Skip to content

Joe's Garage BLOG Posts

ボウイ『ジギー・スターダスト』50周年アニバーサリー・エディションの関連アイテムが完全限定リリース。

DAVID BOWIE / THE 1980 FLOOR SHOW : COMPLETE LOST MASTERS (プレス4DVD)

ボウイの『ジギー・スターダスト』50周年アニバーサリー・コレクターズ・エディションの関連アイテムとして、1973 年のTV スペシャル『THE 1980 FLOOR SHOW』を、オリジナル・マスターからの完全ヴァージョンでコンパイルし、オリジナルカード付で完全限定リリース。
1973 年7月ジギー・スターダストに決別し、その後ロンドンのマーキー・クラブで収録されたTVショーを、近年発掘されたオリジナル・マスター・テープからの ダイレクトにデジタル化し、さらに長時間に及ぶ貴重なリハーサル・アウトテイク映像も高画質で収録。
まずメインの本編は未放送パートを含めた独自のオリジナル編集による70 分バージョンで、加えて同年全米で TV オーダーされた『MIDNIGHT SPECIAL』もベスト・クオリティーでフル収録。さらに長時間に及ぶリハーサル・アウトテイク映像も、現存するオリジナル・マスターから主要シーンすべてをも初発掘のタイム・コード無しの高画質映像にて。

[コレクターズ・ポイント]
まずジギー終焉後にボウイは次なるコンセプトとしてジョージ・オーウェルの作品『1984年』に影響を受け、同作品のミュージカル化を企画するもボツとなり、その代わりに実現したものが全米ネットワークの人気音楽番組「ミッドナイト・スペシャル」にて放送された『1980フロア・ショウ』。
因みにこの番組は当時日本でもTV放送されており、往年のボウイ・ファンにとってはよく知られてきたながら、一部の音源以外これまで公式に映像化もされておらず、映像クオリティーも満足いくものが無かった中で2000年代以降、オークションにて約10時間近いTV放送未編集素材の映像が流出。それでも過去流通のものは元々の編集が雑でダブりや無関係の別映像が追加されていたり、さらに画面下にタイム・コード表示があり音声レンジも低くコア・マニア向けだったのが現状。
そして今回の本タイトルはこれまでの流出映像とは一線を画す正真正銘のダイレクト・マスターが元となり、しかも終始邪魔だったタイム・コード表示もなく、本編とリハーサル合計8時間近くに及び全編過去のアイテムとは比較にならないクオリティーにて登場。
そしてその内容はまずDisc:1の前半は、ショー自体の完全再現をコンセプトにダイレクト・マスターを元に再構築した「COMPLETE RECREATION MASTER」を収録。TV放送同様にマルチアングル編集されており、ゲストのマリアンヌ・フェイスフル、カルメン、トロッグスや、他にも未オンエアー・パートを含め、独自のオリジナル編集による初登場の70分バージョン完全版としてここに。また後半には同年全米でTV放送された「ミッドナイト・スペシャル」も、当時のオリジナル映像から収録。ダイレクト・マスターより画質クオリティーは劣るものの、ウルフマン・ジャックのMCをはじめとし、当時の放送そのままをあえて収録。
さらに残りディスク3枚には「COMPLETE LOST MASTERS」として、約6時間に及ぶリハーサル・アウトテイク映像を、現存するオリジナル・マスターから主要シーンすべて収録。ここでは事前にライブ演奏された音に合わせて、リップシンクで収録されており歌のタイミングや振付を何度も繰り返す入念なリハーサルの様子を未編集で収めており、しかも様々な角度のカメラ・アングルによる映像素材をタイム・コード無しの映像で観れる完全版は今回が初登場。
そして初回限定100セット・オンリーで、限定シリアル・ナンバー入りのオリジナル・カードを添付。レア・フォトを用いたこちらのカードは、完全限定の証明ともなるナンバリング入りで先着100セットのみゆえ、ご希望の方はお早めに。
以上、放送から50年経てこのような貴重な記録映像が高画質で甦り、加えて2022年最新編集にて再構築させたファン必携の限定コレクターズ・エディション。

DISC :1 [THE 1980 FLOOR SHOW : COMPLETE RECREATION MASTER]
OPENING – 1984 / DODO / SORROW / INTRODUCING CARMEN – Amanda Lear / BULERIAS – Carmen / BULLFIGHT – Carmen / EVERYTHING’S ALRIGHT / SPACE ODDITY / I CAN’T EXPLAIN / INTRODUCING MARIANNE FAITHFULL – Amanda Lear / AS TEARS GO BY – Marianne Faithfull / TIME / INTRODUCING THE TROGGS – Amanda Lear / WILD THING – The Troggs / I CAN’T CONTROL MYSELF – The Troggs / STRANGE MOVIES – The Troggs / THE JEAN GENIE / 20TH CENTURY BLUES – Marianne Faithfull / I GOT YOU BABE – David Bowie & Marianne Faithfull / ENDING – 1984 / DODO / SPACE ODDITY (Midnight Special TV Remaster)
[MIDNIGHT SPECIAL 1973 ORIGINAL TV VERSION]
TV OPENING / 1984 / DODO / SORROW / BULERIAS – Carmen / EVERYTHING’S ALRIGHT / SPACE ODDITY / WOLFMAN JACK (Announce 1) / 1984 / I CAN’T EXPLAIN / AS TEARS GO BY – Marianne Faithfull / TIME / WILD THING – The Troggs / THE JEAN GENIE / WOLFMAN JACK (Announce 2) / I GOT YOU BABE – David Bowie & Marianne Faithfull / ENDING – 1984 / DODO
◇Recorded at The Marquee Club, 90 Wardour Street, Soho, London, UK October 18/19/20th 1973 : Broadcast on The Midnight Special USTV November 16th 1973 : NTSC 16:9 Dolby Digital Stereo time approx. 122min]

DISC : 2 [THE 1980 FLOOR SHOW : COMPLETE LOST MASTERS 1]
1984 / DODO (Camera 1 – Intro) 1984 / DODO (Camera 1 – False / Take 1) 1984 / DODO (Camera 1 – Take 2) 1984 / DODO (Camera 1 – Take 3) / 1984 / DODO (Camera 1 – Take 4) 1984 / DODO (Camera 2 – Intro) 1984 / DODO (Camera 2 – Take 1) 1984 / DODO (Camera 2 – Take 2) / 1984 / DODO (Camera 2 – Take 3) 1984 / DODO (Camera 2 – Take 4) / SORROW (Camera 1 – Take 1) SORROW (Camera 1 – Take 2) SORROW (Camera 1 – Take 3/4/5) SORROW (Camera 1 – Take 6) / WHO ARE YOU? – Amanda Lear & David Bowie (Camera 1) IF I BELIEVE IN ME – Amanda Lear WHO ARE YOU? – Amanda Lear & David Bowie (Camera 2) / INTRODUCING CARMEN – Amanda Lear BULERIAS – Carmen (Intro) BULLFIGHT – Carmen (Take 1) BULLFIGHT – Carmen (Take 2) / BULERIAS – Carmen (False / Take 1) BULERIAS – Carmen (Take 2) BULLFIGHT – Carmen (Take 3) BULERIAS – Carmen (Take 3) BULLFIGHT – Carmen (Take 4) / BULERIAS – Carmen (Take 4) INTRODUCING THE ASTRONETTES (Camera 1) EVERYTHING’S ALRIGHT (Camera 1 – Intro) / EVERYTHING’S ALRIGHT (Camera 1 – Take 1) EVERYTHING’S ALRIGHT (Camera 1 – Take 2) EVERYTHING’S ALRIGHT (Camera 1 – Take 3) / EVERYTHING’S ALRIGHT (Camera 1 – Take 4) EVERYTHING’S ALRIGHT (Camera 2 – Take 1) EVERYTHING’S ALRIGHT (Camera 2 – Take 3) / EVERYTHING’S ALRIGHT (Camera 2 – Take 4) INTRODUCING THE ASTRONETTES (Camera 3) EVERYTHING’S ALRIGHT (Camera 3 – Intro) / EVERYTHING’S ALRIGHT (Camera 3 – Take 1) EVERYTHING’S ALRIGHT (Camera 3 – Take 2) EVERYTHING’S ALRIGHT (Camera 3 – Take 5) / EVERYTHING’S ALRIGHT (Camera 3 – Take 6) EVE
◇Recorded at The Marquee Club, 90 Wardour Street, Soho, London, UK October 18/19/20th 1973 : Broadcast on The Midnight Special USTV November 16th 1973 : NTSC 16:9 Dolby Digital Stereo time approx. 135min]

DISC : 3 [THE 1980 FLOOR SHOW : COMPLETE LOST MASTERS 2]
ONE WORD – Amanda Lear SPACE ODDITY (Intro) SPACE ODDITY (False Takes) SPACE ODDITY (Take 1) SPACE ODDITY (False / Take 2) / SPACE ODDITY (Take 2) I CAN’T EXPLAIN (Take 1) I CAN’T EXPLAIN (Take 2) INTRODUCING MARIANNE FAITHFULL – Amanda Lear / AS TEARS GO BY – Marianne Faithfull (Intro) AS TEARS GO BY – Marianne Faithfull (False) AS TEARS GO BY – Marianne Faithfull (Take 1) / AS TEARS GO BY – Marianne Faithfull (Take 2) AS TEARS GO BY – Marianne Faithfull (Alternate) AS TEARS GO BY – Marianne Faithfull (Ending) / TIME (Camera 1 – Take 1) TIME (Camera 1 – Take 2) TIME (Camera 1 – Take 3) TIME (Camera 2 – Take 1) TIME (Camera 2 – Take 2) / TIME (Camera 2 – Take 3) INTRODUCING THE TROGGS – Amanda Lear WILD THING – The Troggs (Take 1) WILD THING – The Troggs (Take 2) / I CAN’T CONTROL MYSELF – The Troggs (False / Take 1) I CAN’T CONTROL MYSELF – The Troggs (Take 2) / I CAN’T CONTROL MYSELF – The Troggs (False / Take 3) WILD THING – The Troggs (Alternate – Take 1) WILD THING – The Troggs (Alternate – Take 2) / I CAN’T CONTROL MYSELF – The Troggs (Alternate – False / Take 1) I CAN’T CONTROL MYSELF – The Troggs (Alternate – Take 2) / I CAN’T CONTROL MYSELF – The Troggs (Alternate – Take 3) STRANGE MOVIES – The Troggs (Take 1) STRANGE MOVIES – The Troggs (Take 2)
◇Recorded at The Marquee Club, 90 Wardour Street, Soho, London, UK October 18/19/20th 1973 : Broadcast on The Midnight Special USTV November 16th 1973 : NTSC 16:9 Dolby Digital Stereo time approx. 113min]

DISC : 4 [THE 1980 FLOOR SHOW : COMPLETE LOST MASTERS 3]
THE JEAN GENIE (False / Take 1) THE JEAN GENIE (Take 2) THE JEAN GENIE (Intro – Horns) THE JEAN GENIE (Take 3) / THE JEAN GENIE (Alternate – Take 3) / 20TH CENTURY BLUES – Marianne Faithfull (Take 1) 20TH CENTURY BLUES – Marianne Faithfull (Take 2) 20TH CENTURY BLUES – Marianne Faithfull (Take 3) / 20TH CENTURY BLUES – Marianne Faithfull (Dancers) / I GOT YOU BABE – David Bowie & Marianne Faithfull (Camera 1 – Take 1) I GOT YOU BABE – David Bowie & Marianne Faithfull (Camera 1 – Take 2) / I GOT YOU BABE – David Bowie & Marianne Faithfull (Camera 1 – Take 3) I GOT YOU BABE – David Bowie & Marianne Faithfull (Camera 2 – Take 1) / I GOT YOU BABE – David Bowie & Marianne Faithfull (Camera 2 – Take 2) I GOT YOU BABE – David Bowie & Marianne Faithfull (Camera 2 – Take 3) / THANK YOU ENDING – Amanda Lear DANCERS (Blueback Sequence 1) DANCERS (Blueback Sequence 2) THE ARTISTS NAME / DANCERS (Lightback Sequence 1) DANCERS (Lightback Sequence 2)
◇Recorded at The Marquee Club, 90 Wardour Street, Soho, London, UK October 18/19/20th 1973 : Broadcast on The Midnight Special USTV November 16th 1973 : NTSC 16:9 Dolby Digital Stereo time approx. 104min]

KISS2022年日本での一夜限りの最終公演をベスト・クオリティーの音と映像でセットで。

KISS / BACK IN TOKYO 2022 Collector’s Edition (2CDR+1Blu-ray+1DVDR)

2022年11月30日東京ドームにおいて、一夜限りであり日本での最後のコンサートと明言されているライブを、マルチ・ステレオIEMマトリクスにてコンプリート収録し、さらに当日の映像を収めたブルーレイ&DVD-R付きのコレクターズ・エディションにて。
まずCDにはメンバーがステージ上で使用していた、複数のモニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、デジタル・オーディエンス・マスターをミックスしたマルチIEMマトリクス・ソースにてショーの全貌を2時間7分にわたりフル収録。こちら最新機材を用いたプロユース編集にて、それぞれミックス・バランスの異なる複数のモニター・ソースに、絶妙のオーディエンス・ソースを配合ステレオ・ミックスし、各パートの細部までカンペキにセパレートしており、強烈なパイロ音などもド迫力サウンドにて。
そしてデジタル・カメラによる映像は、全編を通してステージ背景となっていた巨大スクリーンを中心に撮影されたスクリーン・ショットがメインで、その鮮やかな映像はプロショット感覚で当日の模様をリアルに再現し、しかも音声パートはCDのマルチIEMマトリクス・ソースをシンクロさせ、そしてなによりブルーレイゆえその大容量を活かし、元素材そのままのHDクオリティーの映像素材を圧縮することなく収録しており、そのクオリティーはYoutubeなどの断片的な映像とは雲伝の差。
そしておなじみ「Detroit Rock City」のイントロが響くなり、それまでステージを覆っていた幕が振り落とされ、天上からメンバーたちが炎にまみれ火花散るステージに舞い降り、そこで歌い出したポールのボーカルが聴き取れないほどの爆裂音が会場を揺るがすという大迫力のオープニングから、その後も炎やレーザーを用いたド派手な演出に、ジーンの血や火を噴く定番のパフォーマンスが次々登場。
そしてもうファンにはおなじみのナンバーと仕掛けもこれが最後ということで、集まった3万人のファンも全てを目に焼き付けつつ、この特別な公演に花を添えるべく「Makin’ Love」がプレイされたのは驚きで、こちらは本ツアーにおいて初演奏というサプライズも。
そして約2時間に及ぶロックンロール・サーカスは「Rock and Roll All Nite」でエンドとなり、45年前の初来日以降幾度と行われた来日公演のフィナーレを飾るそのライブは、来場者すべてが満足感を味わっていたに違いなく、いつまでもファンの心に残る一夜となることに。
以上、日本での最後のライブを最高の音と映像で再現した、ファン必携の2022年来日限定メモリアル・アイテム。なおブルーレイと同内容の汎用性の高いDVD-Rも限定で付属しているので、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 : 01. Intro (Rock and Roll) 02. Detroit Rock City 03. Shout It Out Loud 04. Deuce 05. War Machine 06. Heaven’s on Fire 07. I Love It Loud 08. Say Yeah 09. Cold Gin 10. Guitar Solo 11. Lick It Up 12. Calling Dr. Love 13. Makin’ Love
Disc 2 : 01. Psycho Circus 02. Drums Solo / 100,000 Years Outro 03. Bass Solo / God of Thunder 04. Love Gun 05. I Was Made for Lovin’ You 06. Black Diamond –encore- 07. Beth 08. Do You Love Me 09. Rock and Roll All Nite

◆Blu-ray & DVD-R : Same Set 01. Intro (Rock and Roll) 02. Detroit Rock City 03. Shout It Out Loud 04. Deuce 05. War Machine 06. Heaven’s on Fire 07. I Love It Loud 08. Say Yeah 09. Cold Gin 10. Guitar Solo 11. Lick It Up 12. Calling Dr. Love 13. Makin’ Love 14. Psycho Circus 15. Drums Solo / 100,000 Years Outro 16. Bass Solo / God of Thunder 17. Love Gun 18. I Was Made for Lovin’ You 19. Black Diamond –encore- 20. Beth 21. Do You Love Me 229. Rock and Roll All Nite

[Recorded at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 30th November 2022 : ORIGINAL MASTER : IEM SOURCE + AUDIENCE SOURCE = MATRIX RECORDING : AUDIENCE (SCREEN) SHOT / 127min ]

マイケル・シェンカー2022年来日最終大阪公演はベスト・クオリティー・サウンドで。

MSG / 2022 Back in Osaka (2CDR)

来日公演関連で名高いXAVELレーベルより、キャリア50周年も兼ね、またMSG名義では12年ぶりとなる2022年来日公演より、最終日となった11月24日大阪・ZEPPなんばでのライブを、マルチ・ステレオIEMマトリクスにて1時間32分にわたりコンプリート収録。
まずメンバーがステージ上で使用していた、複数のモニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、デジタル・オーディエンス・マスターをミックスした、同レーベルおなじみのマルチIEMマトリクス・ソースによるもの。そして最新機材を用いたプロユース編集にて、それぞれミックス・バランスの異なる複数のモニター・ソースに、絶妙のオーディエンス・ソースを配合ステレオ・ミックスすることで、ロメオのボーカルはもちろん、マイケルのギターも低域までクリアーなうえ、各パートの細部までカンペキに分離され、当日の模様をサウンドボード・レベルで再現。
そしてこの先のワールド・ツアーではロニー・ロメロとロビン・マッコーリーが公演地によってフロントを務めるという変則的なシフトだったのが、このジャパン・ツアーではロニー・ロメロが帯同となり、UFOからMSGまで全編にわたり見事に曲にフィットしたボーカルを披露。
そしてUFOナンバーが8曲とセットのほぼ半分を占め、近年の「We Are The Voice」、「Sail The Darkness」、「Emergency」も含むMSGナンバーが9曲と、まさにマイケルのキャリア総括と言えるセット内容であり、またそのプレイも全編キレキレなうえ、ロニー・ロメロのボーカルがまた素晴らしく、特に「Assault Attack」はグラハム以上に歌いこなした感もあり。
なお先の東京2公演とセットリストに変化はないものの、唯一の関西公演であり、来日ファイナルゆえ、やはりファン必聴の来日メモリアル・アイテム。

Disc 1 : 01. Opening SE (Highway to Hell) 02. Intro 03. Into the Arena 04. Cry for the Nations 05. Doctor Doctor 06. We Are the Voice 07. Looking for Love 08. Red Sky 09. Sail the Darkness 10. Emergency 11. Lights Out
Disc 2 : 01. Armed and Ready 02. Assault Attack 03. Rock Bottom 04. Shoot Shoot 05. Let It Roll 06. Natural Thing 07. Too Hot to Handle 08. Only You Can Rock Me
[Live at Zepp Namba, Osaka, Japan 24th November 2022 : XAVEL ORIGINAL MASTER : EX-Audience Source + IEM Source = Matrix Recording]
◇Michael Schenker – Guitar,Vocals / Ronnie Romero – Vocals / Steve Mann – Guitar, Keyboards, Vocals / Barend Courbois – Bass, Vocals / Bodo Schopf – Drums

マイケル・シェンカー2022年来日2日目の東京公演も、最高クオリティーの映像で。

MSG / 2022 Back in Tokyo #2 Film (1Blu-ray+1DVDR)

2022年キャリア50周年も兼ね、またMSG名義では12年ぶりとなる来日公演より、2日目となった11月22日東京・中野サンプラザでのライブを、HDクオリティーの良好オーディエンス映像にて、1時間33分にわたりコンプリート収録しブルーレイとDVD-Rもセットで。
まずデジタル・カメラによる映像は会場1Fほぼ正面からクローズ・ショットを多用しており、全編にわたる安定ショットはマイケルのソロ・パートなどではしっかりとそのプレイをアップで捉え、なによりもブルーレイゆえその大容量を活かし、元素材そのままのHDクオリティーの映像素材を圧縮することなく収録しており、音声パートも含めて、そのクオリティーはYoutubeなどの断片的な映像とは雲伝の差。
そしてこの先のワールド・ツアーではロニー・ロメロとロビン・マッコーリーが公演地によってフロントを務めるという変則的なシフトだったのが、このジャパン・ツアーではロニー・ロメロが帯同となり、UFOからMSGまで全編にわたり見事に曲にフィットしたボーカルを披露。
そしてUFOナンバーが8曲とセットのほぼ半分を占め、近年の「We Are The Voice」、「Sail The Darkness」、「Emergency」も含むMSGナンバーが9曲と、まさにマイケルのキャリア総括と言えるセット内容であり、またそのプレイも全編キレキレなうえ、ロニー・ロメロのボーカルがまた素晴らしく、特に「Assault Attack」はグラハム以上に歌いこなした感もあり。なお前日の初日とセットリストに変化はないものの、東京での最終公演ゆえ、ファン必見の来日メモリアル・アイテム。
またブルーレイと同内容の汎用性の高いDVD-Rも限定で付属しているので、ご希望の方はお早めに。

◆Blu-ray & DVD-R : Same Set  01. Opening SE (Highway to Hell) 02. Intro 03. Into the Arena 04. Cry for the Nations 05. Doctor Doctor 06. We Are the Voice 07. Looking for Love 08. Red Sky 09. Sail the Darkness 10. Emergency 11. Lights Out 12. Armed and Ready 13. Assault Attack 14. Rock Bottom 15. Shoot Shoot 16. Let It Roll 17. Natural Thing 18. Too Hot to Handle 19. Only You Can Rock Me
[Live at Nakano Sunplaza, Tokyo, Japan 22nd November 2022]
◇Michael Schenker – Guitar,Vocals / Ronnie Romero – Vocals / Steve Mann – Guitar, Keyboards, Vocals / Barend Courbois – Bass, Vocals / Bodo Schopf – Drums

マイケル・シェンカー2022年来日初日となる11月21日東京公演を、最高クオリティーの映像で。

MSG / 2022 Back in Tokyo #1 Film (1Blu-ray+1DVDR)

2022年キャリア50周年も兼ね、またMSG名義では12年ぶりとなる来日公演より、初日となった11月21日東京・中野サンプラザでのライブを、HDクオリティーの良好オーディエンス映像にて、1時間32分にわたりコンプリート収録しブルーレイとDVD-Rもセットで。
まずデジタル・カメラによる映像はステージやや左サイドからのクローズ・ショットで、全編にわたる安定ショットはマイケルのソロ・パートなどではしっかりとそのプレイをアップで捉え、なによりもブルーレイゆえその大容量を活かし、元素材そのままのHDクオリティーの映像素材を圧縮することなく収録しており、音声パートも含めて、そのクオリティーはYoutubeなどの断片的な映像とは雲伝の差。
そしてこの先のワールド・ツアーではロニー・ロメロとロビン・マッコーリーが公演地によってフロントを務めるという変則的なシフトだったのが、このジャパン・ツアーではロニー・ロメロが帯同となり、UFOからMSGまで全編にわたり見事に曲にフィットしたボーカルを披露。
そしてUFOナンバーが8曲とセットのほぼ半分を占め、近年の「We Are The Voice」、「Sail The Darkness」、「Emergency」も含むMSGナンバーが9曲と、まさにマイケルのキャリア総括と言えるセット内容であり、またそのプレイも全編キレキレなうえ、ロニー・ロメロのボーカルがまた素晴らしく、特に「Assault Attack」はグラハム以上に歌いこなした感もあり、そのあたりも含めて記念すべき初日ゆえ、ファン必見の来日メモリアル・アイテム。
なおブルーレイと同内容の汎用性の高いDVD-Rも限定で付属しているので、ご希望の方はお早めに。

◆Blu-ray & DVD-R : Same Set
 01. Opening SE (Highway to Hell) 02. Intro 03. Into the Arena 04. Cry for the Nations 05. Doctor Doctor 06. We Are the Voice 07. Looking for Love 08. Red Sky 09. Sail the Darkness 10. Emergency 11. Lights Out 12. Armed and Ready 13. Assault Attack 14. Rock Bottom 15. Shoot Shoot 16. Let It Roll 17. Natural Thing 18. Too Hot to Handle 19. Only You Can Rock Me
[Live at Nakano Sunplaza, Tokyo, Japan 21st November 2022]
◇Michael Schenker – Guitar,Vocals / Ronnie Romero – Vocals / Steve Mann – Guitar, Keyboards, Vocals / Barend Courbois – Bass, Vocals / Bodo Schopf – Drums

「So What!」レーベル責任監修によるマイルスのレア・シリーズ第21弾は、1970年3月6日ニューヨーク、フィルモア・イースト2公演を、ベスト・クオリティーで。

MILES DAVIS / FIRST STAND AT FILLMORE EAST (プレス2CD)

2022年「So What!」レーベル責任監修によるレア・シリーズ第21弾は、1970年3月6日ニューヨーク、フィルモア・イースト2公演を、最新マスタリングも施したベスト・クオリティーで収録した、最終決定盤として永久保存プレス盤にて。
まず故中山康樹氏を含め全てのマイルス愛好家から絶大の信頼を受け、数々の名盤を生み出した伝説のレーベル「ソー・ホワット」の完全監修を受けて、2020年末より限定リリースされている本シリーズは、内容クオリティーの素晴らしさはもちろん、丁寧なリマスタリングに加えてこだわりの帯付アートワーク、美麗なピクチャー・ディスクのプレス盤ということで、海外ファンの間でもすでに大きな話題を呼ぶことに。
そして今回は、1970年3月6&7日の2日間にわたり、マイルスはロックの殿堂,フィルモア・イーストに初出演し、2日間(各2ステージ)計4公演のうち、2日目は『Live At Fillmore East』としてオフィシャル・リリースされた中、未発表のままに終わった初日の2ステージを、レーベル独自の最新デジタル・リマスタリングを施し収録。
本レーベルならではの入念なリマスター作業により、マイルスのトランペットを中心に各楽器の輪郭がよりシャープ、かつ鮮やかな高音質へと生まれ変わっており、細かいノイズまで完璧に払拭された、まさにオフィシャル・レベルと言えるもの。
そしてウェイン・ショーター退団直前、本格的なエレクトリック路線に突進すべく、まずオープニングのDirections”でベースとドラムのみでフェードインし、その後チックが絡んでからは、バンド一丸となり猛スピードで、ファースト・セットのラストまで疾走。そしてセカンド・セットは、全体的にややスピードを落とし、同じ曲でも少し違う雰囲気を醸し出しているパートもあり。またこの時点でショーターは、コンセプトに合わなくなっているとも云われ、確かに後半ややダルく感じてしまうところもあるものの、後任のスティーブ・グロスマンやゲイリー・バーツとはやはり格の違う貫禄のあるプレイを披露。トータルにおいても前年ロストクインテットの5人にアイアートを加えたセクステットで、メンバーに大きな変化が無いにもかかわらず、そのサウンドは前年と全く異なっており、当時のマイルスの展開の早さに改めて驚嘆。
さらに今回ボーナス・トラックとして、同年8月2日に関係者のみを招いて行ったスタジオ・ライヴもマスター・クオリティー、サウンドボード音源にて追加収録。
こちら近年関係者により公開された超レアなライブ音源で、25分ほどの長さながら、このフィルモア初日では演奏されていない「BITCHES BREW」や「「SPANISH KEY」が収録されており、2曲ともにこの翌日には演奏され、しかもこのスタジオではショーターではなくスティーブ・グロスマンが吹き、キース・ジャレットも参加しているあたりも要チェック。
以上、来るべき電化時代の到来を告げる壮絶かつ圧倒的演奏をベスト・クオリティーで収録した、今回も「So What!」レーベルが精魂込めて作り上げた本タイトルは完全限定プレス盤、帯付仕様ゆえご希望の方はお早目に。

DISC 1 : (First concert) 1. Band Warming Up 2. DIRECTIONS 3. MILES RUNS THE VOODOO DOWN 4. I FALL IN LOVE TOO EASILY 5. SANCTUARY 6. IT’S ABOUT THAT TIME 7. THE THEME DISC 2 : (Second concert) 1. Band Warming Up 2. DIRECTIONS 3. MILES RUNS THE VOODOO DOWN 4. IT’S ABOUT THAT TIME 5. THE THEME – Stage Announcement
[Recorded at Fillmore East, NYC, NY, USA March 6th 1970 : Original Remastered by VDD 2022]
6. fade in – DIRECTIONS 7. BITCHES BREW 8. THE MASK 9. SPANISH KEY 10. THE THEME
[Recorded at CBS Records Convention, Nassau, Bahamas, August 2th 1970]
◇Miles Davis – trumpet / Wayne Shorter – tenor&soprano saxophone (Fillmore East) / Steve Grossman – tenor&saxophone (Bonus Track) / Chick Corea – electric piano / Keith Jarrett – organ (Bonus Track) / Dave Holland – bass, electric bass / Jack DeJohnette – drums / Airto Moreira – percussion

ビートルズ研究家で構成された海外制作チームによるオリジナル編集シリーズ第1弾『リボルバー』オルタネイト・アルバムが、紙ジャケットにて100セット完全限定入荷。

THE BEATLES / REVOLVER : THE ALTERNATE ALBUM COLLECTION (プレス3CD)

2022年ビートルズ研究家で構成された海外制作チーム「BMI(Beat Masters Int.)レーベルによるオリジナル編集シリーズの第1弾が、国内用オリジナル解説帯付きの限定紙ジャケット・デザイン仕様(シングル&ゲイトフォールド・スリーブ2種)にて、直輸入オリジナルプレス3CD盤で100セット完全限定入荷。
本シリーズはビートルズのオリジナル・アルバム関連音源を、最新アップデイトを元に徹底追及した、海外オリジナル新編集の「オルタネイト・アルバム・コレクション」で、新発掘の初登場音源から海外コレクター保持による独自音源まで、多種多様なビートルズの興味深い音源を厳選した新たなリファレンス・コレクション。
内容的には2022年最新マルチトラック・リミックスから、未公表スタジオ・セッション、各種バージョンまでこれまでアップデイトが繰り返されている数ある未公表音源や発掘音源をその音質や編集内容を精査して再構成しており、限られた公表音源だけでは聴くことの出来ない別音源を徹底追及したもの。

そして今回その第1弾が2022年には公式スペシャル・エディションも話題を呼んだ『リボルバー』のオルタネイト・アルバム・コレクションで、アルバム全曲の最新「リミックス」、未発表スタジオ・アウトテイク元にした「セッションズ」、そして様々なミックス違いをまとめた「バージョンズ」と、3つのコンセプトに分けCD3枚組全101トラックを収録。
なお各コンセプトごとの詳細は以下の通り。

[DISC1 : THE ALTERNATE ALBUM : REMIX]
文字通りのオルタネイト・アルバムとしてアルバム収録全14曲とシングル「ペイパーバック・ライター/レイン」の2曲を、最新オリジナル編集による2つの異なるリミックス2バージョンにて収録。前半16曲は近年話題のデミックス技術による最新ステレオ・ミックスとは異なった、独自の音源解析によるリミックスで、ボーカルと各楽器のバランス、ステレオ・セパレーションはこれまでとは異なる独自の編集にて。
なお一例として冒頭「TAXMAN」を最新ミックスと聴き比べると、ギターとコーラスが左右に分かれベースが中央ではなく右寄りでよりハッキリと聞き取れる等、その違いは明らかな独自リミックスとなっており、その他の収録曲も同様にミックスが異なっており、全体的にバランスが偏っていた60年代ステレオ・ミックスとも大きく異なる新たに構成にて。
また後半16曲の「MULTITRACK DEMIX」は、デミックス技術の音源解析によって分離したマルチトラックをマスターに、よりダイレクトにボーカルや楽器を浮き彫りにしたネイキッドなロウ・ミックスで収録。このアルバムで積極的に使われたダブル・トラッキング・ボーカル処理(ADT)を取り除いたシングル・ボーカルや、オーバーダブ、バッキング、バージョン違いの組み合わせを含め、音源分離されたデミックス効果を一段と発揮した興味深いリミックスを収録。

[DISC2 : THE ALTERNATE SESSIONS]
アルバムの制作過程をめぐるスタジオ・セッション音源をほぼ当時のレコーディング順に収録しており、これまでその一部が公開されたものや公表音源には未収録のままとなっている現存するスタジオ・セッション音源をコンパイル。また公表音源と一部重複するテイクも編集やミックスが異なっており、モノラル音源のステレオ化をはじめ、収録テイクはすべて公表音源とは別ソースがマスターに。
因みに「アンソロジー」で初めて公開された「TOMORROW NEVER KNOWS」や過去には音質の良くなかった「FOR NO ONE」「HERE THERE AND EVERYWHERE」のモニター・ミックス、さらに一部のスタジオ・チャットを含め、公式未収録トラックはこの1枚にほぼ集約されており、加えて以前から知られた音源もノイズ除去や音質向上といったリマスタリングが施された最新アップデイト音源にて。

[DISC3 : THE ALTERNATE VERSIONS]
アルバム収録曲の様々なバージョン違いやミックス違いをまとめてコンパイルしたもので、1995年に制作されたアンソロジー・プロジェクト用のミックスや、アメリカ盤のみに収録されたキャピトル編集ミックス、オークションで高額取引されるアセテート盤やデモ音源等を、リマスタリングが施された最新アップデイト音源にて収録。
またUK初回盤で誤って収録されたことで知られる「TOMORROW NEVER KNOWS」の通称マトリクス1モノ音源も、最新デミックスによるリアル・ステレオ・ミックスにて初登場。さらにこれまで過去に数多く収録された「ロックバンド」ゲーム用音源も、独自のマルチトラック編集による初登場音源にて収録しており、既発ではほとんどがモノラル状態だった音源が新たにマルチトラックからの最新ステレオ・ミックスに生まれ変わり、またエンディングがフェイドアウトしない「SHE SAID SHE SAID」と「GOT TO GET YOU INTO MY LIFE」の2曲は今回新たに限定公開された新音源。
以上、アルバムに関わるレア音源をまとめ上げた究極のアイテムであり、紙ジャケットによるデザイン仕様も丁重な作りのうえ、初回100セットのみの完全限定リリースゆえ、今後のシリーズ・タイトルも含めてファン必携の限定コレクターズ・エディション。

DISC 1 :
[THE ALTERNATE ALBUM : REMIX] 1. Taxman 2. Eleanor Rigby 3. I’m Only Sleeping 4. Love You To 5. Here There And Everywhere 6. Yellow Submarine 7. She Said She Said 8. Good Day Sunshine 9. And Your Bird Can Sing 10. For No One 11. Dr. Robert 12. I Want To Tell You 13. Got To Get You Into My Life 14. Tomorrow Never Knows [THE ALTERNATE SINGLE : REMIX] 15. Paperback Writer 16. Rain [THE ALTERNATE ALBUM : MULTITRACKS DEMIX] 17. Taxman 18. Eleanor Rigby 19. I’m Only Sleeping 20. Love You To 21. Here There And Everywhere 22. Yellow Submarine 23. She Said She Said 24. Good Day Sunshine 25. And Your Bird Can Sing 26. For No One 27. Dr. Robert 28. I Want To Tell You 29. Got To Get You Into My Life 30. Tomorrow Never Knows [THE ALTERNATE SINGLE : MULTITRACKS DEMIX] 31. Paperback Writer 32. Rain

DISC 2 :
[THE ALTERNATE SESSIONS] 1. Tomorrow Never Knows (Take 1 – unedited) 2. Tomorrow Never Knows (Take 1 – monitor mix) 3. Tomorrow Never Knows (Take 3 – monitor mix) 4. Tomorrow Never Knows (Take 3 – isolation mix) 5. Got To Get You Into My Life (Take 5 – unedited) 6. Paperback Writer (Takes 1 and 2 – vocal overdub) 7. Rain (Take 7 – no fade) 8. And Your Bird Can Sing (Take 2) 9. And Your Bird Can Sing (Take 2 – vocal overdub) 10. Taxman (Take 11 – stereo mix) 11. Got To Get You Into My Life (Take 8 – monitor mix) 12. And Your Bird Can Sing (Take 3) 13. And Your Bird Can Sing (Take 10+6 – backing track) 14. Taxman (Take 12 – remix) 15. I’m Only Sleeping (Reherasal) 16. I’m Only Sleeping (Take 1) 17. I’m Only Sleeping (Take Unknown) 18. Eleanor Rigby (Takes 1 and 2) 19. Eleanor Rigby (Take 14 – isolation mix) 20. Eleanor Rigby (Take 14 – strings) 21. For No One (Takes 1 and 2 – monitor mix) 22. For No One (Take Unknown – monitor mix) 23. For No One (Take 10 – monitor mix 1) 24. For No One (Take 10 – monitor mix 2) 25. Got To Get You Into My Life (Brass Section) 26. Got To Get You Into My Life (Take 9) 27. For No One (Take 14 – monitor Playback 1) 28. For No One (Take 14 – monitor Playback 2) 29. Yellow Submarine (Take 1) 30. Yellow Submarine (Speech) 31. Yellow Submarine (Take 5) 32. Here There And Everywhere (Takes 3 and 4) 33. Here There And Everywhere (Takes 7 and 13) 34. Here There And Everywhere (Take 14 – monitor playback 1) 35. Here There And Everywhere (Take 14 – monitor playback 2) 36. Here There And Everywhere (Take 14 – monitor playback 3) 37. Here There And Everywhere (Take 14 – monitor playback 4) 38. She Said She Said (Take 4 – backing track)

DISC 3 : [THE ALTERNATE VERSIONS] 1. Paperback Writer (anthology remix) 2. Rain (anthology remix) 3. Eleanor Rigby (anthology remix) 4. For No One (anthology remix) 5. And Your Bird Can Sing (anthology remix) 6. Taxman (rockband multitracks remix) 7. Yellow Submarine (rockband multitracks remix) 8. She Said She Said (rockband multitracks remix) 9. And Your Bird Can Sing (rockband multitracks remix) 10. Got To Get You Into My Life (rockband multitracks remix) 11. Tomorrow Never Knows (rockband multitracks remix) 12. Paperback Writer (rockband multitracks remix) 13. I’m Only Sleeping (US capitol mono mix) 14. I’m Only Sleeping (US capitol stereo mix) 15. And Your Bird Can Sing (US capitol mono mix) 16. And Your Bird Can Sing (US capitol stereo mix) 17. Dr. Robert (US capitol mono mix) 18. Dr. Robert (US capitol stereo mix) 19. Tomorrow Never Knows (UK matrix-1 mono mix) 20. Tomorrow Never Knows (UK matrix-1 stereo remix) 21. Taxman (acetate) 22. Eleanor Rigby (acetate) 23. And Your Bird Can Sing (acetate) 24. Dr. Robert (acetate) 25. Paperback Writer (john barrett mix) 26. Rain (john barrett mix) 27. Eleanor Rigby (demo) 28. He Said He Said (demo) 29. She Said She Said (demo) 30. Hold On, I’m Coming (demo) 31. Montagu Square Tape Experiments

17年ぶり来日のブラック・クロウズ2022年東京公演を、最高の音と映像のセットで。

BLACK CROWES / LIVE IN JAPAN 2022 Limited Edition (2CDR+1Blu-ray+1DVDR)

デビュー30周年ツアーで17年ぶりの来日となった2022年ジャパン・ツアーから、その2日目となる11月6日立川ステージ・ガーデンでのライブを、オリジナル・オーディエンス・マスターに24bitデジタル・リマスタリングを施しコンプリート収録し、さらに当日の映像を収めたブルーレイ&DVD-R付きのリミテッド・エディションにて。
まずCDはプロユースによるリマスタリングにより、圧倒的なダイナミクス・レンジとどこまでもナチュラルな広がりのあるサウンドにて唯一無二のライヴ空間を忠実に再現し、そしてデジタル・カメラによる映像は、ステージほぼ真正面からのクローズ・ショットで、安定したアングルにてステージを全貌をリアルに再現し、しかも音声パートはCDのマスタリングされたオーディエンス・ソースをシンクロさせ、そしてなによりブルーレイゆえその大容量を活かし、元素材そのままのHDクオリティーの映像素材を圧縮することなく収録しており、そのクオリティーはYoutubeなどの断片的な映像とは雲伝の差。
そして今回は先の全米ツアーと同様、デビュー・アルバム作『シェイク・ユア・マネー・メイカー』の完全再現が最大のポイントで、それがショーの第1部となっており、その後の第2部以降は通常セットという構成の中、日々セレクトが異なる第2部も前半同様に注目すへきところ。
因みに東京2日間で言えば、「Thorn in My Pride」「Remedy」「Wiser Time」と、絶対外せない3曲以外はごっそり入れ替えされており、初日の「Sometimes Salvation」「Soul Singing」「Rocks Off」が、翌日は「Go Faster」「Goodbye Daughters Of The Revolution」「Good Morning Captain」へとチェンジ。
よって初日は比較的古めのセレクトで最後に最新EPからストーンズ・ナンバーで締め、この翌日は復活作『WARPAINT』などからもセレクトされ、30周年らしい幅広さをアピール。
以上、東京公演ファイナルを最高の音と映像で再現した、ファン必聴必見の2022年来日限定メモリアル・アイテム。なおブルーレイと同内容の汎用性の高いDVD-Rも限定で付属しているので、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 : 01. Intro (Get Up (I Feel Like Being a) Sex Machine) -Shake Your Money Maker- 02. Twice as Hard 03. Jealous Again 04. Sister Luck 05. Could I’ve Been So Blind 06. Seeing Things 07. Hard to Handle (Otis Redding cover) 08. Thick n’ Thin 09. She Talks to Angels 10. Struttin’ Blues 11. Stare It Cold
Disc 2 : 01. Go Faster 02. Goodbye Daughters of the Revolution 03. Wiser Time 04. Thorn in My Pride 05. Remedy –encore- 06. Good Morning Captain 07. Outro (Adios, Au Revoir, Auf Wiedersehn)
[Liven at Tachikawa Stage Garden, Tachikawa, Japan 6th November 2022 : XAVEL ORIGINAL MASTER : EX-Audience Recording]

◆Blu-ray & DVD-R : Same Set
01. Intro (Get Up (I Feel Like Being a) Sex Machine) -Shake Your Money Maker- 02. Twice as Hard 03. Jealous Again 04. Sister Luck 05. Could I’ve Been So Blind 06. Seeing Things 07. Hard to Handle (Otis Redding cover) 08. Thick n’ Thin 09. She Talks to Angels 10. Struttin’ Blues 11. Stare It Cold 12. Go Faster 13. Goodbye Daughters of the Revolution 14. Wiser Time 15. Thorn in My Pride 16. Remedy –encore- 17. Good Morning Captain 18. Outro (Adios, Au Revoir, Auf Wiedersehn)
[Liven at Tachikawa Stage Garden, Tachikawa, Japan 6th November 2022 : ORIGINAL AUDIENCE MASTER / 96min]

◇Chris Robinson – Vocals, Harp / Rich Robinson – Lead Guitar / Sven Pipien – Bass / Brian Griffin – Drums / Erik Deutsch – Keyboards / Isaiah Mitchell – Guitar / Mackenzie Adams – backing vocals / Leslie Grant – backing vocals

8年ぶりの来日となったアヴリル2022年11月10日東京・ガーデンシアター公演を、最高の音と映像のセットで。

AVRIL LAVIGNE / Love Sux Japan Tour 2022 Live in Tokyo (1CDR+1Blu-ray+1DVDR)

8年ぶりの来日となった2022年ジャパン・ツアーより、11月10日東京・ガーデンシアターでのライブを、マルチ・ステレオIEMマトリクスにて1時間15分にわたりコンプリート収録し、さらに当日の映像を収めたブルーレイ&DVD-R付きのコレクターズ・エディションにて。
まずCDにはアヴリルがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、デジタル・オーディエンス・マスターをミックスした、マルチIEMマトリクス・ソースによるもので、絶妙のオーディエンス・ソースを配合ステレオ・ミックスすることで、アヴリルのボーカルメインに各パートの細部までカンペキに分離され当日の模様をリアルに再現。
そしてデジタル・カメラによる映像は、クローズ・ショットも多用した安定したアングルにてステージを全貌をリアルに再現し、しかも音声パートはCDのマルチIEMマトリクス・ソースをシンクロさせ、そしてなによりブルーレイゆえその大容量を活かし、元素材そのままのHDクオリティーの映像素材を圧縮することなく収録しており、そのクオリティーはYoutubeなどの断片的な映像とは雲伝の差。
そして本来は2020年「HEAD ABOVE WATER Tour」として来日する予定だったのが延期に次ぐ延期でやっと実現したもので、今回は2022年2月に『ラヴ・サックス』がリリースされたことで、「LOVE SUX Tour」ワールド・ツアーの一環として仕切り直しての来日公演となることに。
そして東京2日目のこの日も『ラヴ・サックス』からの「Cannonball」「I’m A Mess」「Bois Lie」などの5曲も含め、その他はヒット・チューン満載の全15曲で、また全5公演のうち曲順や日替わりナンバーなどは入れ替えも行われ、この日は「Flames」はセットインしたりと、往年の名曲もたっぷりと披露。
以上、8年ぶり来日の東京最終日を音と映像で完全再現した、ファン必携来日メモリアル・アイテム。

◆CD-R & Blu-ray Disc & DVD-R : Same Set
01. Intro (Bad Reputation) 02. Bite Me 03. What the Hell 04. Complicated 05. My Happy Ending 06. I’m A Mess 07. Losing Grip 08. Flames 09. Love It When You Hate Me 10. Intermission (Hello Kitty) 11. Girlfriend 12. Bois Lie 13. Sk8er Boi –encore- 14. Head Above Water 15. I’m With You 16. Here’s to Never Growing Up
[Live at Tokto Garden Theater, Tokyo, Japan 10th November 2022 : IEM Source + EX-Audience Source = Matrix Recording / ORIGINAL AUDIENCE MASTER / 75min]

ビートルズ最新編集AIオーディオ・アルバム・シリーズから『アンソロジー』3部作の、最新リファレンス版「VOL.2」も登場。

THE BEATLES / ANTHOLOGY STUDIO TRACKS VOL.2 : AI – AUDIO (プレス2CD)

2022年よりビートルズ最新編集AIオーディオ・アルバム・シリーズが新登場。新次元のAI⾳源解析によるマルチトラック新編集ステレオ・リミックスなどで新たに再構築したシリーズから、『ビートルズ・アンソロジー』3部作も、2タイトルに分けた最新リファレンス版が海外直輸⼊オリジナル・プレス盤にて。
[詳細]
ビートルズの2022年からスタートしたこのAI オーディオ・アルバム・コレクション・シリーズは、これまでは各アルバム全曲をAI音源解析によるボーカル・トラックやインスト・トラック等、4つのバリエーションで収録していたのが、今回はモノラル音源のステレオ化をコンセプトに編集されており、『アンソロジー』3部作を2CD×2セット仕様にてここに。
そしてその第2弾としてこの『VOL.2』では、1967年から1970年最後のレコーディングまでのスタジオ・トラックスからモノラル音源でリリースされたものをセレクトしリアル・ステレオにトランスして全曲を収録。
音域の狭いモノラル音源からAI音源解析を駆使し、独自のマルチトラック新編集にてステレオ・ミックスに生まれ変わった音源は、立体化されよりリアルに細かい音も聴きやすくなっており、もちろん音質クオリティーも明らかに向上。
また一部は元がステレオ音源だった曲はオリジナル別ミックスやバージョン違いで収録し、さらに「フリー・アズ・ア・バード」と「リアル・ラブ」は、マルチトラック新編集によるトラック別ミックス音源バリエーションを収録しており、これまでのシリーズ同様ボーカル・オンリーやインスト・トラックはじめリミックス等も追加で。
よってこれまで以上に進化したAI音源解析による本シリーズは、ビートルズ・サウンド分析に迫る音源研究に欠かせないオーディオ・アルバムとして、すでにリリースされるタイトルも含めて全て必携の限定コレクターズ・エディション。

DISC 1 : [MULTITRACK REMIX AND REMASTERS – MONO TO STEREO REMIX]
1. STRAWBERRY FIELDS FOREVER (Demo Sequence) (stereo) Kenwood, Weybridge, UK november 1966 2. STRAWBERRY FIELDS FOREVER (Take 1) (stereo) EMI Abbey Road Studio, London 24 november 1966 3. STRAWBERRY FIELDS FOREVER (Take 7 and Edit Piece) (stereo) EMI Abbey Road Studio, London 29 november &9 december 1966 4. A DAY IN THE LIFE (Takes 1/2/6 and Orchestra) (stereo) EMI Abbey Road Studio, London 19-20 january & 10 february 1967 5. SGT.PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND (REPRISE) (Take 5) (stereo) EMI Abbey Road Studio, London 1 april 1967 6. THE FOOL ON THE HILL (Demo) (stereo) EMI Abbey Road Studio, London 6 september 1967 7. HAPPINESS IS A WARM GUN (Demo) (stereo) kinfauns, Esher, UK 28 may 1968 8. HELTER SKELTER (Take 2) (stereo) EMI Abbey Road Studio, London, UK 18 June 1968 9. JUNK (Demo) 10. PIGGIES (Demo) (stereo) kinfauns, Esher, UK 28 may 1968 11. CRY BABY CRY (Take 1) (stereo) EMI Abbey Road Studio, London, UK 16 July 1968 12. WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS (Demo) (stereo) EMI Abbey Road Studio, London, UK 25 July 1968 13. GLASS ONION (Original Mono Mix) (stereo) EMI Abbey Road Studio, London, UK 11-13,16&26 september 1968 14. WHY DON’T WE DO IT IN THE ROAD (Take 4) (stereo) EMI Abbey Road Studio, London, UK 9 october 1968 15. JULIA (Take 2) (stereo) EMI Abbey Road Studio, London, UK 13 october 1968 16. MEDLEY : RIP IT UP / SHAKE RATTLE AND ROLL (stereo) Apple Savile Row Studio, London, UK 26 january 1969 17. MAILMAN, BRING ME NO MORE BLUES (stereo) Apple Savile Row Studio, London, UK 29 january 1969 18. GET BACK (Alternate) (stereo) Apple Savile Row Studio, London, UK 30 january 1969 19. SOMETHING (Demo) (stereo) EMI Abbey Road Studio, London, UK 25 february 1969 20. COME TOGETHER (Alternate) (stereo) EMI Abbey Road Studio, London, UK 21 july 1969 21. COME AND GET IT (Alternate) (stereo) EMI Abbey Road Studio, London, UK 24 july 1969 22. AIN’T SHE SWEET (stereo) EMI Abbey Road Studio, London, UK 24 july 1969 23. BECAUSE (Alternate) (stereo) EMI Abbey Road Studio, London, UK 4 august 1969 24. I ME MINE (Take 16) (stereo) EMI Abbey Road Studio, London, UK 3 january 1970 25. THE END (Alternate) (stereo) EMI Abbey Road Studio, London, UK 23 july / 5,7,8,15,18 august 1969

DISC 2 : [MULTITRACK REMIX AND REMASTERS] 1. FREE AS A BIRD (Video Mix) 2. FREE AS A BIRD (Multitrack Center Channel) 3. FREE AS A BIRD (Multitrack Front Channel) 4. FREE AS A BIRD (Multitrack Rear Channel) 5. FREE AS A BIRD (Vocal Tracks) 6. FREE AS A BIRD (Instrumental Tracks) 7. REAL LOVE (Video Mix) 8. REAL LOVE (Multitrack Center Channel) 9. REAL LOVE (Multitrack Front Channel) 10. REAL LOVE (Multitrack Rear Channel) 11. REAL LOVE (Vocal Tracks) 12. REAL LOVE (Instrumental Tracks) 13. FREE AS A BIRD (Basic Version) 14. FREE AS A BIRD (Acoustic Remix) 15. FREE AS A BIRD (Enhanced Remix) 16. REAL LOVE (Basic Version) 17. REAL LOVE (Acoustic Remix) 18. REAL LOVE (Enhanced Remix) 19. REAL LOVE (Original Speed Version)
*John’s Original Demo – The Dakota, New York City, NY, USA 1977-1980 : Overdub Recording Sessions – Mill’s Studio, Hogg Hill Mill, Sussex, UK februarymarch 1994 / february 1995