Skip to content

プリンスのリミックス&リマスター・シリーズから、セカンド・アルバムもついに登場!

pga039sp.jpg

◆ PRINCE / PRINCE (2ND ALBUM) : COLLECTOR’S EDITION (プレス2CD) この商品はこちらから
プリンスのリミックス&リマスター・エクスパンデッド・シリーズから、記念すべき1979年のセカンド・アルバム『プリンス』の、2019年リミックス&リマスターに、貴重なスタジオ・セッション発掘音源も加えて、限定ロー・プライス、プレス2CDにてここに。
衝撃のデビューから1年後、前作同様セルフ・プロデュースでアルバム全曲を1人で作り上げたこの2作目は、初のシングル・ヒットとなる「ウォナ・ビー・ユア・ラヴァー」や「トリート・ミー・ソー・バッド」をはじめ、後にチャカ・カーンのヒットでお馴染みの「フィール・フォー・ユー」など、ポップでキャッチーな曲揃いの初期傑作アルバム。
そしてまずdisc:1にはこれまでのシリーズ同様、オリジナル・アルバムのリミックス&リマスターを収録。今回も名DJ Foefurにより再構築された究極の進化形超絶リミックスで、また最新リマスタリングによってその内容や音質をさらにヴァージョン・アップ。
そしてエクストラ・トラックスにはアルバム未収録のシングル・バージョンやオルタネイト・バージョンも追加。
さらにdisc:2にはこの同時期にプリンスがソロではなく、バンド名義の「ザ・レベルズ」としてレコーディングしながらも、結局未発表プロジェクトとなった『ザ・レベルズ・セッションズ』より、現存する9曲をマスター・クオリティーで、完全コンプリート収録。
ここではこの後もプリンスを長きにわたりバックアップする、キーボードのDr.フィンクやドラムのボビーZもすでに参加しており、バンド編成でよりロック色が強まった演奏を展開しており、未発表ながらも後の方向性が伺える興味深いセッションにて。
さらにエクストラとして1979年の「アメリカン・バンドスタンド」と、1980年の「ミッドナイト・スペシャル」のTVショーの模様もインタビューを含めて収録。
以上、今回もその細部まで練り込まれたリマスター技術は、世界中のプリンス・コレクターからのお墨付きで、音質クオリティーはもちろん、その斬新な造りは、まさにオリジナル・アルバムの進行形であり、最終完成形ともいうべき必聴コレクターズ・エディション。
CD 1 : 1. I WANNA BE YOUR LOVER 2. WHY YOU WANNA TREAT ME SO BAD? 3. SEXY DANCER 4. WHEN WE’RE DANCING CLOSE AND SLOW 5. WITH YOU 6. BAMBI 7. STILL WAITING 8. I FEEL FOR YOU 9. IT’S GONNA BE LONELY
[REMIX AND REMASTERS ALBUM : recordings at Alpha Studios, Burbank, California April / June 1979 = Released 19 August 1979]
10. WOULDN’T YOU LOVE TO LOVE ME 11. DOWN A LONG LONELY ROAD 12. MISS YOU 13. BABY, BABY, BABY 14. DONNA 15. NADEARA 16. I WANNA BE YOUR LOVER (Single Version) 17. SEXY DANCER (Long Version)
[EXTRA TRACKS]
CD 2 : 1. THRILL YOU OR KILL YOU 2. DISCO AWAY 3. THE LOSER (TURN ME ON) 4. IF I LOVE YOU TONIGHT 5. ANDRE CYMONE (Instrumental) 6. YOU 7. DEZ DICKERSON (Instrumental) 8. HARD TO GET 9. TOO LONG
[THE REBELS SESSIONS : recording sessions at Mountain Ears Sound Studio, Boulder, Colorado USA 10-21th July 1979]
◇Prince (vocals, all instruments) Gayle Chapman (vocals, keyboards) Andr Cymone (vocals, bass) Dez Dickerson (vocals, guitars) Dr. Fink (keyboards) Bobby Z. (drums)
10. INTRO 11. I WANNA BE YOUR LOVER 12. DICK CLARK INTERVIEW 13. WHY YOU WANNA TREAT ME SO BAD?
[American Bandstand TV Show 16th December 1979]
14. DR.HOOK INTRODUCING 15. I WANNA BE YOUR LOVER 16. WHY YOU WANNA TREAT ME SO BAD? 17. K-FUNK FICTIONAL INTERVIEW
[Midnight Special TV Show 8th January 1980]
◇Prince (vox, guitar), Bobby Z. (drums), Andr Cymone (bass), Dez Dickerson (guitar), Matt Fink, (keyboards) Gayle Chapman (keyboards)

Published innew in store!