Skip to content

オアシス1998年ワールド・ツアーから、来日公演を含めた名ライブ2公演を、いずれもベスト・クオリティー、サウンドボード音源にて。

OASIS / URBAN CAMOUFLAGE 1998 (プレス3CD)

1998年『BE Here Now』リリースに伴うワールド・ツアーから、来日公演を含めた名ライブ2公演を、いずれもベスト・クオリティー、サウンドボード音源でコンパイルし、限定ロー・プライス、プレス3CDにて。
オアシスの一つの完成形であり、最初の頂点となった『BE Here Now』リリースに伴うワールド・ツアーより、まず前半はファンにとって伝説とも言える3度目のジャバン・ツアーにおける、日本武道館3夜連続公演の最終日2月20日のライブを、放送用マスターから過去最高のクオリティーにて収録。
まず既流通ソースではTVオンエアーからの映像落としの音源を使用していたたため、アンコール・ラストの”Acquisce”の途中でノエルのインタビューがカブっていたのが、こちらはプレ・マスターを使用しているため、カブりもなく終演のSE、アナウンスまで、カンペキなクオリティーにて。
そしてこの日は特にリアムのパフォーマンスが素晴らしく、シン・リジィの「The Boys Are Back In Town」に導かれての登場から、前半のバンド・セット終了の「Cigarettes & Alcohol」まで、かなりのハイテンションで駆け抜けているばかりではなく、中間のノエルのアコースティック・コーナーによるインターバルもなんのその、後半も全くテンションが落ちず、そしてとどめは11分を超える「Champagne Supernova」で、ここでの異様なテンションと演奏はバンド史上最高のライブ・アクトとして語り継がれるほど。
そしてDisc:3にはこの3週間後の南米ツアーより、3月18日のアルゼンチン公演を収録。こちらはセットリストも異なり、リアムのテンション高いボーカルも中盤のノエルのアコースティックも、素晴らしいの一言。そしてボーンヘッドら結成当初以来の仲間との最後のプレイとなるだけに、この時期をベストとしてあげるファンも多い、来日メモリアル・アイテム。
*なお完全限定ロー・プライスによる永久保存プレス3CD仕様ゆえ、ご希望の方はお早めに。

disc 1 : 1.Be Here Now 2.Stand By Me 3.Supersonic 4.Roll With It 5.D’ya Know What I Mean 6.Cigarettes and Alcohol(Inc.Whole Lotta Love/Heartbreaker) 7.Don’t Go Away (acoustic) 8.Help!(acoustic) 9.Setting Sun (acoustic) 10.Fade In-Out(acoustic)
disc 2 : 1.Don’t Look Back In Anger 2.Wonderwall 3.Live Forever 4.Champagne Supernova 5.Acquisce 6.Ending
[Recorded at Nippon Budokan, Tokyo, Japan. 20th February 1998: stereo soundboard recording]

disc 3 : 1.Be Here Now 2.Stand By Me 3.Supersonic 4.Roll With It 5.D’You Know What I Mean? 6.Cigarettes and Alcohol(Inc.Whole Lotta Love) 7.Don’t Go Away (acoustic) 8.Live Forever (acoustic) 9.It’s Getting Better (Man!!) 10.Champagne Supernova 11.Acquiesce 12.I Am The Walrus
[Recorded at Luna Park Stadium, Buenos Aires, Argentina. 18th March 1998: stereo soundboard recording]

Published innew in store!