Skip to content

月別: 2019年3月

ビートルズ『ホワイト・アルバム』集大成シリーズの第2弾「レアリティーズ・コレクション」が登場!

sgtae012.jpg

◆ WHITE ALBUM : 50th RARITIES COLLECTION II (プレス2CD+2DVD) この商品はこちらから
ビートルズ・ファン必携のSGT.レーベルより、リリース50周年コレクターズ・シリーズとして、『ホワイト・アルバム』集大成シリーズの第2弾「レアリティーズ・コレクション」が登場。2019年最新編集による、封印されていた幻の激レアUSファースト・プレス音源を中心に、さらにTVショー映像から「ロックンロール・サーカス」までコンパイルしたコレクターズ・エディションが、プレス2CD+2DVDによるアニバーサリー・エディションとして限定リリース。
まず今回の音源CDは、タイトル通りレアな『ホワイト・アルバム』音源をまとめた内容で、封印された幻の激レアUSファースト・プレス・ステレオ音源と、US編集レア音源を収録。
アメリカでアルバム発売直前のキャピトル盤を試聴したジョージが、”音が違う!”として破棄されたマスターが使われたUSファースト・プレス原盤を全曲完全収録で初CD化したもので、コンプレスド・ミックスと云われるように、音圧が高く全体的にモノラル的な迫力ある強調された音の質感は、UKオリジナル・ステレオとは異なった60年代キャピトルらしいダイナミックなサウンドにて。さらにUSオープン・リール音源からショート・バージョン7曲、またUSキャピトル編集盤でのリマスター音源も追加で。
そしてDVD:1には「聴き比べ音源コレクション」として、全4種のアルバム音源をコンプリート収録。
オリジナル・アナログ・ステレオ音源と、CD同様のUSファースト・プレス音源、そしてボーカルや楽器を分離解体したバッキング・トラックス音源、さらにUKオリジナル・オープンリールによるモノラル音源を、DVDオーディオ形式にて収録したもので、オプションとして音声選択でその音源の違いを聴き比べることが出来るという、音源研究には見逃せないフォーマットにて。
さらにDVD:2は「ビデオ映像コレクション」で、『TVブロードキャスト』として第1弾には未収録のTV放送バージョンによる「ヘイ・ジュード」等を収録。さらにジョンとヨーコが出演したストーンズのTVスペシャル『ロックン・ロール・サーカス』から、貴重なワークプリント・バージョンや別アングルの未発表バージョン等、アウトテイク映像もまとめてコンパイル。

[内容詳細]
これまでアルバム単位の50周年コレクターズ・エディションのリリースを続けてきた同レーベルから、この『ホワイト・アルバム』は各テーマ別のシリーズ化が2019年からスタートし、その第2弾が今回の「レアリティーズ・コレクション」。
今回は現在入手困難なレア音源を中心に、第1弾未収録のレア映像もまとめて収録されており、音源CDの目玉はやはりUSファースト・プレス・ステレオ音源で、アルバム発売前となる1968年10月、アメリカ滞在中だったジョージがこのキャピトル盤を試聴すると、そのカッティング・マスターが気に入らず、オリジナルのラッカー盤を破棄。そして新たにリマスタリングされ作り直してプレスされたはずが、極一部の工場で差し替えられていない破棄されたマスターが使われたUSファースト・プレスが、極少数のみ流通アメリカ国内で流通。これはマトリクス末尾番号34以上が新規標準プレスと言われており、ここでは末尾番号28/29のオリジナル・アナログ原盤から全曲完全収録で初めてCD化したもので、本来陽の目を見ることのないはずの音源として、今では超高額取引されている幻の激レア音源の初回盤を完全再現。
またUSオープン・リール音源からは、収録時間の帳尻を合わせるためか、大胆に曲を短縮してショート・バージョンになってしまった7曲と、後のUSキャピトル編集盤のために作られたリミックス・リマスター音源も追加収録されており、今となってはいずれも超レア。
また「聴き比べ音源コレクション」とした、DVDオーディオ形式で全4種の音源を完全収録したDVD:1には、MFSB原盤からのリマスターされていないフラットなオリジナル・アナログ・ステレオ音源と、CDにも収録された激レアなとファースト・プレス音源、そしてボーカルや楽器を分離解体しネイキッド・ミックスとなったバッキング・トラックス音源を。
そして映像コレクションによるDVD:2では、第1弾「オルタネイツ・コレクション」には未収録の、TVオンエアー・バージョンによる「スマザース・ブラザース・ショー」や「エクスペリメンタル・イン・TV」での「ヘイ・ジュード」のリハーサル等を収録。また『ロックン・ロール・サーカス』も、公式映像とは異なる貴重なワークプリント・バージョンなど、レア映像満載のトータル92分。
さらに「オルタネイツ・コレクション」同様、初回限定200セット・オンリーで、限定シリアル・ナンバー入りのオリジナル・デザイン・スペシャル・ポストカードを添付。
もちろん第1弾とは別デザインで、完全限定の証明となるナンバリング入りで先着200セットのみゆえ、ご希望の方はお早めに。
(*なおこれまでのシリーズでもポストカード付きはすべて即完売です)
以上、今回も素晴らしい内容・編集による『ホワイト・アルバム』集大成シリーズの第2弾「レアリティーズ・コレクション」も、今後のリリース・アイテムも含めて、すべてファン必携のコレクターズ・エディション。
CD 1 : 1. Back In The U.S.S.R. 2. Dear Prudence 3. Glass Onion 4. Ob-La-Di, Ob-La-Da 5. Wild Honey Pie 6. The Continuing Story Of Bungalow Bill 7. While My Guitar Gently Weeps 8. Happiness Is A Warm Gun 9. Martha My Dear 10. I’m So Tired 11. Blackbird 12. Piggies 13. Rocky Raccoon 14. Don’t Pass Me By 15. Why Don’t We Do It In The Road? 16. I Will 17. Julia + 18. Dear Prudence (US Reel Tape Short Edit) 19. Glass Onion (US Reel Tape Short Edit) 20. Don’t Pass Me By (US Reel Tape Short Edit) 21. Why Don’t We Do It In The Road? (US Reel Tape Short Edit) 22. Back In The U.S.S.R. (US Rock’n’Roll Music Capitol Remix) 23. Blackbird (UK Beatles Ballad Remix)
CD 2 : 1. Birthday 2. Yer Blues 3. Mother Nature’s Son 4. Everybody’s Got Something To Hide Except Me And My Monkey 5. Sexy Sadie 6. Helter Skelter 7. Long, Long, Long 8. Revolution 1 9. Honey Pie 10. Savoy Truffle 11. Cry Baby Cry / Can You Take Me Back 12. Revolution 9 13. Good Night + 14. Yer Blues (US Reel Tape Short Edit) 15. Helter Skelter (US Reel Tape Short Edit) 16. Revolution 9 (US Reel Tape Short Edit) 17. Birthday (US Rock’n’Roll Music Capitol Remix) 18. Helter Skelter (US Rock’n’Roll Music Capitol Remix)
[US FIRST COMPRESSED STEREO and US RARITIES]
DVD 1 : Back In The U.S.S.R. / Dear Prudence / Glass Onion / Ob-La-Di, Ob-La-Da / Wild Honey Pie / The Continuing Story Of Bungalow Bill / While My Guitar Gently Weeps / Happiness Is A Warm Gun / Martha My Dear / I’m So Tired / Blackbird / Piggies / Rocky Raccoon / Don’t Pass Me By / Why Don’t We Do It In The Road? / I Will / Julia / Birthday / Yer Blues / Mother Nature’s Son / Everybody’s Got Something To Hide Except Me And My Monkey / Sexy Sadie / Helter Skelter / Long, Long, Long / Revolution 1 / Honey Pie / Savoy Truffle / Cry Baby Cry – Can You Take Me Back / Revolution 9 / Good Night
[3 AUDIO COMPARISON and ORIGINAL MONO REEL TAPE : AUDIO1=Original Analog Stereo / AUDIO2=US First Compressed Stereo / AUDIO3=Backing Tracks Stereo / AUDIO4=Original Mono Reel Tape : 16:9 NTSC Dolby Digital Stereo time approx. 93min.x3+91min.]
DVD 2 : -TV BROADCASTS- Hey Jude (The Smothers Brothers Comedy Hour) / Revolution (The Smothers Brothers Comedy Hour) / George Harrison On TV (The Smothers Brothers Comedy Hour) / Hey Jude (Original Edit – The Smothers Brothers) / Hey Jude (Multi-angle 4 Screen Comparison) / Hey Jude Studio Rehearsals (Experiment In TV Edit) / Hey Jude Studio Rehearsals (Long Version)
-ROCK AND ROLL CIRCUS- Opening / John And Mick Introduction / Yer Blues / Whole Lotta Yoko / Opening (Workprint Outtake) / Yer Blues (Workprint Outtake) / Whole Lotta Yoko (Workprint Outtake) / Yer Blues (Color Outtake) / Austrian TV News / German TV Piece Of His Mind / John And Mick Dialogue (Outtake) / Yer Blues (Multi-angle 4 Screen Comparison)
[16:9 NTSC Dolby Digital Stereo time approx. 92min.]

公式ハーフ・オフィシャル・シリーズより、デヴィッド・ボウイの第1弾!

egro022db.jpg

◆ DAVID BOWIE / the MOD years 1964-1967 (プレス1CD) この商品はこちらから
公式ハーフ・オフィシャル(JASRAC許諾商品)として、「Getty Images Japan」の、ライセンス写真使用ジャケットを用いた、このレア音源シリーズは海外輸入(チェコ・プレス)の完全限定リリース品で、国内での流通は限られているので、ご希望の方はお早めに。
[著作権消滅のPD(パブリック・ドメイン)商品による、公式製作アルバムで、もちろんコピー品ではなく音源はもちろん、日本語帯付による日本著作権協会の認可CD]
そして本シリーズ初のデヴィッド・ボウイの第1弾は、ボウイがデッカ傘下のデラム・レコードからデビューする前に発表した、1964年から67年にかけての全シングル6枚(12曲)を、すべてオリジナル・シングル・バージョンで収録し、その別バージョン、未発表デモ&アセテート音源なども含めて、デビュー前の現存する貴重音源を全28トラック73分にわたり収録。
まず1964年当時のモッズ・シーンに影響を受けたR&Bサウンドと、17歳の初々しいボウイのボーカルによる初期音源は、敏腕プロデューサー、シェル・タルミーによる制作で、デッカやパーロフォン、パイ・レコードなど名門レーベルで録音された音源は、すべてクオリティーも抜群で、それもそのはずエンジニアはビートルズ、ストーンズ、フーやゼップなどの録音で知られるグリン・ジョーンズ。そしてディヴィー・ジョーンズ&ザ・キング・ビーズ名義でのデビューシングル「Liza Jane」に始まり、マニッシュ・ボーイズ名義の「I Pity The Fool」には当時スタジオ・ミュージシャンだったジミー・ペイジのギターソロも。
そしてその後ロウワー・サードやザ・バズをバックに録音する頃には、独特のボウイ風メロディも垣間見え始めるも、なかなかヒットには繋がらなかったこの不遇の時代1967年までの軌跡を時系列にて。
なおボウイは複数のレコード会社でデモ・レコーディングを残していて、ここにはそのアセテート盤から貴重なデモ音源も12曲収録。因みにデビュー・アルバム収録の「愚かな少年」(Silly Boy Blue)は全くの別アレンジで、他にもタイトなギター・サウンドの未発表曲「That’s A Promise」、「愛は火曜日まで」(Love You Till Tuesday)の初期デモバージョンなど、こちらもすべて貴重な音源にて。
さらにボーナス的に、シングルの別バージョンでは歌詞が違う「I Pity The Fool」や、間奏とエンディングのギターソロが違う「You’ve Got A Habit Of Leaving」などのレア音源も4曲追加収録した、ボウイのキャリア創成期の記録の全てがここに。
*なお曲解説、エピソードを記した日本語ライナーも内ジャケに掲載したこの国内盤仕様は、ライセンス使用期間などに制約のあるJASRAC許諾商品であり、海外からの輸入数も極少数商品です。完全限定入荷ゆえ品切れの場合はご了承ください。
1 Liza Jane 2 Louie Go Home
[Davie Jones and The King Bees]
3 I Pity The Fool (Guitar solo ; Jimmy Page) 4 Take My Tip (Guitar ; Jimmy Page)
[The Manish Boys]
5 You’ve Got A Habit Of Leaving 6 Baby Loves That Way 7 Can’t Help Thinking About Me 8 And I Say To Myself
[Davy Jones with The Lower Third]
9 Do Anything You Say 10 Good Morning Girl 11 I Dig Everything 12 I’m Not Losing Sleep
[David Bowie with The Buzz]
13 That’s A Promise (Unreleased Song) 14 Silly Boy Blue 15 Let Me Sleep Beside You 16 Karma Man 17 When I Live My Dream 18 That’s Where My Heart Is 19 I Want My Baby Back 20 Bars of the County Jail 21 I’ll Follow You 22 Glad I’ve Got Nobody 23 Love You ‘Till Tuesday 24 Over The Wall We Go (Unreleased Song)
[Demo & Acetates]
25 I Pity The Fool (Alternate Vocal) 26 Take My Tip (Alternate Vocal) 27 You’ve Got A Habit Of Leaving (Alternate Guitarl) 28 Do Anything You Say (Alternate Mix)
[Alternates]

イエス2019年来日公演より、まず名古屋・大阪2公演をベスト・クオリティーで

amity523y.jpg

◆ YES / NAGOYA & AMAGASAKI 2019 (4CDR) この商品はこちらから
2019年の結成50周年ジャパン・ツアーより、2月19日名古屋Zepp Nagoyaと、翌20日大阪あましんアルカイックホール公演を、いずれもデジタル・オーディエンス・レコーディングにて、2時間にわたりコンプリートでカップリング収録。 いずれも会場音響の素晴らしさも手伝い、全編にわたりクリアーかつ、パワフルでダイレクト感溢れるサウンドにて西日本では2公演のみの貴重なライブを見事に再現。
そして今回は『危機』の完全再現を軸に、50年の歴史からベスト・ナンバーを披露するという趣向の中、事前アナウンスでは『危機』の再現は東京初日だけの予定だったのが、実際はこの名古屋と大阪でも『危機』完全再現が実現。 よってセットリスト・構成は2公演同様で、まずショーの第1部は告知通り、各時代からのベスト・ナンバーを披露、といえど少しマニアックな選曲が面白いところで、まずオープニングからして、日本ではほとんど演奏されたことのない「Parallels」からスタート。
その後も『時間と言葉』の「Sweet Dreams」、『ラダー』の「Nine Voices (Longwalker)」、『トーマト』の「Madrigal」と珍しいナンバーも続々と。そして1部ラスト「Yours Is No Disgrace」では、今回のもう1つの目玉、トニー・ケイの参加で、スティーヴ・ハウに紹介されて登場するや会場は盛大な盛り上がりに。
そして2部が期待の『危機』完全再現で、もちろん曲順までアルバム通りの完全形で、ここでも最後の「Siberian Khatru」でアラン・ホワイトも登場し、50周年記念ライブに華を添えることに。 さらにアンコールは全曲にゲストも加わり、ここでもレアな「No Opportunity Necessary, No Experience Needed」でスタートし、「Roundabout」「Starship Trooper」にてエンド。
以上、珍しい曲も含めて50周年の特別感たっぷりな西日本での2公演をコンプリートした、来日限定メモリアル・アイテム。
Disc 1 : 1. The Firebird Suite 2. Parallels 3. Sweet Dreams 4. Fly From Here, Part I: We Can Fly 5. Nine Voices (Longwalker) 6. Clap 7. Madrigal 8. Yours Is No Disgrace
Disc 2 : 1. Close to the Edge 2. And You and I 3. Siberian Khatru 4. No Opportunity Necessary, No Experience Needed 5. Roundabout 6. Band Introductions 7. Starship Trooper
[Live at Zepp Nagoya, Nagoya, Japan 19th February 2019]
Disc 3 : 1. The Firebird Suite 2. Parallels 3. Sweet Dreams 4. Fly From Here, Part I: We Can Fly 5. Nine Voices (Longwalker) 6. Clap 7. Madrigal 8. Yours Is No Disgrace
Disc 4 : 1. Close to the Edge 2. And You and I 3. Siberian Khatru 4. No Opportunity Necessary, No Experience Needed 5. Roundabout 6. Band Introductions 7. Starship Trooper
[Live at Amashin Archaic Hall, Amagasaki, Japan 20th February 2019]
◇ Steve Howe – guitar, vocals / Alan White – drums / Geoff Downes – keyboards, vocals / Jon Davison – vocals, acoustic guitar, percussion / Billy Sherwood – bass, vocals / Jay Schellen – drums / Tony Kaye – keyboards (Special Guest)