Skip to content

Joe's Garage BLOG Posts

初期オアシス1995年の名ライブ3公演をすべてベスト・クオリティー、サウンドボード音源でコンパイル。

OASIS / FLESH AND BLOOD 1995 (プレス3CD)

初期オアシスの1995年の名ライブ3公演を、すべてベスト・クオリティー、サウンドボード音源でコンパイルし、限定ロー・プライス、プレス3CDにて。
まずこの1995年は8月に関東5公演大阪2公演の計7公演となった2度目の来日公演も行われ、日本でも一気に人気が加速していた時期で、本格的なUS&ユーロ・ツアーも組まれており、よってまず最初は、北米ツアーから1月29日カナダ、ヴァンクーバーのコモド・ボールルームでのライブを、現地ラジオ・オンエアー・マスターから収録。
これはセカンド・アルバム『Morning Glory?』のレコーディング前に行なわれており、セットはそのほとんどがデビュー・アルバムからであるところは要チェックで、リアムのヴォーカルも伸びやかで、この後と比べると清涼感溢れる素晴らしい歌声を披露。またすでにセカンドからの”Supersonic”、そしてライブ・テイクは超レアな”Listen Up”なども大きな聞きどころ。
そして続くdisc:2には6月23日イギリスではおなじみの恒例「グラストンベリー・フェス」に出演した際の模様を収録。こちらは『Morning Glory?』リリースに伴うUKツアーでの2公演目のライブで、当然同アルバムからのナンバーが大量放出されているので、セットリストは先の北米ツアーとは全く違うものに。
さらにdisc:3にはこの年2度目の北米ツアーから10月14日ボストン公演を収録。そしてセカンド・アルバムからの「スーパーソニック」「サム・マイト・セイ」「ワンダーウォール」そして「ドント・ルック・バック・イン・アンガー」など、この後のライブでも定番となる初期の名曲が多数披露され、しかもこの日はギグジーがダウンしたため代役がプレイし、さらに喉を痛めたリアムが途中降板したため、それ以降はノエルがボーカルを務め、急遽アコースティック・セットも組まれた伝説のライブで、デビューからの集大成と言える、初期を知るに必聴のコレクターズ・エディション。
*完全限定ロー・プライスによる永久保存プレス3CD仕様ゆえ、ご希望の方はお早めに。

disc 1 : 01. ROCK ‘N’ ROLL STAR 02. COLUMBIA 03. FADE AWAY 04. DIGSY’S DINNER 05. LISTEN UP 06. SHAKERMAKER 07. LIVE FOREVER 08. UP IN THE SKY 09. BRING IT ON DOWN 10. IT’S GOOD TO BE FREE 11. MARRIED WITH CHILDREN 12. SUPERSONIC 13. SLIDE AWAY
[Recorded at The Commodore Ballroom, Vancouver, Canada. 29th January 1995]

disc 2 : 01. INTRO 02. ACQUIESCE 03. SUPERSONIC 04. HELLO 05. SOME MIGHT SAY 06. ROLL WITH IT 07. SHAKERMAKER 08. SLIDE AWAY 09. (IT’S GOOD) TO BE FREE 10. MORNING GLORY 11. CIGARETTES AND ALCOHOL 12. I AM THE WALRUS 13. DON’T LOOK BACK IN ANGER 14. LIVE FOREVER 15. ROCK ‘N’ ROLL STAR
[Glastonbury Festival : at Somerset, Pilton, UK 23th June 1995]

disc 3 : 01. INTRO 02. SWAMP SONG 03. ACQUIESCE 04. SUPERSONIC 05. HELLO 06. ROLL WITH IT 07. SHAKERMAKER 08. SOME MIGHT SAY 09. SLIDE AWAY 10. CIGARETTES AND ALCOHOL 11. CHAMPAGNE SUPERNOVA 12. WONDERWALL 13. CAST NO SHADOW 14. MORNING GLORY 15. DON’T LOOK BACK IN ANGER 16. LIVE FOREVER
[Recorded at Orpheum Theater, Boston, Massachusetts, USA. 14th October 1995]

ビートルズの話題の未発表音源アルバム『1969 RECORDINGS』を、公認コレクションから完全コンパイルしたタイトルが完全限定プレス2CDにて。

THE BEATLES / 1969 RECORDINGS : DISCOVERED COLLECTION (プレス2CD)

2020年になり世界中のファンの間で話題の未発表音源アルバム『1969 RECORDINGS』を、「ゲット・バック・セッション」公認コレクションから完全コンパイルしたタイトルが完全限定プレス2CDにてここに。
まずこの音源は2020年に海外ストリーミング・サイトにて公表されたものも、そのまま公式にアルバム化もされず結局陽の目を見ることもなく、幻の音源となることに。そこで公開50周年を迎えた映画『LET IT BE』の、新たな編集による映画『GET BACK』の公開に期待を寄せるべく、ここではストリーミング・アルバムとして、トラック・リストも公表されるも実際には聴くことが出来なかった約2時間40分に及ぶその全貌を、マスター・クオリティーで完全再現したのが本タイトル。
よって「ゲット・バック・セッション」の公認コレクション音源ゆえ、そのクオリティーは当然オフィシャル・レベルにて全編収められており、まずdisc:1には未発表アルバム『GET BACK』の完全コンプリート収録から始まり、その後disc:2にかけて、トゥイッケンナム・スタジオからアップル・スタジオへと続けられたセッションからの厳選された音源、そしてハイライトのアップル屋上パフォーマンスの公式未収録音源まで、文字通り「1969 RECORDINGS」といえるベスト・セレクションの内容にて。
因みに周知の通り、アナログ盤の時代から星の数ほどの「ゲット・バック・セッション」関連のコレクターズ・アイテムが流通してきた中で、今回はこれまでとは異なる新たな音源ソースがサイトに公開されており、しかも完全ステレオ・リマスターの高音質サウンドで、今後公式リリースが期待されないことも含めて、ファンはこの機会に是非。
*以上、公認コレクションといえる注目タイトルであり、初CD化となる決定版を直輸入オリジナル・プレス盤での完全限定リリースゆえ、ご希望の方はお早めに。

DISC 1 : 1. One After 909 2. I’m Ready 3. Save The Last Dance For Me 4. Don’t Let Me Down 5. Dig A Pony 6. I’ve Got A Feeling 7. Get Back 8. For You Blue 9. Teddy Boy 10. Two Of Us 11. Maggie Mae 12. Dig It 13. Let It Be 14. The Long And Winding Road 15. Get Back (Reprise) [Unreleased “GET BACK” Album May 1969] 16. All Things Must Pass [Rehearsal 3 January 1969] 17. I Me Mine [8 January 1969] 18. Suzy Parker (aka Suzy’s Parlour) [9 January 1969] 19. Oh! Darling [Paul’s solo performance] 20. Don’t Let Me Down [22 January 1969] 21. Two Of Us [24 January 1969] 22. I Lost My Little Girl [ 24 January 1969] 23. For You Blue (Take 1) [25 January 1969] 24. For You Blue (Take 3) [25 January 1969] 25. For You Blue (Take 4) [25 January 1969] 26. For You Blue (Take 11) [25 January 1969] 27. For You Blue (Take 13) [25 January 1969]

DISC 2 :1. Let It Be [26 January 1969] 2. Medley : Rip It Up / Shake, Rattle And Roll [26 January 1969] 3. Medley : Kansas City / Miss Ann / Lawdy Miss Clawdy [26 January 1969] 4. Blue Suede Shoes [26 January 1969] 5. I Told You Before [26 January 1969] 6. The Walk [27 January 1969] 7. I’ve Got A Feeling [27 January 1969] 8. Get Back [27 January 1969] 9. Dig A Pony [28 January 1969] 10. Something [28 January 1969] 11. One After 909 [29 January 1969]  12. Medley : Cannonball / Not Fade Away / Hey Little Girl / Bo Diddley [30 January 1969] 13. Mailman, Bring Me No More Blues [29 January 1969] 14. Get Back (First Roof Performance) [30 January 1969] 15. Get Back (Second Roof Performance) [30 January 1969] 16. Don’t Let Me Down (First Roof Performance) [30 January 1969]  17. God Save The Queen (Roof Performance) [30 January 1969] 18. I’ve Got A Feeling (Second Roof Performance) [30 January 1969] 19. Don’t Let Me Down (Second Roof Performance) [30 January 1969] 20. The Long And Winding Road [31 January 1969] 21. All Things Must Pass [George’s Demo] 22. Something (Take 37)

◇Original track list by Apple Corps 2019 : Digital stereo remastered and compiled by Orange Pop 2020

ストーンズ・ファン必携のDACレーベルより、アーサー・コリンズのレア音源シリーズ第4弾も登場。

ROLLING STONES / THE INCREDIBLE ART COLLINS TAPES VOL.4 (2CD)

ストーンズ・ファン必携のDACレーベルより、近年話題のアーサー・コリンズが所有していた膨大な数のレア音源を、収録アルバムごとのセッション音源のオリジナル・テープを、収録順にコンパイルしたシリーズ第4弾が登場。
まず2014年に突如「THE FABULOUS CUTS」というタイトルで、アルバム「SOME GIRLS」から「TATTOO YOU」までの時期のトータル30曲の未発表トラックが各30秒の長さで流通したことが話題に。これは70年代初めにローリング・ストーンズ・レコードのパブリシティ・マネジャーとしてキャリアをスタートさせ、最終的には副社長にまでになった、アーサー・コリンズが所有していた膨大な数のレア音源が、近年WEB上などで公開されたことで陽の目を見ることに。そして彼がレコーディングにも最も関わった過程の中で、「THE FABULOUS CUTS」の完全版とも言うべき音源集が本シリーズで、トータルで約12時間にも及ぶこの歴史的音源を、オリジナル・テープの収録順に整理して収録していくのが、今回Dog’N’Catの新シリーズ。
そしてこの第4弾はテープ・ナンバー「No.17」より、1977年のフランス、パテ・マルコニ・スタジオでの『サム・ガールズ』用のレコーディング・セッションを、これまで流通していた同セッションのアウトテイク、デモとは別バージョンの初登場テイクも含めて収録。
因みにトラック1、3、4、5、7、8、10、13の8曲が、これまでに一切聞くことの出来なかった初登場テイクで、まず「Just My Imagination」もOBR盤の「Bird’s Vault Vol. 2」に収録されていたアーリー・ボーカル版とは異なる貴重なテイク。また「Miss You」、「When You’re Gone」、「Little T & A」の3曲も、やはりOBR盤の「Bird’s Vault Vol. 2」に収録されていたものと同一テイクながら、数ランク音質UPで。
また「Stay Where You Are」、「Brown Leaves」、「Black Limousine」の3曲も「Sheep-Dip-Blues」(DAC-104)のものと同一テイクながら、既発がモノラルだったのが今回は初のステレオ・ミックスで、しかも既発より楽曲の収録タイムも長尺にて。また「You Don’t Have To Go」、「Shame Shame Shame」も、OBR初期の「Paris Results」シリーズでリリース済ながら、あちらはの良くないアセテート盤をソースとしていたため、入力が低くノイズも散見していたのが、今回はテープ・ソースからのクリアー・サウンドにて。
またトラック17にはテープ「No.19」の、「THE INCREDIBLE ART COLLINS TAPES VOL.3」ではオミットした1977年の音源「A Different Kind」を追加。そして最後には収録時期は前後するものの、テープ「No.18」より『アンダーカヴァー』時期の「I’m A Little Mixed Up」も収録しており、オリジナル・テープでは「THE INCREDIBLE ART COLLINS TAPES VOL.2」のDISC-2、「Flirty」の後に収録されていたのが、VOL.2の収録スペースの都合で、今回のリリースにボーナス収録という形に。
なお今後も本シリーズではこの貴重な「ART COLLINS TAPES」音源を、最良のレストア&リマスタリングにてリリースして行く予定ゆえ、ファンとしてはすべて必携のコレクターズ・エディション。

1 Just My Imagination take #1 2 Miss You 3 Lies take #1 4 Munich Hilton take #1 5 Munich Hilton take #2 6 When You’re Gone (Redeyes) 7 Hang Fire 8 Shattered 9 Stay Where You Are 10 Lies take #2 11 Brown Leaves a.k.a. “Dancing Girls” 12 You Don’t Have To Go 13 Blues Jam 14 Shame Shame Shame 15 Black Limousine 16 Little T & A 17 Everlasting My Love (Nanker Phelge) (A Different Kind) 18 Discovery Bar (I’m A Little Mixed Up)*
[Recorded at Boulogne Billancourt (near Paris), France, Pathe-Marconi Studios :October – 29th November and 6th – 15th December 1977 :  (*)from Undercover Sessions 1982]

ピンク・フロイド2度目の来日だった1972年日本公演の全6公演を、完全コンパイルしたボックス・セットが完全限定で。

PINK FLOYD / THE DARKSIDE OF THE ZIPANGU : とある狂人の東方見聞録 (プレス12CDBOX)

名門エンプレス・バレイより、フロイド2度目の来日となった1972年日本公演の全6公演を、完全コンパイルしたボックス・セットが完全限定で。
まず1972年3月の2度目来日公演は、8日間で東京、大阪、京都、札幌の4都市にて6回の公演という強行スケジュールで行なわれた中、その全公演をベスト・オーディエンス・マスターにプロユースの編集を施し収録し、しかも、初日6日のFM放送音源も含めて、各公演それぞれに別ソース音源等もボーナス的に追加した、まさにこれぞパーフェクト・コレクション仕様にて。
そしてこの1972年ワールド・ツアーは周知の通り、『未完成狂気ライブ』として知られており、第1部は約50分にわたり、プロトタイプとなる、『狂気』を完全演奏。よってアルバム・リリース前の新曲ということで、観客の反応も微妙なまま、第2部でメンバーが登場すると盛大な拍手が送られることに。そして後半からはまず「吹けよ風、呼べよ嵐」のヘヴィ・ベースのサウンドに観客も徐々に熱気をはらみ、続く「ユージン、斧に気をつけろ」、そして第2部の最後を飾る「エコーズ」にてエンドという基本構成の中で、大阪初日8日ではさらにこの後「原子心母」を演奏し、最長ライブとなったことも話題に。
とにかく日本人が初めて、まだレコードにもなっていない『狂気』を体感した奇跡の来日公演を、完全網羅した豪華仕様ボックスは、完全限定のコレクターズ・エディションゆえ、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 :01) Speak To Me 02) Breathe 03) On The Run 04) Time 05) Breathe (Reprise) 06) The Great Gig in the Sky 07) Money 08) Us And Them 09) Any Colour You Like 10) Brain Damage 11) Eclipse 12) Stage Announcement
(Bonustracks / Soundboard /Radio Broadcast) 13) Speak To Me 14) Breathe 15) On The Run 16) Time 17) Breathe (Reprise) 18) The Great Gig In The Sky 19) Money 20) Us And Them 21) Radio Announcer
Disc 2 :01) One Of These Days 02) Tuning 03) Careful With That Axe, Eugene 04) Tuning 05) Echoes06) Stage Announcement / Crowd   07) A Saucerful Of Secrets
[1st DAY – 6th March 1972 at Tokyo Taiikukan, Tokyo, Japan] 

Disc 3 :01) Speak To Me 02) Breathe 03) On The Run 04) Time 05) Breathe (Reprise) 06) The Great Gig In The Sky 07) Money 08) Us And Them 09) Any Colour You Like 10) Brain Damage 11) Eclipse 12) Stage Announcement
(Bonustracks / Alternate Source) 13) One Of These Days 14) Tuning 15) Careful With That Axe, Eugene
Disc 4 : 01) One Of These Days 02) Tuning 03) Careful With That Axe, Eugene 04) Tuning 05) Echoes 06) Stage Announcement / Crowd 07) Set The Controls For The Heart Of The Sun
(Bonustracks / Alternate Source)08) Set The Controls For The Heart Of The Sun
[2nd DAY – 7th March 1972 at Tokyo Taiikukan, Tokyo, Japan]
 
Disc 5 :01) Speak To Me 02) Breathe 03) On The Run 04) Time 05) Breathe (Reprise) 06) The Great Gig In The Sky 07) Money 08) Us And Them 09) Any Colour You Like 10) Brain Damage 11) Eclipse
(Bonustracks / Alternate Source) 12. Atom Heart Mother
Disc 6 :01) One Of These Days 02) Tuning 03) Careful With That Axe, Eugene 04) Tuning 05) Echoes 06) Crowd / Tuning 07) Atom Heart Mother
[3rd DAY – 8th March 1972 at Osaka, Festival Hall, Osaka, Japan]

Disc 7 :01) Speak To Me 02) Breathe 03) On The Run 04) Time 05) Breathe (Reprise) 06) The Great Gig In The Sky 07) Money 08) Us And Them 09) Any Colour You Like 10) Brain Damage 11) Eclipse
(Bonustracks / Different Mix) 12. Echoes
Disc 8 :01) One Of These Days 02) Tuning 03) Careful With That Axe, Eugene 04) Tuning 05) Echoes 06) A Saucerful Of Secrets
[4th DAY – 9th March 1972 at Osaka, Festival Hall, Osaka, Japan]

Disc 9 :01) Speak To Me 02) Breathe 03) On The Run 04) Time 05) Breathe (Reprise) 06) The Great Gig In The Sky 07) Money 08) Us And Them 09) Any Colour You Like 10) Brain Damage 11) Eclipse
(Bonustracks / Different Mix) 12) Echoes
Disc 10 :01) One Of These Days 02) Tuning 03) Careful With That Axe, Eugene 04) Echoes
[5th DAY – 10th March 1972 at Kyoto Taiikukan Hall, Kyoto, Japan]

Disc 11 :01) Speak To Me 02) Breathe 03) On The Run 04) Time 05) Breathe (Reprise) 06) The Great Gig In The Sky 07) Money 08) Us And Them 09) Any Colour You Like 10) Brain Damage 11) Eclipse
(Bonustracks / Alternate Source)12) One Of These Days 13) Careful With That Axe, Eugene Disc 12 :01) One Of These Days 02) Tuning 03) Careful With That Axe, Eugene 04) Echoes 05) Atom Heart Mother
[6th DAY – 13th March 1972 at Nakajima Sports Center, Sapporo, Japan]

ビートルズのUS:モービル・フィデリティ社からのリリース・アルバムを、全てCD化た豪華仕様ボックス・セットが完全限定で。

THE BEATLES / THE COLLECTION :ザ・コレクション (プレス10CD BOX)

名門エンプレス・バレイより、高音質であり今や貴重な音源として有名なUS:モービル・フィデリティ社からのリリース・アルバムを、全てコンパイルした豪華仕様ボックス・セットが完全限定で。
まずアメリカ西海岸に位置するモービル・フィデリティ・サウンド・ラボ社はアナログ・レコードの高音質・品質にこだわり、オリジナル・マスター・テープに残されたデータを限界まで引き出し、モービル社ならではのハイクオリティー・サウンドを追及し、70年代後半からロック、ジャズなど数々の名盤を最高のクオリティーでこの世に送り出すことに。そのモービル社が満を持して1982年に発表したのが、ビートルズのオリジナル・アルバム13枚で、そのすべてを高音質限定ボックス・セットとしCD化。そのオリジナルに忠実ながらも新たな音像としてハイブリッド・サウンドは、今改めて聞いても新鮮であり、しかもまず『サージェント・ペッパーズ』は同社から後にリリースされた、より高音質を目指した激レアの「ウルトラ・モービルUHQR」も収録。
さらに『リボルバー』においてはアナログとは別に、唯一存在するこちらも激レアなMFSLカセット・テープ盤の原盤も追加収録し、そのうえ最後にはシークレット・トラックとして、お蔵入りアルバムも収録されている、まさにこれぞパーフェクト・コレクション。
またボックスの装丁もモービル・フィデリティ社のオリジナル木製ボックスを踏襲して、黒の特殊紙と金箔押しを用いた体裁による豪華仕様ボックスにて。以上、完全限定のコレクターズ・エディションゆえ、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 :[PLEASE PLEASE ME]01) I Saw Her Standing There 02) Misery 03) Anna (Go To Him) 04) Chains 05) Boys 06) Ask Me Why 07) Please Please Me 08) Love Me Do 09) P.S. I Love You 10) Baby It’s You 11) Do You Want To Know A Secret 12) A Taste Of Honey 13) There’s A Place 14) Twist And Shout
[WITH THE BEATLES]15) It Won’t Be Long 16) All I’ve Got To Do 17) All My Loving 18) Don’t Bother Me 19) Little Child 20) Till There Was You 21) Please Mister Postman 22) Roll Over Beethoven 23) Hold Me Tight 24) You Really Got A Hold On Me 25) I Wanna Be Your man 26) Devil In Her Heart 27) Not A Second Time 28) Money

Disc 2 : [[A HARD DAY’S NIGHT]01) A Hard Day’s Night 02) I Should Have Known Better 03) If I Fell 04) I’m Happy Just to Dance with You 05) And I Love Her 06) Tell Me Why 07) Can’t Buy Me Love 08) Any Time at All 09) I’ll Cry Instead 10) Things We Said Today 11) When I Get Home 12) You Can’t Do That 13) I’ll Be Back
[BEATLES FOR SALE]14) No Reply 15) I’m a Loser 16) Baby’s in Black 17) Rock and Roll Music 18) I’ll Follow the Sun 19) Mr. Moonlight 20) Kansas City/Hey, Hey, Hey, Hey 21) Eight Days a Week 22) Words of Love 23) Honey Don’t 24) Every Little Thing 25) I Don’t Want to Spoil the Party 26) What You’re Doing 27) Everybody’s Trying to Be My Baby

Disc 3 :[HELP!]01) Help! 02) The Night Before 03) You’ve Got to Hide Your Love Away 04) I Need You 05) Another Girl 06) You’re Going to Lose That Girl 07) Ticket to Ride 08) Act Naturally 09) It’s Only Love 10) You Like Me Too Much 11) Tell Me What You See 12) I’ve Just Seen a Face 13) Yesterday 14) Dizzy Miss Lizzy
[RUBBER SOUL]15) Drive My Car 16) Norwegian Wood (This Bird Has Flown) 17) You Won’t See Me 18) Nowhere Man 19) Think for Yourself 20) The Word 21) Michelle 22) What Goes On 23) Girl 24) I’m Looking Through You 25) In My Life 26) Wait 27) If I Needed Someone 28) Run for Your Life

Disc 4 : [REVOLVER]01) Taxman 02) Eleanor Rigby 03) I’m Only Sleeping 04) Love You To 05) Here, There and Everywhere 06) Yellow Submarine 07) She Said She Said 08) Good Day Sunshine 09) And Your Bird Can Sing 10) For No One 11) Doctor Robert 12) I Want to Tell You 13) Got to Get You into My Life 14) Tomorrow Never Knows
[REVOLVER MFSL CASSETTE]15) Taxman 16) Eleanor Rigby 17) I’m Only Sleeping 18) Love You To 19) Here, There and Everywhere 20) Yellow Submarine 21) She Said She Said 22) Good Day Sunshine 23) And Your Bird Can Sing 24) For No One 25) Doctor Robert 26) I Want to Tell You 27) Got to Get You into My Life 28) Tomorrow Never Knows

Disc 5 :[SGT. PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND]01) Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band 02) With a Little Help from My Friends 03) Lucy in the Sky with Diamonds 04) Getting Better 05) Fixing a Hole 06) She’s Leaving Home 07) Being for the Benefit of Mr. Kite! 08) Within You Without You 09) When I’m Sixty-Four 10) Lovely Rita 11) Good Morning Good Morning 12) Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band (Reprise) 13) A Day in the Life
[SGT. PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND : UHQR]14) Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band 15) With a Little Help from My Friends 16) Lucy in the Sky with Diamonds 17) Getting Better 18) Fixing a Hole 19) She’s Leaving Home 20) Being for the Benefit of Mr. Kite! 21) Within You Without You 22) When I’m Sixty-Four 23) Lovely Rita 24) Good Morning Good Morning 25) Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band (Reprise) 26) A Day in the Life

Disc 6 :[THE BEATLES]01) Back in the U.S.S.R. 02) Dear Prudence 03) Glass Onion 04) Ob-La-Di, Ob-La-Da 05) Wild Honey Pie 06) The Continuing Story of Bungalow Bill 07) While My Guitar Gently Weeps 08) Happiness Is a Warm Gun 09) Martha My Dear 10) I’m So Tired 11) Blackbird 12) Piggies 13) Rocky Raccoon 14) Don’t Pass Me By 15) Why Don’t We Do It in the Road? 16) I Will 17) Julia
Disc 7 :[THE BEATLES]01) Birthday 02) Yer Blues 03) Mother Nature’s Son 04) Everybody’s Got Something to Hide Except Me and My Monkey 05) Sexy Sadie 06) Helter Skelter 07) Long, Long, Long 08) Revolution 1 09) Honey Pie 10) Savoy Truffle 11) Cry Baby Cry 12) Revolution 9 13) Good Night

Disc 8 :[MAGICAL MYSTERY TOUR]01) Magical Mystery Tour 02) The Fool On The Hill 03) Flying 04) Blue Jay Way 05) Your Mother Should Know 06) I am The Walrus 07) Hello Goodbye 08) Strawberry Fields Forever 09) Penny Lane 10) Baby You’re A Rich Man 11) All You Need is Love
[YELLOW SUBMARINE]01) Yellow Submarine 02) Only a Northern Song 03) All Together Now 04) Hey Bulldog 05) It’s All Too Much 06) All You Need Is Love 07) Pepperland 08) “a” Sea of Time “a” Sea of Holes 09) Sea of Monsters 10) March of the Meanies 11) Pepperland Laid Waste 12) Yellow Submarine in Pepperland

Disc 9 :[ABBEY ROAD]01) Come Together 02) Something 03) Maxwell’s Silver Hammer 04) Oh! Darling 05) Octopus’s Garden 06) Want You (She’s So Heavy) 07) Here Comes the Sun 08) Because 09) You Never Give Me Your Money 10) Sun King 11) Mean Mr. Mustard 12) Polythene Pam 13) She Came In Through the Bathroom Window 14) Golden Slumbers 15) Carry That Weight 16) The End 17) Her Majesty

Disc 10 :[LET IT BE]01) Two of Us 02) Dig a Pony 03) Across the Universe 04) I Me Mine 05) Dig It 06) Let It Be 07) Maggie Mae 08) I’ve Got a Feeling 09) One After 909 10) The Long and Winding Road 11) For You Blue 12) Get Back

本日オープン34年目を迎えました。恒例セールも実施中!

2020年10月1日 Joe’s Garage 34年目となりました。

こんにちは、Joe’s Garageです。いつもありがとうございます。
そして本日10月1日でオープン34年目を迎えるにあたり、
恒例の開店記念セールを実施させていただいてます。
なお今回も店内商品すべて、20%Off とさせていただきます。
まとめ買い等には、この機会を是非ご利用下さい。

◇期間  10月1日(木) -10月8日(木) [8days 12:00 – 20:00]
◇Sale価格 * USED & NEW アイテム ALL 20%OFF
(中古、新品CD&LP、コレクターズCD&DVD、Tシャツなど店内商品すべて)
なお中古アナログ、CDは連日追加放出していまして、特にレコードは
現品限りとなりますのでお早めに。

1986年10月1日、北白川の京大近くでオープンし、本日34年目を迎えることが出来ました。ここで改めて皆様にお礼申し上げます。どうもありがとうございました。
なおご遠方の方で当方のホームページの商品をご希望される方には、直接お電話やメールでもご注文をお受けしていますので、お気軽にご連絡いただけたら幸いです。

そして京大農学部近くで23年、そして現在の四条高倉でも11年を過ぎました矢先、この2020年は本当に想定外のとんでもない年になってしまいました。これまでにも1986年以降で言えば、京都にいながらでも大きな揺れを感じた阪神淡路大震災、そして今もまだ記憶に新しい東日本大震災と、自分たちの人生の中でもあまりに大きな試練を経験してきて、もうそれら以上の大変なことは無いであろう。。と、それは自分の勝手な思いだったようです。
そしてここ京都においては当ショップも含めて、やはり近年海外からのお客さんの割合が年々増え続けていたことで、街の景色もそれが日常となっていたのが、この半年でその様相も全く様変わりしてしまいました。いや正確に言えばひと昔前の京都に戻ったという感覚の方が正しいのかもしれません。ただ観光都市としての京都はコロナの影響でここ数年とは違った街と化し、そのことが都市の繁栄、市民の生活に多大な被害を与えていることは間違いなく、今後どのような形でそれまでの日常を取り戻すべきか、これからが長い闘いになると思います。
それでも季節は平常通り訪れ今日も穏やかな秋晴れの京都でした。これからまた深まる秋から冬、年が明け寒さに耐え忍んだ後に春がやってきて。。そんな平穏な日常をなんとか過ごせるよう、今の状況を真摯に受け止めつつ、まずは今を大事に過ごすべきかと。
そしてまた来年は無事35年目を迎えられるよう、また今後ともどうぞよろしくお願いします。
—————————————-
〒604-8124
京都市中京区帯屋町572
フサヤビル 2F Joe’s Garage
tel. 075-241-0277 fax.075-253-2670
http://www.jgarage.com
info@jgarage.com

KISS貴重な2016年のスペシャル・ライブを、完全フル・マトリックスし永久保存プレス2CDにて。

KISS / Set Durant On Fire! :チョクトーの狂犬 (プレス2CD)

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルからの海外公演タイトルとして、2016年1月29日アメリカ、オクラホマのデュラントでのスペシャル・ライブを、ポールとジーンがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックスし、永久保存プレス2CDにて。
すでに同レーベルおなじみのマルチIEMマトリクス・ソースによるもので、近年さらに使用機材・マスタリング環境といった、サウンド・ファクターが飛躍的な進化を遂げたことに加えて、ポールとジーンが使用していたそれぞれミックス・バランスの異なるモニター・ソースに、プロユースによる絶妙のオーディエンス・ソースを配合ステレオ・ミックスすることで、一部MC箇所などでマスターに起因するノイズが僅かに発生する以外は、ステレオ・サウンドボード音源レベルのクオリティーにて。

そしてこのライブは途中のMCでポールも語っているように、まず前年までは来日公演も大盛況だった、2014-15年の40周年記念ツアーと、この2016年夏に行われた「Freedom to Rock」北米ツアーの合間のオフ期間に敢行された一夜限りの激レア・ライブで、場所はインディアン準州の異名を持つオクラホマ州の南端に位置する小都市デュラント。しかもその同都市をテリトリーの首都とするネイティブ・アメリカンのチョクトー族が運営するカジノ内のホールが会場で、これはKISSのライヴとしては破格の小規模なもので、ライヴハウスでのシークレット・ギグに近い感覚ゆう、とにかくサウンドの近さと臨場感は、とてもKISSとは思えないもの。
よってカジノ・フロア全体が揺れ動くような轟音とむせかえるような熱気、しかもパイロ・システム等は通常と同様ゆえ、その迫力はすさまじいまで伝わってくるかのよう。
そしてライブ自体もツアーとは違ったショーでありつつ、ほぼフル・セットによるもので、中でも『地獄の軍団』収録のキラー・チューン「Flaming Youth」などは、この後の夏からの「Freedom to Rock」ツアーからはセットリストに定着するものの、この時点では久しくライブ演奏されておらず、もったいぶった感のあるポールの曲紹介MCから一呼吸置いて演奏されるや、会場からも歓喜の雄叫びが。また他にも「Creatures of the Night」などのレア・ナンバーを含め、貴重なワンナイト・ライブをオフィシャル・クオリティーで聞けるという、全ファン必携の限定コレクターズ・エディション。
*なお100セット完全限定、日本語帯つき仕様の完全限定プレス2CDゆえ、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 : 01. Opening 02. Detroit Rock City 03. Deuce 04. Psycho Circus 05. Creatures of the Night 06. I Love It Loud 07. War Machine 08. Flaming Youth 09. Calling Dr. Love 10. Hell or Hallelujah / Let Me Know / Guitar and Drums Solos
Disc 2 : 01. Lick It Up 02. Bass Solo 03. God of Thunder 04. Cold Gin 05. Love Gun 06. Black Diamond –encore- 07. Shout It Out Loud 08. I Was Made for Lovin’ You 09. Rock and Roll All Nite 10. Closing (God Gave Rock ‘N’ Roll to You II)
[Live at Choctaw Grand Theater, Durant, OK, USA 29th January 2016 : XAVEL ORIGINAL MASTER : Multiple Stereo IEM Sources Matrix Recording]

オアシス幻のアコースティック・ライブ・アルバムが、2020年最新リマスタリングにより、限定ロー・プライス、プレス2CDにてここに。

OASIS / LITTLE JAMES : ACOUSTIC COLLECTION (プレス2CD)

2007年に『LITTLE JAMES with STAY YOUNG…』のタイトルでリリースされるも、即ソールド・アウトで入手困難だったアコースティック・ライブ・アルバムが、2020年最新リマスタリングにより、限定ロー・プライス、プレス2CDにてここに。
まず2007年にリリース当時、3rd&4thアルバムからのアコースティック・ライブ音源を含みつつ、かつ「Little James」や「Rock ‘n’ Roll Star」などのアコースティック音源が8曲も含まれていることも話題になり、発売すぐに完売。そしてその前後には「Working Class Hero」、「The Acoustic Sessions Vol.1」、「The Acoustic Sessions Vol.2」、「Acoasis 1」、「Acoasis 2」等のタイトルでも似たようなアイテムは流通していたものの、内容・クオリティー的には遠く及ばず、現在でも入手困難ということもありオークション等で高値で取引されているのが現状。
そこで今回その名タイトルがやっと新規SUPERSONIC レーベルからリリシューの運びとなり、しかも単にそのままの焼き直しではなく、既発で指摘されていたトラックごとのヴォリュームや音色の違い、DJのMCのカブリなどを可能な限り解消すべく、全トラックをそれぞれ修正リマスタリングを施し、そのうえ曲間の不均一や尻切れ部分の編集に加えて、DJトークの部分も極力ヴォリュームを調整することで耳障りにならないよう配慮。
よってすでに同タイトルを保持しているファンにも改めてオススメできる、これぞ決定盤というタイトルで、さらに内容においてはこの当時まではほとんど流通していなかった「Little James」や「Rock ‘n’ Roll Star」、そしてアコースティックといえばノエルのボーカル・ナンバーはもちろん、2020年 6月、UKチャート1位を獲得した『MTV Unplugged』で完全復活を期待させる、リアムのボーカルによる「Whatever」「Digsy’s Dinner」「Songbird」「Supersonic」なども聴くことができるというファン必携のレア・コレクターズ・エディション。
また余談ながら、裏ジャケに記されたジョージ・マーティンの「I consider Noel Gallagher to be the finest songwriter of his generation.」というコメントは、弾き語りだからこそ際立つオアシスの楽曲のメロディの魅力をあらわした、この作品に相応しいコメントも表記。以上、今回も完全限定、永久保存プレスCD仕様ゆえ、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 : 01.Whatever / 02.Half The World Away / 03.Don’t Look Back In Anger / 04.Digsy’s Dinner / 05.D’You Know What I Mean? / 06.Stay Young / 07.Angel Child / 08.Don’t Go Away / 09.Little James / 10.Songbird / 11.Sad Song / 12.Talk Tonight / 13.Live Forever / 14.Sunday Morning Call / 15.You’ve Got To Hide Your Love Away / 16.Don’t Look Back In Anger / 17.Wonderwall / 18.Whatever
Disc 2 : 01.Rock ‘n’ Roll Star / 02.Cast No Shadow / 03.Stand By Me / 04.Married With Children / 05.Chipper S.O.B. / 06.Wonderwall / 07.Goodbye Cruel World / 08.Settin’ Sun / 09.Gas Panic! / 10.Live Forever / 11.Who Feels Love? / 12.Supersonic / 13.Magic Pie / 14.Underneath The Sky / 15.The Masterplan / 16.Shakermaker / 17.Stand By Me / 18.Morning Glory / 19.Supersonic

[Legendary Original Compilation Album of Acoustic Sessions : Stereo Soundboard Recording : Originaly 24bit Digital Remaster]
◇Liam Gallagher (vocals) Noel Gallagher (guitar, vocals) Paul Arthurs (keyboards) Alan White (tambourine) Gem Archer (guitar) Andy Bell (guitar)

ストーンズ・ファン必携のDACレーベルより、アーサー・コリンズのレア音源シリーズ第3弾も登場。

ROLLING STONES / THE INCREDIBLE ART COLLINS TAPES VOL.3 (プレス2CD)

ストーンズ・ファン必携のDACレーベルより、近年話題のアーサー・コリンズが所有していた膨大な数のレア音源を、収録アルバムごとのセッション音源のオリジナル・テープを、収録順にコンパイルしたシリーズ第3弾が登場。
まず2014年に突如「THE FABULOUS CUTS」というタイトルで、アルバム「SOME GIRLS」から「TATTOO YOU」までの時期のトータル30曲の未発表トラックが各30秒の長さで流通したことが話題に。これは70年代初めにローリング・ストーンズ・レコードのパブリシティ・マネジャーとしてキャリアをスタートさせ、最終的には副社長にまでになった、アーサー・コリンズが所有していた膨大な数のレア音源が、近年WEB上などで公開されたことで陽の目を見ることに。そして彼がレコーディングにも最も関わった過程の中で、「THE FABULOUS CUTS」の完全版とも言うべき音源集が本シリーズで、トータルで約12時間にも及ぶこの歴史的音源を、オリジナル・テープの収録順に整理して収録していくのが、今回Dog’N’Catの新シリーズ。
そしてこの第3弾も前2タイトル続き、アルバム『アンダーカバー』レコーディング時のスタジオ・レコーディング・テイクを、全編エクセレントなステレオ・サウンドボード音源をキープしており、イコライジングやリマスタリングを施した既発の流通CDとは異なる仕上がりにて。なおこれまでの2タイトルが1982年フランス、パテ・マルコニ・スタジオでのテイクだったのが、ここからは翌1983年4月スタジオをバハマのコンパス・ポイント・スタジオに移してからのテイクとなっており、アート・コリンズ・テープのテープ・ナンバーとしては、No.19、No.22、No.23からの収録にて。
なお、No.19の原本には冒頭に「(Nanker Phelge」、「Claudine」、「I Can See It」、「We Had It All」、「Let’s Go Steady」、「Aladdin Story」の6曲が収録されていた中、これらはアナログ・ブートの「Accidents Will Happen」(EVA Records)から起こした荒い針起こしの音質で収められていて、これらは「Accidents Will Happen」(ヴィニール・ギャング:VGP-370)にて、すでに完璧な音質でCD化されているのでここではオミット。
そして今回の目玉はこれまで完全未発表の「Too Much Blood」の12incヴァージョンの、制作過程をほぼ完全収録したものと思われるリミックス・セッション・テープの収録で、これはおそらくアメリカの人気DJ、アーサー・ベイカーがストーンズ側からの依頼で作成したものと言われており、1984年末にオフィシャル・リリースされた12inch盤では聞くことの出来ないパートを大量に収録した激レア音源にて。
さらにdisc:1に収録の「Dance pt.1」、「I Think I’m Going Mad」のエモーショナル・レスキュー・セッションからの2曲は新ミックスで、「She Was Hot」も同テイクが存在するも、はるかにクオリティーUPしており、そして「Undercover Of The Night」の2バージョンも既発とは異なるオルタネイト・ミックスにて。
最後にジャケ・デザインは「Too Much Blood」の12inch盤に使用されたPVのスチール・フォトを使用しており、不気味な雰囲気のショットが曲調、収録内容と見事にマッチ。
なお今後も本シリーズではこの貴重な「ART COLLINS TAPES」音源を、最良のレストア&リマスタリングにてリリースして行く予定ゆえ、ファンとしてはすべて必携のコレクターズ・エディション。

DISC 1 : 1 Dance pt.1 (from Emotional Rescue Sessions 1979) 2 I Think I’m Going Mad 3 She Was Hot (withdrawn 12″ version) 4 Too Much Blood (diff. than DAC-181) 5 Undercover Of The Night (Short Dub) 6 Undercover Of The Night (Long Dub) 7 Too Much Blood (breakdown) 8 Too Much Blood (complete) 9 Too Much Blood (complete but short) 10 Too Much Blood (complete) 11 Too Much Blood (breakdown) 12 Too Much Blood (diff. than DAC-181 incomplete) 13 Too Much Blood (diff. than DAC-181 incomplete)
DISC 2 : 1 Too Much Blood (complete) 2 Too Much Blood (complete) 3 Too Much Blood (instrumental, complete) 4 Too Much Blood (complete) 5 Too Much Blood (complete) 6 Too Much Blood (complete) 7 Too Much Blood (complete) 8 Too Much Blood (complete)

[Recorded at Nassau, Bahamas, Compass Point Studios : April 1983 , Early May – 9th May & Mid May – Late May, 1983, The Hit Factory : disc 1 track7-13 never released : disc 2 all track never released]

プリンスのアーカイブ・シリーズより、2000年以降のデジタル配信や、ストリーミング・オンリーでリリースされたレア音源をコンパイルしたタイトルが登場。

PRINCE / PURPLE AND GOLD (プレス2CD)

プリンスのアーカイブ・シリーズより、2000年以降のデジタル配信や、ストリーミング・オンリーでリリースされたアルバム未収録曲をコンパイルし、限定ロー・プライス、プレス2CD仕様にて。
まず2000年代以降、プリンス自らがレコード契約に縛られずにデジタル配信やNPGクラブにて、限定ストリーミング等で新曲や未発表曲を積極的にリリースしてきたものの、本人の突然の死によりそのほとんどがアルバム形式でのリリースがないままで、おそらく今後もアルバム・フォーマットとして制作されることは無い見込みに。
そうしたアルバム未収録曲をまとめた、後期プリンスのレア音源集大成といえるのが本タイトルで、ラジオ公開された「PURPLE AND GOLD」や「CAUSE AND EFFECT」や「TURN ME LOOSE」、また3rdEyeGirl名義での数多くの未発表トラックをはじめ、映画のサントラやトリビュート、さらにチャリティー・シングルまで、全35曲をニュー・リマスターにより収録。プリンスならではの個性溢れるファンクからスロー・バラード、ポップ・ソングにR&Rナンバーまで、すべて必聴の優良トラックばかりで、現在ではWEBサイトからの配信が無い音源も多数ゆえ、今回もファン必携の限定コレクターズ・エディション。

Disc 1 : 1. PURPLE AND GOLD (Minnesota Vikings 2010) 2. ROCK’N’ROLL IS ALIVE! (AND IT LIVES IN MINNEAPOLIS) (Single 1995) 3. FREE URSELF (Download Single 2015) 4. IF EYE COULD HAVE YOUR ATTENTION (Re-Recording 2015) 5. THE SONG OF THE HEART (Happy Feat Movie 2006) 6. F.U.N.K (Download Single 2007) 7. ONE SONG (Short Version Streaming 2001) 8. CYBERSINGLE (Download Single 2000) 9. BALTIMORE (Download Single 2015) 10. FALLINLOVE2NITE (feat.Zooey Deschanel / Download Single 2014) 11. WHAT IF (3rdEyeGirl Download 2015) 12. THAT GIRL THANG (3rdEyeGirl Download 2013) 13. LIVE OUT LOUD (3rdEyeGirl Download 2013) 14. AIN’T GONNA MISS U WHEN U GONE (3rdEyeGirl Download 2013) 15. MENSTRUAL CYCLE (3rdEyeGirl Download 2013) 16. OCTPUS HEART (3rdEyeGirl Download 2013) 17. DA BOURGEOISE (3rdEyeGirl Download 2013)

Disc 2 : 1. CAUSE AND EFFECT (Minnesota Radio Station 2010) 2. HOT SUMMER (Streaming 2010) 3. RICH FRIENDS (Streaming 2010) 4. SAME PAGE DIFFERENT BOOK (3rdEyeGirl Download 2013) 5. BOYFRIEND (3rdEyeGirl Download 2013) 6. MADRID 2 CHICAGO (NPG Music Club 2002) 7. BREATHE (NPG Music Club 2002) 8. MAGNIFICENT (NPG Music Club 2004) 9. PURPLE HOUSE (Tribute To Jimi Hendrix 2004) 10. UNITED STATES OF DIVISION (NPG Music Club 2004) 11. SILVER TONGUE (NPG Music Club 2004) 12. GLASSCUTTER (NPG Music Club 2009) 13. S.S.T. (Hurricane Katrina Charity Single 2005) 14. BRAND NEW ORLEANS (Hurricane Katrina Charity Single 2005) 15. THE MORNING AFTER (Lotusflow3r Download 2009) 16. TURN ME LOOSE (KJLH Radio Broadcast 2008) 17. IN A LARGE ROOM WITH NO LIGHT (Streaming Montreux Jazz Festival 2009) 18. ROCK AND ROLL LOVE AFFAIR (Original Mix – Single 2012)

[DOWNLOAD AND STREAMING COMPILATION : NEW REMASTERS COLLECTOR’S EDITION 2020]