Skip to content

エンプレス・バレイ×ザヴェルより、ポール国技館ライブのプレ・アイテムも限定で。

evsd1070pm.jpg

◆ Paul McCartney / Freshen Up at Ryogoku Kokugikan Omnidirectional (プレス2CD) この商品はこちらから
名門エンプレス・バレイ×ザヴェル・ジャパン制作総指揮による、ポールの2018年来日公演シリーズより、今後リリースのプレ・アイテムとして、11月5日両国国技館公演も究極のオーディエンス音源を駆使し、限定ロー・プライス・プレス2CDにて。
過去3度の来日アイテムでも実証された、最強タッグEVSD+XAVELから、2018年の来日全4公演も驚愕アイテムの数々がリリース予定の中、ドーム2公演に続いて国技館公演も、現代最高レベルのクオリティーのよるオーディエンス音源にてコンプリート収録。
そしてまず今回も単なる会場録音とは一線を画すもので、プロ・テーパーが最高の機材を投入して、1F升席からレコーディングしており、巨大スクリーンも撤去した距離感が異様に近い、全方位的ビューを楽しめる国技館ならではの一種独特の雰囲気を、驚異的なまでに立体的なサウンドにて収録。
よってそのレンジの広い音色、残響や音の回り込みなどは皆無のダイレクトな音像、そして眼前にリアルにアリーナ最前列の空間を再現してみせる拡がりのあるステレオ感と、これだけのオーディエンス・サウンド・アイテムは、ドームとはまた質感の違ったでもあるため、リアリティに溢れたもの。
なおその音質のスゴさに加担してくれるのが、集結した生粋のビートル・ファンの完璧すぎる手拍子や合唱で、そのあまりに完璧なまでのレスポンスは、オフィシャル・ライブでも聴くことが出来ないであろうもので、そのあたりも最高のバランスで捉えており、それらをすべて含めて真の意味での決定版オーディエンス音源による永久保存プレス盤。
とにかくこの驚きの内容とクオリティーを体感すれば、後発リリース予定のアイテムへの期待も膨らむばかりで、因みに今後のリリース予定として、至高の「オーディエンス音源MK4マスター」、当然のお家芸「マルチ・ステレオIEMマトリクス音源」、そしてドーム初日公演前日に行なわれた2時間超のサウンドチェック・リハーサルに、国技館公演の開場前におこなわれたクローズド・リハーサルなどが目白押し。
そしてその前哨として、さらにピュアなオーディエンス・サウンドを堪能したいファンには、必携の限定コレクターズ・エディション。
なお限定プレ・リリースのブレス2CDゆえ、、ご希望の方はお早めに。

CD 1 : 01. Opening 02. A Hard Day’s Night 03. Hi, Hi, Hi 04. All My Loving 05. Letting Go 06. Come On to Me 07. Let Me Roll It / Foxy Lady 08. I’ve Got a Feeling 09. My Valentine 10. Nineteen Hundred and Eighty-Five 11. I’ve Just Seen a Face 12. In Spite of All the Danger 13. From Me to You 14. Love Me Do 15. Blackbird
CD 2 : 01. Queenie Eye 02. Lady Madonna 03. Fuh You 04. Being for the Benefit of Mr. Kite! 05. Something 06. Ob-La-Di, Ob-La-Da 07. Band on the Run 08. Back in the U.S.S.R. 09. Let It Be 10. Live and Let Die 11. Hey Jude –encore- 12. I Saw Her Standing There 13. Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band (Reprise) 14. Helter Skelter 15. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End
[Live at Ryogoku Kokugikan, Tokyo, Japan 5th Novmenber 2018 : EVSD & XAVEL Original Audience Master (Omnidirectional Microphone)]

Published innew in store!