Skip to content

Joe's Garage BLOG Posts

ツェッペリン驚愕の新発掘音源による、1973年7月13日デトロイト公演を完全収録したタイトルが、限定プレス3CDにて。

LED ZEPPELIN / AMAZING SECOND DETROIT TAPE (プレス3CD)

驚愕の新発掘音源による、1973年USツアーにおける7月13日デトロイト公演を完全コンプリート収録したタイトルが、限定ロー・プライス永久保存プレス3CDにて。
まずこの音源は2020年秋、突然WEB上に公開された、全くの初登場オーディエンス音源で、世界中のゼップ・ファンの間で話題騒然となることに。
しかも1973年北米ツアーのなかでも指折りの熱狂パフォーマンスだったとされる伝説のデトロイト連続2公演の2日目の音源で、因みに初日12日はほぼフル収録のオーディエンス・ソース、またこの2日目もジョン・ボーナムが記録用にスタッフに録音させたとされる、“モビー・ディック”以降50分強のサウンドボード音源も存在していたものの、ライブ全編を収録した音源は47年が経過して初めてのこと。
しかもサウンドボード音源からも当時の演奏の白熱ぶりには定評があり、演奏の素晴らしさも含めて、今回このように発掘されたことは奇跡的なことで、しかもすでにネット上で公開されている音源をそのままDL、CD化もされている中、本タイトルではそのマスター音源にデジタル・リマスタリングを施し、マスタリングといっても元々の音源の貴重さを損うことなく、過剰なイコライジングや編集はあえて加えず、残響音が強かった中域を抑え、気になった曲間ブランクを修正、オーバーレヴェルになる部分のみゲインを抑えるという丁重かつプロユース編集にて、現状ベスト・クオリティーにて当日の模様を再現。
そして演奏においてもおなじみ「ROCK AND ROLL」でスタートするや、「CELEBRATION DAY」の激しいリフまわし、軽快に跳ねる「OVER THE HILLS AND FAR AWAY」、「SINCE I’VE BEEN LOVING YOU」でのエモーショナルなロバートと、深くブルージーなバンド・アンサンブル、そして中盤ハイライト「DAZED AND CONFUSED」に至っては30分以上に渡るインプロを展開し、息をつく暇もない緊張感ある演奏を披露。
そして続く「STAIRWAY TO HEAVEN」も、一転静かな雰囲気で始まり、丁寧にメロディを積み上げていく美しい演奏で、その後は28分に及ぶ「MOBY DICK」、本編ラストの「WHOLE LOTTA LOVE」は「CRUNGE」や「I’M GOING DOWN」などを挿入した素晴らしい展開に。
さらにこの日の最大のハイライトはアンコール・ラストの「DANCING DAYS」で、この曲が演奏されるのはこの北米ツアーにおいてはこの日のみ。
以上、1973年の中でも名演に挙げられる公演を初めてフル収録した、ファン必携のコレクターズ・エディション。

DISC 1 : 1. Intro 2. ROCK AND ROLL 3. CELEBRATION DAY 4. BLACK DOG 5. OVER THE HILLS AND FAR AWAY 6. MISTY MOUNTAIN HOP 7. SINCE I’VE BEEN LOVING YOU 8. NO QUARTER 9. THE SONG REMAINS THE SAME 10. THE RAIN SONG
DISC 2 : 1. DAZED AND CONFUSED 2. STAIRWAY TO HEAVEN 3. MOBY DICK
DISC 3 : 1. HEARTBREAKER 2.  WHOLE LOTTA LOVE 3. DANCING DAYS
[Recorded at Cobo Hall, Detroit, MI, USA July 13th 1973 : Audience Recording / Digital Remaster from New Appearance Audience Tape in 2020]
◇Robert Plant – vocal / Jimmy Page – guitar / John Paul Jones – bass, keyboard / John Bonham – drums

オアシスのコレクターズ・アイテム金字塔タイトルが、2020年最新マスタリングにより奇跡の限定リリシュー。

OASIS /  THE SECOND SUMMER OF LOVE : DEFINITIVE EDITION (プレス6CD)

オアシスのコレクターズ・アイテムの金字塔タイトルが、2020年最新マスタリングにより奇跡の限定リリシュー。
本アイテムは2007年にリリースされるや一瞬でソールド・アウトした、1996年8月10&11日、伝説のイギリス、ネブワース公演を収録したタイトルで、その2日間の全貌を最高クオリティーで捉えた決定盤として、リリース即完売後、長らく再発されることがなかったため、廃盤以降、ネット・オークション等でもいまだに相当な高値で取引されている名盤。
その幻のアイテムを今回オアシス 専門のSUPERSONICレーベルから、大元マスターに2020年最新のデジタル・リマスタリングを施し、さらにグレード・アップしたクオリティーにてついにリリシューされ、しかも今回レーベル・オリジナルの封入りデータ・カードも添付された、限定ロー・プライス仕様にて。
そして1994年4月メジャー・デビュー、翌1995年4月シェフィールド・アリーナでの初のアリーナ・ギグ(12,000人動員)、10月に後にイギリス史上最も売れたアルバムになったセカンド『(What’s The Story)Morning Glory?』をリリース。そしてこの爆発的なスタート・ダッシュを経ての、同年11月ヨーロッパ最大のインドア・ギグ、ロンドンはアールズ・コート公演(2Days 40,000人動員)、翌1996年4月故郷マンチェスター公演(2Days 80,000人動員)、そして本作となるこのネブワース公演(2Days 250,000人動員)がオアシス3大ギグと呼ばれることに。
そしてこのネプワース2公演には、当時約260万人とも言われるイギリス国民が電話でのチケット争奪戦に参加、またオアシス史上最大にして最強時期ということで、バンド・メンバーが「オアシスはあそこで終わるべきだったのかも」とまで言わしめた、などと今もって伝説のライブを、まずDISC 1とDISC 2の4トラック目まではBBCの放送音源からのマスター・クオリティー、サウンドボード音源にて収録。
なおオープニングSEからなだれ込む「Columbia」からのセットリストは、この年8月の野外ギグのみのスペシャルなラインナップで、圧巻のパフォーマンスは鬼気迫る迫力があり。
そしてDISC 2の残りのトラックはインタビューと、12トラック目はリアムがオーシャン・カラー・シーンと共演した”Day Tripper”も収録。 さらにDISC 3& 4の10トラック目までは、初日10日をオーディエンス・マスター・テープよりコンプリート収録。音質クオリティーはやや粗めながら、2日目よりもかなりテンションが高く、また残りのトラックには放送音源からのサウンドボード・ソースも収録。
そしてDISC 5&6はBBCの放送音源にイコライジングを加えた音源に、流出プロショットのソースをシンクロさせて2日目11日をフル収録しており、、単一のソースではないにしろ、サウンドボードにて2日目の模様を完全再現。さらに最後のボーナス・トラックの3曲は「THERE AND THEN」の付録のレア・シングルを収録しており、”Wonderwall”は1995年11月4日のアールズ・コート公演、”Cigarettes & Alcohol”が1996年4月28日のメイン・ロード公演、そして”hampagne Supernova”のみがネブワース2日目の音源にて。

[コレクターズ・ポイント]
今回2020年の再リリシューにあたり、まずFM音源によるDISC1&2は、大袈裟なイコライジングはせずに音色や音量のバランスを調整し、あったブランク・ノイズの除去、DISC1からDISC2への切り替わり部分を修正。そしてインタヴュー・トラックはブツ切りだったトラック・チェンジ部分の編集や、『デイ・トリッパー』は音量を上げるなど全体的に丁寧に整頓したリマスタリングにて。
続くDISC3&4のオーディエンス音源は、こもりがちだった音色をオンとし、左右に散っていた音像もセンター寄りに定位し、音量のバランスも全体に調整したうえ、ボーナス・トラックのサウンドボード音源もそれらと音量差が生じないようにリマスタリング。
さらにDISC5&6のメインの2日目の音源は新たにイコライジングを施すことはせずに、あえてオリジナルのまま収録し、トラック・チェンジだけ調整し、ボーナス・トラックもそれぞれトラック毎リマスタリングにて。
以上、オアシスの金字塔アイテムを最新リマスターで再現しデータ・カードも添付しているので、既発をお持ちの方も、当時買い逃した方も必携の限定タイトルは、ロー・プライスによる永久保存プレス6CD仕様ゆえお早めに。

DISC 1 : 01. THE SWAMP SONG (SE) 02. COLUMBIA 03. ACQUIESCE 04. SUPERSONIC 05. HELLO 06. SOME MIGHT SAY  07. ROLL WITH IT 08. SLIDE AWAY 09. MORNING GLORY 10. ROUND ARE WAY / UP IN THE SKY 11. CIGARETTES AND ALCOHOL 12. WHATEVER – OCTOPUS’S GARDEN 13. CAST NO SHADOW 14. WONDERWALL 15. THE MASTERPLAN
DISC 2 : 01. DON’T LOOK BACK IN ANGER
[Recorded at Knebworth Park, Stevenage, UK, August 11th 1996 : BBC Radio Broadcast]
02. LIVE FOREVER 03. CHAMPAGNE SUPERNOVA 04. I AM THE WALRUS
[Recorded at Knebworth Park, Stevenage, UK, August 10th 1996 : BBC Radio Broadcast]
05. Interview (Noel on Kula Shaker & Liam’s Musical Taste) 06. Interview (Noel on Other Bands & Security Guards) 07. Interview (Noel on Knebworth & Unplugged) 08. Interview (Noel on Liam & The Rest of The Band) 09. Interview (Noel on The Smurfs, Suede, His Mum & Paul Weller) 10. Interview (Noel on Johnny Depp & The Fans) 11. Interview (Noel on Ocean Colour Scene) & Liam’s MC (Live Skit)
[Recorded at BBC Radio 1 Interview with Noel Gallagher]
12. Interview – DAY TRIPPER – Interview
[Recorded at Electric Ballroom, London, UK, May 9th 1996]
13. Featuring – Ocean Colour Scene 14. Interview (Noel on Ian Robertson’s Book, Songwriting & The Chemical Brothers) 15. Interview (Noel on Purple Parallellagram & Evan Dando)
[Recorded at BBC Radio 1 Interview with Noel Gallagher]

DISC 3 : 01. THE SWAMP SONG(SE) 02. COLUMBIA 03. ACQUIESCE 04. SUPERSONIC 05. HELLO 06. SOME MIGHT SAY 07. ROLL WITH IT 08. SLIDE AWAY 09. MORNING GLORY 10. ROUND ARE WAY / UP IN THE SKY 11. CIGARETTES AND ALCOHOL
DISC 4 : 01. WHATEVER – ALL THE YOUNG DUDES 02. CAST NO SHADOW 03. WONDERWALL 04. THE MASTERPLAN 05. DON’T LOOK BACK IN ANGER 06. MY BIG MOUTH 07. IT’S GETTIN’ BETTER (MAN!!) 08. LIVE FOREVER 09. CHAMPAGNE SUPERNOVA 10. I AM THE WALRUS
[Recorded at Knebworth Park, Stevenage, UK August 10th 1996 : Audience Source]
11. ROLL WITH IT (Fragment) 12. THE MASTERPLAN 13. CHAMPAGNE SUPERNOVA
[Recorded at Knebworth Park, Stevenage, UK, August 10th 1996 : Soundboard Source]

DISC 5 : 01. THE SWAMP SONG(SE) 02. COLUMBIA 03. ACQUIESCE 04. SUPERSONIC 05. HELLO 06. SOME MIGHT SAY 07. ROLL WITH IT 08. SLIDE AWAY 09. MORNING GLORY 10. ROUND ARE WAY / UP IN THE SKY 11. CIGARETTES AND ALCOHOL 12. WHATEVER – OCTOPUS’S GARDEN 13. CAST NO SHADOW 14. WONDERWALL 15. THE MASTERPLAN
DISC 6 : 01. DON’T LOOK BACK IN ANGER 02. WHO THE FUCK ARE MAN UNITED / MY BIG MOUTH 03. IT’S GETTIN’ BETTER (MAN!!) 04. LIVE FOREVER 05. CHAMPAGNE SUPERNOVA 06. I AM THE WALRUS
[Recorded at Knebworth Park, Stevenage, UK, August 11th 1996 : Soundboard Source]
07. WONDERWALL (Acoustic)
[Recorded at Earls Court Exhibition Centre, London, UK, November 5th 1995]
08. CIGARETTES & ALCOHOL
[Recorded at Maine Road, Manchester, UK, April 28th 1996]  
09. CHAMPAGNE SUPERNOVA [Recorded at Knebworth Park, Stevenage, UK, August 11th 1996]

クイーン「エクスパンデッド・コレクターズ・エディション」からの第11弾『ア・カインド・オブ・マジック』登場!

QUEEN / A KIND OF MAGIC : EXPANDED EDITION (2CD+2DVD)

クイーン・ファン必携の「MASTERWORKS」レーベルより、アルバム徹底研究シリーズ第11弾、『ア・カインド・オブ・マジック』を徹底探究しレア音源と映像でまとめたコレクターズ・エディションが、プレス2CD+2DVD仕様にてオリジナル・ポストカード付で完全限定リリース。

[内容詳細]
伝説の「ライブ・エイド」後に翌1986年にリリースされ全英No.1にも輝いた『ア・カインド・オブ・マジック』は、それぞれのソロ活動をはじめとしたバンド存続の危機を乗り越えて制作されたもので、映画『ハイランダー』のサントラも兼ねて、数多くのシングル・ヒットも生み出し、また結果的には最後となる大規模なツアーも敢行した意欲作として、後期の作品でも今だ人気の高い1枚。
そこで本タイトルにおいてまずCDには、アルバム全曲オリジナルとは微妙に異なる、最新リミックス&リマスターに加えて、シングル・バージョンや未発表曲等も収録し、disc:2にはアルバムからのエクステンディッド・バージョンや、制作過程の貴重なデモやリミックス音源を収録。
そしてDVDにはこれまで同様、全曲リリックス映像に、マルチ・オーディオ選択でリマスター・ステレオの他、5.1サラウンド・ミックスやインスト・トラックス、ヴォーカル・メイン・トラックス等、4通りのマルチ・オーディオをセレクトして聞き比べも可能な、「オーディオ・アルバム」を最初に収録。そして「ワン・ビジョン」、「プリンシズ・オブ・ザ・ユニバース」の貴重なメイキング映像を54分のコンプリート・バージョンで収録し、さらにDVD:2にはPVのバージョン違いやTVオンエアー・バージョン、さらにライブ・パフォーマンス等のレアな「ビデオ・コレクション」も収録。

[コレクターズ・ポイント]
まずCDのdisc:1には「オリジナル・アルバム・リミックス&リマスター」として、アルバム全曲を細やかな音源編集による改訂版リマスター音源にて収録しており、全テイク、レギュラー・バージョンと異なるアルバム・ミックスにて。また後半にはシングル用にエディットされたバージョンや、アルバム未収録のシングル・カップリング曲、また映画『ハイランダー』で公開された「ニューヨーク・ニューヨーク」も収録。
そしてdisc:2は「オルタネイト・アルバム」ともいえる、アルバムからのエクステンディッド・バージョンを収録しており、「フレンズ・ウィル・ビー・フレンズ」等、曲によってはアナログでしか収録されていないバージョンもすべてコンパイルし、また貴重な初期バージョンとなる「プリンシズ・オブ・ザ・ユニバース」「ワン・イヤー・オブ・ラブ」、また未発表曲「バトル・シーン」「バタフライ」、「リブ・フォーエバー」のデモ音源も注目。
そしてDVDにはこれまで同様、オーディオ・アルバムとして、全曲リアルタイムで歌詞が流れるリリックス映像にマルチ・オーディオ選択でリマスター・ステレオの他、5.1サラウンド・ミックスやインスト・トラック、ヴォーカル・メイン・トラックスをセレクトして聴き比べ出来る4種のオーディオ・オプション仕様にて。マニアックな聴き比べ音源検証に限らず、インスト・トラックスを再生して映像に合わせてカラオケを楽しむことや、フレディのボーカルをメインに演奏を抑えたヴォーカル・メイン・トラックスで歌やコーラスを確認できたりと、アルバム全曲を4通りの違った音源で再生可能。
そして「ビデオ・コレクション」の中の「ワン・ビジョン」、「プリンシズ・オブ・ザ・ユニバース」の貴重なメイキング映像のコンプリート・バージョンは、撮影現場をとらえた興味深いドキュメンタリー仕様にて。また他にもPVをはじめ、映画『ハイランダー』バージョン等、様々なバージョン違いのクリップに加えて、1986年スイス、モントルーでの疑似ライブ映像など、いずれも今やレアな映像も多数のトータル2時間11分。
そしてさらに本タイトルも初回限定100セット・オンリーで、限定シリアル・ナンバー入りのオリジナル・・ポストカードを添付。レア・フォトを用いたこちらのカードは、完全限定の証明ともなるナンバリング入りで先着100セットのみゆえ、ご希望の方はお早めに。
 以上、『ア・カインド・オブ・マジック』の関連音源と映像を徹底追及した、究極のアルバム研究シリーズ第11弾は、これまで同様ファン必携のコレクターズ・エディション。

CD 1 : [ORIGINAL ALBUM REMIX AND REMASTERS]1. ONE VISION 2. A KIND OF MAGIC 3. ONE YEAR OF LOVE 4. PAIN IS SO CLOSE TO PLEASURE 5. FRIENDS WILL BE FRIENDS 6. WHO WANTS TO LIVE FOREVER 7. GIMME THE PRIZE 8. DON’T LOSE YOUR HEAD 9. PRINCES OF THE UNIVERSE SINGLES / ALTERNATE VERSIONS 10. ONE VISION (Single Version) 11. BLURRED VISION 12. A KIND OF MAGIC (Highlander Version) 13. A DOZEN RED ROSES FOR MY DARLING 14. WHO WANTS TO LIVE FOREVER (Single Version) 15. FOREVER 16. PAIN IS SO CLOSE TO PLEASURE (Single Version) 17. GIMME THE PRIZE (The eYe Instremental Remix) 18. A KIND OF “A KIND OF MAGIC” 19. NEW YORK NEW YORK
CD 2 : [EXTENDED VERSIONS / ALTERNATE MIXES AND DEMOS] 1. ONE VISION (Extended Version) 2. A KIND OF MAGIC (Extended Version) 3. ONE YEAR OF LOVE (Extended Version) 4. PAIN IS SO CLOSE TO PLEASURE (Extended Version) 5. FRIENDS WILL BE FRIENDS (WILL BE FRIENDS) (Extended Version) 6. GIMME THE PRIZE (Extended Version) 7. DON’T LOSE YOUR HEAD (The eYe Instremental Remix) 8. PRINCES OF THE UNIVERSE (Townhouse Studio Version) 9. ONE YEAR OF LOVE (Townhouse Studio Version) 10. BATTLE SCENE (Demo) 11. WHO WANTS TO LIVE FOREVER (Demo) 12. BUTTERFLY (Demo) 13. A KIND OF VISION (Demo) 14. ONE VISION (Multitrack Remix) 15. WHO WANTS TO LIVE FOREVER (Freddie Vocal Version) 16. GIMME THE PRIZE (The eYe Version) 17. ONE VISION (The eYe Version) 18. IT’S MAGIC / A KIND OF MAGIC (The eYe Version)

DVD 1 : [AUDIO ALBUM (LYRICS with MULTIPLE SELECTIONS)] ONE VISION / A KIND OF MAGIC /ONE YEAR OF LOVE / PAIN IS SO CLOSE TO PLEASURE / FRIENDS WILL BE FRIENDS / WHO WANTS TO LIVE FOREVER / GIMME THE PRIZE / DON’T LOSE YOUR HEAD / PRINCES OF THE UNIVERSE
◇Multiple Selections Audio : 1) Remaster Stereo 2) Dolby Digital 5.1 Surround 3) Instrumental Tracks 4) Vocal Main Tracks

MAKING VIDEO (COMPLETE VERSION) / ONE VISION (Complete Version) / PRINCES OF THE UNIVERSE (Complete Version)
DVD 2 : [VIDEO COLLECTION] ONE VISION (Original Promo) / ONE VISION (Extended Version) / ONE VISION (Iron Eagle Version) / ONE VISION (Making&Alternate Version) / A KIND OF MAGIC (Original Promo) / A KIND OF MAGIC (Making&Alternate Version) / A KIND OF MAGIC (Highlander Version) / PRINCES OF THE UNIVERSE (Original Promo) / PRINCES OF THE UNIVERSE (Highlander Version) / FRIENDS WILL BE FRIENDS (Original Promo) / WHO WANTS TO LIVE FOREVER (Original Promo) / WHO WANTS TO LIVE FOREVER (Highlander Version) / WHO WANTS TO LIVE FOREVER (Live Version) / GIMME THE PRIZE (Highlander Version) / NEW YORK NEW YORK (Highlander Version) / ONE YEAR OF LOVE (Original Promo) / ONE YEAR OF LOVE (Alternate Version) / ONE VISION (Live In Montreux 1986) / YEAR-OH (Live In Montreux 1986) / A KIND OF MAGIC (Live In Montreux 1986) / FRIENDS WILL BE FRIENDS (Live In Montreux 1986) / HAMMER TO FALL (Live In Montreux 1986)
◇NTSC 16:9 (4:3) Dolby Digital Stereo / 5.1 Surround
DVD1 = time approx. 40min.x4 audio-selections + video 54min.
DVD2 = time approx. video 77min.
◇All Tracks Remix and Remastered Compilation 2020

ジャズ・ファンのみならずビートルズ・ファンも必聴・必見の、ブラッド・メルドーのビートルズ・カヴァー・コンサート」の模様を、音と映像でカップリング。

BRAD MEHLDAU / JOUE THE BEATLES IN PARIS 2020 (2CDR+1DVDR)

パット・メセニーらとのコラボで知られ、”ピアノの吟遊詩人”と謳われビル・エヴァンスの後継者とも言われるピアニスト、ブラッド・メルドーの、2020年9月19&20日フランス、パリにて2日間にわたり行われたソロによる「ビートルズ・カヴァー・コンサート」の模様を、音と映像でカップリング。
まず音源には初日の19日を、デジタル・オーディエンス・マスターにデジタル・リマスタリングを施しコンプリート収録。会場が格式高いホールで、クラシック・コンサートに近い雰囲気ゆえ音響も素晴らしく、歓声や拍手が入るところなども丁寧に編集され、一聴すればサウンドボードかと思えるクオリティーにて。
 因みにメルドーはこれまでにも何度もピアノ・ソロ・コンサートを開いては、ビートルズやレディオヘッドなど、ジャズにこだわらないバラエティ豊かなカヴァーを披露してきた中で、この日は。『ビートルズ・ウィークエンド』の名のごとく、両日ともビートルズの曲オンパレードで、さらに終盤は過去にも披露しているポールニーのソロ曲、そしてゾンビーズやビーチボーイズ、そしてデヴィッド・ボウイの「火星の生活」などもリリカルなソロを披露。
さらに映像DVD-Rには翌日20日公演を、WEBキャスト・オンエアーからのマスター・クオリティー、プロショット映像にてコンプリート収録。
これはインターネットのみで行われたストリーミング配信からの映像で、HDクオリティーによるオフィシャル・レベルの映像にて。 なお本編のビートルズ・カヴァーは前日と同じながら、アンコールからはセット・チェンジも行われ、とにかくメルドーはバッハの曲だけのコンサートなど行うこともあり、クラシックもプレイする中、ここまでポップスに特化したコンサートは過去になく、しかもメインがビートルズだけに、ジャズ・ファンならずとも全編必聴・必見。

DISC 1 : 1. I AM THE WALRUS (The Beatles) 2. YOUR MOTHER SHOULD KNOW (The Beatles) 3. I SAW HER STANDING THERE (The Beatles) 4. FOR NO ONE (The Beatles) 5. BABY’S IN BLACK (The Beatles) 6. SHE SAID SHE SAID (The Beatles) 7. HERE THERE AND EVERYWHERE (The Beatles) 8. IF I NEEDED SOMEONE (The Beatles) 9. MAXWELL’S SILVER HAMMER (The Beatles) 10. GOLDEN SLUMBERS (The Beatles) 11. MAYBE I’M AMAZED (Paul McCartney) 12. A ROSE FOR EMILY (The Zombies) 13. GOD ONLY KNOWS (The Beach Boys) 14. LIFE ON MARS (David Bowie)
 DISC 2 : -encore- 1. NEW YORK STATE OF MIND (Billy Joel) 2. BLACKBIRD (The Beatles) 3. AND I LOVE HER (The Beatles) 4. COME RAIN OR COME SHINE 5. BROWNIE SPEAKS 6. PANNONICA
 [Recorded Philharmonie de Paris, Paris, France, September 19th 2020 : Digital Audience Recording]

 DVR-R : I AM THE WALRUS (The Beatles) / YOUR MOTHER SHOULD KNOW (The Beatles) / I SAW HER STANDING THERE (The Beatles) / FOR NO ONE (The Beatles) / BABY’S IN BLACK (The Beatles) / SHE SAID SHE SAID (The Beatles) / HERE THERE AND EVERYWHERE (The Beatles) / IF I NEEDED SOMEONE (The Beatles) / MAXWELL’S SILVER HAMMER (The Beatles) / GOLDEN SLUMBERS (The Beatles) / MAYBE I’M AMAZED (Paul McCartney) / A ROSE FOR EMILY (The Zombies) / GOD ONLY KNOWS (The Beach Boys) / LIFE ON MARS (David Bowie) –encore- NEW YORK STATE OF MIND (Billy Joel) / STRIKE UP THE BAND (George & Ira Gershwin) / SMOKE GETS IN YOUR EYES (Jerome Kern) / BLACKBIRD (The Beatles) / THE NEARNESS OF YOU (Hoagy Carmichael & Ned Washington)
 [Recorded Philharmonie de Paris, Paris, France, September 20th 2020 : PRO-SHOT COLOUR NTSC / Stereo 16:9 Full HD Quarity]

プリンスのアーカイブ・シリーズから、1993年未発表アルバム『ジ・アンダーテイカー』の、貴重な音源&映像をカップリング。

PRINCE / THE UNDERTAKER (プレス1CD+1DVD)

プリンスのアーカイブ・シリーズから、1993年の未発表アルバム『ジ・アンダーテイカー』の、貴重な映像版2バージョンをカップリングしたタイトルが、限定ロー・プライス、プレス1CD+1DVD仕様にて。
まず『ジ・アンダーテイカー』は、1993年ペイズリー・パークにて、マイケル・Bとソニー・Tによる「ニュー・パワー・トリオ」の3人でライブ収録され、後に映像作品化された未発表アルバムで、当時未発表曲だった「ザ・ライド」から、ストーンズの「ホンキー・トンク・ウィメン」に初期ロック・ナンバー「バンビ」、メイヴィス・ステイプルズに提供されたタイトル曲「アンダーテイカー」まで、一発撮りのライブならではの緊張感溢れる演奏と、サイケデリックな演出も見どころのひとつ。
さらに女優ヴァネッサ・マーシルによるショート・ムービー仕立てで、異色の映像作品となった『ジ・アンダーテイカー』は、当初は限定アルバムとしてもCDリリース予定がありながら、見送られた未発表アルバムでもあり。
そのいわくつきの未発表アルバムのオリジナル音源のCDと、現在では廃盤のビデオ・バージョンと、これとは編集の異なる幻の未発売オリジナル・バージョンの、映像作品2バージョンを収録した映像DVDをカップリングしたのが本タイトル。
なおCDにはオリジナル音源に加えて、エクストラ・トラックスとして同時期の未発表曲とバージョン違いも収録しており、曲目は同一ながら映像版では一部カットや編集されている音源もノーカットとなっているオリジナル音源も収録。またDVDは現在廃盤のプリンス名義のビデオ・バージョンと、映像編集の異なる「ジ・アーティスト」(TAFKAP=The Artist Formary Known As Prince)名義による、未発売オリジナル・バージョンとの両方を収録。
以上、当時レコード会社との確執の中でプリンス名義の映像作品として発表されるも、「ジ・アーティスト」名義の別バージョンも存在するこの『ジ・アンダーテイカー』は、現在では音源、映像ともに入手困難ゆえ、今回もファン必携の限定コレクターズ・エディション。

CD : [THE UNDERTAKER : UNRELEASED ALBUM] 1. THE RIDE 2. POORGOO 3. HONKY TONK WOMEN 4. BAMBI 5. ZANNALEE (PRELUDE) 6. THE UNDERTAKER 7. DOLPHINE [EXTRA TRACKS] 8. THE RIDE (Video Edit Version) 9. DOLPHINE (Video Version) 10. THE UNDERTAKER (Mavis Staples) 11. CALHOUN SQUARE 12. SCARLET 13. THE VOICE

DVD : [THE UNDERTAKER : PRINCE VIDEO VERSION] INTRODUCTION / THE RIDE / POORGOO/ HONKY TONK WOMEN / BAMBI / ZANNALEE (PRELUDE) / THE UNDERTAKER / DOLPHINE [THE UNDERTAKER : THE ARTIST (TAFKAP) VIDEO VERSION] INTRODUCTION / THE RIDE / POORGOO / HONKY TONK WOMEN / BAMBI / ZANNALEE (PRELUDE) / THE UNDERTAKER / DOLPHINE

[Recorded at Paisley Park Studios, Chanhassen, MN, USA 14th June 1993]

ビートルズの2020年最新リミックス&リマスターによる、モノラルからリアル・ステレオへのアップグレード音源を4CDに収録。

THE BEATLES / ALTERNATES I&II : UNUSUAL MIX (プレス4CD)

ビートルズ・ファン必携のDAPレーベルより、2020年最新リミックス&リマスターによる、モノラルからリアル・ステレオへのアップグレード音源をコンパイルしたタイトルが永久保存プレス4CDにて。
今回のレア音源コンピレーション・タイトルは、2020年最新リミックス&リマスターによる、数多くのバージョン違いやセッション・アウトテイクスを、これまでのオリジナル・モノラル音源からリストア編集によるマルチトラック解析によって、すべてリアル・ステレオに生まれ変わったアップグレード音源で。
さらにノイズ除去やバランス修正も施されており過去の同音源と聴き比べると、サウンド・クオリティーも格段に向上しており、また「ラブ・ミー・ドゥ」や「シー・ラブス・ユー」などの、ステレオ・マスターが存在しない初期のシングル・バージョンは、過去の疑似ステレオと違い完全分離されたセパレーションのリアル・ステレオにて収録。
因みに各曲表記の”BASIC TRACKS”は、楽器のオーバーダブが完了する前段階の音源で、”SINGLE VOCAL TRACKS”はダブル・トラッキング・ボーカルやコーラス等を重ねる前段階の、リアルなボーカルが浮き彫りとなった音源にて。また”NO ADT”もADT(アーティフィシャル・ダブル・トラッキング=人工的ボーカル多重録音)も同様で、オーバーダブ以前のネイキッドなボーカル・バージョンにて。
なおこれらの音源は”MINUS ONE”音源として、熱心なファンには知られた音源ながら、トラック分離の結果その多くがモノラルとなっていたのに対し、今回はさらなるマルチトラック解析とリストア編集によってステレオ・バージョンとなっており、また曲によっては「アンソロジー」に収録されていたテイクや、「レヴォリューション」のコーラス・バージョンといったモノラル音源などはステレオ初登場にて。
以上、全トラックほぼ時系列に収録され、さらにボーナスとしてエクストラ・トラックスも追加収録した、今回もファン必携のコレクターズ・エディション。

Disc 1 : 1. LOVE ME DO separated stereo mix 2. P.S. I LOVE YOU separated stereo mix 3. PLEASE PLEASE ME separated stereo mix 4. ASK ME WHY separated stereo mix 5. FROM ME TO YOU separated stereo mix 6. THANK YOU GIRL separated stereo mix 7. SHE LOVES YOU separated stereo mix  8. I’LL GET YOU separated stereo mix  9. I WANT TO HOLD YOUR HAND basic tracks – no handclaps 10. THIS BOY single vocal tracks 11. ROLL OVER BEETHOVEN basic tracks – no handclaps 12. ALL MY LOVING hi-hat count-in remix 13. DON’T BOTHER ME basic tracks – clean vocals 14. MONEY (THAT’S WHAT I WANT) alternate piano mix 15. A HARD DAY’S NIGHT basic tracks – no overdubs 16. I SHOULD HAVE KNOWN BETTER single vocal tracks 17. IF I FELL single vocal tracks 18. I’M HAPPY JUST TO DANCE WITH YOU basic single vocal tracks 19. AND I LOVE HER single vocal tracks 20. CAN’T BUY ME LOVE basic single vocal tracks 21. ANYTIME AT ALL basic single vocal tracks 22. I’LL CRY INSTEAD basic single vocal tracks 23. THINGS WE SAID TODAY basic single vocal tracks 24. LONG TALL SALLY no piano mix 25. SLOW DOWN no piano mix 26. I FEEL FINE single vocal tracks 27. BABY’S IN BLACK basic single vocal tracks 28. EIGHT DAYS A WEEK single vocal tracks 29. LEAVE MY KITTEN ALONE single vocal tracks 30. IF YOU’VE GOT TROUBLE basic single vocal tracks 31. THE NIGHT BEFORE basic single vocal tracks 32. I NEED YOU single vocal tracks 33. TICKET TO RIDE basic single vocal tracks

Disc 2 : 1. HELP! multi-tracks remix 2. YOU’VE GOT TO HIDE YOUR LOVE AWAY basic tracks 3. IT’S ONLY LOVE basic tracks 4. I’VE JUST SEEN A FACE basic single vocal tracks 5. YESTERDAY no strings mix 6. WE CAN WORK IT OUT basic single vocal tracks 7. DAY TRIPPER basic single vocal tracks 8. NOWHERE MAN single vocal tracks 9. THINK FOR YOURSELF basic single vocal tracks 10. THE WORDS single vocal tracks 11. MICHELLE basic tracks 12. WHAT GOES ON without vocal harmonies 13. IN MY LIFE single vocal tracks 14. RUN FOR YOUR LIFE single vocal tracks 15. PAPERBACK WRITER basic single vocal tracks 16. ELEANOR RIGBY basic tracks 17. I’M ONLY SLEEPING no ADT mix 18. HERE THERE AND EVERYWHERE single vocal tracks 19. AND YOUR BIRD CAN SING no ADT mix 20. DR. ROBERT no ADT mix 21. YELLOW SUBMARINE complete full sound effects 22. FOR NO ONE backing tracks 23. TOMORROW NEVER KNOWS forward solo mix 24. PENNY LANE basic single vocal tracks 25. STRAWBERRY FIELDS FOREVER sessions 26. SGT. PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND basic tracks – clean ending 27. A DAY IN THE LIFE no orchestra naked mix 28. THE FOOL ON THE HILL single vocal tracks 29. FLYING single tracked mix 30. YOUR MOTHER SHOULD KNOW single vocal tracks

Disc 3 :1. ALL YOU NEED IS LOVE basic single vocal tracks 2. I AM THE WARLUS complete stereo mix 3. THE INNER LIGHT take 6 with vocal track 4. ACROSS THE UNIVERSE no ADT mix 5. BACK IN THE U.S.S.R. basic single vocal tracks 6. OB-LA-DI, OB-LA-DA original clean stereo mix 7. REVOLUTION 1 reconstruction 8. BIRTHDAY alternate stereo mix 9. OLD BLOWN SHOE clean vocal remix 10. COME TOGETHER without John’s extra vocal parts 11. SOMETHING single vocal tracks 12. BECAUSE single vocal tracks 13. HERE COMES THE SUN alternate solo mix 14. SHE CAME IN THROUGH THE BATHROOM WINDOW Slow Version Remix 15. GOLDEN SLUMBERS / CARRY THAT WEIGHT heaven’s choir mix 16. GET BACK alternate stereo mix 17. DON’T LET ME DOWN alternate stereo mix 18. DIG A PONY alternate stereo mix 19. I ME MINE alternate stereo mix 20. THE LONG AND WINDING ROAD alternate stereo mix 21. LET IT BE alternate stereo mix

Disc 4 : 1. THE ONE AFTER 909 separated stereo mix 2. MONEY (THAT’S WHAT I WANT) alternate separated mix 3. I WANT TO HOLD YOUR HAND alternate overdub tracks 4. CAN’T BUY ME LOVE alternate tracks 5. KOMM GIB MIR DEINE HAND clean stereo mix 6. I FEEL FINE alternate overdub tracks 7. SHE’S A WOMAN alternate stereo mix 8. EIGHT DAYS A WEEK sessions 9. HONEY DON’T basic single vocal tracks 10. YOU’RE GOING TO LOSE THAT GIRL alternate stereo mix 11. ACT NATURALLY alternate stereo mix 12. THAT MEANS A LOT clean stereo mix 13. 12 BAR ORIGINAL alternate stereo mix 14. NOWHERE MAN alternate overdub tracks 15. IN MY LIFE alternate overdub tracks 16. RAIN alternate stereo mix 17. MARK I (TOMORROW NEVER KNOWS) separated stereo mix 18. TAXMAN original ending mix 19. ELEANOR RIGBY vocal tracks 20. AND YOUR BIRD CAN SING take 2 21. AND YOUR BIRD CAN SING take 2 vocal tracks 22. GOT TO GET YOU INTO MY LIFE separated stereo mix 23. PENNY LANE naked mix 24. YOUR MOTHER SHOULD KNOW overdub tracks 25. REVOLUTION take 1 separated stereo mix 26. HERE COMES THE SUN take 15 vocal and orchestra mix 27. THE WALK (YOU WON’T GET ME THIS WAY) separated stereo mix

[ALTERNATES VARIOUS UNUSUAL MIX COLLECTION / DIGITAL ARCHIVES PROMOTION / compiled by DAP 2020]

ストーンズ・ファン必携のDACレーベルより、アーサー・コリンズのレア音源シリーズ第5弾登場。

ROLLING STONES / THE INCREDIBLE ART COLLINS TAPES VOL.5 (プレス2CD)

ストーンズ・ファン必携のDACレーベルより、近年話題のアーサー・コリンズが所有していた膨大な数のレア音源を、収録アルバムごとのセッション音源のオリジナル・テープを、収録順にコンパイルしたシリーズ第5弾がここに。
まず2014年に突如「THE FABULOUS CUTS」というタイトルで、アルバム「SOME GIRLS」から「TATTOO YOU」までの時期のトータル30曲の未発表トラックが各30秒の長さで流通したことが話題に。これは70年代初めにローリング・ストーンズ・レコードのパブリシティ・マネジャーとしてキャリアをスタートさせ、最終的には副社長にまでになった、アーサー・コリンズが所有していた膨大な数のレア音源が、近年WEB上などで公開されたことで陽の目を見ることに。そして彼がレコーディングにも最も関わった過程の中で、「THE FABULOUS CUTS」の完全版とも言うべき音源集が本シリーズで、トータルで約12時間にも及ぶこの歴史的音源を、オリジナル・テープの収録順に整理して収録していくのが、今回Dog’N’Catの新シリーズ。
そしてこの第5弾はテープ・ナンバー「No.5,20,21」の計3本より、1981年4月から6月にかけて、パリでのモービル・レコーディング・ユニット(一部NY,アトランティク・スタジオも含む)での『TATOO YOU』用のレコーディング・セッションを、これまで流通していた同セッションのアウトテイク、デモとは別バージョンの初登場テイクも含めて収録。
まずこの「TATTOO YOU」のベーシック・トラックは、過去のアルバム制作時の未使用トラックから流用されており、それぞれの楽曲の制作スタート時期がまちまちとなっており、よって録音エンジニアーのクリス・キムゼイが丹念に過去のテープの掘り起こしを行ない、そこにオーバーダブを加えていくという制作手法が採られ、最良の結果を得るために多くのリミックス、オーバーダブ作業が延々と加えられ、その結果オフィシャル・アルバムに使用されなかったテイク、ミックスを集大成したのが本タイトルということに。
因みにDACレーベルからは同アルバムのアウトテイクとしては、「ALL INSIDE OUR CRAZY DREAMS」(DAC-021)が既リリースで、それとダブるテイクも収録されているものの、当時発掘された音源クオリティーよりははるかにグレード・アップしているのも要チェック。
そして今回のタイトルもDISC-1が79分04秒、DISC-2が76分37秒のトータル32トラックもの長時間収録による高音質ステレオ・サウンドボード音源で、別ミックスもオーバーダブされたギターのバランス違いなどの微細なバリエーションから、これまでに未収録のカウントの一部が聞こえたり、ボーカルのテイク自体が異なっているテイクがあり。
またDISC-1のトラック7、8、9の3曲は初発掘トラックで、サックスをメインとしたジャム・トラックであり、残念ながらソニー・ロリンズとの共演ではなくボビー・キーズの参加ながら、「Slave」、「友を待つ」、「Neighbours」の3曲ではアルバムではカットされたソニーのアドリブ・パートもたっぷりと聴けるあたりは、やはりファン必聴。
*なお今後も本シリーズではこの貴重な「ART COLLINS TAPES」音源を、最良のレストア&リマスタリングにてリリースして行く予定ゆえ、ファンとしてはすべて必携のコレクターズ・エディション。

DISC 1 : 1 Hang Fire 2 Black Limousine 3 No Use In Crying 4 Neighbours 5 Slave a.k.a. Vagina 6 Waiting On A Friend 7 Unknown Jam #1 (never released) 8 Unknown Jam #2 (never released) 9 Unknown Jam #3 (never released) 10 Slave (alt. longer take) 11 Black Lomousine 12 Waiting On A Friend #1 13 Waiting On A Friend #2 14 Start Me Up #2 (alt. mix)
DISC 2 : 1 Start Me Up #5 2 Neighbours 3 Heaven 4 Hang Fire 5 Tops I 6 Slave (new vocal) 7 Slave (vocal #2) 8 Waiting On A Friend (alt. mix) 9 Black Limousine (alt. mix) 10 Neighbours (alt. mix) 11 Claudine 12 I Think I’m Going Mad 13 Worried About You 14 Heaven (alt. mix) 15 Hang Fire 16 Tops (alt. mix) 17 No Use In Crying 18 Start Me Up (alt. mix)
[Recorded at Paris, Mobile Recording Unit in some unlocated Warehouse & NYC, US Atlantic Studios April – June 1981 : Stereo Soundboard Recording]

ビートルズ初期のモノクロTV映像を、すべてカラー化したタイトルが永久保存プレスDVDにて。

THE BEATLES / BIG NIGHT OUT! 1963, 1964 and 1965 in COLOR (プレス2DVD)

ビートルズ初期のUK:TVオンエアー映像の中で、これまでモノクロでしか存在していなかった映像を、すべてカラー化しコンパイルとたタイトルが永久保存プレス2DVDにて。
これらは1963年通称「ビッグ・ナイト・アウト」、1964年の「ビッグ・ナイト・アウト」、そして1965年「ブラック・プール・ナイト・アウト」と、いずれも本国イギリスでのスタジオでTV番組用に収録された映像で、1963年9月7日から始まり、その後の1965年まで計3回の収録と放送がされており、それらは当然当時のモノクロ・フィルムによる映像でしか残されていません。
それを2020年、近年の編集器材の発達により、最新のAI技術を本格的に導入して自然なカラー化を実現。その完成度はここ最近同じように古い記録映像をカラーで再現しているのと同様のクオリティーで、元からカラー映像だったかと思ってしまうくらいのもの。
なおもちろん大元のマスター映像もベスト・クオリティーのソースを用いており、これを見ると2度と白黒映像には戻れなくなるかと思えるファン必携の限定コレクターズ・エディション。

Disc  One :
[BIG NIGHT OUT 1963 : DIDSBURY STUDIO CENTRE,MANCHESTER, UK / RECORDING DATE : 1st September 1963 / ON AIRED DATE : 7th September1963]
01. Opening 02. Comedy Sketch 03. From Me To You 04. She Loves You 05. Twist And Shout 06. I Saw Her Standing There
[BIG NIGHT OUT 1964 : TEDDINGTON STUDIO CENTRE,LONDON, UK. / RECORDING DATE : 23rd February 1964 / ON AIRED DATE : 29th February 1964]
(FILM VERSION) 01. All My Loving 02. I Wanna Be Your Man 03. Till There Was You 04. Please Mister Postman 05. I Want To Hold Your Hand (VIDEO VERSION) 01. Interview 02. comedy sketch #1 01. All My Loving 02. I Wanna Be Your Man 03. comedy sketch #2 03. Till There Was You 04. Please Mister Postman 05. I Want To Hold Your Hand

Disc Two :
[BLACKPOOL NIGHT OUT 1965 : ABC THEATRE, BLACKPOOL, UK / RECORDING DATE : 1st August 1965 / ON AIRED DATE : 1st August 1965]
(TCR VERSION) 01. Introduction 02. I Feel Fine 03. I’m Down 04. Act Naturally 05. Ticket To Ride 06. Yesterday 07. Help! 08. Closing theme (No TCR VERSION) 01. I’m Down 02. Act Naturally 03. Ticket To Ride 04. Yesterday 05. Help! (TCR REMOVED VERSION) 01. Introduction 02. I Feel Fine 03. I’m Down 04. Act Naturally 05. Ticket To Ride 06. Yesterday 07. Help! 08. Closing theme

プリンスのアーカイブ・シリーズから、1993年9月8日ロンドンで行われたスペシャル・ギグを、拡張版の音源と映像でカップリング。

PRINCE / THE SACRIFICE OF VICTOR (プレス1CD+DVD)

プリンスのアーカイブ・シリーズから、1993年「ACT II」UKツアーの最終日、9月7日ロンドン、ウエンブリー公演のアフター・ショーとして、翌8日ロンドンのバグリー倉庫で行われたスペシャル・ギグを、拡張版の音源と映像でカップリングしたタイイトルが、限定ロー・プライス、プレス1CD+1DVD仕様にて。
まずこのギグの模様は映像作品『ザ・サクリファイス・オブ・ヴィクター』も存在する中、本タイトルのまずCDには映像版サウンド・トラックのステレオ・サウンドボード音源に、デジタル・リマスタリングを施し収録し、さらにエクストラとして7日ウエンブリー公演に先駆けて、同日に収録されたUK:BBCラジオ・オンエアー用のスタジオ・ライブや、先の「ACT I」USツアーのプロモ用サウンドボードも追加で。
そして映像DVDは現在ではすでに廃版で入手困難となっているVHS映像作品『ザ・サクリファイス・オブ・ヴィクター』をダイレクトにDVD化。
メイヴィス・ステイプルズが熱唱する「ジ・アンダーテイカー」、ザ・スティーラーズによる「ハート・イン・マイ・ハンド/ラブ・ゴット・ア・ホールド・オン・ミー」などを含めて、アフター・ショーならではのカジュアルで濃密な演奏をとらえた貴重なライブ映像にて。
さらにエクストラとし、先の「ACT I」USツアーから同年3月26日ニューヨークのラジオ・シティ・ミュージック・ホールでのショーを、関係者流出のプロショット映像、また同ツアーのプロモーション用映像も追加した、こちらも必見のトータル76分。
以上、当時レコード会社との確執の中で、プリンス名義でオフィシャル・リリースされながらも現在まで埋もれた作品である『ザ・サクリファイス・オブ・ヴィクター』を拡張仕様した、今回もファン必携の限定コレクターズ・エディション。

CD : 1. INTRODUCTION (THE SACRIFICE OF VICTOR) 2. THE RIDE 3. THE UNDERTAKER 4. JAILHOUSE ROCK 5. HOUSE IN ORDER 6. CALL THE LAW (incl.DEUCE & A QUARTER) 7. HEART IN MY HAND 8. LOVE (GOT A HOLD ON ME) as POWER OF LOVE 9. IN THE MOOD 10. PEACH 11. SOLDIER IN THE ARMY OF THE LORD
[THE SACRIFICE OF VICTOR : at Bagley’s Warehouse, London, UK 8th September 1993]
12. 1999 / BABY I’M A STAR 13. AMERICA / D.M.S.R. 14. POPE (incl. IT’S GONNA BE A BEAUTIFUL NIGHT / PACEMAKER / TAKE THE A-TRAIN) 15. PEACH
[LIVE AT THE BBC 1993 : at Radio Concert Hall, London, UK 7th September 1993]
16. MY NAME IS PRINCE 17. LET’S GO CRAZY
[PROMOTION FOR ACT I TOUR 1993]

DVD : NTSC 16:9 Wide Screen – LPCM Stereo / time approx. 76min.
INTRODUCTION (THE SACRIFICE OF VICTOR) /THE RIDE / THE UNDERTAKER / JAILHOUSE ROCK / HOUSE IN ORDER / CALL THE LAW (incl.DEUCE & A QUARTER) / HEART IN MY HAND / LOVE (GOT A HOLD ON ME) as POWER OF LOVE / IN THE MOOD / PEACH / SOLDIER IN THE ARMY OF THE LORD
[THE SACRIFICE OF VICTOR : ORIGINAL VIDEO : at Bagley’s Warehouse, London, UK 8th September 1993]
LET’S GO CRAZY / KISS / IRRESISTIBLE BITCH / SHE’S ALWAYS IN MY HAIR / WHEN U WERE MINE / INSATIABLE SCANDALOUS
[LIVE IN NEW YORK ACT I TOUR 1993 : at Radio City Music Hall, NY, NYC, USA 26th March 1993]
MY NAME IS PRINCE / LET’S GO CRAZY
[PROMOTION FOR ACT I TOUR 1993]

オアシス2002年のワールド・ツアーから、来日公演を含めた名ライブ2公演をいずれもベスト・クオリティー、サウンドボード音源でコンパイル。

OASIS / CHAMPAGNE GOLD 2002 (プレス3CD)

2002年『HEATHEN CHEMISTRY』」リリースに伴うワールド・ツアーから、来日公演を含めた名ライブ2公演を、いずれもベスト・クオリティー、サウンドボード音源でコンパイルし、限定ロー・プライス、プレス3CDにて。
まず前半は2002年のジャパン・ツアーから、9月29日東京・代々木第一体育館でのライブを、FMラジオ・オンエアー・マスターよりオフィシャル・クオリティーにてコンプリート収録。アンプ・ノイズまで捉えた細部まで聞きこめる音源としても人気の高いライブ・ソースで、またセットに関しても「Hung In A Bad Place」に「Born On A Different Cloud」、また『HEATHEN CHEMISTRY』の隠れた名曲「Stop Crying Your Heart Out」など、もし仮に再結成があっても2度と生で聞くことができないであろう曲に加えて、最後はリアムのためにキーを下げた久々の「Some Might Say」からの「My Generation」でエンドと、この時期ならではのセットはファン必聴。
さらに後半には同年のユーロ・ツアーより2月10日ドイツ、ベルリン公演を収録しており、これまでこの日の音源はダイジェスト的なものしか流通していなかったのが、近年当日の模様をコンプリート収録した音源が公開され、初めてフル・ライブとしてここに。しかもこの後の来日公演とはかなりセット内容や曲順も違い、また日本でも日替わりで披露され話題となった、それまでライブで演奏されたことのなかった『MORNING GLORY』に収録の「She’s Electric」がノエルのボーカルで聴けるのも要チェック。
さらに来日時のラジオ・プログラムで披露されたアコースティック・ライブもボーナスとして2曲追加された、こちらも必聴マスト・アイテム。
以上、完全限定ロー・プライスによる永久保存プレス3CD仕様ゆえ、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 : 1. Fuckin’ in the Bushes 2. Hello 3. The Hindu Times 4. Hung In A Bad Place 5. Go Let It Out 6. Columbia 7. Morning Glory 8. Stop Crying Your Heart Out 9. Little By Little 10. Cigarettes & Alcohol 11. Live Forever 12. Better Man 13. Wonderwall 14. Born On A Different Cloud 15. Acquiesce 16. Force Of Nature
Disc 2 : 1. Don’t Look Back In Anger 2. Some Might Say 3. My Generation
[Recorded at Yoyogi National Stadium 1st Gymnasium, Tokyo, Japan. 29th September 2002]

4. Fuckin’ in the Bushes 5. Go Let It Out 6. Supersonic 7. Morning Glory 8. Acquiesce 9. Force Of Nature 10. Supersonic 11. Fade Away 12. The Hindu Times 13. Gas Panic! 14. Cigarettes & Alcohol
Disc 3 : 1. Hung In a Bad Place 2. She’s Electric 3. Champagne Supernova 4. Better Man 5. Rock’n Roll Satr 6. Don’t ook Back In Anger 7. I Am The Walus
[Recorded at Columbiahalle, Berlin, Germany. 10th February 2002]

8. Whatever 9. Wonderwall
[Recorded at J-Wave, Radio Station, Tokyo, Japan. 29th September 2002]

◇ Liam Gallagher – vocals, tambourine / Noel Gallagher – guitar, vocals / Gem Archer – guitar / Andy Bell – bass / Alan White – drums