Skip to content

月: 2020年4月

エンプレス・バレイより、フロイド1975年の名ライブが豪華仕様にて登場!

evsd1269pf.jpg

◆ PINK FLOYD / CRAZY DIAMOND :狂ったダイアモンドは砕けない (プレス3CD) この商品はこちらから
名門エンプレス・バレイより、フロイドの1975年『炎』USツアーにおける4月26日ロサンゼルス公演を、あのマイク・ミラード・テープからコンプリート収録したタイトルが、完全限定100セットの豪華コーティング・ジャケット仕様にて。
1975年、アルバム「炎」リリースに伴うUSツアー・1stレグ より、5回連続公演となったロサンジェルスのLAスポーツ・アリーナ公演における4日目、4月26日のショーを、あの名テーパー、マイク・ミラード・テープよりベスト・クオリティー・オーディエンスにてコンプリート収録。
ストーンズやゼップの70年代のコンサートにおいて、数々の名録音を残してきたこの伝説のテーパーの音源クオリティーの素晴らしさは既に周知の中、オリジナル・マスターからのソースはなかなか流通していなかったのが現状。そのような中で、本タイトルは近年ネット等で存在が知られるようになった「ミラード・ロスト・テープ」シリーズからのオリジナル・マスター・テープを使用したもので、70年代のオーディエンス録音とは信じがたいサウンドボード・レベルのクオリティーは、数あるミラード・テープの中でもトップ・クラスと言えるもの。
またサウンド面においても前日や翌最終日の音源と比較して、バランスの不安定なところや、こもった箇所もなく、重低音の響きから高音の抜けの良さまで、イコライジングの必要もない自然なクリアーなサウンドで、この一夜をそのまま再現。まずオープニングはこの夜もこのツアーで一番の話題となった「アニマルズ」のプロトタイプであり、原型となった未発表曲”Raving And Drooling”でスタート。そして続いても「アニマルズ」に収録される”Dogs”のアーリー・ヴァージョンと云われている”You Got To Be Crazy”と2曲をプレビュー・プレイ。そしてその後は「炎」から”Shine On You Crazy Diamond”を軸とし、アルバムの流れを網羅。
そして第2部と云える「狂気」完全再現においては、このUSツアーの中でもベスト・パフォーマンスのひとつと称されるだけあり、55分にわたりこれまで以上に緻密かつ、繊細なアプローチで全曲をアルバム以上に緊張感の高いテンションでプレイ。そしておなじみ”Echoes”で締めるというもので、セットリスト的には「狂気」「炎」そして「アニマルズ」のメインを取り上げた、この1975年ツアーがベストというファンが多いのも頷ける内容。伝説のテーパーのオリジナル音源を、ここに完全再現したファン必聴のトータル2時間24分に及ぶマスト・アイテム。
*なおオーロラ・コーティングによる、鏡面ミラーのようなジャケットに加えて、蛍光ネオン・グリーン特色帯、EVSDホログラム・ブラック・ステッカー、そして「炎」ハイプ・ステッカーも付属した100セット限定リリースゆえ、ご希望の方はお早めに。
Disc 1 : 01. Mike Test 02. Intro. 03. Raving And Drooling 04. You Gotta Be Crazy 05. Shine On You Crazy Diamond Part 1-5 06. Have A Cigar 07. Shine On You Crazy Diamond Part 6-9
Disc 2 : (The Dark Side Of The Moon 01. Speak To Me 02. Breathe 03. On The Run 04. Time 05. Breathe(Reprise) 06. The Great Gig In The Sky 07. Money 08. Us And Them 09. Any Colour You Like 10. Brain Damage 11. Eclipse
Disc 3 : 01. Audience 02. Echoes
[Live at Los Angeles Memorial Sports Arena, Los Angeles, CA, USA 26th April 1975]

エンプレス・バレイより、フロイド1972年の名ライブが限定セットにて登場!

evsd1272pf.jpg

◆ PINK FLOYD / THE DARK SIDE OF THE LUNATICS :とある狂人の深遠なる闇 (プレス8CD SET) この商品はこちらから
名門エンプレス・バレイより、フロイドの1972年「未完成狂気」UKツアーから4夜連続で行われた、ロンドンのレインボー・シアター公演のすべてを、ベスト・クオリティーで完全収録したタイトルが、完全限定100セットの豪華ボックス仕様にて。
1972年1月20日から約1ヶ月にわたる「未完成狂気」UKツアーのうち、終盤の2月17日から4日間にわたりロンドンのレインボー・シアターで行われた連続公演は、いずれもリリース前の『狂気』のプロト・タイプを聞くことができ、特に最終日の2月20日はアナログ時代から「THE BEST OF TOUR 72」のタイトルなどで知られてきた名音源で、そのあまりのクオリティーの高さに、当時はFM放送からのサウンドボード音源などと言われてきたほど。
そして今回のこのボックスではその最終日も含め、先の3公演もすべてベスト・クオリティーのオーディエンス・マスターからほぼコンプリート収録でコンパイルしており、20日以外の公演はこれまであまり流通しておらず、もちろん全公演ライブの前半パートで『狂気』を再現。
そしていずれも最低限のデジタル・リマスタリングや、ピッチと音量調整と周期的に生じるプチノイズ除去なども施されており、『狂気』がまだ完成する前のライブ・トラックゆえ、日によって少しアレンジが変えられていたり、セット内容も日々違うところも要チェックの、ファン必携の限定コレクターズ・エディション。
*なお100セット限定リリースゆえ、ご希望の方はお早めに。
Disc 1 : 01. Speak To Me 02. Breathe 03. On The Run 04. Time 05. Breathe (Reprise) 06. The Great Gig in the Sky 07. Money 08. Us And Them 09. Any Colour You Like 10. Brain Damage 11. Eclipse
Disc 2 : 01. Tuning 02. One Of These Days 03. Tuning 04. Careful With That Axe, Eugene 05. Tuning 06. Echoes 07. Tuning 08. Set The Controls For The Heart Of The Sun
[at Rainbow Theatre, London, UK 17th February 1972]
Disc 3 : 01. Speak To Me 02. Breathe 03. On The Run 04. Time 05. Breathe (Reprise) 06. The Great Gig in the Sky 07. Money 08. Us And Them 09. Any Colour You Like 10. Brain Damage 11. Eclipse 12. Tuning 13. One Of These Days 14. Careful With That Axe, Eugene
Disc 4 : 01. Echoes 02. Tuning 03. A Saucerful Of Secrets 04. Tuning 05. Blues 06. Tuning 07. Set The Controls For The Heart Of The Sun
[at Rainbow Theatre, London, UK 18th February 1972]
Disc 5 : 01. Breathe 02. On The Run 03. Time 04. Breathe (Reprise) 05. The Great Gig in the Sky 06. Money 07. Us And Them 08. Any Colour You Like 09. Brain Damage 10. Eclipse 11. One Of These Days 12. Careful With That Axe, Eugene
Disc 6 : 01. Echoes 02. A Saucerful Of Secrets 03. Blues 04. Set The Controls For The Heart Of The Sun
[at Rainbow Theatre, London, UK 19th February 1972]
Disc 7 : 01. Speak To Me 02. Breathe 03. On The Run 04. Time 05. Breathe (Reprise) 06. The Great Gig in the Sky 07. Money 08. Us And Them 09. Any Colour You Like 10. Brain Damage 11. Eclipse 12. Tuning 13. One Of These Days 14. Tuning 15. Careful With That Axe, Eugene
Disc 8 : 01. Tuning 02. Echoes 03. Audience Requests 04. A Saucerful Of Secrets 05. Blues 06. Audience Requests
[at Rainbow Theatre, London, UK 20th February 1972]

ゼップ・ファン必携のエンプレス・バレイより、スタジオ・レア音源の集大成ボックスも限定ロー・プライスで登場!

evsdLS005z.jpg

◆ LED ZEPPELIN / EVOLUTION IS TIMING 2 : STUDIO (15CD BOX) この商品はこちらから
ゼップ・ファン必携のエンプレス・バレイより、1969年から1980年にかけてのヒストリー・ボックスVOL.2は「スタジオ」編で、全編ベスト・サウンドボード・マスターをメインにした15枚CDセットを、豪華ボックス仕様にて完全限定ロー・プライスにて。
過去にも1度リリースされるも一瞬で完売してしまった幻のアイテムが、今回も完全限定ボックス仕様にて再リリース。
内容的にはデビュー・アルバムから19679年のファイナル・リハーサルまでのレア・スタジオ音源を、全編サウンドボードにてほぼ時系列にコンパイルしたもので、初発掘などのレア音源はないものの、ライブ音源と違いゼップのアルバム作品のアウトテイクスやセッション音源というのはソースも限られており、マルチ・トラック音源も含めてそのほとんどかここに収録されているのが大きなポイント。
そして全音源サウンド・バランスからピッチ調整などすべてマスタリングされており、アルバムが違っても違和感なくトータルで聞くことができ、そして何よりもプレスCD15枚セットでこのロー・プライスというのが嬉しいところ。
しかも初回リリース盤とはジャケットも1977年ストーム・トルーパーでのロバート・プラントに変更されており、初回盤を買い逃した方、そしてビギナーにもお勧めできる限定コレクターズ・エディション。
*なお今回も数量限定リリースゆえ、ご希望の方はお早めに。
また合わせて同時リリースのレア・ライブ音源を収めた「LED ZEPPELIN / EVOLUTION IS TIMING 1 : LIVE (15CD BOX)」も、同じく少数入荷ゆえ、セットでどうぞ。

CD 01 : [Led Zeppelin I & II Sessions] 01. Babe I’m Gonna Leave You (Take 8) 02. Babe I’m Gonna Leave You (Take 9, Stopped) 03. Babe I’m Gonna Leave You (Take 9, Complete) 04. You Shook Me 05. Tribute To Bert Berns (Take 1, Stopped) 06. Tribute To Bert Berns (Take 2, Stopped) 07. Tribute To Bert Berns (Take 3, Complete) 08. Guitar/Organ Instrumentals (Take 1) 09. Guitar/Organ Instrumentals (Take 2) 10. Guitar/Organ Instrumentals (Take 3) 11. Guitar/Organ Instrumentals (Take 4) 12. Guitar/Organ Instrumentals (Take 5) 13. Guitar/Organ Instrumentals (Take 6) 14. Guitar/Organ Instrumentals (Take 7) 15. Moby Dick (Intro & Outro) 16. Drum Solo 17. Sugar Mama 18. We’re Gonna Groove
CD 02 : [Led Zeppelin II Multitracks Mixdown] 01. Whole Lotta Love (Version #1) 02. Whole Lotta Love (Version #2) 03. Whole Lotta Love (Version #3) 04. Whole Lotta Love (Showcase) 05. What Is And What Should Never Be (Version #1) 06. What Is And What Should Never Be (Version #2) 07. What Is And What Should Never Be (Version #3) 08. Heartbreaker (Version #1) 09. Heartbreaker (Version #2) 10. Ramble On (Version #1) 11. Ramble On (Version #2) 12. Ramble On (Version #3) 13. Ramble On (Version #4, Fragment Only) 14. Ramble On (Version #5, Fragment Only) 15. Ramble On (Version #6)
CD 03 : [Led Zeppelin III Sessions] 01. Jennings Farm Blues (Take 1, Stopped) 02. Jennings Farm Blues (Take 2, Stopped) 03. Jennings Farm Blues (Take 3, Stopped) 04. Jennings Farm Blues (Take 4, Stopped) 05. Jennings Farm Blues (Take 5, Stopped) 06. Jennings Farm Blues (Take 6, Complete Basic Version) 07. Jennings Farm Blues (Take 7, Stopped) 08. Jennings Farm Blues (Take 8, Stopped) 09. Jennings Farm Blues (Take 9, Stopped) 10. Jennings Farm Blues (Take 10, Stopped) 11. Jennings Farm Blues (Take 11, Stopped) 12. Jennings Farm Blues (Take 12, Complete Full Mix) 13. Untitled Guitar Instrumentals
CD 04 : [Led Zeppelin III Sessions – Part 2] 01. Guitar Instrumental (Take 1) 02. Guitar Instrumental (Take 2) 03. Poor Tom (Take 1) 04. Guitar Instrumental (Take 3) 05. Guitar Instrumental (Take 4) 06. The Boy Next Door (Take 1) 07. The Boy Next Door (Take 2) 08. The Boy Next Door (Take 3) 09. The Boy Next Door (Take 4) 10. The Boy Next Door [aka That’s The Way] (Take 5) 11. My Oh My [aka Friends] (Takes 1 – 2) 12. Bron-Yr-Aur (Takes 1 – 2) 13. Guitar Instrumental (Take 5) 14. Guitar Instrumental (Take 6) 15. Guitar Instrumental (Take 7) 16. Bron-Yr-Aur (Take 3) 17. My Oh My [aka Friends] (Takes 3 – 4) 18. Bron-Yr-Aur (Take 4) 19. Poor Tom (Takes 2 – 6) 20. Hey Hey What Can I Do (Takes 1 – 2) 21. Immigrant Song 22. Bathroom Song [AKA Out On The Tiles] 23. Poor Tom (Take 1, Instrumental) 24. Poor Tom (Take 2, w/ Vocals) 25. Celebration Day (Instrumental) 26. Hey Hey What Can I Do (Instrumental) 27. Out On The Tiles (Instrumental)
CD 05 : [Led Zeppelin III & IV Sessions] 01. That’s The Way (Full Mix) 02. Feel So Bad [aka Hats Off To Roy Harper] (Takes 1 – 2) 03. Since I’ve Been Loving You (Vocal Track) 04. Since I’ve Been Loving You (Full Mix) 05. Stairway To Heaven (Take 1, Instrumental) 06. Blues Guitar / Piano Improvisation 07. Black Dog Acoustic (Take 1, Instrumental) 08. Black Dog Acoustic (Take 2, Instrumental) 09. Black Dog Electric (Rehearsal) 10. No Quarter 11. Stairway To Heaven (Take 2, Instrumental) 12. Stairway To Heaven (Take 3, Instrumental) 13. Stairway To Heaven (Take 4, Instrumental) 14. Electric Guitar Improvisation 15. Stairway To Heaven (Take 5, w/ Vocals) 16. Stairway To Heaven (Take 6, w/ Vocals) 17. Stairway To Heaven 18. Night Flight
CD 06 : [Led Zeppelin IV Sessions] 01. The Battle Of Evermore (Take 1) 02. The Battle Of Evermore (Take 2) 03. The Battle Of Evermore (Take 3) 04. The Battle Of Evermore (Take 4) 05. The Battle Of Evermore (Take 5) 06. The Battle Of Evermore (Take 6) 07. Four Sticks (Take 1, Instrumental) 08. Four Sticks (Take 2, w/ Vocals) 09. Black Dog 10. When The Levee Breaks (Take 1) 11. When The Levee Breaks (Take 2)
CD 07 : [Bombay Rehearsal & Houses Of The Holy Sessions] 01. Friends (Rehearsing The Tune) 02. Four Sticks (Take 1) 03. Friends (Take 1) 04. Friends (Take 2) 05. Friends (Take 3) 06. Four Sticks (Take 2) 07. Four Sticks (Take 3) 08. Four Sticks (Take 4) 09. Walter’s Walk (Take 1, Instrumental) 10. Walter’s Walk (Take 2, w/ Vocals) 11. Walter’s Walk (Take 3, w/ Vocals)
CD 08 : [Houses Of The Holy Sessions & Lucifer Rising] 01. No Quarter (Take 1, Instrumental – Complete) 02. No Quarter (Take 2, Stopped) 03. No Quarter (Take 3, Stopped) 04. No Quarter (Take 4, Instrumental – Complete) 05. No Quarter (Take 5, Stopped) 06. No Quarter (Take 6, Stopped) 07. No Quarter (Take 7, w/ Vocals – Complete) 08. Incubus 09. Damask 10. Unharmonics 11. Damask (Ambient Version) 12. Lucifer Rising 13. Lucifer Rising (Percussive Return)
CD 09 : [Pre-Physical Graffiti Outtakes -Part 1-] 01. Untitled Instrumental 02. Untitled Instrumental 03. Ten Years Gone (Takes 1 – 12)
CD 10 : [Pre-Physical Graffiti Outtakes -Part 2-] 01. Swan Song (aka Midnight Moonlight)
CD 11 : [Physical Graffiti Outtakes -Part 1-] 01. The Wanton Song (Take 1) 02. The Wanton Song (Take 2) 03. Take Me Home (Take 1) 04. Take Me Home (Take 2) 05. In The Morning [aka In The Light] (Take 1) 06. Trampled Underfoot (Takes 1 – 9) 07. In The Morning [aka In The Light] (Take 2) 08. Sick Again 09. The Rover 10. Untitled Instrumental 11. ABC Song 12. In My Time Of Dying (Takes 1 – 7) 13. The Wanton Song 14. Trampled Underfoot
CD 12 : [Physical Graffiti Outtakes -Part 2-] 01. Ten Years Gone (Takes 1 – 4) 02. Boogie With Stu (Takes 1 – 9) 03. Night Flight (Takes 1 – 11) 04. Trampled Underfoot 05. Kashmir 06. Custard Pie 07. In The Light 08. Swan Song [aka Midnight Moonlight] (Take 1) 09. Swan Song [aka Midnight Moonlight] (Take 2)
CD 13 : [Radio Takes, Presence Outtakes, Bonzo’s Montreux Sessions And In Through The Out Door Outtakes] 01. The Wanton Song 02. The Wanton Song 03. Royal Orleans 04. Tea For One [aka Hootchie Kootchie Version] 05. Don’t Start Me Talking – All My Lovin’ 06. Bonzo’s Montreux (Take 1) 07. Bonzo’s Montreux (Take 2) 08. Fire 09. Carouselambra (Takes 1 – 4) 10. Drum Segment 11. Carouselambra 12. Ozone Baby (Take 1) 13. Ozone Baby (Take 2) 14. All My Love 15. Wearing And Tearing 16. I’m Gonna Crawl 17. Fool In The Rain
CD 14 :[In Through The Out Door Sessions] 01. Carouselambra (Take 1) 02. Wearing And Tearing 03. Fool In The Rain (Take 1) 04. Hot Dog 05. In The Evening 06. Southbound Saurez 07. Darlene 08. Fool In The Rain (Take 2) 09. Carouselambra (Take 2) 10. All My Love
CD 15 :[ In Through The Out Door Sessions & Final Rehearsal] 01. Ozone Baby (Take 1) 02. Ozone Baby (Take 2) 03. Darlene (Take 1) 04. Darlene (Take 2) 05. Wearing And Tearing (Take 1) 06. Wearing And Tearing (Take 2) 07. White Summer (Take 1) 08. White Summer (Take 2) Medley Incl. Black Mountain Side 09. Kashmir 10. Achilles Last Stand (Take 1) 11. Achilles Last Stand (Take 2) 12. Stairway To Heaven

ゼップ・ファン必携のエンプレス・バレイより、究極のライブ音源の集大成ボックスが限定ロー・プライスで登場!

evsdLS004z.jpg

◆ LED ZEPPELIN / EVOLUTION IS TIMING 1 : LIVE (15CD BOX) この商品はこちらから
ゼップ・ファン必携のエンプレス・バレイより、1969年から1980年にかけてのヒストリー・ボックスVOL.1は「ライブ」編で、全編ベスト・サウンドボード・マスターをメインにした15枚CDセットを、豪華ボックス仕様にて完全限定ロー・プライスにて。
過去にも1度リリースされるも一瞬で完売してしまった幻のアイテムが、今回も完全限定ボックス仕様にて再リリース。
内容的にはデビュー時1969年からのサウンドボード音源によるライブ・トラックをほぼ時系列にコンパイルしたもので、初発掘などのレア音源はないものの、全音源サウンド・バランスからピッチ調整などすべてマスタリングされており、各公演年度が違っても違和感なくトータルで聞くことができ、そして何よりもプレスCD15枚セットでこのロー・プライスというのが嬉しいところ。
しかも初回リリース盤とはジャケットも1977年ストーム・トルーパーでのジミー・ペイジに変更されており、初回盤を買い逃した方、そしてビギナーにもお勧めできる限定コレクターズ・エディション。
*なお今回も数量限定リリースゆえ、ご希望の方はお早めに。
また合わせて同時リリースのスタジオ・レア音源を収めた「LED ZEPPELIN / EVOLUTION IS TIMING 2 : STUDIO (15CD BOX)」も、同じく少数入荷ゆえ、セットでどうぞ。

CD 01 : 01. Train Kept A Rollin’ (1969-08-31 Lewisvill) 02. I Can’t Quit You (1969-03-16 Copenhagen) 03. As Long As I Have You (1969-04-27 San Francisco) 04. Dazed And Confused (1969-08-31 Lewisville) 05. You Shook Me (1969-01-11 San Francisco)
CD 02 : 01. How Many More Times (1969-04-27 San Francisco) 02. I Gotta Move (1969-03-16 Copenhagen) 03. Sitting And Thinking (1969-04-27 San Francisco) 04. Babe I’m Gonna Leave You (1969-04-27 San Francisco) 05. Killing Floor (1969-04-27 San Francisco) 05. Communication Breakdown (1969-08-31 Dallas)
CD 03 : 01. Immigrant Song (1971-09-29 Osaka) 02. Heartbreaker (1971-09-29 Osaka) 03. Since I’ve Been Loving You (1971-09-29 Osaka) 04. Black Dog (1971-09-28 Osaka) 05. Dazed And Confused (1971-08-31 Orlando) 06. Stairway To Heaven (1971-09-04 Toronto) 07. That’s The Way (1971-09-04 Toronto) 08. Going To California (1971-09-04 Toronto) 09. Friends (1971-09-29 Osaka)
CD 04 : 01. Celebration Day (1971-09-04 Toronto) 02. What Is And What Should Never Be (1971-09-09 Hampton) 03. Moby Dick (1971-09-04 Toronto) 04. Whole Lotta Love (1971-08-31 Orlando) 05. Communication Breakdown (1971-09-29 Osaka) 06. Rock ‘N’ Roll (1971-09-29 Osaka) 07. Organ Solo (1971-08-31 Orlando) 08. Thank You (1971-08-31 Orlando)
CD 05 : 01. Rock n’ Roll (1973-05-18 Dallas) 02. Celebration Day (1973-05-26 Salt Lake City) 03. Black Dog (1973-07-15 Buffalo) 04. Over The Hills And far Away (1973-01-22 Southampton) 05. Georgia On My Mind (1973-05-26 Salt Lake City) 06. Misty Mountain Hop (1973-05-18 Dallas) 07. Since I’ve Been Loving You (1973-05-31 Los Angeles) 08. No Quarter (1973-05-18 Dallas) 09. Dancing Days (1973-01-22 Southampton) 10. Bron-Y-Aur Stomp (1973-01-07 Oxford)
CD 06 : 01. The Song Remains The Same (1973-07-17 Seattle) 02. The Rain Song (1973-05-19 Ft. Worth) 03. Dazed And Confused (1973-07-17 Seattle)
CD 07 : 01. Stairway To Heaven (1973-05-31 Los Angeles) 02. Heartbreaker (1973-06-02 San Francisco) 03. Whole Lotta Love (1973-06-02 San Francisco) 04. The Ocean (1973-05-28 San Diego) 05. How Many More Times (1973-01-22 Southampton) 06. Communication Breakdown (1973-01-22 Southampton)
CD 08 : 01.Rock ‘N’ Roll (1975-03-17 Seattle) 02. Sick Again (1975-03-24 Los Angeles) 03. Over The Hills And Far Away (1975-02-13 Uniondale) 04. In My Time Of Dying (1975-02-28 Baton Rouge) 05. Since I’ve Been Loving You (1975-03-21 Seattle) 06. The Song Remains The Same (1975-03-20 Vancouver) 07. The Rain Song (1975-03-24 Los Angeles) 08. Kashmir (1975-02-16 St. Louis)
CD 09 : 01. No Quarter (1975-03-21 Seattle) 02. Trampled Underfoot (1975-03-21 Seattle) 03. Dazed And Confused (1975-03-21 Seattle)
CD 10 : 01. Stairway To Heaven (1975-03-11 Long Beach) 02. Whole Lotta Love (1975-02-13 Uniondale) 03. Black Dog (1975-03-11 Long Beach) 04. Communication Breakdown (1975-02-13 Uniondale) 05. Heartbreaker (1975-02-14 Uniondale)
CD 11 : 01. The Song Remains The Same (1977-05-22 Ft. Worth) 02. Sick Again (1977-05-30 Landover) 03. Nobody’s Fault But Mine (1977-06-07 New York) 04. In My Time Of Dying (1977-06-07 New York) 05. Since I’ve Been Loving You (1977-04-27 Cleveland) 06. No Quarter (1977-05-26 Landover)
CD 12 : 01. Ten Years Gone (1977-05-25 Landover) 02. The Battle Of Evermore (1977-05-22 Ft. Worth) 03. Going To California (1977-05-30 Landover) 04. Black Country Woman (1977-05-22 Ft. Worth) 05. Bron-Y-Aur Stomp (1977-04-27 Cleveland) 06. White Summer/Black Mountainside (1977-05-25 Landover) 07. Kashmir (1977-05-21 Houston)
CD 13 : 01. Noise Solo (1977-06-23 Los Angeles) 02. Achilles Last Stand (1977-05-30 Landover) 03. Stairway To Heaven (1977-05-25 Landover) 04. Whole Lotta Love (1977-05-30 Landover) 05. Rock ‘N’ Roll (1977-05-30 Landover) 06. Trampled Underfoot (1977-04-27 Cleveland) 07. It’ll Be Me (1977-05-22 Ft. Worth)
CD 14 : 01. Train Kept A Rolling (1980-06-29 Zurich) 02. Nobody’s Fault But Mine (1980-06-23 Bremen) 03. Black Dog (1980-07-07 Berlin) 04. In The Evening (1980-06-29 Zurich) 05. The Rain Song (1980-06-24 Hannover) 06. Hot Dog (1980-06-30 Frankfurt) 07. All My Love (1980-07-07 Berlin) 08. Trampled Underfoot (1980-06-20 Brussels) 09. Since I’ve Been Loving You (1980-06-30 Frankfurt) 10. Achilles Last Stand (1980-06-21 Rotterdam)
CD 15 : 01. White Summer/Black Mountainside (1980-06-17 Dortmund) 02. Kashmir (1980-06-20 Brussels) 03. Stairway To Heaven (1980-07-07 Berlin) 04. Rock ‘N’ Roll (1980-06-21 Rotterdam) 05. Communication Breakdown (1980-07-03 Mannheim) 06. Heartbreaker (1980-06-29 Zurich) 07. Whole Lotta Love (1980-07-07 Berlin) 08. Money (1980-06-30 Frankfurt)

エンプレス・バレイより、ビートルズ『ジョン・バレット・テープ』の限定ボックスが登場!

evsdLS003b.JPG

◆ THE BEATLES / JOHN BARRETT’S ALTERNATE HISTORY (プレス4CDBOX) この商品はこちらから
名門エンプレス・バレイより、ビートルズ・ファン必携の「ジョン・バレット・テープ」のレア・ボックスのセカンド・エディションが完全限定帯付き紙ジャケット仕様&限定ナンバリング入りにて登場。
同レーベルの音源は1980年代ドイツ人のビートルズ・コレクターが所有していたオリジナル・マスター・テープを、そのままダイレクトCD化し最高クオリティーによる4枚組セットで一度リリースされるも、そのファースト・プレスは一瞬で完売したため、今回アンコール・プレスということで、限定セカンド・エディションとして登場。
まずそもそもジョン・バレットとは、60年代後半からアビーロード・スタジオのエンジニアとして長く従事しており、「ジ・インナーライト」のバランス・エンジニアを務めるなど、ビートルズのメンバーとも一緒に仕事をしていた人物。そして彼が1980年、癌であることが判明し、治療に専念するためレコーディング現場を離れることに。しかし、治療以外は病床で暇を持て余すバレットに、アビーロード総支配人のケンタウンゼントが思案し、アビーロード・スタジオのビートルズのテープ・ライブラリーの記録を作ってもらうことを提案。
そこでバレットはスタジオの倉庫にある、ビートルズの全マスター・テープに耳を通し、その詳細を記録し、この記録は、その後のビートルズ研究において重要な叩き台となることに。
なおその成果として、まず1982年12月にリリースされたEMIのシングル・コレクション・ボックスで、各トラックの録音日が初めて明記されることに。また1983年にはアビーロード・スタジオが改装され、その際に公開された「ビートルズ・アット・アビーロード」、リリース直前でお蔵入りとなった未発表アルバム「セッションズ」、そしてマーク・ルイソンが著した「レコーディング・セッション」など、ジョンバレットの綿密な調査と記録から派生した様々なプロジェクトがスタート。 そしてこれらの過程において、バレットが自らマスターよりコピーしたのが、いわゆる今日に伝わる「ジョンバレット・テープ」と呼ばれるもの。
なお本人は1984年に死去しており、残されたテープは、ビートルズの全時代に渡る音源が収録されている中、ここで使用されているソースは前述の通り、80年代に最も早く流出したものをコア・マニアのドイツ人が入手し、そのあまりの鮮度の高さにおいて、後リリース音源とは違い、イコライジングや編集などの一切の手を加えておらず、リアル&レアなサウンドで、貴重な音源を満喫できる逸品。
さらにはあのウィテカー氏のブッチャー・カバー・ジャケのアウトテイク写真も心をくすぐるところで、以上、特にファースト・プレスを入手できなかった方には必携で、今回も数量限定のナンバリング入りアイテムゆえ、ご希望の方はお早めに。
Disc 1 : 01. FROM ME TO YOU 02. FROM ME TO YOU 03. THANK YOU GIRL 04. THANK YOU GIRL 05. ONE AFTER 909 06. SHE LOVES YOU 07. SHE LOVES YOU 08. THIS BOY 09. I’M A LOSER 10. MR. MOONLIGHT 11. WHAT YOU’RE DOING 12. THAT MEANS A LOT 13. THAT MEANS A LOT 14. THAT MEANS A LOT 15. THAT MEANS A LOT 16. THAT MEANS A LOT 17. HELP 18. NORWEGIAN WOOD 19. NORWEGIAN WOOD 20. THE WALK 21. PAPERBACK WRITER 22. RAIN 23. TOMORROW NEVER KNOWS
Disc 2 : 01. SRAWBERRY FIELDS FOREVER 02. STRAWBERRY FIELDS FOREVER 03. PENNY LANE 04. PENNY LANE 05. PENNY LANE 06. A DAY IN THE LIFE 07. HELLO GOODBYE 08. LADY MADONNA 09. HEY JUDE 10. WHAT’S THE NEW MARY JANE? 11. STEP INSIDE LOVE 12. LOS PARANOIAS 13. JAM / CAN YOU TAKE ME BACK? 14. MEDLEY : RIP IT UP / SHAKE, RATTLE AND ROBERT BLACKWELL 15. KANSAS CITY / MISS ANN / LAWDY MISS CLAWDY 16. BLUE SUEDE SHOES 17. CANNONBALL / NOT FADE AWAY / HEY LITTLE GIRL / BO DIDDLY 18. BECAUSE
Disc 3 : 01. LEAVE MY KITTEN ALONE 02. LEAVE MY KITTEN ALONE 03. IF YOU’VE GOT TROUBLES 04. IF YOU’VE GOT TROUBLES 05. I’M LOOKING THROUGH YOU 06. I’M LOOKING THROUGH YOU 07. ONE AFTER 909 08. ONE AFTER 909 09. THAT MEANS A LOT 10. THAT MEANS A LOT 11. BESAME MUCHO 12. BESAME MUCHO 13. COME AND GET IT 14. COME AND GET IT 15. NOT GUILTY 16. NOT GUILTY 17. WHAT’S THE NEW MARY JANE 18. WHAT’S THE NEW MARY JANE 19. WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS 20. WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS 21. OB-LA-DI, OB-LA-DA 22. OB-LA-DI, OB-LA-DA
Disc 4 : 01. HOW DO YOU DO IT? 02. HOW DO YOU DO IT? 03. MAILMAN BRING ME NO MORE BLUES 04. MAILMAN BRING ME NO MORE BLUES 05. CHRISTMAS TIME IS HERE AGAIN 06. A HARD DAYS NIGHT 07. SHE’S A WOMAN 08. 12 BAR ORIGINAL 09. NORWEGIAN WOOD 10. I’M LOOKING THROUGH YOU 11. THE BEATLES CHRISTMAS RECORD 12. ANOTHER BEATLES CHRISTMAS RECORD 13. THE BEATLES THIRD CHRISTMAS RECORD 14. THE BEATLES FOURTH CHRISTMAS RECORD 15. CHRISTMAS TIME IS HERE AGAIN 16. THE BEATLES 1968 CHRISTMAS RECORD 17. THE BEATLES SEVENTH CHRISTMAS RECORD

ビートルズ・ファン必携のSGTレーベルより『レイター・イヤーズ』マルチ・トラック・マスターズも登場!

sgtmm05sp.jpg

◆ THE BEATLES / THE LATER YEARS ARCHIVE: MULTITRACK MASTERS (プレス5CD+1DVD) この商品はこちらから
ビートルズ・ファン必携のSGT.レーベルより、各アルバムのレコーディング・セッションから、マルチ・トラック音源を元にアルバム全曲を徹底解剖した「マルチトラック・マスターズ」が初登場。そしてその第5弾は1967年から1969年にかけての後期レコーディング・セッションからのマルチ・トラックで、最新リミックスと初登場トラック別セパレート音源、さらにはDVD映像も収録。
本タイトルはアルバムのスタジオ・マスター・リールを直接聴いているような興奮と感動を呼び起こすマルチトラックの音源集大成で、全編最長バージョンにて2020年最新リミックスとインスト・アルバムに加えて、全曲トラック分離したセパレート音源を完全網羅。さらに今回も初登場の「ROCKBAND」映像2バージョン収録のDVDもプラス。
[内容詳細]
これまでのアルバム単位ではなく、今回の『レイター・イヤーズ・アーカイブ』は、前タイトル『アーリー・イヤーズ・アーカイブ』同様、アルバムには未収録となっている「ROCKBAND」からのマルチ・トラック音源を、1967年から69年にかけて全15曲を時系列に収録。
「愛こそはすべて」から『ホワイト・アルバム』の「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」や「ヘルター・スケルター」、そして「ゲット・バック」までのセレクションとなっており、まずCD:1には「レイター・イヤーズ・マルチトラック・リミックス」として、2020年最新リミックスによる全15曲を収録。オリジナル・ステレオや1999年リマスターとは異なるリミックスならではのバランス、またカウントインやフェイドアウト無しなどのオルタネイト・ミックスにて。
そして後半からCD:に2は全15曲の歌無しカラオケ状態のインスト・ヴァージョンを収録し、そしてCD:3以降は、「マルチトラック・マスターズ」として、アルバム全トラックを、各楽器やボーカル等のトラック別にレコーディング・セッションからのマスター音源にて収録。
これまで知られたROCKBAND音源からの収録では、聴くのも苦痛だなデジタル・クリック音だったドラムス・トラックが、リアルなドラム・サウンドにて初めて全曲収録されており、これまでの数ある「ROCKBAND」関連音源では聴くことが出来なかった初登場音源にて。また各楽器やボーカル・トラックもこれまでのマルチ・トラック音源を独自の最新リミックスにて収録。過去に聴かれたモノラル状態の音源とは異なり、ステレオでバランス修正され無音パートの解消やノイズ除去、バランス調整等、最新リストアで収録されており、過去に出回った同様の音源とは比較にならないクオリティーにて。
さらにDVDには全15曲を映像化した「ROCKBAND」映像を収録。今回も音声セレクトではマルチトラック・リミックスに加えて、バッキング・トラックだけと、ボーカル・トラックだけも切り替え選択可能のオーデイオ・オプション3種を収録しており、さらに全曲映像編集の異なるオルタネイト・バージョンも合わせて収録。
全曲イントロやエンディングのシークエンスも長く収録されており、すべての映像でアングルやカット編集が異なるバージョン違いも収めており、今回この2バージョンが全曲収録されているのも初登場ゆえ注目。
さらに初回限定100セット・オンリーで、限定シリアル・ナンバー入りのオリジナル・デザイン・スペシャル・ポストカードを添付。
こちらは完全限定の証明となるナンバリング入りで先着100セットのみゆえ、ご希望の方はお早めに。 (*なおこれまでのシリーズでもポストカード付きはすべて即完売です)
以上シリーズ第5弾『レイター・イヤーズ・アーカイブ』も、これまで同様アビイ・ロード・スタジオのマスター・リールから直接聴いているような興奮と感動を呼び起こす、マルチトラック音源と映像で完全コンパイルした、すべてファン必携のコレクターズ・エディション。
Disc 1 : [THE LATER YEARS – MULTITRACK REMIX] 1. ALL YOU NEED IS LOVE 2. HELLO GOODBYE 3. I AM THE WARLUS 4. REVOLUTION 5. BACK IN THE U.S.S.R. 6. DEAR PRUDENCE 7. WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS 8. BIRTHDAY 9. HELTER SKELTER 10. HEY BULLDOG 11. DON’T LET ME DOWN 12. DIG A PONY 13. I ME MINE 14. I’VE GOT A FEELING 15. GET BACK
[THE LATER YEARS – INSTRUMENTALS] 16. ALL YOU NEED IS LOVE 17. HELLO GOODBYE 18. I AM THE WARLUS 19. REVOLUTION 20. BACK IN THE U.S.S.R. 21. DEAR PRUDENCE 22. WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS
Disc 2 : [THE LATER YEARS – INSTRUMENTALS] 1. BIRTHDAY 2. HELTER SKELTER 3. HEY BULLDOG 4. DON’T LET ME DOWN 5. DIG A PONY 6. I ME MINE 7. I’VE GOT A FEELING 8. GET BACK
[MULTITRACK MASTERS Part 1] 9. ALL YOU NEED IS LOVE (Drums Track) 10. ALL YOU NEED IS LOVE (Bass Track) 11. ALL YOU NEED IS LOVE (Harpsicode Track) 12. ALL YOU NEED IS LOVE (Strings Track) 13. ALL YOU NEED IS LOVE (Vocal Track) 14. ALL YOU NEED IS LOVE (Vocal And Strings Raw Mix) 15. HELLO GOODBYE (Drums Track) 16. HELLO GOODBYE (Bass Track) 17. HELLO GOODBYE (Guitar And Strings Tracks) 18. HELLO GOODBYE (Vocal Track) 19. HELLO GOODBYE (Drumless Raw Mix) 20. I AM THE WARLUS (Drums Track) 21. I AM THE WARLUS (Bass Track) 22. I AM THE WARLUS (Guitar And Strings Tracks)
Disc 3 : [MULTITRACK MASTERS Part 2] 1. I AM THE WARLUS (Orchestral Tracks) 2. I AM THE WARLUS (Vocal Track) 3. REVOLUTION (Drums Track) 4. REVOLUTION (Bass Track) 5. REVOLUTION (Guitar Track 1) 6. REVOLUTION (Guitar Track 2) 7. REVOLUTION (Vocal Track) 8. BACK IN THE U.S.S.R. (Drums Track) 9. BACK IN THE U.S.S.R. (Bass Track) 10. BACK IN THE U.S.S.R. (Guitar Tracks) 11. BACK IN THE U.S.S.R. (Piano Track) 12. BACK IN THE U.S.S.R. (Vocal Track) 13. DEAR PRUDENCE (Drums Track) 14. DEAR PRUDENCE (Bass Track) 15. DEAR PRUDENCE (Tambourine and Additional Tracks) 16. DEAR PRUDENCE (Guitar Tracks) 17. DEAR PRUDENCE (Vocal Track) 18. WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS (Drums Track) 19. WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS (Bass Track) 20. WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS (Guitar Tracks) 21. WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS (Piano Track)
Disc 4 : [MULTITRACK MASTERS Part 3] 1. WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS (Vocal Track) 2. WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS (Guitarless Raw Mix) 3. BIRTHDAY (Drums Track) 4. BIRTHDAY (Bass Track) 5. BIRTHDAY (Guitar Tracks) 6. BIRTHDAY (Keyboards And Handclaps Track) 7. BIRTHDAY (Vocal Track) 8. HELTER SKELTER (Drums Track) 9. HELTER SKELTER (Bass Track) 10. HELTER SKELTER (Guitar Tracks) 11. HELTER SKELTER (Vocal Track) 12. HELTER SKELTER (Raw Mix) 13. HEY BULLDOG (Drums Track) 14. HEY BULLDOG (Bass Track) 15. HEY BULLDOG (Guitar Tracks) 16. HEY BULLDOG (Additional Tracks) 17. HEY BULLDOG (Vocal Track) 18. DON’T LET ME DOWN (Drums Track) 19. DON’T LET ME DOWN (Bass Track) 20. DON’T LET ME DOWN (Guitar Tracks) 21. DON’T LET ME DOWN (Organ Track)
Disc 5 : [MULTITRACK MASTERS Part 4] 1. DON’T LET ME DOWN (Raw Mix) 2. DON’T LET ME DOWN (Vocal Track) 3. DIG A PONY (Drums Track) 4. DIG A PONY (Bass Track) 5. DIG A PONY (Guitar Tracks) 6. DIG A PONY (Organ Track) 7. DIG A PONY (Vocal Track) 8. I ME MINE (Drums Track / Bass Track) 9. I ME MINE (Guitar Track) 10. I ME MINE (Organ Tracks) 11. I ME MINE (Vocal Track / Raw Track) 12. I’VE GOT A FEELING (Drums Track) 13. I’VE GOT A FEELING (Bass Track) 14. I’VE GOT A FEELING (Guitar Tracks) 15. I’VE GOT A FEELING (Vocal Track) 16. GET BACK (Drums Track) 17. GET BACK (Bass Track) 18. GET BACK (Guitar Tracks) 19. GET BACK (Piano Track) 20. GET BACK (Vocal Track) 21. GET BACK (Alternate Raw Mix)
DVD : 16:9 NTSC Dolby Digital Stereo time approx. 53+55=108min.
ALL YOU NEED IS LOVE / HELLO GOODBYE / I AM THE WARLUS / REVOLUTION / BACK IN THE U.S.S.R. / DEAR PRUDENCE / WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS / BIRTHDAY / HELTER SKELTER / HEY BULLDOG / DON’T LET ME DOWN / DIG A PONY / I ME MINE / I’VE GOT A FEELING / GET BACK
[THE LATER YEARS – ROCKBAND VIDEO COLLECTION : 1) Multitrack Remix 2) Backing Tracks 3) Vocal Main Tracks]
ALL YOU NEED IS LOVE / HELLO GOODBYE / I AM THE WARLUS / REVOLUTION / BACK IN THE U.S.S.R. / DEAR PRUDENCE / WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS / BIRTHDAY / HELTER SKELTER / HEY BULLDOG / DON’T LET ME DOWN / DIG A PONY / I ME MINE / I’VE GOT A FEELING / GET BACK
[THE LATER YEARS – ROCKBAND VIDEO COLLECTION : ALTERNATE VERSION]

プリンスのアーカイブ・シリーズから1986年「パレード」ツアーのパリ公演を、ベスト・クオリティーの音と映像で!

pga065sp.jpg

◆PRINCE / LE ZENITH PARIS 1986 (プレス2CD+1DVD) この商品はこちらから
プリンスのアーカイブ・シリーズから、1986年「パレード」ユーロ・ツアーでの8月26日フランス、パリ公演を、初登場のリアル・ステレオ・マスター音源と、最新リストアされたプロショット映像をカップリングしたタイイトルが、限定ロー・プライス、プレス2CD+1DVD仕様にて。
そのクオリティーとこだわりの制作によるアーカイブ・コレクションから、今回は「パレード」リリース後の1986年ヨーロッパ・ツアーより、過去より有名な8月26日パリのゼニット公演を完全網羅したもので、まずCDにはベスト・クオリティーのステレオ・サウンドボード音源と、一部未収録だったパートは良好オーディエンス・ソースを補填し、今回初のオリジナル編集による全曲コンプリートにて収録。
なおこの公演から次作『サイン・オブ・ザ・タイムス』に「イッツ・ゴナ・ビー・ア・ビューティフル・ナイト」が採用されたことでも知られるように、非常にクオリティーの高い演奏とパフォーマンスによる一夜を完全再現。さらにこの時期の貴重なサウンドボード音源として、不完全ながら一部ロッテルダム公演も含めた8月31日のドイツ、ハンブルグ公演も追加収録。
とにかく、『アラウンド・ザ・ワールド・イン・ア・デイ』『パレード』と傑作アルバムを続々リリースし、映画でも『パープル・レイン』に続き『アンダー・ザ・チェリー・ムーン』も公開され、世界中から注目される中で行われたこのツアーは、ザ・レヴォリューションとの最後のツアーであるところも要チェック。
さらに映像DVDには、現存するプロショット映像にてこのパリ公演と8月17日のオランダ、ロッテルダム公演も、トータル33分にわたりベスト・クオリティーにて収録。
時間的には短いハイライト収録ながらも、マルチカメラのプロショット映像として貴重なライブ映像で、同じツアーでもストックホルム公演と比較すると、ド迫力のアップクローズも多数ある編集で、「パレード・ツアー」の現存するライブ映像として必見のうえに、この映像とCD音声においていずれも2020年最新のデジタル・リマスタリングも施されており、やはり今回もファン必携の限定コレクターズ・エディション。
Disc 1 : 1. AROUND THE WORLD IN A DAY 2. CHRISTOPHER TRACY’S PARADE 3. NEW POSITION 4. I WONDER U 5. RASPBERRY BERET 6. DELIRIOUS 7. CONTROVERSY 8. A LOVE BIZARRE 9. DO ME BABY 10. HOW MUCH IS THAT DOGGY IN THE WINDOW? 11. AUTOMATIC 12. D.M.S.R. 13. WHEN DOVES CRY 14. UNDER THE CHERRY MOON 15. ANOTHERLOVERHOLENYOHEAD 16. 17 DAYS 17. HEAD
Disc 2 : 1. POP LIFE 2. GIRLS & BOYS 3. LIFE CAN BE SO NICE 4. 1999 5. IT’S GONNA BE A BEAUTIFUL NIGHT 6. MOUNTAINS 7. KISS 8. PURPLE RAIN
[Live at Le Zenith, Paris, France August 25th 1986 : Soundboard Recordings (Track 6/7/8=Audience Recordings)]
9. OPENING (Rotterdam) 10. AROUND THE WORLD IN A DAY (Rotterdam) 11. CHRISTOPHER TRACY’S PARADE (Rotterdam/Hamburg) 12. NEW POSITION (Hamburg) 13. I WONDER U (Hamburg) 14. RASPBERRY BERET (Hamburg) 15. DELIRIOUS (Hamburg) 16. CONTROVERSY (Hamburg) 17. A LOVE BIZARRE (Hamburg)
[Live at Ahoy, Rotterdam, The Netherlands August 17th 1986 : Soundboard Recordings / at Alsterdorfer Sporthalle, Hamburg, Germany August 31th 1986 : Soundboard Recordings]
DVD : 1. OPENING 2. AROUND THE WORLD IN A DAY 3. CHRISTOPHER TRACY’S PARADE 4. NEW POSITION 5. I WONDER U 6. RASPBERRY BERET
[Live at Le Zenith, Paris, France August 25th 1986]
1. OPENING 2. AROUND THE WORLD IN A DAY 3. CHRISTOPHER TRACY’S PARADE 4. NEW POSITION 5. DELIRIOUS 6. CONTROVERSY 7. A LOVE BIZARRE
[Live at Ahoy, Rotterdam, The Netherlands August 17th 1986]
◇NTSC 16:9 Wide Screen – LPCM Stereo Remaster : time approx. 33min.
Prince (vox, guitar, keyboard), Bobby Z. (drums), Brown Mark (bass, vox), Wendy Melvoin (guitar, vox, steel drums), Lisa Coleman (keyboards, vox), Dr. Fink (keyboards), Miko Weaver (guitar), Eric Leeds (saxophone, flute), Atlanta Bliss (trumpet), Jerome Benton (dance, vox), Wally Safford (dance, vox), Greg Brooks (dance, vox)

プリンスのアーカイブ・シリーズから1986年「パレード」ツアーのロンドン、・ウェンブレー・アリーナ公演を、ベスト・クオリティー・サウンドで!

pga063sp.jpg

◆PRINCE / HOT AUGUST NIGHTS : WEMBLEY LONDON 1986 (プレス2CD) この商品はこちらから
プリンスのアーカイブ・シリーズから、1986年「パレード」ユーロ・ツアーでの8月12日から3夜連続公演となったロンドン、・ウェンブレー・アリーナ公演を、ベスト・クオリティーでコンパイルしたタイイトルが、限定ロー・プライス、プレス2CDにて。
そのクオリティーとこだわりの制作によるアーカイブ・コレクションから、今回は「パレード」リリース後の1986年ヨーロッパ・ツアーより、そのツアーの幕開けとなった、8月12日から14日の3日間連続でのロンドン、ウェンブレー・アリーナ公演をコンパイル。
まずメインとなるのは2日目の13日公演で、コンサート全編を、現存するベスト・クオリティーのステレオ・サウンドボード音源に、デジタル・リマスタリングを施してコンプリート収録。
そして「パープル・レイン」で世界的成功を収めた後、「アラウンド・ザ・ワールド・イン・ア・デイ」そして「パレード」と立て続けにリリース、さらに映画「アンダー・ザ・チェリームーン」制作と、まさに絶頂期といえる殿下の華麗な80年代を凝縮したこの時期は、プリンスのライブ・キャリアの中で最もR&B、ファンク色の強いステージングとなっており、オリジナル・レボリューションのダイナミックかつ、ファンキーな演奏も素晴らしいもの。
さらにボーナス的に最終日の14日公演も、当時としては良好なオーディエンス・マスターから、アンコール部分等を収録。
それはこの最終日のみ、ロン・ウッドとスティングがアンコールで登場し、この日だけとなった「ミス・ユー」を共演しており、このライブ・テイクは他でもほとんど記録がないゆえレア。
さらに前日13日には演奏されていない「マウンテン」「KISS」「サムタイムス・イット・スノウ・イン・エイプリル」も追加で収録しており、人気の高い『パレード・ツアー』からのザ・レヴォルーションとの最後のツアー記録として、今回もファン必携の限定コレクターズ・エディション。
Disc 1 : 1. AROUND THE WORLD IN A DAY 2. CHRISTOPHER TRACY’S PARADE 3. NEW POSITION 4. I WONDER U 5. RASPBERRY BERET 6. DELIRIOUS 7. CONTROVERSY 8. MUTINY 9. DO ME BABY 10. HOW MUCH IS THAT DOGGY IN THE WINDOW? / LADY CAB DRIVER / AUTOMATIC / D.M.S.R. 11. WHEN DOVES CRY 12. PAISLEY PARK 13. UNDER THE CHERRY MOON 14. ANOTHERLOVERHOLENYOHEAD 15. 17 DAYS / I WANNA BE YOUR LOVER 16. HEAD
Disc 2 : 1. POP LIFE 2. GIRLS & BOYS 3. LIFE CAN BE SO NICE (inc. AMERICA) 4. 1999 5. PURPLE RAIN
[Live at Wembley Arena, London, UK 13th August 1986 : Stereo Soundboard Recording]
6. MISS YOU (inc. THE ROOF IS ON FIRE / THE ROACH IS ON THE WALL) – with special guests RONNIE WOOD and STING 7. MOUNTAINS 8. KISS 9. SOMETIMES IT SNOWS IN APRIL 10. PURPLE RAIN
[Live at Wembley Arena, London, UK 14th August 1986 : Audience Recording]
◇Prince (vox, guitar, keyboard), Bobby Z. (drums), Brown Mark (bass, vox), Wendy Melvoin (guitar, vox, steel drums), Lisa Coleman (keyboards, vox), Dr. Fink (keyboards), Miko Weaver (guitar), Eric Leeds (saxophone, flute), Atlanta Bliss (trumpet), Jerome Benton (dance, vox), Wally Safford (dance, vox), Greg Brooks (dance, vox) / SPECIAL GUESTS : Ronnie Wood (Guitar) STING (bass)

ジンジャー・ベイカー追悼のトリビュー・ライブが、音と映像で!

mvr947gb.jpg

◆ ERIC CLAPTON / A TRIBUTE TO GINGER BAKER (プレス2CD+1Blu-ray) この商品はこちらから
クラプトン・ファン必携のミッドバレイ・レーベルより、2020年3月10日、ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンで行われた、ジンジャー・ベイカーを追悼するトリビュート公演「Eric Clapton & Friends : A Tribute To Ginger Baker」を、音源と映像でコンパイルしたタイトルがここに。
まず音源CDには当日の模様を、デジタル・オーディエンス・マスターに24bitデジタル・リマスタリングも施し、104分にわたりフル収録しプレス2CD仕様にて。
最前列スピーカー前からダイレクトに録音された極上のステレオ・オーディエンスマスターを使用しており、まるで会場のアリーナ席にいるようなリアル・サウンドにて。
そしてクラプトンを中心に自身のバンドをハウス・バンド的に従え、クリームやブラインド・フェイスのナンバーを次々披露しつつ、そのつどゲストが登場するという流れで、まずオープニングの3曲「Sunshine of Your Love」「Strange Brew」「White Room」には、ロジャー・ウォーターズが参加し、3曲目の「White Room」にはロニー・ウッドとケニー・ジョーンズも加わり、あとでロニーは「Badge」にも参加。
さらにナイル・ロジャースは、「I Feel Free」「Tales of Brave Ulysses」「Presence of the Lord」「Well All Right」に、そしてスティーヴ・ウィンウッドはブラインド・フェイスの「Had to Cry Today」「Presence of the Lord」「Can’t Find My Way Home」「Well All Right」「Do What You Like」で、もちろんメイン・ボーカルを務め、またジンジャーの息子コフィは、ジンジャーが演奏していたクリームのインストゥルメンタルと、ドラム・ショウケースの「Toad」も演奏。
そしてフィナーレは全員でアンコール「Crossroads」を熱演しエンドという、ブリティシュ・ロック・シーンの大物共演も楽しめる一夜をここに再現。
さらに映像は当日の模様を、ほぼ最前列からHDクオリティーのデジタル・カメラでシューティングし、マスター・クオリティーでブルーレイ化。
まずブルーレイの大容量を活かして、元素材そのままのベストHDクオリティーを収録し、、さらには音声パートも全編カンペキなPCMステレオで収録されており、単発的なyoutubeアップの同映像などとは次元の違うクオリティーにて収録されており、あまりにステージに近かったため、警備員数名から注意されながらも果敢に撮影したシューティング映像は、こちらも絶対必見の限定コレクターズ・エディション。
Disc 1 : 1. Film Of Ginger Baker 2. Introduction 3. Sunshine of Your Love (with Roger Waters) 4. Strange Brew (with Roger Waters) 5. White Room (with Roger Waters, Ronnie Wood on guitar & Kenney Jones on 3rd drum kit) 6. I Feel Free (with Nile Rodgers, Paul Carrack on organ & vocals) 7. Tales of Brave Ulysses (with Nile Rodgers) 8. Sweet Wine (with Paul Carrack on organ & Will Johns on guitar) 9. Blue Condition 10. Badge (with Ron Wood, Henry Spinetti on 3rd drum kit) 11. Pressed Rat and Wart Hog (with Kofi Baker on drums & vocals)
Disc 2 : 1. Had to Cry Today (with Steve Winwood & Nile Rodgers on guitar) 2. Presence of the Lord (with Nile Rodgers on guitar, Steve Winwood on organ & vocals) 3. Well Alright (with Steve Winwood on organ & vocals & Nile Rodgers on guitar) 4. Can’t Find My Way Home (with Steve Winwood on organ & vocals & Nile Rodgers on guitar) 5. Do What You Like / Toad (with Steve Winwood, Ronnie Wood & Nile Rodgers; with drum solo by Kofi Baker) 6. Cross Road Blues (with everyone & Roger Waters on cowbell) 7. Outro (including Nile Rodgers trying to encorage 2nd encore)
Blu-ray : 1. Film Of Ginger Baker 2. Introduction 3. Sunshine of Your Love (with Roger Waters) 4. Strange Brew (with Roger Waters) 5. White Room (with Roger Waters, Ronnie Wood on guitar & Kenney Jones on 3rd drum kit) 6. I Feel Free (with Nile Rodgers, Paul Carrack on organ & vocals) 7. Tales of Brave Ulysses (with Nile Rodgers) 8. Sweet Wine (with Paul Carrack on organ & Will Johns on guitar) 9. Blue Condition 10. Badge (with Ron Wood, Henry Spinetti on 3rd drum kit) 11. Pressed Rat and Wart Hog (with Kofi Baker on drums & vocals) 12. Had to Cry Today (with Steve Winwood & Nile Rodgers on guitar) 13. Presence of the Lord (with Nile Rodgers on guitar, Steve Winwood on organ & vocals) 14. Well Alright (with Steve Winwood on organ & vocals & Nile Rodgers on guitar) 15. Can’t Find My Way Home (with Steve Winwood on organ & vocals & Nile Rodgers on guitar) 16. Do What You Like / Toad (with Steve Winwood, Ronnie Wood & Nile Rodgers; with drum solo by Kofi Baker) 17. Cross Road Blues (with everyone & Roger Waters on cowbell)
[A TRIBUTE TO GINGER BAKER: at EventimIM Apollo, London, UK 17th February 2020]
◇ Eric Clapton – guitar & vocal, Paul Carrack – organ & vocal, Chris Stainton – piano, Sonny Emory – drums, Steve Gadd – drums, Willie Weeks – bass, Katie Kissoon and Sharon White – back chorus
AND Steve Winwood – guitar, organ & vocal, Roger Waters – bass, Nile Rodgers – guitar, Ronnie Wood – guitar, Kofi Baker – drums, Kenney Jones – drums, Henry Spinetti – drums, Will Johns – guitar

好評のクイーン『エクスパンデッド・コレクターズ・エディション』第5弾、『華麗なるレース』も登場!

mwoa05SP.jpg

◆QUEEN / A DAY AT THE RACES : EXPANDED EDITION (プレス2CD+1DVD+1Blu-ray) この商品はこちらから
クイーン・ファン必携の「MASTERWORKS」レーベルより、アルバム徹底研究シリーズ第5弾として、『華麗なるレース』を探究したレア音源と映像でまとめたコレクターズ・エディションが、プレス2CD+1DVD仕様にて、完全限定リリース。
[内容詳細]
歴史的名盤『オペラ座の夜』に続き1976年末に発表され、全英チャート初登場1位を記録。そして初期からのバンド到達点としてシングル・ヒットの「愛にすべてを」、「タイ・ユア・マザー・ダウン」や、日本語歌詞が話題となった「手をとりあって」等、前作『オペラ座の夜』と対となるイメージを持ったのがこの『華麗なるレース』。
その名盤のレア音源と、マルチ・トラック・オーディオ、および関連映像をコンパイルしたのが本タイトルで、まずCDにはアルバム全曲を綿密な編集でリストアした「コンプリート・アルバム・リミックス&リマスター」と「オルタネイト・アルバム」、さらにアルバム収録曲の数あるオルタネイト・バージョンやマルチトラック・リミックス、貴重なデモ音源など、今回初登場やアップグレード音源も含めて収録。
さらにDVDにはオーディオ・アルバムとして全曲リリックス映像に、マルチ・オーディオ選択でリマスター・ステレオの他、5.1サラウンド・ミックスやインスト・トラックス、ヴォーカル・メイン・トラックス等、4通りのマルチ・オーディオをセレクトして聞き比べも可能。またビデオ・コレクションとしてPVバージョン違いや、TVライブを含めた各種レア映像等も多数収録。

[コレクターズ・ポイント]
まずCDのdisc:1の前半は「コンプリート・アルバム・リミックス&リマスター」として、アルバム全曲の最新編集リミックス&リマスター音源を収録。「タイ・ユア・マザー・ダウン」の別ボーカル・テイクをはじめ、明らかにボーカル・トラックや演奏の違った、ステレオ・セパレーション等のバランスが異なるミックスでアルバム全曲を収録。
また後半には「オルタネイト・バージョン&リマスターズ1」として、別・バージョンやマルチトラック・リミックス、デモ音源などもまとめて収録し、「愛にすべてを」「タイ・ユア・マザー・ダウン」「手をとりあって」の、各曲の後に発表されたリミックスを収録。
続くCD disc:2の前半には「コンプリート・アルバム・リコンストラクションズ」として、アルバム全曲をオルタネイト・ミックスで再現。Disc:1の「リミックス&リマスター」とはすべて異なるバージョンによるオルタネイト・アルバムとなっており、マルチトラック・リミックスや編集違いを収録。そして後半の「オルタネイト・バージョン&リマスターズ2」には、さらなるレア音源をコンパイルしており、バッキング・トラックやボーカル・トラックの他に、ウェセックス・サウンド・スタジオでのデモ音源がハイライト収録されているのもポイント。
そしてDVDはこれまでのシリーズ同様、オーディオ・アルバムとして全曲リアルタイムで歌詞が流れるリリックス映像に、マルチ・オーディオ選択でリマスター・ステレオの他、5.1サラウンド・ミックスやインスト・トラック、ヴォーカル・メイン・トラックスをセレクトして聴き比べ出来る4種のオーディオ・オプション仕様にて。マニアックな聴き比べ音源検証に限らず、インスト・トラックスを再生して映像に合わせてカラオケを楽しむことや、フレディのボーカルをメインに演奏を抑えたヴォーカル・メイン・トラックスで歌やコーラスを確認できたりと、アルバム全曲を4通りの違った音源で再生可能。
「ビデオ・コレクション」では「愛にすべてを」や「タイ・ユア・マザー・ダウン」のバージョン違いや、ライブ初演となる発表前の「テイク・マイ・ブレス・アウェイ」に、日本公演での「手をとりあって」、さらに当時の貴重なインタビュー映像までをまとめて収録。
そしてさらに本タイトルも初回限定100セット・オンリーで、限定シリアル・ナンバー入りのオリジナル・・ポストカードを添付。レア・フォトを用いたこちらのカードは、完全限定の証明ともなるナンバリング入りで先着100セットのみゆえ、ご希望の方はお早めに。
Disc 1 :
[COMPLETE ALBUM REMIX AND REMASTERS (2020)] 1. TIE YOUR MOTHER DOWN 2. YOU TAKE MY BREATH AWAY 3. LONG AWAY 4. THE MILLIONAIRE WALTZ 5. YOU AND I 6. SOMEBODY TO LOVE 7. WHITE MAN 8. GOOD OLD-FASHIONED LOVER BOY 9. DROWSE 10. TEO TORRIATTE (LET US CLING TOGETHER)
[ALTERNATE VERSIONS AND REMIXES I] 11. TIE YOUR MOTHER DOWN (2011 Remix) 12. SOMEBODY TO LOVE (Randy Badazz Remix) 13. TIE YOUR MOTHER DOWN (Trent Reznor Remix) 14. TEO TORRIATTE (LET US CLING TOGETHER) (HD Remix Edit) 15. SOMEBODY TO LOVE (2011 Remix) 16. TIE YOUR MOTHER DOWN (VH-1 Acoustic Version) 17. TIE YOUR MOTHER DOWN (Air-Guitar Version)
Disc 2 :
[ALTERNATE ALBUM – RECONSTRUCTIONS] 1. INTRODUCTION (Standalone Version) 2. TIE YOUR MOTHER DOWN (Standalone Version) 3. YOU TAKE MY BREATH AWAY (Hyde Park 1976) 4. LONG AWAY (Multitrack Remix) 5. THE MILLIONAIRE WALTZ (No Dancing Vocal&Guitar) 6. YOU AND I (No Fadeout Mix) 7. SOMEBODY TO LOVE (Multitrack Remix) 8. WHITE MAN (Multitrack Remix) 9. GOOD OLD-FASHIONED LOVER BOY (BBC Stereo Remix) 10. DROWSE (Forever Edit Version) 11. TEO TORRIATTE (LET US CLING TOGETHER) (High Definition Mix)
[ALTERNATE VERSIONS AND REMIXES II] 12. TIE YOUR MOTHER DOWN (Backing Track Mix) 13. TIE YOUR MOTHER DOWN (Vocal Track Mix) 14. TIE YOUR MOTHER DOWN (Naked Remix) 15. YOU TAKE MY BREATH AWAY (Instrumental) 16. LONG AWAY (Backing Track Mix) 17. LONG AWAY (Vocal Track Mix) 18. SOMEBODY TO LOVE (Backing Track Mix) 19. SOMEBODY TO LOVE (Piano And Vocal Mix) 20. TIE YOUR MOTHER DOWN (Wessex Sound Studio Demo) 21. YOU TAKE MY BREATH AWAY (Wessex Sound Studio Demo) 22. TEO TORRIATTE (LET US CLING TOGETHER) (Wessex Sound Studio Demo)
DVD :
[MULTIPLE SELECTIONS AUDIO ALBUM] INTRODUCTION / TIE YOUR MOTHER DOWN / YOU TAKE MY BREATH AWAY / LONG AWAY / THE MILLIONAIRE WALTZ / YOU AND I / SOMEBODY TO LOVE / WHITE MAN / GOOD OLD-FASHIONED LOVER BOY / DROWSE / TEO TORRIATTE (LET US CLING TOGETHER)
◇Multiple Selections Audio :1) Remaster Stereo 2) Dolby Digital 5.1 Surround 3) Instrumental Karaoke Tracks 4) Vocal Main Tracks
[VIDEO COLLECTION] SOMEBODY TO LOVE (Original Promo) / SOMEBODY TO LOVE (Alternate Version) / SOMEBODY TO LOVE (Multi-Edit) / TIE YOUR MOTHER DOWN (Original Promo) / TIE YOUR MOTHER DOWN (Raw Version) / TIE YOUR MOTHER DOWN (Multi-Edit) / YOU TAKE MY BREATH AWAY (Earls Court 1977) / THE MILLIONAIRE WALTZ (Houston 1977) / GOOD / OLD-FASHIONED LOVER BOY (BBC Version) / TEO TORRIATTE (LET US CLING TOGETHER) (Japan 1982) / ROGER TAYLOR INTERVIEW / SOMEBODY TO LOVE (TopPop TV) / TIE YOUR MOTHER DOWN (Rocks Version) / GOOD OLD-FASHIONED LOVER BOY (Greatest Hits Version) / TEO TORRIATTE (LET US CLING TOGETHER) (HD Remix) / QUEEN INTERVIEW 1976
◇NTSC 16:9 (4:3): Dolby Digital Stereo / 5.1 Surround : time approx.44min.x4audio-selections+67min.