Skip to content

月別: 2021年6月

ジョージ『オール・シングス・マスト・パス』の、2021年最新リマスターによる50周年アニバーサリー・エディションの第2弾。

GEORGE HARRISON / ALL THINGS MUST PASS SESSIONS (プレス2CD)

ジョージ不滅の金字塔ソロ『オール・シングス・マスト・パス』の、2021年最新リマスターによる50周年アニバーサリー・エディションの第2弾「セッションズ」が、「オルタネイツ」に続き直輸入オリジナル・プレス盤、初回限定オリジナル・デザイン帯付きにて。
まず2021年にリリース50周年を迎えた『オール・シングス・マスト・パス』を、オリジナル・アセテート盤をメインとした第1弾「オルタネイツ/アップル・アセテート・リマスターズ」に続いて、今回第2弾となる「セッションズ/デモ&アウトテイクス・リマスターズ」は、貴重なデモやアウトテイクスはじめとし、初公開となる新発掘セッション・テープ音源まで含めたもので、この歴史的名盤の制作過程を捉えた、初期段階のデモ音源からアルバム未収録のアウトテイクス、さらにオーバーダブや編集段階のセッションをマスター・クオリティーでコンパイル。
さらに2020年にWEB上で公開され話題となった、完全未公開だった新発掘セッション・テープ音源も初収録されているのも注目で、まずDisc:1には「デモ&アウトテイクス」として、1969年ビートルズでの「イズント・イット・ア・ピティ」のデモから、ソロとなってからの1970年5月に録音された、アルバム未収録曲が多く含まれたアコースティックによるプリ・プロダクション・デモ音源、さらにはジョン・バレット音源としても知られている同年5月から10月にかけてのアウトテイクも収録。
そしてDisc:2の「マルチトラック・オーバーダブ・セッションズ」には、ギターやピアノ、ホーン・セクション等のオーバーダブ・セッションをマルチ・トラックから収録しており、ここでも初登場リミックスもあり制作過程が伺える見逃せない音源ばかり。
さらに後半の「アンリリースト・カセット・テープ・サンプラー」には、今回新発掘されたセッション・テープより、注目の初登場リーク音源を収録。こちらは同年5月ジョージが母親危篤で里帰りした際に録音されたと言われている、アコースティック・ギターによるラフなセッションからのサンプラー音源で、「ヒア・カムズ・ザ・サン」、「カム・アンド・ゲット・イット」、「ロング・ロング・ロング」、またディランの「レイ・レディ・レイ」、「ミスター・タンブリン・マン」等、断片的ながらも貴重な演奏を聞くことが出来る必聴音源。
以上、すべての音源トラックを2021年最新編集リマスターにより収録しており、海外ビートルズ・ファン達がこだわりの編集にて制作した、名盤のリリース50周年アニバーサリー・アイテムとして、第1弾「オルタネイツ/アップル・アセテート・リマスターズ」と是非セットで。

DISC 1 : 1. ISN’T IT A PITY (Apple Studio Demo) [DEMO&OUTTAKES : Get Back Sessions at Apple Studio, London January 26th 1969] 2. RUN OF THE MILL 3. ART OF DYING 4. EVERYBODY NOBODY 5. WAH-WAH  6. WINDOW WINDOW 7. BEAUTIFUL GIRL 8. BEWARE OF DARKNESS 9. LET IT DOWN 10. TELL ME WHAT HAS HAPPENED TO YOU 11. HEAR ME LORD 12. NOWHERE TO GO 13. COSMIC EMPIRE 14. MOTHER DIVINE 15. I DON’T WANT TO DO IT 16. IF NOT FOR YOU
[DEMO&OUTTAKES : Pre-Production Session at Abbey Road Studios, London May 27th 1970]
17. DEHRA DUN 18. I LIVE FOR YOU 19. GOING DOWN TO GOLDERS GREEN 20. GOPALA KRISHNA 21. GET BACK 22. PETE DRAKE’S TALKING STEEL GUITAR
[DEMO&OUTTAKES : Sessions at Abbey Road Studios / Trident Studios, London May-October 1970]

DISC 2 : 1. WHAT IS LIFE (Guitar And Piano Overdub) 2. BEWARE OF DARKNESS (Basic Track) 3. LET IT DOWN (Vocal Overdub) 4. HERE ME LORD (Piano Overdub) 5. AWAITING ON YOU ALL (Guitar And Piano/Organ Overdub) 6. RUN OF THE MILL (Vocal And Piano/Organ Overdub) 7. ART OF DYING (Percussion And Piano Overdub) 8. BEWARE OF DARKNESS (Guitar Mix Overdub) 9. LET IT DOWN (Guitar And Piano/Organ Overdub) 10. WHAT IS LIFE (Horn Section Overdub) 11. BEWARE OF DARKNESS (Orchestra Overdub) 12. AWAITING ON YOU ALL (Horn Section Overdub) 13. RUN OF THE MILL (Horn Section Overdub) 14. ART OF DYING (Horn Section Overdub) 15. APPLE SCRUFFS (Take 18 More Vocal Overdub)
[MULTI-TRACK OVERDUB SESSIONS : Sessions at Abbey Road Studios / Trident Studios, London May-October 1970]
16. DEHRA DUN – SEE YOURSELF – GOING TO GOLDERS GREEN – EVERYBODY NOBODY – HERE COMES THE SUN – BEHIND THAT LOCKED DOOR – ALL THINGS MUST PASS – LET IT DOWN – COME AND GET IT – FIVE YEAR SLOG (SON OF TAXMAN) – WINDOW WINDOW – LAY LADY LAY – MOTHER DIVINE – GET OUTTA BED YOU LAZY BUGGER – WE’RE GONNA MOVE – MR.TAMBOURINE MAN – LONG, LONG, LONG
[UNRELEASED CASSETTE TAPE SAMPLER : Sessions at Clatterbridge Rd, Birkenhead, Wirral UK May 1970]

エンプレス・バレイ×ザヴェル・ジャパン制作による、ポールの2015年4月28日、日本武道館公演の決定盤アイテム『BACK TO BUDOKAN (6CD Box Set)』が、数量限定のロー・プライス、特別仕様にて。

PAUL McCARTNEY / LIVE AT BUDOKAN 2015 (6CD Box Set)

名門エンプレス・バレイ×ザヴェル・ジャパン制作総指揮による、ポールの2015年4月28日、日本武道館公演の決定盤アイテム『BACK TO BUDOKAN (6CD Box Set)』が、数量限定のロー・プライス、特別仕様にて。

[アイテム概要]
記念すべき初の武道館公演の全貌を、最高のサウンド・クオリティーと豪華仕様ボックスにて収めた同レーベル・タイトルが、限定特別プライスにてリリシュー(ただし付属のリトグラフ・バージョンのポストカードのみ少数限定)。発売当時買い逃していた方はこの機会にお早めに。

*本アイテムは以下の2枚組×3セット、計6枚のプレスCDによる構成。
*武道館サウンドチェック完全盤(2CD) : ステレオ・イヤー・モニター・ソース
*武道館ライブ完全版(2CD) : ステレオ・イヤー・モニター・ソース+オリジナルMK4マスター=マトリクス音源
*武道館ライブ完全版(2CD) : オリジナルAUDソース(無指向性マイク使用)

[装丁]
*もはやアートの域にまで到達したと絶賛されている、EVSDおなじみのボックス仕様。(147mm×147mm)
*サウンドチェックを収録した紙ジャケットと、本編ライブを収録した紙ジャケットの2種がボックスに収納されております。帯付き。
*チケット・レプリカ2枚付き。
*リトグラフ・バージョンのポストカード (こちらのみ少数限定)

[音源詳細]
(サウンドチェック : 武道館サウンドチェック完全盤(2CD)ステレオIEMソース)
ライブ当日の開場前におこなわれたサウンドチェックを、ポール・ウィッケンズの使用する、ステレオ・イヤー・モニター・ソースをマスターとして収録。すでに流通の既発音源が圧縮されたモノラル音源であるのに対し、こちらはウィッケンズの使用するものと同一の機材を使用して収録された、極上音質のリアル・ステレオ音源。低音から高音までナチュラルな質感で収録されたダイナミクス・レンジの広いサウンドは、本物の音響用の受信機材ならではの素晴らしいクオリティー。
まずdisc:1には、開始を告げるカウント音から、ポール到着直前のバンド・ジャムまでを収録。各楽器のセッティング、チェックと、メンバーによるセッションを主体としたポール不在のリハながら、バンド・メンバーの演奏力の高さを再確認出来る興味深い内容となるもの。そしてdisc:2は、ポールも到着し入念におこなわれた、サウンドチェックの模様を、「レディ・マドンナ」終演後の、最終ピアノ・チェック「1985年」まで完全コンプリート収録。特にライブでは結局演奏されなかった「Penny Lane」を繰り返しリハーサルするあたりも、素晴らしいサウンドで再現。

(ライブ本編 : 武道館ライブ完全版(2CD)ステレオIEMソース+オリジナルMK4マスター=マトリクス音源)
まずdisc1&2は「ステレオIEMソース+オリジナルMK4マスター=マトリクス音源」となるもの。珠玉のオーディエンス音源(MK4マスター)に、楽器の輪郭のメリハリを強化すべく、ステレオIEMソースをマトリクスしたこの音源には、間違いなく聴く者すべてが腰を抜かすことかと。
ドイツSchoeps社の、MK4カプセルを搭載した純正マイクに、純正マイク・プリアンプを使用、現行最高のスペックを誇るレコーダーを使用したオリジナル・オーディエンス音源は、分厚く暖かみのあるサウンドで、これにサウンドチェック同様、ポール・ウィッケンズの使用するものと、同一機材にて収録されたリアル・ステレオIEMソースを丁寧にミックス、よってステレオ・サウンドボード音源同様のクリアーな極上音質となることに。
また単一指向性のマイク特性を反映して、煩わしい周囲のオーディエンス・ノイズも皆無、よって全編においてバンドの繰り出す全ての音に没頭出来るという、同レーベルの編集能力の高さも再確認できる仕上がりに。

(ライブ本編 : 武道館ライブ完全版(2CD) オリジナル・オーディエンス・ソース/無指向性マイク)
そしてdisc 3&4は、オリジナル・オーディエンス・ソース(無指向性マイク)にてコンプリート収録。ザヴェル・ジャパンのレーベル発足以来、一貫して使用されてきた高級無指向性マイクを使用したこのレコーディングは、録音ポジションの良さも含めて、これまでの武道館録音の総決算と言えるもの。また入念なリマスタリングによるこの音源は、デdisc1&2のマトリックス音源とは対照的な、ライブ会場の空気感までダイレクトに伝わってくる極上オーディエンス・サウンドとなるもので、あたかも会場の特等席でライブを鑑賞しているよう。

[総括]以上、レーベル最高峰のクオリティーによる究極のボックス。永久保存マスト・メモリアル・アイテム。

Disc 1 : 01. Wind Synthesizer & Keyboards Soundcheck 02. Keyboards Soundcheck (Hope for the Future) 03. Keyboards & Wind Synthesizer Soundcheck (Listen to What the Man Said) 04. Keyboards & Wind Synthesizer Soundcheck (Lady Madonna / Listen to What the Man Said) 05. Drums & Synthesizer Soundcheck 06. Drums & Synthesizer Soundcheck (Penny Lane / Let Me Roll It) 07. Drums & Synthesizer Soundcheck (Lady Madonna / Queenie Eye) 08. Drums & Synthesizer Soundcheck (Hope for the Future) 09. Band Soundcheck (Got to Get You into My Life / Temporary Secretary / Jam) 10. Drums Soundcheck 11. Band Soundcheck (Hope for the Future) 12. Piano Jam (“Keith Jarrett and the New Beatles”) 13. Band Soundcheck (Band On The Run / Instrumental Jam) 14. Band Soundcheck (The Long and Winding Road / I Don’t Live Today / Third Stone From The Sun) 15. Band Soundcheck (When The Levee Breaks) 16. Piano Soundcheck
Disc 2 : 01. Intro 02. Matchbox 03. Honey Don’t 04. Flaming Pie 05. Penny Lane #1 06. Got To Get You Into My Life 07. Another Girl #1 08. Another Girl #2 09. Penny Lane #2 10. Penny Lane #3 11. Martha My Dear Intro/C Moon 12. Celebration 13. It’s So Easy 14. San Francisco Bay Blues 15. Midnight Special 16. Dance Tonight 17. Bluebird 18. Massage Song / Lady Madonna 19. Outro / Piano Soundcheck (Nineteen Hundred and Eighty-Five)
[Soundcheck at Nippon Budokan, Tokyo, Japan 28th April 2015 [Stereo IEM Source Recording]

Disc 3 : 01. Before the Opening 02. Opening SE (Besame Mucho – Money (That’s What I Want) – I Wanna Be Your Man – Twist and Shout – And I Love Her – Octopus’s Garden – Let ‘Em In – Uncle Albert/Admiral Halsey – No More Lonely Nights – With A Little Luck – Goodnight Tonight – Silly Love Songs – Temporary Secretary – The End 03. Can’t Buy Me Love 04. Save Us 05. All My Loving 06. One After 909 07. Let Me Roll It / Foxy Lady 08. Paperback Writer 09. My Valentine 10. Nineteen Hundred and Eighty-Five 11. Maybe I’m Amazed 12. I’ve Just Seen a Face
Disc 4 : 01. Another Day 02. Dance Tonight 03. We Can Work It Out 04. And I Love Her 05. Blackbird 06. New / New (Reprise) 07. Lady Madonna 08. Another Girl 09. Got to Get You into My Life 10. Being for the Benefit of Mr. Kite! 11. Ob-La-Di, Ob-La-Da 12. Back in the U.S.S.R. 13. Let It Be 14. Live and Let Die 15. Hey Jude Encore: 16. Yesterday 17. Birthday 18. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End 19. Closing
[Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan 28th April 2015 : Stereo IEM Source + EX-Audience Source (Original MK4 Master) = Matrix Recording]

Disc 5 : 01. Before the Opening 02. Opening SE (Besame Mucho – Money (That’s What I Want) – I Wanna Be Your Man – Twist and Shout – And I Love Her – Octopus’s Garden – Let ‘Em In – Uncle Albert/Admiral Halsey – No More Lonely Nights – With A Little Luck – Goodnight Tonight – Silly Love Songs – Temporary Secretary – The End 03. Can’t Buy Me Love 04. Save Us 05. All My Loving 06. One After 909 07. Let Me Roll It / Foxy Lady 08. Paperback Writer 09. My Valentine 10. Nineteen Hundred and Eighty-Five 11. Maybe I’m Amazed 12. I’ve Just Seen a Face
Disc 6 : 01. Another Day 02. Dance Tonight 03. We Can Work It Out 04. And I Love Her 05. Blackbird 06. New / New (Reprise) 07. Lady Madonna 08. Another Girl 09. Got to Get You into My Life 10. Being for the Benefit of Mr. Kite! 11. Ob-La-Di, Ob-La-Da 12. Back in the U.S.S.R. 13. Let It Be 14. Live and Let Die 15. Hey Jude Encore: 16. Yesterday 17. Birthday 18. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End 19. Closing
[Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan 28th April 2015 :EX-Audience Source (Original Omnidirectional Master) Recording]

『ゲット・バック』の2021年最新コンピレーションとして、スタジオ・セッションに続き、あの「ルーフトップ・コンサート」が、最新マスタリングにより、初のステレオ・リマスターにてフル収録したタイトルが登場。

THE BEATLES / GET BACK MASTERS : COMPLETE ROOFTOP (3CD)

ビートルズ・ファン必携のDAPレーベルより、『ゲット・バック』の2021年最新コンピレーションとして、スタジオ・セッションに続き、あの「ルーフトップ・コンサート」が、2021年最新マスタリングにより、初のステレオ・リマスターにて完全コンプリートしたコレクターズ・エディションが登場。
[コメント]
まず同レーベルからの、アップル・スタジオでのマルチトラック・レコーディング・セッションの最新デジタル・ステレオ・リマスター盤『GET BACK SESSIONS : COMPLETE APPLE MASTERS』に続き、ビートルズ最後のライブを、現存するすべての音源を元に完全再現し、さらに撮影カメラ全記録音源をカメラ・ロール単位で完全収録。今回もマルチトラック・マスターと撮影カメラ全記録音源を駆使し、過去最長でコンサートの全貌を完全再現しており、また映画に使われなかったリハーサル・シーンや曲間を含めて、現存する撮影カメラ全記録音源を6種のカメラ・ロール単位にて、すべて初の全曲リアル・ステレオにて。

[詳細]
本タイトルも2021年映画『ゲット・バック』公開に先駆け、新発掘音源も交えて上映を記念して製作されたもので、映画でもハイライトとなる1969年1月30日ロンドン中心街にあるアップル本社屋上にて、事前告知なく強行された「ルーフトップ・コンサート」を、今回その撮影カメラ全記録音源とマルチトラック・マスターを駆使し、ノーカット完全版として完全再現したもので、まずdisc:1には現存するすべてのマスターを組み合わせた過去最長の完全版と映画版を収録。ここでは映画に使われなかったリハーサル・シーンや曲間を含めて再現され、またマルチトラック収録のない一部の曲も含め全曲リアル・ステレオにて。さらに後半には映画版のオリジナル・モノラル音源を、1992年最初にステレオ・リマスター化した「ロン・ファーマネク・ミックス」も収録しており、それぞれの音源の違いを聴き比べられることに。
そしてdisc :2&3には撮影カメラ全記録音源を6種類のロール単位にてコンパイルしており、屋上撮影のメインとなったAロール、地上からの音や街頭インタビューも含むBロール、さらに補完的な複数音源をカメラ・ロール単位でそれぞれ収録。なおこれまでモノラルだったカメラ・ロール音源もすべて初めてリアル・ステレオ化され、もちろん過去流通から格段にアップグレード。
以上、「ルーフトップ・コンサート」の全貌を、映画公開に向けて初のステレオ・リマスターにて完全コンプリートした本タイトルも、限定100セットのスペシャル・エディションゆえ、ご希望の方はお早目に。

Disc 1 : [COMPLETE MULTITRACK STEREO REMASTER] 1. ALL CAMERAS TAKE1 2. OPENING / DIALOGUE 3. GET BACK : REHEARSALS 4. GET BACK : TAKE1 5. I WANT YOU (SHE’S SO HEAVY) 6. DON’T LET ME DOWN : REHEARSALS 7. ALL CAMERAS TAKE3 8. GET BACK : TAKE2 9. DON’T LET ME DOWN : TAKE1 10. I’VE GOT A FEELING : TAKE1 11. ALL CAMERAS TAKE4 / ONE AFTER 909 : TAKE1 12. ONE AFTER 909 : TAKE2 / DANNY BOY 13. DIG A PONY : TAKE1 14. DIG A PONY : TAKE2 15. GOD SAVE THE QUEEN 16. I’VE GOT A FEELING : TAKE2 17. A PRETTY GIRL IS LIKE A MOLODY / GET BACK : TAKE3 18. DON’T LET ME DOWN : TAKE2 19. GET BACK : TAKE4 20. ENDING / I HOPE WE’VE PASSED THE AUDITION RON FURMANEK MOVIE STEREO REMASTER 21. OPENING 22. GET BACK 23. DON’T LET ME DOWN 24. I’VE GOT A FEELING 25. ONE AFTER 909 / DANNY BOY 26. DIG A PONY 27. GET BACK 28. GET BACK (ENDING)

Disc 2 : [A-ROLL] 1. ROLL 562 A GUIDE TRACK 2. ALL CAMERAS TAKE1 3. DIALOGUE 4. ALL CAMERAS TAKE2 5. GET BACK : TAKE1 6. ALL CAMERAS TAKE3 7. GET BACK : TAKE2 8. DON’T LET ME DOWN : TAKE1 9. I’VE GOT A FEELING : TAKE1 10. ALL CAMERAS TAKE4 / ONE AFTER 909 : TAKE1 11. ONE AFTER 909 : TAKE2 12. DANNY BOY / DIG A PONY : TAKE1 13. DIG A PONY : TAKE2 14. WARMUP 15. I’VE GOT A FEELING : TAKE2 16. A PRETTY GIRL IS LIKE A MOLODY / GET BACK : TAKE3 17. DON’T LET ME DOWN : TAKE2 18. GET BACK : TAKE4 [B-ROLL B1] 19. ROLL 1146 CAMERA B1 20. GET BACK : REHEARSALS 21. GET BACK : TAKE1 22. DIALOGUE 23. GET BACK : TAKE2 24. DON’T LET ME DOWN : TAKE1 25. I’VE GOT A FEELING : TAKE1 26. CAMERA B1 TAKE2 27. ONE AFTER 909 : TAKE2 28. DANNY BOY 29. DIG A PONY : TAKE1 30. DIG A PONY : TAKE2 31. GOD SAVE THE QUEEN 32. I’VE GOT A FEELING : TAKE2 33. A PRETTY GIRL IS LIKE A MOLODY 34. DON’T LET ME DOWN : TAKE2 35. GET BACK : TAKE4

Disc 3 : [B-ROLL ALTERNATE] 1. ROLL 1149 CAMERA B1 2. GOD SAVE THE QUEEN 3. I’VE GOT A FEELING : TAKE2 4. A PRETTY GIRL IS LIKE A MOLODY / GET BACK : TAKE3 5. DON’T LET ME DOWN : TAKE2 6. GET BACK : TAKE4 [B-ROLL B3] 7. CAMERA B3 TAKE3 8. DIALOGUE 9. CAMERA B3 SECOND ROLL 10. GENERAL SHOTS / PEOPLE IN THE STREETS / REACTIONS / GOD SAVE THE QUEEN 11. I’VE GOT A FEELING : TAKE2 12. DON’T LET ME DOWN : TAKE2 13. GET BACK : TAKE4 14. DIALOGUE 15. STREET SOUNDS 16. DIALOGUE [C-ROLL] 17. I’VE GOT A FEELING : TAKE1 18. ONE AFTER 909 : TAKE2 19. DANNY BOY 20. DIG A PONY : TAKE1 21. DIG A PONY : TAKE2 [D-ROLL] 22. CAMERA [D ROLL1] 23. GET BACK : TAKE1 24. GET BACK : TAKE2 25. DON’T LET ME DOWN : TAKE1 26. I’VE GOT A FEELING : TAKE1 27. ONE AFTER 909 : TAKE2 28. DANNY BOY / DIG A PONY : TAKE1 29. DIG A PONY : TAKE2 30. CAMERA [D ROLL3] 31. I’VE GOT A FEELING : TAKE2 32. A PRETTY GIRL IS LIKE A MOLODY 33. GET BACK : TAKE4

◇ All Recorded Live at The Apple Rooftop, London, UK 30th January 1969 : ALL CAMERA ROLLS COMPILATION / MULTITRACK STEREO REMASTER EDITION