Skip to content

月別: 2020年4月

クイーン+アダム・ランバート、2016年来日公演の限定コンプリート・セット!

xavel095LD.jpg

◆Queen + Adam Lambert / Tokyo Japan 2016 Complete (プレス6CD+1DVD) この商品はこちらから
来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2016年来日3公演すべてを、マルチIEMマトリクス音源でコンプリート収録し、さらに初日公演の映像も付属した、プレス6CD+1DVDセットを、期間限定ロー・プライスにて。
本セットは2020年来日公演が大成功で終わるも、その後からコロナウイルス感染拡大に伴い、多数のアーティストの来日が中止となったため、同レーベルから単品で既リリースされていた3タイトルに映像DVDもプラスして、その溜飲を下げる意味も込めて特別価格にて提供。
なお全タイトル、美麗ホログラム・ジャケ、日本語帯つき仕様の限定数量でのプレス・アイテムゆえ、ご希望の方はお早めに。

2016年の来日公演は9月21日から日本武道館にて、3夜連続公演で行われた中、その3公演すべてを、いずれもバンド・メンバーがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックスし、コンプリート収録。
近年同レーベルより各種IEMマトリクス音源がリリースされてきた中、使用機材・マスタリング環境といった、音質面を左右する重要なファクターが飛躍的な進化を遂げたことにより、今回も完全に流出ステレオ・サウンドボード音源レベルのクオリティーにて。そしてメンバーそれぞれが使用する各々ミックス・バランスの異なる複数のIEMソースと、オーディエンス・ソースを絶妙のバランスでステレオ・ミックスしたサウンドは、アダムのボーカルを中心に、バンド・サウンドも完璧にセパレートな定位で収録しており、当然耳障りなオーディエンス・ノイズなども皆無。
そしてそしてそれぞれの日の聞きどころも充実しており、基本的なセットリストは、来日前のユーロ&アジア・ツアーに準じたものながら、やはりここ日本ならではの”Teo Torriatte (Let Us Cling Together)”や、”I Was Born To Love You”は、全日セットインしているところは、2020年と同じで、やはり日本には特別な思いを抱いてくれていたことを、改めて再認識。
さらにボーナス・トラックとして、それぞれの日のサウンドチェック・リハーサルの模様も収録のうえ、付属の映像DVDには、初日9月21日の模様を、2台のHDカメラによるハイクオリティー・オーディエンス映像を、マルチ・ミックスしフル収録。
まず至近距離からと後方からのオリジナル映像ソース2種は、見晴らしも良好なうえ、安定感もありクローズ・ショットも随所に挿入され、そのマスターを使用した、極上マルチ・カメラ映像で、しかも音声パートにはCD同様のマルチIEMマトリクス音源をシンクロ。
またボーナス映像として、翌22日公演から、この日は演奏されていない”A Kind of Magic”も追加収録したトータル136分は映像アイテムとしては決定盤。
以上、単品で未購入だった方には特におすすめの限定スペシャル・エディション。
Disc 1 : 01. Opening 02. Seven Seas of Rhye 03. Hammer to Fall 04. Stone Cold Crazy 05. Fat Bottomed Girls 06. Don’t Stop Me Now 07. Killer Queen 08. Somebody to Love 09. Love of My Life 10. Teo Torriatte (Let Us Cling Together) 11. These Are the Days of Our Lives 12. Drums Duo 13. Under Pressure 14. Crazy Little Thing Called Love 15. Another One Bites the Dust 16. I Want It All
Disc 2 : 01. Who Wants to Live Forever 02. The Show Must Go On 03. Guitar Solo / Last Horizon 04. Tie Your Mother Down 05. I Want to Break Free 06. I Was Born to Love You 07. Bohemian Rhapsody 08. Radio Ga Ga –encore- 09. We Will Rock You 10. We Are the Champions 11. Closing (God Save the Queen)
[1st Night at Budokan, Tokyo, Japan 21st September 2016 : Multiple IEM Sources + EX-Audience Source = Matrix Recordings]
12. I Want to Break Free Outro / I Was Born to Love You 13. Who Wants to Live Forever 14. Teo Torriatte (Let Us Cling Together) 15. Guitar Solo (Sakura)
[Soundcheck at Budokan, Tokyo, Japan 21st September 2016]
Disc 3 : 01. Opening 02. Seven Seas of Rhye 03. Hammer to Fall 04. Stone Cold Crazy 05. Fat Bottomed Girls 06. Don’t Stop Me Now 07. Killer Queen 08. Somebody to Love 09. Love of My Life 10. Teo Torriatte (Let Us Cling Together) 11. A Kind of Magic 12. Drums Duo 13. Under Pressure 14. Crazy Little Thing Called Love 15. Another One Bites the Dust
Disc 4 : 01. I Want It All 02. Who Wants to Live Forever 03. Guitar Solo / Last Horizon /Sakura 04. Tie Your Mother Down 05. I Want to Break Free 06. I Was Born to Love You 07. Bohemian Rhapsody 08. Radio Ga Ga –encore- 09. We Will Rock You 10. We Are the Champions 11. Closing (God Save the Queen)
[2nd Night at Budokan, Tokyo, Japan 22nd September 2016 : Multiple IEM Sources + EX-Audience Source = Matrix Recordings]
12. I Was Born to Love You 13. Teo Torriatte (Let Us Cling Together) 14. Guitar Solo (Sakura)
[Soundcheck at Budokan, Tokyo, Japan 22nd September 2016]
Disc 5 : 01. Opening 02. Seven Seas of Rhye 03. Hammer to Fall 04. Stone Cold Crazy 05. Fat Bottomed Girls 06. Don’t Stop Me Now 07. Killer Queen 08. Somebody to Love 09. Love of My Life 10. Teo Torriatte (Let Us Cling Together) 11. These Are the Days of Our Lives 12. Drums Duo 13. Under Pressure 14. Crazy Little Thing Called Love 15. Another One Bites the Dust 16. I Want It All
Disc 6 : 01. Who Wants to Live Forever 02. Guitar Solo / Last Horizon 03. Tie Your Mother Down 04. I Want to Break Free 05. I Was Born to Love You 06. Bohemian Rhapsody 07. Radio Ga Ga –encore- 08. We Will Rock You 09. We Are the Champions 10. Closing (God Save the Queen)
[3rd Night at Budokan, Tokyo, Japan 23rd September 2016 : Multiple IEM Sources + EX-Audience Source = Matrix Recordings]
11. Radio Ga Ga Intro 12. Killer Queen Intro 13. Teo Torriatte (Let Us Cling Together)
[Soundcheck at Budokan, Tokyo, Japan 23rd September 2016]
DVD : 01. Opening 02. Seven Seas of Rhye 03. Hammer to Fall 04. Stone Cold Crazy 05. Fat Bottomed Girls 06. Don’t Stop Me Now 07. Killer Queen 08. Somebody to Love 09. Love Of My Life 10. Teo Torriatte (Let Us Cling Together) 11. These Are the Days of Our Lives 12. Drums Duo 13. Under Pressure 14. Crazy Little Thing Called Love 15. Another One Bites the Dust 16. I Want It All 17. Who Wants to Live Forever 18. The Show Must Go On 19. Guitar Solo / Last Horizon 20. Tie Your Mother Down 21. I Want to Break Free 22. I Was Born To Love You 23. Bohemian Rhapsody 24. Radio Ga Ga –encore- 25. We Will Rock You 26. We Are the Champions 27. Closing (God Save the Queen)
[Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan 21st September 2016]
28. A Kind of Magic
[Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan 22nd September 2016]
◇ Brian May (Guitar, Vocals), Roger Taylor (Drums, Vocals), Adam Lambert (Vocals), Spike Edney (Keyboards, Backing Vocals), Rufus Tiger Taylor (Percussion, Drums, Backing Vocals,) Neil Fairclough (Bass, Backing Vocals)

ジンジャー・ベイカー追悼アイテムが、限定ボックス・セットにて

mvrLS003c.jpg

◆ CREAM / TRIBUTE BOX : THE LAST GOODBYE MR.BAKER (プレス8CD+1CDR) この商品はこちらから
クラプトン・ファン必携のミッドバレイ・レーベルより、2020年のジンジャー・ベイカー追悼アイテムが、30セット限定ナンバリング入りのスペシャル・ボックス仕様にて。
2019年10月に亡くなったジンジャー・ベイカーを追悼するトリビュート・アイテム。
ここでは同レーベル・タイトルの中から、すでに入手困難なアイテムも含めてクリーム時代の貴重なライブ音源の4タイトルと、さらに貴重なボーナスCD-Rも追加した、まさに永久保存の豪華ボックス・セット仕様にて。!
なお完全限定ゆえ初回完売も予想されるので、ご希望の方はお早めに。そして収録タイトルの詳細は以下の通り。
◆CREAM / THE LAST GOODBYE CREAM (4CD)
1968年クリームのラスト・ツアーからのサウンドボード音源を、全編マルチトラック・マスターから収録したオフィシャル・レベル・サウンドにてコンパイル。これまでにも各種流通してきたこのフェアウェル・ツアーのサウンドボード音源を、もう存在しないと思われていた新発掘音源からダイレクト収録した本タイトルは、まさにこのままオフィシャル・ブートレグとしてリリースも可能なクオリティーによるもので、カンペキにミックスも施されたサウンドは、ボーカルも含めてバンド・サウンドも完璧なセパレートと定位で収録されており、マルチトラック・マスターならではのもの。
そしてその内容もまずdisc:1は、最後となった北米ツアーより10月4日オークランド公演で、この日のライブ・テイクの一部は、オフィシャル・ライブ盤「LIVE CREAM VOL.2」にも採用されたことで知られるもの。
そしてdisc:2の10月19日ロサンゼルス公演も、その一部はオフィシャル盤であり、ラスト・アルバムとなった「GOODBYE CREAM」に使用されており、しかも3曲が今回初めて発掘された音源。
さらに続くdisc:3の10月20日サンディエゴ公演はとにかく演奏が熱く、今のクラプトンでは考えられないワイルドなアクション、強烈なドラム・フィルに、歌以上に主張するジャックのベース・フレーズなどはまさに圧巻で、こちらも6曲が初発掘音源。
そしてラストのdisc:4はまさにクリーム最後のパフォーマンスとなった、11月26日ロイヤル・アルバート・ホールでのレイト・ショーを、今回世界初登場となる、マルチトラック・マスターからのサウンドボード音源にてコンプリート収録。これまでもアーリー・ショーはオフィシャル等で知られる中、レイト・ショーのサウンドボード・フル・ライブは奇跡的な発掘音源で、しかもオープニングでのジョン・ピールのアナウンスからカンペキに収録。
そしてオフィシャル以上にエネルギッシュかつ、パワフルな演奏を繰り広げており、ジャック・ブルースのクールなベースライン、2バスで煽るジンジャー・ベイカー、ただただ弾きまくるクラプトンと、特に「Sunshine Of Your Love」などは、その後のクラプトンのソロとは別物と言えるヘヴィかつ白熱の演奏となるもので、まさに有終の美を飾るに相応しい緊張感溢れるステージをここに完全再現。
*なお過去リリースの単品仕様はすでに廃盤です。
DISC 1 : 01. WHITE ROOM 02. POLITICIAN 03. CROSSROADS 04. SUNSHINE OF YOUR LOVE 05. SPOONFUL 06. DESERTED CITIES OF THE HEART 07. PASSING THE TIME 08. I’M SO GLAD
[Recorded at Oakland Coliseum, Oakland, CA, USA 4th October 1968]
DISC 2 : 01. WHITE ROOM 02. POLITICIAN 03. I’M SO GLAD 04. SITTING ON TOP OF THE WORLD 05. CROSSROADS 06. SUNSHINE OF YOUR LOVE 07. TRAIN TIME 08. TOAD 09. SPOONFUL
[Recorded at The Forum, LA, CA, USA 19th October 1968]
DISC 3 : 01. WHITE ROOM 02. POLITICIAN 03. I’M SO GLAD 04. SITTING ON TOP OF THE WORLD 05. SUNSHINE OF YOUR LOVE 06. CROSSROADS 08. TRAIN TIME 08. TOAD 09. SPOONFUL
[Recorded at Sports Arena, San Diego, CA, USA 20th October 1968]
DISC 4 : 01. INTRODUCTION 02. WHITE ROOM 03. POLITICIAN 04. I’M SO GLAD 05. SITTING ON TOP OF THE WORLD 06. CROSSROADS 07. TOAD 08. SPOONFUL 09. SUNSHINE OF YOUR LOVE 10. STEPPING OUT
[Recorded at The Royal Albert Hall, London, UK 26th November 1968 :Late Show]
◆CREAM / LIVE CREAM VOL.3 (1CD)
1968年クリームのラスト・ツアーからのサウンドボード音源を、全編マルチトラック・マスターから収録したオフィシャル・レベル・サウンドにてコンパイルしたのが本タイトルで、最後となった北米ツアーより10月4日オークランド、10月19日ロサンゼルス、そして20日サンディエゴ公演からのベスト編集となっており、その選曲も含めてクオリティー的にも、このままオフィシャル・ブートレグとして通用するレベルにて。
01. WHITE ROOM (1968-10-20 San Diego) / 02. POLITICIAN (1968-10-20 San Diego) / 03. I’M SO GLAD (1968-10-20 San Diego) / 04. SITTING ON TOP OF THE WORLD (1968-10-20 San Diego) / 05. SUNSHINE OF YOUR LOVE (1968-10-04 Oakland) / 06. CROSSROADS (1968-10-20 San Diego) / 07. TRAINTIME (1968-10-19 Los Angeles) / 08. TOAD (1968-10-19 Los Angeles) / 09. SPOONFUL (1968-10-19 Los Angeles)
◆GINGER BAKER & ERIC CLAPTON / SUNBURY FESTIVAL (1CD)
1968年クリームのラスト・ツアー前の8月10日イギリス、サリー州で行われた第8回ナショナル・ジャズ・ブルーズ・フェス、通称サンベリー・フェスティバルに単独で出演することとなったジンジャー・ベイカーのステージに、クラプトンがとち途中でスペシャル・ゲストとして登場した際の模様を、近年初めて発掘された、当時としては良好オーディエンス・マスターから収録。
これは当時の告知やポスターでもベイカーのステージにスペシャル・ゲストが参加するとアナウンスされていたものの、それがクラプトンだとは誰も思わず、白いジャケットを着てファイヤーバードを抱えて登場すると客席からは大きなどよめきが。
なおこのライブはベイカーとジャズ・ドラマー、フィル・シーマンによる前衛的ドラム・デュオのパフォーマンスにクラプトンが加わるという形で、トータル20分弱のフリー・フォームやジャム・セッション的な演奏ながら、貴重な初登場ライブ・トラックとして資料的価値も高いもの。
さらに後半にはクリームの1968年春の全米ツアーから4月5日ボストン公演の一部をこちらも良好オーディエンス・マスターから収録。コンプリートではないものの、この公演の最大のポイントは”SUNSHINE OF YOUR LOVE”で、なんと演奏時間17分を超えるロング・バージョンで、演奏記録を見てもこの日のこのテイクが最長バージョンとなっており、インプロ重視だった時期のレアなライブ・ヴァージョンとしてこちらも必聴。
01. INSTRUMENTAL JAM PART 1 02. INSTRUMENTAL JAM PART 2
[SUNBURY FESTIVAL : Recorded at Kempton Park Racecourse,
Sunbury-on-Thames, Surrey, UK 10th August 1968 : Ginger Baker – Drums / Phil Seaman – Drums / Eric Clapton – Guitar]
03. SUNSHINE OF YOUR LOVE 04. SPOONFUL 05. SLEEPY TIME TIME 06. STEPPIN’ OUT
[CREAM : Recorded at Back Bay Theatre,Boston, Massachusetts, USA. 5th April 1968]
◆CREAM / NORTH AMERICAN MASSACRE (2CD)
1968年10月5日ニュー・メキシコ大学公演と、10月7日シビック・オペラ・ハウスでの昼夜公演を、いずれもマスター・クオリティー、オーディエンス・レコーディングで収録。
DISC 1 : 1. WHITE ROOM 2. POLITICIAN 3. I’M SO GLAD 4. SITTING ON TOP OF THE WORLD 5. SUNSHINE OF YOUR LOVE 6. DESERTED CITIES OF THE HEART 7. TOAD 8. SPOONFUL
[LIVE AT UNIVERSITY OF NEW MEXICO, ALBUQUERQUE, NEW MEXICO, USA 5th October 1968]
DISC 2 : 1. WHITE ROOM 2. POLITICIAN 3. I’M SO GLAD 4. SITTING ON TOP OF THE WORLD 5. SUNSHINE OF YOUR LOVE 6. CROSSROADS 7. TRAIN TIME 8. TOAD
[LIVE AT CIVIC OPERA HOUSE, CHICAGO, ILLINOIS, USA: 7th October 1968 Early Show]
9. WHITE ROOM 10. POLITICIAN 11. I’M SO GLAD 12. SUNSHINE OF YOU LOVE 13. CROSSROADS
[LIVE AT CIVIC OPERA HOUSE, CHICAGO, ILLINOIS, USA: 7th October 1968 Late Show]
◆CREAM / THE LAST GOODBYE :No Noise Pristine Copy! (1CDR)
1968年全米ツアーからの10月20日サンディエゴ公演は同レーベルの「THE LAST GOODBYE」として既にリリースされているタイトルのアソーティッド・ボックス音源がボーナスとして追加収録。
特筆すべきはノー・ノイズ・プリスティン・コピーによる収録で、これは公式盤もリリースされましたが、検証の結果こちらの音源の方がノイズレスかつ収録時間も長いことが判明したため、ここに限定ボーナスとして追加。
01. WHITE ROOM 02. POLITICIAN 03. I’M SO GLAD 04. SITTING ON TOP OF THE WORLD 05. SUNSHINE OF YOUR LOVE 06. CROSSROADS 08. TRAIN TIME 08. TOAD 09. SPOONFUL
[Recorded at Sports Arena, San Diego, CA, USA 20th October 1968]

クラプトン・ファン必携、1975年来日公演から3公演をレア限定ボックス・セットで!

mvr937ec.jpg

◆ ERIC CLAPTON / TOUR 75 :3都市ブルース物語 (プレス8CD BOX) この商品はこちらから
クラプトン・ファン必携のミッドバレイ・レーベルより、1975年来日公演から京都、北九州、静岡と地方3公演を完全コンパイルしたタイトルがヴェルヴェット・コーティングによる、プレス8CD、激レアな福岡公演の写真を2枚同封の、200セット限定ナンバリング入り豪華ボックス・セットにて。
こちらは同レーベルから既リリースの、同年大阪フェスティバルホール2公演に続いて、10月24日京都公演、27日の北九州公演、そして29日の静岡公演の地方3公演をコンプリート収録したボックス・セットで、3公演ともに大阪同様Mr. T-Tack所有の秘蔵マスター・カセットを用いた、高音質オーディエンス・テープからの収録で、特に2種類のオーディエンス・ソースより収めた京都公演は2公演ともに、当時としてはトップ・クラスのクオリティーにて収録。
そして前年に続く2度目のジャパン・ツアーでは、まず京都公演では日替わりセットのブルース・ナンバーに、スロー・バージョンの「Crossroads」を持ってきており、クリームとは違った演奏は本当に素晴らしく、またこの日は「Singin’ The Blues」と「I Shot The Sheriff」で、地元の楽器店から提供されたヤマハのSGモデルをプレイしたというトピックもあり。
また続く北九州公演ではまたセットリストが変更され、ドミノスの「Why Does Love Got To Be So Sad」と「Eyesight To The Blind」がセットインし、また日替わりブルース・ナンバーの「That’s All Right」も聴きごたえたっぷり。
さらに今では信じられない静岡公演では、「Little Wing」と「Badge」がセットインし、しかも日替わりブルース・ナンバーは激レアの「So Many Roads」と、セットリストでいえば同年のツアーの中でも最も貴重。
以上、200セット限定ナンバリング入り豪華ボックス・セットのうえ、大阪ボックス同様最高級ヴェルヴェット・コーティング仕上げというこだわりで、完全限定ゆえ初回完売も予想されるので、ご希望の方はお早めに。
DISC 1 : 01. INTRO 02. LAYLA 03. STEADY ROLLIN’ MAN 04. KNOCKIN ON HEAVEN’S DOOR 05. CROSSROADS 06. CAN’T FIND MY WAY HOME 07. SINGIN’ THE BLUES
DISC 2 : 01. I SHOT THE SHERIFF 02. KEY TO THE HIGHWAY 03. TEACH ME TO BE YOUR WOMAN 04. BAND INTRODUCTION 05. TELL THE TRUTH 06. FURTHER ON UP THE ROAD
[Version 1 : Recorded at Kyoto Kaikan Daiichi Hall, Kyoto City, Kyoto, Japan 24th October 1975]
DISC 3 : 01. INTRO 02. LAYLA 03. STEADY ROLLIN’ MAN 04. KNOCKIN ON HEAVEN’S DOOR 05. CROSSROADS 06. CAN’T FIND MY WAY HOME 07. SINGIN’ THE BLUES
DISC 4 : 01. I SHOT THE SHERIFF 02. KEY TO THE HIGHWAY 03. TEACH ME TO BE YOUR WOMAN 04. BAND INTRODUCTION 05. TELL THE TRUTH 06. FURTHER ON UP THE ROAD
[Version 2 : Recorded at Kyoto Kaikan Daiichi Hall, Kyoto City, Kyoto, Japan 24th October 1975]
DISC 5 : 01. INTRO 02. LAYLA 03. EYESIGHT TO THE BLIND 04. THAT’S ALL RIGHT 05. WHY DOES LOVE GOT TO BE SO SAD 06. CAN’T FIND MY WAY HOME 07. KEY TO THE HIGHWAY
DISC 6 : 01. I SHOT THE SHERIFF 02. LITTLE WING 03. FURTHER ON UP THE ROAD 04. BAND INTRODUCTION 05. TEACH ME TO BE YOUR WOMAN 06. TELL THE TRUTH
[Recorded at Kita-Kyushu Shiritsu Sougo Taiikukan, Kita-Kyushu City, Fukuoka, Japan 27th October 1975]
DISC 7 : 01. INTRO 02. LAYLA 03. LITTLE WING 04. BLUES POWER 05. CAN’T FIND MY WAY HOME 06. SO MANY RIADS
DISC 8 : 01. BADGE 02. TEACH ME TO BE YOUR WOMAN 03. TELL THE TRUTH 04. EYESIGHT TO THE BLIND 05. CARNIVAL
[Recorded at Sunpu Kaikan,Shizuoka City, Shizuoka, Japan 29th October 1975]