・マインド』の2018年リミックス&リマスター版も、限定ロー・プライス、プレス2CDにて登場。
プリンスにとり3作目であり、バンド・メンバーも入れ替えて彼自身もより過激なキャラクターを打ち出すことで、ブラック・ミュージック・シーンに変革を与えた初期のこの問題作品は、プリンスが自作自演で作り上げたプライベート・デモを、そのままアルバムにしたとも云われており、よってシンプルながらよりファンク色を強めたサウンドと、過激さを増した歌詞は、後の『1999』や『パープル・レイン』への布石となることに。
そしてまずdisc:1にはこれまでのシリーズ同様、オリジナル・アルバムのリミックス&リマスターを収録。今回も名DJ Foefurにより再構築された究極の進化形超絶リミックスで、また最新リマスタリングによってその内容や音質をさらにヴァージョン・アップ。 またアルバム・ナンバー以外にも、アルバム未収録曲やシングル・バージョン、さらに貴重なアウトテイクスも追加で。
さらにdisc2には、現存する最初期のサウンドボード・ライブとして知られる、リック・ジェイムスのオープニング・アクトを務めた際の、1980年3月6日アトランタでのライブを、こちらも最新リマスターを施し過去最高のクオリティーにて収録。前座ゆえ全8曲50分ほどのショーながら、ファルセット・ヴォイス全開のボーカルが若々しく、特に7分に及ぶ「恋のフィーリング」の貴重なコンプリート・ヴァージョンや、ダンサンブルかつエネルギッシュなジャム・パートを挿入した「JUST AS LONG AS WE’RE TOGETHER」から「I WANNA BE YOUR LOVER」は、トータル20分に及ぶファンク・チューンにて。
そして今回もその細部まで練り込まれたリマスター技術は、世界中のプリンス・コレクターからのお墨付きで、音質クオリティーはもちろん、その斬新な造りは、まさにオリジナル・アルバムの進行形であり、最終完成形ともいうべき必聴コレクターズ・エディション。
CD 1 : 1. DIRTY MIND 2. WHEN YOU WERE MINE 3. DO IT ALL NIGHT 4. GOTTA BROKEN HEART AGAIN 5. UPTOWN 6. HEAD 7. SISTER 8. PARTYUP
[REMIX AND REMASTERED EXPANDED ALBUM]
9. GOTTA STOP (MESSIN’ ABOUT) 10. UPTOWN (Single Version) 11. MISS YOU 12. ROUGH 13. FEEL U UP 14. LISA 15. KISS ME QUICK 16. STRANGE WAY 17. SHE’S JUST A BABY 18. JEALOUS GIRL
[EXTRA]
CD 2 : 1. SOFT AND WET 2. WHY YOU WANNA TREAT ME SO BAD? 3. STILL WAITING / BAND INTRODUCTIONS 4. I FEEL FOR YOU 5. SEXY DANCER 6. JUST AS LONG AS WE’RE TOGETHER 7. I WANNA BE YOUR LOVER
[Soundboard Recording from Rick James Tour 1980 : at The Omni, Atlanta, Georgia, USA March 6th 1980]
◇Prince (vox, guitar), Bobby Z. (drums), Andre Cymone (bass), Dez Dickerson (guitar), Gayle Chapman (keyboards)

ポール来日公演から、東京ドーム2日目の最速入荷アイテム!

nemo022lepm.jpg

◆ Paul McCartney / Freshen Up at Tokyo Dome #2 Edition (2CDR+1BDR+1DVDR) この商品はこちらから
2018年来日公演の11月1日東京ドーム2日目の模様を、デジタル・オーディエンス・レコーディングによる2CDRと、HDクオリティーの良好オーディエンス・ショットで2時間40分にわたりコンプリート収録したブルーレイ+DVD-Rとの、音と映像をセットにした来日限定コレクターズ・エディションがここに。
まず音声はアリーナ・フロント・ローからのハイエンド器機を用いたデジタル・レコーディングにて、当時の模様をカンペキなクオリティーにて収録。
さらにブルーレイは、3塁側スタンドの1F席前方正面からのデジタル・カメラによる映像で、障害物もほとんど無く、見晴らしの良い視界良好なオリジナル・オーディエンス・ソースをマスターに使用しており、基本的にはポールをもちろんメインとし、ステージ全景とサイド・スクリーンも交えた映像にて。しかも音声パートは、CDに使用されているデジタル・オーディエンス・ソースをマトリクスしていて、なによりブルーレイゆえ、その大容量を活かし、元素材そのままのHDクオリティーの映像素材を圧縮することなく収録しており、音声パートも含めて、そのクオリティーはYoutubeなどの断片的な映像とは雲伝の差。
そして『エジプト・ステーション』を携えてのツアーゆえ、もちろん同アルバムからも”Who Cares”や”Come On to Me”もしっかり披露されるうえ、今回新たに加わったブラス・セクションにより、これまでの定番ライブ・ナンバーも”Live and Let Die”のように、迫力あるアレンジで聞けるあたりは新鮮。
また他にも中盤のアコースティック・パートに”From Me To You”も挿入されたりする中、なんといっても初日とはかなりセット・チェンジされているのも大きなポイントで、因みに序盤の”Hi, Hi, Hi“や”All My Loving”は”Junior’s Farm”と“Can’t Buy Me Love”に代わり、そしてこれこそブラスがド迫力の゛カ“Got to Get You into My Life”、そして“We Can Work It Out”もこの2日のみ。
さらに最大の驚きはアンコール1曲目が”Yesterday”から”I Saw Her Standing There”に代わり、そして結局”Yesterday”が歌われなかったという、近年の来日公演では前代未聞の出来事も。
それらも含めてとにかく前回の「ワン・オン・ワン」ツアーとは内容や構成も一新され、また全体のセットや音響面では初日よりもこちらを推す声も多いので、同時リリースの初日と是非セットで。
またブルーレイと同内容の汎用性の高いDVD-Rも限定で付属しており、ファン必見の来日メモリアル・アイテム。

CD 1 : 01. A Hard Day’s Night 02. Junior’s Farm 03. Can’t Buy Me Love 04. Letting Go 05. Who Cares 06. Got to Get You Into My Life 07. Come On to Me 08. Let Me Roll It / Foxy Lady 09. I’ve Got a Feeling 10. Let ‘Em In 11. My Valentine 12. Nineteen Hundred and Eighty-Five 13. Maybe I’m Amazed 14. We Can Work It Out 15. In Spite of All the Danger 16. From Me to You 17. Love Me Do 18. Blackbird 19. Here Today
CD 2 : 01. Queenie Eye 02. Lady Madonna 03. Eleanor Rigby 04. Fuh You 05. Being for the Benefit of Mr. Kite! 06. Something 07. Ob-La-Di, Ob-La-Da 08. Band on the Run 09. Back in the U.S.S.R. 10. Let It Be 11. Live and Let Die 12. Hey Jude –encore- 13. I Saw Her Standing There 14. Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band (Reprise) 15. Helter Skelter 16. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End
◇Blu-ray & DVD-R : Same Set
01. Opening 02. A Hard Day’s Night 03. Junior’s Farm 04. Can’t Buy Me Love 05. Letting Go 06. Who Cares 07. Got to Get You Into My Life 08. Come On to Me 09. Let Me Roll It / Foxy Lady 10. I’ve Got a Feeling 11. Let ‘Em In 12. My Valentine 13. Nineteen Hundred and Eighty-Five 14. Maybe I’m Amazed 15. We Can Work It Out 16. In Spite of All the Danger 17. From Me to You 18. Love Me Do 19. Blackbird 20. Here Today 21. Queenie Eye 22. Lady Madonna 23. Eleanor Rigby 24. Fuh You 25. Being for the Benefit of Mr. Kite! 26. Something 27. Ob-La-Di, Ob-La-Da 28. Band on the Run 29. Back in the U.S.S.R. 30. Let It Be 31. Live and Let Die 32. Hey Jude –encore- 33. I Saw Her Standing There 34. Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band (Reprise) 35. Helter Skelter 36. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End
[Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 1st November 2018]

ポール来日公演から、初日東京ドームの最速入荷アイテム!

nemo021lepm.jpg

◆ Paul McCartney / Freshen Up at Tokyo Dome #1 Edition (2CDR+1BDR+1DVDR) この商品はこちらから
2018年来日公演の記念すべき開幕ステージとなった、10月31日東京ドーム初日の模様を、デジタル・オーディエンス・レコーディングによる2CDRと、HDクオリティーの良好オーディエンス・ショットにて収録したブルーレイ+DVD-Rにて、の音と映像をセットにした来日限定コレクターズ・エディションがここに。
まず音声はアリーナ・フロント・ローからのハイエンド器機を用いたデジタル・レコーディングにて、当時の模様をカンペキなクオリティーにて収録。
さらにブルーレイは、1塁側スタンドの1F席前方正面からのデジタル・カメラによる映像で、障害物もほとんど無く、見晴らしの良い視界良好なオリジナル・オーディエンス・ソースをマスターに使用しており、基本的にはポールをもちろんメインとし、ステージ全景とサイド・スクリーンも交えた映像にて。しかも音声パートは、CDに使用されているデジタル・オーディエンス・ソースをマトリクスしていて、なによりブルーレイゆえ、その大容量を活かし、元素材そのままのHDクオリティーの映像素材を圧縮することなく収録しており、音声パートも含めて、そのクオリティーはYoutubeなどの断片的な映像とは雲伝の差。
そして『エジプト・ステーション』を携えてのツアーゆえ、もちろん同アルバムからも”Who Cares”や”Come On to Me”もしっかり披露されるうえ、今回新たに加わったブラス・セクションにより、これまでの定番ライブ・ナンバーも”Live and Let Die”のように、迫力あるアレンジで聞けるあたりは新鮮。また他にも中盤のアコースティック・パートに”From Me To You”が挿入されたり、翌日2日目とはかなりセット・チェンジされているのも今回や大きなポイントで、因みに序盤の”Hi, Hi, Hi“や”All My Loving”は2日目は別の曲にシフト・チェンジしたうえに、なんと”Yesterday”もこの初日は当然披露しているのに、翌日は”I Saw Her Standing There”に代わっているという驚きも。
とにかく前回の「ワン・オン・ワン」ツアーとは内容や構成も一新され、さらに当日はハロウィンということで、アンコールではメンバー全員被り物で登場するなど、見所は満載。
なお前述の通り、翌日とはセットリストもかなり入れ替えられているので、同時リリースの2日目と是非セットで。
またブルーレイと同内容の汎用性の高いDVD-Rも限定で付属しており、ファン必携の来日限定メモリアル・アイテム。

CD 1 : 01. Opening 02. A Hard Day’s Night 03. Hi, Hi, Hi 04. All My Loving 05. Letting Go 06. Who Cares 07. Come On to Me 08. Let Me Roll It / Foxy Lady 09. I’ve Got a Feeling 10. Let ‘Em In 11. My Valentine 12. Nineteen Hundred and Eighty-Five 13. Maybe I’m Amazed 14. I’ve Just Seen a Face 15. In Spite of All the Danger 16. From Me to You 17. Love Me Do 18. Blackbird 19. Here Today
CD 2 : 01. Queenie Eye 02. Lady Madonna 03. Eleanor Rigby 04. Fuh You 05. Being for the Benefit of Mr. Kite! 06. Something 07. Ob-La-Di, Ob-La-Da 08. Band on the Run 09. Back in the U.S.S.R. 10. Let It Be 11. Live and Let Die 12. Hey Jude –encore- 13. Yesterday 14. Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band (Reprise) 15. Helter Skelter 16. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End
◇Blu-ray & DVD-R : Same Set
01. Opening 02. A Hard Day’s Night 03. Hi, Hi, Hi 04. All My Loving 05. Letting Go 06. Who Cares 07. Come On to Me 08. Let Me Roll It / Foxy Lady 09. I’ve Got a Feeling 10. Let ‘Em In 11. My Valentine 12. Nineteen Hundred and Eighty-Five 13. Maybe I’m Amazed 14. I’ve Just Seen a Face 15. In Spite of All the Danger 16. From Me to You 17. Love Me Do 18. Blackbird 19. Here Today 20. Queenie Eye 21. Lady Madonna 22. Eleanor Rigby 23. Fuh You 24. Being for the Benefit of Mr. Kite! 25. Something 26. Ob-La-Di, Ob-La-Da 27. Band on the Run 28. Back in the U.S.S.R. 29. Let It Be 30. Live and Let Die 31. Hey Jude –encore- 32. Yesterday 33. Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band (Reprise) 34. Helter Skelter 35. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End
[Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 31st October 2018]

デフ・レパード来日3公演すべてを、ベスト・クオリティー音源で

xavel311dl.jpg

◆ DEF LEPPARD / Live in Japan 2018 Complete (6CDR) この商品はこちらから
ついに日本でも実現した2018年『HYSTERIA』完全再現ジャパン・ツアーより、その全3公演全てを、ハイクオリティー・オーディエンス・レコーディングにてコンプリートでカップリング収録。
初日の10月24日日本武道館、続く2日目となる26日大阪・Zeppなんば、そして最終日29日Zepp名古屋の3公演を、いずれもテーパー所有のデジタル・オーディエンス・マスターから収録したもので、近年のデジタル録音機材の進化もあり、全編すさまじいサウンド・クオリティーで、特に大阪や名古屋は小ホールならではの距離感の全くない、サウンドボード・レベルのクオリティーで、また観客との距離も近いため、その場の盛り上がりもリアルに再現。
そして全公演”Women”からスタートした『HYSTERIA』完全再現は、アルバム曲順通りに次々披露してゆき、オリジナルを基本としつつも、やはりライブならではのスケール・アップしたサウンドで、またアルバム・ナンバーの中でも「Don’t Shoot Shotgun」や「Run Riot」、「Love and Affection」などは、通常のライブではまず聴けないこの再現ライブならでは。
さらに『HYSTERIA』終了後のベスト・ナンバーで締める終盤は、各公演その1曲目が日替わりとなっており、武道館は「Let It Go」、大阪では「Action」、さらに名古屋は「Wasted」)をそれぞれプレイし、その後は共通の「When Love and Hate Collide」と「Let’s Get Rocked」をたたみかけ、そして必殺の「Rock of Ages」と「Photograph」でエンド。
とにかく東名阪の三都市のみ3日間限りのプレミア・ライブであり、セットも違うので、ファンはすべて必聴・必携の来日限定メモリアル・アイテム。
Disc 1 : 1. Intro 2. Women 3. Rocket 4. Animal 5. Love Bites 6. Pour Some Sugar On Me 7. Armageddon It 8. Steve Clark Tribute Video 9. Gods of War 10. Don’t Shoot Shotgun 11. Run Riot 12. Hysteria 13. Excitable 14. Love And Affection
Disc 2 : 1. Audience 2. MC 3. Let It Go 4. When Love And Hate Collide 5. Let’s Get Rocked 6. Rock Of Ages 7. Photograph
[Live at Budokan, Tokyo, Japan 24th October 2018]
Disc 3 : 1. Intro 2. Women 3. Rocket 4. Animal 5. Love Bites 6. Pour Some Sugar on Me 7. Armageddon It 8. Gods of War 9. Don’t Shoot Shotgun 10. Run Riot 11. Hysteria 12. Excitable 13. Love and Affection
Disc 4 : 1. Audience 2. Action 3. When Love and Hate Collide 4. Let’s Get Rocked 5. Rock of Ages 6. Photograph
[Live at Zepp Namba, Osaka, Japan 26th October 2018]
Disc 5 : 1. Intro 2. Women 3. Rocket 4. Animal 5. Love Bites 6. Pour Some Sugar on Me 7. Armageddon It 8. Gods of War 9. Don’t Shoot Shotgun 10. Run Riot 11. Hysteria 12. Excitable 13. Love and Affection
Disc 6 : 1. Audience 2. Wasted 3. When Love and Hate Collide 4. Let’s Get Rocked 5. Rock of Ages 6. Photograph
[Live at Zepp Nagoya, Nagoya, Japan 29th October 2018]
◇Joe Elliott – Lead Vocals / Phil Collen – Guitar, Vocals / Vivian Campbell – Guitar, Vocals / Rick Savage – Bass, Vocals / Rick Allen – Drums