Skip to content

月別: 2021年7月

クイーン・ファン必携の「MASTERWORKS」レーベルのアルバム徹底研究シリーズから、『イニュエンドウ』の第2弾も限定リリース。

QUEEN / INNUENDO:EXTRACTS : EXPANDED EDITION (プレス2CD+2DVD)

クイーン・ファン必携の「MASTERWORKS」レーベルのアルバム徹底研究シリーズから、フレディ生前最後のアルバム『イニュエンドウ』の第2弾も、レア音源と映像2DVDをセットにて、オリジナル・ポストカード付で完全限定リリース。
クイーン究極のアルバム徹底研究シリーズ「エクスパンデッド・コレクターズ・エディション」から、フレディ生前最後にリリースされた1991年の『イニュエンドウ』がオリジナル盤の内容を拡張してここに登場。
なお本アルバムは「ARTIFACTS」(2CD+1DVD)と、「EXTRACTS」(2CD+2DVD)の2ヴァージョンでのリリースとなり、この第2弾となる「EXTRACTS」(2CD+2DVD)は、まず2CDにはオルタネイト・アルバムとして、全曲別ミックスをはじめ、スタジオ・アウトテイクやアルバム未収録曲、デモ音源やレア・ミックス等を収録し、もちろん「ARTIFACTS」とは内容は全く異なるコレクションにて。そしてDVD2枚には、アルバム全曲を映像化したビデオ・アルバムに加えてプロモ用EPK映像など、さらにDVD:2にはPVの数ある編集の異なるバージョン違いやメイキング映像等の「ビデオ・コレクション」をまとめて収録しており、今や貴重なメイキング映像等、『イニュエンドウ』関連映像はすべてコンパイル。


[コレクターズ・ポイント]
『イニュエンドウ』はリリースから10ヶ月後に、フレディ死去という衝撃のニュースが世界中を駆け巡り、イギリスをはじめヨーロッパ各国のチャートでNo.1を記録し、アルバムからのシングル5曲も続々リリースされたフレディ生前最後のスタジオ・アルバムで、今回2タイトル連続リリースとなるうちのこの「EXTRACTS」(2CD+2DVD)は、まずDisc:1にはアルバム全曲別ミックスによるオルタネイト・アルバムを、そしてDisc:2にはアルバム・リリースに先駆けて関係者のみに配布された、プロモーション・テープ音源「HINTS OF INNUENDO」を収録。こちらはプロモ用のショート・バージョンながらも、ミックスが異なっていたり、ブライアンのボーカル・テイクといったレア音源も含まれており、またアルバム関連のデモ音源やアウトテイクも過去流通より遥かに音質はアップグレード。そして映像DVDはプロモ映像を元にしたアルバム全曲映像化によるビデオ・アルバム、さらにプロモ用EPK映像やPVの数ある編集の別バージョンや、メイキング映像等をまとめて収録。その中でも「狂気への序曲」や「輝ける日々」などのメイキング映像は、死を覚悟したかのようなフレディ最後の渾身の姿を捉えて感涙もの。
そしてさらに本タイトルも初回限定100セット・オンリーで、限定シリアル・ナンバー入りのオリジナル・・ポストカードを添付。レア・フォトを用いたこちらのカードは、完全限定の証明ともなるナンバリング入りで先着100セットのみゆえ、ご希望の方はお早めに。
以上、『イニュエンドウ』の音源バリエーションを多角的にまとめたのが既リリースの「ARTIFACTS」、そしてプロモ・ビデオ関連は本タイトル「EXTRACTS」編に収録されているゆえ、2タイトルをセットでオススメの、これまで同様ファン必携の限定コレクターズ・エディション。

Disc 1 : [ALTERNATE ALBUM REMIX AND REMASTERS]
1. INNUENDO (Unreleased Remix) 2. I’M GOING SLIGHTLY MAD (Mad Mix) 3. HEADLONG (Hybrid Demo Remix) 4. I CAN’T LIVE WITH YOU (Marouf Remix) 5. DON’T TRY SO HARD (Short Edit) 6. RIDE THE WILD WIND (Hybrid Remix) 7. ALL GOD’S PEOPLE  (Extended Edit Remix) 8. THESE ARE THE DAYS OF OUR LIVES (Extended Remix) 9. DELILAH (Naked Mix) 10. THE HITMAN ( Short Edit) 11. BIJOU ( Short Edit) 12. THE SHOW MUST GO ON (Arquest Remix) [EXTRA TRACKS] 13. I’M GOING SLIGHTLY MAD (Short Edit) 14. HEADLONG (Short Edit) 15. I CAN’T LIVE WITH YOU (Short Edit) 16. THESE ARE THE DAYS OF OUR LIVES (Short Edit) [OUTTAKES] 17. LOST OPPORTUNITY (Outtake) 18. MY SECRET FANTASY (Outtake) 19. ROBBERY (Outtake) 20. SELF MADE MAN (Irish Club Remix)

Disc 2 : [HINTS OF INNUENDO PROMOTION TAPE]
1. ALL GOD’S PEOPLE 2. THE SHOW MUST GO ON 3. INNUENDO 4. RIDE THE WILD WIND 5. BIJOU 6. HEADLONG 7. I’M GOING SLIGHTLY MAD 8. I CAN’T LIVE WITH YOU 9. THESE ARE THE DAYS OF OUR LIVES 10. DON’T TRY SO HARD 11. THE HITMAN (Brian’s Vocal) 12. DELILAH [DEMOS AND OUTTAKES] 13. HEADLONG (Brian’s Early Version) 14. RIDE THE WILD WIND (Roger’s Early Version) 15. THESE ARE THE DAYS OF OUR LIVES (Freddie&Roger’s Version) 16. HEADLONG (Demo) 17. DELILAH (Demo) 18. SELF MADE MAN (Outtake) 19. FACE IT ALONE (Outtake Full Version) 20. FACE IT ALONE (Extract Demo 1) 21. FACE IT ALONE (Extract Demo 2) 22. DON’T TRY SO HARD (Early Version) 23. INNUENDO (Convention Demo) 24. AFFAIRS (Outtake Demo) 25. GRAND DAME (Outtake Demo) 26. HEADLONG (Canadian Edit) 27. I CAN’T LIVE WITH YOU (Rocks Retake 1997) 28. THESE ARE THE DAYS OF OUR LIVES (Promo Radio Edit) 29. TOTALLY MAD, TOTALLY BONKERS (Freddie’s Last Message)

DVD 1 : [VIDEO ALBUM]
INNUENDO / I’M GOING SLIGHTLY MAD / HEADLONG / I CAN’T LIVE WITH YOU / DON’T TRY SO HARD / RIDE THE WILD WIND / ALL GOD’S PEOPLE / THESE ARE THE DAYS OF OUR LIVES / DELILAH / THE HITMAN / BIJOU / THE SHOW MUST GO ON [INNUENDO EPK SPECIAL] EPK COMPLETE VERSION / MAD IN THE MAKING / BRIT AWARDS 1990 (Freddie’s Last TV Appearance)
◇NTSC 16:9 (4:3) LPCM Stereo / Dolby Digital Stereo : time approx. video 53+29min.

DVD 2 : [ALTERNATE VIDEO COLLECTION]
INNUENDO (Early Version) / INNUENDO (Early Version – Dutch TV) / INNUENDO (UKTV Version) / INNUENDO (Final Version without Floating Text) / I’M GOING SLIGHTLY MAD (Mad Mix) / I’M GOING SLIGHTLY MAD (Colorized Version) / HEADLONG (Rocks Version) / DON’T TRY SO HARD (Another Montage) / THESE ARE THE DAYS OF OUR LIVES (Alternate Version) / THESE ARE THE DAYS OF OUR LIVES (2 Versions Comparison) / THESE ARE THE DAYS OF OUR LIVES (Disney Version) / THESE ARE THE DAYS OF OUR LIVES (Disney Alternate Version) / THESE ARE THE DAYS OF OUR LIVES (Colorized Version) / THE SHOW MUST GO ON (Short Edit Movie Version) / THE SHOW MUST GO ON (UKTV Version) / THE SHOW MUST GO ON (Remember Version) / THE SHOW MUST GO ON (New Version) [MAKING AND ALTERNATES VIDEO] INNUENDO (Making And Alternates Version) / I’M GOING SLIGHTLY MAD (Making And Alternates Version) / HEADLONG (Making And Alternates Version) / THESE ARE THE DAYS OF OUR LIVES (Making And Alternates Version) / THESE ARE THE DAYS OF OUR LIVES (4 Versions Comparison)
◇NTSC 16:9 (4:3) Dolby Digital Stereo : time approx. video 81+46min..

オアシス・ライブ音源史上、最高のクオリティーに挙げるファンも多い1997年11月27日オランダ公演を、2021年最新マスタリングの、サウンドボード音源にて永久保存プレス2CDで。

OASIS / THE NETHERLANDS 1997 (プレス2CD)

オアシス・ライブ音源史上、最高のクオリティーに挙げるファンも多い1997年11月27日オランダ、デンボッシュ公演を、2021年最新マスタリングによるベスト・クオリティー、サウンドボード音源にて永久保存プレス2CDで。
まずこの年9月から翌98年3月まで続いた『Be Here Now Tour』は、映像ソフトやライヴ・アルバムがリリースされておらず、その中でこのオランダでのライブは、この翌月の凱旋公演となるマンチェスター・ライブと共に、今だ人気の高い音源で、過去には『DESTROYER』のタイトルでファンには親しまれてきたもの。 なおその『DESTROYER』も現在はすでに入手困難の中、今回新たに同音源のマスター・ソースに、2021年最新デジタル・リマスタリングを施して丁重な編集を行い、またトラックIDは一新され、既発盤と違いピンポイントで全ての曲の頭にアジャスト。
そして肝心の演奏内容に関しても、ツアーの中でも特に良い演奏の多い時期の音源であり、演奏はほとんどミスもなく、圧倒的な存在感を有した磐石の演奏ながら、リアムのコンディションはかなり悪く、オープニングの「Be Here Now」から既に危なっかしい上に、「Some Might Say」ではサビを途中からノエルに託す苦しいパフォーマンス。
ただこの日が素晴らしいのは、この時期セットインしていた「Don’t Go Away」 がオミットされている可能性は高いものの、この状況にあってライヴの内容にほぼ変更を加えることなく、ラストまで高水準のパフォーマンスを展開している点。
また後半に行くにしたがって、むしろリアムのパフォーマンスは上がっており、聴いていると引きこまれてしまう不思議な感覚に。また終盤「Champagne Supernovaでは兄弟そろってのタイトル・コールを聞けたり、この後セットリストから外れる「Magic Pie」が聴けるあたりも要チェックで、とにかく本ツアー1の名演との誉れ高い翌月のマンチェスター公演と同様、こちらも必携の限定コレクターズ・エディション。

Disc 1 : 01. Be Here Now 02. Stay Young 03. Stand By Me 04. Supersonic 05 .Some Might Say 06. Roll With It 07. D’You Know What I Mean?  08. Magic Pie 09. Don’t Look Back In Anger
Disc 2 : 01. Wonderwall 02. Live Forever 03. It’s Gettin’ Better 04. All Around The World 05. Fade In-Out 06. Champagne Supernova 07. Acquiesce
[Recorded at Brabanthallen, Den Bosch, Holland 27th November 1997 : Stereo Soundboard Recording / 2021 Original Remaster]

フロイドの1971年初来日から50周年記念アイテムとなるコレクターズ・エディションの第2弾。

PINK FLOYD / FESTIVAL : LIVE IN JAPAN 1971 (プレス2CD+Audio DVD)

フロイドの1971年初来日50周年記念アイテムとして、箱根アフロディーテに続き、大阪フェスティバル・ホール公演も、2021年最新ステレオ・リマスター音源とオリジナル音源、さらにオーディオ・ファイルDVDもセットにしたスペシャル・コレクターズ・エディションがここに。
伝説の「箱根アフロディーテ」50周年記念タイトルに続いて、その直後に行われた1971年8月9日大阪フェスティバル・ホールにおけるコンサートも、2021年最新ステレオ・リマスター音源にて全曲フル収録。
そしてオーディオ・ファイルDVDには、そのリマスター音源とオリジナル元音源の両方を収録し、また当日の貴重な写真スライドショーの映像も追加で。


(詳細内容)
1971年フロイド初来日であり伝説の箱根アフロディーテでのコンサートは、過去より数多くの音源が残されているのに対して、この唯一のホール公演となった大阪公演は限られた音源しか確認されていない中、海外フロイド音源研究者により今回現存するロー・ジェネレーション・マスターを用い、細部に渡って修復及び分離解析された2021年最新リマスターされた初のステレオ・リマスター音源にてコンサート全曲を完全再現。
そしてセットリストの曲順は異なるものの「箱根アフロディーテ」とほぼ同様の構成ながら、最大のポイントとしてこの大坂では「FAT OLD SUN」がセットインしており、その分演奏時間も長く、また箱根でもプレイされた「ECHOES」はこの時点ではまだ公式リリースされておらず、完成形とは歌詞が一部異なるプロトタイプの演奏であり、少しアレンジも違うので改めて注目。
そしてさらに付属のオーディオ・ファイルDVDはライブ映像ではないものの、DVDならではのオーディオ・オプションで、CDのステレオ・リマスター音源とリマスター無しのオリジナル元音源の両方が収録されており、音声切り替えでその違いを聴き比べることが可能。
またビデオ映像ではないものの、曲ごとに当日の貴重な写真の数々をスライド・ショーで収録し、再生しながら楽しめる形式となっており、以上、フロイドの初来日50周年記念として、『APHRODITE : LIVE IN JAPAN 1971』と合わせて必携の限定コレクターズ・エディション。

Disc 1 : 1. GREEN IS THE COLOUR 2. CAREFUL WITH THAT AXE, EUGENE 3. FAT OLD SUN 4. ATOM HEART MOTHER
Disc 2 : 1. ECHOES 2. SET THE CONTROLS FOR THE HEART OF THE SUN 3. CYMBALINE 4. A SAUCERFUL OF SECRETS

AUDIOPHILE DVD : GREEN IS THE COLOUR / CAREFUL WITH THAT AXE, EUGENE / FAT OLD SUN / ATOM HEART MOTHER / ECHOES / SET THE CONTROLS FOR THE HEART OF THE SUN / CYMBALINE / A SAUCERFUL OF SECRETS

[Live at Osaka Festival Hall, Osaka, Japan August 9th 1971]
◇David Gilmour – guitars, vocals / Roger Waters – bass guitar, gong, vocals / Nick Mason – drums, percussion / Richard Wright – organ, piano, vocals

フロイドの1971年初来日から50周年記念アイテムとなるコレクターズ・エディションがここに。

PINK FLOYD / APHRODITE : LIVE IN JAPAN 1971 (プレス2CD+Audio DVD)

フロイドの1971年初来日の箱根アフロディーテ公演から50周年記念アイテムとして、2021年最新ステレオ・リマスター音源と、初登場のマルチ・ミックス音源と、オリジナル音源によるオーディオ・ファイルDVDもセットにしたスペシャル・コレクターズ・エディションがここに。
伝説の「箱根アフロディーテ」から50周年を記念し、『原子心母』の限定オフィシャル・セットもリリースされる中、本タイトルは1971年8月7日箱根芦ノ湖畔で開催された、日本初の野外ロック・フェスティバルにおける伝説のコンサートを、2021年最新ステレオ・リマスター・マルチ・ミックス音源にて全曲フル収録。さらにボーナスとしてオルタネイト・エディット・マスターも追加収録され、そしてオーディオ・ファイルDVDには、マルチ・ミックス音源とオリジナル元音源の両方を収録し、また箱根アフロディーテ」での貴重な写真スライドショー、オープン・リール音源マスターなども追加で。

(詳細内容)
1971年フロイド伝説の初来日であり、箱根で開催された日本初の野外ロック・フェスティバル「箱根アフロディーテ」でのコンサートは、当時の日本では初といえる海外アーティストを迎えた大規模な野外イベントであり、箱根芦ノ湖畔というロケーションの中で山からの霧に包まれる自然の演出と相まった幻想的なコンサートとなり、まさに伝説の初来日公演として語り継がれることに。
そして8月6&7日の2日間行われたこのライブを記録した音源より、2日目のこの日の音源を、海外フロイド音源研究者により今回現存する音源からセレクト、さらに細部に渡って修復及び分離解析されたリストア音源を元に、最新リマスターされたマルチ・ミックスのステレオ音源でコンサート全曲を完全再現。
なおオリジナル音源の多くは当時のオーディエンス録音ゆえ難が多かった中、このマルチ・ミックス音源は驚くほど立体感のあるステレオ音源に生まれ変わっており、オープニングの拍手から始まる「原子心母」の臨場感溢れる演奏からその凄さを証明。
またdisc:2にはその最新リマスターされたマルチ・ミックス音源によるコンサート完全版を収録し、さらに追加で「オルタネイト・エディット・マスター」も収録。こちらは同日のバフィ・セントメリーの「サークル・ゲーム」に続くフロイドの4曲が、MCや曲順が編集されているものの、かつてのフィルム映像にも使われたオリジナル音源として70年代から知られてた良好音源で、もちろんクオリティーもアップグレードされたリマスター音源にて収録。
そしてさらに付属のオーディオ・ファイルDVDはライブ映像ではないものの、DVDならではのオーディオ・オプションで、マルチ・ミックス音源とリマスター無しのオリジナル元音源の両方が収録されており、音声切り替えでその違いを聴き比べることが可能。
またビデオ映像ではないものの、曲ごとに「箱根アフロディーテ」の貴重な写真の数々をスライド・ショーで収録し、再生しながら楽しめる形式となっており、またこちらのDVDにはCD未収録の「オープン・リール・マスター」音源も収録。本編とは別音源で3曲のみながら完全収録された音源として知られ、こちらも最新リマスター・ステレオ音源に加えて、モノラルの元音源も同時収録。
以上、フロイドの初来日公演『箱根アフロディーテ』から50周年記念として、公式盤と合わせて必携の限定コレクターズ・エディション。

Disc 1 : 1. OPENING 2. ATOM HEART MOTHER 3. Tuning Interval 4. GREEN IS THE COLOUR 5. CAREFUL WITH THAT AXE, EUGENE 6. Tuning Interval 7. ECHOES 8. Tuning Interval 9. SET THE CONTROLS FOR THE HEART OF THE SUN
Disc 2 : 1. A SAUCERFUL OF SECRETS 2. Tuning Interval 3. CYMBALINE / Ending (ALTERNATE EDIT MASTER) 4. CIRCLE GAME – Buffy Sainte-marie 5. GREEN IS THE COLOUR 6. CAREFUL WITH THAT AXE, EUGENE 7. ATOM HEART MOTHER 8. CYMBALINE

AUDIOPHILE DVD : (COMPLETE CONCERT) OPENING / ATOM HEART MOTHER / GREEN IS THE COLOUR / CAREFUL WITH THAT AXE, EUGENE / ECHOES / SET THE CONTROLS FOR THE HEART OF THE SUN / A SAUCERFUL OF SECRETS / CYMBALINE

[at Hakone Aphrodite (Open Air Festival), Hakone, Kanagawa, Japan August 7th 1971]
◇David Gilmour – guitars, vocals / Roger Waters – bass guitar, gong, vocals / Nick Mason – drums, percussion / Richard Wright – organ, piano, vocals

ディラン激動の1965年、あの名曲『ライク・ア・ローリング・ストーン』をメインとしたサウンド・ドキュメンタリーが、永久保存プレス2CDにて。

BOB DYLAN / SOUND DOCUMENTARY : LIKE A ROLLING STONE (プレス2CD)

エレクトリック移行による激動の1965年、あの『追憶のハイウェイ61』のレコーディング・セッションから、名曲『ライク・ア・ローリング・ストーン』をメインとしたサウンド・ドキュメンタリーが、永久保存プレス2CDにて。
こちらは過去にもリリースされていた人気タイトルが新たに再編され、しかも2021年最新デジタル・リマスタリングを施し再リリースされたもので、名曲「ライク・ア・ローリング・ストーン」を主に焦点を当てながら、ディランとマイク・ブルームフィールドが歩んだ道のりを追想できるドキュメンタリー・アイテム。
まずアルバムのレコーディング・セッションが同年6月から8月にかけて、ニューヨークのコロンビア・スタジオで行なわれた中、この時期5月にはUKツアーを行いロイヤル・アルバート・ホールでの伝説のライブ、そしてレコーディング開始直後の6月中旬にはUK:BBCスタジオ・ライブにたった一人でギターをかかえて演奏し、ある意味最後のアコースティック・ライブを披露したりと、多用な環境の中で臨んだレコーディング・セッションは、のちの活動を大きく左右するエレクトリック指向となることに。
そしてここではまずは「ライク・ア・ローリング・ストーン」が出来上がるまでのセッションで、最初三拍子だったオルタネイト・ヴァージョンから最終形態のラフ・ミックスに仕上がっていく過程を収め、その後のライヴ・トラックではディランとブルームフィールドによる初のライヴと最後のライヴ演奏も収録。なお当曲初披露となったニューポート・フォーク・フェスでは当時フォークの神様として君臨していたディランが、バタフィールド・ブルース・バンドをバックに、激しいエレクトリック・ロックを演奏した事で賛否の渦を巻き起こした歴史的瞬間が、オフィシャルDVDよりも迫力のある音質で収録されており、またディラン+ブルームフィールドという、当曲オリジナル・タッグの再会かつ最後となる演奏もカンペキなクオリティーで。
また「ライク・ア・ローリング・ストーン」以外にもディランのバックでブルームフィールドのギターが炸裂するトラックが多数あり、また今回新たに発掘された同曲のオルタネイト・ヴァージョンは本邦初公開。
さらにdisc:2には同アルバムのラフ・ミックス・ヴァージョンも収録。こちらはオフィシャルとはすべて別の音源が使われており、特にマイク・ブルームフィールドのギターや、アル・クーパーのハモンドがフューチャーされたテイクなどは聴き応えたっぷり。
以上、歴史的にも記録的にも貴重であり、ディランを語るに外せない楽曲の数々のレア・トラックを、マスター・クオリティーでここに。

DISC 1 : 1-3. LIKE A ROLLING STONE Alternate Version 4-9. LIKE A ROLLING STONE Remaked Version 10. LIKE A ROLLING STONE Rough Mix 11. PHANTOM ENGINEER 12. SITTING ON A BARBED WIRE FENCE Alternate Version
[Recorded Session at Studio, NYC, NY, USA June 15th 1965]
◇Bob Dylan – vocal, harmonica, piano, guitar / Michael Bloomfield – guitar / Al Gorgoni – guitar / Al Kooper – organ / Paul Griffin – piano / Joseph Macho Jr. – bass / Bobby Gregg – drums / Bruce Langhorne – tambourine

13. FROM A BUICK 6 Alternate Version
[Recorded Session at Studio, NYC, NY, USA June 30th 1965]
◇Bob Dylan – vocal, guitar, harmonica / Michael Bloomfield – guitar / Al Kooper – organ / Paul Griffin – piano / Harvey Brooks – bass / Bobby Gregg – drums

14. MAGGIE’S FARM 15. LIKE A ROLLING STONE 16. PHANTOM ENGINEER
[Live at Newport Folk Festival, Newport, RI, USA July 25th 1965]
◇Bob Dylan – vocal, guitar / Michael Bloomfield – guitar / Al Kooper – piano / Barry Goldberg – organ / Jerome Arnold – bass / Sam Lay – drums

17. GROOM’S STILL WAITING AT THE ALTAR 18. Bob Dylan introduces Michael Bloomfield 19. LIKE A ROLLING STONE
[Live at Fox Warfield Theater, San Francisco, CA, USA November 15th 1980]
◇Bob Dylan – vocal, guitar / Michael Bloomfield – guitar / Fred Tackett – guitar / Willie Smith – keyboards / Tim Drummond – bass / Jim Keltner – drums / Clydie King – backing vocal / Carolyn Dennis – backing vocal / Regina McCrary – backing vocal

DISC 2 : 1. LIKE A ROLLING STONE 2. TOMBSTONE BLUES 3. IT TAKES A LOT TO LAUGH, IT TAKES A TRAIN TO CRY 4. FROM A BUICK 6 5. BALLAD OF A THINMAN 6. QUEEN JANE APPROXIMATELY 7. HIGHWAY 61 REVISITED 8. JUST LIKE TOM THUMB’S BLUES 9. DESOLATION LOW
[HIGHWAY 61 REVISITED – Rough Mix]

* Digitally Remastered in 2021 / Unreleased Studio Sessions, Alternate Take and Rare Live

クイーン・ファン必携の「MASTERWORKS」レーベルのアルバム徹底研究シリーズから、フレディ生前最後のアルバム『イニュエンドウ』が完全限定リリース。

QUEEN / INNUENDO:ARTIFACTS : EXPANDED EDITION (プレス2CD+1DVD)

クイーン・ファン必携の「MASTERWORKS」レーベルのアルバム徹底研究シリーズから、フレディ生前最後のアルバム『イニュエンドウ』からのレア音源と、マルチ・オーディオDVDをセットにて、オリジナル・ポストカード付で完全限定リリース。
クイーン究極のアルバム徹底研究シリーズ「エクスパンデッド・コレクターズ・エディション」から、フレディ生前最後にリリースされた1991年の『イニュエンドウ』がオリジナル盤の内容を拡張してここに登場。
なお本アルバムは「ARTIFACTS」(2CD+1DVD)と、「EXTRACTS」(2CD+2DVD)の2ヴァージョンでのリリースとなり、この第1弾となる「ARTIFACTS」(2CD+1DVDは、22CDにはアルバム全曲ニュー・リミックス&リマスターズとアルバム全曲のインスト・アルバムを収録。
そしてDVDの方はこれまでのシリーズ同様全曲リリックス映像に、マルチ・オーディオ選択で4通りのマルチ・オーディオをセレクトして聴き比べが出来る「オーディオ・アルバム」と、当時のオリジナル・アナログ・フォーマット(エディット・バージョン)によるオーディオ・アルバムをあわせて収録。


[コレクターズ・ポイント]
『イニュエンドウ』はリリースから10ヶ月後に、フレディ死去という衝撃のニュースが世界中を駆け巡り、イギリスをはじめヨーロッパ各国のチャートでNo.1を記録し、アルバムからのシングル5曲も続々リリースされたフレディ生前最後のスタジオ・アルバムで、今回2タイトル連続リリースとなるうちのこの「ARTIFACTS」(2CD+1DVD)は、まずDisc:1にはアルバム全曲ニュー・リミックス&リマスターズ、とアルバム全曲のインスト・トラックを収録し、レギュラー・アルバムとの違いが楽しめるオリジナル編集アルバム仕様にて。さらにDisc:2はアルバム全曲のインスト・トラックで、当時インタラクティブ・メディアとしてリリースされた『The eYe』からのトラックも全曲収録。
そしてDVDはこれまでのシリーズ同様にまず「オーディオ・アルバム」として、全曲リアルタイムで歌詞が流れるリリックス映像に、マルチ・オーディオ選択にてリマスター・ステレオの他5.1サラウンド・ミックスやインスト・トラックス、ヴォーカル・メイン・トラックスをセレクトして聴き比べ出来る4種のオーディオ・オプション仕様にて収録。
これによりよりマニアックな聴き比べ音源検証が出来るセクションとなっており、さらにアルバム・リリース当時レギュラーCDと違い、アナログでは時間都合上エディット・バージョンが多く含まれた、オリジナル・LPフォーマットもオーディオ・アルバムとして収録。
そしてさらに本タイトルも初回限定100セット・オンリーで、限定シリアル・ナンバー入りのオリジナル・・ポストカードを添付。レア・フォトを用いたこちらのカードは、完全限定の証明となるナンバリング入りで先着100セットのみゆえ、ご希望の方はお早めに。
以上、『イニュエンドウ』の音源バリエーションを多角的にまとめたのがこの「ARTIFACTS」、そしてプロモ・ビデオ関連は次回リリースの「EXTRACTS」編に収録されるゆえ、2タイトルをセットでオススメの、これまで同様ファン必携の限定コレクターズ・エディション。

Disc 1 : [ORIGINAL ALBUM NEW REMIX AND REMASTERS]
1. INNUENDO (Extended Version) 2. I’M GOING SLIGHTLY MAD (Hybrid Mad Remix) 3. HEADLONG (Extended Version) 4. I CAN’T LIVE WITH YOU (Extended Version) 5. DON’T TRY SO HARD (Extended Version) 6. RIDE THE WILD WIND (Hybrid Extended Remix) 7. ALL GOD’S PEOPLE  (Extended Version) 8. THESE ARE THE DAYS OF OUR LIVES (Extended Version) 9. DELILAH (Remix) 10. THE HITMAN (Remix) 11. BIJOU (Extended Version) 12. THE SHOW MUST GO ON (New Remix) [EXTRA TRACKS] 13. HEADLONG (Radio Edit) 14. INNUENDO (Explosive Version) 15. QUEEN TALKS

Disc 2 : [INSTRUMENTAL TRACKS]
1. INNUENDO 2. I’M GOING SLIGHTLY MAD 3. HEADLONG (The eYe Version) 4. I CAN’T LIVE WITH YOU (The eYe Version) 5. DON’T TRY SO HARD 6. RIDE THE WILD WIND (The eYe Version) 7. ALL GOD’S PEOPLE 8. THESE ARE THE DAYS OF OUR LIVES 9. DELILAH 10. THE HITMAN (The eYe Version) 11. BIJOU 12. THE SHOW MUST GO ON (The eYe Version) [EXTRA INSTRUMENTAL TRACKS] 13. I’M GOING SLIGHTLY MAD (The eYe Version) 14. THE HITMAN 1&2 (The eYe Version) 15. BIJOU (The eYe Version) 16. THE SHOW MUST GO ON (Naked Version)

DVD : INNUENDO / I’M GOING SLIGHTLY MAD / HEADLONG / I CAN’T LIVE WITH YOU / DON’T TRY SO HARD / RIDE THE WILD WIND / ALL GOD’S PEOPLE / THESE ARE THE DAYS OF OUR LIVES / DELILAH / THE HITMAN / BIJOU / THE SHOW MUST GO ON
[AUDIO ALBUM (LYRICS with MULTIPLE SELECTIONS) : Multiple Selections Audio 1) Remaster Stereo 2) Dolby Digital 5.1 Surround 3) Instrumental Karaoke Tracks 4) Vocal Main Tracks : NTSC 16:9 (4:3) Dolby Digital Stereo / 5.1 Surround x 4 Audio Stream / time approx. 53min]
INNUENDO / I’M GOING SLIGHTLY MAD (Edit Version) / HEADLONG (Edit Version) / I CAN’T LIVE WITH YOU (Edit Version) / RIDE THE WILD WIND / ALL GOD’S PEOPLE (Edit Version) / THESE ARE THE DAYS OF OUR LIVES (Edit Version) / DELILAH / DON’T TRY SO HARD (Edit Version) / THE HITMAN (Edit Version) / BIJOU (Edit Version) / THE SHOW MUST GO ON [ORIGINAL ANALOG AUDIO ALBUM (STEREO) : NTSC 16:9 LPCM Stereo time approx. 48min]

ミッドバレイ・レーベルより、ジョージ&クラプトンによる1991年日本公演の名タイトルが新装丁デザインにて限定リリシュー。

GEORGE HARRISON / DAYS OF SPEED : LIVE IN JAPAN (プレス4CD)

クラプトン・ファン必携のミッドバレイ・レーベルより、ジョージ&クラプトンによる1991年日本公演の中で、頂点に君臨する名タイトルが新装丁デザインにて完全限定リリシュー。
これまでも数多くの音源が流通してきたこの2公演において、このタイトルだけでもピンと来るファンが多いほどあまりに有名な本タイトルは、過去にも幾度か再発されつつもその都度即完売となっており、そのリリシュー希望の声に応えるべく、今回新たな2021年最新リリース盤は、当時プロモーションで配布された絆創膏のデザインを踏まえたが新装丁デザインにて。
そして改めてその内容に関しては、特に大阪公演は関係者録音ではないかと噂されるほどの、サウンドボード・レベルのクオリティーにて収録された本ツアーの間違いなくベスト・アイテムによるもので、1991年に行われた「George Harrison with Eric Clapton Japan Tour」より、まずDisc1&2にはレアなセットで人気の高い初日、12月1日横浜アリーナ公演、そしてDisc3&4にはベスト・プレイ、そしてベスト・サウンド・クオリティーと誉れ高い12月10日大阪城ホール公演を、いずれもDATオーディエンス・マスターからコンプリート収録。
なおすでに伝説であり、今後も語り継がれるであろう本ツアーの中でも、ベスト1,2に挙げられるライブを、いずれもノイズのエディットやバランス調整を施し、特にマスターからハイクオリティーだった大阪公演は、やや耳障りな曲中の手拍子などがオフとなり、一聴すれば本当にサウンドボードかと思えるもの。
そして聞きどころとして、まず横浜公演の”FUSH ON THE SAND”と”LOVE COMES TO EVERYONE”はこの初日のみ。そして大阪公演の”WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS”でのソロはまさに感動的で、また現在となっては全体的 に不足気味だったと感じられる当日のPA.からの中低音も、ナチュラルな質感で収録。そしていずれもオフィシャル・ラ イヴではカットされたクラプトンのセット、ドラム・ソロ、編集でカットされた”ROLL OVERBEETHOVEN”もカンペキに収めた、1991年公演の名演をカップリングした永久保存プレス4CD。

Disc1 : 1. I Want To Tell You 2. Old Brown Shoe 3. Taxman 4. Give Me Love 5. If I Needed Someone 6. Something 7. Fish On The Sand 8. Love Comes To Everyone 9. What Is Life 10. Dark Horse 11. Piggies 12. Pretending 13. Old Love 14. Badge 15. Wonderful Tonight
Disc 2 : 1. Got My Mind Set On You 2. Cloud Nine 3. Here Comes The Sun 4. My Sweet Lord 5. All Those Years Ago 6. Cheer Down 7. Devil’s Radio 8. Isn’t It A Pity 9. While My Guitar Gently Weeps 10. Roll Over Beethoven
[Recorded at Yokohama Arena, Yokohama, Japan 1st December 1991]

Disc 3 : 1. I Want To Tell You 2. Old Brown Shoe 3. Taxman 4. Give Me Love 5. If I Needed Someone 6. Something 7. What Is Life 8. Dark Horse 9. Piggies 10. Pretending 11. Old Love 12. Badge 13. Wonderful Tonight
Disc 4 : 1. Got My Mind Set On You 2. Cloud Nine 3. Here Comes The Sun 4. My Sweet Lord 5. All Those Years Ago 6. Cheer Down 7. Devil’s Radio 8. Isn’t It A Pity 9. While My Guitar Gently Weeps 10. Roll Over Beethoven
[Recorded at Osaka Castle Hall, Osaka, Japan 10th December 1991]

初期ウイングスの名品『WINGS OVER EUROPE』の決定盤が、輸入オリジナル・プレス盤、初回限定オリジナル・デザイン帯付きにて。

PAUL McCARTNEY & WINGS / OVER EUROPE 1972-73 : EXPANDED EDITION (プレス2CD)

初期ウイングスのレア・ライブ音源をサウンドボードでコンパイルした名品『WINGS OVER EUROPE』の拡張版が、エクスパンデッド・エディションとして、直輸入オリジナル・プレス盤、初回限定オリジナル・デザイン帯付きにて。
まずポールがウイングスを率いて初めて行ったツアーは、地方の大学をバスで回りサプライズ・ギグを行なっていた1972年から1973年で、これまで最も音源が流通していなかった中で、近年その貴重な音源が一部で入手できるようになり、全20トラックが公開されることに。
そして本タイトルはその貴重な未発表ライブ・トラックに加えて、新たに17トラックを追加したエクスパンデッド・コレクターズ・エディションとして新登場したもので、しかも実質的なセットリストの流れに沿って、全37トラックすべて2021年最新編集リマスターも施して再編集された内容となっており、そこには注目のカバー「コットンフィールズ」をはじめ、デニー・レインの「ゴー・ナウ」や「セイ・ユー・ドント・マインド」、また当時のギタリスト、ヘンリー・マックロウの「ヘンリーズ・ブルース」等の未発表曲も、新発掘マスターから収録。
さらにエクストラ・トラックとしては、本編とは異なる「イート・アット・ホーム」や「スマイル・アウェイ」をはじめ、複数の別公演バージョンや編集の異なる「ビッグ・バーン・ベッド」、また「ホエン・ザ・ナイト」や「リブ・アンド・レット・ダイ」なども新たに追加され、これによってこの初期ウイングスの現存するサウンドボード・ライブ音源はほぼコンパイル。
以上、すべての音源トラックを2021年最新編集リマスターにより収録しており、海外ビートルズ・ファン達がこだわりの編集にて制作した、『WINGS OVER EUROPE』決定盤タイトルは、限定コレクターズ・エディション。ゆえ、ご希望の方はお早めに。

DISC 1 : 1. INTRO / BIG BARN BED – New Castle 1973 2. EAT AT HOME – The Hague 1972 3. SMILE AWAY – Berlin 1972 4. BIP BOP – The Hague 1972 5. MUMBO – Antwerp 1972 6. BLUE MOON OF KENTUCKY – The Hague 1972 7. 1882 – Berlin 1972 8. I WOULD ONLY SMILE – Antwerp 1972 9. GIVE IRELAND BACK TO THE IRISH – Groningen 1972 10. THE MESS – Berlin 1972 11. BEST FRIEND – Antwerp 1972 12. SOILY – Berlin 1972 13. I AM YOUR SINGER – The Hague 1972 14. HENRY’S BLUES – The Hague 1972 15. GO NOW – New Castle 1973 16. SAY YOU DON’T MIND – Antwerp 1972 17. COTTONFIELDS – Antwerp 1972

DISC 2 : 1. SEASIDE WOMAN – Groningen 1972 2. LITTLE WOMAN LOVE / C MOON – New Castle 1973 3. WILD LIFE – The Hague 1972 4. MY LOVE – The Hague 1972 5. MARY HAD A LITTLE LAMB – The Hague 1972 6. MAYBE I’M AMAZED – Groningen 1972 7. HI HI HI  – The Hague 1972 8. LONG TALL SALLY  – Groningen 1972
[EXTRA] 9. INTRO / EAT AT HOME – Groningen 1972 10. SMILE AWAY – Groningen 1972 11. BIG BARN BED – New Castle 1973 (Alternate) 12. WHEN THE NIGHT – New Castle 1973 13. SEASIDE WOMAN – New Castle 1973 14. WILD LIFE – New Castle 1973 15. MAYBE I’M AMAZED – New Castle 1973 16. MY LOVE – New Castle 1973 17. LIVE AND LET DIE – New Castle 1973

◇ All Tracks Digital remastered and compiled 2021
PAUL McCARTNEY – vocals, bass, guitars, keyboards / LINDA McCARTNEY – vocals, keyboards / DENNY LAINE – guitar, bass, piano, vocals / HENRY McCULLOUGH – guitar, vocals / DENNY SEIWELL – drums, percussion

ビートルズの歴史を時系列にめぐる、2021年アンソロジー『オール・ジーズ・イヤーズ』の最終第8弾。

THE BEATLES / ALL THESE YEARS VIII : 1969-1970 (プレス2CD)

ビートルズの歴史を時系列にめぐる、2021年最新編集アンソロジー・プロジェクト『オール・ジーズ・イヤーズ』の最終第8弾。
このシリーズはデビュー前からの貴重音源を含め、年代順にライブ・トラック、スタジオ・セッション、デモ・テイク、そして未発表曲に今回初登場音源も加えて、2021年最新編集とマスタリングにて制作された拡張改訂版ベスト・セレクトの集大成で、1995年のアンソロジー・プロジェクトをさらに発展させており、音質向上、長尺編集、そしてモノラルからステレオ化といったアップグレード音源を中心に収録。
そしてそのシリーズも大詰め第8弾VOL.8「1969-70」は、「ゲット・バック・セッション」から「ルーフトップ・コンサート」、そして『アビー・ロード』関連音源を時系列に収録しており、1969年1月からスタートしたスタジオ・セッションからは、おもに映画に採用されたシーンを中心にセレクトし、これまでモノラルだったテイクもすべてステレオ音源化し、ラスト・ライブ「ルーフトップ・コンサート」も映画用ステレオ・リマスター音源にて収録。
そして『アビイ・ロード』関連も、これまでのアンソロジーやアニバーサリー・エディションにも未収録の音源や別ソース、ミックス違いやこれまでモノラルだったスタジオ・セッションも、初登場となるステレオ音源化されていたりと、注目すべきアップグレード音源を数多く収録。
以上、終焉に向かう最後の時期をとらえた本シリーズ最終タイトルで、既リリースを含めて全8タイトル、ファンは全て必携の限定コレクターズ・エディション。

◇ANTHOLOGY REVISED AND EXPANDED EDITION Vol.8

Disc 1 : 1. PAUL’S PIANO PIECE 2. DON’T LET ME DOWN 3. BECAUSE I KNOW YOU LOVE ME SO Twickenham Film Studio, London, UK January 3rd 1969 (stereo) 4. ACROSS THE UNIVERSE Twickenham Film Studio, London, UK January 7th 1969 (stereo) 5. TWO OF US (Fast Version) 6. ALL THINGS MUST PASS 7. I ME MINE 8. MAXWELL’S SILVER HAMMER Twickenham Film Studio, London, UK January 8th 1969 (stereo) 9. SUZY PARKER (SUZY’S PARLOUR) Twickenham Film Studio, London, UK January 9th 1969 (stereo) 10. WATCHING THE RAINBOW 11. JOHNNY B GOODE Twickenham Film Studio, London, UK January 14th 1969 (stereo) 12. DIG A PONY Apple Studio, London, UK January 22nd 1969 (stereo) 13. TEDDY BOY 14. HOT AS SUN Apple Studio, London, UK January 24th 1969 (stereo) 15. FOR YOU BLUE Apple Studio, London, UK January 25th 1969 (stereo) 16. DIG IT 17. RIP IT UP / SHAKE RATTLE AND ROLL 18. MISS ANN / LAWDY MISS CLAWDY 19. BLUE SUEDE SHOES 20. YOU REALLY GOT A HOLD ON ME Apple Studio, London, UK January 26th 1969 (stereo) 21. YOU WON’T GET ME THAT WAY / THE WALK 22. I’VE GOT A FEELING Apple Studio, London, UK January 27th 1969 (stereo) 23. ON THE ROAD TO MARRAKESH Apple Studio, London, UK January 28th 1969 (stereo) 24. BESAME MUCHO 25. CANNONBALL / NOT FADE AWAY 26. MAILMAN, BRING ME NO MORE BLUES Apple Studio, London, UK January 29th 1969 (stereo)

Disc 2 : 1. GET BACK (Rooftop Concert) 2. DON’T LET ME DOWN (Rooftop Concert) 3. I’VE GOT A FEELING (Rooftop Concert) 4. ONE AFTER 909 (Rooftop Concert) 5. DIG A PONY (Rooftop Concert) 6. GET BACK (REPRISE) (Rooftop Concert) Apple Rooftop, London, UK January 30th 1969 (stereo) 7. TWO OF US (Take 11) 8. THE LONG AND WINDING ROAD (Take 19) 9. LET IT BE (Take 27) Apple Studio, London, UK January 31st 1969 (stereo) 10. GOODBYE (Demo) Home Demo at 7 Cavendish Avenue, London, UK February 1969 11. THE BALLAD OF JOHN AND YOKO (Basic Track) EMI Abbey Road Studio, London, UK April 14th 1969 (stereo) 12. OLD BROWN SHOE (Demo) EMI Abbey Road Studio, London, UK April 18th 1969 (stereo) 13. OH! DARLING (Take 26) 14. OCTOPUS’S GARDEN (Remix) EMI Abbey Road Studio, London, UK April 26/29th 1969 (stereo) 15. GOLDEN SLUMBER / CARRY THAT WEIGHT (Take 17) EMI Abbey Road Studio, London, UK July 2nd 1969 (stereo) 16. MAXWELL’S SILVER HAMMER (Take 5) EMI Abbey Road Studio, London, UK July 9th 1969 (stereo) 17. SOMETHING (Complete Remix) EMI Abbey Road Studio, London, UK July 11th 1969 (stereo) 18. COME TOGETHER (Extra Version Remix) EMI Abbey Road Studio, London, UK July 21st 1969 (stereo) 19. AIN’T SHE SWEET (Rehearsal) 20. COME AND GET IT (Take 1) EMI Abbey Road Studio, London, UK July 24th 1969 (stereo) 21. BECAUSE (Take 16) EMI Abbey Road Studio, London, UK August 4th 1969 (stereo) 22. HERE COMES THE SUN (Lost Guitar Version) EMI Abbey Road Studio, London, UK August 19th 1969 (stereo) 23. THIS IS TO WISH YOU A MERRY CHRISTMAS Various Rocations, London, UK November-December 1969 (mono) 24. I ME MINE (Take 4) EMI Abbey Road Studio, London, UK January 3rd 1970 (stereo) 25. THE END (Take 7 Extended Remix) EMI Abbey Road Studio, London, UK August 18th 1969 (stereo)

ビートルズの1986年に来日20周年特別企画として限定発売された、UKオリジナル・モノラル・レコード・ボックスをプレス6CDで。

THE BEATLES / Original MONO Record Box (プレス6CD)

名門エンプレス・バレイより、1986年に来日20周年特別企画として限定発売された、UKカッティングによるオリジナル・モノラル・レコード・ボックスを永久保存プレス6CDで。
まずこのボックスに収録された全10タイトルのモノラル・アナログは当時先にリリースされた黒帯のモノラルLPの音質クオリティーが良くないという批判があったことで、第2弾として赤帯モノラルLP盤が満を持して発売されることとなり、今回このボックスに使用されているのは、その赤帯モノLP盤からのデジタル化によるもの。
なおその期待通り音質クオリティーもアップし、しかもレッド・ワックスでの限定発売ということで、一瞬に市場から姿を消し、現在でもそのアナログはオークション等で高値取引されており、デビュー・アルバムから10作目の「イエロー・サブマリン」まで、本来モノラル・レコーディングされたそのサウンドこそ、ビートルズ・サウンドの最も自然な音作りを再現していると言えるもの。
なお装丁もファンには有名なデザインを用い、しかも同レーベルから先行リリースされた、レア・ヴァージョン多数の『THE BEATLES / THE BEATLES BOX FROM LIVERPOOL』 (プレス5CD)も、収納可能な仕様ゆえ是非セットで。

◇収録アルバム :
Please Please Me / With The Beatles / A Hard Days Night / Beatles For Sale / Help! / Rubber Soul / Revolver / SGT Pepper’s Lonely Hearts Club Band / The Beatles / Yellow Submarine