Skip to content

Joe's Garage BLOG Posts

1963年初期ビートルズを代表するスウェーデン・ライブを、最新テクノロジーを用いたカラー映像とステレオ・リマスターでカップリング。

THE BEATLES / LIVE IN SWEDEN 1963 : COMPLETE NEW REMASTER EDITION (プレス1CD+1DVD)

1963年初期ビートルズを代表するスウェーデンでのTVライブを、2022年最新テクノロジーを用いたデジタル・レストアにて、カラー映像とステレオ・リマスターでカップリングしたタイトルが、オリジナル・デザイン帯付き仕様の直輸入オリジナル・プレスCD+DVDにて。
本タイトルは1963年初の欧州遠征からのスウェーデン・ツアーから、歴史的記録となるラジオ・オンエアー・ソースとTVショーの模様を、最新AI技術を用いた海外オリジナル編集によるカラー映像と、ステレオ・リマスター音源を含めた『コンプリート・ニュー・リマスター・エディション』としてコンパイルした2022年最新コレクターズ・エディション。
[内容詳細]
1960年10月に本国以外で初めて行われたこのスウェーデン・ツアーにて収録されたラジオ放送用ライブは、初期を代表する定番音源として過去より知られてきた中、まずCDには過去最長のベスト音源ソースをマスターとし、最新AI技術によるステレオ・バージョンとオリジナル・モノ・バージョンにてフル収録。さらにTVショー『ドロップ・イン』でのライブ音源も同じく両バージョンで収録しており、いずれも過去流通とは別次元のアップグレード音源にて。
そしてメインのDVDには、TVショー『ドロップ・イン』からの演奏シーン4曲も、最新AI技術によるカラー・バージョンにて収録し、オリジナルのTVショー(モノクロ放送)の番組自体も、ビートルズ以外の出演者やインタビューも含めたコンプリート・バージョンにて収録。
こちらも近年発掘された新たな映像ソースをマスターとし、そのクオリティーは過去流通とは格段の差の完全版。なおオーディオ・オプションとしてCD同様の2022年最新ステレオ・リマスターとオリジナル・モノラルが両方収録されており、さらに後半には2014年に50周年記念として地元スウェーデンでTV放送されたドキュメンタリー・プログラムも収録。こちらは当時の関係者の証言をはじめ、初公開されたライブ映像も断片的ながらオンエアーされており、特にこの時期のカラー・フィルム映像は貴重な記録。
以上、本国BBC以外で初めてのまとまった内容のラジオ放送ライブと、TVショーを最新編集で収録したファン必携の限定コレクターズ・エディション。

CD : 1. Introduction 2. I Saw Her Standing There 3. From Me To You 4. Money (That’s What I Want) 5. Intermission 6. Roll Over Beethoven 7. You Really Got A Hold On Me 8. She Loves You 9. Twist And Shout
[STEREO REMASTER VERSION : Radio Broadcast / Sveridges Radio One : at Karlaplan Studios, Stockholm, Sweden October 24th 1963 / Transmitted November 11th 1963]
10. Drop In (Opening Theme) 11. Introduction 12. She Loves You 13. Twist And Shout 14. I Saw Her Standing There 15. Long Tall Sally 16. Drop In (Ening Theme)
[TV SHOW BROADCAST : Sveridges TV Drop In / at Grona Lund Amusement Park, Stockholm, Sweden October 30th 1963 / Transmitted November 3rd 1963]
17. Introduction 18. I Saw Her Standing There 19. From Me To You 20. Money (That’s What I Want) 21. Intermission 22. Roll Over Beethoven 23. You Really Got A Hold On Me 24. She Loves You 25. Twist And Shout
[ORIGINAL MONO VERSION : Radio Broadcast / Sveridges Radio One : at Karlaplan Studios, Stockholm, Sweden October 24th 1963 / Transmitted November 11th 1963]
26. Drop In (Opening Theme) 27. Introduction 28. She Loves You 29. Twist And Shout 30. I Saw Her Standing There 31. Long Tall Sally 32. Drop In (Ening Theme)
[TV SHOW BROADCAST : Sveridges TV Drop In / at Grona Lund Amusement Park, Stockholm, Sweden October 30th 1963 / Transmitted November 3rd 1963]
33. INTERVIEW with KLAS BURLING I [Radio Interview at Gaumont Cinema, Bournemouth, U.K. August 23rd 1963]
34. INTERVIEW with KLAS BURLING II [Radio Interview at Sveridges Radio One, Stockholm, Sweden October 31st 1963]

DVD :
[DROP IN (TV SHOW 1963) = AI TECHNOLOGY COLOR VERSION (STEREO REMASTER)]
She Loves You / Twist And Shout / I Saw Her Standing There / Long Tall Sally
[DROP IN (TV SHOW 1963) = COMPLETE REMASTER VERSION (AUDIO OPTION = STEREO REMASTER / ORIGINAL MONO)]
Drop In – Opening / Leva Livet (It’s My Party) – Lill Babs / Interview With A Beatle Fan / Bossa Nova USA – Gals And Pals / The Yes Or No Competition / Hully Gully Holiday – Rock Boris / The Winner Decides / Save All Your Love For Me – Doris / Introduction by Klas Burling / She Loves You / Twist And Shout / I Saw Her Standing There / Long Tall Sally / Drop In – Closing
: TV Show Broadcast / Sveridges TV Drop In – Grona Lund Amusement Park, Stockholm, Sweden / Recorded October 30th 1963 / Transmitted November 3rd 1963

[THE BEATLES ON TOUR IN SWEDEN (TV SPECIAL 2014)]
Documentary Part 1 / A Taste Of Honey (Live Snippet) / From Me To You (Live Snippet) / Documentary Part 2 ◇NTSC 16:9 (4:3) Wide Screen – Dolby Digital Stereo / Mono / Duration time 65min.

2022年「ダウンロード・フェスティバル・ジャパン」スのヘッドライナーとして登場したドリーム・シアターのライブを、マルチ・ステレオIEMマトリクスにてフル収録。

DREAM THEATER / Back To The Top -Download Japan 2022- (2CDR)

来日公演関連で名高いXAVELレーベルより、2022年8月14日、3年ぶりの開催となった「ダウンロード・フェスティバル・ジャパン」スのヘッドライナーとして登場したドリーム・シアターのライブを、マルチ・ステレオIEMマトリクスにてコンプリート収録。
まずメンバーがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、デジタル・オーディエンス・マスターをミックスした、同レーベルおなじみのマルチIEMマトリクス・ソースによるもので、今回もプロユースによる、それぞれミックス・バランスの異なる複数のモニター・ソースに、絶妙のオーディエンス・ソースを配合ステレオ・ミックスすることで、ライヴ・サウンドを忠実に再現。
そして「IMAGES, WORDS & BEYOND 25th Anniversary Tour」以来の5年ぶりとなった来日で、コロナ禍によりキャンセルとなってしまった2020年の来日公演のリベンジとも言える今回のフェス参戦、ファンも心待ちにしていたその内容は、前年にリリースされた『A VIEW FROM THE TOP OF THE WORLD』からのナンバーを軸に、初期から中期の楽曲をバランス良くセットイン。
なおフェス仕様セットゆえ先に行われていた北米ツアーなどと比べるとショート・セットではあるもののも、プログレ・ハード色がさらに強くなったドラマティックな構成は、最後まで高いテンションと卓越したプレイで聴く者を圧倒し、一大フェスのトリに相応しい異次元のパフォーマンスを、ステレオ・サウンドボード・クオリティーで再現した、来日メモリアル・アイテム。

Disc 1 : 1. Intro 2. The Alien 2. 6:00 4. Awaken the Master 5. Endless Sacrifice 6. Bridges in the Sky
Disc 2 : 1. Invisible Monster 2. A View From the Top of the World 3. The Count of Tuscany –encore- 4. Pull Me Under
[Download Japan 2022 : at Makuhari Messe, Chiba, Japan 14th August 2022 / XAVEL ORIGINAL MASTER : Multi IEM Source Matrix Recording]

SGTレーベルから、『マジカル・ミステリー・ツアー!』のUKオリジナル・バージョンなどを音と映像でまとめて収録したムービー・コレクションも登場。

THE BEATLES / MAGICAL MYSTERY TOUR : MOVIE COLLECTION (プレス2CD+2DVD)

ビートルズ・ファン必携のSGTレーベルから、初の自主製作映画『マジカル・ミステリー・ツアー』の、1967年放送当時のオリジナル・バージョンや、ドキュメンタリー、年代別サウンドトラックを、音と映像でまとめて収録した「ムービー・スペシャル・コレクション」が、オリジナル・ポストカード付で完全限定リリース。
このスペシャル・コレクションはまずメインとして、今回1979 年に再放送 されたTV 映像(オリジナル・モノ音源)をマスターとし、初めて1967 年公開当時と同じUKオリジナル TV オンエアー・バージョンを収録。また初ビデオ化されたリマスター・バージョン(日本語字幕付)や音源ソースが異なる初 DVD 化バージョンに加えて、2012 年に TVオンエアーされた BBC ドキュメンタリーも日本語字幕付きにて収録。さらにCDには歴代サウンドトラック音源のミックス違いのプロセスを収録。

[コレクターズ・ポイント]
同レーベルからの『ア・ハード・デイズ・ナイト』と『ヘルプ!』に続き、今回も同じコンセプトにてここに登場したTV放送用映像『マジカル・ミステリー・ツアー』は、放送当時は賛否が巻き起こりながらも今では時代を先駆けた映像作品として評価され、アメリカや日本では後に劇場公開もされ80年代に入って初めてビデオ化、近年ブルーレイでも公式にリリースされることに。
そこで今回のSGTレーベル2022年最新編集版は、当時イギリスでTV放送されたオリジナル映像をはじめ、過去にリリースされ現在では入手困難なバージョンやドキュメンタリー、さらに歴代サウンドトラック音源をまとめたもので、まず音源CD1には本編に使われたインストや本編未使用音源含む2012年リマスター音源を元にしたコンプリート・サウンドトラックを収録。さらにCD2には歴代のサウンドトラック音源ミックス違いの変遷が判る、1967年オリジナル・モノ・ミックスから、1988年ビデオ化の際のリマスター音源、さらに最もバージョン違いが多い「アイ・アム・ザ・ウォルラス」をはじめとした各リミックス音源も収録。
そしてメインとなる映像DVDのdisc:1にはTV放送以来、1988年に初めて公式ビデオ化された映像と共に、ジョージ・マーティンによるビデオ用リミックス音源が使われた”APPLE VIDEO EDITION”(日本語字幕付き)と、1967年UK:BBCでTV放送されたオリジナル・バージョン(ビデオ化以前のリマスターされていない映像とオリジナル通りのモノラル音源)を収録。なおここでのバージョンは1979年本国で再放送された、今となっては貴重な修復前のオリジナル映像で今回が初登場。
さらにdisc:2には1997年当時アメリカ版DVD化の際に、ビデオ用リミックス音源からオリジナル・ステレオ音源に差し替えられた”FIRST DVD EDITION”を収録しており、かつての日本版DVDや現在流通しているものとは異なった、こちらも貴重なバージョンにて。また2012年当時日本でもTV放送された、貴重なアウトテイク・シーンやインタビュー等も含めた、BBCドキュメンタリーも日本語字幕付きにて収録。
そしてさらに初回限定100セット・オンリーで、英米オリジナル・ポスターを復刻した限定シリアル・ナンバー入りのアート・カードを添付。
貴重なオリジナル・デザインを用いたこちらのカードは、完全限定の証明ともなるナンバリング入りで先着100セットのみゆえ、ご希望の方はお早めに。
以上、同レーベルならではの、2022年最新編集にて再構築させたファン必携の限定コレクターズ・エディション。

CD ONE : [COMPLETE SOUNDTRACK STEREO REMIX 2012] 1. MAGICAL MYSTERY TOUR (Original Voice-Over) 2. THE FOOL ON THE HILL 3. SHE LOVES YOU (Fairground Organ) 4. ZAMPA OVERTURE 5. CIRCUS FANFARE 6. WINNING HIT 7. FLYING 8. FLYING (Part 2) 9. SHIRLEY’S WILD ACCORDION 10. I’M GOING IN A FIELD 11. ALL MY LOVING (Orchestrated) 12. I AM THE WARLUS 13. JESSIE’S DREAM 14. IN THE NIGHT CLUB 15. BLUE JAY WAY (Complete) 16. SINGALONG (Part 1) 17. SINGALONG (Part 2) 18. DEATH CAB FOR CUTIE (The Bonzo Dog Doo-Dah Band) 19. YOUR MOTHER SHOULD KNOW 20. MAGICAL MYSTERY TOUR (Reprise) [EXTRA TRACKS] 21. I HAVE TRAVELLED 22. ZAMPA OVERTURE (Complete) 23. JESSIE’S DREAM (No Voice-Over) 24. BLUE JAY WAY 25. FLYING (Complete Mono Mix) 26. MAGICAL MYSTERY TOUR (Movie Remix) 27. HELLO GOODBYE (Remix)
CD TWO : [APPLE VIDEO REMIXED AND REMASTERED SOUNDTRACK 1988] 1. MAGICAL MYSTERY TOUR (1988 Stereo Mix) 2. THE FOOL ON THE HILL (1988 Stereo Mix) 3. FLYING (1988 Stereo Mix) 4. I AM THE WARLUS (1988 Stereo Mix) 5. BLUE JAY WAY (1988 Stereo Mix) 6. YOUR MOTHER SHOULD KNOW (1988 Stereo Mix) 7. MAGICAL MYSTERY TOUR (Reprise) (1988 Stereo Mix) [ORIGINAL FILM MONO MIX 1967] 8. MAGICAL MYSTERY TOUR (Original Film Mono Mix) 9. THE FOOL ON THE HILL (Original Film Mono Mix) 10. FLYING (Original Film Mono Mix) 11. I AM THE WARLUS (Original Film Mono Mix) 12. BLUE JAY WAY (Original Film Mono Mix) 13. YOUR MOTHER SHOULD KNOW / MAGICAL MYSTERY TOUR (Reprise) (Original Film Mono Mix) [MORE EXTRA TRACKS] 14. MAGICAL MYSTERY TOUR (1993 Stereo Mix) 15. THE FOOL ON THE HILL (1993 Stereo Mix) 16. I AM THE WARLUS (1980 US Rarities Mix) 17. I AM THE WARLUS (1993 Stereo Mix) 18. I AM THE WARLUS (1996 Anthology Remix) 19. I AM THE WARLUS (2003 True Stereo Mix) 20. BLUE JAY WAY (2011 Remix) 21. THE FOOL ON THE HILL (2006 LOVE Remix) 22. WHERE IT’S AT – MAGICAL MYSTERY TOUR SPECIAL (BBC Radio)

DVD ONE : MAGICAL MYSTERY TOUR / THE FOOL ON THE HILL / SHE LOVES YOU (Fairground Organ) / FLYING / ALL MY LOVING (Orchestrated) / I AM THE WALRUS / JESSIE’S DREAM / BLUE JAY WAY / DEATH CAB FOR CUTIE (The Bonzo Dog Doo-Dah Band) / YOUR MOTHER SHOULD KNOW / MAGICAL MYSTERY TOUR (Reprise) / HELLO GOODBYE (Finale)  
[APPLE VIDEO EDITION (with JAPANESE SUBTITLE) / DIGITALLY REMIXED AND REMASTERED SOUNDTRACK 1988 (4:3 standard)]
MAGICAL MYSTERY TOUR / THE FOOL ON THE HILL / SHE LOVES YOU (Fairground Organ) / FLYING / ALL MY LOVING (Orchestrated) / I AM THE WALRUS / JESSIE’S DREAM / BLUE JAY WAY / DEATH CAB FOR CUTIE (The Bonzo Dog Doo-Dah Band) / YOUR MOTHER SHOULD KNOW / MAGICAL MYSTERY TOUR (Reprise) / HELLO GOODBYE (Finale)
[U.K. TV BROADCAST EDITION / ORIGINAL MONO SOUNDTRACK 1979 (4:3 standard in 16:9 wide)]
◇NTSC 16:9 (4:3) Dolby Digital Stereo / Mono time approx. 53+53=106min]

DVD TWO : MAGICAL MYSTERY TOUR / THE FOOL ON THE HILL / SHE LOVES YOU (Fairground Organ) / FLYING / ALL MY LOVING (Orchestrated) / I AM THE WALRUS / JESSIE’S DREAM / BLUE JAY WAY / DEATH CAB FOR CUTIE (The Bonzo Dog Doo-Dah Band) / YOUR MOTHER SHOULD KNOW / MAGICAL MYSTERY TOUR (Reprise) / HELLO GOODBYE (Finale)
[FIRST DVD EDITION / STANDARD STEREO SOUNDTRACK 1997 (4:3 standard)]
INTRODUCTION / ON BOXING DAY / MADE LIKE ART FILM / COOL BRITANIA / THE 14 HOURS TECHNICOLOR DREAM / I’D LOVE TO TURN YOU ON / WHO THEY WANTED ON THE BUS / I AM THE WARLUS / IN THE STRIP CLUB / THE FINAL DESTINATION / YOUR MOTHER SHOULD KNOW / OUTRODUCTION
[MAGICAL MYSTERY TOUR REVISITED / BBC ARENA : JAPANESE TV BROADCAST 2012 (16:9 wide)]
◇NTSC 16:9 (4:3) Dolby Digital Stereo / Mono time approx. 53+57=110min

ビートルズあのシェイ・スタジアム公演を、最新テクノロジーを用いたデジタル・レストアにて音と映像でフル収録。

THE BEATLES / SHEA STADIUM SPECIAL EDITION (1CD+1DVD+CDROM)

1965年あのシェイ・スタジアム公演を、2022年最新テクノロジーを用いたデジタル・レストアにて、コンサート全曲完全収録し、音と映像でカップリングしたタイトルが直輸入オリジナル・プレスCD+DVDにて。さらに初回限定でフォト・ブックレットなどの画像入りCD-ROMディスクも追加した、完全限定オリジナル紙ジャケット&オリジナル・デザイン帯付き仕様にて。
本タイトルは歴史的ライブと言える1965年8月15日、ロック史上初の5万人を超える大規模スタジアム・ライブとなったあのシェイ・スタジアム公演を、2022年新たに制作された海外オリジナル編集によるコンサート全曲完全収録のスペシャル・エディションで、2016年にその一部が限定的に劇場公開された映像マスターを用い、今だ実現化されていない公式リリースを想定したバーチャル・コンセプトにて海外制作されたもの。

[内容詳細]
まずCDは『ニュー・オーディオ・ミックス2022』と、『ムービー・バージョン2016』の2種を収録。最大の特長はこれまでの完全収録の音源は基本的にモノラルの無修正リアル・ライブ音源だったのが、今回この『ニュー・オーディオ・ミックス2022』は、新たに制作された最新デジタル・レストア編集によるステレオ・リミックス完全版にて収録されており、オリジナル音源に比べ明らかにアップグレード。
また『ムービー・バージョン2016』は、2016年の映画と同時に限定的に劇場公開された、映画版『シェイ・スタジアム』のオリジナル・サウンドトラックを収録。かつてのフィルム版やTV放送用と同様に、曲数も少なく曲順も異なるショート・エディット・バージョンながら、劇場公開用に新たに編集されており曲間やエンディングにも違いがあり。因みに当時の劇場公開以来、公式リリースが待たれるが今だ映像作品としては発売されておらず、ここではその2016年バージョンを現存するリマスター音源で完全再現しており、またこれまで数多く出回った音源とは異なる注目の初登場音源も追加収録。
そして映像DVDは最新オリジナル編集による『ニュー・フィルム・エディション2022』を収録。今回新たに制作された独自のドキュメンタリー映像から始まり、コンサート本編を全曲完全収録したもので、因みに元々映像が存在しない「シーズ・ア・ウーマン」と「みんないい娘」は他曲の映像等を編集駆使してほぼ違和感なく再現。なおこれまでシェイ・スタジアム関連映像はかつてのフィルム・ヴァージョンをはじめ、『Anthology』や『Eight Days A Week-The Touring Years』等でもその一部が収録されていたものの、画質クオリティーに落差があったが、ここでは最新機材を用いたベスト・クオリティー映像にてコンプリート収録。またボーナス的に同じシェイ・スタジアムにて2008年の改修前最後に行われたビリー・ジョエルとポールのライブ映像や、2009年CITIフィールドとして生まれ変わった会場で初ライブを行ったポールのライブ映像などもドキュメンタリーを含めてトータル1時間27分にわたり収録。
さらに初回限定で付属のCD-ROM(CDR)には、オフィシャル・リリースを想定したバーチャル・コンセプトで、海外制作された106Pに及ぶフォト・ブックレットや、1965年USツアー・パンフレットの画像データなども完全収録。
貴重な写真も用いられているうえ、もし将来的にリリースされるのであればこうした豪華写真集になって欲しいというファンの夢を叶えた秀逸なデータ・ファイルで、PDF形式で作成されているのでパソコン・データとしてPCにて閲覧出来ます。
以上、仕様もオリジナル・デザインによる見開き紙ジャケットに帯付きによる、独自のスペシャル・エディションゆえ、今回もファン必携の限定コレクターズ・エディション。なおCD-ROM付きは初回限定100セットのみの付属ゆえ、ご希望の方はお早めに。

CD : 01. Twist And Shout 02. She’s A Woman 03. I Feel Fine 04. Dizzy Miss Lizzy 05. Ticket To Ride 06. Everybody’s Trying To Be My Baby 07. Can’t Buy Me Love 08. Baby’s In Black 09. Act Naturally 10. A Hard Day’s Night 11. Help! 12. I’m Down
[Full Concert Set – New Audio Mix 2022]
13. Concert Opening 14. Twist And Shout 15. I Feel Fine 16. Dizzy Miss Lizzy 17. Ticket To Ride 18. Act Naturally 19. Can’t Buy Me Love 20. Baby’s In Black 21. A Hard Day’s Night 22. Help! 23. I’m Down 24. She’s A Woman (ending)
[The Movie Version – Remix and Remasters 2016]

DVD : Introduction / London To New York / Ready To Go / Concert Opening / Twist And Shout / She’s A Woman / I Feel Fine / Dizzy Miss Lizzy / Ticket To Ride / Everybody’s Trying To Be My Baby / Can’t Buy Me Love / Baby’s In Black / Act Naturally / A Hard Day’s Night / Help! / I’m Down / Outroduction
[Full Concert Set – New Film Edition 2022]
Last Play Shea 2008 / Documentary / I Saw Her Standing There / Let It Be / First Play Citi Field 2009 / I’m Down / I’m Down (mix)
[Bonus Video]
◇DVD Color NTSC 16:9 / 4:3 Dolby Digital Stereo (duration 87min.)

Limited CD-ROM DATA DISC (CDR) : The Beatles Shea Stadium Flyer (png) / The Beatles Shea Stadium Book (pdf) / The Beatles Shea Stadium Holder (pdf) / Tour Program 1965 (pdf) / Wells Fargo Badge (png)

ケイト・ブッシュ70年代の名ライブを今年再放送された高ハイヴィジョン・プロショット映像からブルーレイ化。

KATE BUSH / TALES OF KATE BUSH (1Blu-ray)

2022年7月にUK:BBCにてWEBキャスト・オンエアーされた、ケイト・ブッシュの1979年クリスマス・ライブと、2014年に放送されたドキュメンタリー・プログラムを、いずれも高ハイヴィジョン(1920×1080)・プロショット映像にて、カップリング収録しブルーレイ化。
まずBBCオンエアー・マスター映像を、全編ブルーレイならではの大容量を活かして、元素材そのままのHDクオリティーにて収録し、さらに音声パートもカンペキなPCMステレオ&5.1チャンネル・サウンドにて収録したもので、いずれも過去より流通してきた映像ながら、今回初めてデジタル放送からのHDクオリティー映像ということで、特に70年代の貴重なライブ・パフォーマンスが観れるクリスマス・ライブは、ファンから今もって人気の高い映像ゆえ、オフィシャル・クオリティーで観れることは嬉しいかぎり。
そして収録内容はまずやはり1979年12月28日、BBCのTV放送用におこなわれた「クリスマス・ライブ」で、ピーター・ガブリエルが客演したことでも有名ゆえ、ファンには説明不要の映像。こちらは初期のコケティッシュな魔力とエキセントリックかつ演劇性の高いパフォーマンスで、単なるTVショーを超えた見事な作品であり、しかもゲストのピーター・ガブリエルによる「Here Comes The Flood」、そして同アルバムにも参加したR・ハーパーの「Another Day」を2人の共演でカヴァーしているのも要チェックの44分。
さらに後半には2014年にBBCで放送されたドキュメンタリー番組も収録しており、こちらも初のデジタル放送となっており、デビュー時から2011年のアルバム『50 WORDS FOR SNOW』までのキャリアを1時間にわたり総括したもの。
なおケイトを見出したデイヴ・ギルモアや、ピーター・ガブリエルにビリー・ジョエルからジョン・ライドンのインタテビューも含めて、貴重なライブ映像なども挿入されており、こちらも高画質のHDマスターから収録されているゆえ、トータル1時間43分にわたりまさにファン必携のレア・コレクターズ・エディション。

1. VIOLIN 2. SYMPHONY IN BLUE 3. THEM HEAVY PEOPLE 4. THE ANGEL GABRIEL (with Paddy Bush and Glenys Groves) 5. HERE COMES THE FLOOD (Performrd by Peter Gabriel) 6. RAN TAN WALTZ 7. DECEMBER WILL BE MAGIC AGAIN 8. THE WEDDING LIST 9. ANOTHER DAY (with Peter Gabriel) 10. EGYPT 11. THE MAN WITH THE CHILD IN HIS EYES 12. DON’T PUSH YOUR FOOT ON THE HEARTBRAKE 13. Ending / WUTHERING HIGHTS [CHRISTMAS SPECIAL / Live at Birmingham, UK 28th December 1979 : Broadcasted in July 30, 2022 / Full HD (1920×1080) 16:9 / Stereo / Total Running Time : 44 min]
14. RUNNING UP THAT HILL / DOCUMENTARY 2014
Documentary exploring Kate Bush’s career and music, from January 1978’s “WUTHERING HEIGHTS” to her 2011 album “50 WORDS FOR SNOW”. Contributors include the guitarist who discovered her David Gilmour, the choreographer who taught her to dance Lindsay Kemp and musician Peter Gabriel, Del Palmer, Elton John, John Lydon, Annie Clark and more.
[TV Documentary : Broadcasted in July 30, 2022 / Full HD (1920×1080) 16:9 / Stereo / Total Running Time : 59 min]

2022年ビートルズ最新編集AIオーディオ・アルバム・シリーズから「パスト・マスターズ」の『VOL.3』も新登場。

THE BEATLES / PAST MASTERS EXTRA VOL.3 : AI – AUDIO (プレス2CD)

2022年よりビートルズ最新編集AIオーディオ・アルバム・シリーズが新登場。新次元のAI⾳源解析によるマルチトラック新編集ステレオ・リミックスなど、アルバム全曲を4バージョン収録した、最新リファレンスが海外直輸⼊オリジナル・プレス盤にて。

[詳細]
ビートルズの2022年からスタートしたこのAI オーディオ・アルバム・コレクション・シリーズは、AI⾳源解析によるマルチトラック新編集ステレオ・リミックスなど、各アルバム全曲を4バージョン収録したもので、独⾃のチャンネル・セパレーションによる最新リミックスの⽴体⾳響ステレオに加えて、ネイキッド・ボーカルやバッキング・トラックス、さらに60年代オリジナル・アナログ・マスターから当時のオリジナル⾳源ステレオ・ミックスなども収録。
まずDISC1前半には【MULTITRACK REMIX AND REMASTERS STEREO REMIX】として、2022年版最新リミックス&・リマスター音源を収録。60年代当時はモノラル主流だったため、オリジナルのステレオ音源は初期特有の簡素なステレオ・ミックス、さらに不自然にバランスの悪いステレオ・ミックスも多く、そうした60年代ならではの旧態然としたステレオ・ミックスを、最新AI音源解析で分離したマルチトラック音源を元に新たなミックスで再構築。よってメインのボーカルが片チャンネルに偏っていたり、コーラスや各楽器のバランスが悪かった当時のステレオ・ミックスから、今まで以上にクリアーに分離再現されたサウンドに生まれ変わった最新の立体音響的ステレオ・リミックスにて。
そして後半【NAKED VOCAL TRACK STEREO REMIX】は、メインのボーカル・トラックを抜き出し、演奏を極力抑えたミックスにより生々しいボーカルを中心としたサウンドになっており、ボーカルやコーラス・スタイルが浮き彫りとなった興味深いミックスを収録。
さらにDISC2前半は【ORIGINAL ANALOG MASTER STEREO MIX】として現行のデジタル・リマスターされ修復作業が行われた音源ではない、オリジナル・アナログ・ステレオ・ミックスを収録。こちらはDISC1前半と対極のオリジナルそのままの音源なので、違いを聴き比べるのに役立つ60年代当時のレコード盤に刻まれたままのベーシックなステレオ・ミックス。そして後半の【BACKING TRACKS INSTRUMENTAL STEREO REMIX】では、こちらもDISC1後半と対極となるボーカル・トラックを極力オフにした演奏のみのインストゥルメンタルでアルバム全曲を収録。曲によってはコーラスを残したリード・ボーカル以外のバッキング・トラックとなっている等、独自のリミックスらしい特徴もあり、AI音源解析によるアルバム全曲に及ぶインストゥルメンタル収録としては今回が初登場。

◇AIオーディオ・コンパニオン:リミックス・アンド・リマスター詳細解説
ビートルズ・サウンドの基本的知識として「ビートルズ・レコーディング技術とリマスター音源作業の変遷」で紹介の通り、これまでにも最新リマスターによる再発やリミックス・アルバムのリリースもあったがこの「AIオーディオ・コンパニオン:リミックス・アンド・リマスター」シリーズでは、『ザ・ビートルズ:ロックバンド』で試みられたマルチトラック音源をさらに進化させて、当時はセレクトされた楽曲に限られていたボーカルやギター、ベース、ドラムスの各パートの分離された音源を最新AI音源解析による最新バージョンで全作品をオリジナル・アルバム単位で再構築。
かつて『ロックバンド』ではセレクトされた一部の曲だけだったマルチトラック音源をアルバムごとに全曲すべて収録。改めてボーカルやギター、ベース、ドラムスの各パートが分離された独自のマルチトラック音源を元に、オリジナルのステレオ・ミックスとは次元の違う新しいリミックスに仕上がっています。
【MULTITRACK REMIX AND REMASTERS STEREO REMIX】
ニュー・ステレオ・ミックスとしてオリジナルの60年代当時の旧態然とした不自然なステレオ音像から現代的な不自然感のないステレオ定位を意識したリミックスへ大幅に変更。特に初期から中期にかけてのステレオ・ミックスの違いはヘッドフォンやステレオ・イヤフォンでダイレクトに聴くと如実にその違いが判ります。初期2アルバムにおける2トラックからのステレオでは、単純に片チャンネルにまとめられたモノラルとなる演奏トラックを分離して演奏自体をステレオ化した上で、ボーカルをセンターに定位させるといったステレオ・ミックスに生まれ変わっており、これこそ最新AI音源解析ならでは。この試みは既に音源コレクターにとっては近年複数リリースされてきていますが、あえて聴き比べるとそのサウンドの質感やステレオ定位、音像の違いを聞き取れると思います。
【NAKED VOCAL TRACK STEREO REMIX】
メインのボーカル・トラックを抜き出し演奏を極力抑えたミックスで、完全に演奏をオフにしてしまうボーカル・トラックだけでは、ただの素材となってしまうため、あえて演奏を残しつつ生々しいボーカルを全面的に押し出したネイキッドなリミックス。ある意味、ボーカルやギター、ベース、ドラムスの各パートが分離されたマルチトラック音源があるからこその独自音源であり、こうした形でアルバム全曲が収録されるのは初登場。
【ORIGINAL ANALOG MASTER STEREO MIX】
文字通り60年代当時のオリジナル音源を完全再現したもので、ソースとなっているのはUKオリジナル・ステレオ・マスターからダイレクトに制作された、モービル・フィデリティ原盤レコードの音源を高音質96/24ハイレゾ・デジタル音源化したものをベースに収録。現行のデジタル・リマスターによる修復作業が行われた音源ではないレコード原盤そのままのオリジナル・アナログ・ステレオ・ミックスとなっており、今となっては高価で入手困難といえるレコード原盤の音をそのまま伝えるフラット・トランスファーされたリファレンス音源。
【BACKING TRACKS INSTRUMENTAL STEREO REMIX】
「ネイキッド・ボーカル」同様、ボーカルやギター、ベース、ドラムスの各パートが分離されたマルチトラック音源があるからこそ独自に作成されたリミックス音源となるもので、これもまた最新AI音源解析ならでは。かつては『ザ・ビートルズ:ロックバンド』音源からのインスト・アルバムであったり、曲単位ではスタジオ・アウトテイク含め演奏だけのバッキング・トラックはありましたが、こうした形でアルバム全曲が収録されるのは初登場。また曲によってはボーカルとコーラスが見事に振り分けられているものもあれば、完全にボーカル・トラックがオフにならない楽曲も一部ではあるものの、演奏だけを中心に聴くことにより一層ビートルズ・サウンド・メイキングの分析にも役立つ興味の尽きないリミックスにて。

[コレクターズ・ポイント]
そして本シリーズ最終章として、1988 年に初めて制作された編集盤『パスト・マスターズ』のエキストラ・ヴァージョンが、「VOL.1」から「VOL.3」までの3タイトルがリリースされることに。
因みに『パスト・マスターズ』は60 年代の活動期間中にオリジナル・アルバムには未収録のシングル曲をメインに収録したもので、シングル AB 面はもちろん、 EP 盤のみの曲等のアルバム未収録曲をすべて時系列に収録しており、よってオリジナル・アルバム 13 作にこの編集盤を加えれば、公式発表曲すべてを網羅出来るということで、やはりオフィシャル・アルバムとして欠かせない必須タイトル。
そして本タイトル『VOLUME 3』は『パスト・マスターズ・エクストラ』として、今回唯一シリーズ化されていない『イエロー・サブマリン』からの4曲に加えてイギリス最後のシングル「レット・イット・ビー」までを収録。
その4曲以外にはチャリティー・アルバムでしか聴けなかった「アクロス・ザ・ユニバース」(鳥の声&コーラス・バージョン)や、「ゲット・バック」「レット・イット・ビー」もシングル・バージョンにて。
そしてこれまでのシリーズ同様、それらをまずdisc:1にはマルチトラック新編集ステレオ・リミックスとして、オリジナル音源からボーカルと楽器を分離し新たに再構成した独自のリミックスが収録されており、他にも生々しいボーカルをフィーチャーしたネイキッド・ボーカル・トラックを収録。 さらにDisc:2にはオリジナル・アナログ・マスターズとして、現行のデジタル・リマスターが施されていない当時のアナログ・マスターに忠実な音源を収録し、バッキング・トラックス・インストではアルバム全曲をボーカル抜きのカラオケ化も収録。
以上、劇的に進化した2022年AI音源解析による本シリーズは、ビートルズ・サウンド分析に迫る音源研究に欠かせないオーディオ・アルバムとして、すでにリリースされるタイトルも含めて全て必携の限定コレクターズ・エディション。

DISC 1 : [MULTITRACK REMIX AND REMASTERS STEREO REMIX = track 01-11 / NAKED VOCAL TRACK STEREO REMIX = track 12-22]
01. ALL TOGETHER NOW 02. ONLY A NORTHERN SONG 03. HEY BULLDOG 04. IT’S ALL TOO MUCH 05. GET BACK 06. DON’T LET ME DOWN 07. THE BALLAD OF JOHN AND YOKO 08, OLD BROWN SHOE 09. ACROSS THE UNIVERSE 10. LET IT BE 11. YOU KNOW MY NAME (LOOK UP THE NUMBER) 12. ALL TOGETHER NOW 13. ONLY A NORTHERN SONG 14. HEY BULLDOG 15. IT’S ALL TOO MUCH 16. GET BACK 17. DON’T LET ME DOWN 18. THE BALLAD OF JOHN AND YOKO 19, OLD BROWN SHOE 20. ACROSS THE UNIVERSE 21. LET IT BE 22. YOU KNOW MY NAME (LOOK UP THE NUMBER)

DISC 2 : [ORIGINAL ANALOG MASTER STEREO MIX = track 01-11 / BACKING TRACKS INSTRUMENTAL STEREO REMIX = track 12-22]
01. ALL TOGETHER NOW 02. ONLY A NORTHERN SONG 03. HEY BULLDOG 04. IT’S ALL TOO MUCH 05. GET BACK 06. DON’T LET ME DOWN 07. THE BALLAD OF JOHN AND YOKO 08, OLD BROWN SHOE 09. ACROSS THE UNIVERSE 10. LET IT BE 11. YOU KNOW MY NAME (LOOK UP THE NUMBER) 12. ALL TOGETHER NOW 13. ONLY A NORTHERN SONG 14. HEY BULLDOG 15. IT’S ALL TOO MUCH 16. GET BACK 17. DON’T LET ME DOWN 18. THE BALLAD OF JOHN AND YOKO 19, OLD BROWN SHOE 20. ACROSS THE UNIVERSE 21. LET IT BE 22. YOU KNOW MY NAME (LOOK UP THE NUMBER)

「So What!」レーベル責任監修によるレア・シリーズ第18弾は、1973年11月15日、パリでのニューポート・ジャズ・フェスを、最新マスタリングも施した最終決定盤にて。

MILES DAVIS / PARIS 1973 REVISITED (プレス2CD+1DVDR)

2022年「So What!」レーベル責任監修によるレア・シリーズ第18弾は、貴重な1973年11月15日、パリでの「ニューポート・ジャズ・フェス」公演の模様を、ベスト・クオリティーの音源と映像にてコンパイルし.、最新マスタリングも施した最終決定盤として永久保存プレス盤にて。
まず故中山康樹氏を含め全てのマイルス愛好家から絶大の信頼を受け、数々の名盤を生み出した伝説のレーベル「ソー・ホワット」の完全監修を受けて、2020年末より限定リリースされている本シリーズは、内容クオリティーの素晴らしさはもちろん、丁寧なリマスタリングに加えてこだわりの帯付アートワーク、美麗なピクチャー・ディスクのプレス盤ということで、海外ファンの間でもすでに大きな話題を呼ぶことに。
そして本シリーズのこの第18弾は、暗黒ブラックホール時代となる1973年の壮絶なライブ・パフォーマンスから、ユーロ・ツアーの終盤、11月15日、1日2回行われたパリでの「ニューポート・ジャズ・フェス」公演の模様を収録。
こちらは過去よりORTFラジオ・ブロードキャストからの放送用音源を用いた数種類のサウンドボード・ソースが存在していたものの、どの音源もカットがあったりDJがカブっていたり、クオリティーがキビしかったりと、いずれも難があった中で、2020年に海外コア・ファンが3種類のソースを元にプロユース編集を施し制作されたのが、ここでの大元マスターとなっており、しかも単につなぐだけでなく、つぎはぎされた音源を解体して、それぞれに最適なイコライジングやノイズ・リダクションを施すというすさまじいリマスタリング作業が敢行。
そしてさらに本レーベルでは再度のマスタリングにて各音源の音質の差やつなぎ目の違和感もなくし、一部フランス語のDJが残っていた個所も丁寧に再編集し除去することで、ここで初めてバンド演奏のみを、ほぼ完全フル収録してここに。
なお2回のショーのうちファースト・ショーはほぼコンプリート収録で、セカンド・ショーは”For Dave”以降の終盤部分の収録となっており、全編にわたりこの日のマイルスは特に感情的なソロを連発しており、それに引かれてレジーとピートのWギターも自在なカッティングやソロを披露。そしてクライマックス、ラストの”Calypso~”ではリーブマンのサックスのバックで、ぐちゃぐちゃのマイルスのオルガン・ソロまで、その様はまさに暗黒の帝王。
さらに初回限定では同日の模様を、モノクロ映像でコンプリートではないものの、貴重な記録映像よりプロショットにて62分にわたり収録したDVD-Rをプラス。
こちらはファースト・セットからは”Ife”以降中盤から終盤にかけて。そして最大の見所は、やはりセカンド・ショー、ラストの”Calypso Frelimo”で、リーブマンのサックス背後でうねるようなオルガンを弾きまくり、そのリーブマンがフルートを持ち出すと露骨に怒るマイルスの姿は、あまりに圧倒的。もちろんペットによるソロも随所で披露するものの、この日はオルガン・ソロで最もノった姿を観れるのも要チェック。
以上、1973年バンドのラストを飾るにふさわしい内容とクオリティーてあり、暗黒ブラック・ホール時期の超絶演奏を、2022年最新の丁寧なマスタリングによる最上級グレードによるサウンドで再現。
よって別アイテムをお持ちの方も必携と断言でき、今回も「So What!」レーベルが精魂込めて作り上げた本タイトルは完全限定プレス盤、帯付仕様ゆえ、特に映像DVD-Rもご希望の方はお早目に。


DISC 1 : -Early Show- 1. TURNAROUNDPHRASE (source C – source B) 2. TUNE IN 5 (source B – source C – source B) 3. TURNAROUNDPHRASE (source B – source C)
DISC 2 : 1. IFE (source C – source A) 2. RIGHT OFF (source A) 3. FUNK : PRELUDE Part I (source A – source C) –Late Show- 4. FOR DAVE (source C – source A) 5. TUNE IN 5 (source A) 6. CALYPSO FRELIMO (source A – source B)
[Recorded at Palais des Sports, Paris, France, November 15th 1973 : Soundboard Recording (3 Sources) / Original Remastered by VDD 2022]

Limited DVD-R : 1. IFE 2. RIGHT OFF 3. FUNK (PRELUDE Part I) 4. FOR DAVE 5. TUNE IN 5 6. CALYPSO FRELIMO
[Recorded at Palais des Sports, Paris, France, November 15th 1973 : French TV Broadcast Version /16:9/ PRO-Shot (B&W) / 62 min]

◇Miles Davis – trumpet, organ / Dave Liebman – soprano saxophone, tenor saxophone, flute / Pete Cosey – guitar, percussion / Reggie Lucas – guitar / Michael Henderson – electric bass / Al Foster – drums / James Mtume Foreman – conga, percussion

ゼップ・ファン必携のエンプレス・バレイより、初期4作品を、すべてUS盤オリジナル・マスターからデジタル化し永久保存プレス4CDにて。

LED ZEPPELIN / First Four Dr. Ebbetts Sound System (プレス4CD)

ゼップ・ファン必携のエンプレス・バレイより、『I』から『IV』までの4作品を、すべて最新機材を用いUS盤オリジナル・マスターからデジタル化したタイトルが、限定ロー・プライス永久保存プレス4CDにて。
本タイトルはビートルズ・ファンの間では有名なニードル・リッピング職人、ドクター・エベッツが、今回ゼップ初期の4作品をミント状態のオリジナル・ヴァイナルをマスターとし、最新機材を用いてリッピングしCD化したもので、現状では最もオリジナルに近いサウンド・クオリティーにて収録。
因みにイギリス盤も当然としてUSファースト・プレスのオリジナル盤もオークション等で高値で取引されており、なかなか気軽に聞くことは難しいので、この機会にぜひオーディオ・マニアにも聞いて欲しいアイテム。なお仕様も高級紙DKホワイトを使用した紙ジャケットで、完全限定リリースゆえ、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 : 01. GOOD TIMES BAD TIMES 02. BABE I’M GONNA LEAVE YOU 03. YOU SHOOK ME 04. DAZED AND CONFUSED 05. YOUR TIME IS GONNA COME 06. BLACK MOUNTAIN SIDE 07. COMMUNICATION BREAKDOWN 08. I CAN’T QUIT YOU BABY 09. HOW MANY MORE TIMES
[LED ZEPPELIN I (US : SD 8216)]

Disc 2 : 01.  WHOLE LOTTA LOVE 02. WHAT IS AND WHAT SHOULD NEVER BE 03. THE LEMON SONG 04. THANK YOU 05. HEARTBREAKER 06. LIVING LOVING MAID (SHE’S JUST A WOMAN) 07. RAMBLE ON 08. MOBY DICK 09. BRING IT ON HOME
[LED ZEPPELIN II (US : SD 8236)]

Disc 3 : 01. IMMIGRANT SONG 02. FRIENDS 03. CELEBRATION DAY 04. SINCE I’VE BEEN LOVING YOU 05. OUT ON THE TILES 06. GALLOWS POLE 07. TANGERINE 08. THAT’S THE WAY 09. BRON-Y-AUR STOMP 10. HAT’S OFF TO (ROY) HARPER
[LED ZEPPELIN III (US : SD 7201)]

Disc 4 : 01. BLACK DOG 02. ROCK AND ROLL 03. THE BATTLE OF EVERMORE 04. STAIRWAY TO HEAVEN 05. MISTY MOUNTAIN HOP 06. FOUR STICKS 07. GOING TO CALIFORNIA 08. WHEN THE LEVEE BREAKS
[LED ZEPPELIN IV (US : SD 7208)]

2022年よりビートルズ最新編集AIオーディオ・アルバム・シリーズから「パスト・マスターズ」の『VOL.2』も登場。

THE BEATLES / PAST MASTERS EXTRA VOL.2 : AI – AUDIO (プレス2CD)

2022年よりビートルズ最新編集AIオーディオ・アルバム・シリーズが新登場。新次元のAI⾳源解析によるマルチトラック新編集ステレオ・リミックスなど、アルバム全曲を4バージョン収録した、最新リファレンスが海外直輸⼊オリジナル・プレス盤にて。

[詳細]
ビートルズの2022年からスタートしたこのAI オーディオ・アルバム・コレクション・シリーズは、AI⾳源解析によるマルチトラック新編集ステレオ・リミックスなど、各アルバム全曲を4バージョン収録したもので、独⾃のチャンネル・セパレーションによる最新リミックスの⽴体⾳響ステレオに加えて、ネイキッド・ボーカルやバッキング・トラックス、さらに60年代オリジナル・アナログ・マスターから当時のオリジナル⾳源ステレオ・ミックスなども収録。
まずDISC1前半には【MULTITRACK REMIX AND REMASTERS STEREO REMIX】として、2022年版最新リミックス&・リマスター音源を収録。60年代当時はモノラル主流だったため、オリジナルのステレオ音源は初期特有の簡素なステレオ・ミックス、さらに不自然にバランスの悪いステレオ・ミックスも多く、そうした60年代ならではの旧態然としたステレオ・ミックスを、最新AI音源解析で分離したマルチトラック音源を元に新たなミックスで再構築。よってメインのボーカルが片チャンネルに偏っていたり、コーラスや各楽器のバランスが悪かった当時のステレオ・ミックスから、今まで以上にクリアーに分離再現されたサウンドに生まれ変わった最新の立体音響的ステレオ・リミックスにて。
そして後半【NAKED VOCAL TRACK STEREO REMIX】は、メインのボーカル・トラックを抜き出し、演奏を極力抑えたミックスにより生々しいボーカルを中心としたサウンドになっており、ボーカルやコーラス・スタイルが浮き彫りとなった興味深いミックスを収録。
さらにDISC2前半は【ORIGINAL ANALOG MASTER STEREO MIX】として現行のデジタル・リマスターされ修復作業が行われた音源ではない、オリジナル・アナログ・ステレオ・ミックスを収録。こちらはDISC1前半と対極のオリジナルそのままの音源なので、違いを聴き比べるのに役立つ60年代当時のレコード盤に刻まれたままのベーシックなステレオ・ミックス。
そして後半の【BACKING TRACKS INSTRUMENTAL STEREO REMIX】では、こちらもDISC1後半と対極となるボーカル・トラックを極力オフにした演奏のみのインストゥルメンタルでアルバム全曲を収録。曲によってはコーラスを残したリード・ボーカル以外のバッキング・トラックとなっている等、独自のリミックスらしい特徴もあり、AI音源解析によるアルバム全曲に及ぶインストゥルメンタル収録としては今回が初登場。

◇AIオーディオ・コンパニオン:リミックス・アンド・リマスター詳細解説
ビートルズ・サウンドの基本的知識として「ビートルズ・レコーディング技術とリマスター音源作業の変遷」で紹介の通り、これまでにも最新リマスターによる再発やリミックス・アルバムのリリースもあったがこの「AIオーディオ・コンパニオン:リミックス・アンド・リマスター」シリーズでは、『ザ・ビートルズ:ロックバンド』で試みられたマルチトラック音源をさらに進化させて、当時はセレクトされた楽曲に限られていたボーカルやギター、ベース、ドラムスの各パートの分離された音源を最新AI音源解析による最新バージョンで全作品をオリジナル・アルバム単位で再構築。
かつて『ロックバンド』ではセレクトされた一部の曲だけだったマルチトラック音源をアルバムごとに全曲すべて収録。改めてボーカルやギター、ベース、ドラムスの各パートが分離された独自のマルチトラック音源を元に、オリジナルのステレオ・ミックスとは次元の違う新しいリミックスに仕上がっています。
【MULTITRACK REMIX AND REMASTERS STEREO REMIX】
ニュー・ステレオ・ミックスとしてオリジナルの60年代当時の旧態然とした不自然なステレオ音像から現代的な不自然感のないステレオ定位を意識したリミックスへ大幅に変更。特に初期から中期にかけてのステレオ・ミックスの違いはヘッドフォンやステレオ・イヤフォンでダイレクトに聴くと如実にその違いが判ります。初期2アルバムにおける2トラックからのステレオでは、単純に片チャンネルにまとめられたモノラルとなる演奏トラックを分離して演奏自体をステレオ化した上で、ボーカルをセンターに定位させるといったステレオ・ミックスに生まれ変わっており、これこそ最新AI音源解析ならでは。この試みは既に音源コレクターにとっては近年複数リリースされてきていますが、あえて聴き比べるとそのサウンドの質感やステレオ定位、音像の違いを聞き取れると思います。
【NAKED VOCAL TRACK STEREO REMIX】
メインのボーカル・トラックを抜き出し演奏を極力抑えたミックスで、完全に演奏をオフにしてしまうボーカル・トラックだけでは、ただの素材となってしまうため、あえて演奏を残しつつ生々しいボーカルを全面的に押し出したネイキッドなリミックス。ある意味、ボーカルやギター、ベース、ドラムスの各パートが分離されたマルチトラック音源があるからこその独自音源であり、こうした形でアルバム全曲が収録されるのは初登場。【ORIGINAL ANALOG MASTER STEREO MIX】
文字通り60年代当時のオリジナル音源を完全再現したもので、ソースとなっているのはUKオリジナル・ステレオ・マスターからダイレクトに制作された、モービル・フィデリティ原盤レコードの音源を高音質96/24ハイレゾ・デジタル音源化したものをベースに収録。現行のデジタル・リマスターによる修復作業が行われた音源ではないレコード原盤そのままのオリジナル・アナログ・ステレオ・ミックスとなっており、今となっては高価で入手困難といえるレコード原盤の音をそのまま伝えるフラット・トランスファーされたリファレンス音源。
【BACKING TRACKS INSTRUMENTAL STEREO REMIX】
「ネイキッド・ボーカル」同様、ボーカルやギター、ベース、ドラムスの各パートが分離されたマルチトラック音源があるからこそ独自に作成されたリミックス音源となるもので、これもまた最新AI音源解析ならでは。かつては『ザ・ビートルズ:ロックバンド』音源からのインスト・アルバムであったり、曲単位ではスタジオ・アウトテイク含め演奏だけのバッキング・トラックはありましたが、こうした形でアルバム全曲が収録されるのは初登場。また曲によってはボーカルとコーラスが見事に振り分けられているものもあれば、完全にボーカル・トラックがオフにならない楽曲も一部ではあるものの、演奏だけを中心に聴くことにより一層ビートルズ・サウンド・メイキングの分析にも役立つ興味の尽きないリミックスにて。

[コレクターズ・ポイント]
そして本シリーズ最終章として、1988 年に初めて制作された編集盤『パスト・マスターズ』のエキストラ・ヴァージョンが、「VOL.1」から「VOL.3」までの3タイトルがリリースされることに。
因みに『パスト・マスターズ』は60 年代の活動期間中にオリジナル・アルバムには未収録のシングル曲をメインに収録したもので、シングル AB 面はもちろん、 EP 盤のみの曲等のアルバム未収録曲をすべて時系列に収録しており、よってオリジナル・アルバム 13 作にこの編集盤を加えれば、公式発表曲すべてを網羅出来るということで、やはりオフィシャル・アルバムとして欠かせない必須タイトル。
そして本タイトル『VOLUME 2』では、シングル「アイ・フィール・ファイン」から1968年の「ヘイ・ジュード」までの収録となっており、特にイギリスでは『オールディーズ』のみに収録された「バッド・ボーイ」やシングルB面曲として見逃せない「イエス・イット・イズ」「アイム・ダウン」「レイン」「ジ・インナー・ライト」なども注目。
そしてこれまでのシリーズ同様、それらをまずdisc:1にはマルチトラック新編集ステレオ・リミックスとして、オリジナル音源からボーカルと楽器を分離し新たに再構成した独自のリミックスが収録されており、他にも生々しいボーカルをフィーチャーしたネイキッド・ボーカル・トラックを収録。 さらにDisc:2にはオリジナル・アナログ・マスターズとして、現行のデジタル・リマスターが施されていない当時のアナログ・マスターに忠実な音源を収録し、バッキング・トラックス・インストではアルバム全曲をボーカル抜きのカラオケ化も収録。
以上、劇的に進化した2022年AI音源解析による本シリーズは、ビートルズ・サウンド分析に迫る音源研究に欠かせないオーディオ・アルバムとして、すでにリリースされるタイトルも含めて全て必携の限定コレクターズ・エディション。

DISC 1 : [MULTITRACK REMIX AND REMASTERS STEREO REMIX = track 01-13 / NAKED VOCAL TRACK STEREO REMIX = track 14-26]
01. I FEEL FINE 02. SHE’S A WOMAN 03. BAD BOY 04. YES IT IS 05. I’M DOWN 06. DAY TRIPPER 07. WE CAN WORK IT OUT 08. PAPERBACK WRITER 09. RAIN 10. LADY MADONNA 11. THE INNER LIGHT 12. HEY JUDE 13. REVOLUTION 14. I FEEL FINE 15. SHE’S A WOMAN 16. BAD BOY 17. YES IT IS 18. I’M DOWN 19. DAY TRIPPER 20. WE CAN WORK IT OUT 21. PAPERBACK WRITER 22. RAIN 23. LADY MADONNA 24. THE INNER LIGHT 25. HEY JUDE 26. REVOLUTION

DISC 2 : [ORIGINAL ANALOG MASTER STEREO MIX = track 01-13 / BACKING TRACKS INSTRUMENTAL STEREO REMIX = track 14-26]
01. I FEEL FINE 02. SHE’S A WOMAN 03. BAD BOY 04. YES IT IS 05. I’M DOWN 06. DAY TRIPPER 07. WE CAN WORK IT OUT 08. PAPERBACK WRITER 09. RAIN 10. LADY MADONNA 11. THE INNER LIGHT 12. HEY JUDE 13. REVOLUTION 14. I FEEL FINE 15. SHE’S A WOMAN 16. BAD BOY 17. YES IT IS 18. I’M DOWN 19. DAY TRIPPER 20. WE CAN WORK IT OUT 21. PAPERBACK WRITER 22. RAIN 23. LADY MADONNA 24. THE INNER LIGHT 25. HEY JUDE 26. REVOLUTION

2022年スティーヴ・ハケットの来日3公演の初日を、デジタル・オーディエンス・レコーディングでフル収録。

STEVE HACKETT / KAWASAKI 2022 1st Night (3CDR)

2022年新型コロナの影響で中断していた来日アーティストの日本公演が少しづつ復旧する中、4年ぶりとなるスティーヴ・ハケットの7月8日からクラブチッタ川崎のみで3公演行われたライブより、その初日の模様を、ハイクオリティー・デジタル・オーディエンス・マスターから2時間7分にわたりコンプリート収録。
カンペキにセパレートされた臨場感あふれるサウンドで終始収録されており、本家ジェネシスは2022年3月、その長い歴史に終止符を打った中で、ハケットの今回の来日公演は『月影の騎士』と『眩惑のスーパーライヴ』をテーマにした再現ライブとなっており、まず第1部が『眩惑のスーパーライヴ』のレコードでいうところのAサイドからCサイドからのナンバーを。そして第2部が『月影の騎士』を全曲披露したあと、アンコールで再び「Dance on a Volcano」に「Los Endos (incl. Slogans)」と、『眩惑のスーパーライヴ』のDサイドを再現という構成にて。よって第2部は『月影の騎士』は完全再現で、曲順までそっくり演奏されており、その前後に『眩惑のスーパーライヴ』からのセレクト・ナンバーという流れになっており、そのあたり全く違和感もなく、実際に聴いてみると流れは完璧で、『眩惑のスーパーライヴ』のドラマティックな冒頭と同じようにショーが始まり、そのままアルバムの世界に浸りつつ、『月影の騎士』がフルで聴けてしまうという、まさにあの当時のジェネシスが好きなファンにはたまらない、来日限定メモリアル・アイテム。

Disc 1 : 1. Intro 2. Squonk 3. The Carpet Crawlers 4. Robbery, Assault and Battery 5. Afterglow 6. The Lamb Lies Down on Broadway 7. The Musical Box (closing section) 8. Supper’s Ready
Disc 2 : 1. Intro 2. Dancing With the Moonlit Knight 3. I Know What I Like (In Your Wardrobe) 4. Firth of Fifth 5. More Fool Me 6. The Battle of Epping Forest 7. After the Ordeal 8. The Cinema Show 9. Aisle of Plenty 10. Band Introductions
Disc 3 : 1. Dance on a Volcano 2. Drum Solo 3. Los Endos (incl. Slogans)
[Live at CLUB CITTA’, Kawasaki, Japan 8th July 2022]
◇Steve Hackett – guitar, vocals / Jonas Reingold – bass, 12-string guitar, vocals / Roger King – keyboards / Rob Townsend – windwinds, percussion, keyboards, vocals / Criag Blundell – drums, vocals / Nad Sylvan – vocals, percussion