Skip to content

Joe's Garage BLOG Posts

ゼップ・ファン必携の名門エンプレス・バレイより、マイク・ミラード『LISTEN TO THIS, EDDIE』の、豪華限定セットが登場。

LED ZEPPELIN / LISTEN TO THIS, EDDIE : EVSD MASTERED EDITION (プレス7CD)

ゼップ・ファン必携の名門エンプレス・バレイより、あのマイク・ミラードの『LISTEN TO THIS, EDDIE』が、2020年ついに初発掘されたマスター・オリジナル・テープに、レーベル独自の修正とリマスターを施し、さらに同タイトルのレア・アイテムをセットにし、ホログラム箔押加工による豪華ジャケットにて完全100セットのみ限定リリース。
まず2020年以降遺族により続々と公開されているミラード・テープのオリジナル・マスターから、遂に実現したマスターからの収録による『LISTEN TO THIS, EDDIE』。そしてもはや説明不要の名演中の名演であり、名録音でも知られる1977年USツアーの6月21日LAフォーラム初日公演のこのマスター・ソースは、単にマスター・テープからというだけでなく、これまでの流通バージョンはロー・ジェネレーションだとしてもVHSを経由したコピーであり、そこにドルビーがオンな状態でもあったのが、マスターはそれがオフな状態ゆえ、ゆはり鮮度やクリアネスは別物。
因みに過去出回っていたミラード音源はそうしたVHS経由のコピーが大半だったわけで、それらはあるテーパーが晩年のミラードからトレードしてもらったものらしく、この頃になるとミラードは相当に偏屈で、マスターからのコピーではなくバックアップ用に自分でこしらえたファースト・ジェネレーションからVHSに落としてもらったのだと言う説も。
そのような経緯もありつつ、2020年秋、遂にマイク・ミラードの最高傑作かつゼップ1977年の最高の名演がマスターで聞けるという歴史的な出来事となり、そしてそのマスター・テープにエンプレス・バレイ独自のマスタリング処理にて、クオリティー向上はもちろん欠損箇所もきちんと補填し、最後まで違和感なくこの名演を堪能できることに。
さらに今回、エンプレス・バレイの現在入手困難アイテム『I DID LISTEN TO THIS, JIMMY (3CD : EVSD-1396/1397/1398』と、JESUE限定ボックスのみに付属していた「CANDY STORE ROCK」(国内盤7inchシングル・ジャケット再現紙ジャケット仕様)もプラス。
いずれも今ではほとんど流通していないレア・アイテムであり、完全限定100セット・アイテムゆえ、ご希望の方はお早目に。

Disc 1 : 1. The Song Remains The Same 2. Sick Again 3. Nobody’s Fault But Mine 4. Over The Hills And Far Away 5. Since I’ve Been Loving You 6. No Quarter
Disc 2 : 1. Ten Years Gone 2. The Battle Of Evermore 3. Going To California 4. Black Country Woman 5. Bron-Y-Aur Stomp 6. White Summer 7. Black Mountain Side 8. Kashmir
Disc 3 : 1. Out On The Tiles / Moby Dick 2. Heartbreaker 3. Guitar Solo 4. Achilles Last Stand 5. Stairway To Heaven 6. Whole Lotta Love 7. Rock And Roll
[Mike Millard Master Tapes EVSD MASTERED : Recorded at The Forum, Inglewood, Los Angeles, California, USA 21st June 1977]

Disc 4 : 1. The Song Remains The Same 2. Sick Again 3. Nobody’s Fault But Mine 4. Over The Hills And Far Away 5. Since I’ve Been Loving You 6. No Quarter
Disc 5 : 1. Ten Years Gone 2. The Battle Of Evermore 3. Going To California 4. Black Country Woman 5. Bron-Y-Aur Stomp 6. White Summer 7. Black Mountain Side 8. Kashmir
Disc 6 : 1. Out On The Tiles / Moby Dick 2. Heartbreaker 3. Guitar Solo 4. Achilles Last Stand 5. Stairway To Heaven 6. Whole Lotta Love 7. Rock And Roll [I DID LISTEN TO THIS, JIMMY (EVSD-1396/1397/1398) : Recorded at The Forum, Inglewood, Los Angeles, California, USA 21st June 1977]

Disc 7 : 1. CANDY STORE ROCK

名門エンプレス・バレイより、ポールの1973年UKツアー、7月10日ニューキャッスルでのライブを、公式アセテート盤を使用し、さらに激レア・ライブ音源も付属した決定盤がここに。

PAUL McCARTNEY & WINGS / WINGS OVER NEWCASTLE (プレス2CD)

名門エンプレス・バレイより、1973年UKツアーにおける、7月10日ニューキャッスル・シティ・ホールでのライブを、完全初登場となる公式アセテート盤音源を使用したサウンドボード音源に、さらに限定で激レア・ライブ音源『OVER EUROPE』をボーナスで付属した決定盤がここに。
まず1973年は2回に分けてUKツアーを行っていた中、このセカンド・レグはオフィシャル・ライブ盤の発売も予定されていたので、公式ライブ・レコーディングも行われており、その中でもこのニューキャッスル公演はアナログ時代より多数の音源が流出してきた中、今回2021年になった完全初登場となる公式アセテート盤音源が奇跡的に発掘され、海外オークションに出されたその原盤をマスターに作製されたのが本タイトル。
そしてアセテートだけに過去流通とはそのクオリティーはケタ違いの最高音質バージョンで、しかも前半5曲”WILD LIFE”までは、今回完全初登場となるニュー・マスターとなっており、そのあたりはEMI公式のワンサイド・カッティング・アセテート盤なのだから当然と言えば当然。
そしてセットリストもこのツアー独特のもので、まずいきなり未発表曲「Soily」で始まるのも驚きの中、リリースされたばかりの『RED ROSE SPEEDWAY』のナンバーを中心に演奏しているのも特長。因みにウイングスを本格軌道させ始めたこの時期、ポールはダブル・アルバムに足るマテリアルをレコーディングしたと云われ、おそらくこの1973年ツアーで演奏されて、いまだ未発表の曲がそのお蔵入となった曲であると推測されることに。また初期の小規模なツアーらしく、後のパッケージ・ショーとは異なった全体的にルーズな空気が支配しているコンサートであるのも特徴。
さらに初回限定で、初期ウイングスのレア・ライブ音源をサウンドボードでコンパイルした『OVER EUROPE』を、ボーナスCDでプラス。
こちらもファンなら周知の初期ウイングスを語るに外せない禁断(?)のレア音源で、当時ポールがウイングスを率いて初めて行ったツアーは、地方の大学をバスで回りサプライズ・ギグを行なっていた1972年から1973年で、これまで最も音源が流通していなかった中で、近年その貴重な音源が一部で入手できるようになるものの、すぐ入手困難となることに。
よって入手できなかった多くのファンの要望でリリースされた特異タイトルゆえ、こちらも手に入れられなかった方にはオススメの、限定100セットのみの紙ジャケット仕様ゆえ、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 : 01. Introduction 02. Soily 03. Big Barn Bed 04. When The Night 05. Seaside Woman 06. Wild Life 07. Little Woman Love 08. C Moon 09. Little Woman Love (reprise) 10. Maybe I’m Amazed 11. My Love 12. Live And Let Die 13. Go Now 14. The Mess 15. Hi Hi Hi 16. Long Tall Sally
[Recorded at City Hall, Newcastle, UK 10th July 1973 : from EMI Master Acetate : soundboard recording]

Limited Bonus Disc : 01. Big Barn Bed [Live In Newcastle/1973] 02. Eat At Home [Live At The Hague/1972] 03. Smile Away [Live In Berlin/1972] 04. Bip Bop [Live At The Hague/1972] 05. Mumbo [Live In Antwerp/1972] 06. Blue Moon Of Kentucky [Live At The Hague/1972] 07. 1882 [Live In Berlin/1972] 08. I Would Only Smile [Live In Antwerp/1972] 09. Give Ireland Back To The Irish [Live In Groningen/1972] 10. The Mess [Live In Berlin/1972] 11. Best Friend [Live In Antwerp/1972] 12. Soily [Live In Berlin/1972] 13. I Am Your Singer [Live At The Hague/1972] 14. Seaside Woman [Live In Groningen/1972] 15. Wild Life [Live At The Hague/1972] 16. My Love [Live At The Hague/1972] 17. Mary Had A Little Lamb [Live At The Hague/1972] 18. Maybe I’m Amazed [Live In Groningen/1972] 19. Hi, Hi, Hi [Live At The Hague/1972] 20. Long Tall Sally [Live In Groningen/1972]

ストーンズ各メンバーのソロ・ワークの貴重な音源を、全編サウンドボードでコンピレーション。

ROLLING STONES / RARITIES I : LOST AND FOUND (6CDR+1DVDR)

2021年は驚きの未発表トラック集『FULLY FINISHED OUTTAKES』が世界中のファンの間で話題となった中、本タイトルはストーンズの各メンバーのソロ・ワークをメインとした、選りすぐりの貴重なコラボ音源を、全編マスター・クオリティー、サウンドボード音源でコンピレーションした究極のアイテムのパート1。
年代やレコーディング・メンバーは順列されていないものの、すべてそれぞれのソロ・ワーク等でレコーディングされた未発表音源や別テイク、オルタネイト・ヴァージョンなどで構成されており、今や入手困難な音源も多数ゆえ、こういう形でまとめて聴けることはファンとてしては嬉しい限り。
さらに初回100セット限定で、1972年の北米ツアーを記録したあの幻のドキュメンタリー映画「コックサッカー・ブルース」を収録したDVD-Rをプラス。
こちらはファンなら周知の、まずオフィシャル発売されないであろう、永遠のコレクターズ・アイテムであり、ストーンズ・ファンなら説明不要な本作品を94分無修正ノー・カット・ヴァージョンにて。
有名なキース&ボビーのTV投げ、専用飛行機での乱痴気騒ぎ、ドラッグ、セックスに溺れるスタッフやグルーピー(後にヤラセと発覚)等、狂気に満ちた極悪USツアーの裏側は、あの「オルタモントの悲劇」どころではないヤバいシーンのオンパレードで、それだけでなく、ステージ・シーンもスティーヴィー・ワンダーとのジョイントを含む、世界最高のR&Rバンドと賞された時期の鳥肌ものライブがここに!!

DISC 1 : 01. Deep Down Under / 02. Mystery Train / 03. You Are On My Mind / 04. Loving Cup / 05. You Shook Me / 06. Title One / 07. Oh Lord, Don’t Let Them Drop That Atomic Bomb On Me / 08. Out Of Time / 09. Bitch / 10. Trouble No More / 11. Tonight At Noon / 12. Fortune / 13. I’ve Been Loving You Too Long / 14. Blues In England / 15. Stomp
[Credit : 01. Mick Jagger – 1988 / 02. Bill Wyman Aka Willie & The Poor Boys – 1993 / 03. Ronnie Wood & The Birds – 1966 / 04. Keith Richards & Peter Frampton / 05. Mick Taylor – 1996 / 06. Ron Wood & Bobby Keys – 1972 / 07. Keith Richards & Charlie Watts With Chuck Leavell, Bobby Keys And Bernard Fowler – 1992 / 08. Mick Jagger With Chris Farlowe – 1969 / 09. Mick Taylor With Herbie Mann – 1974 / 10. Mick Jagger & Keith Richards With The Late Jimmy Rogers – 1997 / 11. Charlie Watts & The Uptown Horns – 1992 / 12. Mick Taylor & Carla Olson Feat. Ian McLagan – 1993 / 13. Mick Jagger – 1993 / 14. Charlie Watts & Ben Sidran – 1971 / 15. Mick Jagger – 1998]

DISC 2 : 01. Happy / 02. Fallen Angel / 03. Don’t Start Me To Talkin’ / 04. Great Western Boogie / 05. Highway 61 Revisited / 06. The Last Time / 07. Racketeer Blues / 08. My Baby Gives It Away / 09. Layla / 10. Dead Giveaway / 11. Baltimore / 12. It’s Only Rock ‘N’ Roll / 13. Melody / 14. Tombstone Blues
[Credit : 01. Keith Richards & Sheryl Crow – 1999 / 02. Ron Wood With Alvin Lee – Guitar Slide – Ron Wood – 1973 / 03. Mick Jagger & Keith Richards With Jimmy Rogers – 1997 / 04. Charlie Watts & Ian Stewart – Live in Swindon, England – 1978 / 05. Mick Taylor & Bob Dylan Feat. Ian McLagan – Live in Newcastle 1984 / 06. Julian Jones (Brian’s Son) – 1994 / 07. Mick Jagger & Chris Jagger – 1996 / 08. Charlie Watts With Pete Townshend & Late Ronnie Lane – 1977 / 09. Mick Taylor With Herbie Mann – 1st Guitar Solo: Mick Taylor -2nd Guitar Solo: Albert Lee – 1974 / 10. Ron Wood With Ringo Starr – 1981 / 11. Lisa Fischer – 1998 / 12. Mick Jagger & Keith Richards With Various – 1999 / 13. Bill Wyman’s Rhythm Kings – Live in Hamburg 1997 / 14. Keith Richards, Sheryl Crow & Various – Guitar: Keith Richards – Guitar [Solo]: Eric Clapton – Live 1999]

DISC 3 : 01. Richmond / 02. Out Of Focus (Whatstax Version) / 03. How I Wish (Instrumental) / 04. Justice / 05. Swindon Swing / 06. No Expectation / 07. One Ugly Child / 08. Bush Doctor / 09. Woody’s Things / 10. Don’t Look Back / 11. Stuff / 12. It’s Only Rock ‘n’ Roll / 13. Tonight’s Number
[Credit : 01. Ron Wood & Ronnie Lane – 1971 / 02. Mick Jagger – 1992 / 03. Keith Richards – 1988 / 04. Mick Taylor & Carla Olson Feat. Ian McLagan – 1993 / 05. Charlie Watts & Ian Stewart With Rocket 88 – 1981 / 06. Mick Jagger & Lenny Kravitz – 1991 / 07. Ian Stewart & Downliners Sect – 1964 / 08. Keith Richards & Peter Tosh – 1972 / 09. Ron Wood & Ian Stewart – 1972 / 10. Mick Jagger & Peter Tosh – 1972 / 11. Bill Wyman’s Rhythm Kings – Hamburg, 1997 / 12. Mick Jagger’s Remix – 1999 / 13. Ron Wood & Bobby Keys With Ronnie Lane Feat. Ian McLagan – 1972]

DISC 4 : 01. Down In The Bottom / 02. Handful Of Dust / 03. Red Rooster / 04. Rocket 88 / 05. Say It’s Not You / 06. Glamour Boys / 07. It’s Not Easy / 08. Let Me Hold You Tight (Take 1) / 09. Goin’ Away Baby / 10. Funky Funky Living / 11. More Love / 12. It’s Only Rock ‘n’ Roll (Full Length Version) / 13. We Will Shine / 14. Motorvatin’ Mama
[Credit : 01. Bill Wyman’s Rhythm Kings – 1997, Live in Hamburg / 02. Mick Jagger & Chris Jagger Feat. Bobby Keys – 1973 / 03. Mick Taylor & The Late Gerry Groom – 1993 / 04. Charlie Watts – 1978, Live in Swindon / 05. Keith Richards – 1979 / 06. Mick Jagger & Living Colour – 1988 / 07. Ron Wood & Keith Richards With Charlie Sexton – 1984 / 08. Mick Taylor & The Late Guido Toffoletti – 1985 / 09. Mick Jagger & Keith Richards With The Late Jimmy Rogers Feat. Johnny Johnson – 1999 / 10. Bobby Keys & Kracker – 1973 / 11. Keith Richards & Feargal Sharkey – 1988 / 12. Mick Jagger & Keith Richards With Various – 1999 / 13. Ron Wood , Bass With Mylou Le Fevre Feat. Alvin Lee -1973 / 14. Bill Wyman’s Rhythm Kings – 1997, Live in Hamburg]

DISC 5 : 01. Waiting For The Cell / 02. Don’t Tear Me Up / 03. Chagall / 04. That’s The Way God Planned It (Alternate Version) / 05. She’s Got A Thing Going On / 06. I Shall Be Released / 07. Truly / 08. State Of Shock (Instrumental Version With Vocal Effects) / 09. My Little One (Take 1) / 10. World Of Pain / 11. How I Wish (Second Take) / 12. Nuclear Reactions / 13. Roll ’em Pete
[Credit : 01. Charlie Watts Feat. Jack Bruce – 1981 / 02. Mick Jagger – Saturday Night Live NY 1993 / 03. Bill Wyman – Performer The London Symphony Orchestra – 1993 / 04. Keith Richards, Bass With Billy Preston Feat. Ginger Baker – 1969 / 05. Mick Taylor, Guitar With Sunnyland Slim – 1968 / 06. Ron Wood, Guitar With The Band & Various – 1978 / 07. Keith Richards & Ian McLagan – 1979 / 08. Mick Jagger & Michael Jackson – 1980 / 09. Brian Jones & Jimi Hendrix – 1968 / 10. Mick Taylor & Carla Olson – 1993 / 11. Keith Richards – 1992 / 12. Bill Wyman – 1982 / 13. Charlie Watts With Rocket 88 – 1981]

DISC 6 : 01. Sweet Thing / 02. All Along The Watchtower / 03. Shuffling The Boogie / 04. Blowin’ In The Wind / 05. Marianne Faithfull Performs And Talks About The Writing Of “Ruby Tuesday” / 06. It’s All Over Now / 07. You Don’t Love Me / 08. Ten Years Ago / 09. I Can’t Be Satisfied / 10. I Put A Spell On You / 11. You Know My Name – Full Length Version / 12. Layla / 13. Leather Jacket / 14. Satisfaction
[Credit : 01. Mick Jagger – Saturday Night Live, 1993 / 02. Brian Jones, Percussion With Jimi Hendrix – 1968 / 03. Charlie Watts With Bob Hall & George Green – 1978 / 04. Keith Richards , Guitar With Marianne Faithfull – 1964 / 05. Marianne Faithfull / 06. Brian’s Son Julian – 1995 / 07. Ron Wood, The Birds – First single, 1966 / 08. Bill Wyman With Buddy Guy & The Late Junior Wells – Montreux 1974 / 09. Mick Taylor & Gerry Groom – 1993 / 10. Keith Richards & Screaming Jay Hawkins – 1979 / 11. Brian Jones With The Beatles / 12. Ron Wood With Eric Clapton – 1973 / 13. Mick Taylor’s New Electric Band – Live in New York 1978 / 14. Nicky Hopkins – 1966]

Limited Bonus-DVDR : COCKSUCKER BLUES / Robert Frank Film /  PRO-SHOT COLOUR NTSC Approx.94min]
-Follow the Rolling Stones on their 1972 North American Tour and their first return to the States since the tragedy at Altamont-

名門エンプレス・バレイより、オアシス・コレクターズCDの金字塔イテムである「J.I.L.Y.」が、新発掘のパーフェクト・サウンドボード・マスターを用い、完全限定仕様にて。

OASIS / J.I.L.Y : PERFECT EDITION (プレス2CD)

名門エンプレス・バレイより、オアシス・コレクターズCDの中でもベスト・アイテムである「J.I.L.Y.」が、過去最高クオリティーのパーフェクト・サウンドボード・マスターから、単一のマスターでフル収録を実現し、完全限定豪華紙ジャケット仕様にて。
1996年クリエイションレーベルからのプロモ・オンリー・アルバムの、アンオフィシャル・ライブ・アルバムとして出回った本タイトルは、過去幾度かリリースされるも、既発盤は全て複数の音源が使用されており、好クオリティーではあったものの、後半パートは少し音質が劣りつつそれでも完全盤として編集されてきたのが現状。
そんな中で2021年に入り奇跡的に発掘された、ベスト・クオリティーと断言できる最初から最後までひとつのオリジナル・サウンドボード・マスターでフル収録したのが本タイトルで、しかも音の良いと言われている前半部の音質よりも、さらに全編グレード・アップしたパーフェクト・サウンドにて。
そしてその内容は周知の通り、1996年UKツアーからの3月19日ウェールズ、カーディフ公演からで、そのセットリストもその後プレイされることのない初期ナンバーも多数。また本国でのライブということもありバンド、オーディエンスともノリ、演奏共に最高で、ファンの間ではオフィシャルも含めて、これがベスト・ライブ・アルバムと賞賛する声も多数。
なお仕様も本レーベルならではの、高級ベルベットマット加工が施された豪華紙ジャケットによる仕上がりで、マスター証明となるゴールドのステッカーの「EVSD QUALITY ASSURANCE」が貼られ、しかも広告ミニ・ポスター付いた、100セット完全限定の永久保存プレス2CD仕様ゆえ、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 : 1. THE SWAMP SONG 2. ACQUIESCE 3. SUPERSONIC 4. HELLO 5. SOME MIGHT SAY 6. ROLL WITH IT 7. SHAKERMAKER 8. ROUND ARE WAY 9. MORNING GLORY 10. CIGARETTES & ALCOHOL 11. CHAMPAGNE SUPERNOVA
Disc 2 : 1. WHATEVER 2. WONDERWALL 3. SLIDE AWAY 4. DON’T LOOK BACK IN ANGER 5. LIVE FOREVER 6. I AM THE WALRUS [Recorded at Cardiff International Arena, Cardiff, Wales, UK. 19th March 1996 : original master stereo soundboard recording]

ビートルズの歴史を時系列にめぐる、2021年最新編集アンソロジー・プロジェクト『オール・ジーズ・イヤーズ』第4弾。

THE BEATLES / ALL THESE YEARS IV : 1965 (プレス2CD)

ビートルズの歴史を時系列にめぐる、2021年最新編集アンソロジー・プロジェクト『オール・ジーズ・イヤーズ』の第4弾。
まずこの新シリーズはデビュー前からの貴重音源を含め、年代順にライブ・トラック、スタジオ・セッション、デモ・テイク、そして未発表曲など、今回初登場音源も加えて、2021年最新編集とマスタリングにて制作された拡張改訂版ベスト・セレクトの集大成で、1995年のアンソロジー・プロジェクトをさらに発展させており、音質向上、長尺編集、そしてモノラルからステレオ化といったアップグレード音源を中心に収録。 そしてそのシリーズ第4弾VOL.4「1965」は1965年アメリカでの大成功にて、まさに世界制覇を成し遂げた時代を収録したもので、この年主演映画第2弾となる『ヘルプ!』の制作とレコーディング・セッションに始まり、伝説となった史上初のシェア・スタジアム公演、そして転換期を迎えたアルバム『ラバー・ソウル』のレコーディング・セッションまでを収録。
またアップグレード音源による1965年のNMEポール・ウイナーズ・コンサートやリアル・ステレオ化された同年のエド・サリバン・ショー、さらにシェア・スタジアム公演では、これまで存在してきた複数音源を最新プロユース編集にてリストア編集し、現在流通している音源とは異なり、いずれも2021年最新リマスターでステレオ化されているうえ、これまでモノラルだったスタジオ・セッションも、初登場のステレオ音源化されていることにより、過去のアンソロジー収録音源とは別ソースも含めて、注目すべきアップグレード音源が多数。
以上、世界各国でアイドルとしての成功を収めつつも、アーティストとして進化し始めた『ラバー・ソウル』まで収録した、今後のシリーズ・タイトルと合わせて、ファンは全て必携の限定コレクターズ・エディション。


◇ANTHOLOGY REVISED AND EXPANDED EDITION Vol.4

Disc 1 : 1. TICKET TO RIDE (Take 1/2 Edit) [EMI Abbey Road Studio, London, UK February 15th 1965 (stereo)] 2. YES IT IS (Take 1) 3. YES IT IS (Take 14) [EMI Abbey Road Studio, London, UK February 16th 1965 (stereo)] 4. YOU’VE GOT TO HIDE YOUR LOVE AWAY (Take 1) 5. IF YOU’VE GOT TROUBLE (Take 1 Edit) [EMI Abbey Road Studio, London, UK February 18th 1965 (stereo)] 6. THAT MEANS A LOT (Take 1) 7. THAT MEANS A LOT (Test Take) [EMI Abbey Road Studio, London, UK February 20th 1965 (stereo)] 8. INTRODUCTION 9. I FEEL FINE 10. SHE’S A WOMAN 11. BABY’S IN BLACK 12. TICKET TO RIDE 13. LONG TALL SALLY [Live on TV “NME Pollwinner’s Concert” Empire Pool, Wembley, London, UK April 11th 1965] 14. HELP! (Take 1) 15. HELP! (Take 9) [EMI Abbey Road Studio, London, UK April 13th 1965 (stereo)] 16. I’M DOWN (Take 1) 17. YESTERDAY (Take 1) 18. YESTERDAY (Take 2 Pre-Overdub) [EMI Abbey Road Studio, London, UK June 14th 1965 (stereo)] 19. IT’S ONLY LOVE (Take 2/3) [EMI Abbey Road Studio, London, UK June 15th 1965 (stereo)] 20. I’M LOSER 21. EVERYBODY’S TRYING TO BE MY BABY 22. A HARD DAY’S NIGHT [Live at Palais des Sports, Paris, France June 20th 1965 (stereo)] 23. INTRODUCTION 24. I FEEL FINE 25. I’M DOWN 26. ACT NATURALLY 27. TICKET TO RIDE 28. YESTERDAY 29. HELP! [Live on CBS TV “Ed Sullivan Show” Studio 50, New York, USA August 14th 1965 (stereo)]

Disc 2 : 1. INTRODUCTION 2. TWIST AND SHOUT 3. SHE’S A WOMAN 4. I FEEL FINE 5. DIZZY MISS LIZZY 6. TICKET TO RIDE 7. EVERYBODY’S TRYING TO BE MY BABY 8. CAN’T BUY ME LOVE 9. BABY’S IN BLACK 10. ACT NATURALLY 11. A HARD DAY’S NIGHT 12. HELP! 13. I’M DOWN [Live at Shea Stadium, New York, USA August 15th 1965 (stereo)] 14. RUN FOR YOUR LIFE (Take 1) 15. NORWEGIAN WOOD (THIS BIRD HAS FLOWN) (Take 1) [EMI Abbey Road Studio, London, UK October 12th 1965 (mono/stereo)] 16. DAY TRIPPER (Take 1) 17. DAY TRIPPER (Take 3) [EMI Abbey Road Studio, London, UK October 16th 1965 (stereo)] 18. IN MY LIFE (Take 3) [EMI Abbey Road Studio, London, UK October 18th 1965 (mono)] 19. WE CAN WORK IT OUT (Acoustic Demo) 20. WE CAN WORK IT OUT (Take 1) [EMI Abbey Road Studio, London, UK Octorber 20th 1965 (mono)] 21. NORWEGIAN WOOD (THIS BIRD HAS FLOWN) (Take 2) 22. NORWEGIAN WOOD (THIS BIRD HAS FLOWN) (Take 4) [EMI Abbey Road Studio, London, UK Octorber 21st 1965 (stereo)] 23. I’M LOOKING THROUGH YOU (Take 1) [EMI Abbey Road Studio, London, UK October 24th 1965 (stereo)] 24. WE CAN WORK IT OUT (Take 2 Overdub) [EMI Abbey Road Studio, London, UK October 29th 1965 (stereo)] 25. MICHELLE (Take 1/2 Edit) [EMI Abbey Road Studio, London, UK November 3rd 1965 (mono)] 26. 12-BAR ORIGINAL (Take 1/2) [EMI Abbey Road Studio, London, UK November 4th 1965 (stereo)] 27. THINK FOR YOURSELF (Vocal Overdub) [EMI Abbey Road Studio, London, UK November 8th 1965 (mono)] 28. I’M LOOKING THROUGH YOU (Take 4) 29. GIRL (Take 1/2) [EMI Abbey Road Studio, London, UK November 11th 1965 (stereo/mono)] 30. UNFORGETTABLE CHRISTMAS (Excerpts) [Paul’s Private Recordings, London, UK December 1965]

1978年からの通称『カムバック・セッション』の全貌を、2021年「So What!」レーベル責任監修のもと、最終決定盤として永久保存プレスCDにて。

MILES DAVIS / ROAD TO THE RESURRECTION : COMEBACK SESSIONS (プレス2CD)

1978年から1981年にかけての通称『カムバック・セッション』の全貌を、ベスト・クオリティーのサウンドボード・マスターに、新たに2021年「So What!」レーベル責任監修のもと最新マスタリングも施し、最終決定盤として永久保存プレスCDにて。
まず故中山康樹氏を含め全てのマイルス愛好家から絶大の信頼を受け、数々の名盤を生み出した伝説のレーベル「ソー・ホワット」の完全監修を受けて、2020年末より限定リリースされている本シリーズは、内容クオリティーの素晴らしさはもちろん、丁寧なリマスタリングに加えてこだわりの帯付アートワーク、美麗なピクチャー・ディスクのプレス盤ということで、海外ファンの間でもすでに大きな話題を呼ぶことに。
そして本シリーズの第5弾は、ファンの間では通称『カムバック・セッション』として知られる、1975年から1981年まで音楽活動を一時中断していた中でのスタジオ・セッションの全貌を、プロユースの最新リマスタリングにてコンパイル。
まず1975年に来日し『アガルタ』と『パンゲア』と言う超傑作を生み出したのち、その衝撃も冷めやらぬまま1981年まで活動休止期間へと入ってしまうも、スタジオ・ワークは定期的に行っており、気が向けばスタジオに入ってセッションを繰り広げていたことは周知の事実。
そんな中で、まずDisc:1には、1978年3月2日ニューヨークのコロンビア・スタジオBで行われたセッションを収録。ここではまずメンバーが激レアで、ギターはラリー・コリエルに、ベースはTM・スティーヴンス、そしてドラムスはおなじみアル・フォスターで、因みにこのセッションにおいては、マイルス研究家の中山康樹氏いわく「マイルスはコントロール・ブースで指示を出していただけではないだろうか」と記していた中、かなりマイルス的な音色のオルガンが随所で響いており、スタジオのセッションにも参加していたであろうと思われるもの。
そしてそのセッションはアル・フォスターが叩き出すタイトなリズムをバックにラリー・コリエルがかなりハードなギターを弾きまくり、そのサポート的にジョージ・パヴリスらが隙間を埋めていくといった感じで、マイルスのプレイも含めて、とにかくこのメンバーでアルバムが制作されることは結局無かっただけに、まさに幻のセッションとなることに。さらに後半の1981年1月のセッションは『ザ・マン・ウィズ・ザ・ホーン』に収録された「バック・シート・ベティ」のセッションが2テイク収録されており、どちらも10分を超えるロング・ヴァージョンであり、特にテイク2は20分近い熱演にて。
そしてDisc:2は、1980年5月同じくニューヨークのコロンビア・スタジオで行われたセッションで、ここでは後に『ザ・マン・ウィズ・ザ・ホーン』に収録されるはずの「シャウト」のセッションだというのが通説ながら、ほとんど別の曲で、かなり上質かつポップでファンキーなセッションであり、それを完成形に向けて様々なアプローチで試みている様を克明に再現。なお完成度が非常に高いにもかかわらず未発表曲となっているため幻の名曲であり、メンバーもまだマーカス・ミラー参加前で復活ツアーのメンバーが決まるまでの過渡期のセッションと言える、こちらも必聴トラック。
以上、帝王マイルス復活までの軌跡にフォーカスした貴重なセッションを、今回も「So What!」レーベルが精魂込めて作り上げた本タイトルは、完全限定プレス盤、帯付仕様ゆえ、ご希望の方はお早目に。

DISC 1 : 1. MISS LAST SUMMER 2. MISS LAST SUMMER 3. MISS LAST SUMMER 4. MISS LAST SUMMER 5. MISS LAST SUMMER 6. MISS LAST SUMMER 7. MISS LAST SUMMER 8. MISS LAST SUMMER 9. MISS LAST SUMMER 10. MISS LAST SUMMER 11. MISS LAST SUMMER
[Recorded at Columbia Studio B, NYC NY, USA March 2nd 1978]
◇Miles Davis (conduct&organ) Larry Coryell (guitar) Masabumi Kikuchi (keyboard) George Pavlis (keyboard) T.M. Stevens (bass) Al Foster (drums)

12. BACK SEAT BETTY (Alternate Version 1) 13. BACK SEAT BETTY (Alternate Version 2)
[Recorded at Columbia Studio B, NYC NY, USA January 1981]
◇Miles Davis – trumpet / Bill Evans – soprano saxophone / Barry Finnerty – electric guitar / Marcus Miller – electric bass / Al Foster – drums / Sammy Figueroa – percussion

DISC 2 : 1. Session for SHOUT 2. Session for SHOUT 3. Session for SHOUT 4. Session for SHOUT 5. Session for SHOUT 6. Session for SHOUT 7. Session for SHOUT 8. Session for SHOUT 9. Session for SHOUT 10. Session for SHOUT 11. Session for SHOUT
[Recorded at Columbia Studio B, NYC NY, USA May 1980]
◇Miles Davis – trumpet / Bill Evans – soprano saxophone, tenor saxophone, flute / Robert Irving III – electric piano / Randy Hall – synthesizer, electric guitar / Barry Finnerty – electric guitar / Felton Crews – electric bass / Vincent Wilburn – drums / Sammy Figueroa – percussion

恒例のGWセールのご案内です。

◆ 4月29日(木) – 5月5日(水)  12:00 – 20:00   7days
* USED アイテム ALL 20%OFF
  (中古CD&レコード)
* NEW  アイテム ALL  10%OFF
  (新品CD&LP、コレクターズCD&DVD、ブルーレイ、Tシャツなど)

こんにちは、Joe’s Garageです。 いつもありがとうございます。 毎年恒例の「GW・メンバーズ・セール」のご案内をさせていただきます。
明日から1週間、店内全商品が最大20%オフとなりますので、
まとめ買い等には是非ご活用ください。
なお今年も現状を踏まえて、通常よりも短い期間と時短営業とさせていただきます。
尚、遠方からのご来店は極力控えさせていただくべく、 ご希望の商品がございましたら、その旨お電話やメールで、ご連絡いただけたらけっこうです。

◇ 尚、セール期間も含めまして、現在の営業時間の変更が下記の通りです。
* 5月 11日(火) まで 12:00 – 20:00

そして前年に続いて自粛制限を促されるGWとなりましたが、
在宅時間も増えるゆえ自宅で好きな音楽をゆっくり楽しむというのも、
ひとつの過ごし方かと思いますので、この機会を是非ご利用ください。
ではまだまだ当面厳しい状況ですが、今後ともよろしくお願いいたします。
—————————————-
〒604-8124
京都市中京区帯屋町572
フサヤビル 2F Joe’s Garage
tel. 075-241-0277 fax.075-253-2670
http://www.jgarage.com
info@jgarage.com

ジョージ不滅の金字塔ソロ『オール・シングス・マスト・パス』最新リマスターによる50周年アニバーサリー・コレクターズ・エディション。

GEORGE HARRISON / ALL THINGS MUST PASS ALTERNATES (プレス2CD)

ジョージ不滅の金字塔ソロ『オール・シングス・マスト・パス』の、2021年最新リマスターによる50周年アニバーサリー・コレクターズ・エディションが、直輸入オリジナル・プレス盤、初回限定オリジナル・デザイン帯付きにて。
まず2021年にリリース50周年を迎えた『オール・シングス・マスト・パス』を、オリジナル・アセテート盤全曲に加えて、追加音源も含めた「オルタネイツ/アップル・アセテート・リマスターズ」として制作されたのが本タイトルで、完成前のスタジオ・チャットやカウント入りのラフ・ミックスを収めたオリジナル・アセテート音源を全曲収録。さらに追加音源含めて合計33トラックを2021年最新編集リマスターにより収録しており、これまで流出していた音源より全編にわたりはるかにクオリティーUP。
そしてまずdisc:1は「オルタネイツ・アルバム」として、アルバム同様の曲順に沿って全曲収録しており、元になったアップル・レーベルからのアセテート盤収録音源は、いずれもノイズが大きかったりピッチがずれていたのが、この新たなリマスターによってプロユース編集にて修復され、音質も明らかに向上したアップグレート。
さらにdisc:2は「オルタネイツ・アルバム:アップル・ジャム」で、クラプトンをはじめ実質的にはデレク&ザ・ドミノスとのジャム・セッションとなる演奏を、オリジナル・アルバム収録よりも長い未編集バージョンにて。
またボーナス的な「アディショナル・トラックス」では、本編未収録の未発表曲など、オリジナル・アセテート盤にのみ収められていた5トラックを追加し、さらにリンゴとの共演シングル「明日への願い」や「ユー」のオリジナル・バージョン、また「マイ・スイート・ロード」のシングル・ミックスや「美しき人生」、「オール・シングス・マスト・パス」の新規リマスター音源までをマスター・クオリティーにて収録。
以上、名盤アルバム『オール・シングス・マスト・パス』lリリース50周年アニバーサリー・アイテムとして、海外ビートルズ・ファン達がこだわりの編集にて制作した、ファン必携の完全限定コレクターズ・エディション。

DISC 1  : 1. I’D HAVE YOU ANYTIME (RS1) 2. MY SWEET LORD (RS1) 3. WAH-WAH (RS1) 4. ISN’T IT A PITY (VERSION ONE) (RS1) 5. WHAT IS LIFE (RS1 take25) 6. IF NOT FOR YOU (RS1) 7. BEHIND THAT LOCKED DOOR (RS1) 8. LET IT DOWN (RS1) 9. RUN OF THE MILL (RS1/RS2) 10. BEWARE OF DARKNESS (RS1) 11. APPLE SCRUFFS (take18) 12. BALLAD OF SIR FRANKIE CRISP (LET IT ROLL) (RS1) 13. AWAITING ON YOU ALL (RS1) 14. ALL THINGS MUST PASS (RS1) 15. I DIG LOVE (RS1/RS2 take20) 16. ART OF DYING (RS1 take26) 17. ISN’T IT A PITY (VERSION TWO) (RS1) 18. HEAR ME LORD (RS1)
[ALTERNATES ALBUM]

DISC 2 : 1. THANKS FOR THE PEPPERONI 2. OUT OF THE BLUE 3. IT’S JOHNNY’S BIRTHDAY 4. PLUG ME IN 5. I REMEMBER JEEP
[ALTERNATES ALBUM : APPLE JAM]
6. I LIVE FOR YOU (RS1) 7. DOWN TO THE RIVER (RS1) 8. I’LL STILL LOVE YOU (WHENEVER) (take43/44) 9. PLUG ME IN (RS1) 10. PLUG ME IN (RS2)
[ADDITIONAL TRACKS]
11. IT DON’T COME EASY (1970 original version) 12. YOU (1971 ronnie spector session) 13. MY SWEET LORD (1970 single mix) 14. WHAT IS LIFE (2016 remix) 15. ALL THINGS MUST PASS (2020 mix)

◇Digital remastered and compiled 2021

伝説のバンド、ザ・ラーズのレコード・デビュー直前の貴重なライブを、初公開された流出サウンドボード音源からフル収録。

THE LA’S / THE MARQUEE 1990 (1CDR)

1990年ついに完成しリリースされたアルバム『ザ・ラーズ』発表直前の8月21日、ロンドンはマーキーで行われた貴重なライブを、近年関係者流出にて初公開された、卓直結の流出サウンドボード・マスターから完全コンプリート収録。
まず前年から先行リリース・シングルが話題となり、メジャー・デビュー以降アルバム・リリースが多く望まれていたにも関わらずなかなか進行せず、結局レーベル側がスティーヴ・リリーホワイトをプロデューサーに起用しレコーディングを再開するも、セルフ・プロデュースを望むバンド側と衝突し、最後はリリーホワイトが1人でミックスや仕上げを行い、やっと発売されることに。
そしてその出来に不満足だったバンドもプロモーション的に幾度かのライブは行ったうちのひとつがこのマーキーでのギグで、とにかく彼らのライブ音源は一部のオーディエンス・ソースしか残っておらず、オフィシャルの4枚組に収録されているマーキーでのライブも1991年のものゆえ、アルバム・デビュー以前のライブを、カンペキなサウンドボード音源で聴けるというのは奇跡的なこと。
しかもアルバム収録曲はすべて演奏されており、不朽の名曲「ゼア・シー・ゴーズ」、「サン・オブ・ア・ガン」そして「タイムレス・メロディー」など、メランコリックなサウンドに、リー・メイヴァースの素晴らしいヴォーカルが合わさり80年代UKシーンの象徴とも云えるパフォーマンスがここに。
しかも「Looking Glass」以降のアンコールでは「Swashbuckler」、そして「Rebound/Minefield」もプレイされており、マージー・ビート、ネオアコを通過して新たなるUKロックを造り上げた伝説のバンドの永遠の名盤を、全曲フル・ライブで聞けるというファン必携の限定コレクターズ・エディション。

01. Son Of A Gun 02. Freedom Song 03. Clean Prophet 04. Way Out 05. There She Goes 06. Doledrum 07. Come In Come Out 08. Timeless Melody 09. I.O.U. 10. I Can’t Sleep 11. Knock Me Down 12. Feelin’ 13. Liberty Ship 14. Callin’ All 15. Failure 16. Looking Glass –encore- 17. Swashbuckler 18. Rebound / Minefield (Jam)
[Recorded at The Marquee Club, London, UK 21st August 1990 : soundboard recording]

ビートルズの歴史を時系列にめぐる、2021年最新編集アンソロジー・プロジェクト『オール・ジーズ・イヤーズ』第3弾登場。

THE BEATLES / ALL THESE YEARS III : 1964 (プレス2CD)

ビートルズの歴史を時系列にめぐる、2021年最新編集アンソロジー・プロジェクト『オール・ジーズ・イヤーズ』の第3弾。
まずこの新シリーズはデビュー前からの貴重音源を含め、年代順にライブ・トラック、スタジオ・セッション、デモ・テイク、そして未発表曲など、今回初登場音源も加えて、2021年最新編集とマスタリングにて制作された拡張改訂版ベスト・セレクトの集大成で、1995年のアンソロジー・プロジェクトをさらに発展させており、音質向上、長尺編集、そしてモノラルからステレオ化といったアップグレード音源を中心に収録。
そしてそのシリーズ第3弾VOL.3「1964」は、1964年アメリカ初上陸に始まり、世界への飛躍の時代を収録したもので、この年のデモ音源に始まりパリ公演、そしてアメリカ初上陸から初の主演映画『ア・ハード・デイズ・ナイト』、さらに歴史的ライブ記録となったハリウッド・ボウル公演からアルバム『フォー・セイル』のレコーディング・セッションまでを収録。
ここではアメリカで大ブレイクのきっかけとなったエド・サリバン・ショーやワシントン公演、そして一時ツアーから離脱していたリンゴが復帰したオーストラリア、メルボルン公演などが、いずれも2021年最新リマスターでステレオ化されているうえ、これまでモノラルだったスタジオ・セッションも、初登場のステレオ音源化されていることによりすべて格段に音質はグレード・アップ。
以上、初の主演映画『ア・ハード・デイズ・ナイト』の公開もあり、世界中にビートルズ旋風が吹き荒れた隆盛期を収録した、今後のシリーズ・タイトルと合わせて、ファンは全て必携の限定コレクターズ・エディション。

◇ANTHOLOGY REVISED AND EXPANDED EDITION Vol.3
Disc 1 : 1. IF I FELL 2. WORLD WITHOUT LOVE 3. I’LL FOLLOW THE SUN [Home Demo Recording, London UK January 1964 (mono)] 4. FROM ME TO YOU 5. I SAW HER STANDING THERE [Live at Olympia, Paris, France January 16th 1964 (mono)] 6. CAN’T BUY ME LOVE [EMI Pathe Marconi Studio, Paris, France January 29th 1964 (stereo)] 7. ONE AND ONE IS TWO [Demo Recordings George V Hotel, Paris, France January/February 1964 (mono)) 8. ALL MY LOVING [Live on CBS TV “Ed Sullivan Show” Studio 50, New York, USA February 9th 1964 (stereo)] 9. I WANT TO HOLD YOUR HAND 10. LONG TALL SALLY [Live at Washington Coliseum, Washington DC, USA February 11th 1964 (stereo)] 11. PLEASE PLEASE ME 12. SHE LOVES YOU 13. THIS BOY [Live on CBS TV “Ed Sullivan Show” Rehearsals at Deauville Hotel. Miami Beach February 16th 1964 (mono)] 14. TALKING GUITAR BLUES [WQAM Radio at Deauville Hotel. Miami Beach February 21st 1964 (mono)] 15. YOU CAN’T DO THAT (Take 8) 16. AND I LOVE HER (Take 2) [EMI Abbey Road Studio, London, UK February 25/26th 1964 (stereo)] 17. STUDIO OUTTAKES (Compiled) [EMI Abbey Road Studio, London, UK February 25-27th 1964 (stereo)] 18. IT’S FOR YOU [Home Demo Recording, London UK March 1964 (mono)] 19. A HARD DAY’S NIGHT (Take 2/3&4) [EMI Abbey Road Studio, London, UK April 16th 1964 (stereo)] 20. I WANNA BE YOUR MAN 21. LONG TALL SALLY 22. BOYS 23. SHOUT 24. BEATLES HITS MEDLEY [Sessions for TV “AROUND THE BEATLES” IBC Studios, London, UK April 19th 1964 (stereo)] 25. I’LL BE BACK (Take 2) 26. I’LL BE BACK (Take 3) [EMI Abbey Road Studio, London, UK June 1st 1964 (stereo)] 27. YOU KNOW WHAT TO DO (Demo Take 1) 28. NO REPLY (Demo Take 1) [EMI Abbey Road Studio, London, UK June 3rd 1964 (stereo)] 29. YOU CAN’T DO THAT 30. ALL MY LOVING 31. SHE LOVES YOU 32. CAN’T BUY ME LOVE 33. TWIST AND SHOUT 34. “RINGO’S BACK” 35. LONG TALL SALLY [Live at Festival Hall, Melbourne, Australia June 17th 1964 (stereo)]

Disc 2 : 1. I’M A LOSER (Take 1/2) 2. MR. MOONLIGHT (Take 2/4) 3. LEAVE MY KITTEN ALONE (Take 4/5) [EMI Abbey Road Studio, London, UK August 14th 1964 (stereo)] 4. INTRODUCTION 5. TWIST AND SHOUT 6. YOU CAN’T DO THAT 7. ALL MY LOVING 8. SHE LOVES YOU 9. THINGS WE SAID TODAY 10. ROLL OVER BEETHOVEN 11. CAN’T BUY ME LOVE 12. IF I FELL 13. I WANT TO HOLD YOUR HAND 14. BOYS 15. A HARD DAY’S NIGHT 16. LONG TALL SALLY [Live at Hollywood Bowl, Los Angeles, CA, USA August 23rd 1964 (stereo)] 17. WHAT YOU’RE DOING (Take 11) 18. NO REPLY (Take 2) [EMI Abbey Road Studio, London, UK September 30th 1964 (stereo)] 19. EIGHT DAY’S A WEEK (Take 2) 20. EIGHT DAY’S A WEEK (Take 5) [EMI Abbey Road Studio, London, UK October 6th 1964 (stereo)] 21. KANSAS CITY / HEY, HEY, HEY, HEY 22. I’M A LOSER 23. BOYS [Live on ABC TV “SHINDIG!” The Granville Studio, London, UK October 3rd 1964] 24. SHE’S A WOMAN (Take 5) [EMI Abbey Road Studio, London, UK October 8th 1964 (stereo)] 25. KANSAS CITY / HEY, HEY, HEY, HEY (Take 2) 26. I FEEL FINE (Take 6) 27. I FEEL FINE (Take 9) [EMI Abbey Road Studio, London, UK October 18th 1964 (stereo)] 28. HELLO DOLLY 29. CHRISTMAS SPEECH (Take 1) [EMI Abbey Road Studio, London, UK October 26th 1964 (mono)]