Skip to content

オアシス・ライブ音源史上、最高のクオリティーに挙げるファンも多い1997年11月27日オランダ公演を、2021年最新マスタリングの、サウンドボード音源にて永久保存プレス2CDで。

OASIS / THE NETHERLANDS 1997 (プレス2CD)

オアシス・ライブ音源史上、最高のクオリティーに挙げるファンも多い1997年11月27日オランダ、デンボッシュ公演を、2021年最新マスタリングによるベスト・クオリティー、サウンドボード音源にて永久保存プレス2CDで。
まずこの年9月から翌98年3月まで続いた『Be Here Now Tour』は、映像ソフトやライヴ・アルバムがリリースされておらず、その中でこのオランダでのライブは、この翌月の凱旋公演となるマンチェスター・ライブと共に、今だ人気の高い音源で、過去には『DESTROYER』のタイトルでファンには親しまれてきたもの。 なおその『DESTROYER』も現在はすでに入手困難の中、今回新たに同音源のマスター・ソースに、2021年最新デジタル・リマスタリングを施して丁重な編集を行い、またトラックIDは一新され、既発盤と違いピンポイントで全ての曲の頭にアジャスト。
そして肝心の演奏内容に関しても、ツアーの中でも特に良い演奏の多い時期の音源であり、演奏はほとんどミスもなく、圧倒的な存在感を有した磐石の演奏ながら、リアムのコンディションはかなり悪く、オープニングの「Be Here Now」から既に危なっかしい上に、「Some Might Say」ではサビを途中からノエルに託す苦しいパフォーマンス。
ただこの日が素晴らしいのは、この時期セットインしていた「Don’t Go Away」 がオミットされている可能性は高いものの、この状況にあってライヴの内容にほぼ変更を加えることなく、ラストまで高水準のパフォーマンスを展開している点。
また後半に行くにしたがって、むしろリアムのパフォーマンスは上がっており、聴いていると引きこまれてしまう不思議な感覚に。また終盤「Champagne Supernovaでは兄弟そろってのタイトル・コールを聞けたり、この後セットリストから外れる「Magic Pie」が聴けるあたりも要チェックで、とにかく本ツアー1の名演との誉れ高い翌月のマンチェスター公演と同様、こちらも必携の限定コレクターズ・エディション。

Disc 1 : 01. Be Here Now 02. Stay Young 03. Stand By Me 04. Supersonic 05 .Some Might Say 06. Roll With It 07. D’You Know What I Mean?  08. Magic Pie 09. Don’t Look Back In Anger
Disc 2 : 01. Wonderwall 02. Live Forever 03. It’s Gettin’ Better 04. All Around The World 05. Fade In-Out 06. Champagne Supernova 07. Acquiesce
[Recorded at Brabanthallen, Den Bosch, Holland 27th November 1997 : Stereo Soundboard Recording / 2021 Original Remaster]

Published innew in store!