Skip to content

Joe's Garage BLOG Posts

「So What!」レーベル責任監修によるマイルスのレア・シリーズより、1975年6月10日ニューヨーク、ボトムライン公演をベスト・クオリティーで最長収録。

MILES DAVIS / AGHA-PANG FINAL CONCERT AT BOTTOM LINE VOL.1 (プレス2CD)

2022年「So What!」レーベル責任監修によるレア・シリーズ第19弾は、1975年6月10日より3日間行われたニューヨーク、ボトムライン公演の初日の模様を、最新マスタリングも施したベスト・クオリティーで最長収録した、最終決定盤として永久保存プレス盤にて。
まず故中山康樹氏を含め全てのマイルス愛好家から絶大の信頼を受け、数々の名盤を生み出した伝説のレーベル「ソー・ホワット」の完全監修を受けて、2020年末より限定リリースされている本シリーズは、内容クオリティーの素晴らしさはもちろん、丁寧なリマスタリングに加えてこだわりの帯付アートワーク、美麗なピクチャー・ディスクのプレス盤ということで、海外ファンの間でもすでに大きな話題を呼ぶことに。
そして今回はあの『アガルタ』や『パンゲア』を生んだ1975年マイルス・バンドの、伝説の来日公演後となる6月にニューヨークはボトムラインで3日間行われたライブから、初日の10日の模様を、現存する音源の中で最も音質が良いロング・バージョンをマスターに改めて再構築。
とにかく音圧のすごさがハンパなく、このバンドの最大の魅力である、聴く者を圧倒する迫力が鳥肌もので、またマスター起因で数か所欠けていた個所も別音源から補完し、そのあたりもプロユース編集にて違和感なくスムーズに。
そして演奏の方も「アガパン」以降を象徴するフォーマットと方向性で、序盤こそ抑えめながら、『アガルタ』のオープニング・パターン以降のメドレーから大爆烈となり、また終盤では先の日本公演ではまだ演奏されていなかったメロディアスな「MOTHER DEAREST MOTHER」や「LATIN (aka MINNIE)」が演奏されているのも要チェック。
他にも3月まで在籍していたソニー・フォーチュンに替わり、サム・モリスンが短期間参加していた時期であったりと、それらも含めて1975マイルス・バンドの終焉時期でもあった超絶演奏を、2022年最新の丁寧なマスタリングによる最上級グレードによるサウンドで再現。
よって別アイテムをお持ちの方も必携と断言でき、今回も「So What!」レーベルが精魂込めて作り上げた本タイトルは完全限定プレス盤、帯付仕様ゆえご希望の方はお早目に。

DISC 1 : (First Concert / First Set) 1. FUNK -PRELUDE Part 1- 2. LATIN 3. MOTHER DEAREST MOTHER (First Concert / Second Set) 4. Band Warming Up 5. FOR DAVE 6. IFE 7. RIGHT OFF
DISC 2 : (Second Concert / First Set) 1. Band Warming Up 2. MAIYSHA 3. LATIN (aka MINNIE) 4. HIP SKIP (incomplete) 5. MOTHER DEAREST MOTHER

[Recorded at Bottom Line Club, NYC, NY, USA June 10th 1975 / Original Remastered by VDD 2022]
◇Miles Davis – trumpet, organ / Sam Morrison – soprano saxophone, tenor saxophone, flute / Pete Cosey – guitar, percussion / Reggie Lucas – guitar / Michael Henderson – electric bass / Al Foster – drums / James Mtume Foreman – conga, percussion

クラプトン2022年最新USツアーの初日を、ハイクオリティー・デジタル・オーディエンス・レコーディングでフル収録。

ERIC CLAPTON / FIRST SHOW AT U.S. AUTUMN TOUR 2022 (2CDR)

2022年6月のユーロ・ツアーではコロナ感染のため一部コンサートがキャンセルとなったものの、9月からは元気に北米ツアーがスタート。その記念すべき初日となる9月8日コロンバス公演を、デジタル・オーディエンス・レコーディングにて1時間44分にわたりフル収録。
まず特筆すべきは元気な姿をアメリカのファンの前に見せたこと、そしてこの日は逝去された英国エリザベス女王を偲んでライブ開始前に国歌「God Save The Queen」をエレクトリックで独演しており、この開演直前に訃報を聞いたことで急遽その想いを込めたパフォーマンスを披露。
さらに先のユーロ・ツアーと同じセットかと思いきや、何とオープニングは「Tearing Us Apart」で、途中ソロの割り振りもこれまでとは違った展開にて。その後はほぼ先のツアーと同じの流れの中で、アコースティック・セットの「Tears In Heaven」では中間のオルガンソロで、ポール・キャラックが「青い影」を挿入しており、これは亡くなったゲイリー・ブルッカーへの追悼の意を込めたもの。
さらに終盤でのロング・ブルースは長年「Little Quuen Of Spades」だったのが、何と1984年のユーロ・ツアー以来38年ぶりとなる「The Sky Is Crying」を持ってきており、またオリジナルのスライドではなく、シングルノートでのソロプレイも新鮮。
そしてアンコールもいつものポール・キャラックをフィーチャーした「High Time We Went」ではなく、このUSツアーではジミー・ヴォーンがオープニングアクトを務めているので、彼もスペシャル・ゲストとしてアンコールに参加し、「Before You Accuse Me」を披露しており、もちろんクラプトンとの和やかなギターバトルも聴けるという、とにかく全編クラプトンが近年稀に見る元気さであることも嬉しいファン必聴マストアイテム。

Disc 1 : 1. Intro 2. God Save The Queen 3. Tearing Us Apart 4. Key To The Highway 5. River Of Tears 6. I’m Your Hoochie Coochie Man 7. I Shot The Sheriff 8. Driftin’ Blues 9. After Midnight 10. Nobody Knows You When You’re Down And Out 11. Layla 12. Tears In Heaven
Disc 2 : 1. Badge 2. Wonderful Tonight 3. Cross Road Blues 4. The Sky Is Crying 5. Cocaine –encore- 6. Before You Accuse Me
[Live at Schottenstein Center, Columbus, OH, USA 8th September 2022]
◇Eric Clapton – Guitar, vocals / Nathan East – Bass, Backing vocals / Sonny Emory – Drums / Doyle Bramhall II – Guitar, Backing vocal / Chris Stainton – Keyboard / Paul Carrack – Hammond organ, Keyboard, Backing vocals / Sharon White – Backing vocals

ガンズの2022年9月8日最大級のビッグ・フェス「ROCK IN RIO」に出演した模様を、オフィシャル・クオリティー・プロショット映像にてフル収録しブルーレイ化。

GUNS N’ ROSES / ROCK IN RIO 2022 (1Blu-ray)

2022年9月8日ブラジル、リオで開催された最大級のビッグ・フェス「ROCK IN RIO」に出演した模様を、WEBキャスト・オンエアー・マスターからのフル・ハイヴィジョン(1920×1080)・プロショット映像にて2時間41分にわたりコンプリート収録しブルーレイ化。
まずWEB上でも世界各地で配信された映像ながら、地域や配信方式により画・音質いずれもまちまちで、音切れや一時停止してしまうストリーミングも多い中、本タイトルはベスト・マスターを用いそして全編ブルーレイならではの大容量を活かして、元素材そのままのHDクオリティーであり、さらに音声パートもやや弱い音量を補強したり、5.1ch音源にもかかわらずフロントの左右ch以外は無音だったため2chステレオに変換してカンペキにセパレートも施したカンペキなクオリティーにて収録。
そしてやっと再起動となった6月からのユーロ・ツアーなどを経て、南米ツアー中の出演となった本ライブは、なんといっても2022年初のプロショットによる完全プロショット映像で、因みにフェスということでか幾分今回のツアーの定番セットから「Reckless Life」や「You’re Crazy」、AC/DCのカバー「Walk All Over Your」などはここではカットされているものの、中盤では新曲の「Hard Skool」と「ABSURD」もプレイされ、もちろん代表曲がズラリと並ぶベスト・セットはこの後11月に控える待望の来日公演に向けて、ファン絶対必見マスト・アイテム。

1. Introduction 2. IT’S SO EASY 3. MR. BROWNSTONE 4. CHINESE DEMOCRACY 5. SLITHER 6. WELCOME TO THE JUNGLE (RUMBLE Intro) 7. BETTER 8. DOUBLE TALKIN’ JIVE 9. LIVE AND LET DIE 10. ESTRANGED 11. ROCKET QUEEN 12. YOU COULD BE MINE 13. ATTITUDE 14. ABSURD 15. HARD SKOOL 16. CIVIL WAR – MACHINE GUN 17. Band Introduction 18. Slash Guitar Solo 19. SWEET CHILD O’ MINE 20. NOVEMBER RAIN 21. WICHITA LINEMAN 22. ONLY WOMEN BLEED Intro – KNOCKIN’ ON HEAVEN’S DOOR 23. NIGHTRAIN –encore- 24. BLACKBIRD 25. PATIENCE 26. DON’T CRY 27. PARADISE CITY

[Rock in Rio Festival 2022 : at Parque Olimpico, Rio de Janeiro, Brazil 8th September 2022 : PRO-Shot / Full HD (1920×1080) 16:9 / Stereo / Total Running Time 161 min]
◇Axl Rose – lead vocals, piano, percussion / Slash – guitars, occasional backing vocals / Richard Fortus – guitars, backing vocals / Dizzy Reed – keyboards, piano, backing vocals, percussion / Melissa Reese – synthesizers, keyboards, backing vocals, sub-bass, programming / Duff McKagan – bass guitar, vocals / Frank Ferrer – drums, backing vocals

ビートルズの伝説のTVショー『ポール・ウィナーズ・コンサート』を、2022年最新テクノロジーを用いたカラー映像とステレオ・リマスター音源にて収録。

THE BEATLES / LIVE FROM LONDON : POLL WINNERS CONCERTS & SHINDIG TV SHOW (プレス1CD+1DVD)

1964&65年に出演した伝説のTVショー『ポール・ウィナーズ・コンサート&シンディグ』を、2022年最新テクノロジーを用いたデジタル・レストアにて、カラー映像とステレオ・リマスターでカップリングしたタイトルが、オリジナル・デザイン帯付き仕様の直輸入オリジナル・プレスCD+DVDにて。
本タイトルは本国での当時の熱狂と興奮を伝える1964&65年の『NMEポール・ウィナーズ・コンサート』の模様を、2022年最新AI技術を用いた海外オリジナル編集によるカラー映像と、ステレオ・リマスター音源に加えて、今回新発掘されたリハーサルでの「朝日のあたる家」を含む『シンディグTVショー』もフル収録した、2022年最新コレクターズ・エディション。

[内容詳細]
まず60年代以前からイギリスでは最大級の音楽イベントとして毎年開催されていた「ニュー・ミュージカル・エクスプレス(NME)」主催のこのコンサートに、ビートルズは1963年以降毎年ノミネートされライブ演奏も披露しており、その現存する音源と映像をコンパイルしたのが本タイトルで、さらに1964年のTVライブ『シンディグ!』も追加収録。
そして現存するライブ映像はモノクロ/モノラル音源で、そのオリジナル映像に加えて、『シンディグTVショー』も含め、すべて最新AI技術によるカラー化映像ステレオ・リマスターの両バージョンをDVDにフル収録。よってこれまでお馴染みだった映像がカラー&ステレオ化により、さらにリアルさを増した形で再現されており、また追加ビデオにはライブの映像が残されていない受賞シーンだけとなる1966年の映像に加えて、近年新たに発掘された『シンディグ!』の貴重なリハーサルも収録。
ここではアニマルズの「朝日のあたる家」をジョンが歌うシーンも僅かな断片ながら見ることが出来るうえ、また当時のTV映像がBBCに残されていないとされる『トップ・オブ・ザ・ポップス』での、「涙の乗車券」もその一部を元に再現したビデオ・リミックス・バージョンにて収録。
さらにCDには新たなに編集されたステレオ・リマスター音源を収録しており、これまで知られてきた音源とは別次元のサウンドによるアップ・グレード音源となっており、加えて新発掘「朝日のあたる家」の音源と「ポール・ウィナーズ・コンサート」にも出演していたアメリカのDJ、マレー・ザ・Kによる、貴重なインタビュー・ディスク『アズ・イット・ハップンド』も収録。
以上、本国のみならずビートルズ旋風が世界を席巻し始めた時期のライブとTVショーを、過去最高のクオリティーで観ることが出来る、ファン必携の限定コレクターズ・エディション。

CD :
1. Introduction 2. She Loves You 3. You Can’t Do That 4. Twist And Shout 5. Long Tall Sally 6. Can’t Buy Me Love 7. Awards Presentation 1964
[NEW MUSICAL EXPRESS POLL WINNERS CONCERT 1964 / STEREO REMASTER VERSION : at Wembley Empire Pool, London, U.K. April 26th 1964]
8. Kansas City / Hey Hey Hey Hey 9. I’m A Loser 10. Boys 11. Show Closing
[SHINDIG TV SHOW 1964 / STEREO REMASTER VERSION : at The Granville Studio, London, U.K. October 3rd 1964]
12. Introduction 13. I Feel Fine 14. She’s A Woman 15. Baby’s In Black 16. Ticket To Ride 17. Long Tall Sally 18. Awards Presentation 1965
[NEW MUSICAL EXPRESS POLL WINNERS CONCERT 1965 / STEREO REMASTER VERSION : at Wembley Empire Pool, London, U.K. April 11th 1965]
19. The House Of The Rising Sun (Shindig Rehearsals 1964) 20. As It Happened – Part 1 (Murray The K Interview) 21. As It Happened – Part 2 (Murray The K Interview)
[New Remaster Edition 2022]

DVD :
Introduction / She Loves You / You Can’t Do That / Twist And Shout / Long Tall Sally / Can’t Buy Me Love / Awards Presentation 1964
[NEW MUSICAL EXPRESS POLL WINNERS CONCERT 1964 / AI TECHNOLOGY COLORIZED STEREO REMASTER VERSION : at Wembley Empire Pool, London, U.K. April 26th 1964]
Kansas City – Hey Hey Hey Hey / I’m A Loser / Boys / Show Closing
[SHINDIG TV SHOW 1964 / AI TECHNOLOGY COLORIZED STEREO REMASTER VERSION : at The Granville Studio, London, U.K. October 3rd 1964]
Introduction / I Feel Fine / She’s A Woman / Baby’s In Black / Ticket To Ride / Long Tall Sally / Awards Presentation 1965
[NEW MUSICAL EXPRESS POLL WINNERS CONCERT 1965 / AI TECHNOLOGY COLORIZED STEREO REMASTER VERSION : at Wembley Empire Pool, London, U.K. April 11th 1965]
Introduction / She Loves You / You Can’t Do That / Twist And Shout / Long Tall Sally / Can’t Buy Me Love / Awards Presentation 1964
[NEW MUSICAL EXPRESS POLL WINNERS CONCERT 1964 / ORIGINAL B&W MONO REMASTER VERSION : at Wembley Empire Pool, London, U.K. April 26th1964]
Kansas City – Hey Hey Hey Hey / I’m A Loser / Boys / Show Closing
[SHINDIG TV SHOW 1964 / ORIGINAL B&W MONO REMASTER VERSION : at The Granville Studio, London, U.K. October 3rd 1964]
Introduction / I Feel Fine / She’s A Woman / Baby’s In Black / Ticket To Ride / Long Tall Sally / Awards Presentation 1965
[NEW MUSICAL EXPRESS POLL WINNERS CONCERT 1965 / ORIGINAL B&W MONO REMASTER VERSION : at Wembley Empire Pool, London, U.K. April 11th1965]
Awards Presentation 1966 (at Wembley Empire Pool, London, U.K. May 1, 1966) / Cliff The Top Solo Star (Pathe News 1964) / Can’t Buy Me Love (Movie Color Version) / Shindig TV Spot (Preview) / Shindig Rehearsals #1 (inc. The House Of The Rising Sun) / Shindig Rehearsals #2 (inc. I’m A Loser) / Ticket To Ride (Top Of The Pops Video Remix)
[EXTRA VIDEO]
◇NTSC 16:9 (4:3) Wide Screen – Dolby Digital Stereo / Mono : Duration time 112min

US編集盤『リール・ミュージック』を、オリジナル・アナログ音源CDに映像プラス、ハイレゾ・オーディオを収録したDVDをセットにした「マスターズ・エディション」が新登場。

THE BEATLES / REEL MUSIC : THE CAPITOL ALBUM MASTERS EDITION (プレス1CD+1DVD)

ビートルズ・ファン必携のDAPレーベルより、アメリカ編集盤『リール・ミュージック』を、オリジナル・アナログ音源CDと、映像アルバムにハイレゾ&マルチ・チャンネル・オーディオを収録したDVDをセットにした、「キャピトル・アルバム・マスターズ・エディション」の第2弾が登場。
本アイテムは1982 年発売当時のレコード原盤に加えて、アルバム未収録シングル「ムービー・メドレー」やプロモ・オンリー音源も追加し完全収録。
またDVDには映画を元にした新編集を含めてPVや様々な映像素材を駆使してアルバム全曲映像化し、加えてオーディオ・アルバムとして、ハイレゾ音源や 5.1 サラウンド化されたマルチ・チャンネルも収録。


[内容詳細]
当時本国とは異なる独自の内容でアルバムをリリースしてきたUSキャピトル編集アルバムを再構築したのが本シリーズで、『ヘイ・ジュード』に続きここに登場したのが、第2弾『リール・ミュージック』。なおこのアルバムは1982年になってビートルズ主演映画からの代表曲を1枚にまとめた独自の編集盤で、一応当時各国でもリリースされるもすぐに廃盤となり、その後一度もCD化されていないアナログ時代ならではの編集アルバム。
そして今回CD化においては、リリース当時のレコード原盤オリジナル音源にて全曲を収録。なおアルバムでは「恋する二人」がこのアルバムだけの独自のミックス違いで収録されている点が注目されており、よってここではデジタル・リマスターが施されていないマスター・アナログ音源で全曲収めており、さらに追加で当時シングルのみで発売されていた、アルバム未収録の「ムービー・メドレー」(メドレー形式で代表曲を短く繋いだ独自編集)と、B面「すてきなダンス」、さらに非売品プロモ・シングルだけに収録されていた「ファブ・フォー・オン・フィルム」のインタビュー音源も完全収録。(なおDVDではビデオ・アルバムとオーディオ・アルバムの2バージョンを収録)
さらにDVD前半は映像ビデオ・アルバムで、映画からの映像を元とし、実際の映画とは異なる新編集映像を中心に、プロユース編集にてアルバム全曲を映像で再現し、またアルバム未収録の「ムービー・メドレー」はオルタネイト編集と2バージョン収録。
また後半のオーディオ・アルバムでは、スライドショー形式(静止画像)でハイレゾ音源と5.1サラウンド化されたマルチ・チャンネルを収録しており、CDを超える高音質ハイレゾ音源と立体化されたマルチ・チャンネル音源の2バージョンをも、オーディオ・オプション選択で再生出来る新しいオーディオ体験コンテンツにて。
さらにジャケット内面にはレコード盤デザイン各種やプロモ・オンリーのオリジナル素材といった興味深いレア・アイテム写真も掲載されており、それらも含めてビートルズの音源研究として、徹底的に音源バリエーションを収録した2022年最新編集による「マスターズ・コレクターズ・エディション」はやはり全てファン必携の限定アイテム。

CD : [ORIGINAL STEREO ALBUM = ANALOG MASTER]
01. A HARD DAY’S NIGHT 02. I SHOULD HAVE KNOWN BETTER 03. CAN’T BUY ME LOVE 04. AND I LOVE HER 05. HELP! 06. YOU’VE GOT TO HIDE YOUR LOVE AWAY 07. TICKET TO RIDE 08. MAGICAL MYSTERY TOUR 09. I AM THE WARLUS 10. YELLOW SUBMARINE 11. ALL YOU NEED IS LOVE 12. LET IT BE 13. GET BACK 14. THE LONG AND WINDING ROAD
[Bonus Track] 15. THE BEATLES MOVIE MEDLEY (Single) 16. I’M HAPPY JUST TO DANCE WITH YOU (Single) 17. FAB FOUR ON FILM (Promotional Single)

DVD : (VIDEO ALBUM) A HARD DAY’S NIGHT / I SHOULD HAVE KNOWN BETTER / CAN’T BUY ME LOVE / AND I LOVE HER / HELP! / YOU’VE GOT TO HIDE YOUR LOVE AWAY / TICKET TO RIDE / MAGICAL MYSTERY TOUR / I AM THE WARLUS / YELLOW SUBMARINE / ALL YOU NEED IS LOVE / LET IT BE / GET BACK / THE LONG AND WINDING ROAD / THE BEATLES MOVIE MEDLEY (Single) / I’M HAPPY JUST TO DANCE WITH YOU (Single) / THE BEATLES MOVIE MEDLEY (Alternate Edit)
(AUDIO ALBUM) A HARD DAY’S NIGHT / I SHOULD HAVE KNOWN BETTER / CAN’T BUY ME LOVE / AND I LOVE HER / HELP! / YOU’VE GOT TO HIDE YOUR LOVE AWAY / TICKET TO RIDE / MAGICAL MYSTERY TOUR / I AM THE WARLUS / YELLOW SUBMARINE / ALL YOU NEED IS LOVE / LET IT BE / GET BACK / THE LONG AND WINDING ROAD / THE BEATLES MOVIE MEDLEY (Single)
◇AUDIO TRACK 1 = PCM STEREO MASTER / AUDIO TRACK 2 = DOLBY DIGITAL 5.1 SURROUND SOUND : NTSC 16:9 Dolby Digital Stereo / time approx. 53min.+46min]

今年最大の話題となるフー・ファイターズのドラマー、テイラー・ホーキンスのトリビュート・ライブを、6時間弱にわたりフルHD:プロショット映像にてブルーレイで。

FOO FIGHTERS & MORE / TAYLOR HAWKINS TRIBUTE AT WEMBLEY STADIUM (2Blu-ray)

2022年3月に急逝したフー・ファイターズのドラマー、テイラー・ホーキンスのトリビュート・コンサートが同年9月3日イギリス、ウェンブリー・スタジアムにて開催されることに。 その6時間弱に及ぶ豪華出演者によるライブの模様をWEBキャスト・オンエアーからのフルHD:プロショット映像よりブルーレイ化。
まずリアルタイム配信されていた映像は、一部コマ切れや静止があったり、また音声パートは過剰にブーストされ低音パートが聞き辛かったりと、難点のあった箇所をキチンとデジタル修正し、加えてブルーレイならではのその大容量を活かして、元素材そのままのHDクオリティーであり、音声もカンペキなPCMステレオ、加えてこの最高画質フルHD映像クオリティーを維持するため、ビットレートを落とすことなく、ディスク2枚に収録するというこだわりよう。
そしてこの追悼ライブはこの後9月27日にアメリカのザ・フォーラムにて行われることも発表されており、その第1回目となるイギリスでの模様を、トータル5時間50分に及ぶフル・ヴォリュームにて収めたもので、そして当然デイヴ・グロールの仕切りで進行していくライブのこの1回目は、やはり本国イギリスを中心としたミュージシャンたちが参加しており、まずアム・ギャラガーに始まりスーパーグラス、ウォルフギャング・ヴァン・ヘイレン、ツェッペリンのジョン・ポール・ジョーンズ参加によるゼム・クルックド・バルチャーズの再編成、さらにプリテンダースにジェイムス・ギャング、そしてAC/DCのブライアン・ジョンソンとメタリカからラーズの共演と驚きのメンバーが続々と。
さらにその後もポリスのスチュワート・コープランドの続き、RUSH再現となったゲディ・リー&アレックス・ライフソンは、解散後初の公式の場に立つ2人がニールの代わりにオマー・ハキムを迎え全盛期のナンバーを3曲披露。そして今回目玉の一つが中盤で登場のブライアン・メイとロジャー・テイラーによるクイーン・ナンバーで、ゲストを迎えながら5曲をプレイし、これには彼らの聖地ウェンブリー・スタジアムということもあり、大きな盛り上がりに。
そしてそして終盤はやはり主役といえるフー・ファイターズが登場し、何人かのゲストを迎えて代表ナンバーを次々披露し、これで終わりかと思いきや、なんとその合間に登場したのがポール・マッカートニーで、全く事前の告知なしのサプライズ出演ゆえ、もちろんこの日一番の盛り上がりに。しかも選曲がクリッシー・ハインドとのデュエットで、おそらくビートルズ時代はもちろんソロでもプレイしていないであろう「Oh! Darling」、そして「Helter Skelter」と、驚きの2曲で会場を沸かせることに。
そして再びフー・ファイターズのナンバーが続き、最後はデイヴが弾き語る「Everlong」で幕を閉じるという、まさに歴史的イベントに近い豪華な内容で、ポールはもちろん、クイーンや再結成ラッシュなど、話題も有り過ぎる一大イベントを完全再現した永久保存マストアイテム。

DISC 1 : 1. Introduction (Foo Fighters) [Foo Fighters with Liam Gallagher] 2. Rock ‘n’ Roll Star 3. Live Forever [Nile Rodgers, Chris Chaney and Omar Hakim] 4. Let’s Dance (with Josh Homme) 5. Modern Love (with Gaz Coombes) [Chevy Metal] 6. Psycho Killer 7. Children Of The Revolution (with Kesha) [Justin Hawkins, Josh Freese and The Coattail Riders] 8. Louise 9. Range Rover Bitch 10. It’s Over [Wolfgang Van Halen, Dave Grohl, Justin Hawkins and Josh Freese] 11. On Fire 12. Hot For Teacher [Violet Grohl, Dave Grohl, Alain Johannes, Chris Chaney, Greg Kurstin and Jason Falkner] 13. Last Goodbye 14. Grace [Supergrass] 15. Richard III 16. Alright 17. Caught By The Fuzz [Them Crooked Vultures] 18. Goodbye Yellow Brick Road 19. Gunman 20. Long Slow Goodbye [Pretenders with Dave Grohl] 21. Precious 22. Tattooed Love Boys 23. Brass In Pocket [James Gang] 24. Walk Away 25. The Bomber: Closet Queen / Bolero / Cast Your Fate To The Wind 26. Funk #49 (with Dave Grohl)

DISC 2 : 1. Speech (Dave Grohl) [Violet Grohl, Mark Ronson, Chris Chaney and Jason Falkner] 2. Valerie [Brian Johnson, Lars Ulrich and Foo Fighters] 3. Back In Black 4. Let There Be Rock [Stewart Copeland and Foo Fighters] 5. Next To You 6. Every Little Thing She Does Is Magic [Geddy Lee and Alex Lifeson of Rush] 7. 2112 Part 1: Overture (with Dave Grohl) 8. Working Man (with Dave Grohl) 9. YYZ (with Omar Hakim) [Brian May, Roger Taylor, Rufus Taylor and Foo Fighters] 10. We Will Rock You (with Luke Spiller) 11. I’m In Love With My Car 12. Under Pressure (with Justin Hawkins) 13. Somebody To Love (with Sam Ryder) 14. Love Of My Life [Foo Fighters] 15. Times Like These (with Josh Freese) 16. All My Life (with Josh Freese) 17. The Pretender (with Travis Barker) 18. Monkey Wrench (with Travis Barker) 19. Learn To Fly (with Nadi Bushell) 20. These Days (with Rufus Taylor) 21. Best Of You (with Rufus Taylor) [Paul McCartney, Chrissie Hynde, Dave Grohl, Omar Hakim and Pat Smear] 22. Oh! Darling 23. Helter Skelter [Foo Fighters] 24. Aurora (with Omar Hakim) 25. My Hero (with Shane Hawkins) 26. Everlong

[Live at Wembley Stadium, London, UK, 3rd September 2022 : NTSC / Full HD(1920×1080) 16:9/ Linear PCM Stereo / Total Time = 350min]

シガー・ロス、2022年来日公演における8月26日東京2日目は、マルチ・ステレオIEMマトリクスにてフル収録。

SIGUR ROS / Japan Tour 2022 Live in Tokyo 2nd Night (2CDR)

来日公演関連で名高いXAVELレーベルより、5年ぶりとなった2022年単独来日公演における8月26日東京ガーデンシアターでの2日目のライブを、マルチ・ステレオIEMマトリクスにてコンプリート収録。
まずメンバーがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、デジタル・オーディエンス・マスターをミックスした、同レーベルおなじみのマルチIEMマトリクス・ソースによるもので、今回もプロユースによる、それぞれミックス・バランスの異なる複数のモニター・ソースに、絶妙のオーディエンス・ソースを配合ステレオ・ミックスすることで、ライヴ・サウンドを忠実に再現。
そして2部構成によるこの日のステージでは、セット内容は前日の初日と同様、制作中のニュー・アルバムに収録される予定の新曲「Gold 2」や「Gold 4」などを含めて、2時間半超の圧巻のパフォーマンスが繰り広げられ、また直前の大阪公演と比べて「Rafmagnið búið」がこの東京2公演ではセットに追加されており、ヨンシーのヴォーカルから多彩な表情を見せる打楽器類まで、バンドの繰り出す繊細緻密な音のニュアンスの全てを素晴らしいバランスでここに。
以上、5年前の東京国際フォーラム2公演よりさらに進化し、、ポスト・ロック、エレクトロニカの代表的バンドとして、アイスランドの風土が漂う彼らのサウンドが、美しく荘厳な独特な音楽フィールドをオフィシャル・クオリティーで再現した来日記念メモリアル・アイテム。

Disc 1 : -1st Set- 01. Vaka 02. Fyrsta 03. Samskeyti 04. Svefn-g-englar 05. Rafmagnið búið 06. Ný batterí 07. Gold 2 08. Fljótavík 09. Heysátan 10. Dauðalagið 11. Smáskifa
Disc 2 : -2nd Set- 01. Glósóli 02. E-Bow 03. Ekki múkk 04. Sæglópur 05. Gong 06. Andvari 07. Gold 4 08. Festival 09. Kveikur 10. Popplagið
[Live at Tokyo Garden Theater, Tokyo, Japan, 26th August 2022 : XAVEL ORIGINAL MASTER : Stereo IEM Source + EX-Audience Source = Matrix Recording]

シガー・ロス、2022年来日公演における8月25日東京ガーデンシアターでの初日のライブを、オリジナル・オーディエンス・マスターからフル収録。

SIGUR ROS / Japan Tour 2022 Live in Tokyo 1st Night (2CDR)

来日公演関連で名高いXAVELレーベルより、5年ぶりとなった2022年単独来日公演における8月25日東京ガーデンシアターでの初日のライブを、オリジナル・オーディエンス・マスターに24bitデジタル・リマスタリングを施しコンプリート収録。
まず同レーベルならではの今回もプロユースによるリマスタリングにより、圧倒的なダイナミクス・レンジとどこまでもナチュラルな広がりのあるサウンドで、唯一無二のライヴ空間を忠実に再現。
そして2部構成によるこの日のステージでは、制作中のニュー・アルバムに収録される予定の新曲「Gold 2」や「Gold 4」などを含めて、2時間半超の圧巻のパフォーマンスが繰り広げられ、しかも直前の大阪公演と比べて「Rafmagnið búið」がこの東京2公演ではセットに追加されており、ヨンシーのヴォーカルから多彩な表情を見せる打楽器類まで、バンドの繰り出す繊細緻密な音のニュアンスの全てを素晴らしいバランスでここに。
以上、5年前の東京国際フォーラム2公演よりさらに進化し、、ポスト・ロック、エレクトロニカの代表的バンドとして、アイスランドの風土が漂う彼らのサウンドが、美しく荘厳な独特な音楽フィールドとしてここでまた蘇る来日記念メモリアル・アイテム。

Disc 1 : -1st Set- 01. Vaka 02. Fyrsta 03. Samskeyti 04. Svefn-g-englar 05. Rafmagnið búið 06. Ný batterí 07. Gold 2 08. Fljótavík 09. Heysátan 10. Dauðalagið 11. Smáskifa
Disc 2 : -2nd Set- 01. Glósóli 02. E-Bow 03. Ekki múkk 04. Sæglópur 05. Gong 06. Andvari 07. Gold 4 08. Festival 09. Kveikur 10. Popplagið
[Live at Tokyo Garden Theater, Tokyo, Japan, 25th August 2022 : ORIGINAL MASTER / EX-Audience Recording]

プリンスのアーカイヴ・コレクションから、近年新たに発掘された初登場アウトテイク等を最新リマスタリングによりコンパイルした第2弾タイトル。

PRINCE / SCOOP : FROM THE VAULTS : RARE & UNRELEASED COLLECTION (プレス2CD)

プリンスのリミックス&リマスター・エクスパンデッド・シリーズの、アーカイヴ・コレクションから、近年新たに発掘された初登場アウトテイクや貴重なデモ、リミックス音源等を、2022年最新リマスタリングによりコンパイルした第2弾タイトルが、限定ロー・プライス、プレス2CD仕様にて。
本タイトルはプリンスの膨大な未発表音源の中から近年になって初めて発掘された未発表アウトテイクやデモ・トラック、さらにリミックス・バージョン等を中心にコンパイルした、レア音源コレクションの第2弾『SCOOP』。
そしてその内容はまず「MY NAME IS PRINCE」のオリジナル・ミックスから初期の未発表バージョン2 曲、また限定リリースされた「DO ME BABY」のデモ音源や、アルバムや映画にも未収録だった幻のデモ「A BRIDGE OF GRAFFITI」 さらにカルメン・エレクトラとの「FANTASIA EROTICA」の未発表テイク、そして注目の完全未発表曲「MOVE ME」「IF YOU WERE A SAILBOAT」「MADHOUSE」等、そのほとんどが 2020 年以降に見つかった新発掘音源や流出音源。
また新たに作られたリミックスまで様々なレア音源を全30トラック、フル・ヴォリュームで収録した、レア音源コレクションの第 2 弾で、今後のリリース・タイトルも含めて、全てファン必携の限定コレクターズ・エディション。

Disc 1 : 1. MY NAME IS PRINCE (Extended Original Mix) 2. JUST AS LONG AS WE’RE TOGETHER (Unreleased Version) 3. SOFT AND WET (Alternate Early Version) 4. CONTROVERSY (Remix) 5. DO ME BABY (Demo) 6. WHEN DOVES CRY (Edit Version) 7. A LOVE BIZZARE (Remaster Version) 8. ALPHABET STREET (Early Mix) 9. A BRIDGE OF GRAFFITI (Demo) 10. THE DOPAMINE RUSH SUITE 11. YELLOW (Explicit) 12. EYE HATE U (Video Version)
Disc 2 : 1. I AM THE DJ 2. AIN’T NO PLACE LIKE U 3. COME HOME 4. 21 GUNS (Demo) 5. FANTASIA EROTICA 6. MOVE ME 7. IF YOU WERE A SAILBOAT 8. NINE MILLION BICYCLES (Live) 9. PLAYTIME 10. YOUR LOVE IS SO HARD 11. MADHOUSE 12. HOT WITH U 13. SHY (Remix) 14. GOOD MAN 15. U 16. STICKY WICKED 17. RUMETA 18. ALL MY BIDDIES
[Rare And Unreleased Collection 2022]

ビートルズ・ファン必携のDAPレーベルより『ヘイ・ジュード』を、オリジナル・アナログ音源2バージョンCDに、映像プラス、ハイレゾ・オーディオを収録したDVDをセットにマスターズ・エディション」が新登場。

THE BEATLES / HEY JUDE : THE CAPITOL ALBUM MASTERS EDITION (プレス1CD+1DVD)

ビートルズ・ファン必携のDAPレーベルより、アメリカ編集盤『ヘイ・ジュード』を、オリジナル・アナログ音源2バージョンCDと、映像アルバムにハイレゾ&マルチ・チャンネル・オーディオを収録したDVDをセットにした、「キャピトル・アルバム・マスターズ・エディション」が新登場。
本アイテムは60 年代リリースのレコード原盤と、リール・テープによるオリジナル・アナログ・マスター音源の2 バージョンを完全収録。
またDVDには新編集を含めてPVや様々な映像素材を駆使してアルバム全曲映像化し、加えてオーディオ・アルバムとして、ハイレゾ音源や 5.1 サラウンド化されたマルチ・チャンネルも収録。


[内容詳細]
当時本国とは異なる独自の内容でアルバムをリリースしてきたUSキャピトル編集アルバムとして知られる『ヘイ・ジュード』。
そしてここではまずCD前半の「ANALOG MASTER」では、音源統一されたリマスターCDとは異なった、アナログ音源ならではの質感と微妙なミックス違いを忠実に再現しており、特に「キャント・バイ・ミー・ラブ」の左右チャンネル逆ミックスや、「レヴォルーション」「ジョンとヨーコのバラード」なども、アナログ音源ならではのミックスにて。また後半の「REEL TAPE MASTER」では、AMPEXのオープン・リール(REEL TO REEL)音源を収録。こちらはレコードAB面が逆転しており、「ヘイ・ジュード」から始まり「キャント・バイ・ミー・ラブ」が反転していないなど、レコード原盤とは異なる編集で、テープ音源ならでは質感の違いも聴き比べ可能。
そしてDVD前半は映像ビデオ・アルバムで、新編集を含めて様々な映像素材を駆使してプロユース編集にてアルバム全曲を映像で再現。また後半のオーディオ・アルバムでは、スライドショー形式(静止画像)でハイレゾ音源と5.1サラウンド化されたマルチ・チャンネルを収録しており、CDを超える高音質ハイレゾ音源と立体化されたマルチ・チャンネル音源の2バージョンをも、オーディオ・オプション選択で再生出来る新しいオーディオ体験コンテンツにて。
さらにジャケット内面にはレコード盤デザイン各種やリールテープのオリジナル素材といった興味深いレア・アイテム写真も掲載されており、それらも含めてビートルズの音源研究として、徹底的に音源バリエーションを収録した2022年最新編集による「マスターズ・コレクターズ・エディション」はやはりファン必携の限定アイテム。

CD : [ORIGINAL STEREO ALBUM = ANALOG MASTER]
01. CAN’T BUY ME LOVE 02. I SHOULD HAVE KNOWN BETTER 03. PAPERBACK WRITER 04. RAIN 05. LADY MADONNA 06. REVOLUTION 07. HEY JUDE 08. OLD BROWN SHOE 09. DON’T LET ME DOWN 10. THE BALLAD OF JOHN AND YOKO
[ORIGINAL STEREO ALBUM = REEL TAPE MASTER]
11. HEY JUDE 12. OLD BROWN SHOE 13. DON’T LET ME DOWN 14. THE BALLAD OF JOHN AND YOKO 15. CAN’T BUY ME LOVE 16. I SHOULD HAVE KNOWN BETTER 17. PAPERBACK WRITER 18. RAIN 19. LADY MADONNA 20. REVOLUTION

DVD : (VIDEO ALBUM) CAN’T BUY ME LOVE / I SHOULD HAVE KNOWN BETTER / PAPERBACK WRITER / RAIN / LADY MADONNA / REVOLUTION / HEY JUDE / OLD BROWN SHOE / DON’T LET ME DOWN / THE BALLAD OF JOHN AND YOKO
(AUDIO ALBUM) CAN’T BUY ME LOVE / I SHOULD HAVE KNOWN BETTER / PAPERBACK WRITER / RAIN / LADY MADONNA / REVOLUTION / HEY JUDE / OLD BROWN SHOE / DON’T LET ME DOWN / THE BALLAD OF JOHN AND YOKO
[AUDIO TRACK 1 = HIGH RESOLUTION PCM STEREO MASTER / AUDIO TRACK 2 = DOLBY DIGITAL 5.1 SURROUND SOUND : NTSC 16:9 Dolby Digital Stereo / time approx. 29min.+27min]