Skip to content

Joe's Garage BLOG Posts

オリジナル・エイジア08年来日公演♪

wild006c.jpgASIA / TOKYO 1ST NIGHT 2008 (2CDR)
この商品はこちらから
オリジナル・エイジアによる2008年来日ツアーより、東京初日公演となった5月12日の東京インターナショナル・フォーラムでのライブを、2種類のデジタル・オーディエンス・ソースをマトリックスした、驚異的クオリティーにてコンプリート収録。08年リリースのアルバム『Phoenix』を携え、1年ぶりに日本のファンの前に姿を見せ、まだまだ元気なところをアピール。セットも前回と違い同アルバム・ナンバーからも披露されている中、やはり盛り上がるのは80’sクラシック・ナンバー。今回セットリストは各公演ほとんど同じながら、やはり熱心なオールド・プログレ・ファンの熱い視線の中、素晴らしいプレイを披露。地響きの如きタウラスの低音に揺れた感動のライブを、異なるポジションからレコーディングされた2つのソースをミックスさせたことにより、理想的なバランスで収録したファン必携の記念アイテム。
さらに前日11日の名古屋公演も同時IN STORE!
◆International Forum, Tokyo, Japan, 12th May 2008
(Disc 1) 01.intro 02.Daylight 03.Only Time Will Tell 04.Wildest Dreams 05.Never Again 06.Roundabout 07.Time Again 08.Cutting It Fine (Geoff Downes solo) 09.Clap (Steve Howe solo) 10.Voice of America (John Wetton solo) 11.Smile Has Left Your Eyes 12.Ride Easy 13.Open Your Eyes
(Disc 2) 01.Fanfare for the Common Man 02.Without You 03.An Extraordinary Life 04.The Court of the Crimson King 05.Video Killed the Radio Star 06.The Heat Goes On 07.Carl Palmer solo 08.The Heat Goes On (reprise) 09.Heat of the Moment 10.Don’t Cry 11.Sole Survivor 12.outro

◇ASIA; Geoff Downes (keyboards, vocal), John Wetton (vocal, bass), Steve Howe (guitar, vocal), & Carl Palmer (drums)

レディオヘッド、2008年最新ツアーライブ!

pro320c.jpgRADIOHEAD / FIRST RAINBOWS NIGHT (2CDR)
この商品はこちらから
2008年ワールドツアーの記念すべきキックオフとなる北米ツアー初日、5月5日のフロリダはウエスト・パルム・ビーチ公演を、2度のアンコールを含む全24曲、DATレコーディングによるクリアー・オーディエンスにて完全コンプリート収録!「マイアミのビーチで3日間過ごしたよ」というトム・ヨークのMCに始まりステージは進行。そして期待されたセットリストは『In Rainbows』からのナンバーがメインながら、まずこの初日ではアンコールの『Kid A』からの「Optimistic」、さらには『The Bends』の「Bullet Proof.(I Wish I Was)」などのレア・ナンバーも登場。全編緊張感漂う中、トムのリラックスした雰囲気は土地柄も反映してか、終始穏やかな語り口調が印象的。クオリティーもネット流通とは一線を画すマスター・オーディエンス・ソース使用で、バランスも良くツアー初日の記念すべきショーをカンペキにここに再現。

Recorded at Cruzan Amphitheatre, West Palm Beach, FL, 5th May 2008
(Disc One)
01 intro 02 All I Need 03 Bodysnatchers 04 There There 05 Reckoner 06 The Gloaming 07 Morning Bell 08 Nude 09 How To Disappear Completely 10 15 Step 11 Weird Fishes / Arpeggi 12 Arpeggi (ending reprise) 13 Idioteque 14 Bullet Proof…I Wish I Was
(Disc Two)
01 Where I End And You Begin 02 Airbag 03 Everything In Its Right Place 04 The National Anthem 05 Videotape -encore 1- 06 Optimistic-07 Just 08 Faust Arp 09 Exit Music (For A Film) 10 Bangers & Mash -encore 2- 11 House of Cards 12 Street Spirit
◇Thom Yorke on lead vocals. guitar. piano/Jonny Greenwood on guitar, keyboard/Ed O’Brien on guitar/Colin Greenwood on bass/Phil Selway on drums

尚、翌日2日目の5月6日公演も同時入荷。こちらはレア・ボーナス・トラック付き!

プリンス08年最新ライブ♪

pro307c.jpgPRINCE / COACHELLA 2008 (2CDR)
この商品はこちらから
2008年毎年4月下旬にカリフォルニアで行われる恒例野外イベントとなった「コーチェラ・フェス」に、2008年なんとプリンスが登場!2日目となる4月28日トリを務めたその圧巻のパフォーマンスを、DATレコーディングによる野外とは思えない超クリアー・オーディエンスにて2時間完全コンプリート収録。開催2週間前にアナウンスされ、世界中のファンを驚かせた殿下のイベント・ライブ出演に当然当日のチケットは一瞬でソールド・アウト。そんな期待の中、登場したライブは本当に素晴らしいもので、まずオープニングからプリンス・ファミリー集結で、タイムのモーリス・デイとジェロームと2曲、そしてシーラ・Eとグラマラスにキメた後は、そのシーラの父へのリスペクトとして、何とサンタナ・メドレーまで披露!その後も”Little Red Corvette”のラブリーな演奏ではプリンスの素晴らしいギターソロもあり、フェス向けなのかヒット・チューンも連発。そして中盤でこの日一番のサプライズは何と言ってもレディオヘッドの”Creep”のカヴァー!当初イントロでは全く無反応なオーディエンスもプリンスが歌いだした途端に大きなざわめきが起き、その様子もリアルに再現。レディオヘッドは当初このフェスのトリと言われてたので、それに対するジョークなのか、リスペクトなのかは不明ながら、とにかく9分にわたり感動的なヴォーカルとギターで会場を魅了。この1曲だけでも聴く価値アリの必聴ナンバー!さらにその後もバックボーカルの女性をフューチャーしたサラ・マクラファンのカヴァー、さらにこちらも驚きのビートルズの”Come Together”で終演。そしてアンコールは必殺のキラー・チューン2連発で大円団という、08年最大の話題の殿下ライブを最高のクオリティーでここに再現!

(Disc One)
01. Opening
02. The Bird w/ Morris Day and Jerome Benton
03. Jungle Love w/ Morris Day and Jerome Benton
04. The Glamorous Life w/ Sheila-E
05. Santana Medley (Jungle strut/Soul sacrifice/Toussaint l’ouverture)
06. 1999
07. I Feel For You
08. Controversy/Housequake
09. Little Red Corvette
10. Musicology
11. Instrumental
12. Cream
13. U Got the Look
14. Shhh
(Disc Two)
01. Anotherloverholenyohead
02. Creep (Radiohead Cover)
03. Angel (Sarah McLachlan Cover)
04. 7
05. Come Together (Beatles Cover)
06. encore
07. Purple Rain
08. Let’s Go Crazy
(Recorded at Coachella Music and Arts Festival, Indio, CA USA
April 26 2008)

チープ・トリック・30周年at Budokan!

ct08424c.jpg
CHEAP TRICK / AT BUDOKAN AGAIN! (2CDR)
この商品はこちらから
武道館の名を一躍全世界に知らしめた、ライヴアルバムの金字塔、名盤「at Budokan」の発売30周年記念として、通算13回目の来日公演として、そして約18年ぶりとなる2008年4月24日日本武道館でのステージを、35分にも及ぶサウンドチェックも含めオープニングムービーから余すところ無く完全ノーカット収録!しかもロビン・ザンダー使用のイヤーモニターからのサウンドボード音源と、DATレコーディングによるクリアーなオーディエンス・ソースとのマトリックス収録となっており、その臨場感はあまりにリアル!オーディエンスのその臨場感を最大限に生かし、さらにはバンドのタイトなプレイが非常に生々しくミックス収録されており、トータル収録時間150分にも及ぶ、まさに「at 武道館 ドキュメンタリー」と、いった内容。内容もあの70年代のキラー・チューンはもちろん最近のヒット・ナンバーまでキュリア総括のライブ。さらにボーナストラックとして、武道館公演の前夜祭として前日23日、都内某所にて行われたアコースティック・ショーでのセットも2曲追加。こちらはオーディエンスソースながら、クオリティーも同様文句なし。完全限定リリースゆえファンの方はお早めに。

[DISC ONE]
01:Opening Movie: Oh,Candy – Speak Now Or Forever Hold Your Peace – I Can’t Take It – You’re All I Wanna Do – Carnival Game 02:Introduction 03:Hello There 04:Come On,Come On 05:Big Eyes
06:California Man 07:If You Want My Love 08:Best Friend 09:Downed 10:I Want You To Want Me
11:I Know What I Want 12:Voices 13:High Roller
[DISC TWO]
01:The Flame 02:That 70’s Song 03:Surrender 04:Dream Police 05:Auf Wiedersehen 06:Clock Strikes Ten 07:Goodnight
08:Bun E.’s check* 09:Downed* 10:Downed* 11:Come On,Come On* 12:The Flame* 13:Downed* 14:Downed*
15:I Want You To Want Me** 16:Surrender**

Complete Recorded Live at Nippon Budokan,Tokyo,Japan,April 24,2008
* Sound-Check Recorded Live at Nippon Budokan on April 24,2008
** Acoustic Show Recorded Live in Tokyo on April 23,2008

ナイト・レンジャー・イン・トーキョー08!!

vt039cd.jpg
NIGHT RANGER / BOYS COMIN’BACK TONIGHT AGAIN (4CDR)
この商品はこちらから
2008年ジャパンツアーから4月19&20&22日の3日間行われた赤坂ブリッツとC.C.レモン・ホールの東京3公演を完全コンプリート収録。前年に続いての来日公演で、今回は全て85分というやや短いセットながら、この3日間通してプレイされたのは3曲のみで、毎日セットをほぼ半分は入れ替えており、東京3日間でのべ26曲をプレイ。中でも往年のファンには懐かしい「Can’t Find Me A Thrill」やさらにレアなのは、1983年の初来日時気以来となる「Night Ranger」等、そのほとんどが80年代の解散前のナンバーをセットイン、非常に充実した聞き応えのある3Daysとなっています。さらに特筆すべきは初日のブリッツと、最終日C.Cレモン・ホールでのギグは、ジャック・ブレイズ使用のイヤーモニターからのステレオ・ボード音源とDATレコーディングによるハイクオリティー・オーディエンスとのマトリックス収録で、その臨場感と迫力はまさにスーパー・クオリティー。20日公演もオーディエンス録音としてはトップクラスで、まさに08年来日関連の永久保存盤!

DISC ONE/01.Introduction 02.You’re Gonna Hear From Me 03.Man In Motion 04.When You Close Your Eyes 05.High Enough 06.Night Ranger 07.Panic In Jane 08.This Boy Needs To Rock 09.There Is Life   10.The Secret Of My Success11.Sing Me Away 12.Can’t Find Me A Thrill 13.Four In The Morning 14.Sister Christian 15.Don’t Tell Me You Love Me 16.(You Can Still) Rock In America
DISC TWO/01.Smoke On The Water (w/FIREHOUSE)
(Recorded Live at Akasaka Blitz,Tokyo,Japan,April 19,2008)
02.Introduction 03.This Boy Needs To Rock 04.Tell Your Vision  05.Rumours In The Air 06.Call My Name 07.Sing Me Away 08.Eddie’s Comin’ Out Tonight 09.Sentimental Street 10.Passion Play 11.The Secret Of My Success 12.Can’t Find Me A Thrill 13.Coming Of Age 14Sister Christian
DISC THREE/01.Don’t Tell Me You Love Me 02.(You Can Still) Rock In America 03.Highway To Hell(w/FIREHOUSE)
(Recorded Live at Akasaka Blitz,Tokyo,Japan,April 20,2008)
04.Introduction 05.Seven Wishes 06.Midnight Madness 07.Sing Me Away 08.Call My Name 09.You’re Gonna Hear From Me 10.Night Ranger 11.Joel Acoustic Guitar solo 12.Let Him Run 13.Goodbye
DISC FOUR/01.Passion Play 02.Coming Of Age 03.When You Close Your Eyes 04.Sister Christian 05.(You Can Still) Rock In America 06.Don’t Tell Me You Love Me 07.Crazy Train (w/FIREHOUSE)
(Recorded Live at C.C.Lemon Hall,Tokyo,Japan,April 22,2008)

Jack Blades (lead vocals/bass)  Kelly Keagy (drums/lead vocals)  Brad Gillis (lead guitar/vocals) Joel Hoekstra (lead guitar/vocals)  Christian Cullen (keyboards/vocals)

08年デュラン・デュラン一夜限りの東京ライブ

dd08414c.jpg
DURAN DURAN / ONE NITE RAW MASSACRE IN TOKYO (2CDR)
この商品はこちらから
2008年「RED CARPET MASSACRE」リリースにおいて一夜だけの来日公演を行った際の4月14日、ZEPP東京公演をサイモンのイヤーモニターソースからのサウンドボード音源と、DATレコーディングによるハイクオリティー・オーディエンスとの高音質マトリックスにて収録。ネオ・ロマンティックサウンドを推し進めた、同アルバムから5曲と、往年のグレイテストヒッツを交えた2時間を余すところ無く完全ノーカット収録。セット途中に行われる、エレクトロセットの新旧6曲も、今までに無い試みとしては斬新かつ、ファン必聴のエレクトロバージョン!さらにボーナスとして約15分の本番前のサウンドチェックも収録した、本公演のまさに決定版アイテム!

DISC ONE / 01: Introduction (Title Music From A Clockwork Orange) 02: The Valley 03: Red Carpet Massacre 04: Nite-Runner 05: Hungry Like The Wolf 06: Planet Earth 07: Falling Down 08: Come Undone 09: Skin Divers 10: The Reflex 11: Save A Prayer 12: A View To A Kill Electroset: 13: Last Chance On The Stairway14: All She Wants Is 15: Warm Leatherette 16: I Don’t Want Your Love 17: Skin Trade 18: Tempted
DISC TWO / 01: Notorious 02: Girls On Film (incl.Band Introduction) 03: Ordinary World 04: (Reach Up For The)Sunrise 05: The Wild Boys 06: Rio 07: Sound-Check jam*08: Ordinary World #1(sound-check)* 09: Ordinary World #2(sound-check)* 10: (Reach Up For The)Sunrise #1(sound-check)* 11: (Reach Up For The)Sunrise #2(sound-check)* Complete
(Recorded Live at ZEPP TOKYO,Tokyo,Japan on April 14,2008 -*Sound-Check-)

THE JACK AND JIM SHOW IN KYOTO!!

flyer1.jpg

“THE JACK AND JIM SHOW”⇒、ジャックことギター怪人 ユージン・チャドボーン と、ジムこと あのFRANK ZAPPA & THE MOTHERS OF INVENTION のインディアン・ドラマー ジミー・カール・ブラック によるユニット!この2人によるハッピーで、アヴァンギャルドで、ハチャメチャなパーティ・ライヴ・ショウが、日本に、そして京都にやってくる!当日はマザーズやビーフハート・ナンバーも披露するとか・・。
興奮の一夜を是非体感! 
尚、前売り券(2,000円)は当店でも取り扱い中です。当店カウンターでお求めください。ちなみに当日券は2,500円。

flyer2.jpg

Zeppelin 再結成ライブ映像の決定版!

fe07zed.jpg
LED ZEPPELIN / REUNION : COMPLETE EDITION (2DVDR)
この商品はこちらから
2007年12月10日、あの奇跡の復活ステージの映像は各種リリースされた中、まさに決定版と云えるアイテムがコレ!これまでにl流出した数多くのオーディエンス音源や映像を、すべて精査してベスト映像にベスト音源を組み合わせてコンプリート決定版を制作。そのコンセプトで4つの映像ソースと3つのオーディオ音源をミックス、その結果、映像は4カメラ・マルチ・アングル、さらに音声は5.1サラウンドのベスト・アイテムがここに登場。現状、本作があの再結成ライブをベスト・クオリティーで見れる最高の手段で、オフィシャル・リリースが無い限りこれ以上は望めないであろうまさに決定版! もちろんオープニングからアンコールまで完全ノーカット収録で、不安定だったカメラ・アングル箇所等も極限まで修正。何より音質が素晴らしく、ジミーのギターがオンで捉えられており、全体のバランスもサラウンドならではの安定感があり。歴史的な一夜を完全追体験できるトータル127分のコンパイル・アイテム!

DVD ONE:01. Opening Tampa 1973 Newsreel 02. Good Times Bad Times 03. Ramble On 04. Black Dog 05. In My Time Of Dying 06. For Your Life 07. Trampled Under Foot 08. Nobody’s Fault But Mine 09. No Quarter
DVD TWO:01. Since I’ve Been Loving You 02. Dazed And Confused 03. Stairway To Heaven 04. The Song Remains The Same 05. Misty Mountain Hop 06. Kashmi 07. Whole Lotta Love 08. Rock And Roll
(Live At The O2 Arena, London U.K 12.10.2007/runningtime: 127min.)

BON JOVI 2008年最新ライブ映像!

jpd464.jpg

BON JOVI / PHILADELPHIA 2008(1DVDR)
この商品はこちらから
”LOST HIGHWAY”ワールド・ツアーにおいて2008年ジャパン・ツアーののち、ステージ・セットやセットリストを一新して行われた2月中旬からの北米ツアーより、ツアー9日目であり、ジョンのフットボール・チームPhiladelphia Soulの地元、そしてジョン自身の誕生日の翌日となる3月3日フィラデルフィアは、Wachovia Center公演の模様を、ステージ正面やや右寄りからのオーディエンス・ショットにて収録。カメラが当初安定せずオープニング10分間は音声のみの収録ながら、それ以降は画質もクリアーで安定したショットにて。まずオープニングは今回おなじみになったカヴァーでスタート、そのあともあの感動の来日公演を思い起こすセットが続く中、やはりこの日も随所でレア・ナンバーが登場する中、何とこの日は本ツアーでは全く初めてとなる、ジョンのソロ曲”Blood Money”を中盤で披露!そしてリッチーの歌う感動的な”I’ll Be There For You”に続いての”Make A Memory”では何とジョンがいきなり満員の観客席に現れて歌うという演出もあり。トータル139分、ステージセットも来日時とは変わっているので、こちらも要チェックの必見アイテム。

(LIVE AT WACHOVIA CENTER, PHILADELPHIA. , USA March 3rd 2008)
Glad All Over / Lost Highway / You Give Love A Bad Name / Raise Your Hands / Captain Crash & The Beauty Queen From Mars / I’ll Sleep When I’m Dead / The Radio Saved My Life Tonight / Summertime / Blood Money / Blaze Of
Glory / Whole Lot Of Leavin’ / Born To Be My Baby / We Got It Going On /
It’s My Life / Bad Medicine – Shout /I’ll Be There For You / (You Want To) Make A Memory / Till We Ain’t Strangers Anymore / Who Says You Can’t Go
Home / Have A Nice Day / Keep The Faith / Livin’ On A Prayer / Hallelujah /
Wanted Dead Or Alive / I Love This Town /

2008年クラプトン&ウィンウッド、映像登場!

jpd462.jpg

STEVE WINWOOD & ERIC CLAPTON / – M.S.G. 2-26-2008
(1DVDR)

この商品はこちらから
2007年の”Crossroads Guitar Fes.”に続き再び実現した夢の共演!2008年2月25、26、28日の3日間限定でNY,MSGで行われたクラプトンとスティーヴ・ウィンウッドのジョイント・コンサートより、2日目となる26日のライヴをステージほぼ正面からとレフトサイドからの2台のカメラを駆使し、編集も施されたプロショット並の超クリアー、オーディエンス・ショットにて135分完全ノーカット収録。この日もB・フェイスの”Had To Cry Today”でスタート。”Presence Of The Load” ”Well Alright”もプレイし、各々のソロチューンからクリーム、トラフィック、ジミ・ヘンのカヴァーまで互いのキャリア総括と云えるセットリスト。このショーの1週間前バンドメンバー全員がリハーサルの為にロンドンに集まり、ジャムりながら、それぞれの持ちネタから演奏曲を決めたという今回のセットはほぼ固定の中、ラストナンバーが前日の”Crossroads”から”Cocaine”に代わったり、曲順も微妙にセットチェンジされているため、やはり全て必見。何より2人のプレイが絶好調!必見!
尚、この前日2月25日の映像も同時入荷。>25日のライブDVDははこちらから
(Live at Madison Square Garden NY, USA Tuesday 26 February, 2008)
Eric Clapton – guitar, vocals Steve Winwood – organ, guitar, vocals Chris Stainton – keyboards Willie Weeks – bass Ian Thomas – drums

01. Had To Cry Today / 02. Low Down / 03. Forever Man / 04. Them Changes /
05. Sleeping In The Ground / 06. Presence Of The Lord / 07. Glad – Well Alright / 08. Double Trouble / 09. Pearly Queen / 10. Tell The Truth / 11. No Face / 12. After Midnight / 13. Split Decision / 14. Ramblin On My Mind (EC solo acoustic) / 15. Georgia On My Mind (SW solo hammond) / 16. Little Wing / 17. Voodoo Chile / 18. Can’t Find My Way Home / 19. Cocaine / 20. Dear Mr Fantasy /