Skip to content

レッチリ2023年来日公演第2弾は初日東京ドームを、オフィシャル・クオリティーのステレオ・サウンドボード音源で。

RED HOT CHILI PEPPERS / Tokyo Dome 2023 and Osaka! (2CDR)

待望の2023年来日公演は東京と大阪2回限りとなった中、2月19日東京ドームでのライブを、マスター・クオリティー、ステレオ・サウンドボードにてコンプリート収録し、さらに大阪公演からも追加した限定100セットのコレクターズ・エディション。
まず放送用音源をマスターとし、さらに24bitデジタル・リマスタリングも施しバランス調整もされており、このままオフィシャル・ブートレグとして通用するクオリティーにて東京での一夜を再現。
そして約16年ぶりのドーム公演はジョン復帰ということも相成り完全ソールドアウトという大盛況の中、おなじみ3人の即興演奏でライブはスタート。そしてジョンの激しいソロで幕を開けアンソニーがステージに登場し1曲目の「キャント・ストップ」が始まるやすでに観客も大合唱で、その後は前年リリースの『アンリミテッド・ラヴ』と『リターン・オブ・ザ・ドリーム・カンティーン』の曲を織り交ぜながら新旧のナンバーを交互に披露。
そして日本では映画の主題歌としてもおなじみのある「スノー (ヘイ・オー)」で爆盛り上がりからまたスリリングな即興演奏がはじまり、復帰したジョンのエモーショナルなギターがここでも素晴らしく、さらに圧巻は続いてのエドワード・ヴァン・ヘイレンに捧げた「エディ」で、ジョンとフリーによる寂し気なイントロから始まり、後半のエモーショナルなギター・ソロは鳥肌もの。
そして本編は「バイ・ザ・ウェイ」の大合唱で終了し、ドーム全体がスマホのライトで照らされたアンコールでは「アンダー・ザ・ブリッジ」、そしてラスト「ギヴ・イット・アウェイ」ではステージ中央に集まった3人がチャドのドラムカウントで一気に飛び出し、ステージで暴れるメンバーたちにドームの観客も拳を高く突き上げ、最後は全員で大合唱して大団円。
さらにボーナス・トラックとして、この後の2月21日大阪城ホールでのライブから、「Around The World」や「Dani California」など東京では演奏されなかった8曲も、ハイクオリティー・オーディエンス・マスターから追加収録。こちらも最新機材によるデジタル・オーディエンス・レコーディングによる驚異的クオリティーのサウンドで、これにより日本でプレイされたナンバーはこの1枚ですべて聞くことができるという、ファン必聴の100セット限定来日メモリアル・アイテム。

Disc 1 : 01. Opening / Intro Jam 02. Can’t Stop 03. The Zephyr Song 04. Here Ever After 05. Snow (Hey Oh) 06. Eddie 07. Suck My Kiss 08. Reach Out 09. Soul to Squeeze 10. Nobody Weird Like Me 11. These Are the Ways 12. Jam / Tippa My Tongue
Disc 2 : 01. Jam / Californication 02. Carry Me Home 03. Black Summer 04. Jam / By the Way –encore- 05. Under the Bridge 06. Give It Away
[at Tokyo Dome, Tokyo, Japan, 19th February 2023 : Stereo Soundboard Recording / 24 Bit Digital Remaster]

07. Around the World 08. Dani California 09. Scar Tissue 10. Aquatic Mouth Dance 11. Wet Sand 12. The Heavy Wing 13. London Calling intro / Right on Time 14. What Is Soul?
[at Osaka-jou Hall, Osaka, Japan 21st February 2023 : Original Audience Recording / 24 Bit Digital Remaster]

Published innew in store!