Skip to content

Joe's Garage BLOG Posts

ビートルズ2022年最新編集AIオーディオ・アルバム・シリーズの第9弾『マジカル・ミステリー・ツアー』登場。

THE BEATLES / MAGICAL MYSTERY TOUR : AI – AUDIO (プレス2CD)

2022年よりビートルズ最新編集AIオーディオ・アルバム・シリーズが新登場。新次元のAI⾳源解析によるマルチトラック新編集ステレオ・リミックスなど、アルバム全曲を4バージョン収録した、最新リファレンスが海外直輸⼊オリジナル・プレス盤にて。
[詳細]
ビートルズの2022年からスタートしたこのAI オーディオ・アルバム・コレクション・シリーズは、AI⾳源解析によるマルチトラック新編集ステレオ・リミックスなど、各アルバム全曲を4バージョン収録したもので、独⾃のチャンネル・セパレーションによる最新リミックスの⽴体⾳響ステレオに加えて、ネイキッド・ボーカルやバッキング・トラックス、さらに60年代オリジナル・アナログ・マスターから当時のオリジナル⾳源ステレオ・ミックスなども収録。
まずDISC1前半には【MULTITRACK REMIX AND REMASTERS STEREO REMIX】として、2022年版最新リミックス&・リマスター音源を収録。60年代当時はモノラル主流だったため、オリジナルのステレオ音源は初期特有の簡素なステレオ・ミックス、さらに不自然にバランスの悪いステレオ・ミックスも多く、そうした60年代ならではの旧態然としたステレオ・ミックスを、最新AI音源解析で分離したマルチトラック音源を元に新たなミックスで再構築。よってメインのボーカルが片チャンネルに偏っていたり、コーラスや各楽器のバランスが悪かった当時のステレオ・ミックスから、今まで以上にクリアーに分離再現されたサウンドに生まれ変わった最新の立体音響的ステレオ・リミックスにて。
そして後半【NAKED VOCAL TRACK STEREO REMIX】は、メインのボーカル・トラックを抜き出し、演奏を極力抑えたミックスにより生々しいボーカルを中心としたサウンドになっており、ボーカルやコーラス・スタイルが浮き彫りとなった興味深いミックスを収録。
さらにDISC2前半は【ORIGINAL ANALOG MASTER STEREO MIX】として現行のデジタル・リマスターされ修復作業が行われた音源ではない、オリジナル・アナログ・ステレオ・ミックスを収録。こちらはDISC1前半と対極のオリジナルそのままの音源なので、違いを聴き比べるのに役立つ60年代当時のレコード盤に刻まれたままのベーシックなステレオ・ミックス。そして後半の【BACKING TRACKS INSTRUMENTAL STEREO REMIX】では、こちらもDISC1後半と対極となるボーカル・トラックを極力オフにした演奏のみのインストゥルメンタルでアルバム全曲を収録。曲によってはコーラスを残したリード・ボーカル以外のバッキング・トラックとなっている等、独自のリミックスらしい特徴もあり、AI音源解析によるアルバム全曲に及ぶインストゥルメンタル収録としては今回が初登場。

◇AIオーディオ・コンパニオン:リミックス・アンド・リマスター詳細解説
ビートルズ・サウンドの基本的知識として「ビートルズ・レコーディング技術とリマスター音源作業の変遷」で紹介の通り、これまでにも最新リマスターによる再発やリミックス・アルバムのリリースもあったがこの「AIオーディオ・コンパニオン:リミックス・アンド・リマスター」シリーズでは、『ザ・ビートルズ:ロックバンド』で試みられたマルチトラック音源をさらに進化させて、当時はセレクトされた楽曲に限られていたボーカルやギター、ベース、ドラムスの各パートの分離された音源を最新AI音源解析による最新バージョンで全作品をオリジナル・アルバム単位で再構築。
かつて『ロックバンド』ではセレクトされた一部の曲だけだったマルチトラック音源をアルバムごとに全曲すべて収録。改めてボーカルやギター、ベース、ドラムスの各パートが分離された独自のマルチトラック音源を元に、オリジナルのステレオ・ミックスとは次元の違う新しいリミックスに仕上がっています。
【MULTITRACK REMIX AND REMASTERS STEREO REMIX】
ニュー・ステレオ・ミックスとしてオリジナルの60年代当時の旧態然とした不自然なステレオ音像から現代的な不自然感のないステレオ定位を意識したリミックスへ大幅に変更。特に初期から中期にかけてのステレオ・ミックスの違いはヘッドフォンやステレオ・イヤフォンでダイレクトに聴くと如実にその違いが判ります。初期2アルバムにおける2トラックからのステレオでは、単純に片チャンネルにまとめられたモノラルとなる演奏トラックを分離して演奏自体をステレオ化した上で、ボーカルをセンターに定位させるといったステレオ・ミックスに生まれ変わっており、これこそ最新AI音源解析ならでは。この試みは既に音源コレクターにとっては近年複数リリースされてきていますが、あえて聴き比べるとそのサウンドの質感やステレオ定位、音像の違いを聞き取れると思います。
【NAKED VOCAL TRACK STEREO REMIX】
メインのボーカル・トラックを抜き出し演奏を極力抑えたミックスで、完全に演奏をオフにしてしまうボーカル・トラックだけでは、ただの素材となってしまうため、あえて演奏を残しつつ生々しいボーカルを全面的に押し出したネイキッドなリミックス。ある意味、ボーカルやギター、ベース、ドラムスの各パートが分離されたマルチトラック音源があるからこその独自音源であり、こうした形でアルバム全曲が収録されるのは初登場。
【ORIGINAL ANALOG MASTER STEREO MIX】
文字通り60年代当時のオリジナル音源を完全再現したもので、ソースとなっているのはUKオリジナル・ステレオ・マスターからダイレクトに制作された、モービル・フィデリティ原盤レコードの音源を高音質96/24ハイレゾ・デジタル音源化したものをベースに収録。現行のデジタル・リマスターによる修復作業が行われた音源ではないレコード原盤そのままのオリジナル・アナログ・ステレオ・ミックスとなっており、今となっては高価で入手困難といえるレコード原盤の音をそのまま伝えるフラット・トランスファーされたリファレンス音源。
【BACKING TRACKS INSTRUMENTAL STEREO REMIX】
「ネイキッド・ボーカル」同様、ボーカルやギター、ベース、ドラムスの各パートが分離されたマルチトラック音源があるからこそ独自に作成されたリミックス音源となるもので、これもまた最新AI音源解析ならでは。かつては『ザ・ビートルズ:ロックバンド』音源からのインスト・アルバムであったり、曲単位ではスタジオ・アウトテイク含め演奏だけのバッキング・トラックはありましたが、こうした形でアルバム全曲が収録されるのは初登場。また曲によってはボーカルとコーラスが見事に振り分けられているものもあれば、完全にボーカル・トラックがオフにならない楽曲も一部ではあるものの、演奏だけを中心に聴くことにより一層ビートルズ・サウンド・メイキングの分析にも役立つ興味の尽きないリミックスとなっています。

[コレクターズ・ポイント]
そしてシリーズ第9弾は初めて映画製作に挑んだ『マジカル・ミステリー・ツアー』で、1967年12月本国イギリスではEP盤2枚組として、またアメリカではキャピトル・オリジナル編集のフル・アルバムとして1967年11月にリリースされ、後にイギリスでもアルバムとして発売される際には、当時シングルのみだった「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー/ペニー・レイン」や「愛こそはすべて」も収録され、中期のベスト・アルバム的内容であり、現在は『サージェント・ペパーズ』に続くオリジナル・アルバムとなることに。
そして本タイトルもまずdisc:1にはマルチトラック新編集ステレオ・リミックスとして、オリジナル音源からボーカルと楽器を分離し新たに再構成した独自のリミックスが収録されており、他にも生々しいボーカルをフィーチャーしたネイキッド・ボーカル・トラックを収録。
さらにDisc:2には一部疑似ステレオ音源含めたオリジナルに忠実な米国アナログ・マスター・ステレオ・ミックスを収録し、バッキング・トラックス・インストではアルバム全曲をボーカル抜きのカラオケ化も収録。
以上、劇的に進化した2022年AI音源解析による本シリーズは、ビートルズ・サウンド分析に迫る音源研究に欠かせないオーディオ・アルバムとして、今後順次了解リリースされるタイトルも含めて全て必携の限定コレクターズ・エディション。

DISC 1 : [MULTITRACK REMIX AND REMASTERS STEREO REMIX = track 01-11 / NAKED VOCAL TRACK STEREO REMIX = track 12-22]
01. MAGICAL MYSTERY TOUR 02. THE FOOL ON THE HILL 03. FLYING 04. BLUE JAY WAY 05. YOUR MOTHER SHOULD KNOW 06. I AM THE WALRUS 07. HELLO GOODBYE 08. STRAWBERRY FIELDS FOREVER 09. PENNY LANE 10. BABY YOU’RE A RICH MAN 11. ALL YOU NEED IS LOVE 12. MAGICAL MYSTERY TOUR 13. THE FOOL ON THE HILL 14. FLYING 15. BLUE JAY WAY 16. YOUR MOTHER SHOULD KNOW 17. I AM THE WALRUS 18. HELLO GOODBYE 19. STRAWBERRY FIELDS FOREVER 20. PENNY LANE 21. BABY YOU’RE A RICH MAN 22. ALL YOU NEED IS LOVE

DISC 2 : [ORIGINAL ANALOG MASTER STEREO MIX = track 01-11 / BACKING TRACKS INSTRUMENTAL STEREO REMIX = track 12-22]
01. MAGICAL MYSTERY TOUR 02. THE FOOL ON THE HILL 03. FLYING 04. BLUE JAY WAY 05. YOUR MOTHER SHOULD KNOW 06. I AM THE WALRUS 07. HELLO GOODBYE 08. STRAWBERRY FIELDS FOREVER 09. PENNY LANE 10. BABY YOU’RE A RICH MAN 11. ALL YOU NEED IS LOVE 12. MAGICAL MYSTERY TOUR 13. THE FOOL ON THE HILL 14. FLYING 15. BLUE JAY WAY 16. YOUR MOTHER SHOULD KNOW 17. I AM THE WALRUS 18. HELLO GOODBYE 19. STRAWBERRY FIELDS FOREVER 20. PENNY LANE 21. BABY YOU’RE A RICH MAN 22. ALL YOU NEED IS LOVE

ニルヴァーナの名アイテム「OUTCESTICIDE」シリーズから、ベスト・トラックをコンパイルしたタイトルが特別仕様にて限定リリース。

NIRVANA / OUTCESTICIDE 2022 「涅槃で聴く」 (プレス1CD)

名門エンプレス・バレイより、ニルヴァーナのコレクターズ・アイテムの中でも名盤で知られる「OUTCESTICIDE」シリーズから、ベスト・トラックをベスト・クオリティーでコンパイルしたタイトルが、限定No.入りの特別仕様にて完全限定リリース。
まず過去よりニルヴァーナのレア・トラックス・シリーズとして、ファンには人気の高い「OUTCESTICIDE」シリーズから、数あるベスト・トラックよりレア度やクオリティーも含めたベスト・ソースを、ダウンロード音源とは一線を画すオリジナル・マスターからコンパイル。
なおこのシリーズ自体すでにそのほとんどが入手困難となっており、オークション等でも高値で取引されており、今回それらのレア音源を全トラック最高の音質クオリティーで収録し、加えて既出音源も全てアップグレードされた2022年最新編集ヴァージョン。
さらに装丁も同レーベルならではの、クリアー・ラミネート加工による帯付き紙ジャケットで、さらにレア・フォトを用いたポストカード3枚も付属した限定ナンバリング入り仕様という、まさにコレクターズ・アイテムは、完全限定リリースゆえご希望の方はお早めに。

01. CLOSING TIME (Hole) 1993-01-21 “Bmg Ariola, Rio De Janiero, BR” [STU] 02. MR. MOUSTACHE 1989-11-03 “Tivoli, Utrecht, NL” [SBD] 03. RETURN OF THE RAT 1992-04-XX “Laundry Room Studio, Seattle, WA” (Alt-Mix, Inst.) [STU] 04. WHERE DID YOU SLEEP LAST NIGHT? 1989-11-29 [SBD] 05. SAPPY 1990-04-XX “Smart Studios” (Mix 2) [STU] 06. COME AS YOU ARE 1991-09-16 “Beehive Music & Video, Seattle, WA” [AUD] 07. FRANCES FARMER WILL HAVE HER REVENGE ON SEATTLE 1992-04-XX “Laundry Room Studio, Seattle, WA” (Alt- Mix, Inst.) [STU] 08. RAPE ME 1992-09-11 “Seattle Center Coliseum, Seattle, WA” [SBD] 09. LITHIUM 1990-04-XX “Smart Studios, Madison, WI” (Mix 3) [STU] 10. SAPPY 1991-05-XX “Sound City Studios” [STU] 11. IN BLOOM 1992-10-30 “Estadio Jose Amalfitani, Buenos Aires, AR” [PRO-VID] 12. OH, ME 1993-11-18  “Sony Music Studios (MTV Unplugged), NYC, NY” (Rehearsal) [SBD] 13. THE MONEY WILL ROLL RIGHT IN 1992-07-02 “Plaza de Toros de Valencia, Valencia, ES” [SBD] 14. OLD AGE 199X “Cobain Residence” [Home Demo] 15. SERVE THE SERVANTS 1993-04-09 “Cow Palace, Daly City, CA” [SBD] 16. LOUNGE ACT 1991-05-XX “Sound City Studios” (Alt-Mix) [STU] 17. THE MAN WHO SOLD THE WORLD 1993-12-30 “Great Western Forum, Inglewood, CA, USA” [SBD] 18. UNKNOWN-JAM 1993-12-29  “San Diego Sports Arena, San Diego, CA” [SBD]

ニルヴァーナ伝説の来日公演を、サウンドボード音源も含めベスト・クオリティーでコンプリートして、特別仕様にて完全限定リリース。

NIRVANA / LIVE IN JAPAN 「涅槃で待つ」 (プレス4CD)

名門エンプレス・バレイより、ニルヴァーナ最初で最後の来日となった1992年ジャパン・ツアーの全4公演を、サウンドボード音源も含めたベスト・クオリティーでコンプリートしたタイトルが、限定No.入りの特別仕様にて完全限定リリース。
まずすでに伝説化している唯一の来日公演は、1990年2月14日が初日の大阪国際交流センター、16日は名古屋クラブクアトロ、そして関東では17日クラブチッタ川崎、19日が最終で東京・中野サンプラザ の全4公演となっており、過去より各公演ごとにライブ音源は流通してきた中で、今回初発掘となったサウンドボード音源や、ハイクオリティーDATオーディエンス・マスターなどが公開されたことで、4公演すべてをベスト・クオリティーでここにコンパイルした決定盤が登場。
まず初日大阪と16日名古屋はともに現存するベスト・クオリティーのオーディエンス・マスターから共にコンプリート収録。特に初日はついに日本のファンの前にメンバーが登場し、沸き立つ会場の空気感もしっかりと記録されており、またセット内容も一部シフトチェンジしているところも要チェック。
そして今回の目玉のひとつが2月17日川崎クラブチッタ公演で、こちらは近年初めて関係者流出により公開された、卓直結サウンドボード音源で、ややライブ感は欠けるもののその音質はまさに完璧。なによりこの日は過去オーディエンス音源すら流通しておらず、『NEVERMIND』からの8曲を含めて、巨大な成功を収めつつあった時期の来日公演をこのクオリティーで聞けるのはまさに奇跡的。
さらにもうひとつの目玉となる、19日の最終となった東京・中野サンプラザ公演は、こちらも近年発掘されたサウンドボード音源のニュー・マスターからの収録。こちらは同音源で一部WEB上でも流通している途中でカットが入るオリジナルDATソースからの音源ではなく、初のノーカット・プリスティン・マスターからの収録で、もちろんサウンド・クオリティーも数ランクUP。
以上、唯一の来日公演を衝撃の初公開音源でコンパイルした内容であり、さらに装丁も同レーベルならではの、特殊紙DKホワイトを使用した高級感溢れる紙ジャケットの帯付き。さらに来日チラシのミニ・レプリカを付属した限定ナンバリング入り仕様という、まさにコレクターズ・アイテムは、完全限定リリースゆえご希望の方はお早めに。

DISC 1 : 01. INTRO 02. NEGATIVE CREEP 03. BEEN A SON 04. ON A PLAIN 05. SOMETHING IN THE WAY 06. BLEW 07. COME AS YOU ARE 08. LITHIUM 09. BREED 10. TERRITORIAL PISSINGS 11. SLIVER 12. ABOUT A GIRL 13. SCHOOL 14. ANEURYSM 15. LOVE BUZZ 16. POLLY 17. LOUNGE ACT 18. DRAIN YOU 19. SMELLS LIKE TEEN SPIRIT
[Recorded at Kokusai Koryu Center, Osaka, Japan February 14th 1992 : Audience Recording]

DISC 2 : 01. INTRO 02. NEGATIVE CREEP 03. BEEN A SON 04. ON A PLAIN 05. BLEW 06. COME AS YOU ARE 07. LITHIUM 08. BREED 09. SLIVER 10. DRAIN YOU 11. ABOUT A GIRL 12. SCHOOL 13. ANEURYSM 14. LOVE BUZZ 15. POLLY 16. LOUNGE ACT 17. DUMB 18. TERRITORIAL PISSINGS 19. SMELLS LIKE TEEN SPIRIT
[Recorded at Nagoya Club Quattro, Aichi, Japan February 16th 1992 : Audience Recording]

DISC 3 : 01. NEGATIVE CREEP 02. BEEN A SON 03. ON A PLAIN 04. SOMETHING IN THE WAY 05. BLEW 06. COME AS YOU ARE 07. LITHIUM 08. BREED 09. SLIVER 10. DRAIN YOU 11. ABOUT A GIRL 12. SCHOOL 13. ANEURYSM 14. LOVE BUZZ 15. POLLY 16. LOUNGE ACT 17. TERRITORIAL PISSINGS 18. SMELLS LIKE TEEN SPIRIT
[Recorded at Club Citta’ Kawasaki, Kanagawa, Japan February 17th 1992 : soundboard recording]

DISC 4 : 01. INTRO 02. NEGATIVE CREEP 03. BEEN A SON 04. ON A PLAIN 05. BLEW 06. COME AS YOU ARE 07. LITHIUM 08. BREED 09. SLIVER 10. DRAIN YOU 11. ABOUT A GIRL 12. SCHOOL 13. ANEURYSM 14. LOVE BUZZ 15. POLLY 16. TERRITORIAL PISSINGS 17. SMELLS LIKE TEEN SPIRIT
[Recorded at Nakano Sunplaza, Tokyo, Japan February 19th 1992 : soundboard recording]
◇Kurt Cobain – Vocal. Guitar / Krist Novoselic – Bass / Dave Grohl – Drums

再始動レッチリの最新ライブをすべて、フルHDハイビジョン映像でブルーレイ化。

RED HOT CHILI PEPPERS / UNLIMITED LOVE : LIVE PROMOTIONS 2022 (1Blu-ray)

2021年コロナ・パンデミックを乗り越えて動き出したUSロックシーンにおいて2022年、11年ぶりとなる『Unlimited Love』リリースに伴うプロモーション・ライブや、関連TVライブ等も全てフルHDハイビジョン映像でコンパイルしブルーレイ化。
しかも全編ブルーレイならではの大容量を活かして、元素材そのままのHDクオリティーであり、さらに音声パートもカンペキなPCMステレオにて収録したトータル2時間5分は、ジョン・フルシアンテ電撃復帰後の、ついに本格的なツアー開始に向けてのパフォーマンスをオフィシャル・クオリティーにてここに。
そして本格的なユーロ&北米ツアーは6月4日スペイン公演を皮切りにスタートすることがすでにアナウンスされ、ここではそのツアーに先立って行われたウォームアップ的なプロモーション・ライブ関連をまとめたもので、まずメインとなるのは4月1日、ロサンゼルスのフォンダ・シアターでのスペシャル・ギグで、期待のライブは同アルバムからの「THESE ARE THE WAYS」でスタート。
そしてブランクを感じさせないジョンに、アンソニー、フリー、チャドの4人のグルーヴ感は10年ぶりとは思えず、その後これまでの代表ナンバーの合間に「HERE EVER AFTER」、「AQUATIC MOUTH DANCE」、「NOT THE ONE」そして「BLACK SUMMER」と、計5曲の新曲を一早く披露しているのが大きなポイントで、さらにラスト「GIVE IY AWAY」ではおなじみ御大ジョージ・クリントンも登場してエンド。
さらに続く4月7日ロスのアメーバ・インストア・ギグは3曲のみながら、先のスペシャル・ギグ同様にマルチCAM編集バージョンにて収録されており、「ハワード・スターン・ショー」はインタビューも含めたフル・バージョン、その他のUS:TVショーもおなじみの名物プログラムばかり。
以上、6月以降のツアーの合間にはドイツにて「ROCK AM RING」や「ROCK IM PARK」などのビッグ・フェス参戦も決定しており、再始動レッチリへの期待も膨らむファン必見マスト・アイテム。

Opening / THESE ARE THE WAYS / SNOW (HEY OH) / HERE EVER AFTER / SUCK MY KISS / AQUATIC MOUTH DANCE / HEY / CAN’T STOP / YOUR SONG / NOT THE ONE / BLACK SUMMER / BY THE WAY / GIVE IT AWAY (with George Clinton)
[at the Fonda Theatre, Los Angeles, CA, USA April 1st, 2022 : MultiCam Edit / Audio Remaster]
Opening / BLACK SUMMER / BY THE WAY / THESE ARE THE WAYS
[at Amoeba Music, Los Angeles, CA, USA April 7th 2022 : MultiCam Edit / Audio Remaster]
UNDER THE BRIDGE / THESE ARE THE WAYS / GIVE IT AWAY
[HOWARD STERN SHOW : at The Garage, Sirius XM Radio, Los Angeles, CA, USA April 5th 2022 with Interview]
BLACK SUMMER
[THE TONIGHT SHOW Starring JIMMY FALLON : at NYC, NY, USA March 29th 2022]
THESE ARE THE WAYS
[JIMMY KIMMEL LIVE : at Hollywood Roosevelt Hotel, Los Angeles, CA, USA March 31th 2022]
BLACK SUMMER [PROMOTIONS / World Tour 2022 Live Nation UK]

◇Full HD (1920×1080) 16:9 / Linear PCM Stereo / PRO-SHOT COLOUR NTSC Approx. 125min.

ボウイの『ジギー・スターダスト』50周年アニバーサリー・エディション第2弾は、同名映画にもなったジギー最後のライブを、2022年最新リマスターの音と映像でコンパイル。

DAVID BOWIE / ZIGGY STARDUST : THE LAST SHOW (プレス2CD+2DVD)

ボウイの『ジギー・スターダスト』50周年アニバーサリー・コレクターズ・エディションの第2弾として、同名映画にもなったジギー最後のライブを、2022年最新リマスターの音と映像でコンパイルし、オリジナル・ポストカード付で完全限定リリース。
1973年ジギー・ツアーのファイナル、ハマースミス・オデオン公演の完全版が新編集ステレオ・リマスターで初登場。さらに封印されてきたジェフ・ベックとの共演も含むオリジナル映像と、再編集されたHDワイド・スクリーン映像も収録したのが本タイトルで、70年代にTVオンエアーされたオリジナル編集版を、映像修復とステレオ・リマスター音源によるデジタル・リストア編集バージョンにて完全コンプリート収録。さらに同年のTV関連映像も追加しており、まさに『ジギー・スターダスト:モーション・ピクチャー』の拡張版となるコレクターズ・エディション。

[コレクターズ・ポイント]
1973年7月3日、ジギー・ツアー最後となったロンドンのハマースミス・オデオン最終公演で電撃の引退宣言を行ったこのコンサートは、80年代にビデオ等でオフィシャル・リリースされるも、当初からスタジオ編集やオーバーダブが施され不完全な内容であるのは承知の通り。その後このショーのサウンド・エンジニアによりサウンドボード直結のカセット・マスターがリークされ、コンサート前のアナウンスからマイク・ガーソンのピアノ・メドレー、インターミッション、そして封印されたままになっているジェフ・ベックとの共演含めて、ついに当日の全貌が明らかとなることに。
しかしこの音源は未編集で一部テープによる劣化や音飛び、ピッチ調整等、かなり不完全な音源でもあったため、2022年に入り最新機器を用いたデジタル修復作業によって音源を再編集し、音域も狭かったモノラル音源が最新デミックス技術にてステレオ化、加えて不完全なパートも細やかに修復され、過去流通とは比較にならない最新アップグレード・ヴァージョンにて。
そして映像DVDの1枚目には、劇場公開された『ジギー・スターダスト:モーション・ピクチャー』の、ワイド・スクリーンHDリマスター映像を収録。公式DVDは4:3画面で画面も暗くかなり見辛かったのが、16:9ワイド画面のワイド・スクリーンHDリマスターによって、ディテールはよりクリアーに改善され、しかもワイド画面ならではの迫力にて。さらに2枚目には、かねてから封印されてきたジェフ・ベックとの共演も含めたTVオンエアー・ヴァージョンを収録。因みにこのTVヴァージョンは元来再放送もされず、後にビデオ化されたので映像クオリティーもキビしかったのが、こちらもデジタル修復しビデオ音声もステレオ・リマスター音源に差し替えて再編集。またエクストラとしてジギーの貴重なドキュメンタリーである1973年BBC:TV映像をはじめとし、お蔵入りの発掘映像だったBBCの「ジーン・ジニー」や、「ドライブ・インの土曜日」等も追加。
そして初回限定100セット・オンリーで、限定シリアル・ナンバー入りのオリジナル・カードを添付。レア・フォトを用いたこちらのカードは、完全限定の証明ともなるナンバリング入りで先着100セットのみゆえ、ご希望の方はお早めに。
以上、リリースから50年経てもロック史に燦然と名を残す名盤からのツアー・ライブを、2022年最新編集にて再構築させたファン必携の限定コレクターズ・エディション。

Disc 1 : 1. INTRODUCTION (by Barry Bethal) 2. MIKE GARSON’S PIANO MEDLEY : SPACE ODDITY / ZIGGY STARDUST / JOHN, I’M ONLY DANCING / LIFE ON MARS? 3. OPENING : ODE TO JOY (Beethovan’s 9th Symphony by Wendy Carlos) 4. HANG ON TO YOURSELF 5. ZIGGY STARDUST 6. WATCH THAT MAN 7. MEDLEY : WILD EYED BOY FROM FREECLOUD / ALL THE YOUNG DUDES / OH! YOU PRETTY THINGS 8. MOONAGE DAYDREAM 9. CHANGES 10. SPACE ODDITY 11. MY DEATH
Disc 2 : 1. Announcement and WILLIAM TELL OVERTURE 2. CRACKED ACTOR 3. TIME 4. WIDTH OF A CIRCLE 5. Introducing The Band 6. LET’S SPEND THE NIGHT TOGETHER 7. SUFFRAGETTE CITY 8. WHITE LIGHT / WHITE HEAT 9. Introducing Jeff Beck 10. THE JEAN GENIE / LOVE ME DO (with Jeff Beck) 11. ROUND AND ROUND (with Jeff Beck) 12. Farewell Speech 13. ROCK ‘N’ ROLL SUICIDE 14. ENDING : POMP AND CIRCUMSTANCE (by Edward Elgar)
[ZIGGY STARDUST THE LAST SHOW : COMPLETE STEREO REMASTER 2022 VERSION / Live at Hammersmith Odeon, London, U.K. July 3rd 1973 : Original Mono Master by Robin Mayhew (sound engineer at the show) /Revised and Stereo Remastered by S&V 2022]

DVD 1 : [ZIGGY STARDUST THE MOTION PICTURE : : WIDE SCREEN HD REMASTER] OPENING : ODE TO JOY / HANG ON TO YOURSELF / ZIGGY STARDUST / WATCH THAT MAN / WILD EYED BOY FROM FREECLOUD / ALL THE YOUNG DUDES / OH! YOU PRETTY THINGS / MOONAGE DAYDREAM / CHANGES / SPACE ODDITY / MY DEATH / CRACKED ACTOR / TIME / WIDTH OF A CIRCLE / Introducing The Band / LET’S SPEND THE NIGHT TOGETHER / SUFFRAGETTE CITY / WHITE LIGHT WHITE HEAT / Farewell Speech / ROCK ‘N’ ROLL SUICIDE / ENDING : POMP AND CIRCUMSTANCE
+ ZIGGY STARDUST – BBC NATIONWIDE 1973 (HD Short Version)
◇SD DVD (from HD) NTSC 16:9 Dolby Digital Stereo time approx. 95min.

DVD 2 : [ZIGGY STARDUST “A LONDON SHOW” TV : REVISED AND STEREO REMASTER] OPENING / HANG ON TO YOURSELF / ZIGGY STARDUST / WATCH THAT MAN / WILD EYED BOY FROM FREECLOUD / ALL THE YOUNG DUDES / SPACE ODDITY / MY DEATH / CRACKED ACTOR / TIME / WIDTH OF A CIRCLE / Introducing The Band / LET’S SPEND THE NIGHT TOGETHER / SUFFRAGETTE CITY / Introducing Jeff Beck / THE JEAN GENIE / LOVE ME DO (with Jeff Beck) / ROUND AND ROUND (with Jeff Beck) [EXTRA VIDEO] ZIGGY STARDUST – BBC NATIONWIDE 1973 (Long Version) / THE JEAN GENIE (Top Of The Pops 1973) / DRIVE IN SATURDAY (Russel Harty Show 1973) / INTERVIEW (Russel Harty Show 1973)
◇NTSC 16:9 Dolby Digital Stereo time approx. 93min.

ビートルズ『ヘルプ!』の1965年当時のオリジナル・ムービー・バージョンと、年代別サウンドトラックをまとめて収録したムービー・スペシャル・コレクション。

THE BEATLES / HELP! : SPECIAL COLLECTION (プレス2CD+2DVD)

ビートルズ・ファン必携のSGTレーベルから、あの『ヘルプ!』の1965年公開当時のオリジナル・ムービー・バージョンと、年代別サウンドトラックをまとめて収録した「ムービー・スペシャル・コレクション」が、オリジナル・ポストカード付で完全限定リリース。
このスペシャル・コレクションはまずメインとして、1965年公開当時のオリジナル・ムービー・バージョンをフル収録しており、画面トリミング未編集のオリジナル4:3形式で、アスペクト映像&オリジナル・モノ音源にて。さらに貴重な映画の撮影シーンやアウトテイクやニュース映像なども追加で。さらにCDには歴代サウンドトラック音源のミックス違いのプロセスをCD収録。

[コレクターズ・ポイント]
同レーベルから『ア・ハード・デイズ・ナイト』に続き『ヘルプ!』も同じコンセプトにてここに登場。当時の劇場公開以来70年代にはTV放送もされ、80年代以降も様々なフォーマットのオフィシャル・リリースもある中で、ここでのメインとなる1965年公開当時の「オリジナル・ムービー・バージョン」は、画面トリミング未編集のオリジナル4:3アスペクト映像で、劇場公開当時そのままの映像を収録。なお現在流通している映像はワイド画面(16:9)に対応するため画面上下がトリミング編集されており、本来見ることが出来た部分がカットされてしまっており、また音声もオリジナルのモノラルからステレオに差し替えられたり、リミックスされており、オリジナルとはほど遠い形となることに。 そしてここでのバージョンは過去のビデオ起こしではなく、良好マスター・クオリティが保たれた映像ソースから収録しており、現在流通しているアイテムとは異なるオリジナル形式で見ることが可能。
またDVDの2枚目には「スペシャル・フィーチャー」として、貴重な映像ドキュメンタリー等を収録しており、映画冒頭の白黒フィルムで流れる『ヘルプ!』の元となった、ダートが刺さりカラーに切り替わる場面等がない「ダートレス・バージョン」をはじめ、バハマ・ナッソー、雪山のスキー・シーンのオーストリア・ザルツブルグ、野外レコーディング・シーンのソルズベリー高原といった各撮影場所での8mmフィルムによるアウトテイクスは貴重で珍しいシーンも満載。さらにムービー・トレイラーの各バージョン違いや、劇場公開当時のニュース映像、プレミアショーの様子なども複数コンパイル。
そして音源2CDにはこれまで歴代のサウンドトラック音源ミックス違いの変遷を全66トラックにわたり収録しており、Disc:1には2007年リミックス音源によるサウンドトラック全曲を収録し、加えてマルチ・チャンネル5.1サラウンド・ミックスの各セパレート音源も収録。マルチトラック・マスターからの切り分けられた楽器やボーカル等が超リアルに再現されていて、ここでしか聴くことが出来ない注目の音源にて。
またDisc:2には当時米国ユナイテッド・アーティスツからリリースされていたサントラ・アルバムを、CDではなくあえてオリジナル・アナログ盤や60年代オリジナル・モノ音源、また2007年ミックスとは異なる1997年ビデオ・ミックスに関連音源も収録で、それぞれの音の違いを聞き比べることも。
さらに初回限定100セット・オンリーで、英国オリジナル・ポスターを復刻した限定シリアル・ナンバー入りのアート・カードを添付。
貴重なオリジナル・デザインを用いたこちらのカードは、完全限定の証明ともなるナンバリング入りで先着100セットのみゆえ、ご希望の方はお早めに。
以上、同レーベルならではの、2022年最新編集にて再構築させたファン必携の限定コレクターズ・エディション。

Disc 1 :
[ORIGINAL THE MOVIE SOUNDTRACK – STEREO REMIX 2007] 1. HELP! 2. YOU’RE GOING TO LOSE THAT GIRL 3. YOU’VE GOT TO HIDE YOUR LOVE AWAY 4. TICKET TO RIDE 5. I NEED YOU 6. THE NIGHT BEFORE 7. ANOTHER GIRL [ORIGINAL THE MOVIE SOUNDTRACK – SEPARATE AUDIO CHANNEL TRACKS 2007] 8. HELP! (Bass / Drums / Side Guitar Tracks) 9. HELP! (Bass / Drums Tracks) 10. HELP! (Vocal Tracks) 11. HELP! (Vocal / Guitar Tracks) 12. YOU’RE GOING TO LOSE THAT GIRL (Bass / Drums / Guitar Tracks) 13. YOU’RE GOING TO LOSE THAT GIRL (Piano / Bongo Tracks) 14. YOU’RE GOING TO LOSE THAT GIRL (Guitar / Bongo Tracks) 15. YOU’RE GOING TO LOSE THAT GIRL (Vocal Tracks) 16. YOU’RE GOING TO LOSE THAT GIRL (Backing Channel Tracks) 17. YOU’VE GOT TO HIDE YOUR LOVE AWAY (Guitar Tracks) 18. YOU’VE GOT TO HIDE YOUR LOVE AWAY (Vocal Tracks) 19. YOU’VE GOT TO HIDE YOUR LOVE AWAY (Backing Channel Tracks) 20. TICKET TO RIDE (Bass / Drums / Guitar Tracks) 21. TICKET TO RIDE (Main Channel Tracks) 22. TICKET TO RIDE (Vocal Tracks) 23. TICKET TO RIDE (Backing Channel Tracks) 24. I NEED YOU (Main Channel Tracks) 25. I NEED YOU (Vocal Tracks) 26. I NEED YOU (Backing Channel Tracks) 27. THE NIGHT BEFORE (Bass / Drums / Organ Tracks) 28. THE NIGHT BEFORE (Vocal Tracks) 29. THE NIGHT BEFORE (Main Channel Tracks) 30. THE NIGHT BEFORE (Backing Channel Tracks) 31. ANOTHER GIRL (Bass / Drums / Guitar Tracks) 32. ANOTHER GIRL (Vocal Tracks) 33. ANOTHER GIRL (Backing Channel Tracks)

Disc 2 :
[UNITED ARTISTS SOUNDTRACK – ORIGINAL US STEREO ALBUM] 1. JAMES BOND THEME / HELP! 2. THE NIGHT BEFORE 3. FROM ME TO YOU FANTASY (Instrumental) 4. YOU’VE GOT TO HIDE YOUR LOVE AWAY 5. I NEED YOU 6. IN THE TYROL (Instrumental) 7. ANOTHER GIRL 8. ANOTHER HARD DAY’S NIGHT (Instrumental) 9. TICKET TO RIDE 10. THE BITTER END (Instrumental) 11. YOU’RE GOING TO LOSE THAT GIRL 12. THE CHASE (Instrumental) 13. THE MOVIE ENDING – BABER OF SEVILLE (Instrumental from 2007) [ORIGINAL THE MOVIE SOUNDTRACK – ORIGINAL MONO MIX 1965] 14. JAMES BOND THEME 15. HELP! 16. YOU’RE GOING TO LOSE THAT GIRL 17. YOU’VE GOT TO HIDE YOUR LOVE AWAY 18. TICKET TO RIDE 19. I NEED YOU 20. THE NIGHT BEFORE 21. ANOTHER GIRL 22. THE MOVIE ENDING – BABER OF SEVILLE (Instrumental) [ORIGINAL THE MOVIE SOUNDTRACK – STEREO VIDEO MIX 1997] 23. HELP! 24. YOU’RE GOING TO LOSE THAT GIRL 25. YOU’VE GOT TO HIDE YOUR LOVE AWAY 26. TICKET TO RIDE 27. I NEED YOU 28. THE NIGHT BEFORE 29. ANOTHER GIRL [EXTRA TRACKS] 30. HELP! THE MOVIE MEDLEY (Anthology Remix) 31. TICKET TO RIDE (Anthology Remix) 32. YOU’RE GOING TO LOSE THAT GIRL (Anthology Remix) 33. YOU’VE GOT TO HIDE YOUR LOVE AWAY (Anthology Remix) 34. HELP! (CTS Studio Version – Stereo Mix)

DVD1 : [ORIGINAL THE MOVIE : UNCROPPED 4:3 VERSION / ORIGINAL MONO SOUNDTRACK] Opening / HELP! / Five More Attempts / YOU’RE GOING TO LOSE THAT GIRL / Approached The Nearest Oriental / The Scientist / YOU’VE GOT TO HIDE YOUR LOVE AWAY / Later That Evening / TICKET TO RIDE / In Alps / Scotland Yard / I NEED YOU / She’s A Woman / THE NIGHT BEFORE / Battlefield / A Well-Known Palace / One More Fiendish / The Bahamas / ANOTHER GIRL / The Temple / The Very Famous Plan HELP! / Ending (Barber Of Seville)
◇NTSC 16:9 (4:3) Dolby Digital Stereo / Mono time approx. 91min

DVD 2 : [SPECIAL FEATURES] HELP! (Original Dartless Version) / THE MOVIE TRAILER 2007 EPK / LONDON AIRPORT / FILM OUTTAKES – BAHAMAS NASSAU / FILM OUTTAKES – SALZBURG AUSTRIA / FILM OUTTAKES – SALISBURY PLAIN ENGLAND / WORLD PREMIERE (News Clips) / PREMIERE AT LONDON PAVILLION / THE MOVIE TRAILER 1 (Original 2 Version) / THE MOVIE TRAILER 2 / THE MOVIE TRAILER 3 / THE MOVIE TRAILER 4 / THE MOVIE TRAILER 5 (Spanish) / THE MOVIE TRAILER 6 / THE MOVIE TRAILER 7 / CAROLINE AWARDS 1965
◇NTSC 16:9 (4:3) Dolby Digital Stereo / Mono time approx. 75min

クラプトン2022年最初のコンサートを、高音質デジタル・オーディエンス・マスターからフル収録。

ERIC CLAPTON / SMILE AGAIN (プレス2CD)

クラプトン・ファン必携のミッドバレイ・レーベルより、2022年最初のコンサートとなった3月19日バーレーンでのライブを、高音質デジタル・オーディエンス・マスターからほぼフル収録したタイトルが永久保存プレス2CDにて。
コロナ・パンデミックを乗り越えてようやく動き出した音楽シーンにおいて、クラプトンも2022年5月からはイギリスを皮切りに全18公演が予定されているヨーロッパ・ツアーが決定。そしてそれに先駆けて行われたこのバーレーンでのライブを、2種類のデジタル・オーディエンス・ソースを編集して一部曲中カットがあるパートも極力補正することで、1時間28分にわたりおおむねコンプリートにて収録。
なお本格的なツアー前のウォーミング・アップでもあり、バーレーンで一番新しい会場で行うことになったのは、F1グランプリ観戦を兼ねて(?)クラプトンが決めたんではというのがもっぱらのウワサに。
そしてとにかくこ前年から元気な様子が伺えるクラプトンだけに、セットリスト自体も基本的な流れはここ近年のライブと同様ながらも、とにかくプレイが活気に満ち溢れており、加えてこの日はまず中盤のアコースティック・セットにて、なんと「SMILE」を披露。これは同年2月に他界した、かつてバンド・メンバーでもあったゲイリー・ブルッカーの妻、フランキー・ブルッカーに捧げられたもので、因みに記録ではこの曲がライブ演奏されたのは、1974年12月5日ロンドンのハマースミス・オデオン以来ということで、なんと48年ぶりということに。
さらにアンコール・ラスト「SUNSHINE OF YOUR LOVE」では、ジュールズ・ホランドも飛び入りしたりと、とにかく聴き所満載で、5月7日ロンドンはおなじみRAHにてスタートするツアーに向けてファン必聴マスト・アイテム。

Disc 1 : 01. PRETENDING 02. KEY TO THE HIGHWAY 03. OLD LOVE 04. I SHOT THE SHERIFF 05. DRIFTIN’ 06. SMILE (dedicated to Franky Brooker) 07. NOBODY KNOWS YOU WHEN YOU’RE DOWN AND OUT 08. TEARS IN HEAVEN 09. LAYLA
Disc 2 : 01. BADGE 02. WONDERFUL TONIGHT 03. CROSSROADS 04. LITTLE QUEEN OF SPADES 05. COCAINE 06. SUNSHINE OF YOUR LOVE (with Jools Holland)
[Recorded at Al Dana Amphithatre, Umm Jidar, Hawart Ingah, Bahrain 19th March 2022] ◇Eric Clapton – guitar, vocals / Nathan East – bass, vocals / Doyle Bramhall II – guitar, vocals / Sonny Emory – drums / Chris Stainton – keyboards / Sharon White – vocals

「So What!」レーベル責任監修レア・シリーズから、1971年10月22日スイス公演に2022年最新マスタリングも施した最終決定盤が登場。

MILES DAVIS / LIVE IN ZURICH 1971 COMPLETE:SBD SOURCE COLLECTION (プレス3CD+1DVDR)

2022年「So What!」レーベル責任監修によるレア・シリーズ第15弾は、1971年10月22日スイス、チューリヒでの昼夜2回のコンサートを、2022年最新マスタリングも施し限定帯付、永久保存プレス3CD仕様にて。
まず故中山康樹氏を含め全てのマイルス愛好家から絶大の信頼を受け、数々の名盤を生み出した伝説のレーベル「ソー・ホワット」の完全監修を受けて、2020年末より限定リリースされている本シリーズは、内容クオリティーの素晴らしさはもちろん、丁寧なリマスタリングに加えてこだわりの帯付アートワーク、美麗なピクチャー・ディスクのプレス盤ということで、海外ファンの間でもすでに大きな話題を呼ぶことに。

そして今回は1971年怒涛のユーロ・ツアーより、10月22日のスイス、チューリヒでの昼夜2回のコンサートを、大元ブロード・キャスト・マスターに同レーベルならではの最新デジタル・リマスタリングを施し、いずれもほぼコンプリート収録。なおこの元マスターも充分良好な音質ながらも、一部やや軽く薄い音色で迫力が無かったため、リマスタリングでは左のキースはそのままに、右チャンネル片方に置かれていたチャンクラーをセンターに置き、バランス調整も施すことで、チャンクラーのファンキーなドラムをフューチャー。また2ndショーでは一部ラジオDJがシンクロしていた個所を再編集しつつ、欠落していた「HONKY TONK」の終盤は逆に不自然な補填をせずフェード・アウトとし、自然な流れとすることに。
そして演奏の方も周知の通りの、大暴れヨーロッパ・ツアーの名の通り、まずファースト・ショーからマイルスの怒りに満ちたソロが随所で炸裂。その序盤はレオンの躍動感溢れるドラミングに呼応すべく、メンバー間の緊張感がひしひしと伝わる展開で、”Sanctuary”ではジャレットの繊細なソロなども。そしてその静寂を切り裂くべく”It’s About That Time”で狂乱ののろしが上がり、その後”Bitches Brew”からは狂乱の渦。
そしてさらにセカンド・ショーに於いては”Directions”がスタートするやいなや、もう全員がフルスロットル状態。ここではバーツの無意味なソロにマイルスがキレ、その後はメンバーもマイルスの機嫌の悪さを承知しつつ、張り詰めた極限状態の中でプレイ。中でも”What I Say”ではマイルスが曲チェンジのフレーズを吹いてからも珍しくスロー・テンポのままじっくり進行しし、そこから一気にテンポ・アップする怒涛の展開は素晴らしく、またジャレットのエレピのまとわり付き具合や、後半ファンク一色になるあたりはもう制御不能で、エンディング”Funky Tonk”においてはジャレットのソロからスタートし、チック並みのエレピ一色のソロ、そしてファンクの渦..。狂気の1971年ツアーの中でも、とりわけ圧倒的パワーを撒き散らすこの日の2公演をほぼ完全再現。
さらに初回限定特典として、翌11月6日ベルリン公演を、70分収録のロング・ヴァージョンで収録したDVD-Rをプラス。
こちらは2008年秋にドイツの音楽プログラム「@Festival」でTVオンエアーされたマスターを元に、定番の有名ライブを実際のコンサート83分のうちの70分を全編カラー映像にて収めたもので、音質、バランス、音圧共に安定しており、オフィシャル・リリースでもない限りこれ以上のクオリティーのものは無いと断言。またモニターでリサイズせずに16:9サイズ設定のまま見れるようになっているのも嬉しいところで、こちらの映像と合わせて音源CDも最上級グレードによるサウンドゆえ、別アイテムをお持ちの方も必携と断言。
以上、今回も「So What!」レーベルが精魂込めて作り上げた本タイトルは、完全限定プレス盤、帯付仕様であり、特にDVD-R付は少数限定ゆえ、ご希望の方はお早目に。

DISC 1 : First Concert
1. DIRECTIONS 2. WHAT I SAY 3. SANCTUARY 4. IT’S ABOUT THAT TIME 5. BITCHES BREW 6. FUNKY TONK 7. SANCTUARY
DISC 2 : Second Concert
1. DIRECTIONS 2. HONKY TONK 3. WHAT I SAY 4. SANCTUARY
DISC 3 : Second Concert
1. IT’S ABOUT THAT TIME 2. YESTERNOW 3. FUNKY TONK – fade out
[Recorded at Neue Stadthalle, Dietikon, Zurich, Switzerland, October 22th 1971 : Soundboard Recording // Original Remastered by VDD 2022]

Limited DVD-R : DIRECTIONS / HONKY TONK / WHAT I SAY? / SANCTUARY / IT’S ABOUT THAT TIME / FUNKY TONK / SANCTUARY
[BERLINER JAZZTAGE 1971 : Recorded at Philharmonie, Berlin, Germany, November 6th 1971 : PRO-SHOT / 16:9 / COLOR / 70 min]

◇Miles Davis – trumpet / Gary Bartz – soprano saxophone, alto saxophone / Keith Jarrett – electric piano, organ / Michael Henderson – bass / Leon “Ndugu” Chancler – drums / Charles Don Alias – percussion / James “Mtume” Foreman – percussion

ビートルズ2022年最新編集AIオーディオ・アルバム・シリーズの第8弾『サージェント・ペパーズ』登場。

THE BEATLES / SGT.PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND : AI – AUDIO (プレス2CD)

2022年よりビートルズ最新編集AIオーディオ・アルバム・シリーズが新登場。新次元のAI⾳源解析によるマルチトラック新編集ステレオ・リミックスなど、アルバム全曲を4バージョン収録した、最新リファレンスが海外直輸⼊オリジナル・プレス盤にて。
[詳細]
ビートルズの2022年からスタートしたこのAI オーディオ・アルバム・コレクション・シリーズは、AI⾳源解析によるマルチトラック新編集ステレオ・リミックスなど、各アルバム全曲を4バージョン収録したもので、独⾃のチャンネル・セパレーションによる最新リミックスの⽴体⾳響ステレオに加えて、ネイキッド・ボーカルやバッキング・トラックス、さらに60年代オリジナル・アナログ・マスターから当時のオリジナル⾳源ステレオ・ミックスなども収録。
まずDISC1前半には【MULTITRACK REMIX AND REMASTERS STEREO REMIX】として、2022年版最新リミックス&・リマスター音源を収録。60年代当時はモノラル主流だったため、オリジナルのステレオ音源は初期特有の簡素なステレオ・ミックス、さらに不自然にバランスの悪いステレオ・ミックスも多く、そうした60年代ならではの旧態然としたステレオ・ミックスを、最新AI音源解析で分離したマルチトラック音源を元に新たなミックスで再構築。よってメインのボーカルが片チャンネルに偏っていたり、コーラスや各楽器のバランスが悪かった当時のステレオ・ミックスから、今まで以上にクリアーに分離再現されたサウンドに生まれ変わった最新の立体音響的ステレオ・リミックスにて。
そして後半【NAKED VOCAL TRACK STEREO REMIX】は、メインのボーカル・トラックを抜き出し、演奏を極力抑えたミックスにより生々しいボーカルを中心としたサウンドになっており、ボーカルやコーラス・スタイルが浮き彫りとなった興味深いミックスを収録。
さらにDISC2前半は【ORIGINAL ANALOG MASTER STEREO MIX】として現行のデジタル・リマスターされ修復作業が行われた音源ではない、オリジナル・アナログ・ステレオ・ミックスを収録。こちらはDISC1前半と対極のオリジナルそのままの音源なので、違いを聴き比べるのに役立つ60年代当時のレコード盤に刻まれたままのベーシックなステレオ・ミックス。そして後半の【BACKING TRACKS INSTRUMENTAL STEREO REMIX】では、こちらもDISC1後半と対極となるボーカル・トラックを極力オフにした演奏のみのインストゥルメンタルでアルバム全曲を収録。曲によってはコーラスを残したリード・ボーカル以外のバッキング・トラックとなっている等、独自のリミックスらしい特徴もあり、AI音源解析によるアルバム全曲に及ぶインストゥルメンタル収録としては今回が初登場。

◇AIオーディオ・コンパニオン:リミックス・アンド・リマスター詳細解説
ビートルズ・サウンドの基本的知識として「ビートルズ・レコーディング技術とリマスター音源作業の変遷」で紹介の通り、これまでにも最新リマスターによる再発やリミックス・アルバムのリリースもあったがこの「AIオーディオ・コンパニオン:リミックス・アンド・リマスター」シリーズでは、『ザ・ビートルズ:ロックバンド』で試みられたマルチトラック音源をさらに進化させて、当時はセレクトされた楽曲に限られていたボーカルやギター、ベース、ドラムスの各パートの分離された音源を最新AI音源解析による最新バージョンで全作品をオリジナル・アルバム単位で再構築。
かつて『ロックバンド』ではセレクトされた一部の曲だけだったマルチトラック音源をアルバムごとに全曲すべて収録。改めてボーカルやギター、ベース、ドラムスの各パートが分離された独自のマルチトラック音源を元に、オリジナルのステレオ・ミックスとは次元の違う新しいリミックスに仕上がっています。
【MULTITRACK REMIX AND REMASTERS STEREO REMIX】
ニュー・ステレオ・ミックスとしてオリジナルの60年代当時の旧態然とした不自然なステレオ音像から現代的な不自然感のないステレオ定位を意識したリミックスへ大幅に変更。特に初期から中期にかけてのステレオ・ミックスの違いはヘッドフォンやステレオ・イヤフォンでダイレクトに聴くと如実にその違いが判ります。初期2アルバムにおける2トラックからのステレオでは、単純に片チャンネルにまとめられたモノラルとなる演奏トラックを分離して演奏自体をステレオ化した上で、ボーカルをセンターに定位させるといったステレオ・ミックスに生まれ変わっており、これこそ最新AI音源解析ならでは。この試みは既に音源コレクターにとっては近年複数リリースされてきていますが、あえて聴き比べるとそのサウンドの質感やステレオ定位、音像の違いを聞き取れると思います。
【NAKED VOCAL TRACK STEREO REMIX】
メインのボーカル・トラックを抜き出し演奏を極力抑えたミックスで、完全に演奏をオフにしてしまうボーカル・トラックだけでは、ただの素材となってしまうため、あえて演奏を残しつつ生々しいボーカルを全面的に押し出したネイキッドなリミックス。ある意味、ボーカルやギター、ベース、ドラムスの各パートが分離されたマルチトラック音源があるからこその独自音源であり、こうした形でアルバム全曲が収録されるのは初登場。
【ORIGINAL ANALOG MASTER STEREO MIX】
文字通り60年代当時のオリジナル音源を完全再現したもので、ソースとなっているのはUKオリジナル・ステレオ・マスターからダイレクトに制作された、モービル・フィデリティ原盤レコードの音源を高音質96/24ハイレゾ・デジタル音源化したものをベースに収録。現行のデジタル・リマスターによる修復作業が行われた音源ではないレコード原盤そのままのオリジナル・アナログ・ステレオ・ミックスとなっており、今となっては高価で入手困難といえるレコード原盤の音をそのまま伝えるフラット・トランスファーされたリファレンス音源。
【BACKING TRACKS INSTRUMENTAL STEREO REMIX】
「ネイキッド・ボーカル」同様、ボーカルやギター、ベース、ドラムスの各パートが分離されたマルチトラック音源があるからこそ独自に作成されたリミックス音源となるもので、これもまた最新AI音源解析ならでは。かつては『ザ・ビートルズ:ロックバンド』音源からのインスト・アルバムであったり、曲単位ではスタジオ・アウトテイク含め演奏だけのバッキング・トラックはありましたが、こうした形でアルバム全曲が収録されるのは初登場。また曲によってはボーカルとコーラスが見事に振り分けられているものもあれば、完全にボーカル・トラックがオフにならない楽曲も一部ではあるものの、演奏だけを中心に聴くことにより一層ビートルズ・サウンド・メイキングの分析にも役立つ興味の尽きないリミックスとなっています。

[コレクターズ・ポイント]
そしてシリーズ第8弾はいよいよ金字塔的作品1967年6月リリースの『サージェント・ペパーズ』で、これまで以上にレコーディングも複雑となり、サウンド・エフェクトをはじめホーン・セクションやオーケストラも含む多重化も進んだアルバムだけに、今回のマルチトラック新編集ステレオ・リミックスでは、オリジナル音源からボーカルと楽器を分離し新たに再構成した独自のリミックスを収録。
またこれまでと同様、生々しいボーカルをフィーチャーしたネイキッド・ボーカル・トラック、またオリジナルに忠実なアナログ・マスター・ステレオ・ミックスとの聴き比べが出来たり、バッキング・トラックス等、新次元のAI音源解析ならではのリミックスも収録されており、多様なサウンド・メイキングと斬新なスタジオ・テクノロジーで後世に多大な影響を及ぼした歴史的アルバムの音源研究に役立つ内容となることに。
以上、劇的に進化した2022年AI音源解析による本シリーズは、ビートルズ・サウンド分析に迫る音源研究に欠かせないオーディオ・アルバムとして、今後順次了解リリースされるタイトルも含めて全て必携の限定コレクターズ・エディション。

DISC 1 : [MULTITRACK REMIX AND REMASTERS STEREO REMIX = track 01-14 / NAKED VOCAL TRACK STEREO REMIX = track 15-27]
01. SGT. PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND 02. WITH A LITTLE HELP FROM MY FRIENDS 03. LUCY IN THE SKY WITH DIAMONDS 04. GETTING BETTER 05. FIXING A HOLE 06.SHE’S LEAVING HOME 07. BEING FOR THE BENEFIT OF MR. KITE! 08. WITHIN YOU WITHOUT YOU 09. WHEN I’M SIXTY-FOUR 10. LOVELY RITA 11. GOOD MORNING GOOD MORNING 12. SGT. PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND (REPRISE) 13. A DAY IN THE LIFE 14. SGT. PEPPER’S INNER GROOVE 15. SGT. PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND 16. WITH A LITTLE HELP FROM MY FRIENDS 17. LUCY IN THE SKY WITH DIAMONDS 18. GETTING BETTER 19. FIXING A HOLE 20. SHE’S LEAVING HOME 21. BEING FOR THE BENEFIT OF MR. KITE! 22. WITHIN YOU WITHOUT YOU 23. WHEN I’M SIXTY-FOUR 24. LOVELY RITA 25. GOOD MORNING GOOD MORNING 26. SGT. PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND (REPRISE) 27. A DAY IN THE LIFE

DISC 2 : [ORIGINAL ANALOG MASTER STEREO MIX = track 01-14 / BACKING TRACKS INSTRUMENTAL STEREO REMIX = track 15-27]
01. SGT. PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND 02. WITH A LITTLE HELP FROM MY FRIENDS 03. LUCY IN THE SKY WITH DIAMONDS 04. GETTING BETTER 05. FIXING A HOLE 06.SHE’S LEAVING HOME 07. BEING FOR THE BENEFIT OF MR. KITE! 08. WITHIN YOU WITHOUT YOU 09. WHEN I’M SIXTY-FOUR 10. LOVELY RITA 11. GOOD MORNING GOOD MORNING 12. SGT. PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND (REPRISE) 13. A DAY IN THE LIFE 14. SGT. PEPPER’S INNER GROOVE 15. SGT. PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND 16. WITH A LITTLE HELP FROM MY FRIENDS 17. LUCY IN THE SKY WITH DIAMONDS 18. GETTING BETTER 19. FIXING A HOLE 20. SHE’S LEAVING HOME 21. BEING FOR THE BENEFIT OF MR. KITE! 22. WITHIN YOU WITHOUT YOU 23. WHEN I’M SIXTY-FOUR 24. LOVELY RITA 25. GOOD MORNING GOOD MORNING 26. SGT. PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND (REPRISE) 27. A DAY IN THE LIFE

ビートルズ・ファン必携のDAPレーベルから『アンソロジー』の2022年新編集拡張版『コンプリート・ワークス』 の最終第6弾。

THE BEATLES / ANTHOLOGY : COMPLETE WORKS 6 (プレス2CD)

ビートルズ・ファン必携のDAPレーベルからの新シリーズとして、あの『アンソロジー』の2022年新編集拡張版『コンプリート・ワークス』 が、初登場音源を含め大幅にアップグレードした最新決定版として新たに登場。
まず『ザ・ビートルズ・アンソロジー』は1995 年に映像や書籍、3 部作のアルバムで構成されたドキュメンタリー・プロジェクトとして発表され、それまで知られていなかった初登場音源や未発表曲も含まれ、当時は世界中で大きな話題となることに。ただその後現在に至るまでに音源ソースなどの発掘も進み、当時は未発掘だった音源や、よりクオリティーUPした音源、またリマスター技術も進歩したことで、モノラル音源も最新音源解析によるリアル・ステレオに変換されたりと、日々進化してきたのも事実。
そこで本シリーズでは、オリジナルのアンソロジー3 部作を踏襲しつつ、基本的に現時点で最良の音源ソースを元に再編集しており、またオリジナルより長いエピソードやバージョンに入れ替えた新たな拡張改訂版としてここに登場。そしてオリジナルと比較して内容がヴォリュームUPしているのはもちろん、アップデイトされた音質クオリティーの違いは歴然で、よって貴重な音源コレクションとしてコアなファンはもちろん、ビギナーにもオススメのシリーズと言える2022年の最新ドキュメント。

[内容詳細]
そして『コンプリート・ワークス』 シリーズVol.6の本タイトルは、1969年1月からスタートした「ゲット・バック・セッション」からで、disc:1には時系列にハイライトを収録。セッション前半のトゥイッケンナム・スタジオでの、これまでのモノラルしかなかった音源がステレオ化されているのを始め、後半のアップル・スタジオでの音源もこれまでより長く収録されている等、すべて最新ステレオ・リマスター編集にて。
さらにdisc:2には映画化で新たに注目を浴びている「ルーフトップ・コンサート」音源を全曲収録しており、公開されたものとは異なる複数音源からの編集でステレオ・ミックス音像も異なるオルタネイト・バージョンにて。また後半には時系列では最後のアルバム制作となった『アビイ・ロード』からのセッション音源を収録しており、こちらも演奏前のスタジオ・チャットやエンディングが長く収録されている等、これまでとは違う音源ソースも含まれており、バンド解散に至るまでの最後の足跡を記録した最後の第6弾となることに。
以上、劇的に進化した2022年新編集拡張版となる『アンソロジー:コンプリート・ワークス』は、全6タイトル是非セットでオススメの、ファン必携の限定コレクターズ・エディション。

Disc 1 : 1. PIANO IMPROVISATION / 2. GOOD MORNING / ALL THINGS MUST PASS (stereo) Twickenham Film Studio, London, UK January 3rd 1969 3. GET BACK (Early Sessions) (stereo) Twickenham Film Studio, London, UK January 7th 1969 4. CHILD OF NATURE / 5. I SHALL BE RELEASED / 6. BECAUSE I KNOW YOU LOVE ME SO (stereo) Twickenham Film Studio, London, UK January 2nd 1969 7. GIMME SOME TRUTH (stereo) Twickenham Film Studio, London, UK January 3rd/7th 1969 8. SUZY PARKER (stereo) Twickenham Film Studio, London, UK January 9th 1969 9. MADMAN / 10. WATCHING RAINBOWS (stereo) Twickenham Film Studio, London, UK January 14th 1969 11. SHE CAME INTHROUGH THE BATHROOM WINDOW (stereo) Apple Studio, London, UK January 21st 1969 12. DIG A PONY (stereo) Apple Studio, London, UK January 22nd 1969 13. TWO OF US (stereo) Apple Studio, London, UK January 24th 1969 14. TEDDY BOY (stereo) Apple Studio, London, UK January 24/28th 1969 15. FOR YOU BLUE / 16. LET IT BE (stereo) Apple Studio, London, UK January 25th1969 17. RIP IT UP / SHAKE RATTLE AND ROLL / 18. KANSAS CITY / MISS ANN / LAWDY MISS CLAWDY / 19. BLUE SUEDE SHOES / 20. YOU REALLY GOT A HOLD ON ME / 21. THE LONG AND WINDING ROAD (stereo) Apple Studio, London, UK January 26th 1969 22. OH! DARLING (stereo) Apple Studio, London, UK January 27th 1969 23. BESAME MUCHO / 24. CANNONBALL / NOT FADE AWAY / 25. MAILMAN, BRING ME NO MORE BLUES (stereo) Apple Studio, London, UK January 29th 1969

Disc 2 : 1. OPENING / GET BACK (Rehearsal) / 2. GET BACK (Version 1) / 3. GET BACK (Version 2) / 4. DON’T LET ME DOWN (Version 1) / 5. I’VE GOT A FEELING (Version 1) / 6. ONE AFTER 909 / 7. DIG A PONY / 8. GOD SAVE THE QUEEN / 9. I’VE GOT A FEELING (Version 2) / 10. DON’T LET ME DOWN (Version 2) / 11. GET BACK (Version 3) (stereo) Apple Rooftop Concert, London, UK January 30th 1969 12. TAKE THIS HAMMER / TWO OF US / FRIENDSHIP / FIVE FEET HIGH AND RISING / RUN FOR YOUR LIFE / FRIENDSHIP (stereo) Apple Rooftop Concert, London, UK January 31st 1969 13. GOODBYE (Demo) (stereo) EMI Abbey Road Studio, London, UK February 1969 14. THE BALLAD OF JOHN AND YOKO (Take 7) (stereo) EMI Abbey Road Studio, London, UK April 14th 1969 15. OLD BROWN SHOE (Take 2) (stereo) EMI Abbey Road Studio, London, UK February 25th 1969 16. OCTPUS’S GARDEN (Take 9) (stereo) EMI Abbey Road Studio, London, UK April 29th 1969 17. MAXWELL’S SILVER HAMMER (Take 21) (stereo) EMI Abbey Road Studio, London, UK July 10th 1969 18. COME TOGETHER (Extra Remix) (stereo) EMI Abbey Road Studio, London, UK July 21st/30th 1969 19. SOMETHING (Session Chat) / 20. SOMETHING (Take 36) (stereo) EMI Abbey Road Studio, London, UK July 11th 1969 21. COME AND GET IT (Take 1) (stereo) EMI Abbey Road Studio, London, UK July 24th/August 2nd 1969 22. AIN’T SHE SWEET (stereo) EMI Abbey Road Studio, London, UK July 24th 1969 23. HERE COMES THE SUN (Take 15 with Lost Guitar) (stereo) EMI Abbey Road Studio, London, UK August 7/19th 1969 24. BECAUSE (Single Vocal Mix) (stereo) EMI Abbey Road Studio, London, UK August 5th 1969 25. I ME MINE (Take 16) (stereo) EMI Abbey Road Studio, London, UK January 3rd 1970 26. GOLDEN SLUMBERS / CARRY THAT WEIGHT (Take 17) (stereo) EMI Abbey Road Studio, London, UK July 2nd/30th 1969 27. THE END (Remix) (stereo) EMI Abbey Road Studio, London, UK August 18th 1969