Skip to content

月別: 2019年12月

GENERATION AXE、2019年来日の最終東京公演をベスト・クオリティー・サウンドで!

xavelm131ga.jpg

◆ GENERATION AXE / Back in Tokyo 2019 (3CDR) この商品はこちらから
2年ぶりの来日となる現代ギター・ジャイアンツの競演プロジェクトGENERATION AXEの、2019年ジャパン・ツアー最終日となる11月29日東京・豊洲PITのライブを、メンバーがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、デジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックスした決定盤音源がここに。
まずおなじみのマルチIEMマトリクス・ソースによるもので、今回もプロユースによる、それぞれミックス・バランスの異なる複数のモニター・ソースに、絶妙のオーディエンス・ソースを配合ステレオ・ミックスすることで、ライヴ・サウンドを忠実に再現。
そしてそれらは抜群の分離と定位、バランスで調整され、しかもオーディエンス・ソースには現在最高峰クオリティーのハイエンド録音機器からのソースをミックスしたことで、これまでの同レーベル音源をさらに高みに極めた、ライブ録音の究極系が完成しており、一部IEMマスターに起因するクリック、カウント、わずかなノイズはあるものの、もはやオフィシャル・ライブを超越したサウンド・クオリティーにて。
そして基本的に基本的な構成や登場順は2年前とほぼ同じで、おおまかなショーの構成・進行は下記の通り。
オープニング:5人による「Hocus Pocus」 ⇒ トーシン・アバシ(3曲) ⇒ トーシン&ヌーノ「Physical Education」 ⇒ ヌーノ・ベッテンコート(3曲) ⇒ ヌーノ&ザック「Sideways」 ⇒ ザック・ワイルド(3曲) ⇒ ザック&ヌーノ&ヴァイ「Still Got the Blues」⇒ スティーヴ・ヴァイ(3曲) ⇒ イングヴェイ・マルムスティーン(8曲) ⇒ イングヴェイ+ヴァイ「Black Star」 ⇒ イングヴェイ以外4人の「Frankenstein」 ⇒ エンディング:5人による「Bohemian Rhapsody/Burn」
以上、前回とほぼ同様の進行・構成の中で、アバシは「CAFO」、ザックは「Into the Void」と「War Pigs」、ヴァイも「There’s a Fire in the House」と「The Animal」、さらにイングヴェイも「Top Down, Foot Down」や「From a Thousand Cuts」などは今回初披露のレパートリーにて。
さらにた共演パートは総入替えされており、オープニングはフォーカスの「Hocus Pocus」、そしてアンコールでも「Bohemian Rhapsody」や「Burn」を披露しており、特に「Bohemian Rhapsody」は、あのコーラス・パートにおいて5人がさまざまなパートを受け持ち、あの重厚世界を再現しており、シンプルなフレーズもハモりでブライアン・メイのオーケストレーションを、また複雑極まるコーラス・ハーモニーに至るまで完全再現するという凝りよう。
このようにそのすべてが圧巻かつ超絶技巧にまみれたパフォーマンスは、全ギター・ファン必携の来日限定コレクターズ・エディション。
Disc 1 : 01. Intro [Nuno, Zakk, Steve, Yngwie, Tosin] 02. Hocus Pocus [Tosin] 03. Tempting Time 04. The Woven Web 05. CAFO 06. Physical Education (with Nuno) [Nuno] 07. Get the Funk Out 08. Midnight Express 09. A Side of Mash (Extreme Medley) 10. Sideways (with Zakk)
Disc 2 : [Zakk] 01. Purple Haze 02. I’m Broken / Into the Void 03. War Pigs 04. Still Got the Blues (with Nuno & Steve) [Steve] 05. There’s a Fire in the House 06. The Animal 07. For The Love Of God
Disc 3 : [Yngwie] 01. Top Down, Foot Down 02. No Rest For The Wicked 03. Into Valhala 04. Baroque and Roll 05. Overture / From A Thousand Cuts / Arpeggios From Hell 06. Soldier / Badinerie 07. Adagio 08. Far Beyond the Sun 09. Trilogy Suite Op: 5 / Guitar Solo 10. Fugue / Guitar Solo 11. Acoustic Guitar Solo / Black Star (with Steve) [Nuno, Zakk, Steve, Yngwie, Tosin] 12. Bohemian Rhapsody 13. Burn
[Live at Toyosu PIT, Tokyo, Japan 29th November 2019]

GENERATION AXE、2019年来日の最終東京公演を映像で!

alxbd115ga.jpg

◆ GENERATION AXE / Back in Tokyo 2019 Film (2Blu-ray+2DVDR) この商品はこちらから
2年ぶりの来日となる現代ギター・ジャイアンツの競演プロジェクトGENERATION AXEの、2019年ジャパン・ツアー最終日となる11月29日東京・豊洲PITのライブを、HDクオリティーの良好オーディエンス・ショットにて、コンプリート収録しブルーレイ化。
まず、ライブ冒頭「Hocus Pocus」の途中までと、ライブ中盤のザック・パートにおけるアリーナへ降りての演奏シーンのみ、都合上映像が欠落しているためブラックアウトし音声のみの収録ながら、それ以外はステージほぼ正面からの超クリアーなオーディエンス・ショットをメインとし、随所にクローズ・ショットも交え、そのクオリティーはYoutubeなどの断片的な映像とは雲伝の差。しかも音声パートは、別レコーディングされたマルチIEMマトリクス音源をシンクロしており、特にブルーレイゆえその大容量を活かし、元素材そのままのHDクオリティーの映像素材を圧縮することなく収録しており、音声も含めてこれ以上のクオリティーは望めないであろうもの。
そして基本的に基本的な構成や登場順は2年前とほぼ同じで、おおまかなショーの構成・進行は下記の通り。
オープニング:5人による「Hocus Pocus」 ⇒ トーシン・アバシ(3曲) ⇒ トーシン&ヌーノ「Physical Education」 ⇒ ヌーノ・ベッテンコート(3曲) ⇒ ヌーノ&ザック「Sideways」 ⇒ ザック・ワイルド(3曲) ⇒ ザック&ヌーノ&ヴァイ「Still Got the Blues」⇒ スティーヴ・ヴァイ(3曲) ⇒ イングヴェイ・マルムスティーン(8曲) ⇒ イングヴェイ+ヴァイ「Black Star」 ⇒ イングヴェイ以外4人の「Frankenstein」 ⇒ エンディング:5人による「Bohemian Rhapsody/Burn」

以上、前回とほぼ同様の進行・構成の中で、アバシは「CAFO」、ザックは「Into the Void」と「War Pigs」、ヴァイも「There’s a Fire in the House」と「The Animal」、さらにイングヴェイも「Top Down, Foot Down」などは今回初披露のレパートリーにて。さらに共演パートは総入替えされており、オープニングはフォーカスの「Hocus Pocus」、そしてアンコールでも「Bohemian Rhapsody」や「Burn」を披露しており、特に「Bohemian Rhapsody」は、あのコーラス・パートにおいて5人がさまざまなパートを受け持ち、重厚世界を再現しており、シンプルなフレーズもハモりでブライアン・メイのオーケストレーションを、また複雑極まるコーラス・ハーモニーに至るまで完全再現するという凝りよう。
このようにそのすべてが圧巻かつ超絶技巧にまみれたパフォーマンスは、全ギター・ファン必携の来日限定コレクターズ・エディション。
なおこのブルーレイと汎用性の高いDVD-R付属の本タイトルは、100セット限定リリースゆえ、ご希望の方はお早めに。
*Blu-ray Disc & DVDR : Same Set :140min. Audience Shot
DISC 1 : 01. Intro 02. Hocus Pocus 03. Tempting Time 04. The Woven Web 05. CAFO 06. Physical Education (with Nuno) 07. Get the Funk Out 08. Midnight Express 09. A Side of Mash (Extreme Medley) 10. Sideways (with Zakk) 11. Purple Haze 12. I’m Broken / Into the Void 13. War Pigs 14. Still Got the Blues (with Nuno & Steve)
DISC 2 : 01. There’s a Fire in the House 02. The Animal 03. For The Love Of God 04. Top Down. Foot Down 05. No Rest For The Wicked 06. Into Valhala 07. Baroque and Roll 08. Overture/From A Thousand Cuts/Arpeggios From Hell 09. Soldier/Badinerie 10. Adagio 11. Far Beyond the Sun 12. Trilogy Suite Op: 5/Guitar Solo 13. Fugue/Guitar Solo 14. Acoustic Guitar Solo/Black Star 15. Bohemian Rhapsody 16. Burn
[Live at Toyosu PIT, Tokyo, Japan 29th November 2019]

マイケル・モンロー、2019年の大阪&東京公演を音源と映像でカッブリング!

sha1127mm.jpg

◆ MICHAEL MONROE / OSAKA 2019 (2CDR+1DVDR) この商品はこちらから
2019年の単独ジャパン・ツアーより、序盤の大阪と東京公演をベスト・クオリティーの音源と映像でカッブリングしたタイトルがここに。
まずサマソニから4ヶ月後にして全4公演の来日公演から、その初日となる12月2日大阪・梅田CLUB QUATTROでのギグを、デジタル・オーディエンス・レコーディングにて、86分にわたりコンプリート収録。クラブでのライブゆえとにかく音の距離が近く、まるでステージ上でメそしてセットはンバーと並んでいるようなダイレクト感が味わえるほど。
そしてセットはハノイ・ナンバーから前作『BLACKOUT STATES』までの代表曲を幅広く散りばめつつ、最新の『ONE MAN GANG』を冒頭からの5曲を含めて全9曲も披露しているあたりは猛烈に現役感をアピール。
さらに映像DVD-Rには、翌日であり東京初日Tsutaya O-Eastでのショーを、良好オーディエンス・ショットにて95分にわたりコンプリート収録。
こちらはステージ真正面の2F席最前列からの撮影ゆえ、障害物も一切なく、特大アングルも多数なうえ、とにかくカメラワークが素晴らしく、マイケルをもちろん中心に見所を見事にスイッチングし、現代機材のズーム機能・手ブレ防止機能も手伝い全編クリアーな画像にて。
ただサウンドがあまりにバンドの音がパワフル過ぎて、ややオーバーピーク気味でもありながら、ほぼ大阪と同様のセットの中でカヴァーの「Blitzkrieg Bop」はこの東京のみゆえ、やはりこちらも必見の、2019年来日限定のメモリアル・アイテム。
Disc 1 : :1. Intro 2. One Man Gang 3. Last Train to Tokyo 4. Junk Planet 5. The Pitfalls of Being an Outsider 6. In The Tall Grass 7. Ballad of the Lower East Side 8. Old King’s Road 9. ’78 10. Black Ties and Red Tape 11. Motorvatin’ 12. Hollywood Paranoia
Disc 2 : 1. This Ain’t No Love Song 2. Don’t You Ever Leave Me 3. Malibu Beach Nightmare 4. Up Around the Bend 5. Dead, Jail or Rock ‘n’ Roll 6. Low Life in High Places 7. Built for Speed 8. Nothin’s Alright 9. Hammersmith Palais 10. 1970 (The Stooges cover) 11. I Wanna Be Loved
[at Umeda Club Quattro, Osaka, Japan 2nd December 2019]
DVD-R : 1. Intro 2. One Man Gang 3. Last Train to Tokyo 4. Junk Planet 5. The Pitfalls of Being an Outsider 6. In the Tall Grass 7. Ballad of the Lower East Side 8. Old King’s Road 9. ’78 10. Black Ties and Red Tape 11. Motorvatin’ 12. Hollywood Paranoia 13. Trick of the Wrist 14. This Ain’t No Love Song 15. Don’t You Ever Leave Me 16. Malibu Beach Nightmare 17. Up Around the Bend 18. Dead, Jail or Rock ‘n’ Roll 19. Blitzkrieg Bop 20. Low Life in High Places 21. Built for Speed 22. Nothin’s Alright 23. Hammersmith Palais 24. 1970 25. I Wanna Be Loved
[at Tsutaya O-East, Tokyo, Japan 3rd December 2019 : COLOUR NTSC Approx.95min]
◇ Michael Monroe – vocals, saxophone / Sami Yaffa – bass / Karl Rockfist – drums / Steve Conte – guitar / Rich Jones – guitar

ダイアナ・クロール2019年来日公演の大阪公演も登場!

wrDK19cd.JPG

◆DIANA KRALL / 2019 in OSAKA (2CDR) この商品はこちらから
2019年来日公演から全6公演の最終日となった11月13日大阪フェスティバル・ホールでのショーを、デジタル・オーディエンス・レコーディングにてコンプリート収録。
まず現在最高峰クオリティーのハイエンド録音機器による録音であり、しかもフェスティバル・ホールという国内屈指の音響設備を誇るホールだけに、繊細なダイアナのピアノ・タッチや息づかいまでもクリアーに再現しており、彼女のボーカルとピアノを中心に、名うてのミュージシャン揃いのバンドによる演奏も、全てを驚くほどの分離と解像度で捉えたもの。
そして東京3公演を含む各地で大絶賛だったジャパン・ツアー最終日も、バンド・メンバーとアイコンタクトを交えつつピアノでアドリブを重ね、楽しげにグルーヴし、しかもしっかり品格を漂わせてくれるステージを披露。
そして3年前の公演にも同行したカリーム・リギンスとアンソニー・ウィルソンに加え、2008年以来久々の復帰となるロバート・ハーストと、名手揃いの最小限カルテット・スタイルにて、この日はペギー・リーのナンバーからまずスタート。
そしてその後やはり豪華な日替わりセットリストによる演奏は、オリジナルはもちろんジャズ・スタンダードからディランやガーシュウィン、さらにはボサ・ノヴァまで広範なカバー・ナンバーもたっぷり披露しており、特にディランの「To Ramona」は東京のサウンドチェックでは登場したものの本編では演奏されておらず、ここに来てやっと披露。
他にもシナトラの歌唱で広まった「All or Nothing at All」、そしてアンコールでは、一躍ダイアナの名をジャズ外にも轟かせたアルバムのタイトル・チューン「The Look of Love」をアルバム・ヴァージョンよりも一層タイトにし、ジャズのコクをたっぷり感じさせながら披露し、ラストはガーシュウィン・ナンバーでエンドと、小気味良さもたっぷりの日本での最後のパフォーマンスをベスト・クオリティーで。
DISC 1 : 1. Opening 2. I Love Being Here With You 3. All or Nothing at All 4. Let’s Fall in Love 5. Let’s Face the Music and Dance 6. I Was Doing All Right 7. Abandoned Masquerade
DISC 2 : 1. Moonglow 2. ‘Deed I Do / Band Introduction 3. To Ramona
4. Simple Twist of Face 5. I Don’t Know Enough About You -encore- 6. The Look of Love 7. ‘S Wonderful 8. Closing
[Recorded at Festival Hall, Osaka, Japan 13th November 2019]
Diana Krall (p,vo) Anthony Wilson (g) Robert Hurst (b) Karriem Riggins (ds)

U2、2019年来日公演2日目も音と映像で完全再現!

xavel330u.jpg

◆U2 / 2019 Live in Japan 2nd Night Limited (2CDR+1BDR+1DVDR) この商品はこちらから
2019年12月、13年ぶりの来日となった12月4&5日、さいたまスーパーアリーナ公演の2日目の模様を、究極のデジタル・オーディエンス・レコーディングにて収録し、さらに映像ブルーレイ&DVD-R付きのリミテッド・エディションにて。
まず現在最高峰のハイエンド録音機器によるサウンドは、要所で巻き起こる感動的な大合唱も素晴らしい臨場感で捉えており、バンド・サウンドとボノのボーカルとのバランスも含めて、会場の熱気をそのまま真空パックしたかのような極上クオリティーにて。
そして今回の2公演はいずれもソールドアウトで、巨大スクリーンや最新テクノロジーも駆使しつつ、変わらぬシンプルなロック・サウンドと、普遍的な平和メッセージを掲げたパフォーマンスで両日ファンを魅了し、ライブ・レヴューもすべて大絶賛されることに。
そして初日同様「ブラディ・サンデー」で幕開け、その後ハイライトとなる『ヨシュア・トゥリー』の完全再現、そしてその前後には過去の代表レパートリーが日替わりで演奏されるのも連日公演ならではで、2日目は前日の「I Will Follow」、「Angel of Harlem」、「Every Breaking Wave」に代わり、「Gloria」、「Desire」そして「You’re the Best Thing About Me」をプレイし、2日間通ったファンもこの日だけの人も共に満足のセット内容にて。
そして大団円の「One」まで全てが感動の中、その感動を映像でも再確認したいファンのために、カップリングのブルーレイ&DVD-Rには、当日の全貌をHDクオリティーの良好オーディエンス・ショットにて、2時間21分にわたりコンプリート収録。
こちらはステージに向かってやや左側花道サイドの200レベル前方席と、ステージ右サイドの至近距離の200レベルの席からと、2台のHDカメラを用いさらに編集も施された見応え満点のマルチカメラ映像で、良好アングルがメインなうえに、ズームも挿入され、さらに音声パートはCD音源を使用。
特にブルーレイはその大容量を活かし、元素材そのままのHDクオリティーの映像素材を圧縮することなく収録しており、そのクオリティーは音声も含めて、Youtubeなどの断片的な映像とは雲伝の差。
以上、当日足を運んだ方、またチケットが入手できず悔しい思いをした方すべてに贈る「The Joshua Tree Japan Tour」の来日限定メモリアル・アイテム。
Disc 1 : 01. Intro (The Whole of the Moon) 02. Sunday Bloody Sunday 03. Gloria 04. New Year’s Day 05. Bad 06. Pride (In the Name of Love) 07. Where the Streets Have No Name 08. I Still Haven’t Found What I’m Looking For 09. With or Without You 10. Bullet the Blue Sky 11. Running to Stand Still 12. Red Hill Mining Town
Disc 2 : 01. In God’s Country 02. Trip Through Your Wires 03. One Tree Hill 04. Exit 05. Mothers of the Disappeared 06. Desire –encore- 07. Elevation 08. Vertigo 09. Even Better Than the Real Thing 10. You’re the Best Thing About Me 11. Beautiful Day 12. Ultraviolet (Light My Way) 13. Love Is Bigger Than Anything in Its Way 14. One
Blu-ray Disc & DVD : Same Set :140min. Aud-shot
01. Intro (The Whole of the Moon) 02. Sunday Bloody Sunday 03. Gloria 04. New Year’s Day 05. Bad 06. Pride (In the Name of Love) 07. Where the Streets Have No Name 08. I Still Haven’t Found What I’m Looking For 09. With or Without You 10. Bullet the Blue Sky 11. Running to Stand Still 12. Red Hill Mining Town 13. In God’s Country 14. Trip Through Your Wires 15. One Tree Hill 16. Exit 17. Mothers of the Disappeared 18. Desire –encore- 19. Elevation 20. Vertigo 21. Even Better Than the Real Thing 22. You’re the Best Thing About Me 23. Beautiful Day 24. Ultraviolet (Light My Way) 25. Love Is Bigger Than Anything in Its Way 26. One
[Recorded at Saitama Super Arena, Saitama, Japan 5th December 2019]

U2、2019年来日公演初日を音と映像で完全再現!

xavel329u.jpg

◆U2 / 2019 Live in Japan 1st Night Limited (2CDR+1BDR+1DVDR) この商品はこちらから
2019年12月、13年ぶりの来日となった12月4&5日、さいたまスーパーアリーナ公演の初日の模様を、究極のデジタル・オーディエンス・レコーディングにて収録し、さらに映像ブルーレイ&DVD-R付きのリミテッド・エディションにて。
まず現在最高峰のハイエンド録音機器によるサウンドは、要所で巻き起こる感動的な大合唱も素晴らしい臨場感で捉えており、バンド・サウンドとボノのボーカルとのバランスも含めて、会場の熱気をそのまま真空パックしたかのような極上クオリティーにて。
そして今回の2公演はいずれもソールドアウトで、巨大スクリーンや最新テクノロジーも駆使しつつ、変わらぬシンプルなロック・サウンドと、普遍的な平和メッセージを掲げたパフォーマンスで両日ファンを魅了し、ライブ・レヴューもすべて大絶賛されることに。
そして待望のこの初日のステージは、同ツアーの定番「ブラディ・サンデー」で幕開け、その後ハイライトとなる『ヨシュア・トゥリー』の完全再現、そしてその前後には過去の代表レパートリーが日替わりで演奏されるのも魅力で、この日は「I Will Follow」、「Angel of Harlem」、「Every Breaking Wave」を披露。そして大団円の「One」まで全てが感動の中、この日は「Elevetaion」が試験的にオフィシャル生配信されたことも話題となり、日本のファンにとっては思い出深い一夜となることに。
さらにカップリングのブルーレイ&DVD-Rには、この初日の全貌をHDクオリティーの良好オーディエンス・ショットにて、2時間20分にわたりコンプリート収録。
こちらは200レベル正面前方の絶好のポジションからHDカメラの撮影で、前方の観客やPAの影なども入らない超良好アングルなうえに、ズームも挿入され、さらに音声パートはCD音源を使用。
特にブルーレイはその大容量を活かし、元素材そのままのHDクオリティーの映像素材を圧縮することなく収録しており、そのクオリティーは音声も含めて、Youtubeなどの断片的な映像とは雲伝の差。
以上、当日足を運んだ方、またチケットが入手できず悔しい思いをした方すべてに贈る「The Joshua Tree Japan Tour」の来日限定メモリアル・アイテム。
Disc 1 : 01. Intro (The Whole of the Moon) 02. Sunday Bloody Sunday 03. I Will Follow 04. New Year’s Day 05. Bad 06. Pride (In the Name of Love) 07. Where the Streets Have No Name 08. I Still Haven’t Found What I’m Looking For 09. With or Without You 10. Bullet the Blue Sky 11. Running to Stand Still 12. Red Hill Mining Town
Disc 2 : 01. In God’s Country 02. Trip Through Your Wires 03. One Tree Hill 04. Exit 05. Mothers of the Disappeared 06. Angel of Harlem –encore- 07. Elevation 08. Vertigo 09. Even Better Than the Real Thing 10. Every Breaking Wave 11. Beautiful Day 12. Ultraviolet (Light My Way) 13. Love Is Bigger Than Anything in Its Way 14. One
Blu-ray Disc & DVD : Same Set :140min. Aud-shot
01. Intro (The Whole of the Moon) 02. Sunday Bloody Sunday 03. I Will Follow 04. New Year’s Day 05. Bad 06. Pride (In the Name of Love) 07. Where the Streets Have No Name 08. I Still Haven’t Found What I’m Looking For 09. With or Without You 10. Bullet the Blue Sky 11. Running to Stand Still 12. Red Hill Mining Town 13. In God’s Country 14. Trip Through Your Wires 15. One Tree Hill 16. Exit 17. Mothers of the Disappeared 18. Angel of Harlem –encore- 19. Elevation 20. Vertigo 21. Even Better Than the Real Thing 22. Every Breaking Wave 23. Beautiful Day 24. Ultraviolet (Light My Way) 25. Love Is Bigger Than Anything in Its Way 26. One
[Recorded at Saitama Super Arena, Saitama, Japan 4th December 2019]

ビートルズ・ファン必携のSGTレーベルより、「マルチトラック・マスターズ」シリーズの第2弾『サージェント・ペパーズ』が登場!

sgtmm002.jpg

◆ THE BEATLES / SGT.PEPPER’S :MULTITRACK MASTERS (プレス5CD+1DVD) この商品はこちらから
ビートルズ・ファン必携のSGT.レーベルより、各アルバムのレコーディング・セッションから、マルチ・トラック音源を元にアルバム全曲を徹底解剖した「マルチトラック・マスターズ」が初登場。その第2弾は『アビイ・ロード』に続き、『サージェント・ペパーズ』のマルチトラック完全版が登場。
本タイトルはアルバムのスタジオ・マスター・リールを直接聴いているような興奮と感動を呼び起こすマルチトラックの音源集大成で、全編最長バージョンにて、2019年最新リミックスとインスト・アルバムに加えて、全曲トラック分離したセパレート音源を完全網羅。さらには貴重なアルバムを完全再現したROCKBAND の映像DVD映像も含んだ、注目のスペシャル・コレクターズ・エディション!
[内容詳細]
まずCD:1には「コンプリート・アルバム・リミックス」として、マルチトラック音源からの新たなリミックス&リマスターにて全曲を収録し、さらに後半には全曲歌無しカラオケ状態のインストゥルメンタル・トラックも収録。
続くCD:2はdisc:1よりさらに長い各曲の生々しいスタジオ・トークやチューニング等を含む、最長バージョンのアルバム・リミックスを収録。各曲のミックスもネイキッドといえる、より音数の少ないストレートなロー・リミックスを収録し、さらにボーナスとしてシングル「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」「ペニー・レーン」2曲の、初登場セパレート音源も追加。
そしてCD:3以降は、「マルチトラック・マスターズ」として、アルバム全トラックを、各楽器やボーカル等のトラック別にレコーディング・セッションからのマスター音源にて収録。ここでの注目は、これまで知られたボーカルや楽器ごとに分離されたROCKBAND音源ではなく、スタジオ・マスター・ダイレクトの音源をマスターに再編集されており、ROCKBAND音源とは異なるテイク違いやセパレーションであることが、DVD収録のものとの比較でも判明。
なお前作の『アビイ・ロード』と同様に、改めてビートルズ自身の演奏力の高さと、完成形では聴くことの出来ない音や楽器のディテールを確認出来たりと、いずれも興味深いテイクばかり。 なお今回新たに無音パートの解消やノイズ除去、バランス調整など、2019年最新リストア・バージョンで収録されており過去に出回った同様の音源と比べ確実にグレード・アップして収録。
そして最後の映像DVDには、アルバム全曲を映像化したROCKBAND映像を収録。オーディオ・オプションでマルチトラック・リミックスに加えバッキング・トラックだけとボーカル・トラックだけも切り替え選択可能。
さらに初回限定100セット・オンリーで、限定シリアル・ナンバー入りのオリジナル・デザイン・スペシャル・ポストカードを添付。
こちらは完全限定の証明となるナンバリング入りで先着100セットのみゆえ、ご希望の方はお早めに。(*なおこれまでのシリーズでもポストカード付きはすべて即完売です)

以上、前作『アビイ・ロード』に続いて、まさに歴史的名盤の全曲をアビー・ロード・スタジオのマスター・リールから直接聴いているような興奮と感動を呼び起こすマルチトラック音源を、音と映像で完全コンパイルした、すべてファン必携のコレクターズ・エディション。
CD 1 :
[COMPLETE ALBUM REMIX] 1. SGT. PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND 2. WITH A LITTLE HELP FROM MY FRIENDS 3. LUCY IN THE SKY WITH DIAMONDS 4. GETTING BETTER 5. FIXING A HOLE 6. SHE’S LEAVING HOME 7. BEING FOR THE BENEFIT OF MR.KITE! 8. WITHIN YOU WITHOUT YOU 9. WHEN I’M SIXTY FOUR 10. LOVELY RITA 11. GOOD MORNING GOOD MORNING 12. SGT. PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND (REPRISE) 13. A DAY IN THE LIFE
[COMPLETE ALBUM INSTRUMENTAL REMIX] 14. SGT. PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND 15. WITH A LITTLE HELP FROM MY FRIENDS 16. LUCY IN THE SKY WITH DIAMONDS 17. GETTING BETTER 18. FIXING A HOLE 19. SHE’S LEAVING HOME 20. BEING FOR THE BENEFIT OF MR.KITE! 21. WITHIN YOU WITHOUT YOU 22. WHEN I’M SIXTY FOUR 23. LOVELY RITA 24. GOOD MORNING GOOD MORNING 25. SGT. PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND (REPRISE) 26. A DAY IN THE LIFE
CD 2 :
[COMPLETE ALBUM STUDIO RAW REMIX] 1. SGT. PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND 2. WITH A LITTLE HELP FROM MY FRIENDS 3. LUCY IN THE SKY WITH DIAMONDS 4. GETTING BETTER 5. FIXING A HOLE 6. SHE’S LEAVING HOME 7. BEING FOR THE BENEFIT OF MR.KITE! 8. WITHIN YOU WITHOUT YOU 9. WHEN I’M SIXTY FOUR 10. LOVELY RITA 11. GOOD MORNING GOOD MORNING 12. SGT. PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND (REPRISE) 13. A DAY IN THE LIFE
[BONUS TRACKS] 14. STRAWBERRY FIELDS FOREVER (Instrumental Track) 15. STRAWBERRY FIELDS FOREVER(Instrumental Track) 16. PENNY LANE (Instrumental Track) 17. PENNY LANE (Instrumental Track)
CD 3 :
[MULTITRACK MASTERS Part 1] 1. SGT. PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND (Take 9 Drums/Guitar/Bass) 2. SGT. PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND (Take 9 Bass) 3. SGT. PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND (Take 9 Vocals 1) 4. SGT. PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND (Take 9 Vocals 2) 5. SGT. PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND (Take 10 Sound Effects) 6. SGT. PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND (Take 10 Guitar/French Horns) 7. WITH A LITTLE HELP FROM MY FRIENDS (Take 10 Piano/Tambourne) 8. WITH A LITTLE HELP FROM MY FRIENDS (Take 10 Guitar) 9. WITH A LITTLE HELP FROM MY FRIENDS (Take 10 Drums) 10. WITH A LITTLE HELP FROM MY FRIENDS (Take 11 Bass/Guitars) 11. WITH A LITTLE HELP FROM MY FRIENDS (Take 11 Lead Vocal/Organ) 12. WITH A LITTLE HELP FROM MY FRIENDS (Take 11 Harmonies/ Guitar/Organ) 13. WITH A LITTLE HELP FROM MY FRIENDS (Take 11 Vocals/Organ) 14. LUCY IN THE SKY WITH DIAMONDS (Take 7 Acoustic Guitar/Piano/Tamboura) 15. LUCY IN THE SKY WITH DIAMONDS (Take 7 Lowrey Organ/Acoustic Guitar) 16. LUCY IN THE SKY WITH DIAMONDS (Take 7 Drums) 17. LUCY IN THE SKY WITH DIAMONDS (Take 7 Bass/Guitar) 18. LUCY IN THE SKY WITH DIAMONDS (Take 7 Vocals) 19. LUCY IN THE SKY WITH DIAMONDS (Take 7 Backing Vocals) 20. GETTING BETTER (Take 7/12 Drums/Bass) 21. GETTING BETTER (Take 7/15 Guitar/Congas) 22. GETTING BETTER (Take 7/12/15 Pianet/Tamboura/Handclap) 23. GETTING BETTER (Take 14 Vocals) 24. FIXING A HOLE (Take 2 Drums/Bass) 25. FIXING A HOLE (Take 2 Harpsichord) 26. FIXING A HOLE (Take 2 Double-Tracked Guitar) 27. FIXING A HOLE (Take 2 Lead Vocals) 28. FIXING A HOLE (Take 2 Backing Vocals)
CD 4 :
[MULTITRACK MASTERS Part 2] 1. SHE’S LEAVING HOME (Take 1 Harp/Violins) 2. SHE’S LEAVING HOME (Take 1 Harp/Cellos) 3. SHE’S LEAVING HOME (Take 1 Orchestra) 4. SHE’S LEAVING HOME (Take 1 Vocals 1) 5. SHE’S LEAVING HOME (Take 1 Vocals 2) 6. SHE’S LEAVING HOME (Take 1 Vocal/Backing Chorus) 7. SHE’S LEAVING HOME (Take 1/3/4 Vocals 1 ) 8. SHE’S LEAVING HOME (Take 1/3/4 Vocals 2 ) 9. BEING FOR THE BENEFIT OF MR.KITE! (Take 7 Bass) 10. BEING FOR THE BENEFIT OF MR.KITE! (Take 7 Drums/Tambourne) 11. BEING FOR THE BENEFIT OF MR.KITE! (Take 7 Harmonium) 12. BEING FOR THE BENEFIT OF MR.KITE! (Take 7 Mixdown) 13. BEING FOR THE BENEFIT OF MR.KITE! (Take 7 Vocals/Organ/Glockenspiel) 14. BEING FOR THE BENEFIT OF MR.KITE! (Take 7 Extra Calliope) 15. BEING FOR THE BENEFIT OF MR.KITE! (Take 7 Anthology Mix) 16. BEING FOR THE BENEFIT OF MR.KITE! (Take 7 A nthology Edit) 17. WITHIN YOU WITHOUT YOU (Take 1 Tabra/Swarmandel) 18. WITHIN YOU WITHOUT YOU (Take 1 Tamboura) 19. WITHIN YOU WITHOUT YOU (Take 1 Dilrubas) 20. WITHIN YOU WITHOUT YOU (Take 1 Vocals/Sitar) 21. WITHIN YOU WITHOUT YOU (Take 1 Orchestra)
CD 5 :
[MULTITRACK MASTERS Part 3] 1. WHEN I’M SIXTY FOUR (Take 1 Drums/Guitar) 2. WHEN I’M SIXTY FOUR (Take 2 Piano) 3. WHEN I’M SIXTY FOUR (Take 2 Bass) 4. WHEN I’M SIXTY FOUR (Take 2 Lead Vocal) 5. WHEN I’M SIXTY FOUR (Take 2 Backing Vocals/Bell) 6. WHEN I’M SIXTY FOUR (Take 4 Clarinets) 7. LOVELY RITA (Take 8 Guitar/Piano) 8. LOVELY RITA (Take 8 Drums) 9. LOVELY RITA (Take 8 Piano) 10. LOVELY RITA (Take 9 Bass) 11. LOVELY RITA (Take 9 Lead Vocal) 12. LOVELY RITA (Take 11 Backing Vocals/Piano) 13. GOOD MORNING GOOD MORNING (Take 8 Drums) 14. GOOD MORNING GOOD MORNING (Take 8 Guitar) 15. GOOD MORNING GOOD MORNING (Take 8 Bass) 16. GOOD MORNING GOOD MORNING (Take 11 Guitar Solo) 17. GOOD MORNING GOOD MORNING (Take 8/10/11 Vocals) 18. GOOD MORNING GOOD MORNING (Take 11 Brass/Sound Effects) 19. SGT. PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND (REPRISE) (Take 9 Rhythm Tracks) 20. SGT. PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND (REPRISE) (Bass Overdub) 21. SGT. PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND (REPRISE) (Take 9 Percussion) 22. SGT. PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND (REPRISE) (Take 9 Vocals) 23. SGT. PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND (REPRISE) (Take 9 Sound Effects) 24. A DAY IN THE LIFE (Take 4 Piano/Guitar/Percussions) 25. A DAY IN THE LIFE (Take 6 drums/Bass/Instruments) 26. A DAY IN THE LIFE (Take 6 Piano/Vocals) 27. A DAY IN THE LIFE (Take 6/7 Piano/Vocals/Orchestra)
DVD :
[MULTITRACK MASTERS VIDEO COLLECTION] SGT. PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND / WITH A LITTLE HELP FROM MY FRIENDS / LUCY IN THE SKY WITH DIAMONDS / GETTING BETTER / FIXING A HOLE / SHE’S LEAVING HOME / BEING FOR THE BENEFIT OF MR.KITE! / WITHIN YOU WITHOUT YOU / WHEN I’M SIXTY FOUR / LOVELY RITA / GOOD MORNING GOOD MORNING / SGT. PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND (REPRISE) / A DAY IN THE LIFE + STRAWBERRY FIELDS FOREVER / PENNY LANE
[EXTRA VIDEO] SGT. PEPPER’S INTRO / LUCY IN THE SKY WITH DIAMONDS (Alternate) / BEING FOR THE BENEFIT OF MR.KITE (Alternate) / WITHIN YOU WITHOUT YOU (Alternate) / SGT. PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND (REPRISE) (Alternate) / A DAY IN THE LIFE (Alternate) / THE RECORDING OF “A DAY IN THE LIFE” (George Martin)
◇AUDIO OPTION : 1) Multitracks 2) Backing Tracks 3) Vocal Main Tracks HD/SD Master 16:9 NTSC LPCM Stereo time approx. 47+24min.

クイーン『エクスパンデッド・コレクターズ・エディション』第2弾は、セカンド・アルバム『クイーン II』!

mwoa02SP.jpg

◆QUEEN / QUEEN II EXPANDED EDITION (プレス2CD+1DVD) この商品はこちらから
クイーン・ファン必携の「MASTERWORKS」レーベルより、アルバム徹底研究シリーズ第2弾として、セカンド・アルバムを探究したレア音源と映像でまとめたコレクターズ・エディションが、プレス2CD+1DVD仕様にて、完全限定リリース。
[内容詳細]
クイーンのアルバム徹底研究シリーズ『エクスパンデッド・コレクターズ・エディション』のシリーズ第2弾は、初期クイーンの華麗なる美学が確立された1974年リリースの『クイーンII』。
当時『ホワイト・クイーンとブラック・クイーンの啓示』と題されたコンセプト・アルバムを、まずCDには新たにリマスターされたアルバム全曲と、貴重なシングル・バージョンやリミックス、さらにデモ音源や未発表のアウトテイクスなどを収録。
さらにDVDはオーディオ・アルバムとして、全曲リリックス映像にマルチ・オーディオ選択でリマスター・ステレオの他、5.1サラウンド・ミックスやインスト・トラックス、ヴォーカル・メイン・トラックス等をセレクトして聴き比べも可能。
またビデオ・コレクションではプロモ映像仕立てのオリジナル編集映像と、後年発掘された「輝ける7つの海」のBBC:TV出演時の未編集バージョンやプロモ映像などもまとめて収録。

[コレクターズ・ポイント]
CDのdisc:1「オリジナル・アルバム・リマスターズ」はアルバム全曲を新たなリマスターで収録。過去に世界中のファンに注目されたHDリヴィジョン・リミックスを最新アップデイトの2019年ニュー・リマスターで収録しており、2011年公式リマスターとは異なるサウンド・バランスによるアルバム再現は、ヘッドフォンで聞き比べるとその違いが顕著に。また”レア・シングルス・アンド・リミックス”では、珍しいシングル・エディット・バージョンや、マルチトラック音源からリミックスされた「輝ける7つの海」のギターやボーカル等が分解されたバージョン、さらに過去に限定リリースされたリミックス音源もまとめて収録。
そしてdisc:2には「オルタネイツ&レアリティーズ」として、オリジナルとは異なる関連音源を収録。オリジナルのレコードではホワイト・サイドとブラック・サイドで、アルバム各曲がメドレーの様にクロスフェードしていた各曲が、それぞれ分離した「スタンドアローン・ミックス」をはじめとしたリミックス音源を収録。またイギリスのクイーン・コンヴェンションにて、限定的に公開された貴重なセカンド・アルバムのスタジオ・アウトテイクも収めた、数ある音源の中からベスト・クオリティーで編集された最新リストア・バージョンにて。
さらにDVDは、まず第1弾同様オーディオ・アルバムとして全曲リアルタイムで歌詞が流れるリリックス映像に、マルチ・オーディオ選択でリマスター・ステレオの他、5.1サラウンド・ミックスやインスト・トラック、ヴォーカル・メイン・トラックスをセレクトして聴き比べ出来る4種のオーディオ・オプション仕様にて。
マニアックな聴き比べ音源検証に限らず、インスト・トラックスを再生して映像に合わせてカラオケを楽しむことや、フレディのボーカルをメインに演奏を抑えたヴォーカル・メイン・トラックスで歌やコーラスを確認できたりと、アルバム全曲を4通りの違った音源で再生可能。
またビデオ・コレクションでは「プロヴィジョナル・ビデオ(架空のプロモ・ビデオ仕立て)」として、アルバム収録曲を映像で再現。
ライブ映像や往年のファン感涙の初来日映像等をプロユース編集にて製作されたもので、さらに1974年当時デヴィッド・ボウイに代わって急遽出演したといわれるUK:BBC「トップ・オブ・ザ・ポップス」での、「輝ける7つの海」の貴重な発掘TVTV出演映像も収録。
編集によるコンプリート・バージョンのほかにも、3パターン確認されている映像素材もすべて収め、また後年制作されたプロモ映像各種も収録されており、周知のものから初登場まで関連音源と映像が一堂にまとめられており、ビギナーからコア・ファンまで今回も必携の”究極のアルバム徹底研究”シリーズ第2弾。
そしてさらに本タイトルも初回限定100セット・オンリーで、限定シリアル・ナンバー入りのオリジナル・・ポストカードを添付。
レア・フォトを用いたこちらのカードは、完全限定の証明ともなるナンバリング入りで先着100セットのみゆえ、ご希望の方はお早めに。

以上、ファン必携の『エクスパンデッド・コレクターズ・エディション』第2弾で、限定ナンバー入りをご希望の方は早期購入を。
Disc 1 :
[ORIGINAL ALBUM REMASTERS] 1. PROCESSION 2. FATHER TO SON 3. WHITE QUEEN (AS IT BEGAN) 4. SOME DAY ONE DAY 5. THE LOSER IN THE END 6. OGRE BATTLE 7. THE FAIRY FELLER’S MASTER-STROKE 8. NEVERMORE 9. THE MARCH OF THE BLACK QUEEN 10. FUNNY HOW LOVE IS 11. SEVEN SEAS OF RHYE
[RARE SINGLES AND REMIXES] 12. SEE WHAT A FOOL I’VE BEEN (Single) 13. FATHER TO SON (Standalone No Fade Version) 14. WHITE QUEEN (AS IT BEGAN) (German Edit Version) 15. SEVEN SEAS OF RHYE (Multitrack Remix) 16. SEVEN SEAS OF RHYE (Guitar Track) 17. SEVEN SEAS OF RHYE (Rhythm Track + Vocal Track) 18. OGRE BATTLE (Nicholas Sansano Remix) 19. SEVEN SEAS OF RHYE (Freddy Bastone Remix)
Disc 2 :
[ALTERNATES AND RARITIES] 1. PROCESSION (Standalone Mix) 2. FATHER TO SON (Standalone Mix) 3. WHITE QUEEN (AS IT BEGAN) (Standalone Mix) 4. SOME DAY ONE DAY (Instrumental) 5. THE LOSER IN THE END (Instrumental) 6. OGRE BATTLE (Standalone Mix) 7. THE FAIRY FELLER’S MASTER-STROKE (Standalone Mix) 8. NEVERMORE (Standalone Mix) 9. THE MARCH OF THE BLACK QUEEN (Standalone Mix) 10. FUNNY HOW LOVE IS (Standalone Mix) 11. SEVEN SEAS OF RHYE (Remix) 12. OGRE BATTLE (Alternate Intro Version) 13. NEVERMORE (Early Takes) 14. THE MARCH OF THE BLACK QUEEN (Takes 3-5) 15. FUNNY HOW LOVE IS (Takes 1-5) 16. SEVEN SEAS OF RHYE (Instrumental) 17. SEVEN SEAS OF RHYE (Extended Remix)
DVD :
[MULTIPLE SELECTIONS AUDIO ALBUM] PROCESSION / ATHER TO SON / WHITE QUEEN (AS IT BEGAN) / SOME DAY ONE DAY / THE LOSER IN THE END / OGRE BATTLE / THE FAIRY FELLER’S MASTER-STROKE / NEVERMORE / THE MARCH OF THE BLACK QUEEN / FUNNY HOW LOVE IS / SEVEN SEAS OF RHYE
◇Multiple Selections Audio : 1) Remaster Stereo 2) Dolby Digital 5.1 Surround 3) Instrumental Karaoke Tracks 4) Vocal Main Tracks
[VIDEO COLLECTION (PROVISIONAL VIDEO)] PROCESSION / FATHER TO SON / WHITE QUEEN (AS IT BEGAN) / SOME DAY ONE DAY / OGRE BATTLE / THE MARCH OF THE BLACK QUEEN / SEVEN SEAS OF RHYE + SEVEN SEAS OF RHYE (Top Of The Pops TV 1) / SEVEN SEAS OF RHYE (Top Of The Pops TV 2) / SEVEN SEAS OF RHYE (Top Of The Pops TV 3) / SEVEN SEAS OF RHYE (Karaoke Version) / SEVEN SEAS OF RHYE (Greatest Hits Version) / SEVEN SEAS OF RHYE (Rocks Version) / SEVEN SEAS OF RHYE (Extended Version)
* NTSC 16:9 (4:3) Dolby Digital Stereo time approx.41+48min.

U2来日記念としての2006年『VERTIGO//2006 JAPAN』の限定ボックスが登場!

evsd1166sample.jpg

◆U2 / 忘れえぬ窓の空 : WINDOWS IN THE TOKYO SKY (6CD BOX) この商品はこちらから
名門エンプレス・バレイより、U2の2006年『VERTIGO//2006 JAPAN』ツアーにおける3公演を、ハイクオリティー・オーディエンス・マスターからコンプリート収録したボックス・セットが、限定200セット(帯付きボックスに各3公演が紙ジャケットに収納)の豪華ボックス仕様にてここに。
まず11月29&30日そして12月4日とさいたまスーパーアリーナでの3daysを完全収録したこの音源は、当時数ある「ヴァーティゴ・ツアー」関連でもベストと言われたNEW TATTOレーベルのDATマスター音源が大元で、さらに今回最新のプロフェッショナル・マスタリングを施したことで、現在のIEMレコーディングと遜色ないサウンド・クオリティーにて全公演を収録。
そして同長期ツアーの中でここ日本はその最終レグとなり、往年の名曲もたっぷりと演奏しつつ、レアなレパートリーも挿入したセットが今では新鮮で、特に前半に固められた『HOW TO DISMANTLE AN ATOMIC BOMB』や『ALL THAT YOU CAN’T LEAVE BEHIND』のナンバーはもちろん、その中でもリリースしたばかりの『U218 SINGLES』からの新曲として、初日は当時まだ発売前で未発表だった「Window In The Skies」、さらに「The Saints Are Coming」などが披露されており、これらはこの日を含めて10回前後しか演奏されていないレア・ナンバーで、ラストを飾るのは「One Tree Hill」というのも貴重。
また最終日の12月4日は、同時期に来日中だったクラプトンが会場に来ていたこともあり、”Beautiful Day”に”Presence Of The Lord”を挿入したり、”Vertigo”では”Sunshine Of Your Love”を入れたりとサービス精神も最高で、ほかにも最終日のみ再度リプライズされた”Vertigo”にオーディエンスも大熱狂でエンドとなるところは感動的。
なお3日間結局同じセットの日はなく、それぞれに聞きどころを設けており、連日通ったファンも納得の3夜の模様を、2019年再来日を祝して完全限定ボックスにて。
ちなみに芸者ガールズが登場した激レア・ミニ・ポスターも封入し、またボックスに使用されているた写真は全て、同日の日本公演のものという装丁も素晴らしい完成度にて。
Disc 1 : 01. SE 02. OPENING WAKE UP 03. CITY OF BLINDING LIGHTS 04. VERTIGO 05. ELEVATION 06. I WILL FOLLOW 07. I STILL HAVEN’T FOUND WHAT I’M LOKKING FOR 08. BEAUTIFUL DAY 09. WINDOW IN THE SKIES 10. WALK ON 11. SOMETIMES YOU CAN’T MAKE IT ON YOUR OWN 12. BAD 13. SUNDAY BLOODY SUNDAY 14. BULLET THE BLUE SKY
Disc 2 : 01. MISS SARAJEVO 02. PRIDE (IN THE NAME OF LOVE) 03. WHERE THE STREETS HAVE NO NAME 04. INTRODUCTION 05. ONE 06. THE FLY 07. MYSTERIOUS WAYS 08. WITH OR WITHOUT YOU 09. THE SAINTS ARE COMING 10. ANGEL OF HARLEM 11. ONE TREE HILL 12. CLOSING
[Recorded live at Saitama Super Arena, Saitama, Japan : 29th November 2006]
Disc 3 : 01. SE 02. OPENING WAKE UP 03. CITY OF BLINDING LIGHTS 04. VERTIGO 05. ELEVATION 06. UNTILTHE END OF THE WORLD 07. NEW YEARS DAY 08. BEAUTIFUL DAY 09. ANGEL OF HARLEM 10. THE FIRST TIME 11. SOMETIMES YOU CAN’T MAKE IT ON YOUR OWN 12. ONE TREE HILL 13. SUNDAY BLOODY SUNDAY 14. BULLET THE BLUE SKY
Disc 4 : 01. MISS SARAJEVO 02. PRIDE (IN THE NAME OF LOVE) 03. WHERE THE STREETS HAVE NO NAME 04. INTRODUCTION 05. ONE 06. THE FLY 07. MYSTERIOUS WAYS 08. WITH OR WITHOUT YOU 09. WINDOW IN THE SKIES 10. DESIRE 11. ALL I WANT IS YOU 12. CLOSING
[Recorded live at Saitama Super Arena, Saitama, Japan : 30th November 2006]
Disc 5 : 01. SE 02. OPENING WAKE UP 03. CITY OF BLINDING LIGHTS 04. VERTIGO 05. ELEVATION 06. OUT OF CONTROL 07. I STILL HAVEN’T FOUND I’M LOOKING FOR 08. BEAUTIFUL DAY 09. ANGEL OF HARLEM 10. THE FIRST TIME 11. SOMETIMES YOU CAN’T MAKE IT ON YOUR OWN 12. BAD 13. SUNDAY BLOODY SUNDAY 14. BULLET THE BLUE SKY
Disc 6 : 01. MISS SARAJEVO 02. PRIDE (IN THE NAME OF LOVE) 03. WHERE THE STREETS HAVE NO NAME 04. INTRODUCTION 05. ONE 06. THE FLY 07. MYSTERIOUS WAYS 08. WITH OR WITHOUT YOU 09. THE SAINTS ARE COMING 10. WINDOW IN THE SKIES 11. VERTIGO 12. CLOSING
[Recorded live at Saitama Super Arena, Saitama, Japan : 4th December 2006]

GENERATION AXE、2019年来日の大阪公演!

sha1126ga.jpg

◆ GENERATION AXE / OSAKA 2019 (3CDR) この商品はこちらから
2年ぶりの来日となる現代ギター・ジャイアンツの競演プロジェクトGENERATION AXEの、2019年ジャパン・ツアーから2公演目となる11月26日大阪Zepp Nambaでのライブを、3時間19分にわたり、サウンドボード・レベルのハイクオリティー・デジタル・オーディエンス・レコーディングにてコンプリート収録。
まず現在最高峰クオリティーのハイエンド録音機器による録音であり、しかもライブハウスならではの距離感は全編リアルな臨場感に溢れ、またギター・サウンドをバランス良く捉えているのもポイント。
そして基本的に基本的な構成や登場順は2年前とほぼ同じで、おおまかなショーの構成・進行は下記の通り。
オープニング5人による「Hocus Pocus」 ⇒ トーシン・アバシ(3曲) ⇒ トーシン&ヌーノ「Physical Education」 ⇒ ヌーノ・ベッテンコート(3曲) ⇒ ヌーノ&ザック「Sideways」 ⇒ ザック・ワイルド(3曲) ⇒ ザック&ヌーノ&ヴァイ「Still Got the Blues」⇒ スティーヴ・ヴァイ(3曲) ⇒ イングヴェイ・マルムスティーン(8曲) ⇒ イングヴェイ+ヴァイ「Black Star」 ⇒ イングヴェイ以外4人の「Frankenstein」 ⇒ エンディング:5人による「Bohemian Rhapsody/Burn」
以上、前回とほぼ同様の進行・構成の中で、アバシは「CAFO」、ザックは「Into the Void」と「War Pigs」、ヴァイも「There’s a Fire in the House」と「The Animal」、さらにイングヴェイも「Top Down, Foot Down」や「From a Thousand Cuts」などは今回初披露のレパートリーにて。
さらに共演パートは総入替えされており、オープニングはフォーカスの「Hocus Pocus」、そしてアンコールでも「Bohemian Rhapsody」や「Burn」を披露しており、特に「Bohemian Rhapsody」は、あのコーラス・パートにおいて5人がさまざまなパートを受け持ち、あの重厚世界を再現しており、シンプルなフレーズもハモりでブライアン・メイのオーケストレーションを、また複雑極まるコーラス・ハーモニーに至るまで完全再現するという凝りよう。
このようにそのすべてが圧巻かつ超絶技巧にまみれたパフォーマンスは、全ギター・ファン必携の来日限定コレクターズ・エディション。
Disc 1 : 1. Intro (Steve Vai, Zakk Wylde, Yngwie Malmsteen, Nuno Bettencourt, Tosin Abasi) 2. Hocus Pocus (Tosin Abasi) 3. Tempting Time 4. The Woven Web 5. CAFO (Tosin Abasi & Nuno Bettencourt) 6. Physical Education (Nuno Bettencourt) 7. Get the Funk Out 8. Midnight Express 9. Extreme Medley
Disc 2 : (Nuno Bettencourt & Zakk Wylde) 1. Sideways (Zakk Wylde) 2. N.I.B. 3. Into the Void 4. War Pigs (Zakk Wylde, Nuno Bettencourt & Steve Vai) 5 Still Got the Blues (Steve Vai) 6. There’s a Fire in the House 7. The Animal 8. Tender Surrender
Disc 3 : (Yngwie Malmsteen) 1. Top Down, Foot Down 2. Into Valhalla / Baroque & Roll 3. Overture / From a Thousand Cuts / Arpeggios from Hell 4. Badiniere / Concerto #4 / Adagio 5. Far Beyond the Sun 6. Trilogy Suite Op: 5 7. Fugue / Cadenza #3 / Echo 8. Acoustic Cadenza (Yngwie Malmsteen & Steve Vai) 9. Black Star (Steve Vai, Zakk Wylde, Nuno Bettencourt, Tosin Abasi) 10. Frankenstein (Steve Vai, Zakk Wylde, Yngwie Malmsteen, Nuno Bettencourt, Tosin Abasi) 11. Bohemian Rhapsody 12. Burn
[Live at Zepp Namba, Osaka, Japan 26th November 2019]